searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

中年転機さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Favorite creatures!!
ブログURL
https://www.favocrea.com/
ブログ紹介文
中年になり、少年の頃の生き物好きが復活したお父さんが、リクガメを中心とした生き物を飼い始めたブログ。自身の失敗談も紹介し、これからペット(主にリクガメ及び爬虫類)を飼おうとする人に向けた、役に立つかもしれない情報を発信していきます。
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/05/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、中年転機さんの読者になりませんか?

ハンドル名
中年転機さん
ブログタイトル
Favorite creatures!!
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
Favorite creatures!!

中年転機さんの新着記事

1件〜30件

  • 今年最後の日光浴かもなぁ…。

    私は晴れた暖かい日には、ヘルマンリクガメを極力庭に出して日光浴させてあげています。 この日は晴れで最高気温は27℃。すかさず庭に出してあげました。しかし週間天気予報を見ると雨が続き、この日以降は最高気温も25℃すら下回るようになってきました。もしかしたらこれが今年最後の日光浴になるかもしれません。 普段、飼育ケージでは昼間28〜30℃程度を維持しているため、さすがに突然5℃以上温度が低くなるのは寒いだろうと思います😅 もう3歳程度のため滅多なことはないと思うのですが、急激な温度変化は個体にとって負担はあります。 多少のストレス、負担は、生体にとってプラスになることもあります。ですが今回のような…

  • 池を見るとやっぱり〇〇!

    息子と公園に遊びに行ったときのお話です。 自転車に乗って近所の公園に行くのですが、 「ボールとか持ってく?」と聞いてみると 「網と虫かご持ってく!」と答えます😁 自転車のカゴには虫かご。荷台には網を刺して出発です(笑) 到着した瞬間に「ザリガニ捕まえる!」と走っていきました(笑) 池に裸足で入ってガサガサと捕まえだします😅嬉々とした表情で心底楽しんでいます🎶 お昼はおにぎりを持ってきていたのですが、なかなか中断してくれず、「あと1匹!」と言って終わろうとしません😅 午前中に捕まえた成果がこちらご飯を食べるのも忘れるほど没頭してくれました🎶私の遺伝子恐るべし(笑) 身近に生き物がたくさんいること…

  • ヒョウモントカゲモドキの給餌間隔。

    ヒョウモントカゲモドキの給餌間隔ですが、ネットや本では2〜3日に1回程度と書かれていることが多いです。 実際に私もそうです。1週間に2、3回のペースで与えていました。 しかし、最近はヒョウモントカゲモドキの行動を一つ一つ見ているうちに、この一般的に言われている間隔に、囚われ過ぎていたのではないか?と思うようになったのです。 そこで少し変えてみました。 回数などにとらわれず、ヒョウモントカゲモドキ自身の行動を見て与えるようにしてみました。 観察していると、ケージ扉周辺でウロウロしているときと、シェルターに引きこもっているときがあります。 そんなウロウロしているときは餌を欲しがっていることがほとん…

  • 水替えを楽にするバケツ。

    我が家のタナゴ、ドジョウ水槽の水替えの間隔は3〜4日に1回のペースです。だいたい週2回ということですね。 ちょっと頻度が高いかもしれませんが、水槽が小さく水量が少ないため、水質維持のためにも水替えの頻度を高めにしています。 水替え時には水槽にホースで直接注水するわけではないため、バケツに水を汲んで水槽まで運んでいます。そしてそんな水替えのときに役立つのがこのようなバケツ。水量の目盛りがついています。 汚れた水を抜いたときの目盛りを見ておけば、新しい水を入れるときも同じ目盛りに合わせられます。そうすることで微調整などの手間も要らず、何回も水汲みする必要もありません。 正直奥さんが家の掃除用にたま…

  • どうしてこうなった?壁面にへばり付く〇〇!

    ヒョウモントカゲモドキはケージ内で排泄場所を固定してしまいます。 野生下で外敵から見を守るため、毎回住処が見つからないよう、意図的に離れた場所で排泄する習性があるようです。 実際にそこまで考えてしているのかは分かりません。ですが彼らの本能がそういうものなんでしょう。 我が家のヒョウモントカゲモドキも例外ではなく、毎回決まった場所(自分のシェルターの真上)にしています。 たまにシェルターからこぼれ落ち、カピカピになった尿酸とウンチを数日後に発見することもしばしば(笑) ただ、ある日に見つけたウンチは見逃すことはありませんでした。その時の様子がコチラケージ壁面にへばり付いています💦(笑)壁面に肛門…

  • リクガメの餌「豆苗」

    今日は奥さんの買ってきた野菜を少し分けてもらいました。リクガメにいつもの野草プラス一品として与えます。 切っても水に浸けておけば何度か芽が出てくる野菜。そう。「豆苗」です。フトアゴヒゲトカゲの好物として上位にランクインしていますが、リクガメの趣向性としては大したことはありませんでした😅 甘いもの。 柔らかいもの。 水分の多いもの。 これらの条件が揃うとリクガメは夢中でかじり付くのですが、豆苗はあまり当てはまらないようですね😅 豆苗の100gあたりの栄養価 カルシウム 7mg リン 47mg カルシウム : リン比 0.15:1 とんでもない栄養です(笑)カルシウムとリンにだけ注目するとこうなり…

  • リクガメが夢中でかじり付く!クチバシ伸び過ぎ防止にカトルボーン。

    リクガメは「甲羅」という硬い鎧を纏って身を守っています。 そしてその甲羅を生成するために必要な栄養素「カルシウム」他の爬虫類と比べると、かなりの量を必要としています。 そのため飼育下のリクガメが効率よくカルシウムを摂取できるよう、カルシウムパウダーは欠かせません。 パウダーの他にも私が与えているものが「カトルボーン」です。イカの甲でできているためカルシウムが豊富です。更に適度な硬さがあるため、クチバシの伸び過ぎ防止にも役立ちます。 リクガメ専用品がありますが、我が家のヘルマンリクガメは鳥用のものがお好みのようです。中身は一緒なので特に気にする必要はないのですが😅 これはある日のカトルボーンを与…

  • ヒョウモントカゲモドキの空腹時の行動。

    ヒョウモントカゲモドキはヘルマンリクガメのようにアグレッシブに動き回ることは少ないです。人の見ていないところ、時間帯にはよく動き回っているようですが、見られているときには結構動きは止まり気味ですね。 ですがそんなヒョウモントカゲモドキでも、人目もはばからずアグレッシブに動き回るときがあります。それが「餌の時間」です(笑) ケージの扉を開けて餌を準備しているとき。 そして餌がもらえると分かって、早く食べたいとき。 実に分かりやすい(笑)こんなに身を乗り出してでも食べたいという欲求を抑え切れません!(笑) 爬虫類は感情がないとか、無表情とか言われますが、ここまでハッキリと気持ちが分かりやすいのも爬…

  • 同僚に金魚のおすすめは?と聞かれたので熱く語ってしまった!

    先日、職場の同僚から相談を受けました。休日にペットショップへ行き、その場で金魚を飼いに行きたいというのです。もちろん水槽などは同時購入です。 アクアをやっている方たちからすれば「水ができていないのに生体購入はありえない!!」となるかもしれませんが、そこまで言うと飼う意思がなくなるかもしれないので、あまりツッコまないでおきました😅 とりあえず、まだどんな種類の金魚がいいのかも分からず、どのような設備を揃えるかも分かっていない状況なのでヒアリングをしました。 基本的に小学4年生の娘、母親でお世話をする。 ヒーターなどの温度管理があまりシビアではない方がいい。 玄関で飼いたい。 以上が同僚の飼育する…

  • リクガメにJOJO FOOD 爬虫類万能ゼリー与えてみたら、食い付きがスゴかった!

    リクガメの餌は野草、野菜、果物など多種多様なものを用意して与えなければいけません。偏ったものばかりでは栄養も偏り、健康的に育てることは難しいかもしれません。 飼育下ではどうしても用意できる餌が限られてしまい、多少の偏りができてしまいがち。 私はできる限り野草を与え、冬は野菜メインになります。しかし、どうしてもワンパターンになってしまったと思ったらリクガメフードを与えています。ですがこのフードも同じものばかりでは…と最近思いはじめ、新たに爬虫類用ゼリーを与えてみました。 ジクラアギト 「JOJO FOOD 爬虫類万能ゼリー」 見た目は人間用のミカンゼリーみたいに見えて美味しそうです(笑) こんな…

  • リクガメケージのバスキングライトを25Wから50Wへ変更。

    朝晩の気温も下がってきて、昼間のリクガメケージの温度も上がらなくなってきました。先日はホットスポットが32℃までしか上がらず、バスキングライト直下で暖まりながら寝ている姿を見かけたのです。 これはリクガメが体温を上げたがっている証拠ですね😅 リクガメは変温動物のため外気温によって体温を上げ、それから行動をおこします。 そのため温度が低いと活動ができないということになるのです。 ただ、これくらいの温度でリクガメの命がどうこうなるわけではありません。ケージ内の一番温度が低い場所で29℃ありましたから😅 ですが毎日観察しているとこのように行動の変化に気付くことができます。 少しでも快適に、安全に過ご…

  • リクガメの紫外線ライトにおすすめ。ポゴナクラブ「パワーUVB」を使ってみた。レビュー。

    ヘルマンリクガメケージの紫外線ライト(直管蛍光灯)が使用から約1年経過しました。 紫外線照射量も減少し、そろそろ替え時だったので購入。今回はいろいろなところで評価の高い商品、ポゴナクラブ「パワーUVB」を使用します。 ちゃんとポゴナクラブと印字されてます。 そして親切なことに説明書には有効使用時間が記載されており、5000時間を過ぎると照射量が減少するとありました。 ここまで記載してもらえると飼育者としてとても安心して使用できます。なにしろ紫外線要求量が多いとされるリクガメにとって、紫外線ライトの有効使用時間の把握は健康維持に直結しますから。 見た目は他商品と変わりはありません。ですが個人的に…

  • ヒョウモントカゲモドキの「いいね!」

    爬虫類は犬のように芸をして飼い主に披露したり、嬉しいなどの感情を見せて飼い主とコミュニケーションをとることはないと言われています。 我が家のペットたちも例外ではなく、怒ったり、餌がもらえるとき以外は基本的に寄ってくることは少ないです。 ですが先日、シェルターの中で寝ていたヒョウモントカゲモドキから「いいね!」をもらえたのです! それがこれ しっかり指を立てています(笑) …まぁたまたまですけどね😅ペットを飼育していると、たまに思いもよらない行動を目撃することがあります。その行動がスゴく人間臭く見えたり、愛らしく見えたり。いつも観察しているはずなのに、初めて見る行動もあります。 だから私は毎日ケ…

  • 爬虫類はコレクション?

    先日、爬虫類飼育者は2極化しているらしいとの話を聞きました。 1つはペットとして、愛玩動物として飼育する人。 近年は「ハチュ」などとも言われる爬虫類たち。彼らを愛でる対象として飼育しています。名前を付けてお世話に愛情を注ぎ、まさに家族として迎え入れて可愛がります。 近年の爬虫類ブームから飼育を始めた方たちが多い傾向です。 もう1つは観賞目的、収集目的で飼育する人。 爬虫類は同じ種類でも色が全く違い、たくさんのモルフが存在します。トカゲ、ヘビ、カメなどたくさんの種類にも別れています。これを集めるコレクター的な人たち。 昔からのコアなファン、マニアに相当する方たちのイメージです。 もちろん当てはま…

  • 木製ケージに防水加工を施すと、床材交換が楽だった!

    ヘルマンリクガメケージの床材がだいぶ減ってしまいました。 ほぼ粉々になってしまい、ケージ底面が露出してしまいます😅 休日に床材全交換をやろうと思ってましたが、早起きしたので出勤前にやってしまおう!と決心したのです。 正直遅刻を覚悟しましたがかなりスムーズに完了し、なんと10分もかからなかったのです!😲 このケージにしてからの床材交換に私が慣れてきたのもあります😏 ミニほうき、ミニちりとりで床材をごみ袋に入れてしまえば、あとは霧吹きをかけてこびりついたウンチをふきとるだけですから。 平日でも十分可能でした😆 キレイになってスッキリです🎶 我が家のヘルマンリクガメは自作木製ケージに入ってもらってい…

  • キレイに食べれないんだよね。

    正直ヒョウモントカゲモドキは餌を捕るのが下手くそです😅 私が与えているペレット系の人工餌 ジェックス「レオパブレンドフード」 ヒカリ「レオパドライ」これらはぬるま湯でふやかして与えるのですが、ふやかし加減が難しく、柔らかくなり過ぎてボロボロとヒョウモントカゲモドキの口からこぼれることが多いです😅 もちろんこぼれたものも口でくわえようとしますが、小さなものは無理ですね😅 そのため餌やりの後は床材であるキッチンペーパーの上にフードが散らばります(笑)このくらいの大きさは私が拾って片付けます。 もったいないという感覚があるかもしれませんが、仕方ありませんね。コオロギやミルワームでも千切れてこぼすこと…

  • 餌の頻度を減らすと、水替え頻度も減る。

    何を当たり前のことを言っているんだ!と言われそうですがタイトル通りです(笑) 身を持って実感しました。 水が汚れるのが遅く、水替えの頻度が減りました。餌の量が減ってもタナゴ、ドジョウはいたって健康そうに見えます。 といっても2日餌やりの後に1日抜く、という程度なので魚には影響は少ないですよね😅 ですがこれが効果テキメン!水槽の水がキレイに保てています。見た目が全然違います(笑)水槽特有のニオイも感じにくくなっていて、まさに目からウロコですね😲(笑) バックスクリーンでも貼り付けし、もっとキレイに見せる工夫をしようかな😏 と、水槽がキレイになるとこんな妄想も膨らみます(笑) これなら奥さんにも納…

  • 悲惨なケージ内。

    夜間に帰宅してまずペットたちのケージを覗き込みます。その際にいつも恐れていることといえばヘルマンリクガメのウンチの散乱でしょう(笑) 異次元の汚れ具合のときもあるため、毎日ケージを覗き込むのには勇気がいりますよ😅(笑) この日はオシッコなのか水皿の水なのか分かりませんが、大量に水分を吸収した床材が粉々になっていました。 もちろんリクガメ自身も粉まみれ(笑) 私の使用している床材はジェックス「ヒノキア」(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=…

  • 食べたらすぐに引きこもる。

    ヒョウモントカゲモドキは元々夜行性であり、野生下での行動範囲も狭いとのことです。 このような習性が日本人の生活にマッチしているからこその人気爆発もあるでしょう。 しかし彼らは爬虫類。日々の日常も生きるためには無駄な行動はしません。 餌をもらえるかもしれない。とシェルターから出てきて様子を伺います。もらえなければすぐにシェルターへ。餌をもらえても食べたらすぐにシェルターへ。 無駄に飼い主に媚を売ることはありません😅たまに見せるカワイイ姿は、食欲が故の行動ですね(笑) 個体差はあるでしょうが、ペットトカゲ代表のフトアゴヒゲトカゲのように、好奇心旺盛に動き回ることはあまりありません。 ですが常に引き…

  • レオパブレンドフードはふやかし加減が難しい。

    我が家のヒョウモントカゲモドキに与えている餌は100%人工餌です。人工餌もたくさん種類はありますが、私は長期保存が可能で、与える際も水でふやかすだけという手軽さから、ペレット系のものを与えています。しかしこの「ふやかす」という手順でふやかし加減がイマイチ掴めず、柔らか過ぎて食べにくくなってしまうこともあります。タダでさえ食べるのが下手くそなヒョウモントカゲモドキ。柔らかいとボロボロこぼしてしまいます😅 我が家のヒョウモントカゲモドキの感覚ですが、少し芯が残ってるかな?程度にすれば崩れずに食べれるようですね。それでもこぼれる時はありますが😅 主に与えているのはジェックスレオパブレンドフード(fu…

  • 水作エイトコア改造。

    タナゴ、ドジョウ水槽に使用しているろ過装置「水作エイトコア」 アクアではド定番の投げ込み式フィルター、通称ブクブクです。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a…

  • リクガメの背中をくすぐるとお尻をフリフリ。

    夜間に起きてきたヘルマンリクガメ。既に彼のルーティーンになっています(笑) そして決まって掃除の邪魔をし、攻撃してくるので、今日は仕返しをしてやりました。 多くのリクガメが苦手とする甲羅をくすぐってやりました(笑)リクガメの甲羅をくすぐると、必ずしてしまう行動。それはお尻フリフリなんですよ(笑) リクガメもくすぐったいのか、なんとか私の手から逃れようとします。お尻を振りながらケージの中を逃げ回ります(笑) いろんな飼育者の方の動画などを拝見しますが、結構どの子もこうなってしまうんですよね(笑) 個体差はありますが、やはりくすぐったいのでしょう。自分では絶対に触れない部分ですから😅 ペットの嫌が…

  • 庭のリクガメを眺めていると膨らむ夢。

    だいぶ朝晩の気温が落ち着いてきました。 つい先日までは出勤前にリクガメを日光浴ケージに出しても、日向には行かずに日陰でじっとしていましたから😅 こんな風に。 それでも最近は少し日向に行くようになりました。 体を暖めるためなのか寝ぼけているのか、日向でじっとする時間も見られます(笑) こんな光景を見ていると、やっぱり庭にいるリクガメを眺めるのはいいものだなと思ってしまいます😆(笑) ミズガメでも同じこと思うんでしょうけど(笑)いや、庭池で錦鯉もいいよな😏(笑) 池は奥さんに「ボウフラが湧く!」と却下されてしまいましたが、「メダカとか金魚入れれば食べてくれるよ!」と伝えたところ、ちょっと考えてまし…

  • 爬虫類飼育者の夢!恐竜を飼う!

    子供たちと見ていた映画。主人公が恐竜を飼い、育てるという夢のあるお話でした。 私も子供の頃は憧れました。 恐竜大好きで、自分で飼うと本気で考えていたものです😁それが影響して小学生の頃にイグアナを飼ったのですから! 今、お父さんになってからまたその気持ちが大きくなりました。 やっぱりかっこいい!! 恐竜に憧れてオオトカゲを飼育している方もいるくらいです。それくらいトカゲには男の子の「恐竜を飼う」というロマンがあります!(笑) 私も飼いたい! ニホンカナヘビが亡くなってからロス気味だった気持ちが、少しづつ前向きになってきました。 奥さんにもそろそろ…と相談しました。そうすると「…飼わない選択肢はな…

  • リクガメの餌皿にレタスを投入。

    レタスは水分が多くて柔らかいので、我が家のヘルマンリクガメはよく食べてくれます。 この季節は大事な水分補給ができるため、餌皿にレタスを入れてあげました。シャクシャクと心地良い咀嚼音です😊 気に入ってどんどん食べてくれるので、その姿に見入ってしまいます。そのせいで危うく遅刻しそうになりました(笑) リクガメの餌としてレタスは栄養価が少ないです。しかし弊害が出るような餌ではないため、副食としては十分に機能してくれます。 野菜の中では値段も優しいですからね😅そのため、スーパーで大量に購入している方を見かけると「リクガメ飼育者ではないのか?」と思ってしまいます(笑) レタスの惜しい点としては痛みやすい…

  • 水質悪化を防ぐため餌を抜く。

    我が家のタナゴ、ドジョウ水槽は毎日少量のメダカの餌を与えています。リクガメの餌を用意してあげた後、魚たちの水槽に少量ふりかけるのが日課です。 ですが、そんなに多く入れてはいないと思っているのですが、ドジョウがパンパンになってきました(笑)こんなに太かったか?(笑) もう少し量を減らすか、間隔をあけて与えていこうと思います😅太り過ぎなドジョウはあんまりカッコいくはないですから(笑) そういえば、餌の量を絞ると魚の体型維持ができると思いますが、もう一つメリットがあると思っています。 それは何かというと「水質悪化を抑えれる」ということが挙げられます。 魚が食べきれない量の餌を水槽に入れると残骸が腐っ…

  • 野草がない…。

    私は野草が採集できる季節は好んで野草をリクガメに与えています。それは何故かと言うと、リクガメにとって健康を維持するための餌として野草は一番身近な存在なのです😁 実はその他にも理由がありまして…。 野草はそこらへんで生えている雑草です。これはつまり、餌代がかからないということなんですね😏 お財布に優しい、リクガメにも良い野草は与えるしかないでしょう(笑) しかし近所では薬剤散布が行われたため、この1週間野草採集できていません💦(薬剤散布された野草を与えるのはリクガメにとっても毒となるでしょう。このようなリスクがあるため、野草を与えるのは自己責任です💦) 仕事帰りに寄り道して採集遠征してきましたが…

  • 茎はキレイに…。

    リクガメは甘いもの、水分の多いもの、やわらかいもの。これらに当てはまるものはよく食べてくれます。 しかし、少しでもこれら好みに合わないものがあれば全く食べてくれません😅 そしていつも食べてくれる葉物でも、必ず残してしまうのが「茎」です。 夜に餌の残骸を掃除したときの写真ですが…こんなにキレイに茎だけ残っています(笑)ついでに嫌いな桑の葉も一緒に干からびてます😅 意地でも食べない!そんな気持ちが伝わってくるかのようです(笑) 飼い主としてはもっといろんな食べ物を与えていきたいのですが、ここまではっきりと好き嫌いで差が出ると頭を抱えます💦 逆に食べてくれる物ははっきり分かるので、それらの中でローテ…

  • 土を飼う。

    コクワガタのメスを飼っているプラケース「コバエシャッター」オスはよく動き回り、夜中に覗き込むと昆虫ゼリーを食べるところをよく目にすることができました。 しかしメスはずっと床材に潜っており、全くと言っていいほど出てきません😅たまに生存確認のために掘り起こしますが、すぐにまた潜っていってしまうのです😅鑑賞向きではないですね💦(笑) 正に床材だけが入っているケージ。土をプラケースに入れているだけ。「土を飼う」の感覚になってしまいました(笑) 爬虫類両生類でもこんな種類がいたと思います😅私はやっぱり毎日元気な姿を見たい派なんですよね(笑) そう考えると攻撃的な性格であるスマトラオオヒラタクワガタなどが…

  • お世話が物足りない。

    先日我が家のニホンカナヘビが亡くなってから、ペットたちのお世話時間が少なくなってしまいました。 それまではケージが3つ、餌皿水皿が3つありましたが、することが少なくなると寂しいものです😔 と同時に、お世話が物足りないと感じるようになってきました😅 人間としては簡単になれば楽なんです。でもやっぱりお世話することが多くなっても、たくさんの生き物たちに囲まれていたいんですよね😣 この感情が病的になれば多頭飼育に繋がるのかもしれません😅(笑) 私には何十匹もの数を飼育していくことは不可能かもしれません。それぞれ尊い命で寿命があります。 それら寿命を全うできるように。私がお世話で無理しない程度に。限界は…

カテゴリー一覧
商用