NPO法人 ペアレントサポート
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ペアレントサポート旭川さん
ブログタイトル
NPO法人 ペアレントサポート
ブログURL
http://blog.canpan.info/pearento-sp403/
ブログ紹介文
~発達障害あるなしに関わらず「子育て」を学ぼう~    みんなちがってみんないい!    ママの笑顔はこどもの心を育てます!
自由文
-
更新頻度(1年)

109回 / 115日(平均6.6回/週)

ブログ村参加:2019/06/24

ペアレントサポート旭川さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 30,199位 33,493位 30,547位 33,660位 37,472位 37,652位 37,407位 975,065サイト
INポイント 10 0 10 10 0 0 10 40/週
OUTポイント 30 10 50 20 10 20 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 1,608位 1,774位 1,627位 1,793位 1,967位 2,005位 1,990位 64,773サイト
子供のしつけ 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 92サイト
メンタルヘルスブログ 769位 916位 793位 919位 1,020位 1,032位 1,027位 28,331サイト
発達障害 32位 38位 34位 42位 45位 44位 45位 937サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 164位 182位 168位 185位 209位 212位 207位 5,644サイト
旭川情報 17位 18位 18位 18位 23位 23位 23位 336サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 32,270位 35,120位 32,781位 35,310位 35,413位 35,530位 32,923位 975,065サイト
INポイント 10 0 10 10 0 0 10 40/週
OUTポイント 30 10 50 20 10 20 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 2,461位 2,662位 2,505位 2,675位 2,675位 2,680位 2,507位 64,773サイト
子供のしつけ 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 92サイト
メンタルヘルスブログ 1,095位 1,214位 1,120位 1,218位 1,226位 1,234位 1,140位 28,331サイト
発達障害 48位 52位 47位 51位 49位 51位 44位 937サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 224位 240位 218位 240位 243位 244位 240位 5,644サイト
旭川情報 22位 24位 23位 25位 26位 26位 27位 336サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,065サイト
INポイント 10 0 10 10 0 0 10 40/週
OUTポイント 30 10 50 20 10 20 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,773サイト
子供のしつけ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 92サイト
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,331サイト
発達障害 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 937サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,644サイト
旭川情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 336サイト

ペアレントサポート旭川さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ペアレントサポート旭川さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ペアレントサポート旭川さん
ブログタイトル
NPO法人 ペアレントサポート
更新頻度
109回 / 115日(平均6.6回/週)
読者になる
NPO法人 ペアレントサポート
  • ~言葉の使い方~

    発達障害の有る子や、HSC(ひといちばい敏感な子)、 私たちの言葉に、予想以上に、反応していることがあります。 「違う」「間違い」「頑張れ」「早く」「遅い」 私達以上に、強い否定、強い命令に感じてしまうみたい。 だから、 「ちょっと」「少し」を頭に付けると、弱く、柔らかくなります。 「ちょっと、違うよ」「少し頑張ればできるよ」・・・ この「ちょっと」「少し」は、使い方に注意が必要です。 「ちょ…

  • ~もっと勉強しなきゃ、母が~

    娘は、言葉によるコミュニケーション、社会性も、 一見、一瞬、問題の無いようにみえてしまいます。 それは、常に私の横にいて、私を見ていて、真似をしてきた、 その経験の積み重ねで、 彼女なりに、身につけてきたワザ・・・ (相手からの想定外の応答には、逃げ出しますが・・・) 認知、理解する力は、非常に低いです。 昨日も、「100(百)点」の書き方を聞かれ、 「1(いち)、0(ゼロ)、0(ゼロ)」と教…

  • ~台風19号~

    今回の台風19号の被害のニュースを見ていて、 年々、何が起こるか、わからない時代になってきたと感じます。 事件も、自然災害も・・・ 今日、生きていること、家族が元気でいること、 普通に暮らせていることが、 幸せなことだと改めて思います。 私の住む旭川は、川と橋が多い。 冬は、寒いし、雪も多い。 発達障害のある娘と避難所となると、 配慮して欲しいこと、助けて欲しいこと、考えると思います。 でも…

  • ~怒らないしつけ?~

    「最近、怒らないしつけって、言われるけど、 でも、怒らないといけない時もあるんじゃないですか?」 と、いう声をいただきました。 そう!もちろん! 危険なとき。 道路に飛び出す。棒を振り回す。 子ども自身や、他の子や人がケガをしそうなときとかは、 怒らなきゃ! というか、それはとてもダメなことだよと、強く伝えなきゃ。 (そして、何がどうしてダメなのか、どうすればよいのかを伝えてあげて) だから…

  • ~ 余裕・・・ ~

    「余裕なくって〜」と言う方が最近多いです。 私の周りでも、子どもが2〜3人育てていて、 その中に発達症害児や、HSC(ひといちばい敏感な子)がいると、 想定外のことも多く、園や学校でのトラブル、子どもの葛藤、 行事、役員、家事に仕事に、ズレている夫の一言、等々。 時間的にも、精神的にも、余裕無くなる。 わかるぅ〜 私も毎日余裕なし(笑) 要領悪いし、考えるときも、出力するときも、何事もかなり時間…

  • ~異常な世の中~

    世の中(日本)、変だよね。 ありえないことが・・・ 信じられないことが・・・ 教師のいじめ(暴行) なくならない幼児虐待死 絶えない詐欺 そして 何かあれば、すぐ炎上・・・ すぐ人を非難し・・・ なんか、おかしいよね。 戦後の高度成長期で、失ったものとして、 「感謝の心、思いやり、礼儀」といわれています。 人間尊重ということを、親が子に伝える大切なこと。 人として、生きていくために必要な心得を…

  • ~泣いていいよ~

    ペアレントサポートに来て、 「すみません。泣いてしまって・・・」と言う方がいます。 「泣いて、いいよ。いっぱい、泣いて、(気持ちを)出していったらいいよ。」と話しています。 みんな、同じ経験をして、今があります。 1人で泣くのもいいけど、 共感してくれる人たちのところで、泣くこと、泣けることも必要です。 抱えきれないほどの、重荷が少し軽くなります。 日本は、乳幼児検診でも、医師の診断でも、不…

  • ~「失敗」は「経験」~

    「失敗」は「経験」に。 いいこと言ってくれた方がおりまして・・・ 失敗を「失敗した」と言えば「失敗」に終わる。 失敗を「経験した」と言えば「経験」に変る。 発達障害やHSC(ひといちばい敏感な子)などがある子は、 「失敗」をとても嫌がります。恐怖です。落ち込みます。 「失敗は成功の元」「失敗から学ぶ」と言われますが、 それを求めることは、出来ません。 うちの娘には、上手くいかないとき、上手く…

  • ~説明できない若者達?~

    何か聞いても、単語での返事で、 いつ、何がどうで、どうして欲しいのかなどの文章で返事をしないし、 「どういう感じですか?こうですか?」と聞いても 「う〜ん」と考えている。 若い母親達に、接することの多い方から、 ここ5年で、急激に増えていると感じているとの話しを聞きました。 発達障害あるなしに関わらず、コミュニケーション力は、落ちていると私も思います。 状況や自分の気持ちを、しっかり相手に説…

  • ~「道草」を観てきました~

    映画「道草」の上映会 必要な支援を受けながら、地域で豊かにひとり暮らしをおくる人たち(重度の自閉症、知的障害)を描いたドキュメンタリーを観てきました。 冒頭の、イヤーマフをして、うつ伏せで寝ている男性の姿、表情、 娘と同じ姿で、思わず心の中で笑ってしまいました。 パーカーを着ては、頭もかぶりたがり、 ちょっとイヤなことがあると、感覚の過敏や、こだわり行動が増える。 思っていることが、うまく伝え…

  • ~里親になったことで~

    今月は、里親月間だそうです。 私たち夫婦は、東日本大震災の後、 親を亡くした小さな子がいたら、 育ててあげることは出来ないだろうか? そんな思いから、はじまり、 地域の子ども達の為に、里親登録してみませんか?と 児童相談所の担当者に言われて、里親研修を受け、里親登録しました。 今まで、10名ほど短期での養育をさせて頂きました。 里親になるまでは、自分の子どものことしか考えていなくて、 自分の…

  • ~助けを求めるスキル~

    子どもに教えるべき社会スキルのひとつに 「助けを求める」というスキルがあります。 助けて欲しい、手伝って欲しい、と「人にお願いする」スキルです。 最近、他人に手伝ってと頼む、お願いするのが、苦手な方が多いように思います。 大人も、子どもも・・・ 自分で自分のことは出来るように、 1人で出来ることが大事と、教えてばかりで、 人に頼むこと、手を借りることは、悪いように感じているのではないでしょう…

  • ~<br />~「○○過ぎ」ないでね~

    子育てって、 落ち込んだり、悩んだり、イライラしたり、 自分のふがいなさに涙が出たり・・・ 子育てって、自分を見つめるとき・・・ 逃げないで向かい合っている証拠。 頑張っている、頑張ろうとしている証。 自信をもってくださいね。 人は、色々な壁(問題)にぶつかり、乗り越えるから、強くなる。 凸凹道を歩んできたから、経験してきたから、 次の問題も乗り越える力と智恵が付いてくる。 問題への対応力…

  • ~おいていくよ~

    「おいていくよ!」 「何やってんの、お母さん、知らないからね!」 「そんな子は、うちの子じゃない」 小さな子に向かって、 親がイライラして、つい言ってしまうこと、ありませんか? 親は悪気なく、何気なく、使っても、 子どもの心は、不安になります。 ある男性は、「僕はどこからうまれたの?」と聞いたとき、 親がたぶん困って「コウノトリが〜」と話したので、 自分はこの家の子じゃないんだと、子どもの頃、…

  • ~我慢~

    昨日、のど元を指さし、「○○ちゃんに、引っかかれた。」と、 思い出して、騒ぎ出しました。 そのときの、感情がよみがえったのでしょう。 でも、傷も、赤みもないけど・・・ ゆっくり、優しく聞いていこう・・・ 母「いつ? どこで?」 娘「(スクール)バスの中」 母「前に座っている子?後ろに座っている子?」 娘「前」 母「引っかかれる前に、なにかあったのかな?」 娘「ううん、○○ちゃん、ずっと耳押さえ…

  • ~昭和脳に平成脳そして~

    生まれて育つ社会環境で、昭和脳・・・平成脳・・・ 私たちの頭の中に有る。 昭和脳〜 「こうするべき」「こうあるべき」など、 みんなと同じ、正論主義が、 価値観を支配している。 目の前の、見える世界が、世界。 個人より家が大切で、 まだ男尊女卑で・・・ アナログ時代。 困ったら、人を頼るしかない。 地域力が必需品だったから、 人と関わる力が、いやおうなく求められた。 その時代に、育てられた、経験…

  • ~心の距離感~

    夏休み後、2学期の生活リズムにも慣れた頃から、 爪かみが多くなっているし、爪いじりも激しい。 軽く注意はしましたが、 何が、ストレスなのだろうか? 話しを聞いていても、 これといった原因がわからないでいました。 「学校イヤだ!」が始まりました。 「スクールバスの隣の席のお友だちがイヤだ!」 「作業がイヤだ!」 学校での様子、スクールバスでの様子を聞いても、 そんなに「イヤだ!」と、なるほどの…

  • ~面倒かもしれないけれど~

    赤ちゃんから、就学前には、 しっかりと愛着関係と、感性を育んでおいて欲しいと願っています。 以前なら、当たり前に出来ていた心の土台のこの2つが、 最近は、出来ていない子が多い気がします。 学びに来てくれるお母さん方から、 周りに心配な親子がいるという話しをよく聞きます。 いつもスマホの画面ばかり見ていて、 子どもの方を見ていない。 泣いていても、放っておくし、 1人で遊ばせておいて、一緒に…

  • ~人に頼った方がいい~

    発達障害児者の親の中には、 「母親だから、自分がすべてやらないと・・・」 「人に迷惑はかけられない」 「頼っては、申し訳ない」と、 他人に「助けて」「手伝って」が言えずに、 母親が1人で頑張って、 頑張りすぎている方いますね。 特に、年配の母親。 子どもがいざというときに、 助けを求められるようにするためには、 親が周りの方々、支援者に、 協力を求める、頼ることを見せていくことです。 人に頼る…

  • ~ライフストーリーワーク~

    昨日は、児童相談所で、昨年、当法人のペアレント・トレーニング(Growing upアドバイザーコース)を受けた里親さん達への、フォローアップの日でした。 うちでは、Growing upアドバイザーコースを受けた方には、定期的なフォローアップをしています。大切にしているのは、参加する方々が、毎回、何かを感じたり、何かを学んだりできるようにと、内容を考えています。時には、参加者の悩みや、近況報告で、2時間が終わるとき…

  • ~素敵なお母様~

    家庭教育を一緒に学んできた姉妹(それぞれ家庭を持つ母)のお母様にお会い出来ました。 その姉妹は、いつも周りに気を配り、気を遣い、出しゃばらず、常に感謝をし、 私より、ずっと若いのに、「今どき、なんて、偉いの!」と思っていました。 出来ない、していない自分が恥ずかしく、見習わなきゃと思うほどです。 それだけ、周りに気を配れるからこそ、子育てに悩んだりするのかも〜と、 感じていました。 ですから、そ…

  • ~切り替え~

    「孫(発達障害がある)が遊びに来たときに、 近くの公園につれて行くのですが・・・ 「帰るよ」と言っても、全然言う事を聞かない。 飽きるまで、付き合った方がいいでしょうか?」 と、聞かれました。 「終わり」の見通しを付けてあげることと、 「次」を用意することがいいかもしれないと、 お話しました。 どういうことかというと、 「どこから始めていいのか」わからない。 「いつ終わればいいのか」わからな…

  • ~発達障害かも?と気になったら~

    発達障害かな? そう思って、本やネット検索される方、多いと思います。 私もそうでした。 書いてあることに、これは、当てはまる。これは違う。これは・・・ だから、何が何だかわからなくなる。 余計、悩む。 最近は、わかりやすい本、マンガ付きなども、色々出ているので、 私の頃よりは、かなり恵まれています。 (逆に、どの本を買おうか、迷うくらい。) もしかしたら、発達障害かな?ちがうかな? そう感…

  • ~<br />~<br />~子どもの思いを聴ききる~

    子どもの話を、子どもの思いを、聴ききることって、 親の心にも、時間にも、余裕がないと、難しいもの。 でも、とても大切なこと。 子どもが、 「お母さん(お父さん)に聴いてもらって良かった!」と実感出来たら・・・ 子どもは、満足し、心が安定します。 幼い子でも、思春期の子どもでもです。 「子どもの話なんて、毎日聴いているわ」という方も、 優しいまなざしで、笑顔で、相づちを打ちながら、話を聴いて…

  • ~共感できる方に、必要な方に、~

    このブログ、どんな方が見てくれているのだろう・・・ 時々、思います。 ですが、「いいね」や「コメント」を受け付けていません。 当初、必要ないと思っていたし・・・ 超アナログな私は、あまり「いいね」を気にしていませんが、 「コメント」は、私、神経図太くはなりましたが、 気になり色々考えてしまうタイプなので、無理。 繊細というより、真面目と最近は言われます。 毎日書くようになり、見て下さる方が、…

  • ~忖度~

    またテレビから聞こえてきた「忖度(そんたく)」という言葉 ふと、思いました。 日本は、大人も子供も、 忖度だらけ。 忖度文化? 忖度:相手の気持ちをおしはかること。推測。 以心伝心:言葉や文字によらず、心から心へ考えを伝える事。言わず語らず。 自閉症児者にとって、わからない世界。 幼い子にとっても、曖昧な言葉、わからない。 あいまいな言葉、日本は多いよね。 「ちゃんとして」「しっかりね」…

  • ~理解するってことは~

    発達障害を理解するって、 そうなんだ〜って 認めること。 ちがいを認める ちがう感じ方、ちがう考え方、ちがうやり方・・・ その「ちがい」を肯定的に認めること。 褒めるってことも その行動や頑張り、努力を認めるってこと。 認める! いいよ、OKだよって!! 人の4タイプ �@自他肯定      I am OK. You are OK. �A自己肯定、他者否定 I am OK. You are not OK. �B自己否定、他者肯定 I am not…

  • ~ずっと息子のことを宇宙人だと思っていた~

    ある母親が、大人になって発達障害がわかった息子さんのことを言った言葉です。 小さい頃から、毎日、問題行動。何でそんなことするの? 何度言ってもわからない。 他の子とあまりにも違い、一生息子のことが理解出来ずに終わると思っていました。と・・・ たまたま娘さんのサポートで、旭川に来て、たまたま「あざらしらぼ(発達障害児者と支援者のための研究、相談)」に出会い、紹介されて、当法人のペアレント・トレー…

  • 「子どもに伝える生と性の話」を終えて

    9月17日、子育て講演会 「子どもに伝える生と性の話」 講師 母乳育児相談室きらり 助産師 山崎幸子氏 優しい語り口で、わかりやすくお話いただきました。 私たち親世代は、性の話は親から教えられず、 聞いても、答えて欲しいことは答えてもらえず、 そのうち、大人になれば、わかること。 嫌らしい話、エッチな話、というイメージでした。 学校でも、性教育として、教えますが、 赤ちゃんは、どこから産まれ…

  • ~<br />~パプリカ~

    Eテレでは、時々「パプリカ(歌)」が放送されます。 娘は、テレビを見ながら、歌っています。 歌、それなりに歌えるようになってきました。 年中で幼稚園に入る前は、娘の言っている言葉が、 私(母)しかわからない状態でした。 毎日、童謡などを一緒に楽しく歌いながら、発音の練習をしました。 幼稚園で「ありがとう」と「おはよう」さえ伝われば、何とかなる。 この2つだけは、誰が聞いても伝わるように・・・ …

カテゴリー一覧
商用