searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

sparrowsさんのプロフィール

住所
室蘭市
出身
室蘭市

自由文未設定

ブログタイトル
エゾ中村のブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sparrows
ブログ紹介文
「藤圭子」から「現代医学の功罪」まで、思いの丈を綴ります。
更新頻度(1年)

126回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2019/11/01

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、sparrowsさんをフォローしませんか?

ハンドル名
sparrowsさん
ブログタイトル
エゾ中村のブログ
更新頻度
126回 / 365日(平均2.4回/週)
フォロー
エゾ中村のブログ

sparrowsさんの新着記事

1件〜30件

  • ローカルスター『大泉 洋』

    北海道出身の芸能人は、案外多いと思います。その中で「大泉洋」(49歳)は、テレビや映画で際立つ一人(スター?)です。そんな彼の芸能界デビューは早く、メジャー(東京)進出は少々遅かった様に感じます。東京で活動を始めたのは、31歳と言うのですから18年前になります。その原因は、ローカル局を大切にして来たからだと思います。生活拠点を札幌に置き、仕事の依頼があった時だけ現場に赴く、出稼ぎと言うのか出張と言うのか、芸能活動に制約があったのは確かです。それでいて、スターの座を勝ち取った役者「大泉」は流石です。正に、遅咲きの大輪と言えます。「大泉洋」が、芸能界を志したのは、生まれ故郷の北海道でした。彼は教師を目指し札幌の大学を受けるも、入試に失敗(二浪)やむなくマイナーな大学に方向転換したのが、役者を目指す分岐点だったと思い...ローカルスター『大泉洋』

  • 今年は 散々な お盆でした。

    ◇登場人物◇北海道の田舎で暮らす私ナカムラ青森県で会社を営むササキ札幌市で画家を創作するスズキ(高校時代からの親友)13日の夕方、スズキから私ナカムラに電話がありました。唐突に「スズキが死んだ」でした。驚いた私は「誰から聞いたのか?死因は何か?葬儀は何時なのか?」矢継ぎ早に質問しました。すると「携帯電話が繋がらないので会社に電話し事務員に聞いた」と言うのです。事務員「スズキは亡くなった」と、答えたそうです。「死因や葬儀を聞きたかったが、事務所が慌ただしく詳しく聞く事が出来なかった」と弁解していました。どちらにしても、大変な事が起こってしまった!私は「スズキの状況を詳しい事を調べてみる。同級生に電話するのは、少々待って欲しい」と伝えました。青森県の新聞をウェブサイトで検索し、お悔やみ欄からスズキの名前を探しました...今年は散々なお盆でした。

  • 九十九里浜 の 夏

    北海道に生まれ、噴火湾で産湯に浸かったと言えば大袈裟かも知れませんが、子供の頃は海が遊び場でした。いつ誰に教わったか忘れましたが、泳ぎは達者です。残念な事に北国のハンデで、海水浴のシーズンは短い。それでも夏になれば、家から100m程の海に毎日走ったものです。そんな経験が災いし九十九里浜の夏は、私に牙を剝いたのです。それは、千葉県の紫外線でした!40年以上前の事です。お盆休暇を利用し、千葉県の茂原市在住の友達を訪ねました。打ち合わせが悪かったのか、友人の休みと日程が合わず、やむ無く一人で二泊三日を過ごす事になりました。それでも、海水浴&日光浴で満喫しました。問題は、天候でした。気温は、30℃を多少超える程度で快適でした。しかし、太陽が隠れる曇天だと勘違いしたのが間違いでした。当時千葉県の上空にも、東京近郊の工業地...九十九里浜の夏

  • 「スズメ の 学校」

    「エゾ中村」のブログアドレスは、sparrows;スズメたちです。私は、身近な野鳥スズメが好きです。決して、姿が美しいとか鳴き声が綺麗とは言えませんが、人里で逞しく生きるスズメに興味を持っています。益鳥なのか害鳥なのか、20年ほど前観察しながら調査しました。意外でした!想像以上に、複雑な生態に驚くばかりです。それは「ダーウィンの進化論」と違い「本能のままに生き貫く」と言う、野鳥からの力強いメッセージでした。そこには進化とか進歩とか、己を欺く破綻の方程式は、何一つありません。飛躍しますが、野鳥の生態観察から世の中の矛盾(自然破壊)を、痛感した次第です。人里で暮らすスズメは、全て母系家族です。交尾・子育てを終えたオスや成鳥に達した若いオスは、メスたちの集団から追い出されるのです。近親相姦を防ぐ為です。親離れ出来ない...「スズメの学校」

  • 「楽天 モバイル」加入しました。

    去年から興味があった「楽天モバイル」に7月加入しました。ドクターXで有名な女優「米倉涼子」のCMに、魅了されたからではありません。自分のスマホ・パソコンの通信手段に、最適と判断したからです。思えばインターネット歴20年、試行錯誤の連続でした。当初、ウェブサイトの接続を目的に、プロバイダーとNTTと契約し、大金を支払って来たと思います。2年前、Wi-Fi通信を取り入れ、快適な通信手段を導入したと喜んでいました。ところが、スマホのBluetooth機能を使って、パソコンを操作する方法を知りませんでした。Wi-Fiテザリングです。通信費が高いスマホでは、テザリングの必要はありませんが「楽天モバイル」の従量制(使った通信量の支払い)契約の場合、従来のスマホ月額料金以下でパソコンが使えるのです。これ程便利な機能はありませ...「楽天モバイル」加入しました。

  • 第 67回「全日肖展」

    2020年、コロナの蔓延で一年延期になった「全日肖展」が、今月2~8日上野東京都美術館で開催されました。私は観覧していませんが、情報や写真を入手したので報告いたします。友人「鈴木博詞」は、札幌在住のロシア人女性をモデルに、今回は納得いく作品に仕上がったと満足していました。私も完成した作品を知っていたので、上位入賞を願っていました。ところが、審査の結果は散々でした。「評価に値せず」だった様です。審査は適正だったのか?「鈴木」は「そんな事もあるのさ」と笑っていましたが、内心は穏やかでない筈です。「全日肖展」の最高位である「内閣総理大臣賞」と「衆議院議長賞」の画像を添付して来たので、彼の悔しさが窺えます。是非比較してご覧ください。◎友人「鈴木博詞」作◎ロシア人モデル(スナップ)「鈴木」と同業者(画家)で仲の良い「浅野...第67回「全日肖展」

  • 昭和の純愛「愛と死をみつめて」

    ・・・愛と死をみつめて・・・唄:青山和子一、♪まこ・・・甘えてばかりでごめんネ~みこは・・・とっても倖せなの~儚い命と知った日に~意地悪いって泣いたとき~涙をふいてくれたまこ・・・♪二、♪まこ・・・わがまま言ってごめんネ~みこは・・・ほんとに嬉しかったの~たとえその瞳は見えずとも~二人で夢見た信濃路を~背負って歩くと言ったまこ・・・♪三、♪まこ・・・元気になれずにごめんネ~みこは・・・とっても生きたかったの~たとえこの身は召されても~二人の愛は永遠に咲く~みこの命を生きてまこ・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・この楽曲は今から五十年以上前、実話を元に作られ大ヒットした、昭和の名曲です。「青山和子」が歌う「愛と死をみつめて」を聞く度に、男と女の純粋な愛の危うさがしみじみと...昭和の純愛「愛と死をみつめて」

  • 「掘った芋 いじるな」

    Whattimeisitnow(いま何時ですか)日本人の英語は、大半が相手に通じない様です。発音が悪いのでしょうか?笑い話ですが「ホッタイモイジルナ」と言うと、通じるかも知れません!なぜならWhattimeは「ホッタイモ」isitnowは「イジルナ」が、日常使われる発音に近いからです。◎「ホッタイモイジルナ」Whattimeisitnow私が英語を習ったのは、50年以上前でした。異文化を学ぶ事に興味はありましたが、内容は文法と英単語の学習で、英会話は二の次三の次でした。そもそも教師は、本格的に英語を専攻した訳ではなく、短期間の講習で生徒に教える事に無理があったと思います。ある日、表敬訪問に来たアメリカ人教師に、通訳として校長から依頼された英語教師は、緊張したのか何一つ話す事が出来ませんでした。むかしの話ですから...「掘った芋いじるな」

  • 「クレージーキャッツ」と「ドリフターズ」

    私の年代でお笑いグループと言えば、何と言っても「クレージーキャッツ」です。テレビスターの魁として、華々しい活躍を遂げています。日本テレビの「シャボン玉ホリデー」では、演奏・コント・ギャグで人気を集め、一時代を築いた実力派コメディアンです。楽曲は「五万節」「ゴマスリ行進曲」「スーダラ節」「ハイそれまでヨ」「アッと驚く為五郎」など、数限りなくあります。昭和62年から10年で30本以上の映画を製作したり紅白歌合戦にも出演しています。リーダー「ハナ肇」のキャラクターが目立っていましたが、やはりスターは「植木等」だと思います。ボーカルとして、声量が豊かで活舌が良いのが、魅力的でした。日本が高度経済成長期「クレージー映画」は、時代を反映し人気がありました。私は、盆や正月大半の映画を観ています。「無責任シリーズ」「日本一シリ...「クレージーキャッツ」と「ドリフターズ」

  • 白血病における「骨髄移植」

    2年前、2020東京オリンピックの水泳競技でメダル数個を期待される『池江璃花子さん』が、自ら白血病である事を公表し、日本中が大きな衝撃を受けました。誰しも病気の進行状況を危惧し、早期の治癒を願いました。ファンの中には、彼女の完治を願い骨髄バンクに登録する人が殺到したと聞きます。しかし、バンクに登録したファンの願いも叶わず、担当医は抗ガン剤治療を選択した様です。白血病はガンなのでしようか?◎日本水泳のエース『池江璃花子さん』幸いにも『池江さん」は、抗ガン剤治療で驚くべく回復を遂げています。抗ガン剤治療も白血病に有効なのでしょうか?そうなると、白血病に骨髄移植が最善と言う現行医療の根本が崩れてしまいます!理論や倫理がなくても、結果オーライであればどちの治療法でも良いのでしょうか?・・・・・骨髄移植による一年後生存率...白血病における「骨髄移植」

  • いよいよ船出「東京五輪」

    2020年「東京オリンピック・パラリンピック」は、新型コロナウイルスの世界的蔓延が原因で、一年延期その期限が間近に迫っています。さぞかし五輪関係者は、ご苦労されていると思います。開催は決まっていても、反対する人々が多いのが問題です。「中止した方が良い。延期する冪だ」今は、そんな時期ではありません。「東京五輪」は、必ず遣って来るのです!◎一年遅れた2020「東京五輪」政府のネックは、事もあろうに分科会の「いわゆる正論」です。一年以上、討論を交わしながら「東京五輪」が一ヶ月に迫る中「無観客が良い」とか「病床に余裕がない」とか、医師会(医療界)に都合の良い弁解を、尤もらしく振り翳すのですから呆れます。政府を応援する訳ではありませんが、医療界の「手のひら返し」には驚きます。分科会は「石橋を叩いても渡らせない」そんな思惑...いよいよ船出「東京五輪」

  • 「君が代」

    ・・・君が代・・・一、君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔の生すまで二、君が代は千尋の底のさざれ石鵜のゐる磯とあらはるるまで三、君が代は限りもあらじ長浜の真砂の数はよみつくすとも戦後「君が代」は、GHQにより斉唱を全面的に禁止されました。勿論「君」は、天皇を神の如く称える歌だったからです。その後「天皇は日本国民統合の象徴とする」が法制化され、米国の規制も緩んだ様です。1999年以降国歌として定着しています。それまでは、歌うのも歌わないのも任意でした。今でも、存在は微妙です。明治・大正・昭和(戦前)、教育勅語と同様に暗唱を強いられた「君が代」を、一~三番まで歌える方はいるのでしょうか?第二次世界大戦の敗戦国ドイツ・イタリアは、激論の結果以前の歌詞を変え、国歌として法制化しています。それ程、敗戦により国歌の...「君が代」

  • 不幸の手紙

    葉書は62円になった様です。最近の通信手段は、主にe-mail・スマホですので、葉書や手紙は何円なのか忘れていました。古い話ですが、50年前葉書は5円だったと記憶しています。あまりもの値上がりに驚いています。「自民党をぶっ潰す」と豪語して人気があった「小泉元総理」の郵政民営化が、結果的に郵便局の弱体化ならば、政治判断が問われます。カンフル剤を打ったつもりが劇薬の類で、また一つ国営企業が薬害(難病)で倒れたとすると残念です!60年前、不幸の手紙が問題になった事がありました。文面は「これは不幸の手紙です。これと同じ内容の手紙を一週間以内に五人の知人に出さないと、あなたは不幸になります」だったと記憶しています。当然、私にも届きました。しかし、直ぐに破り捨てました。なぜかと言うと「不幸の手紙が来るぞ、誰かのイタズラだか...不幸の手紙

  • 縄文犬 = アイヌ犬

    日本史の始まりは、君主「卑弥呼」(日巫女)「日の元」「日本」と、ヤマト王権が発足した「弥生時代」と、決め付けても良いのでしょうか?「旧石器時代」から、一万年もの間平和を築いて来た「縄文時代」を無視して、日本の歴史は語れない筈です!2,300年前の事だから、詮索しない方が都合いいのでしょうか?(知らぬは仏見ぬが神)「卑弥呼」が祀られているとされる「箸墓古墳」は、邪馬台国(弥生時代)の起源について、遺品・文献が埋葬されていると思います。なぜか宮内庁は、古墳の発掘を拒んでいます。まさか「卑弥呼」を神の化身と信じているのでしょうか?そんな偶像は、現代に相応しくありません!「弥生時代」は、中国統一を成し遂げた秦・魏の全盛期です。勢力争いに敗れた民族が、新天地を求め海外脱出した事が、容易に想像できます。それが「魏志倭人伝」...縄文犬=アイヌ犬

  • 「中華人民共和国」 に 学ぶ

    中華人民共和国(中国)は、日本と文化的に深い関係がある隣国です。歴史的に交流があっても、近年友好より対立が目立っています。特に海洋進出・軍事威嚇など、明様な国力の誇示が不気味です。そんな隣国に、何を学べば良いのか?中国は「人口13億人以上の大国です」「共産党が統治する国家です」「国民の自由な思想・言論を認めない国です」何一つ見習う事などない筈です!あるとすれば、同じアジア圏で起きた日本と中国のバブル(異常な経済発展)が浮かびます。現在中国で進行するバブルは、過去の日本そのものです。いや、日本の比ではない様です。30年足らずで、発展途上国からアメリカを脅かす経済発展(世界2位)を遂げたのです。中国人の暮らしは、バブルと共に豊になったと思います。日本は50年で、肉の消費量が10倍になったそうですが、中国では何倍にな...「中華人民共和国」に学ぶ

  • 懐かし ライス・カレー

    今時、ライス・カレーと言う方は居りません。なぜか分かりませんが、語呂が悪いだけだと思います。子供の頃ライス・カレーは、母に作って貰いよく食べました。半世紀以上前は、カレー粉しかありませんでしたが、それが良かった。豚肉・ジャガイモ・タマネギ・ニンジンを油で炒め、カレー粉で味を付けし具材を煮込みます。最後に、水溶き片栗粉を入れて完成です。大きな皿にライスを大盛りにし、中央にカレーを乗っけるのですから、ライスが<大>でカレーが<小>でした。なにせ、腹一杯食べたいので、カレーは子供心に控えていました。確かに昔は、ライス・カレーでした!◎「ライス・カレー」美味かった。当時豚肉は高かったので、北寄貝を入れるカレーを提案し、自ら浜や磯に出掛け貝を獲ったものです。まず、浜で帆立(ホタテ)貝を釣ります。帆立貝が釣れなければ、腰ま...懐かしライス・カレー

  • 「縄文文化」の ロマン

    7月「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、ユネスコ世界遺産委員会で文化遺産として登録される事になりました。2005年「知床」が世界自然遺産に登録されていますが、北海道で世界文化遺産は初めてになります。「縄文遺跡群」は、北海道・青森・秋田・岩手の4道県・17遺跡で構成されています。実際には、日本中に遺跡・貝塚が存在しますので、その一部が発見されたと言う事です。その中で「北黄金貝塚」「入江貝塚」「高砂貝塚」は、7~30キロ圏内ですので私の地元です。と言う事は2,300年以前「縄文文化」が、当地に根付いていた事になります。想像はしていましたが、世界文化遺産に選ばれ改めて「縄文時代」のロマンを感じます!◎縄文時代の「竪穴住居」(レプリカ)「縄文時代」は、15,000年前の「旧石器時代」から、2,300年前の「弥生時代」の間...「縄文文化」のロマン

  • 「お前」は 喧嘩の枕詞

    3年前、言葉に関する興味深い報道がありました。プロ野球“中日ドラゴンズ”の応援歌「燃えよドラゴンズ」♪みなぎる闘志を奮い立てお前が打たなきゃ誰が打つ~♪歌詞の中で「お前」が、不適切と言うものです。(お前騒動)その指摘、共感します。常々「お前」は、公に使う言葉ではないと思っています。当然、親しい関係(親子・夫婦)であっても、気安く使うと相手が嫌がります。露骨に「上下関係」を誇示する言葉だからです。なぜかと言うと、単なるyouではなく、短い言葉の中にfool(馬鹿・間抜け)が隠れています。“相手を見下す言葉”「お前」「貴様」「野郎」は喧嘩の枕詞(まくらことば)です!「お前」は、貴方(あなた)と意味合いが違います。そんな「お前」を、テレビの世界で平然と使っています。ドラマ・バラエティー・・・特に、‟お笑い”による“ボ...「お前」は喧嘩の枕詞

  • 悲劇・キリンの親子

    NHK:地球ドラマチック「最後のキリン~忍び寄る絶滅の危機~」を観て、‟キリン”の悲劇を知りました。成長すれば、体長4,7メートル・体重1,900キロにもなる‟キリン”が、いかに弱い動物か想像を超えていました。陸上最大の草食動物:キリンは、‟長い首”でライオンなどの天敵を発見したり、素早く逃げる‟長い脚”が有利である反面、草原では目立ち過ぎる‟弱点”があります。そのせいか、ゾウの様に大家族で暮らさず、基本的に‟単独行動”です。草原で仲間に出会っても、長い間行動を共にする事は避ける様です。(本能でしょうか?)キリン同士の団結が、他の動物より少ないと感じます!問題は、種の存続に必要な‟交尾・出産”です。雄キリンは子供のいない雌キリンを、交尾の対象としか捉えていない様です。野生動物の大半が、出産・子育ては‟雌”だけな...悲劇・キリンの親子

  • 現代版 「本能寺の変」

    1582年、京都に滞在中の「織田信長」を、家臣「明智光秀」が襲撃した「本能寺の変」は、日本史の中で特に有名です。古文書や物証があるので歴史家の想定は、概ね正しいと思います。しかし僅かの資料で、当時の実態を把握するのは些か無理があります。テレビ化や映画化したとしてもその大部分は、作家による‟アドリブ”(創作)ではないでしょうか?◎「織田信長」肖像画私は、戦国時代の勝者は「徳川家康」の‟頭脳”だと思っています。「織田信長」「明智光秀」「豊臣秀吉」の思惑(国盗り)を、巧みに利用してこそ後に「徳川幕府」を築き、260年に渡り日本を統治できたと思います!(歴史の推測は、ここで端折ります)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本の国会は、国の長を一人選ぶ‟大統領制”ではないので、‟東京都知事”における権力の変遷を、現代...現代版「本能寺の変」

  • 続・秘境駅「小幌」

    8年前、新聞で「小幌駅廃止」と発表されました。しかし小幌駅は、現在も廃止さていません。地元・豊浦町とJR北海道が交渉の結果、年間300~500万円の財政支援(人件費肩代わり)を申し出存続しています。その後毎年契約更新し、厳しい町財政の中運行が続いています。どうして、陸の孤島「小幌駅」に拘るのか?観光資源が少ない我が町にとって、数少ない‟アピールポイント”なのです!「小幌駅」は、鉄道マニア「牛山隆信さん」が開設するホームページ「秘境駅に行こう!」で、日本一に指名され全国的に脚光を浴びた稀少地です。鉄道マニアであれば、知らない人はいない‟秘境駅”です。存続を希望するのは、町民だけではないと思います。マニアと共に「小幌駅」の存続を願っています。実は、私が小学生の頃から何度も訪れた‟思いでの地”です。当時、三軒しかなか...続・秘境駅「小幌」

  • 「ダッコちゃん人形」

    昭和に流行った「ダッコちゃん人形」を覚えているでしょうか?昭和35年、玩具メーカー‟タカラ”が販売した‟ビニール人形”です!当時、爆発的に売れたと記憶しています。子供達(自分を含め)は、腕に挟んで喜んでいました。キャラクターの元祖的存在だったと思います。印象的な目・口・肌の色、何の疑いもなく「可愛い人形」でした。◎「ダッコちゃん人形」おそらく、昭和最大の‟ヒット玩具”だったと思います。販売元(現タカラトミー)の‟ロゴマーク”になったのですから、日本文化に多大な影響を与えたと思います。そんな「ダッコちゃん人形」は、飽きられる事なく子供達に支持されて来ました。突然、昭和63年に製造販売を中止しています。理由は、欧米で起きた‟黒人差別問題”でした。「肌の色で人間を差別してはいけない」と言う風潮が、世界中で盛り上がった...「ダッコちゃん人形」

  • 続・地熱発電

    5年ほど前から、道内をドライブすると車窓から見る風景が微妙に変化している事に気付きます。至る所に、“ソーラーパネル”(太陽光発電)や“風力タービン”(風力発電)が、新設されているのです。自然エネルギーを活用した、環境に優しい発電と理解していますが、決して風景に馴染むものではありません。ましてや「風が吹かなければ」「太陽が出なければ」発電が出来ない‟イソップ物語”の「北風と太陽」並みのレベルでは、賢い発想とは思えません。かと言って老朽化した‟原子力発電”の再起動は、問題(危険)が多過ぎます。新しい技術ではありませんが、効率の良い発電法は他にあります。それは、‟温泉”を利用した“地熱発電”です!*昨年の記事「地熱発電」も続けてご覧ください。◎道南・森町「森地熱発電所」発電法は「バイナリー式」で、沸点が低い“フロン”...続・地熱発電

  • ・・・万事休す・・・

    ・・・私の秘密を暴露します・・・4年前(66歳の時)「三途の川」を渡りかけました。息切れが続き、時折10メートル歩いただけで失神する程‟重症”でした。肺に拘る病気かと、町の内科医院にタクシーで向かいました。担当した医者は「大変です。心臓が30%しか機能していません」と、すぐに大病院へ紹介状を書いたので、危険な病状を自覚しました。‟肺”の病気と思いきや、‟心臓”が原因だったのです。救急車で送られ病院に到着すると、‟即診察”・‟即入院”でした。医者:「危篤状態です」私:「万事休す」それでも、意識だけは正常でした。不可解でした。タバコの吸い過ぎで、‟肺”に自信はなかったものの、‟心臓”のトラブルは過去にありませんでした。前兆と言えば、二ヶ月前に起きた手足の‟むくみ”と‟荒れ”程度でした。それも、ほぼ治ってからの異変で...・・・万事休す・・・

  • 懐メロ『ピンクレディー』

    ある日、車のラジオから流れる音楽を聴き、懐かしさが蘇って来ました。『ピンクレディー』が歌う「U・F・O」でした。リズム・メロディ・ハーモニー、耳障りが良い楽曲です。「いつ頃流行ったのだろう」振り返ると、1970年代の曲でした。正に‟懐メロ”です。昭和を知らない人達は、現役の『ピンクレディー』を観た事がない事になります!「ペッパー警部」「S・O・S」「サウスポー」「ウォンテッド」など、記憶に残る‟ヒット曲”が数々ありました。50年前の‟楽曲”とは思えません。◎「ピンクレディー」左:ミー右:ケイ『ピンクレディー』は、1974年ヤマハ音楽が主催するオーディションに合格し、その後華々しくプロデビューしました。当時、奇抜なステージ衣装から‟セクシー系アイドル”として、子供から大人まで人気を集めました。私も、ファンの一人で...懐メロ『ピンクレディー』

  • 集団予防接種

    ‟新型コロナ・ワクチン”の高齢者に向けた接種が、日本各地で始まりました。今のところワクチンの絶対数が少なく、接種が終了するのは何時になるか決まっていない様です。また、ワクチンの‟接種人員不足”が問題になり、スムーズな施行が望めません。接種の日程が、大きく遅れる可能性があります。「ワクチンが来ない、来たとしても接種者がいない」‟ワクチン後進国”と揶揄されても仕方がありません!日本では、‟薬事法”の縛りで副作用(アナフェラキシー・血栓)を診察できる医者の立ち合いがなければ、歯科医・自衛隊医官・看護師であっても、ワクチンを投与する事が出来ないそうです。やはり、厚労省⇒保健所⇒医療界の‟既得権”が大きい様です。「感染症法は、如何なる‟乱用・妥協”を許さない」厳格すぎる法律が、接種の足枷になっていると思います。‟PCR検...集団予防接種

  • 続・北風と太陽

    「北風と太陽」の話は、旅人の外套(コート)を脱がす方法を、‟風”が良いか‟太陽”が良いか二択するものです。しかし、結論を見出すのは簡単でありません。日常生活においても、最善の選択は難しい。迷った場合、多数意見とか実績を重要視するのが一般的です。然らば、‟健康診断”や‟人間ドック”で‟初期ガン”が発見されると、‟早期治療”を「受ける」「受けない」どちらでしょうか?不思議な事に、99%「治療を受ける」を選択するのが、日本の常識の様です!正しい判断なのでしょうか?◎日本とアメリカの‟ガン死亡”比較「ガンは恐ろしい病気です。進んで‟ガン検診”を受けて下さい」と、‟ガン”の発見を促すのは医療界の“プロパガンダ”です。“国民皆保険”が充実しているので「低所得者でもガン治療を受ける事ができます」「ガンが小さな内は完治する可能...続・北風と太陽

  • ドクター・ X

    「米倉涼子」主演の医療ドラマ“ドクター・X”は、数年前から娯楽番組として観ています。外科医として不可能な手術を、いとも簡単に成功させるのですから‟医療批判”&‟漫画的”が面白い。別番組では、現役の医者達が“売名目的”なのか“医療啓蒙”なのか、根拠のない“健康法”を役者気取りで指南しています。「医者が説法か講釈か」と、不甲斐なさに笑ってしまいます。テレビに出る暇があれば、もっと医療に専念する冪です。曖昧な‟健康論議”など、‟医者”の守備範囲ではありません。そこに病気やケガで苦しむ患者がいるから、医者や医療が必要になるのです!◎ドクター・X主演「米倉涼子」ここからは、私が関わった四人の医者を紹介します。それぞれ、特徴がある人達です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ドクター・A(大学病院の指示で、...ドクター・X

  • ご当地 ラーメン

    最近、日本各地で“ご当地ラーメン”がブームです。どちらのラーメンも、麺やスープに工夫を凝らし美味しいと思います。しかし暑い日のラーメンは、如何なものでしょうか?汗を流しながら食べても、美味しいと思えません!こんな批判めいた話をするのですから、私は決して“ラーメン通”とは言えません。おそらく、味の好みが偏っているのだと思います。そうです。昔(50年以上前)食べた“ラーメン”が、好きだったのです。道南の我が町は、残留中国人や朝鮮人が数名おります。朝鮮人が営む焼肉店があり中国人が営むラーメン店が、私が生まれる前からあった様です。多分ラーメンの好みは、子供の頃に食べた中華味だと思います。既に閉店しましたが、中国人の老夫婦が丹精込めて作る‟醤油ラーメン”は、本当に美味しかった。スープを一口飲んだだけで、‟五臓六腑”が喜ぶ...ご当地ラーメン

  • 北海道 の ‟珍魚”

    北海道の‟魚”と言えば、サケ・マス・ホッケ・サンマ・・ニシン・等です。魚種は限られていますが、漁獲量は日本一だと思います。しかし、‟地球温暖”なのか魚の‟枯渇”なのか、近年漁獲が減少しています。日本近海に魚がいなくなったのでしょうか?回遊魚は、いずれ戻って来ると信じたい!・・・北海道の‟珍魚”・・・◎珍魚と言うより海獣「オオカミウオ」*「オオカミウオ」道東・オホーツク海に生息しています。成長すれば、体長1,3メートル・体重15キロになる‟海の怪獣”です。硬い貝殻も、強靭な顎と歯で噛み砕く不気味な魚ですが、見た目に反し性格は大人しい様です。漁獲量が少なく‟グロテスク”な為、市場から敬遠されています。今月、網走市の「オホーツク流氷館」でオオカミウオの‟人工ふ化”に成功しています。いずれ、日本中の水族館で観察できるか...北海道の‟珍魚”

カテゴリー一覧
商用