searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

全国の出張自転車修理店検索さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
出張自転車修理店検索
ブログURL
https://cycle-syuri.com/
ブログ紹介文
全国の自転車の出張修理店をご紹介。
更新頻度(1年)

200回 / 365日(平均3.8回/週)

ブログ村参加:2020/07/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、全国の出張自転車修理店検索さんをフォローしませんか?

ハンドル名
全国の出張自転車修理店検索さん
ブログタイトル
出張自転車修理店検索
更新頻度
200回 / 365日(平均3.8回/週)
フォロー
出張自転車修理店検索

全国の出張自転車修理店検索さんの新着記事

1件〜30件

  • 夏場のサイクリングに必須!熱中症を避ける4つのアイテム。

    この暑い季節、サイクリングしていて気を付けるものは熱中症。いかに熱中症リスクを下げるかが問題になりますが、おすすめの4つのアイテムをご紹介。

  • 義務がある一時停止と、義務がない一時停止の話。

    いきなりですが問題です。A、道路標識あり、一時停止線ありB,道路標識無し、一時停止線あり自転車であっても一時停止する必要がありますが、これは両方とも一時停止義務があるでしょうか。

  • コーダーブルームKESIKI。やっと販売開始に。

    コーダーブルームには、KISIKI(ケシキ)と名前が付いたグラベルオールロードバイクがあります。この自転車ですが、昨年発表されていたにもかかわらず、製造の遅れによりなかなか販売開始にはなっていませんでした。

  • 一か八かの修理をする自転車店。

    自転車店の中にもいろんな考えがある。顧客第一で修理をする自転車店もあれば、利益優先の自転車店もあるだろう。本当に顧客のためになる自転車店とは何なのだろうか?やったこともない修理を試す例えばパンク修理。

  • GIANT CONTEND0(ゼロ)。2022年モデルには105モデルがあります。

    ジャイアントのエントリーグレードのアルミフレームに、コンテンドがあります。2021年モデルまでは、コンテンドの最上位はコンテンド1。ティアグラ完成車でした。2022年モデルではコンテンド0(ゼロ)という105完成車が登場。

  • ブレーキキャリパーは105以上を選ぶのが正解。

    近年ロードバイクにもディスクブレーキ化の流れが押し寄せています。従来のロードバイクというと、リムブレーキが主。ホイールの外周部であるリムをブレーキキャリパーで挟んで、減速させる仕組みです。

  • タイヤで変わる!ロードバイクのグレードアップはタイヤから。

    ロードバイクを買うと、多くの場合低グレードのタイヤが付いています。ロードバイクの走りはタイヤ次第で一変する。グレードアップするならまずはタイヤからです。今回はオススメのロードバイクタイヤを。

  • 出張自転車修理店の登録について

    弊サイトでは出張で自転車修理を行っている業者様を紹介しています。HPがなくても登録は可能ですが、一点注意事項があります。

  • ママチャリのギシギシチェーン、注油してますか?

    残念なことに多くの人は、ママチャリのチェーンを錆びさせてギシギシ鳴らしています。一度錆びてしまったら、新品チェーンに交換したほうがベスト。錆びさせる前に、定期的に注油することが大切です。

  • パンクを見逃す自転車店。手抜きには注意を。

    時々聞く話。ママチャリのパンク修理を頼んだら、翌日朝には空気が抜けてペッチャンコになっていたという話。この場合、自転車店の作業ミスの可能性もあれば、全く別の原因でパンクした可能性もあります。

  • 中華カーボンハンドルは折れやすい。

    ロードバイクではメジャーなカスタマイズの中に、ハンドルをカーボン化することがあります。完成車でも高額なものであれば、最初からカーボンハンドルが付いているものもある。カーボンハンドルを選ぶメリットは、まずその軽量性。

  • ツールケースorサドルバッグ。

    ロードバイクに乗るときには、工具やチューブなどを持っていきます。走行中のメカトラブルに備えるためです。その際、サドルバッグを使うか、ツールケースを使うかという問題があります。

  • ママチャリの空気が1日で抜ける!その理由は?

    ママチャリに乗ろうと思ったけどタイヤがペチャンコ・・・空気を入れてみたらパンパンに入るので乗ってみたら、翌日にはまた空気が抜けてペチャンコに。

  • 6月は79000万件のPVがありました。

    弊サイトを立ち上げて1年ほど経過しましたが、5月頃からページビュー数が急増。6月は79000件のPV数がありました。ありがとうございます。さて6月にPV数が多かった記事ランキングです。

  • ESCAPE R DROPはロードバイクではないけどツーリングや街乗りに便利。

    世界的に超有名ブランドというと、台湾のジャイアント。ロードバイクやMTB、クロスバイクなど以外にもなかなか面白い自転車を作っています。そんな中でも異色なのが、ESCAPE R DROP。

  • ロードバイクやクロスバイクのモデルチェンジは夏!早めに予約を。

    ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車は、毎年のようにモデルチェンジするのが慣例。現在販売されているのは、2021年モデルです。

  • ママチャリのタイヤ、寿命のサインは「ひび割れ」。

    ママチャリのタイヤ、どこまで使えるの?どこまで使ったら寿命なの?という謎について。ママチャリの場合、メンテナンスしながら乗る人は残念ながら少数派。タイヤが寿命になっていれば、パンクしやすくなる。

  • ママチャリのパンク対策に!シーラントを入れるという方法も。

    ロードバイクやマウンテンバイクなどのチューブレスタイヤでは、シーラントという液体をタイヤ内に入れておくことがほぼ必須です。

  • 人気のBRYTONのサイクルコンピューター、どれを買うべき?

    近年メキメキと勢力を拡大しているBRYTON(ブライトン)のサイクルコンピューター。値段も安く多機能な面がウケて、ここ数年で一気にブレイクした感があります。そんなブライトンのサイコンについて。

  • キャットアイから新作リアライトViz300が登場。デイライトでも明るく見やすく。

    キャットアイから新作のリアライト、ViZ300(ビズ300)が登場しました。デイライトでもかなりの明るさを誇る期待の新作。

  • 安物でもいいから頭を守ることが大切。ヘルメットを被るのはイヤ?

    街中を見渡すと、実に様々な自転車を見かける。最も多いのはシティサイクル(ママチャリ)。クロスバイクやロードバイクも見かける。コロナ禍で自転車需要が増えているので、自転車事故の報道も増えている。

  • 5月は67000件のPVがありました。

    弊サイトをオープンして約1年経ちますが、お陰様で2021年5月期は過去最高のページビュー数となりました。前月が39000件でしたので、大きくステップアップした形となります。

  • 自転車のカギが硬くても、鍵穴への注油はダメ、絶対。

    ママチャリではお馴染みの馬蹄錠。鍵を差し込んでも硬くて動かなくなったという場合、どうするのが正しいのでしょうか?鍵穴に注油は絶対にダメ鍵穴に向かって注油することで動きを良くするのは、絶対にやめましょう。

  • フリーパワーは効果がある?坂道でもスイスイ?

    フリーパワーというクランクをご存じでしょうか?シリコンが入っていて、踏んだ力でシリコンが圧縮されて、圧縮されたシリコンが開放するときにアシストのような力が掛かるという夢のクランクとも言われます。

  • 無意味なパンク防止剤の実験。

    ママチャリ用のパンク防止剤は、代表的なところで言うとサイクルベースあさひのスライムとか、ダイワサイクルのものがあります。このパンク防止剤ですが、空気圧が適正になっていないと全く意味がありません。

  • シマノ11速チェーンについて、スペックを確認するよ。何が違うの?

    シマノのロードバイク用11速チェーンには、105、アルテグラ、デュラエースと3つのグレードがあります。これらはいったい何が違うのでしょうか?シマノ11速チェーンスペックで見るとこのようになります。

  • 2週に一度空気を入れるだけで、ママチャリはほとんどパンクしなくなる。

    ママチャリパンクの主な原因は、空気が足りていないことと言われます。空気が不足したまま乗ると、一気にパンク頻度が上がると言われ、パンクの原因の約7割は空気圧不足と言われます。

  • カーボンシートポストがズリ落ちるときにはコレ。

    カーボンシートポストに変えたときに、きちんと締めたつもりでもだんだん下がってくることがあります。そういう時には、フィニッシュラインのファイバーグリップがオススメ。

  • KAWASAKIのnoslisu(ノスリス)が凄い!前2輪の3輪自転車。

    オートバイで有名なKAWASAKIから、新しいタイプの3輪自転車が発売されています。ただし現状ではクラウドファンディングのみでの限定販売で、既に完売という扱いになっています。

  • カーボンの自転車は壊れやすいのか?

    スポーツ自転車のフレーム素材は、カーボン、アルミ、クロモリなどがあります。金属素材のアルミやクロモリは、カーボンよりも安価で買えることや、耐久性が高いことで知られています。カーボンというと、繊細というイメージが強くなるようです。

カテゴリー一覧
商用