searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

さわさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ
ブログURL
https://www.sawa-kurashi.com/
ブログ紹介文
経験者さんと呼ばれる人たちに、追いつき勝てるようになるのか!?
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2019/08/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さわさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さわさん
ブログタイトル
ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
ママさんバレー初心者さんにぜひ読んでほしいブログ

さわさんの新着記事

1件〜30件

  • 【ママさんバレー】ブロックが流れ飛びになってると言われる

    こんにちは、さわです。 ブロックって、実はすごく大事です。 バレーボールにブロックシステムがなかったら、つまらない競技になるのだそうです。 ブロックがあるからこそ、バレーに駆け引きが生まれて、面白いゲームになるということですね。 それだけ大事なブロックですが、技術だけではなく、相手を見て合わせないといけないので、なかなか教えにくく、習得しづらいプレーだと思います。 今回は、よく言われる、流れ飛びについて書いていこうと思います。 流れ飛びのブロックとは? ブロックの役割 流れ飛びになる理由 流れ飛びを治す方法 // 流れ飛びのブロックとは? 言葉の通り、横に流れながら飛ぶブロックのことです。 内…

  • 【ママさんバレー】二段トスになる時、セッターとお見合いしてしまう件

    こんにちは、さわです。 久しぶりの更新となりました。 通常セッターがトスを上げるのは基本ですが、カットが乱れた場合、セッター以外の選手が二段トスを上げることになります。 相手チームとのレベル差にもよりますが、サーブカットの成功率(Aパス)は、ママさんの場合、あまり高くないように思います。 そのため、セッター以外の選手が、二段トスをきちんと上げられるか、も、試合の勝敗の一つの大きな要因になっているとも感じています。 が、この二段トス、セッターが走るのか、他の選手が上げるのか、が、チームの議題になることがよくあります。 基本的には二本目はセッター、とは言いますが、セッターが行ける範囲というのは、人…

  • 【ママさんバレー】ダイレクトやツーなど急な攻撃に対応できない

    こんにちは、さわです。 今回は、ダイレクトやツーの急な攻撃についての対応について、です。 攻撃側と、守備側があるので、それぞれについて書いていこうと思います。 カットからトスがあってスパイク、と、バレーボールは必ず3回返すもの、と思っていると、対応できません。 まずは、以下のパターンがあることを想定して、その場合にどう動くかを、頭に入れておくと、動けるようになります。 攻撃側 ブロック待ちの時に、相手からのカットがネットを超え、ボールに手が届く場合 相手スパイクが自分や隣の選手のブロックに当たって真上に上がった場合 セッターに返ったカットの場合 守備側 サーブカットがネットを超えた場合 強打カ…

  • 【ママさんバレー】セッターとのトスが合わない

    こんにちは、さわです。 今回は、ママさんバレーで、セッターとトスが合わない時について、書いてみました。 基本的には、レベルが同等の場合は、セッターがアタッカーの希望のトスを上げる、いうのが定石です。 なぜなら、アタッカー本人が希望するトスの方が、アタッカーが無理せず、気持ちよく打てるため、決定力が高くなるからです。 例外的には、アタッカー本人が全くの初心者で、自分の好きなトスがわからない場合は、セッターさんの方が試しながら、アタッカーの打ちやすいトスを探す必要があります。 その場合でも、打たせたいトス、ではなく、打ちやすいトス、を考えましょう。 攻撃的に、この方が良い!と、思われるのもよくわか…

  • 【ママさんバレー】初心者はどのポジションからするべきか

    全日本などを見て、アタッカーカッコよい!と、憧れてバレーを始めたものの、監督さん、コーチ、または上手い経験者さんから、まずはバックから、と言われることが多いですよね。 そのため、初心者さんの中で、バック<アタッカー、の図式ができているような気がします。 練習試合などで、ポジション決めの時に、アタッカーの人が、「わたし、バック”でも”いいよ」と言うと、モヤっとすることもあるようですね。 経験者さんたちが、どのように思っているのか、そのあたりを考察してみました。 私の個人的主観も入ってます。 【もくじ】 何から練習したら良いのか アタッカーは習得するべき技術がたくさんある ポジションはどうやって決…

  • 【ママさんバレー】フローターサーブがネットを超えない

    バレーボールにおいて、サーブはものすごく大事な技術です。 必ず一番最初に始まるプレーであり、サーブの良しあしで試合の勝敗を分けることさえあります。 さて、そんな大事なサーブですが、バレーするなら、上からサーブ、いわゆるフローターサーブを打ちたいですよね! (ただし、下からサーブも無回転の良いサーブは打てますよ) と、さっそく練習を始めたところ、なかなかネットを超えることができない、ということが、初心者さんではよくあるようです。 今回は、フローターサーブで、ネットを超えない理由について、いくつか考えてみました。 理由がわかれば、きっとネットを超え、格好良いフローターサーブが打てるようになりますよ…

  • 【ママさんバレー】チームの選び方

    今回は、ママさんバレーのチームの選び方です。 初心者さんの場合、地域で誘われたから、と、たまたまそのチームに所属、ということも多いかと思います。 が、このチームの選び方。 実は、とても大事です。 チームのカラーをよく知ってから、自分のあったチームを選んで入部しないと、後で大変な思いをすることにもなります。 一つのチームで足りなくて、二つ目のチームを探す場合、辞めた後にまたバレーをしたいと思う場合、引っ越しなどでチームを変わる場合など、ぜひ参考にしてみてください。 【目次】 そのママさんバレーのチームの特色を知る どのレベルでママさんバレーをしたいかを考える 自分より上のレベルのチーム 自分と同…

  • 【ママさんバレー】試合に勝つための作戦

    経験者さんが教えてくれるいろんな作戦。 経験者さんは、経験者さんだけあって、どうやって点を取るか、どうやって点を取らせないか、をよく知っています。 試合中では、「あのレシーバーが前でがちだから、奥を狙って!」とか、「このブロッカー弱いから狙って!」とか、「真ん中が空いてる」とか、いろんなアドバイスが出ることでしょう。 バレーボールは、騙しあいのスポーツなので、作戦なしにやみくもに攻撃しても、チームのレベル差があれば別ですが、同等のレベルだった場合は、なかなか勝てません。 そのため、タイムアウトの時などに、このような話が、多々出ることと思います。 が! どれだけ素晴らしい作戦でも、それを遂行でき…

  • 【ママさんバレー】アタックでジャンプ力を上げたい

    アタッカーにとって、高さって武器になりますよね。 身長どうにもならなくても、もう少しジャンプ力があれば、と私も思います。 が、ここはママさん、ジャンプ力は、なかなか上がりませんよね。 ちなみに、方法としては、スクワットをする、のが、足の筋力をつけるには一番良いようです。 スクワットを毎日する まあ、それも良いです。 効果はあるでしょう。 が、10代と違って、筋肉自体がなかなかつきにくいのは、悲しいかな、私も含め、事実です(笑) ジャンプ力を上げる方法、実は、もっと他にあるんです! 昔から経験者さんで、すでに完璧にできてる場合は、これ以上は上がりませんので、悪しからず。 初心者さんで、なんとなく…

  • 【ママさんバレー】なんとかトスを上げたのにアタッカーが打ってくれない

    普通のトスでも、二段トスでも、せっかくトスがあがったのに、打ってくれないと、悲しいですよね。 悲しいのですが、悲しんでいても、逆に怒っても、いつまでたっても打ってくれません。 打ってくれない人は、どうやったら、打ってくれるのでしょうか? トスを完璧にする。 ↑ まあ、それは頑張りましょう。 トスを上げる時に、アタッカーの名前を呼ぶ ↑ 打つ気がないアタッカーさんには、良いですね。 それも良いのですが、打ってもらうために、神の言葉があります。 どの技術の時でも使えます。(以前書いたこともありますね) 「失敗してもいいから」 これ!これです!! 初心者さんがなぜ動けないかというと、失敗がこわいから…

  • 【ママさんバレー】決めないといけない重責で押しつぶされそうなエースさんへ

    今回は、過去の私の経験をお話したいと思います。 過去の私は、かなり精神的に恥ずかしい部分がありますが、包み隠さず、書いています(笑) 私は以前、あるチームでレフトでエースアタッカーをしていました。 そのチームでは、男性コーチが熱心に、アタックのフォームの改善から、点の取り方までいろんなことを教わりました。 男子バレーだからこそ、パワフルバレーで、とにかくエースに持っていって、エースが決めろ!というタイプでした。 本人もエースでそういうバレーをしてきたのだと思います。 若い男のコーチでしたが、この人は学生時代からずっとエースで一人でパワフルに点を取り続けていた人で、それはもうすごい人だったそうで…

  • 【ママさんバレー】ミスをすると責められ、動けなくなる方へ

    ミスをすると責められ、動けなくなる これ、ママさんあるあるです。 どう動いていいかわからなくなるんですよね。 バレーを始めた時期が、小学生であれば、みんなが初心者。 中学生も、小学生経験者がいるとは言え、数年の経験者さんと、全くの初心者さんの混在。 高校バレーは、本気でやりたい人は、それ相応の強豪校を選び、そこそこでいいと思う人は、地元に公立高校(バレーもそこそこ)などに行きます。 もちろん、社会人までバレーをする人は、それぞれみんなが相当のレベルになっていますよね。 なので、各チーム内でのレベルが違いがあるとしても、ここまでは微々たる違いです。 ママさんバレーの場合でも、クラブチームによって…

  • バレーの基本の練習方法

    バレーボールと言えば、やっぱり豪快なアタック!に憧れて、バレーボールを始められる方も多いと思います。 ですが、実際バレーボール、さらにママさんバレーであれば、レシーブが命です。 トスが乱れようと、ブロックが高かろうと、アタックを豪快に決められるのは、よっぽどの剛腕エースアタッカーです。 大抵の場合、ママさんらしい読みあい、騙しあいで、点を取っていることが多いですね。 その場合、やはり、セッターにボールが返ること、が大前提です。 そのため、地味ですが、オーバーハンドパス、アンダーハンドパスを繰り返し練習してほしいです。 打てるアタッカーでも、カットできないと、正直試合では厳しいです。 上記のよう…

  • バレーのアタックでブロックが見えない

    前の回でも書きましたが、アタックが打てるようになってくると逆に決まりづらくなります。 過去記事のこちらです。 www.sawa-kurashi.com 過去記事では、技を中心をお話しましたが、今回はブロッカーとの関係をお話したいと思います。 まず、冒頭の記事でも書かせてもらった通り、アタックが上手くなって、ミートがよくなってくると、助走の方向に真っすぐ打つと、ブロッカーにドシャットされます。 なぜなら、相手ブロッカーは、助走の先のアタッカーの利き手の前に、ブロックの手を置くからです。 どんなに強く打っても、ブロッカーのブロックの手が、貴方のアタックより硬ければ、打っても打っても打ってもさらに打…

  • バレーのアタックのタイミング練習方法

    バレーでアタックを練習をしようとすると、よく陥る壁。 タイミングが合わなくて、ボールを空振りする、もしくは、ミートしない、というのをよく聞きます。 でも、安心してください。 これって、初心者さんは当たり前なんですよね。 そもそも、アタックとは、 助走を覚える 手の振り方を覚える トスに合わせてジャンプする ボールに合わせて打つ という動作の連携が必要なため、バレーの技術の中でも、難しい技術なのです。 それなのに、とりあえず助走と手の振りを、上級者さんから教えてもらい、セッターからのオープントスで、「はい!打ってみて?」と練習することが多いな、と思います。 ママさん独特かもしれないですね。 アタ…

  • バレーのレシーブでの滑り方

    レシーブで床の上を滑ってカットすることができますか? ワンチのボールやブロックの上を抜けたボールだと、飛びつかないと拾えないこともありますね。 が、この滑ってカットするのって、自然にできる人とできない人がいます。 結論から言うと、前者は低く構えられている人、後者は高く構えてしまっている人です。 なぜなら、極端な話、立ったまま前へ倒れろ、と言われたら、普通にこわいですよね。 低ければ、低いほど、床までが近いので、こわくないし、衝撃もありません。 ところで、低く構えているだけでも、両足が左右に揃っていたら、滑ることはできません。 具体的な方法は、以下の手順です。 足を前後に開いて、前後の屈伸の姿勢…

  • バレーのフェイントが取り方

    フェイント攻撃、決められると嫌ですよね。 逆に、余裕であげることができたら、してやったり! 今度は、相手さんに、取られた!きーっ!と思わせることができます。 強打で決められた場合は、ある意味諦めもつくのですが、フェイントって、チャンスボール。 全く動けず、無情にもボールを落ちるのを見送る。 もしくは、3人くらいがボールに走って、真ん中にポトン。 どちらにしても、落ちた時は、モヤっとします。 では、どうやってフェイントを上げるのかですね。 まずは、ある程度、誰がどこのボールを取るのか、のルールが必要です。 フェイトだけに限らず、バレーボールは考えるスポーツです。 ボールがきたところに、誰もが必死…

  • バレーの速攻に対してブロックがつけない、の裏技??

    こんにちは、さわです。 なかなか更新できず、申し訳ありません。 前回の、 www.sawa-kurashi.com の続き、そして、裏技?とも言えるお話をしたいと思います。 相手のコンビ攻撃だったり、相手のアタッカーが強力すぎる場合。 決められなかったとしても、相手の攻撃が強すぎて、三回で返すのだけでやっと。 セッターに返らないので、トスもまともに上げられず、こちら側が攻撃すること自体できない。 せめて、攻撃をしないとどうにもならない、のに、 毎回必死でカットしても、攻撃にならないままチャンスボールで返ることになるので、余裕でカットされ、また速く強力な攻撃がきてやられる・・・、の繰り返し。 こ…

  • バレーの速攻に対してブロックがつけない

    相手チームが、いろんなパターンの速攻攻撃を持っている場合、どうやってブロックにつくのか。 何もできないまま、ノーブロックで打たれる。 好きなようにやられて、悔しい思いをしますよね。 ブロックがなければ、レシーバーがカットするのもかなりしんどいです。 では、どうやってブロックにつくのか、ですよね。 まず、基本的に、ブロックには、リードブロック、とコミットブロック、というものがあります。 リードブロック 相手がトスを上げてから動き始め、スパイカーに合わせて飛ぶブロック。 トスが上がってから動くので、確実ですが、速攻攻撃には遅れてしまうことがある。 コミットブロック 相手がトスを上げる前に、上がる場…

  • バレーの二段トスの打ち方

    先日は、二段トスの上げ方をお話しました。 トスを上げる方は、ベストトスを目指してほしいですが、逆に、アタッカーとしては、ネットより上に上がったトスは、打って返したいですよね。 が、二段トスを打つのは、普通のトスより断然難しいです。 セッターからのトスより、後ろからトスが来るからです。 さて、突然ですが、初めてアタックの練習をするときに、ミートの練習しましたか? 対面で、誰かに正面からボールを投げてもらって、それを打つ練習です。 ボールの上半分に手をミートさせて、ドライブをかけると、パン!と良い音がします。 はい、ここですが、正面からボールを投げてもらいますよね? なぜでしょう? それは、正面の…

  • バレーの二段トスの上げ方

    二段トス。 ちょっとくらいズレても、アタッカーがなんとかしてくれる。 とか、 なんとなく、白帯辺りに上げておけばいっかな。 とか、 ちゃんと上げたのに、アタッカーが準備してなかったから、ボールが落ちた!なんなんっ! とか(笑) まぁ、アタッカーはアタッカーで課題もありますが、まずトスを上げる側として、自分にできることをしましょう。 二段トスを上げる技術については、文字では伝えにくいので、それぞれの監督コーチさんにお任せします。 基本的には、オーバーなら上げたい方向に体を向け、アンダーなら上げたい方向に腕の面を向ける、ことが大事です。 さて、基本的には、思ったところに上げることができる、という前…

  • アタックで点を取りたい方へ

    スパイクがミートできるようになったら、決まらなくなります。 ミートすることを目標にしていたのに、ミートして良いスパイクを打てば打つだけ、点が取れなくなります。 面白いことに、ミートが良くなると、逆に決まらなくなるのです。 なぜなら、綺麗に打てるようになると、相手が綺麗にコースを読むことができるようになるからです。 今までは、ミートしないので、手の上や横に当たったりして、どこにボールが落ちるかわからず、相手が、スパイクコースを読めず、ボールが落ちていたのです。 ミートできるようになった、ということは、もちろんあなたは上手くなったのです。 それは、さらに上に行くための通過点なのですが、一旦は決まり…

  • 基本:バレーのジャッジの仕方

    イン、アウトのジャッジ、言え、と言われても、なかなか・・・ 難しいですよね。 「ジャッジ!ジャッジ!」と言っているのをよく見かけます。 (そうだよね、ジャッジだよね。わかってるけど、入ってるのかどうかわからないんだよ・・・) と、心の声で呟きながら、「はーい」と答える。 そんなかんじかと。 今回は、そんなジャッジの仕方について書いていこうと思います。 そのジャッジですが、実は、サイドラインとエンドラインでは、やり方が違います。 また、低いボールか高いボールかで、また違います。 以下のパターンで分けて解説させていただこうと思います。 【サーブやチャンスボールなど余裕があるボールの場合】 サイドラ…

  • 基本:声の出し方(レシーバー編)

    青色部分は、アタッカー編と同じです。 すでに読まれた方は、読み飛ばしてくださいね♪ バレーボールで、大事なことの一つに声出しがあります。声出しているのに、声出して!と注意される・・・、よくありますね。 今回まずは、アタッカーの声の出し方を書いていこうと思います。 私も、昔はよく声を出して!と言われていました。出してるのに・・・とも、よく思っていました。 正直、声が通る、通らない、は、あると思います。ボソっというだけで、聞こえる人もいます。うらやましいです(笑) どうして伝わらないんだろう、と、試行錯誤の結果、伝わるためには、次のことが必要かな、と思いました。 声を張ること 前述もしましたが、基…

  • 基本:声の出し方(アタッカー編)

    バレーボールで、大事なことの一つに声出しがあります。 声出しているのに、声出して!と注意される・・・、よくありますね。 今回まずは、アタッカーの声の出し方を書いていこうと思います。 私もよく声を出して!と言われていました。 出してるのに・・・とも、よく思っていました。 正直、声が通る、通らない、は、あると思います。 ボソっというだけで、聞こえる人もいます。 ううらやましいです(笑) どうして伝わらないんだろう、と、試行錯誤の結果、伝わるためには、次のことが必要だな、と思いました。 声を張ること 前述もしましたら、基本的にはもちろん大きい声の方が良いです。体育館の中では、いろんな音が飛び交ってい…

  • 基本:バレーのブロックのコツ

    バレーのブロックのコツ、とタイトルにかきましたが、ブロックは練習するのも、教えるのもすごく難しいです。 なぜかというと、相手によってタイミングが違うからです。 まずは、基本として、デンソーさんの動画をご覧くださいませ。 初心者のためのバレーボール上達講座![ブロック編] まずは、ブロックの根本的な役割ですが、止めること、ではなく、壁です。 ここを間違っていると、ボールやアタッカーを追いかけてしまって、流れ飛びになったり、ブロックアウトを狙われたりします。 正直、ボールを追いかけていると、相手のアタッカーのレベルによっては、壁でいるときより当たることも高く、これで良いと思っているブロッカーも多い…

  • 基本:アタック(スパイク)が上手くなる方法

    バレーを始めたら、やはりアタックを格好良く打ちたいですよね。 経験者さんの豪快なアタックをみて、あんな風に打ちたいと憧れるものの、なかなか上達しないのもアタックです。 どうして上達するのが難しいのか? それは、一度にする動作が多いからです。 例えば、レシーブなら基本的には、手の面を作ることでレシーブ自体はできます。 が、アタックとなると、 ①踏み込みの足を覚える ②同時に手の振り方を覚える ③タイミングを合わせジャンプする ④ボールを適当な位置でミートする 最低でも、この4つが基本的にできていないと、手にミートせず、ぽよよーんとしたチャンスボールのアタックになります。 ボールに合わせるのが精い…

  • 基本:トスの上げ方

    初心者さんで、セッターを目指す方。 もしくは、他のポジションだったけど、セッターに転向する方。 トスの上げ方についてお悩みでしょうか? やってみると、まずは、トスが単なるオーバーパスと違うことに戸惑うと思います。 普通にセッターやっている方は、当たり前のことですが、セッターのトス(オーバー)は、ほぼ真横からくるカットを、相当な高さで上げるということです。 そのため、正確にボールの下に入らなければ、安定したトスにはなりません。 尚且つ、それができるようになったら、手のキャッチの位置が常に同じところで、レフト、センター、ライトへのトスが上げられるようになりたいですね。 セッターのトスの技術について…

  • 基本:サーブカットが上手くなる方法

    サーブカット大事です。 地味ですが、本当に大事です。 以前のブログで、チャンスは絶対!と書きましたが、サーブカットはその次に大事です。 サーブカットがセッターに返るかどうかで、やはり同じチーム、同じアタッカーでも、そのチームの攻撃力が変わってきます。 サーブカットの基本の技術については、こちらの動画がわかりやすいと思います。 初心者のためのバレーボール上達講座![サーブカット編] ゆるいサーブでも距離がある分、ボールに力があるので、腕を振ると弾いてしまいます。 強いサーブなら、なおさらです。 サーブカットは時間に余裕がある分、しっかり見極めることができます。 ボールの落下地点に素早く入り、左右…

  • 基本:チャンスボールをカットする オーバー編

    ママさんバレー初心者さんには、オーバーカットが苦手の方が多いような気がします。 苦手ではなくても、オーバーでパス練習をします、という時は、普通にできているのに、なぜか試合中使えない方も多いですね。 オーバーカットは、アンダーカットよりコントロールしやすい上、軌道がわかりやすく、味方が扱いやすいので、ぜひ試合中も使ってほしいです。 技術面については、こちらの動画がわかりやすいです。 初心者のためのバレーボール上達講座![オーバーハンドパス編] 試合中なぜ使えないのか? 最初からアンダーで取るつもりでいる カットに構える時に、手を下に降ろしている、さらに、手を組んでしまっている人を見かけます。 オ…

カテゴリー一覧
商用