プロフィールPROFILE

ふるさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
収入が上がって人に好かれるコミュニケーションスキル
ブログURL
http://jzs151.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
とにかく口下手で印象が悪かった僕。 今では初対面でも親しく接してもらえたり、営業先から優遇してもらえたりするまでコミュニケーションスキルが成長しました。 セミナー等で得た知識で良い結果が出た方法をお話していきます。
更新頻度(1年)

108回 / 243日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2019/05/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ふるさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ふるさん
ブログタイトル
収入が上がって人に好かれるコミュニケーションスキル
更新頻度
108回 / 243日(平均3.1回/週)
読者になる
収入が上がって人に好かれるコミュニケーションスキル

ふるさんの新着記事

1件〜30件

  • モチベーションを高く保つコツ

    低下していく。 もしくは劣っていく。 それって、なかなか実感出来ないものです。 なので、 低下したとしても気付かないんです。 例えば、会社で事業所全体の意欲が落ちている場合。 自分の意欲が落ちたとしてもまず気付かない。 わかりにくいですよね。 数値化してみます。 周囲のやる気指数を100とします。 自分の指数は80だとします。 周囲が10減りました。 自分も10減りました。 この場合、自分の指数が落ちていても気付かない場合が多いです。 周囲と同じペースで落ちていますので。 じゃあ、どうすれば気付くか? これは、他の世代とか他のジャンルの人と交流を持つと把握しやすくなります。 自分とは違う環境の…

  • 会話が弾む簡単なコツ

    会話を漠然と聞いている人。 多いですよね。 漠然と聞いていると、相手の話を理解している度合いも低くなります。 同時に、相手の事も理解できる度合いが低くなります。 一番の問題は、会話自体を楽しめていない場合が多いんです。 僕も含めて話が上手い人って少ないんです。 それでも、なんとかして理解してもらおうと話をします。 でも、会話って解釈は人任せになりますよね? なので、聞く人によって受け取り方が大きく変わってしまいます。 それが会話なので、適当に聞いていると退屈に感じてしまうんです。 どんな人が会話を楽しめているか。 それは、会話をしながら、 「疑問点はどこか?」 「分からないことはどこか?」 な…

  • 人を褒める事に抵抗を感じる理由

    よく、 「人を褒めましょう。」 って耳にすると思います。 簡単でしょ? なんて言われますけど、これって結構難しいんですよね。 本当に難しい。 それはなぜかのお話です。 それは、 「劣等感。」 があるからだと思っています。 なんとなく理解してもらえると思います。 僕はそれに気付いて理解できました(汗)。 劣等感を感たくない時はどうするか。 僕の体験ですが、 「他人の評価を下げる。」 ことで、大体解決しています。 他人の評価を下げてみます。 そうすれば、自分が上がりますよね? 正確には、上がったと錯覚しているだけなんですけど。 なぜそんな事をするのか? それは、劣等感が強い状態だと、 「支持する。…

  • 好印象になる褒めかた

    ルックスと性格がものすごく良くて嫉妬の対象にすらならないレベル。 そんな同性の友達がいます。 女性がその友人と話すと 必ず褒めます。 「すごいかっこいいですね。」 毎回必ず言われます。 男の僕も言いたくなるくらいのルックスなんです。 その時の友人のリアクションは、 「知っています。」 といった感じの薄い反応になっちゃっています。 実際に言われ慣れているので、僕は仕方ないと思っています。 もちろん彼に悪気はありません。 僕が彼を一度だけ褒めたときの言葉。 「すごい整った顔して性格も欠点が無いよな。 頼むから明日起きたら口が臭くなってくれ。 じゃないと俺達が報われない(笑)。」 と言いました。 そ…

  • 天国も地獄も受け取り方次第 後編

    前回の続きです。 ポジティブに展開するのも受け取り方次第。 ネガティブに展開するのも受け取り方次第です。 でも、 ちょっと冷静に考えてみましょう。 その出来事の大元。 それって自分であることがほとんどですよね? 自分の勝手な解釈で受け取る。 そして、影響される。 それは、そこから選択した行動から出た結果なんです。 一番分かりやすいテストがあります。 試しにやってみてください。 同僚、家族、大切なパートナーに、ちょっとのことでも、 「いつもありがとう。」 と笑顔で本気で言ってみましょう。 不思議なのですが、相手も笑顔になります。 逆に 「いつも余計なことしてくれますよね。」 と、真顔で言ってみて…

  • 天国も地獄も受け取り方次第 前編

    何かの出来事があったとして。 そのときの受け取り方で、その出来事の解釈が真逆になります。 極端に言えば、天国にも地獄にもなります。 ってお話です。 例えば、同僚との間に摩擦が生じてしまったとします。 その時にです。 自分がどのように受け取るか? 「あの人は自分の事しか考えていない。」 と受け取った場合。 悪意、敵意、不満、などなど。 ネガティブな感情がどんどん出てきます。 その後は、相手の行動の全てをネガティブに捉えてしまいますよね。 逆に、 「単に機嫌が悪いだけなのかも?」 などと受け取った場合。 相手の立場や気持ちを考えて、 冷静、気付き、再考、などなど。 考えられるようになります。 感情…

  • 男女がすれ違う原因

    気質の男女差のお話です。 まず、男性の性質です。 重要な所を押さえておくことが大切だと思っている人が大多数です。 なので、その重要な部分さえきっちり押さえておけばだいたいオッケー。 と、僕的には思っています。 一方女性ですが、男性の真逆のように感じています。 細かい部分をきちんとカバーする。 そこ重要視している。 これは男性が非常に苦手な部分ですよね。 どう頑張っても気配りで女性を上回ることができないわけです。 誤解をしてほしくないのですが 「どちらが凄い。凄くない。」 の話ではありません。 僕なりに感じている気質のお話ですので。 さらにもう一つ男性が苦手としていること。 先ほど話した女性が重…

  • 良い関係性を壊さない簡単な方法

    あけましておめでとうございます。 皆様にとって良い年になりますよう、コミュニケーションのコツを発信し続けますのでよろしくおねがいします。 タイトルと真逆になりますが。 もし、相手との関係を終わらせたいと思っている場合。 これからお話することをやってみてください。 相手が楽しそうに笑っているとして。 その時に、あなたはつまらなそうな表情をする。 たったこれだけの事をやり続けるだけです。 相手との関係性は、ほぼ確実に終わります。 「そんなひどいことやりませんよ。」 と思ったあなた。 結構やっている場合があります。 多々あります。 それも、無意識にあります。 前にもお話しましたが、感情を合わせるって…

  • 好感を持ってもらえているかを知る方法

    交流会などのコミュニティに参加して、 良い関係を多く築こう と思った時、 言葉。 会話。 を意識してみてください。 言葉、会話の 「量」 をです。 良い関係を築いている人や楽しんでいる人は、その量が多いのに気付くはずです。 その場を楽しんでいる人は、言葉数が多いんです。 もしくは、楽しもうとしている人も同じです。 交流会や懇親会に参加したとします。 その時に親しげに話しかけられたら、 「好感を持ってもらっている。」 もしくは、 「興味を持ってもらっている。」 って思いませんか? 仲良くしたい、もしくは気になった人に対して。 言葉数が自然と多くなります。 なので、そのようなケースの場合は、仲良く…

  • 裏切られやすい人が意識するべきポイント 後編

    前回の続きです。 その方法は、以前記事にしてある、 「話しやすいと言ってもらえる聞き方」 を読んでみてください。 僕がやっている方法なので、読んでくれた方が自分なりにアレンジしてくださいね。 これって、新興宗教なんかが上手く使っています。 気持ちをリンクさせて人身掌握しています。 参考程度に新興宗教を覗くのはいいと思います。 が、決してハマらないでください。 本当に上手く落としてきます。 しかも、かなりしつこいので注意してください。 このスキルを持っている人に対しては、結構な犠牲を払ってでも力を貸してくれます。 裏切ろうという考えがほぼ無くなります。 話を聞く。 気持ちを読み取る。 感情を合わ…

  • 裏切られやすい人が意識するべきポイント 前編

    裏切られた 事ってありますか? 当然僕もあります。 結構ヘコみますよね。 不思議と何回も同じ目に遭っている方がいます。 その人の相談に乗ったり観察したりした時に気付いたお話です。 まず始めにお互いに信頼が無い状況。 わかりやすですが、裏切られる率が高くなります。 気にも留めない人に対しては罪悪感も低いですから。 信頼を築くことは、 相手と真っ直ぐ向き合う。 約束を守る。 楽しい時間を与える。 などなど。 と色々ありますが、これは一定の距離感を築くのには必要な事ですよね。 それとは他の部分。 例えば、 尊敬される何かがある。 コネクションが多い。 お金持ち。 この辺を満たしていれば、裏切られる確…

  • 定型文

    前回の続きです。 そういった精神状態の人は 常にイライラ しています。 それは自分に対してもですが、人に対してもそうなんです。 それが文句として出てしまっているんじゃないかと思っています。 直そうと思う事もあると思うんです。 でも、改善するのが結構難しかったりします。 それは、基本的に無気力だから。 もし、そのような人間性だと感じた人とお付き合いをする場合。 僕は過剰なくらいに用心するようにしています。 仕事上の知人やプライベートの友人でも全てでそうしています。 関係性が浅い時って隠せるんです。 ですが、関係性が深くなるとその気質が出てきます。 それも突然に出てきます。 そうなると、あなた自身…

  • 愚痴を無くす簡単な方法 前編

    文句や愚痴。 不満が多い時や疲れてる時って、つい口に出ちゃいますよね。 たまにはいいと思います。 僕も出ちゃいますし。 ですが、 「たまに。」 にしてくださいね。 ってお話です。 その状態がいつもだとどうなるか。 一緒に居る人は本当にしんどいです。 元気だとしても疲れちゃいます。 いつも文句を言っている人はなぜか? それは、自分に対して満足できていないからのように思っています。 わかりやすく言えば、 「自信が無い。」 人なんですよね。 いつも人を妬んでいる嫉妬の強い状態なのかなと思います。 自信が無いってどんな状態か。 単にできない。 何かを成し遂げた記憶が無い。 何をやっても手ごたえを感じた…

  • 大切な人と元気にコミュニケーションするコツ 後編

    前回の続きです。 ですが、男性って コミュニケーションの器 が大きくないんです。 極端に言えば、仕事だけでいっぱいになっている場合もあります。 その状態でパートナーに喋り続けられると、 「静かにして欲しい。」 「一人にして欲しい。」 となってしまうんです。 そうなると、当然女性は不満です。 結婚していて会話が少ないと感じている男性に提案です。 パートナーを習い事やサークルに参加するように勧めてみてください。 そのコミュニティで会話量が一気に増えるので、その類の不満は一気に減ります。 ちなみに、基本的に無口な男性の場合。 そういったコミュニティに参加する場合は無理をしないでください。 男性は、も…

  • 大切な人と元気にコミュニケーションするコツ 前編

    仲間との会食の席で、 「なんで女性はあんなにコミュニケーションをとれるんだろう?」 なんて話題が出たのでそのお話です。 仕事で喋って、休憩中も集まって喋る。 仕事終わりにも同僚と喋って、帰宅後も家族と喋る。 もしくは友達と電話。 一方で男性ですが、用件だけ喋っておしまい。 知人の営業職の人はプライベートでは無口だったりします。 これは、 「女性が話し好きで、男性は苦手。」 では無いように思います。 前に、女性はコミュニケーションを重要視しているとお話しました。 それって、コミュニケーションを取れる量が多いのも影響しているように思います。 コミュニケーションの器があったとして。 男性がグラスだと…

  • 相手の興味の対象を把握するコツ 後編

    前回の続きです。 ハウスメーカー営業の友人に聞いた話ですが。 男性は家の広さや外観などが話の中心になる。 一方女性は、家の中での生活をイメージして決めていく。 だそうです。 けっこう大きな違いですよね。 女性に聞いた話しやすい男性の共通点。 人間関係を中心とした話題が豊富な人 なんです。 友達と遊びに行った話をしたとして。 一緒に言ったメンバーが何をしたかなどですね。 まず人との物語です。 人物像を明確にして想像してもらえるように。 場所とか景色はついでのような感じです。 ちょっと厳しくてお堅い女性経営者と会った時ですが、 「どうせ仕事の話は聞いてもらえない。」 と思ったので、仲間のくだらない…

  • 相手の興味の対象を把握するコツ 前編

    小さい頃の事 をちょっと思い出してみてください。 誰と遊んでいましたか? 幼少期って、男女一緒に遊んでいたと思います。 でもある時から異性と遊んでも、 「なんか楽しくない。」 と感じるようになりませんでしたか? 小学校の低学年って男女混ざって遊ぶことが多かったはずです。 が、中学に上がる頃には同性だけで集まるようになっていた。 振り返るとそうだと思います。 それはたんに思春期で異性を意識するから。 それもあると思うんです。 が、興味の対象が異なってくるのが要因のように感じています。 その対象ですが、 男性は物。 女性は人。 にシフトしてるんです。 女性って洞察力が高いってお話を前にしました。 …

  • 男女が考える理想のリーダー像の違い

    いきなりですみませんが、 男性はプライドを強く意識する 傾向なんですよね。 知らないと言えない。 できないと言えない。 助けて欲しいと言えない。 例えば道に迷った時なんかが良い例ですが。 女性はすぐ誰かに聞くことができるんです。 けど、男性はというと・・・。 「方向はあっている。」 とか、変な言い訳をして人に聞きません。 で、結局迷います。 女性はどうかと言うと、男性と逆なんです。 知らないと言える。 できないと言える。 助けて欲しいと言えます。 なんでか考えてみました。 女性って、もめ事が嫌いな傾向が高いんじゃないかと思っています。 なので、洞察力がすごく高いのも納得です。 洞察力が高いので…

  • 相談が異性に伝わりにくい理由

    女性から相談 を受けることが多いのですが、そこで感じたことの話です。 男性の方で女性から相談を受けることがあると思うのですが。 話を聞いていると、人に聞くほどのことでは無いって感じる時がありませんか? でも、とりあえず聞きます。 せっかく相談してきてくれてますし、役に立てればありがたいので。 で、聞いていて思ったことがあるのですが、 「悩み。」 に対しての捕らえ方に男女差があるように感じています。 男性って論理的に考えています。 できるだけ冷静に考えるように勤めます。 世の中の平均を見て判断しようとします。 女性はというと、平均とか冷静とかはどうでもいいのかなと・・・。 自分が基準になって、 …

  • 短時間で調子を上げる効果的な方法 後編

    前回の続きです。 多くの人って年齢を重ねると、 「年だから仕方ないんだよね。」 なんて言っちゃいますよね。 それって、自尊心が低くなっているので結構危険なシグナルだと思っています。 年を重ねると当然ですが代謝は落ちます。 運動量も少なくなります。 先ほどの話に当てはめると、調子は悪くなる一方になります。 体質もありますが、肥満なんかはその典型症状になります。 気分が落ちると身体もそれに同調して、 「面倒。」 なんて理由を付けちゃうんです。 で、あきらめてしまうので改善も無くなっちゃうんです。 以前の僕で言えば、運動は面倒だと思っていました。 誘われてやる程度で、好んではやりませんでした。 ある…

  • 短時間で調子を上げる効果的な方法 前編

    調子が悪い時 どうやっても気分が変わらなかったり、乗れなかったり。 そんな時は誰にでもあります。 そんな、調子の悪い時やリズムに乗れない時。 どうやって改善するか、僕がやっている事のお話です。 まず、気持ちと身体はつながっている事を覚えてください。 緊張している場合には呼吸が浅くなりませんか? それの極端な例が、 「緊張しすぎて深呼吸。」 になります。 そんな時は、ゆっくりとしたリズムを作る為に深呼吸が効果的と言われています。 では、そのリズムを作るためにはどうすればいいか? 逆に調子を上げたい時、あえて呼吸を早くしてリズムを速くする手法もあります。 (これは緊張が少ないことが前提でお話しです…

  • 男女の感覚の違い(恋愛にも使えるお話です) 補足だけど大切なお話です

    補足のお話です。 人がいる場所で、 快適な空間を作ろう。 って考えたことはありますか? ほとんどの人は特に考えていないと思います。 人がいる場所で、自分は何もしていないのに、 「快適だな。」 と感じる時があると思います。 それは、自分以外の誰かがその空気を作る努力をしてくれているからなんです。 誰かが負担をしてくれています。 あなたが大切に思っている人。 その人が落ち込んでいる場合。 自己評価が落ちてしまっている場合。 そんな時は、 「丁寧に接する。」 「感情を合わせる。」 そんな事を意識してコミュニケーションを取るようにしてください。 男性は女性と比べると単純なんです。 「女性に人気がある。…

  • 男女の感覚の違い(恋愛にも使えるお話です) その4

    前回の続きです。 習慣は三週間で身に付くと言われています。 これが分かると新しい習慣を取り入れる事の苦痛が減りますよね。 僕自身が経験していますので、誰にでも出来るので大丈夫です。 重要なスキルがたった三週間で手に入る。 そう思えば希望が持てませんか? 話を戻して。 人ってマイナスの感情の時はものすごくナーバスになっています。 さらに、マイナスの感情の時は自己評価が低くなっています。 自己評価が低い時は、 人の、 目線。 行動。 口調。 などを敏感に察知します。 相手のちょっとした行動を過剰に受け取ってしまうケースが多いです。 これは男女同じです。 弱ってナーバスな状態な時。 そのときは誰でも…

  • 男女の感覚の違い(恋愛にも使えるお話です) その3

    前回の続きです。 男性が女性から悩みの相談を受けたとき。 「自分で解決してください。」 って思ってしまう場合が多いと思います。 でも、女性はそれを望んでいないんです。 じゃあ、どのような対応が良いのかですが。 まず、話しを聞いて理解する。 そして、相手の感情に合わせてあげる。 僕は、相手の感情を理解するように話を聞くようにしています。 女性の話は聞いていれば良い。 なんて事を耳にしますが、これは大きな間違いですよ。 適当に聞いていたら感情に合わせることができません。 それに、相手はそれに気付きます。 とにかくちゃんと聞く。 感情を読み取るように聞くようにしましょう。 男性って気持ちを読み取るこ…

  • 男女の感覚の違い(恋愛にも使えるお話です) その2

    前回の続きです。 じゃあ、どうしましょうね。 って事になりますが。 男女でずれが無くコミュニケーションを取りたいのであれば、 「ほどほど。」 が良いのかなって思っています。 男性が不安を感じているのでしたら、女性は少しだけ接してあげる。 ご自身が考えている三割程度に抑えてちょうど良いように感じています。 とりあえず雰囲気を作るだけ。 そんな程度に抑えてみてください。 そして、話しをしてくるか待ってみる。 無反応ならばそのまま放置しちゃっていいです。 男性からすれば、その程度が負担が少ないように思います。 自分のタイミングで話をしやすくもなりますので。 でも、一つ問題がありまして・・・。 女性っ…

  • 男女の感覚の違い(恋愛にも使えるお話です) その1

    心配事。 不安な事。 無意識に表情に出てしまいますよね。 その時、ほとんどの男性は相手の感情を感じ取ることが出来ません。 感じ取ったとしても触れないようにしているケースがほとんどだと思います。 女性の場合はと言いますと、すぐに察知します。 そして心配します。 その差はなんなのでしょうか? ってお話です。 心理構造としてのお話になります。 男性は自分で受け止めて消化をしたい。 問題があれば自力で解決したいと考えます。 女性の場合は、不安を人に話したいと思っています。 話すことで不安をある程度解消できているみたいです。 良く見る男女間の風景で、 女性が男性に対して、 「心配事があるなら話して。」 …

  • 悪口を言う事の大きなデメリット 後編

    前回の続きです。 妬みなどの感情の原因。 それは、自分の欠点や不満足に感じているポイントに対しての反応です。 例えば、 悪い習慣。 悪い癖。 ウイークポイント。 それを他の人がやっていると、ものすごく不快に感じませんか? そして、そこを徹底的に攻撃してしまう。 なぜそんなことをするのか? それは、自分で改善や努力をすることが面倒だからだと思っています。 他人を攻撃することで、自分が安心する。 つまり、他人を見下して自分を正当化しているだけです。 悪口を言ったところで自分は改善しません。 悪口が多い人は自分の内面が腐ってしまっています。 で、必然的に敵が多くなります。 周りの人は、 「改善や努力…

  • 悪口を言う事の大きなデメリット 前編

    悪口のお話です。 聞いても気分の良いものじゃありませんよね? 言っても気分が悪いですし。 相手の耳に入った瞬間に嫌われます。 なので、悪口を言わないのであれば本当にすばらしい人です。 悪口を言う行為の一番のリスク。 それは、自分の内面を晒していることになりますので注意しましょう。 一見すると、人を悪く言っているだけ。 なのですが、角度を変えて見ると致命的な判断をされています。 「この人は信用できない。」 無意識にそう判断されているんです。 そして、 「私は器が小さいです。」 と宣言しているのと同じ効果もあります。 もうひとつ、 「ものすごい妬み。」 です。 完璧な敗北感から悪口が出ているケース…

  • 機嫌が悪い人から信用してもらえる方法

    人と関わっていて、 機嫌が悪そう。 態度が悪い。 って感じる時って多々ありますよね。 そんな時の一番の解決策は、 「近寄らない。」 って事なのですが、そうもいかないケースがほとんどだと思います。 そんな時にどうしましょう? ってお話です。 僕は、相手に対してちょっとでいいので、 「向き合う。」 ように接しています。 その際には相手の、 「言葉。」 と、 「態度。」 を鵜呑みにしないように気を付けています。 機嫌が悪い時って、その二点が信用できない場合がほとんどなんです。 感情が優先になっているので、気持ちの表現があいまいなんですよね。 一番やってはいけない行動は、 「目には目を。」 の対応です…

  • 同じ話を繰り返す人の気持ち 後編

    前回の続きです。 で、僕なりの 話の掘り下げ方 ですが、 「感情面。」 に焦点を当てて聞いてみるようにしています。 その時にどう感じましたか? その時にどう思いましたか? などのように、そのシーンを一緒に思い浮かべてあげるようにしています。 実際かなり難しいし面倒なんですよね。 でも、とても大切なことだと思っています。 聞く事ってかなりの忍耐が必要になります。 話って、聞くよりのする方が楽しいしラクですから。 だから、多くの人は聞く作業をやらないように思っています。 だから、出来る人は重宝されるですよね。 信頼もされますし、好かれるようにもなります。 観察してみて下さい。 その、 「負担。」 …

カテゴリー一覧
商用