プロフィールPROFILE

hitohiraさんのプロフィール

住所
板橋区
出身
板橋区

新卒就活でうつになりつつも会社に就職したものの、心身共に限界を感じるとともに会社に勤めて生きることに違和感を覚えて半年で退社。 現在は好きなことで生きていけるよう、模索する日々。 アニメやイラストといったサブカルチャーが趣味で、自分でも絵を描いたりするので、見てくれたら嬉しいです。

ブログタイトル
夢うつつ
ブログURL
https://www.yume-ututu.work/
ブログ紹介文
理想(夢)と現実(うつつ)の狭間で揺らめき、苦しみ、悩み、葛藤して生きる。そんな人間の雑多なブログ。
更新頻度(1年)

47回 / 28日(平均11.8回/週)

ブログ村参加:2019/10/20

hitohiraさんのプロフィール
読者になる

hitohiraさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 32,510位 33,586位 30,695位 33,804位 30,937位 28,446位 28,261位 978,325サイト
INポイント 10 0 10 0 0 0 10 30/週
OUTポイント 10 30 0 20 0 20 30 110/週
PVポイント 40 260 100 340 180 320 280 1,520/週
美術ブログ 534位 542位 520位 552位 518位 498位 502位 8,231サイト
創作活動・創作日記 17位 16位 14位 16位 13位 13位 12位 361サイト
その他日記ブログ 872位 909位 841位 910位 837位 743位 731位 27,363サイト
社会不適合者日記 8位 8位 8位 9位 8位 7位 7位 99サイト
メンタルヘルスブログ 582位 603位 567位 611位 558位 481位 487位 28,456サイト
生きづらさ 11位 12位 10位 12位 11位 8位 8位 616サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 35,113位 36,714位 36,755位 35,364位 35,392位 32,974位 31,954位 978,325サイト
INポイント 10 0 10 0 0 0 10 30/週
OUTポイント 10 30 0 20 0 20 30 110/週
PVポイント 40 260 100 340 180 320 280 1,520/週
美術ブログ 602位 608位 613位 607位 612位 596位 596位 8,231サイト
創作活動・創作日記 18位 17位 16位 15位 12位 10位 10位 361サイト
その他日記ブログ 832位 857位 876位 840位 844位 786位 747位 27,363サイト
社会不適合者日記 12位 12位 13位 12位 12位 11位 10位 99サイト
メンタルヘルスブログ 764位 813位 808位 779位 785位 722位 689位 28,456サイト
生きづらさ 7位 7位 9位 8位 9位 8位 8位 616サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 7,752位 7,130位 7,144位 6,969位 7,571位 7,971位 8,731位 978,325サイト
INポイント 10 0 10 0 0 0 10 30/週
OUTポイント 10 30 0 20 0 20 30 110/週
PVポイント 40 260 100 340 180 320 280 1,520/週
美術ブログ 93位 86位 89位 87位 90位 93位 105位 8,231サイト
創作活動・創作日記 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 361サイト
その他日記ブログ 149位 135位 143位 143位 153位 157位 172位 27,363サイト
社会不適合者日記 3位 3位 3位 3位 3位 3位 4位 99サイト
メンタルヘルスブログ 96位 88位 88位 85位 96位 99位 117位 28,456サイト
生きづらさ 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 616サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hitohiraさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hitohiraさん
ブログタイトル
夢うつつ
更新頻度
47回 / 28日(平均11.8回/週)
読者になる
夢うつつ

hitohiraさんの新着記事

1件〜30件

  • 人の役に立ったところで、何になるのだろう。

    時に私は、「人の役に立ったところでなんにもならない」と思うことがある。別に誰かの役に立っている全ての人を批判するわけではない。 人の役に立ったところで、私は何になるというのか。便利に利用されるだけされる「都合のいい人」になるのだろうか。 感謝だけされたところで、飯は食っていけない。せいぜい、ちょっとした自己承認感が満たされるだけだ。感謝よりも金が欲しい。 どうして私がそう思うようになったかって?知らないよ。むしろ私が知りたいくらいだ。 思い当たることと言えば、人間が嫌いで根本から信用していないからだろうか?とすれば、一応の筋は通りそうな気もするが。 …あ、もう一つ思い当たることがあった。ずーっ…

  • 寒い日の朝に飲む、温かいコーンスープがとてもおいしい。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 秋が深まって冬に向かうこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか? 朝がめっきり冷え込むから、布団のぬくぬくが恋しくて中々起きられなくなったり、誘惑に負けて二度寝してしまったりすることが多くなりますね。 やっとこさ覚悟を決めて布団から抜け出せても、やっぱり寒さにはかないません。体が温かさを求めてリビングのこたつに吸い寄せられていく…。 あぁ~この暖かさを求めてたんだよ~ そうしてこたつと一体化して「こたつむり」になるのも寒い時期の風物詩ですが、ここに更に温かになれるアイテムをご紹介しましょう。 「…へっへっへ。ここに、黄色い粉が入った袋を用意するじゃろ?クノールでも何…

  • 東京都立庭園探訪録 第肆園目「向島百花園」~江戸のはずれの小さな楽園~

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 この記事は、家にずっといるのが気詰まりだったがために、自宅ではないどこかに行きたくて外出した先を庭園にして訪れた記録、題して「東京都立庭園探訪録」となります。 第四園目は、「向島百花園」(むこうじまひゃっかえん)にお邪魔しました。 向島百花園は、庭園とは違って「ここぞ!」という名所のようなものは見受けられませんでしたが、代わりに園内に所狭しと様々な草花が生い茂っています。 喧噪の激しい浅草の街や、皆が注目して集まる東京スカイツリーから離れた、静かで落ち着いた小さな楽園へと、あなたも誘われてみてはいかがでしょうか。 ※シリーズものとしていますが、特につながりはないの…

  • 過去記事リライトのお知らせ。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 私が退職をする経緯についてまとめた過去記事をリライトしましたので、そのご案内になります。 実はこれらは厳密な退職エントリーというわけではなく、過去進行形で記事を書いていました。つまり、退職のことを書いておきながらもまだ退職はしていないという状態でした。 ですので、元々の記事の語りが全体的に、「今私はこんなことがつらいんですよ~。こんなことになっているんですよ~」という文面でありました。もう終わったことですので、過去形で紹介するような文面として全体を書き直し、かつ変な表現や言い回しも修正しました。 加えて、どの記事もそれなりの長さでありますので、文章ばかりでうんざり…

  • ここ数年、私がめっきりゲームをやらなくなった要因について。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 ポケモンの最新作であるソード・シールドが発売されると聞いても、私はまるで興味がありませんでした。私はここ数年でほとんどゲームをやらなくなってしまったのです。 そこで、どうして私がゲームをやらなくなったかについての要因を考えました。 要因その一:ゲーム機本体に手が出ない 要因その二:買ってもやる時間がない 要因その三:ストーリーや設定、デザインを見るだけで満足 終わりに 要因その一:ゲーム機本体に手が出ない ゲームソフトだけあっても、プレイするための本体が無ければゲームで遊べないのは当然ですね。ゲーム機本体はそこそこのお値段がかかりますから、金なし貧乏人の私はあまり…

  • 東京都立庭園探訪録 第参園目「小石川後楽園」~現代の代表的施設の陰に隠れた名園~

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 この記事は、家にずっといるのが気詰まりだったがために、自宅ではないどこかに行きたくて外出した先が庭園だった記録、題して「東京都立庭園探訪録」となります。 第三園目は、「小石川後楽園」にお邪魔しました。 後楽園といえば、現在では東京ドームや東京ドームシティ、ラクーアといった施設が有名かと思います。そんな現代的で超ビッグな娯楽施設のそばにたたずんでいる、旧時代の娯楽施設(施設という表現が適切かは分かりませんが)にも目を向けてみませんか? ここはかなり広くて見るところが多く、見どころもそれなりにありましたので記事が長めとなっています。お時間があるときにゆっくり閲覧するこ…

  • 死にたくなるほど会社や仕事が嫌で働きたくない人は、ブログを始めてアフィリエイトもやって、好きに生きてみよう。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 皆さんは仕事が楽しいですか?会社が楽しいですか? それとも、つらいですか?嫌ですか?仕事のことを思うと死にたくなりますか? もしも、死にたくなるほど仕事が嫌で働きたくないのであれば、私からお勧めしたいことがあります。 それは、ブログを始めることです。 とはいっても、いきなりそんなこと言われてもピンと来ないと思いますので、以下順を追って説明していきます。 ブログで自分の思いや気持ちを叫ぼう アフィリエイトも始めてみよう A8.net もしもアフィリエイト バリューコマース 仕事で死ぬくらいなら、仕事を辞めて好きに生きよう ブログで自分の思いや気持ちを叫ぼう あなたが…

  • 毎日記事を書いてブログを更新することのメリットは少なく、むしろデメリットのほうが大きい。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 皆さんの中には、張り切って毎日記事を書いてブログを更新するぞ!と息巻いている方もいるかもしれません。 しかしそれは止めておいたほうがいいと、私は言わせていただきます。 というのも私はここ最近、毎日新しい記事を書いては投稿していましたが、それが私には大きな負担になっていることに気づき、やめることにしました。 その理由としましては、 薄い記事を作るだけで満足してしまう 「毎日投稿しないと」というプレッシャーが重くのしかかる とにかく焦っていい記事が書けなくなる 以上のことが挙げられます。 以下、項目ごとに私の経験と反省を交えながら見ていきます。 とりあえず投稿するだけ…

  • 都会生まれ都会育ちは、都会に疲れた。さりとて住みたい場所は見い出せず。

    ビルというコンクリートの樹木で日が遮られたジャングル。 人という砂が広がる砂漠。 ただ虚ろに存在する私。 人に溢れる都会の街中にいると、考えることがある。 私にとって都会とは、東京とは、どういう存在なのかということに。 都会と私 どこか妙な都会の人と電車 駆け込み乗車 満員電車 人身事故 大都会東京で感じた孤独と生きづらさ 孤独 生きづらさ それでも住みたい場所があるわけでもない 都会と私 私は生まれも育ちも東京という大都会だ。 東京、とはいっても生まれ育ったのは板橋区というかなり地味であろう地域だ。 それでも池袋はすぐに行けるほどに近いし、新宿や渋谷だって1時間もあれば電車で行ける範囲の場所…

  • 女の人になってみたい一心で、女装を始めた男のお話 第3話「一線を越えた日」

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 化粧こそはしなかったものの、ウィッグかぶって服着て、ついに女装してしまいました。 たったそれだけですが、もう色々と興奮ものでした。 女装シリーズのバックナンバーはこちらです。 www.yume-ututu.work www.yume-ututu.work www.yume-ututu.work ついにその時が 初めての自撮り 実際に撮った写真 ついにその時が いつ女装ができるのか、ずっとタイミングをうかがっていました。 そうしたらある日、両親の目がなくなる絶好の機会がやってきました。 ここを逃したら次はいつ女装できるかなんて知れないですから、「もうやるしかない!」…

  • ダメな日はとことんダメだけれども、それでも前向きに生きていたい。

    私の気分にはムラがある。 一日の中で非常に激しく変化するときがよくある。 朝起きたときは元気だけど、日が暮れて暗くなっていくころになると、もの凄く気分が落ち込んでひどくなる。 気分がひどくなると、あれこれと良くないことを考える。 考えたことすべてを、自分を傷つけるための刃に変えて、自分に向ける。 そうやって、自分を追い込む。 明日に絶望し、生きることに絶望し、この世への恨みを積もらせる。 流れる涙の訳は、なんだろう。 いつも暗いわけではない。 前向きな気分のときは本当に前向きなのだ。 楽しいときは本当に楽しいのだ。 本当は、いつも明るく楽しく生きていたい。 けれども今の自分には、いつも元気でい…

  • 販売業で激務を経験してから、生活に弊害が出るようになって苦労し始めた。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 皆さんはスーパーやコンビニなどで買い物をしますか? ファミレスや居酒屋チェーン店などを利用しますか? 私も利用しないわけではないですが、仕事を辞めてからというもの、そういった店に行きづらくなってしまった上に、長居もあまりしたくなくなりました。 今回はかつて販売業で激務を経験した人間の、仕事で負ってしまった弊害のようなものをご紹介いたします。 スーパーに長くいられない 忙しく働いている店員を見ると、かつての自分を思い出してしまう 「自分には関係ない」と言い聞かせて、自分を保つ スーパーに長くいられない 私自身が一番実感している弊害が、スーパーに長い時間いられなくなっ…

  • 女の人になってみたい一心で、女装を始めた男のお話 第2話「買うだけ買って・・・」

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 女装するタイミングを見出せず、未だに購入したものが手付かずになってタンスの肥やしと化しつつあります。 そんな哀れな男の、それでも女装したいよというお話です。 女装シリーズのバックナンバーはこちらです。 www.yume-ututu.work www.yume-ututu.work ひたすらに、欲望のままに買い漁る 荷物の扱いは慎重に 女装できるタイミングは見出せず ひたすらに、欲望のままに買い漁る とにかく女装して、かわいい服着たりとか長い髪にしてみたかった私は、片っ端から某通販サイトで気になったものをチェックしては購入しまくりました。 ウィッグ、スカート、ソック…

  • 東京都立庭園探訪録 第弐園目「六義園」

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 この記事は、家にずっといるのが気詰まりだったがために、自宅ではないどこかに行きたくて外出した記録、題して「東京都立庭園探訪録」となります。 第二園目は、「六義園」にお邪魔しました。 読み方は「りくぎえん」です。 実は「東京都立庭園探訪」第一園目の旧古河庭園を訪れた後に、こちらにお邪魔させていただきました。 都内に残る江戸時代の日本庭園の良さをお届けできたらと思います。 なお、歩き回ったくせにあまり休憩せず疲労が蓄積したこともあって、写真撮影が適当になっていますので、今回掲載する写真は微妙かもしれません。ご了承ください。 ※シリーズものとしていますが、特につながりは…

  • 生きる目標であったコミケへの出展は、抽選漏れという結果で一旦幕を閉じた。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 だんだんと寒くなっていくのを肌で感じています。夏の暑かった日々が少し恋しくなるようです。 少々雑に話をつなげますが、夏といえばコミケに初めて本格参戦して、生きる気力をもらったのを覚えています。当時は本当に死ぬか死なないかでした。 詳しい話はこちらでしていますので、ここでは長く語りません。 www.yume-ututu.work 2019年の冬コミに出展することを、当面の生きる理由の一つにしていましたが、今日でその目標は役目を終えました。 残念ながら、抽選漏れという結果でした。 悲しい、悔しいという思いも確かにあります。 しかしそれ以上に、抽選漏れという結果に安心し…

  • 時代に恵まれたもの、時代に恵まれなかったもの。

    この世の中は時に生きやすくて、時に生きづらくなる。 インターネット、というものがある。 こいつを使えばどこの誰とでも、つながろうと思えばつながることができる。 ショッピングサイトを使えば、わざわざ外に出歩かずに欲しいものが買える。 店員と顔を合わせなくて済むし、変な詮索をされないから色々と楽だ。 仕事も、頑張ればネット上で完結させることもできるから、満員電車で嫌な思いしながら会社に行く必要もなくなる。 もっといえば、ネット上でお金を得る仕組みを構築できれば、働かなくても暮らしていける。 当然とてつもない努力は必要だけど、それでも会社に勤める以外の選択肢がある。 会社に勤められなくても、死ななく…

  • 商売上手でもなければ、宣伝も下手くそな私。

    何かを宣伝したり、何かを売ることが下手くそだ。 元々アピールすること自体が苦手だ。 誰かに何かを買ってほしい、見て欲しい、なんてとても言えない。 ポンと商品を置くだけ置いて、宣伝物を出すだけ出して、それで興味がある人だけが来ればそれでいいと思っちゃうから。 本当に気になるなら、宣伝なんかしなくても、売り込みなんかしなくても、自分で調べてくるんじゃないかなって。 元気に声は出せないし、軽快なしゃべりもできない。 押しも弱くて、押せない。 言葉を紡ぐのはいいけど、それを口にしようとしても、ぐちゃっとなってしまう。 綺麗にできても、出すときに崩れてしまう。 ぐちょぐちょ。ぐるぐる。ぐちゃぐちゃ。 世…

  • 東京都立庭園探訪録 第一園目「旧古河庭園」

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 この記事は、家にずっといるのが気詰まりだったがために、自宅ではないどこかに行きたくて外出したレポートのようなものです。 そこでお試しとして、「東京都立庭園探訪録」ということで書いてみようと思います。 記念すべき第一園目として、お邪魔しましたのは「旧古河庭園」になります。 「こが」ではありません。「ふるかわ」です。 洋館とバラに彩られた西洋庭園と、古き良き日本庭園が織り成す情緒の魅力を、読者の皆様にお届けできたらと思います。 (撮影機材:Nikon COOLPIX A1000) ニコン デジタルカメラ クールピクス A1000 ブラック posted with カエ…

  • アクセス解析利便化のために記事のURLを変更しまくったら、今まで付けていただいたはてなスターが消え果ててしまい、悲しみに包まれた。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 私、データを見るのが少し好きなものでして、サイトのアクセス解析を見てデータを探るとこれが結構に楽しいのです。 「あーこうなっているんだー、へー。すげえや。」くらいの感じでいつもデータを眺めています。 しかし、最近データが見づらいなと感じるようになりました。 理由は、ブログ記事のURLが日付と時間で表示される設定にしたままなので、どの記事がどれくらいアクセスされているかが、イマイチ把握しづらいなと思ったからです。 そこで私はひらめきました。 URLを変更してどの記事かを判別しやすくすればいいのだと。 そうと決まれば早速実行です。 まずはさっき書き上げて投稿した記事か…

  • 大学の文化祭を名目に集まったサークルメンバーの中で、きっと私が一番闇が深かったであろうという話。

    2019/11/03/162908 どうも皆さま。ヒトヒラです。 毎年11月の頭に出身大学で文化祭が開催されていまして、私の所属していたサークルもそこで毎年発表を行っているので、見に行くことにしました。 それと、折しもサークルメンバーで集まろうという話も同期から持ち掛けられていましたので、久しぶりに先輩方などと顔を合わせることにしました。 実際に顔を合わせて久しぶりに会えたのはもちろん良かったですし、嬉しかったです。 けれども、どことなく輪の中に入りきれない私がいまして、結果的には寂しさのようなものを募らせてしまった感じもありました。 今回はそんな私の、暗くて自虐的なお話です。 期待と不安交じ…

  • 大学の文化祭を名目に集まったサークルメンバーの中で、きっと私が一番闇が深かったであろうという話。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 毎年11月の頭に出身大学で文化祭が開催されていまして、私の所属していたサークルもそこで毎年発表を行っているので、見に行くことにしました。 それと、折しもサークルメンバーで集まろうという話も同期から持ち掛けられていましたので、久しぶりに先輩方などと顔を合わせることにしました。 実際に顔を合わせて久しぶりに会えたのはもちろん良かったですし、嬉しかったです。 けれども、どことなく輪の中に入りきれない私がいまして、結果的には寂しさのようなものを募らせてしまった感じもありました。 今回はそんな私の、暗くて自虐的なお話です。 期待と不安交じりの、同期からの連絡 いつ以来かの再…

  • よく誰かが言う、「アンテナは常に高く」の意味について。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 最近になってその意味が見えてきた言葉がありますので、今回はそのことについてまとめてみたいと思います。 その言葉とは、 「アンテナは常に高く」 です。 私なりの解釈ですので、人によっては参考にならないかもしれませんことをご承知おきください。 その意味について けれども、アンテナを高く張り続けていると疲れる その意味について 「アンテナは常に高く」という言葉が意味するのは、 「どんなものがアイデアのきっかけになるか分からないから、日常的にたくさんのモノやコトに触れるべし」 ということなのだと思います。 アイデアというのは、言わば自分の中にあるモノやコトの断片を繋ぎ合わ…

  • よく誰かが言う、「アンテナは常に高く」の意味について。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 最近になってその意味が見えてきた言葉がありますので、今回はそのことについてまとめてみたいと思います。 その言葉とは、 「アンテナは常に高く」 です。 私なりの解釈ですので、人によっては参考にならないかもしれませんことをご承知おきください。 その意味について けれども、アンテナを高く張り続けていると疲れる その意味について 「アンテナは常に高く」という言葉が意味するのは、 「どんなものがアイデアのきっかけになるか分からないから、日常的にたくさんのモノやコトに触れるべし」 ということなのだと思います。 アイデアというのは、言わば自分の中にあるモノやコトの断片を繋ぎ合わ…

  • 家族の呪縛で苦しんでいる人へ。「家族が嫌い」「家族が好きじゃない」と思うのはおかしいことではないし、その考えはそのままでいい。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 皆さんにとって、家族とはどういう存在でしょうか? 愛しいものでしょうか? 自分の命よりも大事なものでしょうか? かけがえのないものでしょうか? …それとも、忌むべきものでしょうか? 憎いものでしょうか? 鬱陶しいものでしょうか? 「家族が嫌い」「家族が好きじゃない」というように、家族に対して良い感情を持てなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 そうした人が、家族の呪縛から解放されるためのことをお伝えしたいと思います。 世の中は良い家族ばかりではない。 家族とは「自分」と距離が近い、ただそれだけの「他人」。 家族だから仲良くしなければいけない道理はない。 一…

  • 家族の呪縛で苦しんでいる人へ。「家族が嫌い」「家族が好きじゃない」と思うのはおかしいことではないし、その考えはそのままでいい。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 皆さんにとって、家族とはどういう存在でしょうか? 愛しいものでしょうか? 自分の命よりも大事なものでしょうか? かけがえのないものでしょうか? …それとも、忌むべきものでしょうか? 憎いものでしょうか? 鬱陶しいものでしょうか? 「家族が嫌い」「家族が好きじゃない」というように、家族に対して良い感情を持てなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 そうした人が、家族の呪縛から解放されるためのことをお伝えしたいと思います。 世の中は良い家族ばかりではない。 家族とは「自分」と距離が近い、ただそれだけの「他人」。 家族だから仲良くしなければいけない道理はない。 一…

  • ブログ運営二か月目の報告。少しずつ芽を伸ばして地上を目指す日々は続く。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 このブログを始めてから二か月になりましたので、今回はその報告になります。 ちなみにブログ運営一か月目の報告はこちらになります。様子を比較してみるのも面白いかもしれません。 www.yume-ututu.work PV数について アクセス元について 記事について グーグルアドセンスについて 今回の総括および雑記 PV数について 2019年10月31日18時現在 文章で書くよりも画像で見せたほうが早いと思ったので、今回からスクリーンショットでお見せいたします。 もう少しアクセスが増えれば嬉しいのですが、結構生々しい数字です…。 現実はそう甘くないですね。 それでも、1…

  • ブログ運営二か月目の報告。少しずつ芽を伸ばして地上を目指す日々は続く。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 このブログを始めてから二か月になりましたので、今回はその報告になります。 PV数について アクセス元について 記事について グーグルアドセンスについて 今回の総括および雑記 PV数について 2019年10月31日18時現在 文章で書くよりも画像で見せたほうが早いと思ったので、今回からスクリーンショットでお見せいたします。 もう少しアクセスが増えれば嬉しいのですが、結構生々しい数字です…。 現実はそう甘くないですね。 それでも、10月後半になってからPV数が「0」の日が一日も無かったのは進歩だと勝手に思いますし、ブログを始めた当初からすればこれでもアクセスされてるな…

  • 10月31日はハロウィンであれども、いつも通りの一日であってもいいのではなかろうか。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 10月31日といえば、ハロウィンですね。 ハロウィンといえば、最近では渋谷が一番印象的になっていますね。 前年のトラック横転事件を受けて、路上飲酒の禁止・酒類販売の自粛・警備の強化などの対策が取られているようです。 トラック横転は見ていても本当にひどいものでしたが、それ以外にもゴミのポイ捨てや器物破損などが毎度問題になっています。 地元の商店街の人たちもこれに頭を悩ませていまして、利益になるどころか損害になるのだからお店など開けられない始末になってしまっているということです。 ハッピーハロウィン、とはとても言えませんね。 ハロウィンの日に渋谷に仮装している人たちを…

  • 10月31日はハロウィンであれども、いつも通りの一日であってもいいのではなかろうか。

    どうも皆さま。ヒトヒラです。 10月31日といえば、ハロウィンですね。 ハロウィンといえば、最近では渋谷が一番印象的になっていますね。 前年のトラック横転事件を受けて、路上飲酒の禁止・酒類販売の自粛・警備の強化などの対策が取られているようです。 トラック横転は見ていても本当にひどいものでしたが、それ以外にもゴミのポイ捨てや器物破損などが毎度問題になっています。 地元の商店街の人たちもこれに頭を悩ませていまして、利益になるどころか損害になるのだからお店など開けられない始末になってしまっているということです。 ハッピーハロウィン、とはとても言えませんね。 ハロウィンの日に渋谷に仮装している人たちを…

  • こんなブログを書いている私は何者なのか?という自己紹介。

    どうも皆さま。 ここでは、私ことヒトヒラの紹介をいたします。つまるところ、自分語りです。 残念ながら大層なことは語れません。平々凡々としているし、何かすごいものを持っている人間というわけでもない、そこら辺の一般市民ですから。 それでも、私という人間を知ってほしい。それだけです。 もしも私という人間にご興味がおありでしたら、お読みくださいませ。 それなりに優秀であるも、どこか満たされていない高校時代 見つけ出した夢と、突き付けられる現実に挟まれた大学生時代 一瞬の輝きのような、太く短い社会人時代 これからに向かい、移ろいゆく私 私はきっと、これからは「変わった人」であり続けます。 それなりに優秀…

カテゴリー一覧
商用