searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

F1山田さんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
F1山田さん
ブログURL
https://fumi2020.hatenablog.com/
ブログ紹介文
キミ・ライコネン好きなF1好き。詳しくないけど書いてます。懐かしネタは大好物。
ブログ村参加
2020/01/28
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、F1山田さんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
F1山田さんさん
ブログタイトル
F1山田さん
フォロー
F1山田さん

F1山田さんさんの新着記事

1件〜30件

  • 個人的に忘れられないF1名バトル、名場面その1【YouTube】

    お久しぶりです。皆さん、2021年シーズン楽しんでいますでしょうか? 思うところがあり更新自重してますが、追々また書いていくつもりです。 ********** さて、こちらも久しぶりの更新となったYouTube動画。 (正確に言えば、更新はしていたけど昭和歌謡曲ばかりw) 今回はこちら。 www.youtube.com 先週開催されたF1スペインGPの舞台カタルニア・サーキット。 その初開催となった1991年のレースから一部分をピックアップしました。 完成されたばかりで滑りやすい路面&ハーフウェットという難しいコンディションで行われた同レース。 序盤から1-2体制を築き、逃げ込みを図るマクラー…

  • F1デビューから20年【キミ・ライコネン】

    こんにちは。マスク姿になってから、若い女の子とやたら目が合うようになり、「モテ期到来か?」と毎日ドキドキしている山田です。 …そんな妄想話は置いといて、本当にドキドキする2021年F1がいよいよ開幕。 今年も性懲りもなくキミ・ライコネン中心で観戦していきます。 2021年F1バーレーンGPを振り返る プレシーズンテストで全体4位という望外のパフォーマンスをみせたキミさん。 ポジティブな発言を耳にするあたり、今年のC41に確かな手応えを感じているようです。 FPから張り切るRAI ベテランらしく、せっせことデータ集めに… あ゛っっ!? ヘタこいたネン!! (うーん、どうなるか見てみよう…) f※…

  • 急げ!DAZNで2021年F1テストの配信されるぞ!

    こんにちは。速報です。 ついにDAZNでF1シーズンオフテストが配信されます。 jp.motorsport.com 詳しいスケジュール日程は以下の公式サイトを参照してください。 www.dazn.com いやぁ、遂にこんな時代になりましたか。 参考程度のラップタイムに一喜一憂して「わちゃわちゃ」する時間が、今年は映像付リアルタイムで味わえるわけです。 まだDAZN契約されてないF1好きは、いまなら新規契約者に限り2ヶ月無料みたいなので、GOしちゃってください。 DAZNの視聴はテレビの大画面がオススメです。 Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリー…

  • アルファロメオ新車C41をひたすら眺めて極めて短絡的に褒めちぎるだけのブログ

    こんばんは。ついに来ましたXデー。 アルファロメオ2021年F1マシンC41の発表です。 おふっ…鼻血出る… エロい。エロすぎる。 期待通りのフォルムに昇天しそう。。 もう速いか否かなどどうでもいい。 さっそく画像を見ていきましょう。 新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー アルファロメオC41画像 くぅぅぅ…いいねぇ… サイド後部の配色がC39から反転。イイ! 流れるようなワインレッド。美しい。 真横のアングルも完璧。 C41の配色の方が断然好みです◎ ついに実現した細ノーズ! クラッシュテスト苦労しましたねぇ… 噂通…

  • アルファタウリ・ホンダ新車AT02をひたすら眺めて極めて浅い感想を書き綴るだけのブログ

    こんばんは。2021F1新車発表が始まってます。 先日のマクラーレンに続き、昨日アルファタウリ・ホンダAT02が発表されました。 角田裕毅、注目の一年を共にするAT02をひたすら眺めてみましょう。 アルファタウリ・ホンダAT02画像 おおっ!カッコいい! 配色がネイビー多めで個人的に◎です。 思ってたよりノーズ太め。 チ◯チ◯も健在。そっか… 私レベルではよく分からんw とりあえずカッコいい。 美しい。 最近のF1マシンは上からのフォルムがとにかく美しい。 巨大化し過ぎなのが残念だけど。 「HONDA」がドーン。 これよ、これ。 こういうレーシングっぽい要素が今のF1には必要。 古くはタバコと…

  • 2007年F1日本GP ②-思い出のF1-

    こんばんは。前回に引き続き、2007年F1日本GPを現地撮影した画像や動画を見ながら振り返ります。 fumi2020.hatenablog.com 悪天候の決勝 富士スピードウェイで開催という時点で、ある程度予想できていましたが、やはり雨となった決勝当日。 とても視界が悪く、本当にスタートできるのか?不安一杯で待った記憶があります。 とにかく寒かった。辛かった。 国歌独唱は河村隆一 ファイル整理するまですっかり忘れてたけど、この年の君が代は河村隆一だったみたいです。全然記憶にない(汗) LUNA SEAはCDで聴いてたりしたけど、こんな場所で生歌唱を聴くことになるとはw くせ味のある歌唱の一部…

  • 懐かしい画像 -思い出のF1-

    こんにちは。先日、フォルダ整理していたら2007年F1日本GPの画像が出てきました。 懐かしいものばかりで、時間を忘れて見入ってしまいましたw せっかくなので、その一部を紹介しながら当時を簡単に振り返ってみようと思います。 2007F1日本GP 舞台は富士スピードウェイ 1977年以来、30年ぶりのF1開催となった富士スピードウェイ。 トヨタが参戦していたこともあって、大規模リニューアルされた同サーキットですが、新レイアウトはあまり好きではなかったです(汗) 金曜日は快晴。ネッツコーナーより現地観戦。 伝説の30度バンク 富士スピードウェイといえば伝説の30度バンク。 幾度の重大事故によって1…

  • 細ノーズ採用??アルファロメオ2月22日に新車C41を発表

    こんにちは。アルファロメオの2021年マシンの発表が2月22日に行われるとアナウンスされました。 www.as-web.jp www.as-web.jp 発表場所がポーランドというあたりが何とも香ばしいというか、アルファロメオというのは名ばかりの代物感がハンパないですね。。 時間と場所の詳細は後日ということですが、これらの記事をもとに、新車C41について軽く触れていこうと思います。 2020 FIA F1 世界選手権総集編 完全日本語版 DVD版 スポンサーリンク 2021年型マシンはC40ではなくC41 2020年型マシンがC39だったので、2021年型はC40になると思われましたが、なぜか…

  • アルファロメオF1撤退か

    こんにちは。F1好きとしては3月のプレシーズンテストまで悶々とする日々を送っているわけですが、今週はいろいろな話題が届きました。 岩佐歩夢レッドブルジュニア入り まず、ホンダ育成の岩佐歩夢(19)がレッドブル・ジュニアの一員として、FIA-F3選手権とF3アジア選手権へ参戦決定! www.as-web.jp今年アルファタウリ・ホンダからF1デビューする角田裕毅に続けるのか?とても楽しみなプロジェクトですね。 岩佐歩夢、まずはFIA-F3でルクレール弟(アーサー)を撃破して、1年で結果を出してもらいたいところです。 アルファロメオF1撤退の可能性 もう一つ、こちらは嬉しくない話題です。 アルファ…

  • 2021年もキミ・ライコネンです。LEAVE ME ALONE…

    こんにちは。新年あけましておめでとうございます。 2021年シーズンもまさかの現役続行となったキミ・ライコネンさん。今年も積極的にフォローしていきます。 View this post on Instagram A post shared by Kimi Räikkönen (@kimimatiasraikkonen) www.instagram.com 新年早々、子供の前でチュッチュするRAIさん。 一体これのどこがアイスマンなのだろうか? 2020年の戦績データを振り返る キミ・ライコネン予選 Q1敗退:13回 Q2敗退:3回 Q3進出:1回 ベスト:8位 ワースト:20位 平均:16.…

  • 顔にできた粉瘤(アテローム)を「くり抜き法」で手術してみた。

    こんにちは。今年もあと僅かですが、一年を振り返るといろいろ忘れてることがあります。 その一つが粉瘤(ふんりゅう)。別名アテローム。 右まゆ毛のところにこの粉瘤と呼ばれる脂肪の塊みたいなものができたわけですが、知らず知らずのうちにかなりの大きさに「成長」したので、正体が判明するまでは不安でした。 結論としては、粉瘤は悪性のものではなく、「くり抜き法」と呼ばれる日帰り手術で無事に取り除くことができました。 悪性ではないといっても、放置すると10センチくらいまで肥大化することもあるようなので、異変に気づいたら早めに処置したほうがいいそうです。 それでは、この粉瘤についてもう少し深掘りしてから、「くり…

  • 角田裕毅はF1で活躍できるのか?【日本人10人目フルタイムF1ドライバー】

    こんにちは。ようやく、よーやくアルファタウリ・ホンダから角田裕毅のF1昇格が正式発表されました。カーナンバーは22を希望したとのこと。 ホントに久しぶりですね!なにかと気持ちが沈みがちな昨今ですが、前向きになれる明るいニュースです。率直に嬉しい。 すこし語弊があるかもしれないけれど、私は「日本人だから」という理由だけで、「思考停止で日本人ドライバーを応援するスタイル」は苦手。(もちろんそれを否定はしないけど) これまでも佐藤琢磨や小林可夢偉には「夢」をみさせてもらった一方、そうではない日本人ドライバーもいました。残念ながら。(誰とは言わないけど、特にあの人w) 弱冠20歳の角田裕毅は間違いなく…

  • ヤングドライバーテスト速報と考察【角田裕毅】

    こんにちは。2020年F1が閉幕したアブダビでは、将来のF1を担う若者によるヤングドライバーテストが行われました。 日本人として注目は、アルファタウリ・ホンダからのF1デビューが期待される角田裕毅。 注目のテスト結果ですが、 122周を走行して1:37.557の5番手タイムを記録しました。 それでは角田裕毅を中心に、2020年ヤングドライバーテストを少し深掘りしていきましょう。 ヤングドライバーテスト参加リスト 【メルセデス】 ストフェル・バンドーン(28) ニック・デ・フリース(25) 【レッドブル】 ユーリ・ヴィップス(20) セバスチャン・ブエミ(32) 【マクラーレン】 不参加 【レー…

  • お疲れさま!いざバカンスへ【キミ・ライコネン#330】

    こんにちは。とうとう2020年F1も最終戦。変則日程でチーム関係者はホントに大変なシーズンでしたね。 レースの方はフェルスタッペンの完璧な勝利で、来年の「RB16B」への期待を大きくさせてくれました。あまり多くの改良は行えない2021年シーズンですが、レッドブル・ホンダ最終年ですから、この日のように「F U L L S E N D D A Y 」でメルセデスに挑んでもらいたい。 チーム別のシーズン総括をまた後日更新します。その頃にはレッドブルとアルファタウリのシートも確定しているでしょう。早く角田裕毅の朗報が聞きたいものです。 さて12月に入り、寒さが本格的になったことで、すっかり母国が恋しく…

  • 角田裕毅と佐藤万璃音とタキ井上

    こんにちは。2020年F1もアブダビGPを残すだけとなりましたが、そのあとには将来F1を目指す若手…でもない人もいるのかw、ヤングドライバーテストが行われます。 いろんな意味で注目ドライバーが集まるなか、ひときわ目立つのがアルファタウリ。角田裕毅と佐藤万璃音の日本人コンビです。こりゃ驚いた。 レッドブル育成&F2ランキング3位の角田裕毅は分かるとして、佐藤万璃音はなぜ起用されたのだろうか? 疑問に思ったので、少し深掘りしてみます。 目次 佐藤万璃音について ユーロフォーミュラ・オープン・チャンピオンシップ 角田裕毅との比較 なぜ選出されたのか? タキ井上とは? 伝説の“事故” 日本人F1ドライ…

  • また1周目【キミ・ライコネン #328】

    こんにちは。2021年のF1シートも大半が埋まり、あとは日本人として気になるレッドブルとアルファタウリの残り1席がどうなるかですね。 今年のF2で活躍した角田裕毅は、佐藤万璃音とともにアブダビGP後に行われるヤングドライバーテストに参加決定。アルファタウリ・ホンダでのF1デビューは濃厚だと思われますが、レッドブルはどうなんだろう? ここ終盤戦でみせたペレスのパフォーマンスは印象的ですが、本人がやたら「ぼやいている」のが引っかかります。 仮にヒュルケンベルグにシート取られるとしても、ここまで「ぼやく」だろうか?まさかのアルボン残留??それだけは面白くないなぁ… ヒュルケンベルグでもペレスでもいい…

  • 劇団メルセデス〜脚本・演出トト・ヴォルフ〜

    こんにちは。F1サクヒールGPいやぁ面白かったですね。 オープニングラップから応援してるキミさんとフェルスタッペンが揃ってあぼーんした時はテレビ消そうかと思ったけど。 それでも楽しませてくれたのは、メルセデスで代打出走したラッセルの存在。あー勝たせてあげたかった。 いつもならキミ・ライコネンさんを真っ先に取り上げてるのですが、ぜんぜんダメダメで取り上げるところがないので今回はラッセルを主としたテーマから書きます。キミさん記事はまた後ほど更新予定。 目次 ラッセルはボッタスに勝ったのか? スタート〜オープニングラップ レースペース ボッタスは評価を下げたのか? 劇団メルセデス まとめ F1速報 …

  • おめでとう角田裕毅!F2マゼピンの乱

    こんにちは。注目のF2サクヒールGPレース1、アルファタウリ・ホンダへのF1昇格を目指す角田裕毅が会心のポールトゥウィン。これ以上ない結果を残しました。 F2サクヒールGPを振り返る レース1 予選から速さをみせていたけど、決勝は圧巻でしたね! 前戦の反省からか、スタートでやや慎重になってマゼピン(危険人物)とシュワルツマンに先行される展開になるも、この日の角田は冷静でした。 ピットストップで2人の前に出た直後、熱の入ってないハードタイヤで無理に抵抗せず、再び後ろで機を伺う落ち着きをみせます。これが大きなポイントでしたね。 終盤、上位勢の中でもタイヤを上手に労った角田が、シュワルツマンとマゼピ…

  • 40日間のマンション売却体験記。査定から売買契約までの流れを紹介します(1)

    こんにちは。 マンション売却のお話です。 私にとって、マンションの売却=人生で初めての経験でしたが 1ヶ月半で売却できました。 正直こんな世の中でマンション売れるのか? 自分は間違いを犯したんじゃないか? なんて不安にもなりましたが売却できたのです。 今回の体験記(1)では見積もり査定〜売り出し価格決定、次回(2)は内覧〜売買契約という内容で書きます。専門用語の説明などは極力省いてますので、不明な点はググってくださいませ。 それではいきましょう。 目次 まず売却条件と方法を考える 査定を依頼する業者を選ぶ 訪問査定をしてもらう 業者買取は安い 仲介での売却相場(業者A) 仲介での売却相場(業者…

  • ラッセルはボッタスに勝てるのか?

    こんにちは。消化試合と化して、スタート時間の遅いナイトレースに萎えていたF1ですが、ハミルトンのコロナウイルス感染で急転直下の事態となりました。 彼の代役は、メルセデスのリザーブドライバーであるストフェル・バンドーンではなく、ウイリアムズのジョージ・ラッセル。 メルセデス育成のラッセルを起用するのは理にかなってるといえますが、一方でリザーブドライバーってなんだろ?と思わせる事例ですね。バンドーンお疲れさん。 さてさて、そんなラッセルが果たしてどんな走りをみせるのか?今からとても楽しみなわけですが、ベンチマークとされるボッタスは負けるわけにはいかないという気持ちでしょう。 ずばりラッセルはボッタ…

  • 度重なるアクシデントで存在感示せず【キミ・ライコネン #327】

    こんにちは。早いもので2020年F1も残り3レース。ここから怒涛の3週連続開催です。 毎週F1が観られるのは最高に嬉しいんだけど、ナイトレースだと結局スタート時間が遅くてリアルタイム視聴は無理ゲーなんですよね。。 まあまあ、こんな極東まで配信してくれる環境があることに感謝して、見逃し配信で今回もキミさんをフォローしていきます。 2020F1バーレーンGPを振り返る 予選 キミ・ライコネン:17位 フリー走行から「決まってない」感のあったキミさん、ていうかアルファロメオ、ていうかフェラーリPU勢。 予選でもなかなか脱落圏内を抜け出すことができず、迎えた最終アタック。そこは男キミ=マティアス・ライ…

  • 角田裕毅に試練。ナイスリカバリーのレース1、最悪の展開となったレース2

    こんにちは。F2に関してはハイライト視聴でざっくりフォローしていたのですが、バーレーンGPはフル視聴しました。 いやぁ面白かったですね。レース1は。 2021年アルファタウリ・ホンダからF1昇格をかける角田裕毅を中心に、残り2戦(4レース)フォローしていきます。 fumi2020.hatenablog.com 2020年F2バーレーンGPを振り返る レース1 予選でスピンしてまさかの最後尾スタート。 さすがの角田裕毅も人の子。万事休すかと思いましたが、決勝でのリカバリーは見事でしたね。 こういう「非常事態」の場合、スタートで無理してドーンしたり、追い抜きを急いでタイヤ壊したりするドライバーを多…

  • 追悼マラドーナ。「神の手」に想う判定の曖昧さ

    こんにちは。 25日、サッカー界のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が亡くなりました。 海外サッカーは好きでよく観ているのですが、マラドーナをリアルタイムで体験できたのは1994年のアメリカワールドカップ。 残念ながら、禁止薬物使用で大会途中で姿を消してしまうわけですが、ギリシャ戦でみせた連続ワンタッチからの左脚一閃。 そしてゴール直後、カメラに向かって吠えながら駆け寄ったあのシーン。当時、多感な中学生だった私には強烈でした。 そんなマラドーナの有名なシーンの一つとして語られているのが、1986年メキシコワールドの「神の手」ゴール。 あきらかにハンドに見えるのに、当時の主審が見逃し、そのままゴ…

  • ホンダ F1エンジン6種 オンボード1987-2020【YouTube】

    こんにちは。今回のYouTube動画紹介は「ホンダ F1エンジン6種 オンボード1987-2020」になります。 フジテレビ系列でF1の地上波放送が始まった1987年から今年2020年までの間、ホンダは大きく分けて6種類のエンジン(パワーユニット)をF1に送り込んできました。 当動画では、6種類それぞれのオンボード映像にて、エンジン音を楽しむ内容となっています。 オンボードフェチなので、個人的にはめちゃ好きな動画なのですが、少しでも共感して頂けたら嬉しいです。 私の好みはホンダ第2期のV10ですね。 当時はマニュアルミッション(+セナ足)ということもあり、荒々しい音がたまらないです。 その点、…

  • 華麗に舞うも結果出ず。【キミ ライコネン】

    こんにちは。前回イモラに続き、久しぶりの特別開催となったイスタンブール・パーク、F1トルコGPを振り返ります。 イスタンブールといえば、1978年リリースの庄野真代が歌う「飛んでイスタンブール」が真っ先に浮かんでしまう私。 「飛んでイスタンブール 光る砂漠でロール」 なんのこっちゃ。 ちなみに私はキミと誕生日1日違いの同じ歳で、この時まだ生まれてないです。あしからず。 目次 2020年トルコGPを振り返る 予選 決勝 まとめ 2020年トルコGPを振り返る 予選 キミ・ライコネン:8位 開催前の路面補修にくわえ、低気温で雨まで重なってしまった今回の予選。ドライでもめちゃ滑るのに、レインコンディ…

  • NHK地上契約にしたら不審な男がきたw

    こんにちは。タイトルにも書きましたが、最近不審な男が度々インターホンを鳴らしてくるようになりました。 結論から先に言うと、この男の正体は不明です。 ただ、事実として言えることは、NHK地上契約へ変更した直後から訪問が始まり、衛星契約へ戻したあと、訪問が途絶えたということ。これが今現在わかっていることの全てになります。 最近物騒な事件が多いだけに、時系列で詳しく遡ると共に、その他の可能性についてもしっかり追求していきます。 fumi2020.hatenablog.com 目次 男の訪問前後を振り返る 男の正体 男の特徴 NHK以外の可能性を探る 新聞の勧誘 宗教の勧誘 インターネットの勧誘 国勢…

  • 角田裕毅【F1】

    こんにちは。今回はアルファタウリ・ホンダの2018年マシンでF1初テストを行った角田裕毅について取り上げていきます。 とはいえ、私自身ミーハーF1好きなので、彼のことを「速そうな日本人出てきたな」と思いながらも、あまり真剣にF2をフォローしていませんでした。(なんのためのDAZNなのだ?) 2020年シーズンも終盤に差し掛かり、いよいよF1が見えてきたこのタイミングで、今一度しっかり勉強していきます。 2020年F2ランキング(11/4時点) ミック・シューマッハ 191pt カラム・アイロット 169pt 角田 裕毅 147pt 度々ポールポジション取って、優勝もしていたのでランキング3位と…

  • 輝き失せぬ41歳(通算1,863pt)【キミ ライコネン】

    こんにちは。今回はイモラで行われたエミリア・ロマーニャGPを振り返ります。 F1エミリア・ロマーニャGPを振り返る 私にとってイモラ=サンマリノGPというイメージが強く、コースレイアウトも未だに90年代前半の記憶が鮮明に残ってますが、久々のイモラでもキミさんは変わらず存在感をみせてくれました。 予選 キミ・ライコネン:18位 リザルトだけみれば今年何度も目にしている平凡なものですが、中継をみていた方はさぞ楽しめたのではないでしょうか。 Q1最終アタックで大幅に突破ラインを超えるスーパーラップを記録し、私ガッツポーズ。契約更新パワーは凄い!と鼻息荒くした矢先… 突破圏外へ瞬間移動するRAI 原因…

  • キミさん契約更新!&2021ドライバーシート状況(10/30時点)

    こんにちは。新居に引越してからWi-Fi速度がやたら不安定な山田です。 DAZNがモザイク調になるので、漢としてイメトレにもってこいな環境である、と前向きに捉えています。 さてさて、お待たせしました。ついに我らがキミさんが契約更新。大丈夫だろうと思いながらも、やっぱり正式発表くるまで少し不安でした。なにしろ年寄りなので。 チームメイトがミックではなくジョビナッツィの残留というのが意外でしたが、先日のプロモーション動画みるかぎり既定路線だったのかも。 とにかくキミさんがまだ走ってくれることが嬉しい。こんなに長く続けてくれる、ファンとしてこんな贅沢で幸せなことはないと思う。先週みたいな「超ライコネ…

  • 超ライコネン

    こんにちは。今回の舞台はコロナ禍での特別開催となったポルトガル、アルガルベ・サーキット。 ポルトガルGPといえば、ちょい古いF1好きからすると「エストリル」が浮かぶと思いますが、ジャック(ヴィルヌーブ)がミハエル(シューマッハ)に「大外刈り」をかました1996年エストリル以来、24年ぶりのポルトガル開催となりました。 頭ではなく走りが輝いていた頃のジャック(画面 左) このオーバーテイクシーンである最終コーナーや最初のターン1、2あたりはアルガルベとエストリルは似た感じに思うのですが。ポルトガルってこういうチャレンジングなレイアウトが好みなんですかね?観ていて最高に楽しいです◎ さて今回も爺さ…

カテゴリー一覧
商用