searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

みやこ路のシティーライナーさんのプロフィール

住所
宇治市
出身
川西市

JR奈良線沿線に住む鉄道ファンです。幼少期は兵庫県川西市に住み毎日のように能勢電を眺めていたそうです。 幼少期は乗り鉄、中学時代は撮り鉄でしたが近年では観光にも興味があり鉄道を利用した旅行などを行っています。

ブログタイトル
鉄道ファンが行くお出かけ雑記
ブログURL
https://miyakoji-cityliner.hatenablog.com/
ブログ紹介文
鉄道ファンが旅行や観光の魅力を紹介します!鉄道旅からお土産まで旅に関する情報が盛りだくさん!
更新頻度(1年)

26回 / 81日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2020/04/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みやこ路のシティーライナーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みやこ路のシティーライナーさん
ブログタイトル
鉄道ファンが行くお出かけ雑記
更新頻度
26回 / 81日(平均2.2回/週)
読者になる
鉄道ファンが行くお出かけ雑記

みやこ路のシティーライナーさんの新着記事

1件〜30件

  • 【黒い巨塔】松本城を散策する 2019/5/6 長野

    特急「あずさ」 新宿から特急「あずさ」で3時間、名古屋から特急「しなの」で2時間。長野県の中央部に位置する松本に到着します。 松本市は日本アルプスに囲まれ、上高地方面から流れ出す梓川が市の西部を流れ奈良井川が市を二分するようい流れています。気候は典型的な内陸性気候で比較的湿度が低いものの気温の変化が激しいところでもあります。 そんな松本ですが、今では国宝に指定されている松本城の城下町として発展し、幸い戦火を逃れたことから貴重な歴史的文化財の数々が現存しています。 国宝に指定されている「松本城」を散策する 松本駅から歩くこと20分。松本城に到着します。 松本城 あまり一般的な角度からの写真ではな…

  • 【特急「くろしお」で飲みたい】「飲むみかん」ジュース

    和歌山と言えばアドベンチャーワールド、海…あとはみかん!ということで和歌山の名産品「有田みかん」100%の「飲むみかん」ジュースのご紹介です。 飲むみかん 早速外観から見ていきましょう。 瓶の大きさは比較的小さめで手のひらサイズです。デザイン自体は比較的シンプルですが、ジュース自体のオレンジ色がそれがオレンジジュースであることを物語っています。あえて何かほかに言うこともないでしょう。 強調された100%の文字、「飲む」という文字からかなり濃厚であるということが伝わってきます。 裏面を見ると「飲むみかん」の説明があります。ストレートであることを強調されています。みかんの皮をむいた写真も素敵です。…

  • 【引退記念】追憶の赤胴車で行く阪神武庫川線の小さな旅 2019/11/10

    阪神電車といえば、大阪梅田の地下ホームから出発して尼崎や西宮などを経由して神戸三宮、神戸高速鉄道、山陽電車に直通して姫路まで至るオレンジと青の電車…という認識をされる方が一番多いのではないでしょうか? 近年では難波へ至る路線も開通し、奈良と神戸を向かう列車も運転されています。 阪神電車を日ごろから利用していて親しみを持たれている方、阪神電車に乗ってみたい!と思われている方はもちろん、阪神電車とはなんぞやと思われている方も最後まで読んでいただければ幸いです。 目次 赤胴車・青胴車とは? 優等種別に使用される赤胴車 高加速度で駆け抜ける青胴車 最後まで「赤胴車」が残った武庫川線 最後は5001形「…

  • 【体験記】大阪府北部地震から2年…

    今日で大阪府北部地震から2年。私が生まれてから東日本大震災や新潟県中越地震、熊本地震など数々の自然災害がありましたが、自分がその場に居合わせたという理由であれほど強烈に印象に残っている災害はありません。 災害についてといいますか、今日のことと考えまして色々と感じることがありますので書き綴っていきたいと思います。最後までお付き合いください。 あの日、私はいつもと同じように家の最寄り駅から学校に行くために列車に乗り込みました。 最寄り駅から京都駅へ向かう 乗車したのはこの年の春から営業を開始した205系1000番台。阪和線で活躍していたものの阪和線に新型車両225系5100番台が投入されたことで余…

  • 【未成年でも飲める京都のお酒】京都米サイダー

    お米と言えば日本古来からの主食ですが、中には日本酒専用のお米というのもあるんですね。そんなお米を利用してサイダーにしたのが今回ご紹介する「京都米サイダー」というわけです。 京都米…なんて聞いたことがありませんね。この京都米とは京都府産酒造好適米「祝」のこと。 「祝」は、1933年に京都府立農事試験場丹後分場(現京都府丹後農業研究所)で誕生。当時から良質の酒米として高い評価を得ていたものの、戦争による食糧難の影響や、草丈が高く倒れやすい性質で機械化に適さなかったことから栽培が減少し、1960年代後半以降、栽培が途絶えていたのですが、高級酒志向が高まる中で「京都の米で京都独自の酒を造りたい」という…

  • 【神戸の街を海から一望】コンチェルト乗船記 2018/9/2

    ※livedoorブログ「みやこ路のシティーライナー 鉄道日記」に投稿した記事を元に新たに再制作したものです。 乗船前に埠頭から撮影 今回ご紹介するのはこちら「コンチェルト」です。神戸港を発着しレストラン船として神戸港の周辺を周航するクルーズしています。元々は大阪港と神戸港を結ぶ大阪湾遊覧クルーズ船「シルフィード」として就航したのですが、現在では阪神淡路大震災からの復興のシンボルとして神戸港の一つの目玉となっています。 ポートタワーと海洋博物館を入れて コンチェルトは神戸を代表する建築物であるポートタワーと神戸海洋博物館が見える神戸ハーバーランドモザイク1Fから出航します。船尾のコンチェルトの…

  • 【クセになる味】富山ブラックサイダー

    富山県と言えば「富山ブラック」! ブラックラーメン、ブラックカレー、ブラック、ブラック…なんでもブラックと言えばいいようになんでもにブラックが付く気がします。もちろん、「富山ブラックサイダー」というのもあります。 それがこちらです。 富山ブラックサイダー その名の通り見た目は真っ黒。そういや、コカ・コーラも黒かったですね。 果たして、味の方はコカ・コーラのような感じなのでしょうか? 瓶の蓋を開けて、ぐびっと一発。醤油の味でした。まさに醤油を飲んでる感じ。 醤油を飲むって聞くとなんだか不味そうに聞こえてしまいますが、これまた飲みやすくてクセになる味なんですよね。くぴっと一発で飲んでしまえます。胡…

  • 【働く博物館】能勢電鉄の旅と魅力

    宝塚線の急行は阪急大阪梅田駅の4号線から発車 阪急大阪梅田駅から宝塚行きの急行に乗車すると21分。川西能勢口駅という駅に到着します。 川西能勢口駅の宝塚方面の列車が到着する1号線から階段を降りてコンコースへ降り、そこからエスカレーターで3, 4号線ホームへ。 そこからは昔懐かしい少し焦げたような匂いが漂ってきます。3号線は宝塚線の大阪梅田方面、そして4号線から発着するのは今回の主役、能勢電鉄です。 能勢電鉄 阪急電車と何ら変わりないじゃないか…というか何が違うの…? 実は能勢電鉄で使用されている車両は全て元阪急電鉄の車両。基本的に元神戸線や宝塚線の車両が使用されます。写真の1700系電車は元阪…

  • 【未成年でも楽しめる梅酒】BENIサイダーを飲んでみた感想 ~福井県のご当地サイダー

    ご当地サイダーを飲むことで地域の名産品について知るこの「ご当地サイダー」企画。第4弾の今回ご紹介するのは福井県の「BENIサイダー」です! BENICIDER ご当地サイダーらしからぬ見た目…どちらかというとお酒のようなイメージです。梅酒ではなくあくまでもサイダーですので未成年でも飲むことが出来ます。 さてさて、飲んでみましょう…沈殿しているので振らないと…振ってはいけません。この沈殿は天然梅果汁入りの証だそうです。 気を取り直して飲んでみましょう。 蓋を開けるとポッと梅のいい匂いがしてきます。 一口目に感じたことは酸っぱくない梅干し。あっさりとした味でいくらでも飲めそうです。二口目には梅酒の…

  • 明石で明石焼きを食べて観光する

    ※livedoorブログ「 みやこ路のシティーライナー 鉄道日記 」に投稿した記事を元に再編したものです。 阪神の大阪梅田から直通特急で約1時間。兵庫県明石市にある山陽明石駅に到着します。移り変わる景色を眺めているとあっという間です。 梅田から姫路まで直通する阪神・山陽の直通特急 山陽明石駅から徒歩数分で400年の歴史があるとされる「魚の棚商店街」に出ます。ここでは瀬戸内海で水揚げされる「明石鯛」や「明石ダコ」など魚介類を多数販売する市場になって地元の人と観光客で混雑しています。数ある魚屋の間と共に存在感を発揮するのが「明石焼き」屋。明石に着いたのはちょうどお昼時。価格帯は12個から15個で5…

  • 【お土産レビュー】新感覚の干し柿・蜜珠柿

    前に奈良のお土産として「柿もなか」を紹介しました。 miyakoji-cityliner.hatenablog.com 今回も柿のお菓子の紹介ですが、もなかではなく干し柿です。 干し柿って聞くとすごく苦くて不味いイメージを持たれる方も多いと思います。実際、小学校で干し柿が給食に出た際は手も付けず残している人を数多く見かけました。なんとももったいない話です。 ですが、今回ご紹介する「蜜珠柿」はそんなことは一切ありません。むしろ甘くておいしいです。確かに柿の味はするのですが、柿のうまみを最大限に取り出した感じ。この干し柿を食べると柿に対する思いが変わるかもしれません。 外観 外観から見ていきましょ…

  • 鉄道ファン的「博物館明治村」攻略法 ~久しぶりに出かけるなら絶対ここ! ~

    はじめに 外出自粛が続くと毎日が同じ生活が続いてしまい退屈な日々を過ごしています。私のような旅行を趣味の対象としている人には苦痛で仕方ありません。そんな毎日を過ごしていたわけですが、5月14日に39県で、5月21日に大阪、神戸、京都で、そして25日には全国で緊急事態宣言が解除されました。6月1日からは再開を予定しているところ施設が多数見られるなど、少し日常が取り戻すことできそうです。しかし、北九州や北海道では再び感染者数の増加が見られるなど予断を許さない状況でもあります。新しい生活様式を取り入れ、しっかりと新型コロナウイルス感染防止対策を講じつつ、6月からは再び外出できればなと思います。 本ブ…

  • 【天橋立駅で発見】丹後七姫サイダー

    暑くなってきましたね。サイダーが似合う季節が近づいてきたという証拠です。 緊急事態宣言が解除されたので、今後少しずつ外出する機会も増えてくると思います。一気に外出し始めると第二波、第三波と続いてしまう恐れがありますが、近場のお出かけなら緩和されてきています。どこまでが近場というのか...というのは曖昧ですが、旅行に出かけられるようになった際のためにお土産レビューをやっていきたいと思います。 今回ご紹介するのもご当地サイダーの一つである「丹後七姫サイダー」です。 丹後七姫サイダー 丹後七姫というのは京都府北部、丹後地方の伝承に登場する代表的な7人の姫君の総称です。乙姫(伊根町)、羽衣天女(京丹後…

  • 洗面台の横にあるタンツボって何だろう

    新規感染者数が減少し始めた新型コロナウイルス。先日39県で緊急事態宣言が解除されることが決定しました。 今後は再び感染が拡大することがないように気を付けて生活しなければなりません。新型コロナウイルスと上手く付き合いながら生活していくことが必要になります。 さて、明治期の日本では肺結核が流行しており、明治末年の統計によれば肺結核による死者は過去十年間の平均で7万3000人という数字になっており、大正7年(1918年)には結核による死者が人口10万人当たり257人に上ったとされました。翌19年に危機感を募らせた日本政府は結核予防法を制定しました。 「学校、病院、製造所または鉄道、電車、船舶、自動車…

  • 【奈良のご当地サイダー】大仏サイダー 2020/3/26奈良④

    ご当地サイダー企画第二弾の今回は奈良で販売されている「大仏サイダー」のご紹介です。 ご当地サイダーとはなに?第一弾のサイダーも知りたい!という方はこちらをご覧ください。 miyakoji-cityliner.hatenablog.com 奈良に関する記事はこちらから miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com さて、大仏サイダーの見た目はこちら 大仏サイダー 奈良の原っぱをイメージさせるサイダーの色が印象的ですね。 大仏とはもちろん、奈…

  • 【海の京都を飲んでみよう】京都丹後 琴引の塩サイダー

    突然暑くなりましたね。数日前までストーブを付けていたのが嘘のようです。夏が近づくと冷たい飲み物が飲みたくなってくるもの。特に今年は新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響で旅行へ出かけることが中々できません。そこで今回は飲むだけで旅行に行った気分になれる「地サイダー」の紹介です。 地サイダーはその地の特産品を用いて作られたサイダーのこと。地ラムネと呼ばれることもあります。サイダーを飲むことでその地の味を楽しむことが出来ます。また、サイダーにされることで手軽にその土地の名産品を知ることができます。サイダーで飲んでみて美味しければ次はそのものを買って挑戦してみようと思うこともあります。 果物…

  • 【唯一無二の存在】昼夜兼用特急電車581・583系の旅

    夜行列車。かつては日本全国を走り回りました。 夜に出発し朝に目的地に到着。移動時間を睡眠時間に充てられることから一日を有効に活用することが出来ます。 現在定期運行しているものはサンライズ出雲・瀬戸の上下一往復ずつまで減少しました。ところが1960年ごろ、夜行列車、特に寝台列車の需要が急激に高まるという時期がありました。そんな中で登場したのが今回紹介する581・583系電車です。今まで客車が主流だった寝台列車ですがこの581・583系は電車で登場し、更には昼間の特急列車にも使用できる車両として登場しました。なぜこんな一風変わった電車が登場したのか、昼夜兼用としての特別な設備にはどんな特徴があるの…

  • 【富山の名産 加積りんごを手軽に楽しめる】富山りんごグミ

    今回はお土産の紹介です。今年2月に富山へ旅行した際に購入したものになります。 富山りんごグミ このグミ、ほんまに美味しいんですよ。 前に家族が九州へ旅行に行った際にお土産にこのグミのカボスバージョンを買ってきてくれました。そのときに、めっっっちや美味しいということに気づきまして…家族の友達の子供のためにも同じかぼすグミを買っていたようなのですが、家族にお願いしてそれももらっちゃいました。人のものを横取りしちゃだめですね(笑) そんなわけで、この間富山に出かけた際に新高岡駅のおみやげ物売り場でこの富山りんごグミを見つけたので買ってしまいました。 コラーゲン配合 コラーゲン配合…うん、私には関係あ…

  • 【2019年のダイヤ改正で廃駅に】ヤナバスキー場前駅 2019/5/6 長野

    ※livedoorブログ「みやこ路のシティーライナー 鉄道日記」に投稿した記事を再編したものです。 ヤナバスキー場前駅は2019年3月16日のダイヤ改正をもって廃止されたJR東日本 大糸線の臨時駅です。 名前のとおりヤナバスキー場の前にありスキーシーズンのみ列車が停車していましたが、2016年度シーズンにヤナバスキー場の営業休止となり、それ以降当駅は事実上休止の状態が続いていました。営業再開の見込みが立たないことが理由で廃止に至ったというわけです。ただし、2013年度シーズンに同スキー場が営業休止になりましたが、当駅の臨時停車は実施されていました。 訪れた2019年5月時点では少し前まで臨時駅…

  • 【丹後の鉄道がよく分かる!】丹後山田駅資料室 2020/3/29 加悦⑧

    1985年まで丹後ちりめんやニッケル鉱石の輸送、更には旅客輸送を担い丹後、そして日本の発展に貢献してきた加悦鉄道。本ブログではその加悦鉄道の保存施設について、また当時活躍していた車両についての紹介を行ってきました。今回は、そんな加悦鉄道の玄関口「丹後山田駅」について迫ります。 これまでの加悦鉄道に関する記事を読んでいただくとより理解しやすい内容になっています。過去の加悦鉄道関連記事はこちらです。 miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.co…

  • 【加悦鉄道の貴重な資料や道具類を展示】加悦鉄道資料館 2020/3/29 加悦⑦

    加悦鉄道関連記事一覧 miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com 加悦鉄道資料館とは 加悦鉄道は1926年に開業し、沿線の住民や丹後ちりめん、ニッケル鉱石を輸送してきました。ところが、ニッケル鉱石の輸送が終了したこととモータリゼーション…

  • 【明治時代に製造された車両も】加悦鉄道で活躍した客車たち 2020/3/29 加悦⑥

    前々回はディーゼル機関車、前回は蒸気機関車を紹介しました。 ディーゼル機関車も蒸気機関車も客車がなければお客様を載せることはできません。ということで、今回は加悦SL広場に展示されている客車を紹介しようと思います。加悦鉄道では明治生まれの客車も多数使用されていました。 ただし、一部客車が修繕中であったため、撮影出来ておりません。その点はご了承ください。 加悦鉄道関連記事一覧 miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-c…

  • 鉄道ファンの部屋ってどんな感じ?マイルームについて思うこと

    今週のお題「わたしの部屋」ですか…。 丁度自分の部屋を見直す機会になりますね。 まず、自分の部屋について思うこと。ものが多すぎる。部屋の半分以上がもので埋め尽くされています。完全物置化していますね。部屋で過ごすことはほとんどなく、日中ほとんどリビングルームで生活しています。自分の部屋に居場所がないんでね。 唯一過ごせるとしたらベッドの上。さすがにそこにはほとんど物は置いていません。テッシュケースぐらいですかね。自分のベッドはセミダブルベッドなので思いっきり大の字に広がって寝ることが出来ます。といっても、そんなことはほとんどなくミノムシのように丸まって寝ているらしい…です。自分の寝相なんて、分か…

  • 【大阪~神戸間開通時からの蒸気機関車も保存】加悦SL広場に保存される貴重な蒸気機関車たち 2020/3/29 加悦⑤

    加悦SL広場に保存される気動車、ディーゼル機関車を紹介してきましたが、加悦SL広場というからにはSLを紹介しないわけにはいきません。今回は加悦SL広場に保存される蒸気機関車の紹介です。 加悦鉄道関連記事一覧 miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com 目次 加悦鉄道関連記事一覧 加悦鉄道で活躍した蒸気機関車 大阪~神戸間開通当初から活躍!2号蒸気機関車 空気ブレーキが特…

  • 新たに2つのSNSを開設しました

    このたび、新たに新規SNSを開設しました。 具体的には以下の2つになります。 Facebook www.facebook.com 「鉄道ファンが行くお出かけ雑記」または「@miyakojirailwayodekake」でFacebook内の検索をしていただいてもアクセスすることが出来ると思います。 主に更新情報をお伝えします。このほか更新予定の案内や旅行先で体験したもののブログに掲載しなかったこと、管理人の旅行やお出かけをブログ更新前に簡単に紹介する予定ですが、詳細はまだ未定です。昨日アカウントを開設したばかりで、まだまだ操作に慣れないものでして…。少しずつFacebookを活用していきたいと…

  • 【小型ディーゼル機関車の宝庫】加悦SL広場で保存されているディーゼル機関車 2020/3/29 加悦④

    加悦鉄道関連記事一覧 miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com 目次 加悦鉄道関連記事一覧 キハ101と並ぶ数少ない自社発注のDB201 川崎出身のディーゼル機関車 DB201 八戸市からやってきたDC351 ラッセルヘッドが特徴 TMC100BS 排雪モーターカー 産業用ディーゼル機関車 KD-4 特徴的な機関車たちと接して 前回の記事では加悦鉄道で使用された気動車について紹介したが、今回は加悦SL広場で保存されているディーゼル機関…

  • 【超個性的】加悦鉄道で活躍した気動車たち 2020/3/29 加悦③

    加悦鉄道関連の記事一覧 miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com 目次 加悦鉄道関連の記事一覧 はじめに 現在日本で残っているのはこの車両だけ!片ボギーのキハ101 郵便荷物室を復元!キハユニ51 客車から改造されたキハ08 3 一般形気動車の確立型 キハ10 18 加悦鉄道の気動車にたちに思いを馳せて はじめに 気動車に乗ると旅に来たって感じがする。坂を上るとエンジン音が大きくなり、エンジンを切ると音が小さくなる。それが風景とも相まって情緒を引き立てる。 1985年に廃止されたこの加悦鉄道を走った車…

  • 【奈良は柿が名産】柿のお菓子は衝撃的なおいしさ 2020/3/26 奈良③

    miyakoji-cityliner.hatenablog.com miyakoji-cityliner.hatenablog.com 先日、奈良に出かけてきました。その時の様子は上記のリンクからご覧ください。 さて、奈良のお菓子と言えば三笠(どら焼き)…だけでなく、柿のお菓子も有名です。 奈良は柿の名産地でもあります。 柿もなか 箱に書かれているように奈良のおみやげです。JR奈良駅ビエラ奈良2Fのお土産物屋さんが沢山並ぶところで購入しました。ちなみに、伊勢丹京都店にもこの「柿の専門」というお店があるそうです。 袋を開けてみます。 柿に見えるようにデザインされている もなかの皮の部分は柿をイメ…

  • 【1950年代の加悦鉄道を再現】加悦鉄道再現列車に乗車 2020/3/29 加悦②

    3月末で閉園した加悦SL広場。前回は加悦SL広場や加悦鉄道について紹介しました。 miyakoji-cityliner.hatenablog.com 今回は閉園前最後の週末に行われた、さようなら「加悦SL広場」再現列車運転会の様子を紹介します。 目次 ボランティアの方々によって運転される加悦鉄道再現列車 加悦鉄道再現列車で使用された車両紹介 片ボギーの加悦鉄道オリジナル・キハ101 蒸気機関車のような足回り・DB201 加悦鉄道保存会によって徹底的に加悦鉄道を再現 再現列車以外のイベント 加悦鉄道保存会の今後 ボランティアの方々によって運転される加悦鉄道再現列車 加悦鉄道再現列車 春休み期間中…

  • 【閉館しました】3月末で閉園した加悦SL広場に行ってきた 2020/3/29 加悦①

    先日は3月末で閉園するみさき公園について簡単ながら紹介しました。 miyakoji-cityliner.hatenablog.com みさき公園以外にも、3月末をもって閉園した施設があります。それが今回紹介する、加悦SL広場です。 目次 加悦鉄道とは 加悦SL広場について 加悦SL広場に訪問 入場券を買わずとも楽しめる施設 さいごに 加悦鉄道とは 1926年に開業した、特産品の丹後ちりめん輸送するために作られた鉄道です。国鉄丹後山田駅(現在の京都丹後鉄道与謝野駅)から京都府与謝郡与謝野町(当時は加悦町)の加悦駅までを結んでいた鉄道です。また、大江山でニッケルが採掘されるとそれの輸送や精製工場へ…

カテゴリー一覧
商用