searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

花一輪さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

何十年経過しても変わらない「嵌」その嵌りのパターンもまた何十年経過しても変わらない。

ブログタイトル
マニラ りぱぶりっく狂笑国
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/pp_agadmnl
ブログ紹介文
フィリピン漫遊記
更新頻度(1年)

62回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2020/05/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、花一輪さんをフォローしませんか?

ハンドル名
花一輪さん
ブログタイトル
マニラ りぱぶりっく狂笑国
更新頻度
62回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
マニラ りぱぶりっく狂笑国

花一輪さんの新着記事

1件〜30件

  • グリーン国の他、レッド、イエロー分類に

    今回も日本はグリーン国に入れませんでした。大統領府は国内でコロナウイルス病(COVID-19)の症例数が増加している中でグリーリスト国を発表しました。グレナダ、パプアニューギニア、セルビア、スロベニアからの旅行者の入国禁止は2021年9月30日まで延長されました。今回から、入国規制国の種類が、緑、黄、赤の3部塁に分けられ、レッドリスト国からは入国できません。新興感染症の管理のための省庁間タスクフォース(IATF)は、以下の指標に基づいて、レッドリストの国/管轄区域/地域を「高リスク」として分類しました。100,000を超える人口の場合、発生率は500を超えるものとします。人口が10万人未満の場合、COVID-19の症例数は500を超え、人口10万人あたりの過去28日間の検査率は500を超えるものとします。予防接...グリーン国の他、レッド、イエロー分類に

  • フィリピン移住

    コロナの感染がアジア第5位のフィリピン。実情は深刻です。最近多くの方が移住をしたい。という声を聞きます。査証についてですが、フィリピンは様々な査証制度があります。手っ取り早く滞在するには無査証入国があります。フィリピンは入国時、無査証で入国した場合は、有効期間29日間(入国日を含む30日間)の査証が発行されます。あるいは、最初から在日本フィリピン大使館で9(A)短期滞在査証59日間有効を取得し、入国する方法です。(現在、観光査証の発行はしていません)便利なことに、フィリピンは観光査証を延長できます。Long-StayVisitorVisaExtension一度の手続でより長い期間の延長申請が可能なLong-StayVisitorVisaExtension(LSVVE)が導入されましたが、従来の手続によっても滞在...フィリピン移住

  • ロックダウン550日目

    本年度に入り感染拡大がすごい状態になってきています。今日現在、感染を免れどうにか生きております。夢を断ち切る様なこと書きますが、ニューノーマルという言葉が消えました。結局、もう元には戻れないという考えを持った方が良いのかもしれません。年内というか、来年も、首都圏は恐らくレベル4と3を行ったり来たり。多分、私たちが以前の様な好きな時にマニラへ。すぐには来ないと感じています。明日よりコミュニティークアランテーン検疫措置から、新たな検疫措置「アラートレベル」が施行されます。当初、マニラ首都圏で施行されます。フィリピン政府は、マニラ首都圏17市は全国の50%に相当する連日1万人以上の感染者が出ており、マニラ首都圏(NCR)において9月16日からCOVID-19対応のCOMMUNITYQUARRANTINE措置に変わる新...ロックダウン550日目

  • 先行き不透明

    感染拡大国フィリピン。アジア44国中第5位という不名誉な感染者多発国になっています。いまだにフィリピン政府は、自国民の入国を繰り返し、首都圏はじめ近接する州のホテルで隔離措置を行なっています。政府は、より感染性の高いCOVID-19変異体の侵入を防ぐために、インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカ、ネパール、アラブ首長国連邦、オマーンからの乗客に課せられた旅行制限を6月30日まで延長しています。但し、政府の本国送還努力の対象となったフィリピン人と検疫局によって許可された人員配置機関は、7か国からの乗客の旅行禁止が延長されたにもかかわらず、フィリピンOFWの入国を続けている状況です。観光省はフィリピン観光業界の回復のため観光査証入国を認めるよう推進を図っているようです。但し、相手国との協議が進まないと当該国...先行き不透明

  • だからどうしたの

    新型感染症の影響で、確かに生活苦というのか失職者はじめ間引き出勤で所得が減少している方が多くいるフィリピン。一番ぼったくりができる外国人の入国者数は、ビジネス関連の一部。外出もままならず消費額もごくわずか。特にホテル関連はサービスチャージがほとんどなく大変そうです。車のドア開けてチップ体温測定プラスアルコール噴射でチップエントランスのドアー開けてチップ挙げ句の果てに、私たちはあなた方を守っているからドネーション午後の時間帯はお腹が空くのでハンバーガーくださいだからなんなのさ。相変わらず何世紀経過しても乞食根性が抜けない。ファミリーマートへ買い物に出かけたらどこからか「クーヤ」と言われている。身長7、80cmくらいの小人がプラスチックボックスへクッキーを詰め買ってくれと言っている。しかもファミリーマートの店内。小...だからどうしたの

  • 新しい隔離措置が発表されました

    先ほど大統領から14日以降の隔離措置が発表されました。5月14日以降、5月末までマニラ首都圏および近接4州はGCQ(GeneralCommunityQuarantine)になりました。尚、台風3号は今夜8時過ぎミンダナオ島へ上陸しました。台風の進路は、ネグロス島の下を通過パラワン島を直撃しそうです。8時半からライブが始まり、実際に発表を始めたのが10時30分頃。相変わらずなぜこのように時間がかかるのか。尚、観光査証での入国についての発表はありません。入国できるの査証については、在日フィリピン大使館のホームページをご確認されてください。https://tokyo.philembassy.net/ja/外国籍の入国には以下の条件があります。フィリピン観光省(DOT)もしくはフィリピン保健省(DOH)指定の隔離施設に...新しい隔離措置が発表されました

  • 邦人殺害事件

    4日未明、ルソン島のヌエバエシハ州で、現地に住む80代の日本人男性、クルマツカ・ノリオさんが屋外で死亡しているのが見つかりました。クルマツカさんの頭には殴られたような跡があり、現地警察は殺人事件として捜査を進め、6日、クルマツカさんを殺害した疑いで現場近くに住むフィリピン人の男(40)が逮捕されました。殺害される数日ほど前、逮捕されたフィリピン人の男(40)と口論をしていた様子が現場近くの3人の方の証言でわかったようです。名前は一緒に働いていた人からの証言でクルマツカと判明した。旅券はじめ、このクルマツカさんの登録が日本大使館にない。なぜ年齢が分かったのか?クルマツカさんはトレイジャーハンター(宝探し)を職業としていたようで、日本軍の財宝探しをしていたようです。山下財宝はじめ金塊などいまだに追い続けてる日本人の...邦人殺害事件

  • 惑わされないようにご注意されてください。

    Youtubuなどで入国解除されたどうのと放送されていらっしゃる方がいます。2021年4月29日付フィリピン国家タスクフォース(NTF)決議第113号、ならびに新型コロナウィルス感染症に関する省庁間タスクフォース(IATF)による関連したガイドラインに従い、令和3年5月1日より、特定のカテゴリーの外国人の入国が再開されます。有効な査証を持っている方は入国ができます。なお、1日1500名の入国制限があります。フィリピンの海外就労者が優先されますので、入国者制限枠を超えた場合には入国ができなくなることもあります。観光査証については、セブ州などでワクチン接種をした外国人の入国を許可してはどうかという提案が出されているだけで決定しているわけではありません。フィリピンは感染拡大国ですので、まだまだ先になるとおもいます。観...惑わされないようにご注意されてください。

  • 更に5月14日まで

    フィリピンの感染者は100万人を超えました。輸出産業の工場関係はそこそこの稼働があっても、多くの労働者のため息が非常に大きく聞こえます。ホテルなどは営業停止もあれば廃業もあります。今唯一の収入といえば、OWWAの指定ホテルくらい。つまり、海外就労者が帰国した際に隔離するホテルです。1日1500名と制限されていて、入国者を首都圏はじめ近接州のホテルへ振り分けられ運良くその客がくれば。の状態です。門限時間は首都圏は10時から翌朝4時。その他の地域は8時から翌朝5時まで。しかし、チェックポイントの対応は流石にフィリピン。適当です。以前は決して通過すらできなかったにもかかわらず、現在は通過が可能です。状況的にきついのが飲食業。そしてモール及び一般商店。店内飲食は不可。持ち帰りやデリバリー飲み。生活必要品以外の店は開店も...更に5月14日まで

  • フィリピン模様

    隔離措置が始まってすでに384日目になりました。感染防止を兼ね、知り合いの奥様が手伝いを始めて早いもので半年以上が経過。毎朝ミスコール着信。外出をするかしないかの確認のようで、外出しない場合にやってきます。主な主業務は、洗濯、部屋掃除の準備、住んでいるところが全てこのサービスをしてくれますので結果として必要はないのですが、感染リスクを考え、買い物や雑用をお願いしています。山中とはいえ、距離的に500Mくらいのところにスーパーマーケット、薬局、7-11始めファミリーマーケット、多くのファーストフード点が点在します。日本レストランもあります。日本食材は車で15分ほど行った場所のロビンソンスーパーマーケットにありますが、日清カップ麺、チキンラーメン、香港製出前一丁、キッコウマン醤油、ミツカン酢、キューピーマヨネーズ、...フィリピン模様

  • 見通しがくらい

    既報の通り、4月3日夜、マラカニヤン宮殿から強化されたコミュニテイ隔離措置(ECQ)について首都圏およびブラカン、カヴィーテ、ラグーナ、リザール州は、4月5日から11日まで一週間、再度延長されました。夜間外出禁止令に関しては午後6時から午前5時まで変更がありません。フィリピンのPCR検査に関しての陽性率は24.2%にものぼり、検査者4人に1人の割合で連日一万人以上の新規感染者を出しています。ECQ期間中、政府から下記7事項を厳守する要請が出ています。○フェースマスクとフェースシールドを着用する○人前で、無駄話をしたり携帯電話で話さない○レストランでの食事はしない○たえず窓を開け換気をする○施設及び家の中の消毒をする○具合の悪い者を公共交通機関へ乗車させない○ソシアルディスタンスの遵守感染者が急増しているにもかか...見通しがくらい

  • コロナ速報

    強化されたコミュニティ隔離措置は明日までの予定でした。感染者の勢いが止まらず、本日の新規感染者12576人、死者103名と最悪な状況が続いています。結果、隔離措置は再度一週間延長されました。首都圏で猛威をふるっています。コロナ速報

  • 検疫強化措置発令

    首都圏およびその周辺地域では、新たにコロナウイルス感染症2019(COVID-19)の患者が急増したことを受けて、より厳格な地域検疫強化措置(ECQ)になりました。ハリー・ロケ大統領報道官は記者会見を行い、NCR、ブラカン、カビテ、ラグナ、リサール(「首都圏プラス」に指定)は、3月29日深夜から4月4日日曜日までECQ下に置かれると発表されました。未成年者、高齢者、妊娠中の女性、免疫不全や併発疾患のある人は外出が禁止されます。外出禁止時間は午後6時から午前5時となります検疫強化措置発令

  • COVID-19 bubble

    首都圏マニラのロビンソンプレースのあるバランガイ669全域がロックダウンされました。24日から27日まで実施されます。ロビンソンデパートはロープが張り巡らされ封鎖されています。併設されているマンション3棟についても出入りができない状状況になっています。アドリアテコのMCDからシャングリラベイ方面のバランガイ698はまだロックダウンされていません。感染防止のためのロックダウンなのですが、高々4日間でどのような解決策があるのか。大統領は、国内製薬会社はじめ研究機関へ自国のワクチン開発による賞金を出すとの発表をしています。現在、全国に散らばっているワクチンを首都圏へ集め、接種達成率を企てているようです。上院からは、政府の様々な施行策に反発が出始めています。この1年間、フェースシールド、マスクをつけ、375日間続けられ...COVID-19bubble

  • 一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)に戻ります

    午後6時39分マニラ首都圏とカラバルソン地方およびルソン島中央部の4つの州で、3月22日から2週間、ィリピン政府は感染症の新たな急増を封じ込めるためGCQ一般的なコミュニティ隔離措置になります。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、3月22日月曜日から4月4日までコロナウイルスタスクフォースによる決議を承認しました。メトロマニラ及び近隣の州に感染が広がるのを防ぐため、ブラカン、カビテ、ラグナ、リサールはGCQ検疫「対象地域」になります。大統領スポークスマンは、外出が許可されてるのは次の場合と発表しました。外出が許可される者生活に必要不可欠な仕事IDを持つ労働者(早々にHRからビジネスパーミット等を再作成発行する必要があります)緊急医療関連の最前線のサービス要員政府関係者および政府の最前線の職員正式に認可された人道支援関...一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)に戻ります

  • フィリピン人の入国規則が突如

    先般、フィリピン入国禁止が発表されましたが、昨晩、COVID-19対策本部(NTFCOVID-19)はフィリピンへの入国停止に関する規則を改正し、3月22日から出稼ぎ労働者含めフィリピン人全員の入国、一部の外国人の入国範囲が変更になりました。この通達では、「フィリピン人海外就労者に限らず、すべてのフィリピン国民がフィリピンへ入国許可される」に変更になりました。また、外国人の大半は3月22日から4月21日まで入国停止ですが、次の項目については除外されます。○外交官及び国際機関の構成員並びにその扶養家族であって,入国時に有効な9(e)ビザ又は47(a)(2)ビザを保有している者(申請基準については2021年2月20日以降変更内容が発表されていません。新規申請についても変更通知が出されていませんの、大使館へ問い合わせ...フィリピン人の入国規則が突如

  • 緊急ニュース

    フィリピン政府(国防省)は、国内でのCOVID-19の毎日の症例数が増加する中、3月20日から、外国人と海外労働者ではないフィリピン人の入国を一時的に閉鎖します。火曜日に発行された覚書では、COVID-19に対する国家タスクフォースは、他の国からのSARS-CoV-2変異体の増加と症例のさらなる増加を防止するため、外国人と非OFWフィリピン人の入国を3月20日土曜日から2021年4月19日まで停止すると発表しました。入国禁止は、以下を除くすべての外国人および非OFW(フィリピン人の配偶者、フィリピン観光者、海外在住者等)が対象です。下記の方のみ入国が可能です。・9(c)ビザの保有者(港湾に入港する船舶の船員やクルー)・外務省または海外労働者福祉局によって正式に承認された医療送還およびその護衛・DFAとOWWAに...緊急ニュース

  • 相変わらず不透明

    隔離措置が行われてから354日になりました。フィリピンは3月15日から月末まで首都圏を中心に夜間外出禁止令が出されました。午後10時から朝5時迄施行されます。チェックポイントの復活も行われます。違反者には厳格な罰則が適用されますが、PNPに対しての金銭要求は徹底して禁止させる要求も出されています。この1週間の感染者は、最盛期の昨年8月の患者数に匹敵するほどまでに戻ってきています。今後については、今回施行される夜間外出禁止令の結果をもとに措置をきめるとの発表がされています。国民調査では、50%の方がなんらかの失職の経験をした。46%の方が収入に関する問題があった。これだけ長期にわたる措置を続けても、60万人を超える感染者を出しているフィリピン。先行きは不透明です。最近、日本へ帰国したものの、フィリピンの職場復帰で...相変わらず不透明

  • 便利になってきています

    フィリピンのセブン-イレブンの独占ライセンサーであるPSCは、すでに、先月マニラ首都圏の一部のコンビニエンスストアにすでに30台以上の現金自動預け払い機を設置しています。ATMの展開に関して、日本のセブン銀行(セブン銀行)のフィリピン子会社であるPitoAxMPlatform.Inc。(PAPI)と協力しているようです。現金リサイクルATMは、高速紙幣リーダーを介して現金預金を受け取り、同じ紙幣を引き出しのために払い出すことができます。「フィリピンには、引き出し専用のATMよりもかなり高価なため、現金リサイクルATMはほとんどありません。セブン銀行の複数の銀行がATMを共有して、より多くの顧客が無料で利用できるようにし、店舗のように安全で便利な場所に設置するというモデルは、利用者にとって非常に理にかなっています...便利になってきています

  • まだまだ遠い観光査証入国

    3月に入り、続けられているロックダウン354日目になりました。中国製のシノバックのワクチン60万回分が中国軍用機でデリバリーされました。487,000回分のアストラゼネカのワクチンが本日到着します。多くのフィリピン人はワクチン接種に関してはそこそこシビアーのようです。OFWの帰国が進んでいます。今月も30万人帰国いたします。現在フィリピンへの入国時、前もって政府指定のホテルで7日間隔離後、PCR検査を行い陰性であれば、滞在先へ戻りローカル政府の方針に基づいた措置に従うことになります。合計21日間は不便な思いをすることになります。フィリピン国内の移動に関しては、日々緩和されてきています。旅行証明書の必要もなくなってきていますが、受け入れ先の措置に従う必要はあります。ビジネス関連の入国については緩和されてきています...まだまだ遠い観光査証入国

  • フィリピン入国にかかる事前準備

    2月に入り、いまだにロックダウンが続いているフィリピン。今月いっぱい続けられます。さて、一部の査証所持されている方の入国ができるようになりました。緩和と言われる方もいますが、相変わらず手続きは煩雑なようで、情報も迷走するような内容も見受けられます。観光査証に関しては全く先が見えない状況です。1.入国が許可される場合:外国籍の方が入国可能となる場合は以下の通りです:A.査証(ビザ)免除二重国籍者バリクバヤンプログラム有資格者(フィリピン国籍が同行する外国人配偶者およびその子供。元フィリピン国籍者)B.有効なビザを保有永住権(移民)有効なビザを保有特別(非移民)ビザ特別ビザを保有C.既存または新規のビザを保有(既存のビザがない場合は新規ビザの申請可)バリクバヤンプログラム適用外のフィリピン国籍の外国人配偶者、未成年...フィリピン入国にかかる事前準備

  • 正しい情報を入手されてください

    フィリピン入国にあたり様々な情報があるようです。観光査証に関しては、全く進展が見られません。一部が緩和されたのではなく、UK変異種の措置が延長されず、以前の措置に戻りました。主な内容です。変異種による入国禁止は延長されませんでした。入国が許可される場合:外国籍の方が入国可能となる場合は以下の通りです。A.査証(ビザ)免除二重国籍者バリクバヤンプログラム有資格者(フィリピン国籍が同行する外国人配偶者およびその子供。元フィリピン国籍者)B.有効なビザを保有永住権(移民)有効なビザを保有特別(非移民)ビザ特別ビザを保有(PEZA査証保有者該当)駐在または任務で渡航する外国政府職員(外交/公用)フィリピン貿易産業省(DTI)フィリピン経済特区庁(PEZA)フィリピン運輸省(DTOr)ならびにその他のフィリピン官庁(NG...正しい情報を入手されてください

  • いまフィリピンは

    新型コロナウイルスの変異種が確認された日本を含む国々からフィリピンへの渡航制限が令和3年1月31日まで延長されています。ビザの種類、以前に発給されたフィリピン外務省(DFA)推薦や免除、特権(RA6768に基づくバリクバヤン)に関わらず、フィリピン到着前の14日間に日本を含む対象国より渡航する全ての外国籍の方は入国ができません。入国が許可される場合:フィリピン国籍者、二重国籍証明渡航制限国以外からの外国人外国人渡航乗り継ぎで上陸しない搭乗客フィリピン政府より認可を受けた外交官ならびに国際機関代表外国人高官医療または緊急目的でフィリピンへ渡航した外国人入国後、PCR検査を受けた後、再度、5日後にPCR検査を受ける必要があります。すぐに自宅へは戻れませんのでご注意されて下さい。2回めの検査後、自宅へ戻れるような発表...いまフィリピンは

  • フィリピンからの報道

    フィリピンで何をするのも個人の勝手。近年、伝え方が動画になってきています。様々な工夫をこらされ、視聴率アップにご活躍されているようです。其の昔、日本のテレビで潜入24時などのタイトルで報道特集が行われたことがありました。潜入マニラ警察24時などがありました。youtubeに現れた貴重タイトル。何かと思い内容を見ました。晦日の花火は別に貴重でもなんでもありません。貴重というのであれば、例年になく日中の爆竹音が聞こえなかった。本来は10時すぎると待ちきれない人々の打ち上げがあり、カウントダウンが始まる頃絶頂になります。今年は、カウントダウン直後にスターマインの小型が上がり賑わっただけです。しかも花火打ち上げ時間はあっという間に終わりました。全く貴重でもなんでもなく、けが人も非常に少なかったことです。又、花火(爆竹を...フィリピンからの報道

  • 洪水発生

    フィリピンは今年も新年そうそう自然災害に見舞われています。ネグロスオキシデンタル、パナイ島(イロイロ)とセブ島の真ん中にある島ネグロス島大晦日の満潮と熱帯低気圧2つに挟まれた影響と、連日の雨と重なり洪水に見舞われたようです。ネグロス空港から島の上部へ向かう途中にあるタリサイ、シラン、ビクトリア、EBマガロナの町の被害が甚大な様子です。現在、ルソン島も大雨に見舞われています。東海上にある熱帯低気圧結構大きく、発達しないことを祈念するばかりです。コロナ、自然災害に見舞われているフィリピン。幕開けから大変な状況です。洪水発生

  • 2021年1月1日

    読者の皆様新年おめでとうございます。フィリピンは製造・販売・打上を全面禁止された花火。大晦日は例年になく非常に静かで穏やかなフィリピンでした。カウントダウンが例年になく遅く感じたのですが、まさかがおこリました。なんと、マフラーを外し爆音を発するオートバイが住宅地を走り出しました。(PPの居住区)大晦日も押し迫った11時50分恒例の大狂宴打ち上げ花火が開始されました。禁止令などどこ吹く風。多くの簡易スターマインが至る場所で打ち上げられました。2021年1月1日午前0時10分を過ぎた頃、打ち上げは極端にヘリ、いつもにないきりの良いカウントダウンの幕が降ろされました。1日の朝のローカルテレビ。指がフットンでみたり大怪我をしたニュースで賑わいますが今年は前年比85%減少したようです。警察官が撃った拳銃弾。漂流弾となり女...2021年1月1日

  • 相変わらず

    ドアチャイムが激しくなった。除いたら掃除のおばさん。これから買い物へ行きます。必要なものはありますか。明日はおそらく何が起こるかわからないので、お菓子とジュースをお願いした。時計を見たら5時45分だった。行く先は、徒歩5分のところにあるスーパーマーケット。7時近くになっても戻ってこない。年末なのでかなり混雑しているんだろうと思いながら、夕食を食べ、残っている雑務を処理。気がついたら9時30分を回っていた。おおよそ4時間か。10時近くに戻ってきた。マニラへでも買い物に行ったの?と皮肉ってみた。受けたのか大笑いしている。さすがフィリピン。理由はいたって明確。トラフィック。レジが混み合うのもトラフィック。すぐさま、忘れ物をしたとのことで、すぐに戻ります。と言いながらでかけていった。が、11時30分になっても戻ってこな...相変わらず

  • クリスマスプレゼントはGCQ

    フィリピン人が年間を通して最も楽しみにしている行事。クリスマス。今年はパーティーすらできなかった。そして、年末のカウントダウンの花火も禁止された。それでもフィリピンの物欲は凄まじい。最近、感染者が少なくなってきている。理由は実に明解で、職員がクリスマス休暇に入っていて、以前のような検査がくれているだけ。ソシアルディスタンスはじめ様々な行政指導を行っていますが、フィリピン人がフィリピン人を酷評する「ピノイは頭が硬い」決め事を守らない人が非常に多いようです。結果として今年の最後の最大のプレゼントは防疫措置であるコミュニティ隔離措置はマニラ首都圏ダバオ市タクロバン市サンティアゴ市イリガン市イロイロ市イサベラバタンガスラナオデルスルダバオデルノルテがGCQその他の地区はMGCで2021年1月31日迄延長されました。又、...クリスマスプレゼントはGCQ

  • 更に延長されました

    今夜、ロドリゴドゥテルテ大統領から防疫措置の発表がありました。メトロマニラ、イザベラ、バタンガス、イロイロ、ラナオデルスルの各州、イザベラのサンティアゴ、レイテのタクロバン、ラナオデルノルテのイリガン、ダバオデルスルのダバオ市はGCQ対象となりました。上記以外の地域はMGCです。延長期間:1月1日から31日まで。イギリスの異種ウイルス発生を受け、フィリピン政府は早い措置を行います。既に異種ウイルスが確認された国(日本も含む)から来比する場合、厳格な14日間隔離が徹底されます。現在の入国にあたっての状況ですが、観光査証は入国できません。入国が認められている査証を持っていた場合でもPCR検査、14日間の隔離が行われます。空港等でトラブルが起きないよう、前もってフィリピン大使館等に問い合わせを行って下さい。観光査証で...更に延長されました

  • Merry Christmas

    コロナウイルスで始まりコロナウイルスで終えようとする2020年。フィリピンは静かなクリスマスイブを迎えています。現在も防疫措置が行われていて、フィリピン人が最も楽しみにしていたクリスマス。多くの催しが中止されました。反面「MerryChristmas」の掛け声は以前にまして強いように思えています。次から次へとくる物乞い。フィリピン文化といえ異文化になれない日本人は決して心地よくは思わないのかも。お金を上げれば上っ面の有難うは良いのですが、仲間と本日の収入金額を見せ合い挙句の果てに「コリポット」ケチと言い出す始末。この時期はとたんにメッセージが増え、ギフトはどこにある。私は遠く離れているので宅配便で遅れ。クリスマスを迎えるに当たりお金がない。借金を申し込めるのはあなたしかいない。仕事がなく生活に困っている。助けて...MerryChristmas

カテゴリー一覧
商用