searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

けいごさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
理学療法ガーデン
ブログURL
https://ptsgarden.xyz/
ブログ紹介文
このサイトは理学療法に関連する身体の仕組み、疾患、運動について紹介するサイトです。 医学・健康の記事を中心に絡めて人体の事について書いていきたいと思います。
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2019/06/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、けいごさんの読者になりませんか?

ハンドル名
けいごさん
ブログタイトル
理学療法ガーデン
更新頻度
33回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
理学療法ガーデン

けいごさんの新着記事

1件〜30件

  • 股関節の三次元の動きの種類について

    自由自在に様々な方向へ動かすことができる関節、それが股関節です。今回は股関節の様々な運動方向についての紹介をしていきたいと思います!こんな人におすすめ!股関節の運動の参考にしたい股関節の正しい運動方向って?勉強の参考にしたい!正しく学ぼう!などなどのような疑問・悩みの解消になれば良いと思います。また、人体について興味のある方もぜひ参考に読んでいただければ幸いです!股関節の動きはただ前後左右に動くわけではありません。そんな股関節の動きについてこのあと説明していきましょう!股関節の三次元の動きについて股関節の構造は骨盤と大腿骨によってつくられており、その関節の形は球状のようにソケットと同じようには

  • 股関節を構成する骨盤と大腿骨について

    体を動かす際に中心となって動きやすい関節、股関節。皆さんはこの関節についてどれくらい知っていますか?この記事では股関節を構成する骨盤と大腿骨について簡単にどんなものかを紹介する記事となっております。こんな人におすすめ!股関節の構造がよくわからないそもそもどこまでが股関節?どれくらいの骨が関わるの?股関節とは?などなどのような疑問・悩みの解消になれば良いと思います。また、人体について興味のある方もぜひ参考に読んでいただければ幸いです!股関節に関わる骨についてそもそも股関節ってなんでしょうね?という話からしましょう!股関節は主に骨盤と大腿骨というももの骨から構成されています。画像をみていただければ

  • 【医学参考書】好きになる解剖学【感想・レビュー】

    一般向けとしても簡単に親しみやすく書かれている、好きになる解剖学。今回はこの『好きになる解剖学』という書籍についての感想や評価をしていきたいと思います!などのような体の勉強としての初心者さんだったり、初学生さんには当てはまる内容になっておりますので是非読んでいただけたら幸いです。なお、記事を書いている本人は理学療法士ではありますが、個人的な意見・感想となりますのでご参考に知っていただく程度でお願いします。お手軽さ★★★★価格★★★★★学びやすさ★★★★★(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function

  • 【医学参考書】肉単(ニクタン)~語源から覚える解剖学英単語集~【感想・レビュー】

    人間の体を動かすために必要、それが筋肉です。今回はそんな筋肉をお手軽に学べる一冊『肉単(ニクタン)~語源から覚える解剖学英単語集~』を理学療法士10年目である私が紹介していきたいと思います!などといった悩みを解消できるような書籍であるので是非私の感想などを踏まえて参考にしていただければと思います。あくまで個人的な感想・使いやすさですのでご参考程度にお願いします。(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.s

  • 腱板損傷・断裂のリハビリについて【整形外科】

    断裂した腱板の解剖学的治癒が非常に困難であることが知られている腱板損傷・断裂。そのなかで、理学療法士がリハビリでどんな目的・方法で改善していくか?今回は腱板損傷・断裂のリハビリについての紹介となる記事になります!などなどのような疑問・悩みの解消になれば良いと思います。また、人体について興味のある方もぜひ参考に読んでいただければ幸いです!基本的な考え方を保存治療の目的序文でもボソッと言いましたが、断裂した腱板の治癒は非常に困難と言われています。ですが、だからといって何もしないわけではありません!主に目的としてあげられるのは下記の内容となります。痛みの緩和固まった肩の改善・予防筋機能維持・向上日常

  • 腱板損傷・断裂の治療、手術について

    変性を基盤として中高齢者に多く発症する疾患、腱板断裂。今回は腱板損傷・断裂の主な治療内容や手術方法について解説していきたいと思います!などなどのような疑問・悩みの解消になれば良いと思います。また、人体について興味のある方もぜひ参考に読んでいただければ幸いです!腱板損傷・断裂の治療腱板を傷つけた際に行う方法はなにも手術だけではありません。そんな腱板損傷・断裂の治療方法について簡単に紹介しましょう!安静や薬などで行う保存治療腱板が損傷しているが、まだ傷だけで筋肉がつながっている状態の時に行うのがこの保存治療。保存治療にはいくつか方法があります。まず、保存治療に当てはまる要素としてあるのが事故などの

  • 腱板損傷での診断・評価について【整形外科】

    外力、加齢などによって引き起こされる腱板損傷。みなさんは腱板損傷をどういう風に検査・診断していくか知っていますか?今回はこの腱板の機能がどれくらい残っているのかをテストする内容について紹介していきます。などなどのような疑問・悩みの解消につながるような内容になっておりますのでぜひ参考にどうぞ!また、人体について興味のある方もぜひ参考にしてくだされば幸いです!腱板損傷の機能テストは複数ある!腱板損傷の機能テストは複数あり、特に棘上筋や棘下筋、肩甲下筋を診ていくテストなので、それぞれで色んな動きを診ていくことできるのです。この項目では数種類のテストについて紹介したいと思います。ドロップアームテストh

  • 腱板損傷の病態と症状について【整形外科】

    中高齢者における肩の代表的な疾患の一つ、腱板損傷。今回はこの腱板損傷についての病態や症状について簡単に紹介したいと思います。などのような疑問・悩みの解消をしていく記事となっております。また、人体について興味のある方もぜひ参考にどうぞ!腱板損傷の概要腱板損傷は中年・高齢者にとって代表的な疾患で、40歳代以降に多く、加齢によって変性していった腱板に外力が加わることにより生じます。若い人の場合でも強く肩を打ったり、転んだり、ぶつかったりした際などにも起こりうる疾患です。痛みなど特に症状がない方でもMRIを撮影してみると60歳以上の高齢者の54%は腱板の傷が、いわゆる断裂が存在したと報告されています。

  • 五十肩の運動療法について【整形外科】

    痛みの緩和や可動域を拡大するのに必要な治療、それが運動療法です。今回は五十肩になった際に行う運動療法について紹介していきたいと思います!などなどのような悩みや疑問を解消していくのがこの記事の特徴となります。また、人体について興味がある人などもぜひ参考になれば幸いです!肩関節全体に関わる筋肉の鍛え方について肩関節の筋肉を鍛えるといってもどこを鍛えていいかはすごい悩みますし、方法もわかりませんよね?この項目では肩関節の筋肉のどんな部分について鍛えていけばいいかを紹介していきたいと思います!肩甲下筋による前方安定化の回復肩甲下筋は肩甲上腕関節において前方の脱臼などを防ぐ重要な筋肉です。インナーマッス

  • 五十肩の治療内容について【整形外科】

    痛みや可動域を向上させていくのに様々な方法を取られる、五十肩。今回はこの五十肩、つまり肩関節周囲炎の治療方法について簡単に説明していきます!などのような疑問・悩みにも解消していけるようになっていますのでぜひ参考にどうぞ!また、人体について興味のある方もぜひ参考に見ていってください。五十肩の経過により治療内容は変化する過去に書いた記事で書いたので五十肩の経過の仕方や詳しい症状については割愛します。五十肩には治療する際に疼痛痙縮期と拘縮時期によって治療方針を分けるのが一般的です。痛みが強いときに無理に運動されるのも嫌ですよね?動かせるのにずっと安静にしていなさいというのも違いますよね?症状や状態に

  • 五十肩で行う診断・評価内容について

    痛みや関節可動域制限がメインとなる疾患、それが五十肩です。この五十肩は俗称であり、正式名称は肩関節周囲炎といいます。今回はそんな肩関節周囲炎で行う評価・診断方法などについて紹介していきましょう!などなど様々な悩み・疑問の解消をしていく記事となっています。また、人体について興味がある方などもぜひ参考にどうぞ!診断時に行う内容について診断時には様々なテストや聴取を行います。その中でも特に行う内容について紹介していきます!問診で肩の経過と具体性をチェック!問診ではいつからか?どこからか?どのようにすると痛いか?きっかけは何なのか?など様々な観点から患者さんの状態を把握していくことを中心に行います。本

  • 五十肩(肩関節周囲炎)の病態と症状について【整形外科】

    肩関節周囲炎の俗称といわれる疾患、五十肩。この五十肩は年齢を重ねるごとに発症する可能性がある疾患の一つでもあります。今回はそんな肩関節周囲炎の病態や症状、概要について紹介していきたいと思います!などなど、五十肩に少しでも疑問や悩みのあるかたの参考になればよいと思います。また、疾患自体に興味あるなどの知的好奇心も大歓迎なのでぜひ見ていってください!五十肩は加齢によって名付けられたもの!50歳を中心に発症しやすいといわれるのが、この五十肩です。五十肩は俗称であり、正式名称は肩関節周囲炎といいます。この肩関節周囲炎は、中年以後の肩関節周囲の組織である筋肉や靭帯、関節包などといった部分が弱くなってくる

  • 肩関節におけるローテーターカフ(腱板)の解剖と機能について

    肩関節を動かすうえでこれが無ければ始まらない、それがローテーターカフです。ローテーターカフは腕を動かす際に安定性をもたらす筋肉の集団となります。今回はこのローテーターカフについて紹介していきたいと思います!などなどの疑問や悩みを解消できるような記事にしてありますので興味のある方は覗いていってください。また、解剖・運動に興味のある方の参考になれば幸いです。ローテーターカフって何のこと?ローテーターカフとは、肩甲骨から上腕骨にかけてくっ付いている4つの筋肉を呼びます。その4つの筋肉というのが棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋の4つのことを指し、それぞれが上腕骨を回旋する機能も持ち合わせていることからも回旋

  • 【ライフシフト】100年ライフによる長寿化で問われる人生設計【要約・感想】

    100年生きられるようになった現代をどう人生設計していくか?それを考えさせられるのがこの本、『ライフシフト-100年時代の人生戦略』です。2020年現在では35万部を売り上げている本書で、全世代の必読書とも書かれている人気の本。「10年に1冊」の生き方本とも謳われているこの本を2回読破したのでその感想と要約をここに記します。読みやすさ★★★★気づきの多さ★★★★★価格の安さ★★★(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentSc

  • 肩関節のインナーマッスルの解剖と機能

    肩関節の安定性に大いに影響を与える筋肉の集団、インナーマッスル。今回はインナーマッスルにあたる筋肉の紹介をしていきたいと思います。などなどのような疑問・悩みのある方や人体に興味のある方の参考になれば幸いです。肩関節におけるインナーマッスルって何の筋肉で、どんな役割を果たしているのかなどについて紹介していく記事となっているのでよろしくお願いいたします。インナーマッスルって何?インナーマッスルは、骨を大きく動かすアウターマッスルに対し使われる用語です。インナーマッスルはアウターマッスルよりも内側にある筋肉であり、その役割もまた変化します。その役割というのが「関節の安定化」というものとなるのです。そ

  • 肩関節を動かすアウターマッスルの解剖と機能

    骨を持ち上げたり、動かしたりするメインの筋肉、アウターマッスル。今回は肩関節に分類されるアウターマッスルの解剖と機能について簡単に説明していこうと思います。などのような悩み・疑問を持っている方はぜひ参考にしていただければ幸いです。また、解剖や人体に興味のある方も見ていってくださいね!アウターマッスルって何?アウターマッスル系トレーニング記事の序文でアウターマッスルについてチョロッとつぶやいていますが、主に重いものなどのときに必要になるのがアウターマッスルです。アウターマッスルについての定義は確定的なものはありません。あくまで概念的なものに近く、インナーマッスルも同じです。これは私の解釈でもあり

  • 胸鎖関節・肩鎖関節・肩甲胸郭関節・肩甲上腕関節・胸肋関節の構造と機能【肩関節】

    BodyParts3D © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本肩の動きをなめらかに、そして自由自在の可動域を持つのに必要なのが肩に存在する複数の関節、胸鎖関節・肩鎖関節・肩甲胸郭関節・肩甲上腕関節・胸肋関節。これらのほとんどの関節のうち1つでも異常をきたした場合、正常に肩を動かすのが困難になります。今回はそんな肩関節の構造や機能について紹介していきます!などなど疑問・悩みのある方は参考にどうぞ!また、肩の解剖機能に興味があったり、勉強したいというかたも参考になれば幸いです!唯一体幹と連結している胸鎖関節ピンクのところが胸鎖関節だよ

  • 鎖骨・胸骨・肋骨・上腕骨・肩甲骨についての解剖と機能【肩関節】

    肩の付け根を動かすときに必要となる骨、それが鎖骨・胸骨・肋骨・上腕骨・肩甲骨です。今回は肩関節を構成するこの5つの骨について紹介していきます!などのような疑問・悩みを抱えているかたの参考になれば幸いです!また、人体について興味のある方もぜひ見ていってください!肩の関節をつくる鎖骨・胸骨・肋骨・上腕骨・肩甲骨みなさんは「肩をうごかす」と聞いたらどういうのを想像しますか?大体の人は腕を上げるイメージがほとんどでしょう。しかし、肩関節が動く際、ただ腕の骨が上がるだけでなく鎖骨・胸骨・肋骨・上腕骨・肩甲骨が一緒に動くことで腕を天井へ向けたり、物を取ったりすることができます。この記事ではそれぞれの骨につ

  • 【予防・対策】腰痛のための日常生活でも使える姿勢や運動、動作を紹介!

    人類が生涯で一番悩まされやすい問題、それが腰痛です。皆さんは腰痛に対してどのように対処されていますか?そして、その対処法や予防策は本当に正しいでしょうか?この記事ではそんな現代人の悩みともいえる腰痛の予防・対策するための姿勢・運動法・動作について紹介していきます!などなどの悩みや不安を解消できるような内容を書いていきたいと思います。また、この記事では腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症のような疾患を治療できる内容ではないので、もし痛みやしびれがある場合は整形外科への受診を推奨します!とは言え、まったく効果が無いわけではないです。これらの疾患の原因は生活における姿勢や運動、動作などが問題にある傾

  • 【リハビリ】腰部脊柱管狭窄症で行う運動療法の内容について紹介!

    症状が強くなるごとに身体能力が低下しやすい腰部脊柱管狭窄症。今回は腰部脊柱管狭窄症で行うリハビリについて紹介したいと思います!などなど、リハビリが漠然としている方は参考にしていただければ幸いです。リハビリで行うのはマッサージや筋力強化だけじゃない!運動療法、ここでいうリハビリテーションとは単純にマッサージして筋肉をほぐしたり、筋力を強化するだけではありません。腰部脊柱管狭窄症では痛みやしびれは神経を介して伴ってきますので、マッサージや筋力を強くするだけでは良くならないです。そのため、様々な方法で理学療法士が患者さんを一緒に運動・アドバイスをしていきます。腰部脊柱管狭窄症の運動療法では主に筋肉、

  • 【手術・運動】腰部脊柱管狭窄症の治療やリハビリについて紹介!

    神経的な障害が中心となる、腰部脊柱管狭窄症。今回は腰部脊柱管狭窄症で行う手術法や治療法、リハビリについて紹介していきます!などのように手術・治療に漠然としてるかたを中心に参考になればよいと思います!薬や注射が効かなかった際の外科的治療腰部脊柱管狭窄症では、神経ブロックや薬による改善がみられない場合手術を選ぶことがあります。特に馬尾型神経障害では自然治療を期待できないため手術を考慮することが多いです。手術は神経の圧迫をなくすための除圧術、固定術がありますがこれらについて説明していきましょう!椎弓を切除して空間を広げる除圧術https://youtu.be/hlbh6YVnny4除圧をするために背

  • 【診断・検査】腰部脊柱管狭窄症で行う検査や診断内容を解説!

    神経圧迫によって症状を誘発する、それが腰部脊柱管狭窄症。今回は腰部脊柱管狭窄症と鑑別するための検査や診断方法を紹介していきます!などといった悩みや不安を持つ方に参考になればよいでしょう!腰部脊柱管狭窄症の確実性を高めるための問診腰部脊柱管狭窄症に問わず、どんな疾患でも必ず行われるのが問診。この問診の内容は様々なことを聴かれ、腰痛疾患を診察する上では最も大切な診断手法となります。痛みについて生活について過去の病気と現在治療している病気etc…患者さんの今まで患ってきた病気や腰痛歴を聞いて判断することで今後の治療の方針を考えていきます。では具体的にどんな内容を聞かれるのか?問診についての内容を説明

  • 【整形外科】腰部脊柱管狭窄症って何?病態や症状について解説!

    反り腰によって痺れや痛みが発生しやすい疾患、腰部脊柱管狭窄症。皆さんはこの腰部脊柱管狭窄症についてどれぐらいご存じですか?昨今でも腰部脊柱管狭窄症について注目され、メディアや書籍でも見かけるようになりましたね。この記事ではそんな腰部脊柱管狭窄症についての簡単な病態や症状について紹介していきたいと思います!などなど、自分の腰痛についてや症状が知りたい人の参考になれば良いと思います。中年・高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症の概要超高齢化社会が日本に到来し、今後ますます増えていくとされている腰痛疾患の一つ、それが腰部脊柱管狭窄症です。この腰部脊柱管狭窄症は主に壮年期である50歳代と高齢者に多く発症すると言

  • 【整形外科】腰椎椎間板ヘルニアで行う運動ってどんなことをするの?【リハビリ】

    姿勢変化や生活習慣によって筋力低下などを伴う腰椎椎間板ヘルニア。今回は腰椎椎間板ヘルニアによって行うリハビリ、つまり運動内容について紹介していきます!このような悩みや不安を感じている方の参考になればよいと思います。腰椎椎間板ヘルニアでの運動療法の目的腰椎椎間板ヘルニアでのリハビリテーションの中での運動療法は、手術をしないで治療する保存療法の場合と、術後における運動療法では内容と目的に差が出てきます。原則として股関節の曲がる可動域や腰を伸ばすのを促しながら、姿勢・運動パターンを修正することが重要となります。腰椎椎間板ヘルニアでは背中を丸くした姿勢や無理な背すじの伸ばし方をして、正常なパターンを崩

  • 【手術・リハビリ】腰椎椎間板ヘルニアの治療ってどんなことをするの?

    腰椎椎間板ヘルニアにおいて不安なのが手術・治療方法。皆さんは手術や薬以外にどんな治療をするか知っていますか?今回はそんな腰椎椎間板ヘルニアの治療法とリハビリの内容について紹介していきます!腰椎椎間板ヘルニアの治療法を事前に知りたいどんなことを行っていくのか何も分からないから不安だ治療法の内容について関心があるなどなど、腰椎椎間板ヘルニアの治療方法に興味がある方はぜひ参考に見てください!腰椎椎間板ヘルニアの様々な治療方法腰椎椎間板ヘルニアでは薬や手術だけでなく、色々な治療方法が存在します。保存療法:患者指導・安静・薬物・ブロック療法・生活指導・運動療法・物理療法手術療法:髄核摘出・脊椎固定・椎間

  • 【診断・評価】腰椎椎間板ヘルニアの診察・リハビリ初回でどんなことを行うの?

    腰痛の中でもメジャーな分類となる疾患、腰椎椎間板ヘルニア。今回は腰椎椎間板ヘルニアを発症して病院に行ったらどんな診断や検査、手術をしていくのかを説明していきたいと思います。病院に行きたいけどどんなことをされるのか不安だ事前にある程度知って心構えをしたい腰痛持ちだけど腰椎椎間板ヘルニアについて知りたいなど当てはまるかたはぜひ参考に見ていっていただけたら嬉しいです!腰椎椎間板ヘルニアで聴かれる問診について腰椎椎間板ヘルニアに問わず、どんな疾患でも必ず行われるのが問診。この問診の内容は様々なことを聴かれ、腰痛疾患を診察する上では最も大切な診断手法となります。痛みについて生活について過去の病気と現在治

  • 【整形外科】腰椎椎間板ヘルニアの概要と病態・症状について解説!

    日常生活や運動に大きな支障をきたす腰痛の一種である腰椎椎間板ヘルニア。皆さんはこの腰椎椎間板ヘルニアを痛みが強いだけだと思っているかたはいませんか?今回は腰椎椎間板ヘルニアについての概要とその病態、症状について説明していきたいと思います!腰痛持ちだけど原因が知りたい、不安だ今の自分の状態が腰椎椎間板ヘルニアにあてはまるのか知りたい腰椎椎間板ヘルニアの基本を知りたい上記のように気になる方はぜひ参考にしてみてください!椎間板の傷つきで発症する腰椎椎間板ヘルニア椎骨と椎骨をつなぐクッションともなる椎間板のイメージ腰椎椎間板ヘルニアは腰痛の疾患の中でもメジャーな名前ではあります。では、どんな方がどのよ

  • 大変!腰が動かない!~腰痛の種類と原因について~

    腰をひねったり、かがみ続けていると生じてくる腰痛。腰痛には種類と原因があり、痛みの部位や感覚も異なってきます。今回は腰痛についての種類と原因について紹介していきたいと思います!自分の腰痛の原因を知りたい腰痛について学びたい腰痛対策の参考にしたい上記のような方はぜひ見て参考にして頂けたら幸いです!非特異的腰痛の経過によって種類は変化する前回紹介した記事では腰痛の日本における割合を紹介しました。その時に書きました非特異的腰痛を中心に本記事では話していきます。非特異的腰痛は、重篤な基礎疾患を有しておらず画像診断とも一致しないものと紹介しました。非特異的腰痛は腰痛全体の85%を占めており、湿布や薬で対

  • 腰痛を侮るな!~腰痛の基本的知識について~

    スポーツ、仕事、子育てなどあらゆる面で生じてくる疾患である腰痛。腰痛は人類にとって宿命の疾患の一つとも言われており、若い人から高齢者まで幅広く悩みの種になりやすい疾患で医療費の負担が増大する面からも社会問題となっています。今回はその腰痛についての基本的知識や種類についてお話していきたいと思います!腰痛に悩みがある腰痛の基本的な知識を知りたい今後の備えとして触れておきたい上記のような方たちはぜひ読んでいってみてください!腰痛は「腰が痛い」という症状の総称皆さん腰痛は病名と思っていませんか?実際は異なり、診断名や病名としては付けられません。腰痛という名前はあくまで症状の総称であり、「安静時・運動時

  • 腰痛を侮るな!~腰痛の基本的知識と種類について~

    スポーツ、仕事、子育てなどあらゆる面で生じてくる疾患である腰痛。腰痛は人類にとって宿命の疾患の一つとも言われており、若い人から高齢者まで幅広く悩みの種になりやすい疾患で医療費の負担が増大する面からも社会問題となっています。今回はその腰痛についての基本的知識や種類についてお話していきたいと思います!腰痛に悩みがある腰痛の基本的な知識を知りたい今後の備えとして触れておきたい上記のような方たちはぜひ読んでいってみてください!腰痛は「腰が痛い」という症状の総称皆さん腰痛は病名と思っていませんか?実際は異なり、診断名や病名としては付けられません。腰痛という名前はあくまで症状の総称であり、「安静時・運動時

カテゴリー一覧
商用