searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

里山人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
萩の里自然公園便り
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/satoyamahagi
ブログ紹介文
萩の里自然公園の催しなどをお知らせします。
更新頻度(1年)

88回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2019/05/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、里山人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
里山人さん
ブログタイトル
萩の里自然公園便り
更新頻度
88回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
萩の里自然公園便り

里山人さんの新着記事

1件〜30件

  • 今日の紅葉

    今年は台風の通過はありませんでしたが、風の強い日が続いたせいか紅葉は例年の様に鮮やかさは劣りますが、見頃を迎えました。今日は目まぐるしく天候が変わりました。紅葉は晴れた日がいいですね。オシダの落葉バスケットシラネアオイ群生地など奥の方は、これからの様です。今日の紅葉

  • 雪虫乱舞

    夕方雪虫が飛び交っていました。晴れた日の夕方に多いようです。正式には、トドノネオオワタムシといいアブラムシの仲間だそうだ。これが舞うと1週間から10日後には初雪が降ると言わる。腹からお尻にかけて白い綿毛が覆い雪のように見える。これらのことから「雪虫」と呼ばれるのだろう。白い綿毛は、ロウ(蝋ワックス)でできているという。散歩をする人には嫌われているがアップで写すと結構綺麗だ。夕方帰り道に生えているヤチダモの幹を雪虫がへばり付いていた。帰って調べてみたが、雪虫の生活はややこしくて理解できないので以前図にしたものが見つかった。それでも???詳しくはhttps://blog.goo.ne.jp/shiroikumo_2004/e/e2b704b18b0e115437c07c25f15f7126雪虫乱舞

  • ワタゲカマツカ(綿毛鎌柄)

    公園の入口から坂を登り始め少し歩くと,右手に、散策路に大きくせり出した木が目に付く。今赤い実を沢山つけています。ワタゲカマツカ(綿毛鎌柄)バラ科別名:ウシコロシ(牛に鼻輪をつけるとき、この木で鼻に穴をあけたことに由来するという。)山地や丘に生える落葉樹で、高さは3~5メートルになる。6月頃に直径1㎝ほどの白い花を多数つける。葉はやや厚く鋸歯縁(葉の周囲ギザギザがある)裏側に綿毛があるというが確認していない。実は楕円形で長さが6~7㎜で10月に赤く熟す。美味しそうなので一つ食べてみると、柿のような香りと甘さがして、柿と同じで皮が硬く感じた。12月頃まで残っている事も多く、野鳥はあまり好まないのだろうか?逆に大事な食べ物なので少しずつ食べているのかもしれない。詳しくは⇒http://futarinoyakata.m...ワタゲカマツカ(綿毛鎌柄)

  • 晩秋の里山を歩こう! 萩の里自然公園

    展望台からの眺望と炭窯跡探しウォーキング萩の里自然公園には,54か所もの炭窯跡が確認されました。落葉を踏みしめながら公園の西側のビューポイントを巡り、炭窯跡探しに挑戦!日時:11月7日(土)駐車場集合9時~12時頃雨天・強風中止コース:約3㎞(アップダウンあります)駐車場⇒学校が見える展望台⇒送電線下⇒カエデの谷通り⇒センターハウス⇒石山団地展望台⇒中央通り⇒駐車場参加対象:小学生以上,3年生以下は保護者同伴でお願いします。持ち物:マスク、必要に応じて飲料水など一部散策路以外も歩きます。服装:服装:長袖長ズボン、帽子、天候に合った服装&履物参加費:無料※障害保険等には入っていません申込み不要集合場所へお集まりください。問合せ:萩の里自然公園管理運営協議会事業部会坂本清司090-9526-5825※新型コロナウイ...晩秋の里山を歩こう!萩の里自然公園

  • ~紅葉~ 萩の里自然公園

    ~紅葉~萩の里自然公園白老町~紅葉~萩の里自然公園

  • 萩の里の紅葉 もう少し先

    良い天候が続きます。紅葉を見ながら気持良く歩いていただけるように、14日と15日に、伸びた笹や枯れた植物などを刈る作業を行いました。紅葉にはまだ早いようです。パソコンの中の写真を見ると、昨年は月末頃が見頃だつたようです。紅葉は、日中晴て最低気温が8℃より下がると進むそうです。萩の里の紅葉もう少し先

  • センブリの花観察ウォーキングの様子

    雨が降りそうな空模様でしたが、主催者を入れて10名の参加となりました。町内からの初めての方の参加もあり、いつもの里山散歩とは少し違った雰囲気でスタート。しこし風もあり肌寒い日でしたが、三角点まで来ると体も温まり元気に再出発。アップダウンもすんなり。予定より5分ほど早く「オロフレ山と夕日の丘」に着き、クサギ(臭木)、ムラサキシキブの実、サンショウの葉や実を観察。サンショウの葉の香りを試してみるかたも。オロフレ山は雲に隠れていました。ほどなく、センブリ成育地センブリは、夜間や曇りや雨では花を閉じるそうなので、心配でしたがほぼ開いていました。思い思いに撮影センブリ(千振)に名は、千回振り出しても(煎じても)まだ苦味が残っているということから付いた事、苦味健胃薬として広く利用されています。血行を良くする作用があることか...センブリの花観察ウォーキングの様子

  • ムラサキシキブ(紫式部)

    ムラサキシキブ(紫式部)の実が色付き始めました。ムラサキシキブ(紫式部)はクマツヅラ科の高さ2mほどになる落葉樹です。かつては散策路のあちこちに見られましたが木々が大きくなって森が暗くなったこと、エゾシカが枝先や葉を食べるなどで花や実を見る事が少なくなってきました。数年前にこの場所へ移植して、ようやく今年少ないですが花が咲き実を付けました。花は7月下旬に咲きます。実は10月に紫に色付きます。12月頃まで残ることもあり、冬枯れの公園に色を添えます。冬芽は「裸芽」で、鱗芽とはちがい「裸」で冬を過ごします。葉脈が見えます。漢字名の「紫式部」は、『源氏物語』を著した、平安中期の女流作家の紫式部と同じ字ですが由来はこちらに書かれていますが、読まない方が良いかもしれません。http://gogen-allguide.com...ムラサキシキブ(紫式部)

  • フッキソウ(富貴草)

    秋らしくなってきました。少しずつ緑が少なくなってきますが、遊歩道の側に濃い緑が目立ってきます。これでも木で、フッキソウ(富貴草)という常緑の低木です。良く見ると白い実が見つかります。透明感があり真珠のように見えます。触ると柔らかく、指で潰すと液が沢山出るジューシーな実です。少しなら食べられる実で甘味があり美味しいですが、公園にはキタキツネが棲んでいるので、そのまま食べるとエキノコックス症になるかもしれませんので注意を!エキノコックス症⇒http://www.iph.pref.hokkaido.jp/charivari/2008_04/2008_04.htmアイヌ民族は葉を薬として利用したようです。http://www.ainu-museum.or.jp/siror/book/detail.php?page=bo...フッキソウ(富貴草)

  • カンタンの鳴き声

    秋も深まり夕暮れが早く感じる頃、散策路を歩いていると遠くで鳴く虫の声が聞こえます。カンタンというコオロギ科のバッタだそうです。なかなかカンタンの本体には出会えません。大さは15~20㎜ほどに見えました。雄ではなかと思います。雄が「ルルルルル…」と、低く美しい声で鳴くので「鳴く虫の女王」と言われるそうです。秋の日暮れ頃に聞くとなにか物悲しい気分になります。アオバトの声も入っています。本日撮影(録音?)カンタンの鳴き声

  • ナギナタコウジュ(薙刀香薷) エント

    陽当りの良い中央通りの縁などにナギナタコウジュが咲いています。薙刀(なぎなた)に見えるでしょうか?アイヌ語:エントアイヌ民族は乾燥してお茶にして飲んだという。独特の香りがします。エント茶として売られているようです。冬にも立ったままで香りも残ります。アイヌはいつ頃採取したのだろうか?詳しくは⇒ナギナタコウジュ(薙刀香薷)シソ科https://blog.goo.ne.jp/shiroikumo_2004/e/2316fe21dcc6299580c6148485606a55ナギナタコウジュ(薙刀香薷)エント

  • 赤い実 マムシグサ 蛇のたいまつ ラウラウ

    公園の所どころに赤い実が目立ちます。マムシグサ(蝮草)という、森林や谷沿いのやや湿った場所に生育するサトイモ科の多年草の実です。別名:コウライテンナンショウ森に立つ赤い実の様子が松明(たいまつ)に見える事から、蛇の松明とも呼ばれます。実は赤い粒々の集まりで、内部は空洞です。有毒なので注意を!肌に触れると皮膚炎、食べると嘔吐や腹痛を起こすそうです。アイヌ語名:ラウラウ地中には球根があり、アイヌは晩秋にこれを掘りだし、真ん中にある有毒部分焼いたり蒸したりして食べたそうです。エゾシカが食べないので、少しずつ増えています。マムシグサは5月初め頃地上に生えてきます。このまだら模様が毒蛇のマムシの模様に似ていることから、この名前がついたと言われます。夏には蛇が持ちあげたような花が咲きます。赤い実マムシグサ蛇のたいまつラウラウ

  • 萩の里自然公園 センブリの花観察ウォーキング

    萩の里自然公園センブリの花観察ウォーキング開催日:2020年10月10日(土曜日)雨天・荒天中止集合場所:萩の里自然公園駐車場時間:9:00~12:00頃解散予定コース:約6.5㎞(予定)駐車場⇒センターハウス・中央通り・三角点⇒一本杉峠⇒西尾根通り⇒オロフレ山と夕日の丘・センブリ生育地⇒町道(太平洋団地)⇒ミズバショウ通り⇒石山大通り⇒⇒駐車場参加:無料・申し込み不要,傷害保険には加入しておりません。服装:長袖長ズボン、帽子、天候に合った服装&履物持ち物:マスク、飲料水、虫よけ、あればルーペや双眼鏡・図鑑など問い合せ:萩の里自然公園管理運営協議会担当坂本090-9526-5825※新型コロナウイルスの感染状況など都合により変更する場合があります。※発熱、咳などがある方はご遠慮ください。萩の里の催しはこちらでも...萩の里自然公園センブリの花観察ウォーキング

  • 秋の里山自然散歩の様子

    ちょうどこの間雨が止み、「雨無しの雨の日観察会」でした。駐車場でいきなりアオサギ(だそうです)の編隊。アオサギは北海道の残るものと南へ渡るものもいるそうです。公園に入ると小型の野鳥の集団に出会いました。ラッキーです。目が可愛いコサメビタキ、メジロ、アカゲラ、コゲラ、ゴジュウカラ、などが混成集団で食べ歩き状態。コサメビタキの急降下、急上昇、飛ぶ蛾の仲間を空中で見事にゲットする様子も見る事ができました。室蘭野鳥の会のHさんありがとう!写真は下見に撮影したものも含めてご紹介します。秋のタデ科イヌタデ、ハナタデ、アキノウナギツカミ、タニソバ。シソ科ヒメジソ、ヤマハッカ、ナギナタコウジュ(エント)、秋の紫色のキク科エゾノコンギク、ユウゼンギク、ネバリノギク。白いキク科エゾゴマナ、何年ぶりかでシラヤマギク。黄色いキク科アキ...秋の里山自然散歩の様子

  • 天気が良いとバッタがいるよ

    今日はいい天気でした。事情により草刈りをしなかった陽当りの良い所を歩くと、バッタがぴょんぴょん、出てきました。コバネイナゴのようです。今日は、こんなところにいたよ!秋らしいいい天気になるとイイネ。天気が良いとバッタがいるよ

  • 「丸太とび」の丸太をとりかえました

    萩の里自然公園ただ一つの遊具「丸太とび」。公園の環境整備で伐ったクリの木を使って、7年ほど前に会員の手作りで設置しました。外見上やや腐ってきたもの、少しグラつくものも出てきたので、一部の丸太をとりかえました。材料は先月センターハウスの裏手で伐った木の中から、クリの木を選んで使いました。クリの木は腐れにくい特長があります。掘ってみるとまだしばらくは使えそうでしたが、細いものはとりかえました。ぐらついていた丸太にはクワガタの幼虫が棲んでいました。腐った丸太といっしょに、炭窯の跡に埋めました。成虫になって出てきてくれるといいなーと思います。太い丸太は、大人が跳んでもしっかりしているので、もう少し使います。雨が降った後などで丸太がぬれていると、滑るので確かめてから遊んでください。「丸太とび」の丸太をとりかえました

  • 萩の里自然公園 秋の里山散歩

    うっとうしい気候の日が続きますね。いかがおすごしでしょうか?萩の里自然公園秋の里山自然散歩開催日:2020年9月12日(土)雨天・荒天中止集合場所:萩の里自然公園駐車場時刻:9:00集合~12:00頃解散予定予定のコース:駐車場~センターハウス~シラネアオイ群生地付近~皆伐更新実験地~駐車場*3.5㎞程度参加費:無料,申し込み不要,傷害保険には入っていません。持ち物等:マスク,虫除け,長袖長ズボン,天候に合わせた服装&履物,飲料水,あれば双眼鏡やルーペ問合せ:萩の里自然公園管理運営協議会担当坂本090-9526-5825※新型コロナウイルスの感染状況など都合により変更する場合があります。※発熱、咳などがある方はご遠慮ください。*************************************里山散歩は今...萩の里自然公園秋の里山散歩

  • エゾシカのお食事(秋)

    秋になり草も硬くなり、一度刈った所に生えた柔らかい草を食べているようです。駐車場の傍の芝生も食べに来て、東屋の近くで10数頭がたむろしていたという目撃情報もあります。夕方5時頃によく出会います。エゾシカのお食事(秋)

  • 2020年8月22日 初秋の里山自然散歩の様子

    秋らしいさわやかな天候に恵まれ、8名の方の参加をいただきました。ありがとうございます。初秋の今頃は夏に比べて咲いている草や木の種類が多いように感じました。キタコブシが来年の花芽を用意している事がわかり、よく見るとエゾヤマザクラなどの芽も確認できました。中央通りの傍に、久しぶりにツルフネソウが咲いていました。秋の紫色の「キク」の一番バッター、エゾノコンギクが咲き始め、ツルリンドウも咲き始めていました。今年は、ツルニンジン(ジイソブ)があちこちで沢山花を付けています。一昨年、エゾシカの食害から網の中へ避難(移植)した、ハッカ(薄荷)が花を付けていました。たった一株の、オオマルバノホロシが花も実も付けていました。実は赤く熟しますが有毒です。不注意でエゾシカに茎の上部を食べられた、ヤマジノホトトギスが何とか花を付けてく...2020年8月22日初秋の里山自然散歩の様子

  • センターハウスの裏の木の伐採作業終了しました

    昨日今日の2日間で、台風による倒木でセンターハウスに被害が及ばないよう最低限の作業は終了しました。騒音等でお騒がせしました。薪用に玉切りした木の集材と、大量に発生した枝の処理作業が残っています。センターハウスの裏の木の伐採作業終了しました

  • センターハウスの裏側の木を伐っています。

    台風シーズンが近づきました。昨年の台風で、木が1本傾き枝がセンターハウスの屋根にかかりました。センターハウスの裏側の木。風向きによっては、木が倒れるとセンターハウスを直撃します。今日と明日で、出来るだけの木を伐ります。もっと左側も伐らなければなりませんが、明日だけでは終わりません。伐るに作業は危険が伴いますし、伐った木を片付けるのは大変な作業です。センターハウスの裏側の木を伐っています。

  • 今日はいい天気!

    今日は、さわやかないい天気でした。この付近は、前回木を間引き(間伐)してから、5~6年たちました。木の成長の早さにおどろきます。そろそろ、もう一度間引きの作業が必要かもしれません。今日はいい天気!

  • 子供たちへ

    コロナで、短い夏安になりましたね。しかも毎日☂だね。天気予報だと、水曜日か木曜日は晴れるかもしれません。最近、バッタがよく出てくるようになったよ。エゾシカが花を食べてしまい寂しい公園でしたが、シカが食べないハンゴンソウの黄色い花が咲き始めました。さっそく、ヒョウモンチョウの仲間が蜜を吸いに来ています。もうアキアカネかな、トンボも見かけるようになりました。スジクワガタも少しいるかもしれません。ボレンティアのジジイ達が持ち寄った、虫取り網少しだけどあるよ。よわい風でも良くあがる、ふにゃふにゃ凧もすこし作ったよ。作り方は簡単https://www.kosodate.co.jp/miku/vol35/22_01.htmlストローの代わりには、朝雨が一時止んだので、近所の空き地のススキの茎を取ってきて使った。使ってくれる...子供たちへ

  • 萩の里自然公園 初秋の里山自然散歩

    萩の里自然公園初秋の里山自然散歩開催日:2020年8月22日(土)雨天・荒天中止集合場所:萩の里自然公園駐車場時刻:9:00集合~12:00頃解散予定予定のコース:駐車場~センターハウス~シラネアオイ群生地付近~皆伐更新実験地~駐車場*3.5㎞程度参加費:無料,申し込み不要,傷害保険には入っていません。持ち物等:マスク,虫除け,長袖長ズボン,天候に合わせた服装&履物,飲料水,あれば双眼鏡やルーペ問合せ:萩の里自然公園管理運営協議会担当坂本090-9526-5825※新型コロナウイルスの感染状況など都合により変更する場合があります。※発熱、咳などがある方はご遠慮ください。*************************************萩の里の催しはこちらでもお知らせしています!◎Facebook:萩の里...萩の里自然公園初秋の里山自然散歩

  • 虎杖浜小学校が遠足で萩の里へ

    虎杖浜小学校の3、4年生が遠足で萩の里に来てくれました。朝は濃い霧でしたがしばらくで晴れ、子供たちはコロナに負けず元気でした。作業をしてたので、何のお役にも立てませんでした。虎杖浜小学校が遠足で萩の里へ

  • オオウバユリ シナノキ 咲き始めました。

    オオウバユリが咲き始めました。萩の里では、エゾシカの食害により、網でシカを排除しているエリアでしか見る事が出来なくなりました。一回結実性又は一回繁殖型植物「オオウバユリ」についてはこちらをどうぞ!↓https://blog.goo.ne.jp/s…/e/6f93deed0392fda3828752cadb37ba7a白老でエゾシカは何を食べているか?(21)エゾシカとオオウバユリhttps://blog.goo.ne.jp/s…/e/bab165decf9e2a74e41185d1226b62fa芝生の先にあるシナノキシナノキシナノキ科山地に生える落葉樹で、高さ20mにもなる高木花:淡黄色で径約1cm、6~7月開花果実:やや球形で長さ約5㎜、灰褐色で短毛を密生、10月に成熟だという。花にはレモンやライムのような...オオウバユリシナノキ咲き始めました。

  • 植生管理作業を行いました。

    先週と今週、駐車場からセンターハウス間の植生管理作業を行いました。昨年は熊出没などでできませんでしたので、時期を少し早めて実施しました。植生管理作業を行いました。

  • 最近見た生き物

    雨や霧の日が続きましたが、太陽が出るといろんな生き物も活発に活動するようです。フタスジチョウミドリシジミの仲間ヒョウモンチョウの仲間トホシカメムシシオカラトンボ♀ヒナバッタの幼虫??エゾイヌゴマから蜜を吸うコチャバネセセリ子育て中のハクセキレイニホンカナヘビベンシジミシジグロシロチョウノコギリカミキリコバネヒメギスミカドフキバッタ幼虫カタツムリの仲間最近見た生き物

  • 夏の里山自然散歩の様子

    2020年7月11日開催の夏の里山自然散歩の様子をおご紹介します。曇り空で始まりましたが、途中日が差し散歩日和になりました。エントランス広場の芝生では、ブタナ(豚菜)が風になびいていました。ブタナはWikipediaによると、1933年に札幌市で初めて発見された際はタンポポモドキと命名されたのだが、翌年の1934年に兵庫県六甲山で見つかった同種の植物にはブタナと名付けられ、現在はブタナのほうの名称が主流となっているそうです。タンポポモドキが良いですよね。今日は、エゾシカと植物をテーマにしました。公園の入口からの坂道の東則面で、エゾシカの食害の激しさを見て頂きましした。アザミ、オニシモツケ、エゾノコンギク、海を渡り旅をする蝶アサギマダラが好んで吸密するヒヨドリバナの無残な姿見て頂きました。エゾイヌゴマが咲いていま...夏の里山自然散歩の様子

  • 萩の里自然公園  夏の里山自然散歩

    開催日:2020年7月11日(土)雨天・荒天中止集合場所:萩の里自然公園駐車場時刻:9:00集合~12:00頃解散予定予定のコース:駐車場~センターハウス~シラネアオイ群生地付近~皆伐更新実験地~駐車場*3.5㎞程度参加費:無料,申し込み不要,傷害保険には入っていません。持ち物等:マスク,虫除け,長袖長ズボン,天候に合わせた服装&履物,飲料水,あれば双眼鏡やルーペ問合せ:萩の里自然公園管理運営協議会担当坂本090-9526-5825※先月同様、参加いただいた方の「お名前、電話番号、お住いの市町村」を当日お伺いいたします。※新型コロナウイルスの感染状況など都合により変更する場合があります。※発熱、咳などがある方はご遠慮ください。*************************************萩の里の催し...萩の里自然公園夏の里山自然散歩

カテゴリー一覧
商用