searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

誰の為蔵さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

 各トピック、単語からそれにからむ思い出や当時の子供たちの姿を描ければと思っています。懐かしい風景が瞼に浮かぶよう、記憶を辿って書いています。共感が得られるものが少しでもあれば、嬉しい。

ブログタイトル
子供の頃にやったこと
ブログURL
https://gakiyarou.blog.shinobi.jp/
ブログ紹介文
 主に小学生の頃の振り返り。自分が見たこと、やったこと。学校でハヤっていたこと。昭和の中期、30年代の頃のこと、共感なり同意なり、これからの新たな時代、変化に備えられる発見があればと振り返ります。
更新頻度(1年)

78回 / 299日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/03/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、誰の為蔵さんの読者になりませんか?

ハンドル名
誰の為蔵さん
ブログタイトル
子供の頃にやったこと
更新頻度
78回 / 299日(平均1.8回/週)
読者になる
子供の頃にやったこと

誰の為蔵さんの新着記事

1件〜30件

  • クリスマス会

     よく授業が日教組の集まりやデモ参加で潰れたものだが、教室で開かれるようになった誕生会というのはその時のカッコウの時間つぶしにはなっていたのだった。   だが教師たちは結局、誕生会を禁止

  • 蒼い時

     人生で二度だけ、女たちの「群れ」としての騒ぎようというのを見て、私はポカーンとするしかなかった記憶があります。  女子たちの群れが男子に関わりないところでざわめき、女子の誰かが悲嘆にくれるように

  • 運動会.2

    昔の子供たちは競争が大好きでした。  かけっこなんかがとても大好きでした。  運動会の障害物競走なんて、まるでRPGゲームのように大好きでした。  友だちとの競争が大事でした。  色んな意味で

  • 運動会

     秋です。運動会日和の曇り空が続いています(笑)。  秋というのは運動会の季節です。暑くもなく寒くもなく、体を動かすのにちょうどよい季節です。  今はコロナでそれはちょっとムリなのかも知れません。

  • 電車通学

     昔は定期券なんてものがあって、電車通学している子供はランドセルの横にくくりつけてぶら下げていたものでした。  ゴムひもみたいなもので定期をケースに入れて、見せるときはグイと定期券を伸ばして駅員さ

  • デパート

     「デパート」。というと、デパートメントストアということです。  なんだか今となっては、とても違和感のある言葉にに聞こえます。  「百貨店」と言い換えてもなんか違う感じがします。  このネット

  • 焼き芋売り

     焼き芋売りというのは昭和の昔からの典型的なモノ売り商売です。  大きな大八車を改造して引いて売っていました。  「大八車」というのは今で言えばリヤカーでしょうか。  オヤジさんがそれを引いて売

  • 転校

    転校というケースがあります。  それは昔は、今よりもずっと多いものだったはずです。  親の都合、進学のため、色んな理由はありましたが、転校というのは子供たちに少なからず傷を残したものです。

  • 手品とマジックショー

     手品というのは昭和の時代にはたいそう流行したものだ。  大仕掛けでやるものもハヤったし、テレビでも盛んに放送された。  マジックショーなるものが普通に劇場で催されたりした。  引田天功というマ

  • 裁縫セット

     どうしたわけか「裁縫をやれ」という授業があった。  男子でもそれはやらされ、裁縫セットというのを買わせられた。  今ならどうなのだろうか。  生徒の選択制だのとやって、また現場は自由を曲解した

  • 光化学スモッグ

    昭和の高度成長期には各地で公害が発生しました。  「光化学スモッグ」というものもそのひとつでした。  主に都会、交通量の多い、自動車からの排気ガスが溜まりやすいところで、亜硫酸ガスなど有害なガス

  • 色紙遊び

    「しきし」ではなくて、「いろがみ」という読み方をする方です。  折り紙を折るための紙ですが、それは色とりどりの紙がありました。  それを水に漬け、色を出して混ぜたり、抜けさせたりする遊びがあり

  • 逆上がり

     なかなかできなくて、ひどく困ったものです。  この逆上がりができることこそが学校での最も重要なことのように思わせられたりもしたものです。  単に体育の授業のひとつであったはずのことが、なぜか

  • 授業参観

     こんなことが今でも学校でやられているかどうか、それは知りません。  父兄のフリをした不審者も考えられるでしょうし、どだい授業というものはもはやそれほど重要ではないはずです。  ましてやコロナと

  • ヒーローごっこ

    子供たち、特に男の子たちというのはみなヒーローが大好きでした。  女子たちは男子の遊ぶのを不思議そうに見ていた。  この男子たちのヒーローへの思い入れというものがよく分からないのか、それとも自分ら

  • 押しくら饅頭

     おしくらまんじゅう  押されて泣くな、♪  おしくらまんじゅう  押されて泣くな、♪  冬の寒い日、それをやれば温まるなんていわれたものだ。  昭和の思い出だ。  ある日のこと、近所

  • ハンカチ落とし

     これはゲームの一種です。  体育館や校庭で、授業中に教師が子供たちにゲームをさせることがありました。  「ハンカチ落とし」というのは、そんなゲームのひとつでした。  野外学習や遠足の時、そ

  • 初潮

    女生徒の中には早くも小学生から初潮を迎えてしまう子がいました。  それは、多分にイレギュラーなことだったのだと思います。  突然に先生がドタバタと走り回って隣のクラスの教室に駆け込んでいきました。

  • 迷子

     迷子というものがあります。どんなことが「迷子」なのでしょう。  親や保護者とはぐれてしまい、どうしてよいか分からないでいる子供。  泣いたり、独りでさ迷っていて、誰かに見咎められて保護され

  • お祭り

     「祭り」なんて、このコロナ感染拡大の今となっては、ちょっとできるかどうか分かりません。  感染者は拡大し、このままでは帰省することもどうなるか。  昭和の時代の「お祭り」というのはちょっと

  • 夏休み

    いよいよ待ちに待った夏休みが近づいてきました。  コロナ感染拡大もあり、勉強も遅れています。  今の子供たちはそれどころではないんでしょうけれども。  昔は、夏休みがやってくるのを子供

  • 「早生まれ」と「遅生まれ」

     満年齢に応じて入学するのが学校という制度ですが、一年を4月を起点とすれば最大で一年弱の差が開きます。  同じ学年と言っても、ほぼ一年ぐらいの差があることになります。  本来ならまだ小さいのに

  • 人さらい

     今はあまり聞かれない言葉だが、「人さらい」ということが昭和の時代はよく言われた。  「知らない人についていってはいけない」と、クチを酸っぱくするようにして親や教師、大人から言われたものだ。

  • 縦笛(リコーダー)

    学校でやらせられた最初の楽器は、確かカスタネットだった気がします。  音楽の授業でやりました。  みんなで拍手をするように音を合わせるようなことをしました。  それは幼稚園の頃にもやった気がしま

  • 沖縄と沖縄海洋博覧会

     沖縄が日本に返還され、沖縄への旅行がブームになりました。  それまで、戦後アメリカの統治下におかれた沖縄への旅行は、戦争を知らない若い世代にとっては外国でした。  そして沖縄に行って帰って

  • じゃんけん

     「じゃんけん」に関西と関東、地方によって違いがあったすると知ったのはずっと後のことです。  「じゃいけん」と「じゃんけん」ジャンケンの名前も違うようです。  そしてその掛け声も様々です。

  • 謝恩会

    そんなものがあったことに、今更ながら驚きます。  まあ、内申書とかそういうものに関係がなかった子供たちは分からなかったのでしょう。    ともかく、「謝恩会」というのが小学校を卒業して暫くすると

  • 嘔吐

     子供の頃はよく嘔吐をしていました。  学校帰りで、学校の裏庭で。  人知れず、嘔吐していました。  その後、カミユの小説に惹かれたというのは、決して偶然ではないでしょう(笑)。  冗談で

  • 学級新聞

    学校のクラス単位で「学級新聞」が作られることになりました。  少し高学年になった頃のことです。  大きな紙にみんなでマジックで記事を書いて、それぞれのクラスの外の壁に貼り、みんなに見てもらうとい

  • 視聴覚教室

    なんだか懐かしい響きの言葉です。  そんな特別な設備の教室が学校にはありました。  普通の教室ではありません。  授業で使うときはわざわざその部屋に出かけました。  前の日から伝えられていたの

カテゴリー一覧
商用