searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ふるさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
収入が上がって人に好かれるコミュニケーションスキル
ブログURL
http://jzs151.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
とにかく口下手で印象が悪かった僕。 今では初対面でも親しく接してもらえたり、営業先から優遇してもらえたりするまでコミュニケーションスキルが成長しました。 セミナー等で得た知識で良い結果が出た方法をお話していきます。
更新頻度(1年)

108回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2019/05/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ふるさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ふるさん
ブログタイトル
収入が上がって人に好かれるコミュニケーションスキル
更新頻度
108回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
収入が上がって人に好かれるコミュニケーションスキル

ふるさんの新着記事

1件〜30件

  • 楽しい会話ができるようになる方法

    この人の話は面白いって人と、つまらないと思う人がいますよね。 その差ってなんなのかって、僕なりの解釈のお話です それは、 「事実だけ説明する。」 人と、 「感情や考え方を入れる。」 人の差なんじゃないかと思っています。 事実を説明するだけって簡単ですよね。 「起きた事をそのまま伝える。」 だけですから。 わかりやすくて短時間で済む、ってメリットがありますが。 これは誰が話しても大差が無いのがデメリットになります。 なので、残念ですけど話が盛り上がる事が少ないんです。 楽しく聞いてもらう為には、 「感情。」 を入れて話をしてみてください。 話って、 「その人。」 が表現されるから面白くなるんです…

  • コミュ障を治せたお話し

    コミュニケーションが苦手な人。 まあ、以前の僕です(汗)。 それって、 「人と接するのが苦手だから関わらない。」 んじゃないんです。 内気だからでもありません。 話をしないから内気になってしまうんだと、経験上思っています。 僕の実例ですけど、 「下手でもいいから話をしてみる。」 を繰り返していくうちに、会話で笑ってもらえる事が多くなりました。 その結果、 「話が好きになった。」 って、経緯があります。 人への苦手意識って、生まれつきでは無いと思うんです。 例えば、 「冷たくされた。」 「話をしても反応がなかった。」 などなど、ほんの数回の経験で決めつけてしまっているよな気がします。 冷たくされ…

  • 自己主張しやすくなる考え方

    自己主張しやすくなるお話しです。 「自分はこうしたいと思っています。」 なんてことは、大概の人は言い出しにくく感じていると思います。 なぜかって言うと、 「口にして拒否されたら傷つく。」 からだと思っています。 もしくは、 「図々しいと思われる。」 「関係性が浅い。」 「距離感がある。」 などなど。 色々と考えてしまうものなんですよね。 そんな時の僕の考え方のお話です。 それはどんな考え方かですが、 「要望を伝える権利を持っている。」 と思うようにしています。 誤解の無いように言っておきますけど、 「こうしてくれ!」 って、強制する意味ではありません。 あくまでも、 「自分の要望を伝える。」 …

  • いつも怒っている人

    いつも怒っている人 って嫌ですよね。 なんで、怒る人ってあんなに怒るのか? のお話です。 一つ大きな原因として、 「自分の思ったような展開にならない。」 なんじゃないかと考えています。 仮にですけど、 「自分が思った展開だけ起こる。」 でしたら、すぐ怒るような人も怒らないと思うんです。 単純にワガママなんですよね。 その、 「ワガママな考え方。」 が、原因だと思っています。 ワガママになる大きな原因って、 「これぐらいやってくれるだろう。」 と、自分が思っている結果よりも低いからのように思います。 そんな人に限って、全部を丸投げしているから困ったものです。 「思い通りにならない。」 が、怒りに…

  • 運転って人格がでますよね

    最近かなり耳にする 「あおり運転。」 もし同乗している車の運転手がやったら引きますよね。 最悪の場合、 「人生が終わった。」 なんて人もメディアで見かけますし。 ここから読みとられてしまう事のお話です。 それは、 「運転によるトラブル。」 と、 「人間関係のトラブル。」 って、結構イコールなんです。 運転によるトラブルって、 「粗さ。」 「配慮の無さ。」 が、大きなウェイトを占めているんじゃないかと思っています。 逆に言えば、 「譲る気持ち。」 が無いんですよね。 これは、人間関係でも同じに感じています。 頭に血が上がりやすい人。 このような人って、実際に運転でもトラブルが多いんです。 例えば…

  • 印象に残る会話のコツ

    会話をしたとして、後で、 「あの人と何話したっけ?」 って、 印象に残らない 事ありませんか? それに気付いた部分があるので、そのお話です。 それは、会話において、 「事実。」 だけを話している場合のように思います。 例えばですが、 相手「今日も暑いですね。」 自分「暑いです。」 これが事実だけを話している状態です。 こんな会話はいちいち覚えていません(汗)。 どうすれば印象に残りやすいかですが、ちょっと気になるような言葉を入れましょう。 相手「今日も暑いですね。」 自分「暑いですね。でも暑い日の強烈な思い出があって好きなんです。」 これで会話を終わりにしちゃいます。 これ言われたら、結構印象…

  • 会話をしたくなる気持ち

    誰かと話をしたい。 なんでそんな感情が出るのかってお話です。 色々と理由はあるんです。 が、今回はその中でも根本的な理由のお話をします。 お話したいと思う気持ちの本音なんですが、 けっこう汚い言い方になっちゃいます。 「自分にメリットがある。」 からなんです。 良い言い方だと、 「楽しい気持ちになれる。」 になりますね。 自分が楽しくなりたいから、 「笑わせてくれる人。」 「笑顔の絶えない人。」 に人が集まるんじゃないかなって思っています。 日常で生活をしていて、 「自分が楽しく感じる事。」 って、なかなか無いですよね? なので、 「楽しい気持ちにさせるくれる人。」 って、人の輪の中心に居るん…

  • 相手の本質が見える質問

    話をしていて、 「この人の本質ってどんな感じなんだろう?」 って、思う時ってありますよね? そんな時に、 「あなたの本質は?」 なんて聞く人はいないと思います(汗)。 そんなこと聞いたら、 「この人は何を探ろうとしているんだ?」 と、こちらの人格まで疑われちゃいますよね。 大体が、 「親しく無い人と踏み込んだ話はちょっと・・・。」 って、感覚が普通です。 でも、 「相手を理解したい。」 って気持ちは誰にでもあります。 そんな時に使えるテクニックのお話です。 ちゃんとした人のセミナーではよく聞くことです。 それは、 「幼少期はどんな子でした?」 って質問です。 これだけなんですが、結構重要な要素…

  • 気持ちを上げる簡単な方法

    話をしていて、 「盛り上るとき。」 と、 「そうでもないとき。」 ってありますよね? それって、気分もあるんですけど、 「声。」 が、いつもより少し大きくなっている事が多いんです。 「気持ち。」 と、 「声の大きさ。」 って、結構比例しているケースが多くあります。 例えば、 「今日は調子が良い。」 「今日は乗っている。」 と思っている時の自分を見てみましょう。 いつもよりも、 「声。」 が大きくなっている事に気付くと思います。 声の大きさって不思議なもので、気持ちも大きくする効果があるんです。 鬱状態ってありますが、 「気持ちが落ち込む。」 「自信がなくなる。」 「やる気がなくなる。」 これが…

  • 楽しく話をしてもらうコツ

    会話をしていて、 話題に困ったとき。 何回か会話のセミナーに出て聞いたことは、 「質問をしましょう。」 なんですけど。 闇雲に質問しまくっているケースって本当に多いんです。 だいたい思いつく質問って、 「自分が得意なカテゴリー。」 なんですよね。 良く目にする光景で、 「好きな野球チームはどこですか?」(質問主が野球好きと仮定して)。 そんな質問をしています。 なんでそんな質問をしちゃうのか? 会話に困っている時って、緊張している状態なんです。 緊張状態の時って、自分の得意分野から言葉が出る事が多いんです。 じゃあ、僕はどうしているかなんですが。 「相手に気持ち良く話しをしてもらう事。」 を考…

  • こちらの話に集中してもらうコツ

    けっこう大切なことを話しているのに うわのそら な感じ。 まあ、これってみなさん経験していると思います。 当然と言えば当然なんですけどね。 人って自分が一番大切なんですから。 だから、一方的な話には集中しないんじゃないかと思っています。 じゃあ、 「他人事。」 を、 「自分事。」 にしちゃいましょう、ってお話です。 自分の事を話している段階って、相手には他人事ですよね? なので、その話の事を相手に手伝ってもらうように話してみてください。 わかりやすく言えば、 「相談。」 しちゃいましょう。 相手に、 「判断。」 をしてもらうようにして、ちょっと負荷をかけるんです。 負荷をかけると、相手は他人事…

  • 相手の目線と体の向きからわかること

    話をしていて、 「パワーバランスが相手に傾いている。」 「引け目を感じる。」 なんて時があると思うのですが。 そんな時に自分をチェックしてみてくださいってポイントのお話です。 まず、 「目線。」 です。 相手に対して、目線をどのように向けているのかを確認しましょう。 次が、 「体の向き。」 です。 相手に対して、どう向いているのかをみてください。 なんとなく引け目を感じている場合って、 「目線。」 は、真正面で見ていない場合が多いです。 「体の向き。」 は、相手に対して正面を向いていない場合が多いです。 これって、相手は感じ取っているんです。 相手は、 「自分のほうがが上。」 って無意識に判断…

  • 嫌な人との会話を断ち切るテクニック

    ディスカッション等で、 「会話の流れを持っていかれている(汗)。」 なんて時があると思います。 今回は、会話の主導権を取るお話です。 これをやる時には、使い方や使う相手に気をつけてくださいね。 会話って、主導権を持った人のペースで話が進みますよね。 そうなってしまうと、とこちらが話をするタイミングが難しいんです。 意見すら言えない時すらあります。 相手が意図的に隙を作らないケースもあるんですが。 そこで、そんな時にどうするか? 僕は、会話の流れを一旦切ってしまいます。 ですが、嫌悪感を持たれてしまう場合があるのでほどほどに。 例えば、相手が調子を上げてしゃべっている場合、 「何で?」 「いつ?…

  • 都合良く動いてもらう方法

    ※これをやると嫌われる場合があります 例えば、 「コピペして貼りつけるだけなので手伝ってもらえますか?」 この時にちょっとだけ付け加えます。 「パソコンがシャットダウンするので、ここのキーは触らないで下さいね。」 このパソコンを一定時間使うと電源が落ちる設定にしているとします。 作業中に時間が経過したので、パソコンはシャットダウン。 その時に、決めつけたように言います。 「そのキー押しちゃったんですね。」 多くの人は、 「すみません。」 と、やってしまったと思い込みます。 これは、 「パソコンは勝手にシャットダウンしない。」 というようにインプットされているから。 今回起きた現象は 「自分が原…

  • 話を掘り下げやすくなる言葉

    もう少し踏み込んだ話を聞かせてもらいたい。 って思うことが多々あると思います。 が、 自分の内容が濃い話って、関係性が深い人にしか話してくれないんです。 「話をしてしまった。」 で、 「何となく親近感を持った。」 なんて経験があるとおもいますが、その場面を作りやすくするお話です。 普通は、まず、徐々に関係性を深めます。 そして、自分の深い話をしても良いと思ってもらえます。 これを逆からできたらいいですよね? 最初に、 「この人とは関係性が深いように感じる。」 「今後深いお付き合いがしたい。」 と感じたので話してしまった。 こんな感じです。 その為には、まず、話をしてもらいましょう。 少し踏み込…

  • 輪の中心いる人の3つのポイント 後編

    前回の続きです。 で、最後ですが、 「信頼。」 になります。 どのように表現する? どのように伝える? に着目している人って多いと思うんですけど・・・。 多くの場合は、 「誠実。」 「まじめ。」 を表現しているだけのように感じています。 信頼感って、先にお話した2つがあってから感じてもらえるんです。 メリットとお得があって、 「信頼できる人なのかも。」 と思ってもらえるんです。 意識して調べてみると、結構簡単な項目が作用しているんですよね。 でも、そんな簡単な事で、 「人の輪の中心。」 に居ることができるんです。 要素って他にもあります。 が、 まずは、 「メリット。」 「お得。」 「信頼。」…

  • 輪の中心いる人の3つのポイント 前編

    つねに輪の中心に居る人。 そんな人っていますよね。 観察していてその要因に気付いたので、そのお話です。 大まかに、 「3つの条件。」 を満たしている人がそれに当たるように感じています。 まずは、 「メリット。」 になります。 人って自己中心的に物事を考えますよね。 「まずは自分。」 なんです。 だから、自分にとって、 「有利。」 「得。」 な事や情報を得たいとまず思います。 イコール、相手も当然そう思っています。 だから、自分にとってメリットを感じる人に興味を持つんです。 なので、その、 「メリット」 を、明確に表現すれば人が寄ってきます。 わかりやすい例えで、 「この人いると楽しい。」 がわ…

  • 誘いに乗ってもらいやすくなるポイント

    まず、 人って自分が思ったようには動いてくれません。 それを動いてもらいやすくするコツのお話です。 まず、自分の主張や都合を見直してみましょう。 誰にでも受け入れやすいポイントってあります。 そこをまず考えます。 人って、自分の主張や都合を優先しますよね。 それだと、 「相手がどのような考え方をしているか?」 を、無視しちゃっていることになります。 だから、自分が思った方向に向いてもらえないんです。 まず、自分の主張や都合は置いておきましょう。 相手が、 「どこに魅力を感じているか。」 を見付けてあげるようにしましょう。 例えば、 「一人じゃ嫌だから一緒に交流会にいかない?」 これは、自分の都…

  • 不安を軽くしてあげられる簡単な言葉

    暗示 って言うと怪しく感じるかもしれません。 「不安を軽くしてあげる言葉。」 のお話です。 不安を持っている状態の時は誰にでもあります。 そんな時って、人の言葉に影響されやすいんです。 その時なんですが、 「たった一言。」 が暗示のような力を持つんです。 例えば、同僚が任された案件があるとします。 でも、結果を出せるかを不安に感じているとして。 その時にあなたが、 「簡単にできると思うよ。」 と、言ったとします。 その同僚は不安な気持ちでいますから、 「簡単にできる。」 この言葉をものすごく意識するんです。 これが、一種の暗示なんです。 「堂々としながら、サラッと言う。」 これがその人の意識に…

  • 好感度を倍にする方法

    もうちょっと良く思われたい。 もうちょっと笑顔が欲しい。 そう思っている方、読んでみてください。 簡単な事の話なんですけど。 物事って二つの表現方法がありますよね? わかりやすい例で、天気予報で言ってみます。 「降水確率30%」 「晴れる確率70%」 これって同じ事です。 でも、印象って全然違いませんか? ネガティブ(降水確率)を表現するのか。 ポジティブ(晴れる確率)を表現するのか。 「良い面にスポットを当てている人。」 のほうが、好感度って高いんです。 倍以上の効果があったりします。 前にも書きましたが、表現する言葉によって表情も構成されますしね。 数日後。 数週間後。 数年後。 数十年後…

  • お誘いの成功率を上げるコツ

    最近よく目にする、 行列の出来る店。 「食べてみたい!」 って思いますよね。 で、行ったとして、やっぱりかなりの行列だとします。 でも、せっかく来たから食べたい。 だから、並ぶ事にしました。 ここでみなさん思います。 「どのくらいの時間並ぶの?」 「自分の順番までに食材があるの?」 この情報が何もインフォメーションされていないとします。 その状態って、かなりのストレスを感じませんか? 並んでいる時間が長いほど、不安とストレスを感じ続けます。 そうなると、 「楽しみ。」 じゃなくて、 「イライラ。」 になっちゃいます。 そして、 「もうあの店には行かない。」 となってしまう場合もあります。 人っ…

  • 本音か建て前か見分けるコツ

    話をしていて、 「この人ってこの話に興味が無いのかも。」 と感じる事ってありませんか? 興味の有無や、本音か建て前か。 これって、相手はかなりのサイン出してくれています。 ほんの少しの観察で見えるので、そのお話です。 まず、 「そんなの見えた事が無い。」 と思ったら。 それは、話をする事に夢中になりすぎです。 自分の発信が多すぎると周囲が見えなくなりますから。 相手からのサインですが、 「言葉。」 と、 「態度。」 に出ています。 例えば、雑談をしていたとして、 言葉では、 「面白いです。」 なんて言っているとします。 でも顔を見たら、 「無表情で相槌も適当。」 これって、 「興味ないんですけ…

  • 「面倒な人」にならないために

    「この人に嫌われているかも。」 相手が自分に対してそっけない態度を取った時。 そう決めつけてしまうことってありますよね? そうすると、その後相手が自分に対して取る行動を否定的にとらえてしまうんです。 それは当然相手にも伝わってしまう。 その後の関係が良い方向に行くことは難しくなります。 これは一例ですが、このように決め付けた考えをもってしまうと考えが狭くなるんじゃないかなと思ったのでそのお話です。 年を重ねると高くなる傾向で、 「間違っているものは間違っている。」 があります。 そのような考えで決めつけてしまうと、自尊心が高くなりますよね。 否定されると相手が誰であれ主張をしてしまう。 それが…

  • 簡単な方法で気分良くなってもらうコツ

    接している相手に対して、 「気分良くなってもらいたい。」 「テンションを上げさせたい。」 と思う時って多々ありますよね。 そういった場合によく言われることで、 「相手を褒めましょう。」 があります。 確かに有効なんですが。 容姿を褒めても薄い反応なんですよね。 相手のルックスが良い場合、下手したらノーリアクションです。 今の時代、女性に言うとセクハラになる可能性もあります。 自分で認識している事を褒めても、反応はホントに薄い。 僕の場合ですが、小さいポイントを褒めるようにしています。 特に、 「その人自身を直接的に褒めない。」 ことを意識しています。 例えば、時間とお金を掛けて手に入れている部…

  • 「慕っていますよ」って言ってくる人は要注意人物

    自分を慕っていると思っていた後輩とかに裏切られた。 「あなたにならどこまでも付いてきます。」 「だから可愛がって下さい。」 なんて言っていたのになんで? なんて経験ありませんか? 僕はたくさんありますよ(汗) 「自分なんて・・・。」 「自分に対して自信がない。」 「だから好かれない。」 と言っている人いますよね。 そして、そんな人ほど先ほどの空気感で接して来るから困ります。 こういった人って隙が多く見えます。 だから、自分の思うようにコントロール出来る。 なんて思って、便利だからって面倒見ますよね? でも、僕の経験上、こういった人は信用出来ない人の場合が多かった。 人間関係を構築していく上では…

  • この口癖の人は要注意

    仕事をすぐに辞める人や、プロジェクトを乱す人。 ふとした時に共通点が見つかったので、そのお話です。 それって、何気ない言葉から気質が見てます。 例えば、 「○○だから、○○しようと思いました。」 これ、ちょっと注意して下さい。 「○○があるから、この仕事をやろうと思いました。」 この言葉を言う人いませんか? このような言い方をする人の本音ってちょっと危ないです。 悪い言い方ですが、 「かなりの自己中。」 な考えをしている人が多いです。 その本音ですが、 「○○だから、○○しようと思いました。」 イコール、 「自分の思った通り物事が用意されているから選択しました。」 なんです。 つまり、 「思っ…

  • 話しが上手な人の共通点

    会話をしていて、 「何を話そう。」 と、止まってしまう事ってありませんか? 自分の中にある、 「情報量。」 のお話なんですが、それって多いほど助かることが多いですよね。 話の振り幅や、考えるパターンが多くなります。 このことが、 「引き出し。」 って言われる物だと捉えています。 相手の話題に、 「マッチしそうな話題を出そう。」 と、自分の知識の中から組み立てる事が出来ます。 話を聞く行為って、 「相手が何を話そうとしているのか?」 「なぜこのような話をしようとしているのか?」 「話題の本質や、言いたいことは?」 ってことを理解しておいてください。 それを理解していない人って、話を雑に聞いていま…

  • 好かれる表情の作りかた

    顔は生まれつき。 確かにベースは生まれ持った要素が大きいです。 でも、後天的なものがかなり影響しているように思います。 よく聞く言葉に、 「性格は顔に出る。」 その人の生き方が、顔に現れる。 って意味だと思っていますが、実際そうだと実感しています。 例えば、 いつも楽しい気持ちで話をしている人。 楽しいと思った時は声をあげて笑う人。 これを繰り返している人って、ポジティブな人が多いんです。 良い部分をピックアップする癖が付いているので、ポジティブ思考になります。 なので、明るい気持ちで生活できる事が多くなります。 その結果、その人の顔は 「笑顔の似合う顔。」 になっていくように感じています。 …

  • 挫折しない目標設定

    目標 って誰でも持っていると思います。 目標を設定する事って大切です。 「目標は高ければ高いほど良い。」 って良く言われますよね? ですが、 それって、モチベーションの低下につながりやすいんです。 目標って、 「短いスパン。」 で、 「比較的簡単にできる事。」 この要素を入れる事が大切かなって思っています。 これを基準にしておくと、変化を実感しやすくなります。 例えば、なにか新しい資格取得を目標にしたとします。 その資格を持っている人に相談したとして、 「1日17時間、勉強すれば受かりますよ。」 これを聞いちゃうと、モチベーションが下がりませんか? 合格よりも勉強をする気にもなりません。 先ほ…

  • 会話がはずむ聞き方

    「話題が見つけられない。」 「興味を引く会話ができない。」 そのような会話についての相談をよくされます。 ちょっと距離感が縮むとそういった質問を頂く事が多いです。 ちなみに、僕はこちらからそこまで話を発信していません。 「こちらからの発言をスムーズにしたい。」 これは、場数と慣れが必要だと思っています。 僕も出来ていません。 僕が意識している事ですが、 「人が話しやすいような聞き方。」 を意識しています。 これは比較的簡単にできるようになります。 ちょっとコツが必要なんですけどね。 上記のことお答えすると、 「うなずくリアクションして聞けって事ですよね?」 って言われますが、違います。 人って…

カテゴリー一覧
商用