chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 流水に花筏と蛇籠図鐔 京正阿弥

    流水に花筏と蛇籠図鐔京正阿弥流水に花筏と蛇籠図鐔京正阿弥川の流れに視点が置かれるような、水辺の様子を描く場合の添景として欠かせないのが蛇籠。蛇籠とは川の氾濫を抑えるために設けた、自然の景観を破壊するような物体に他ならないのだが、なぜに自然との調和を求めるように、洒落た文様として描かれ、さらに好まれたのであろうか。江戸時代には着物の文様として採られているのも不思議でならない。写真例は京都に栄えた正阿弥派の作。桃山文化の影響を多分に受けている作品。蛇籠も風景の文様化であれば、一緒に描かれているのは花筏と呼ばれる桜の散りかかった筏。真鍮地に大胆に透かされているのは松皮菱の家紋を意匠したものであろう。素敵な景色の展開がなされている。流水に花筏と蛇籠図鐔京正阿弥

  • 蛇籠図鐔 記内 Kinai Tsuba

    蛇籠図鐔記内蛇籠図鐔記内打ち付けるように激しく波立って流れる川面。蛇籠から透かして見ているような構図で、いわば心象風景。なんて素敵な構図であろうか。銘はないが記内の作であろう。蛇籠図鐔記内KinaiTsuba

  • 蛇籠図鐔 法安久次 Hisatsugu Tsuba

    蛇籠図鐔法安久次蛇籠図鐔法安久次面白い作品。水の流れに蛇籠を透かしで表現した作品。河中の杭は並んでいるようにも見える。すると橋脚か。とすれば橋合戦、あるいは宇治川合戦の背景のみを表現した主題の留守模様か。法安は鉄地腐らかしの手法で表面に微妙な凹凸を施すことによって質感や独特の景観を造り出した。この鐔でも、蛇籠は浮彫にしている。とにかく面白い作品だ。□蛇籠図鐔法安久次HisatsuguTsuba

  • 柳に燕図鐔 加賀金工 Kaga Tsuba

    柳に燕図鐔加賀金工柳に燕図鐔加賀金工加賀金工の平象嵌技法は、高彫という写実味を捨て去った完全なる平面描写による表現である。良く見られるのは鈴虫や蟷螂などの虫尽図だ。ここでは松樹と柳を片切彫で墨絵風に表現している。この手もある。もちろん高彫もある。月が出ていることを考えると夕暮れ時。燕もそろそろ巣に戻る支度をしている頃か。微かな明かりに水辺の蛇籠が光って見えている。時間の流れを感じさせる作品である。柳に燕図鐔加賀金工KagaTsuba

  • 水辺に鷺図鐔 庄内金工 Shonai Tsuba

    水辺に鷺図鐔庄内金工水辺に鷺図鐔庄内金工着物の柄としての蛇籠は、流水と共に描かれていることから、夏の柄として好まれているようだ。庄内金工に間々みられる素銅地や真鍮地を高彫表現した作。先に京正阿弥派の作を紹介したが、それに似たところがある。正阿弥派は全国各地に移住してその地の特徴を採り入れて栄えている。この鐔では文様化というより、山水風景の一部のような、風景図としている。水辺に鷺図鐔庄内金工ShonaiTsuba

  • 帰雁図鐔 長州萩住有田源右衛門貞次 Sadatsugu Tsuba

    帰雁図鐔長州萩住有田源右衛門貞次帰雁図鐔長州萩住有田源右衛門貞次主題は植物であったり、水鳥であって、水の流れと蛇籠は状況を説明する添景に他ならないのだが、絵画の進化に従って蛇籠がかなり重きをなすようになった。古金工など時代の上がる装剣小道具では、様々な道具が題に採られている。それに類するものであろうか。この趣の鐔の作風は、埋忠一門と捉えられている光忠の作風に極めてよく似ている。山銅地や真鍮地を抑揚のある地面に仕上げ、金布目象嵌で風景を描く手法。埋忠一門が長州に移住していることから、その作風が伝えられたものと思われる。地金の色合いも夕暮れ時を示していて感じがいい。干し網に蛇籠の水辺の様子が、次第に夕闇に溶け込んでゆく・・・。帰雁図鐔長州萩住有田源右衛門貞次SadatsuguTsuba

  • 水辺風景図鐔 京正阿弥 Kyou-Shoami Tsuba

    水辺風景図鐔京正阿弥水辺風景図鐔京正阿弥蛇籠は古墳時代にすでに我が国に伝えられたと言われるが、活用されたのは戦国時代。各地の大名が領地を水害から守るために、河川工事を盛んに行ったという背景がある。だからと言って文様化されるのだろうか。今に遺されている装剣小道具の蛇籠図で、最も古い例は江戸時代前期のものになろう。写真は屏風絵を想わせる、湖水の様々な表情を散し配した構成。蛇籠の他には、河骨や沢瀉などの水草、小岩、鷺、鴛鴦と多彩。いずれも写実的高彫で、精密な彫刻で主題が見いだせない、全体で描写される文様表現のようだ。水辺風景図鐔京正阿弥Kyou-ShoamiTsuba

  • 流水に花筏と蛇籠図鐔 京正阿弥 Kyou=shouami Tsuba

    流水に花筏と蛇籠図鐔京正阿弥流水に花筏と蛇籠図鐔京正阿弥川の流れに視点が置かれるような、水辺の様子を描く場合の添景として欠かせないのが蛇籠。蛇籠とは川の氾濫を抑えるために設けた、自然の景観を破壊するような物体に他ならないのだが、なぜに自然との調和を求めるように、洒落た文様として描かれ、さらに好まれたのであろうか。江戸時代には着物の文様として採られているのも不思議でならない。写真例は京都に栄えた正阿弥派の作。桃山文化の影響を多分に受けている作品。蛇籠も風景の文様化であれば、一緒に描かれているのは花筏と呼ばれる桜の散りかかった筏。真鍮地に大胆に透かされているのは松皮菱の家紋を意匠したものであろう。素敵な景色の展開がなされている。流水に花筏と蛇籠図鐔京正阿弥Kyou=shouamiTsuba

  • 鷺図二所 京後藤 Kyou-Goto Futatokoro

    鷺図二所京後藤鷺図二所京後藤水辺の風景。川の流れに白鷺が小魚を狙っている場面だが、蛇籠が画面を引き締めている。赤銅魚子地高彫色絵の後藤家の手法。町彫金工の綺麗な作風に影響されたものであろう、新たな風景図を求めた結果、綺麗な風景図となっている。鷺図二所京後藤Kyou-GotoFutatokoro

  • 巣父図小柄 後藤光勝 Katsumitsu Kozuka

    巣父図小柄後藤光勝巣父図小柄後藤光勝後藤光勝は八郎兵衛家の三代目。快乗同人。江戸前期の享保十八年に没している。古代中国の伝説の隠者許由は、自らに皇帝位が譲られるということを耳にした。隠者である自らがそのような権力に関りたくもないどころか、その話を聞いたことも汚らわしいと、自らの耳を洗い清めた。その様子を見ていた巣父も、許由が耳を洗った水を我が牛に飲ませるのは汚らわしいとして、水飲み場から引き返したという。武士はこうあらねばならないという潔癖さを示す伝説である。画題の選択は、まさに後藤の伝統。古典に学んだ図柄である。巣父図小柄後藤光勝KatsumitsuKozuka

  • 茄子図縁頭 京後藤 Kyou-Goto Fuchigashira

    茄子図縁頭京後藤茄子図縁頭京後藤後藤家は小柄笄目貫の三所物を専らとし、縁頭などはほとんど製作していない。この縁頭は京後藤の極め。何と綺麗な茄子の図であろうか、その表皮の艶やかな様子を、赤銅の磨地仕上げで巧みに表現している。茄子図縁頭京後藤Kyou-GotoFuchigashira

  • 唐墨図小柄 後藤順乗 Junyo Kozuka

    唐墨図小柄後藤順乗唐墨図小柄後藤順乗順乗は後藤権兵衛家の初代。寛永から元禄。唐墨は、それ自体が歴史的な遺産であり、高価で取引されていた。画題としても好まれていたようで、間々見ることがある。順乗は、細やかな高彫を得意としており、後藤に伝統的な品位の高い図柄の、正確な高彫表現からなる作品を遺している。唐墨図小柄後藤順乗JunyoKozuka

  • 采配図小柄 後藤光良 Mitsuyoshi Kozuka

    采配図小柄後藤光良采配図小柄後藤光良采配と書いてみたが、なんの図だろう。暖簾のようでもあるが暖簾ということはなかろう。後藤光良は後藤喜兵衛家四代傳乗の嫡子だが、若くして元禄年間に没している。この小柄は、額状に仕立てず、地に直接彫り込む棒小柄あるいは袖小柄と呼ばれる造り込み。大胆な構図で躍動感のある場面としている。采配図小柄後藤光良MitsuyoshiKozuka

  • 蓬莱図目貫 京後藤 Kyou-Goto

    蓬莱図目貫京後藤蓬莱図目貫京後藤傳乗製作の松竹梅図三所物と同様、おめでたい席で用いられた拵の目貫。重厚な色調の金無垢地の風合いがいい。剣巻龍図目貫と同様に裏行きが桃山時代風で、主題の鶴と亀が、ふっくらとした高彫に仕上げられている。贅沢な趣が充満している。蓬莱図目貫京後藤Kyou-Goto

  • 剣巻龍図目貫 京後藤 Kyou-Goto

    剣巻龍図目貫京後藤剣巻龍図目貫京後藤金無垢地容彫。龍神は後藤家の伝統的な図柄の一つ。分家の金工も、時には宗家に迫る作品を遺している。決して負けない技術を保持していた。裏の観察からも、桃山頃の特徴である、ふっくらと打ち出した様子が明瞭。剣巻龍図目貫京後藤Kyou-Goto

  • 杜若図二所 京後藤 Kyou‐Goto Futatokoro

    杜若図二所京後藤杜若図二所京後藤後藤らしい簡潔な図柄で、しかも品位の高い作。綺麗な赤銅魚子地を背景に、すっきりとした高彫。斑入の葉に銀の露象嵌は一部脱落しているが、総体の伸びやかな印象が良い。杜若図二所京後藤Kyou‐GotoFutatokoro

  • 菊水図三所物 京後藤 kyou-goto

    菊水図三所物京後藤菊水図三所物京後藤なんて美しいデザインであろう。水の流れに枝菊が漂う。菊水の伝承は、菊の葉に生じた朝露を飲んだところ長命が得られたというもの。この菊の朝露が滴って川に流れ込み、下流の村の人々に長命をもたらしたという。背後にある伝承を、精密な高彫と、美しい意匠構成によって、伝承を超えたところの美観として完成させている。菊水図三所物京後藤kyou-goto

  • 松竹梅図二所 後藤傳乗 Denjo Futatokoro

    松竹梅図二所後藤傳乗松竹梅図二所後藤傳乗お目出たい席で用いた拵に装着されていたものであろう、綺麗な作である。後藤家の作でも画面を大きく使っており、しかも金色絵も多様に用いて豪華な印象。松竹梅図二所後藤傳乗DenjoFutatokoro

  • 合戦図小柄 後藤傳乗 Denjo Kozuka

    合戦図小柄後藤傳乗合戦図小柄後藤傳乗傳乗は元乗を初代とする喜兵衛家の4代目。江戸前期から中期に活躍。合戦図で川と橋のある場面で有名なのが、源頼政挙兵時の「橋合戦」、義経が京の義仲を攻撃した「宇治橋の合戦」。どちらの場面かこの作だけでは分からない。橋板が外されていない点も見どころか。三所物とされたものであろう、他の金具に答えがありそうだ。合戦図小柄後藤傳乗DenjoKozuka

  • 駒引猿図小柄 後藤俊乗 Shunjo Kozuka

    駒引猿図小柄後藤俊乗駒引猿図小柄後藤俊乗俊乗は後藤八郎兵衛家二代。寛永十一年~享保六年、江戸時代中期の活躍。鎌倉時代、馬小屋で猿が一緒に飼われていたことを示す絵画があるように、馬と猿は深い関係があった。駒引猿図は決して多くはないのだが、武家の伝統を示す図として好まれていたようだ。赤銅魚子地高彫金色絵の、後藤家らしい作風。駒引猿図小柄後藤俊乗ShunjoKozuka

  • 軍馬図小柄 後藤悦乗 Etsujo Kozuka

    軍馬図小柄後藤悦乗軍馬図小柄後藤悦乗後藤悦乗と極められている小柄。松樹を倒さんばかりに綱を引く力強い馬の存在感がいい。気性の強い馬を乗りこなす武将の話は源平合戦の時代からある。度々紹介している宇治川先陣の図も、頼朝の気性の強い愛馬をめぐる物語が背景にある。加賀前田家は文化芸術に力を入れた大名。後藤家の力を借りたのも金工芸術の発展を考えてのこと。後藤宗家の作に比較して華やかな印象があり、加賀後藤と呼ばれる。軍馬図小柄後藤悦乗EtsujoKozuka

  • 三五桐紋散図鐔 後藤悦乗 Etujo Tsuba

    三五桐紋散図鐔後藤悦乗三五桐紋散図鐔後藤悦乗後藤悦乗と極められている無銘の鐔。悦乗は、後藤家の分家の一人で、加賀前田家にも出仕した名工。このように、後藤本家から分家した後藤家を、京後藤、傍後藤などと呼んでいる。あるいは脇後藤などと呼ばれて一格も二格の低く評価されがちだが、本家の作に決して劣らない、優れた作品を遺している。日本刀専門店銀座長州屋三五桐紋散図鐔後藤悦乗EtujoTsuba

  • 水月図縁頭 後藤光邦 Mitsukuni Fuchigashira

    水月図縁頭後藤光邦水月図縁頭後藤光邦光邦は悦乗と同人。水月は尾張柳生厳包が意匠した鐔にも存在する意匠。柳生流剣術の意味を秘めている。赤銅魚子地高彫に金銀色絵。デザインが優れている。波間に見え隠れする三日月。もちろんこのような風景など存在するわけがない。心象風景に他ならない。寛永十九年‐宝永五年。江戸時代中期の活躍。いわゆる京後藤は、後藤宗家から分家した後藤の流れを指す。宗家に比較して一段低く評価されているところもあるが、そもそも無銘物が多い状況下で、宗家と極められた作品の数の多さに比較して、京後藤と極められた作が少ないのはどうした事だろう。日本刀専門店銀座長州屋水月図縁頭後藤光邦MitsukuniFuchigashira

  • 寿老人図小柄 後藤悦乗 Etsujo Kozuka

    寿老人図小柄後藤悦乗寿老人図小柄後藤悦乗朧銀地片切彫の技法で彫り描いた作。時代の上がる後藤家の作風は、赤銅地あるいは金無垢地を基本とし、小柄であれば魚子地に高彫、金色絵あるいは金象嵌を加えて装飾とする。もちろん例外はある。ところが江戸時代に入ると、装飾性に多様性が求められ、宗家以外、即ち京後藤と呼ばれる分家の金工、中でも加賀前田家に仕えた金工などは宗家には見られないとても華やかな作品を製作している。この小柄も、後藤家にはない朧銀地を主体にしている。高彫ではなく片切彫であるところも興味深いところである。日本刀専門店銀座長州屋寿老人図小柄後藤悦乗EtsujoKozuka

  • 農作業図鐔 元廣 Motohiro Tsuba

    農作業図鐔元廣農作業図鐔元廣田植えの時期の農村風景。牛が主題であるかのように描かれている。安親の山水風農村の風景図鐔とは趣が全く異なる。鄙びた、土臭い中に生命感が強く示されているのだが、描写には洗練味が感じられる。元廣は京都の大月派に学んだ金工。作風は、大月風よりも後藤風の印象が強いところが特徴。農作業図鐔元廣MotohiroTsuba

  • 牛図鐔 庄内

    牛図鐔庄内牛図鐔庄内素朴な土臭い印象がある鐔。庄内というと東北地方の田舎と思われがちだが、北前船が運んでくる文化は多大で、決して田舎くさい作品を製作していたわけではない。庄内金工は真鍮地の作品を遺していることからの極めであろうか。極めは別として、牛のおどけたような表情が面白い。日本刀専門店銀座長州屋牛図鐔庄内

  • 巴牛図鐔 庄内 Shounai Tsuba

    巴牛図鐔庄内巴牛図鐔庄内庄名金工と極められた、巴状に構成された鐔。先に紹介した春田派の鐔と同じ構成。春田派の説明で、他に例がないような説明をしたが、この相似形はどのように見たらよいのだろうか。庄内の鐔は真鍮地。鉄地とは違った風合いであり、当然、迫りくる何かが違ってくる。この面白さは何だ。□巴牛図鐔庄内ShounaiTsuba

  • 巴牛図鐔 春田 Haruta Tsuba

    巴牛図鐔春田巴牛図鐔春田甲冑師の流れを汲む春田派の、図柄だけでなく鉄味もまた力強く魅力的な作。寝そべっている牛を下から見ているところが面白いし、他にない構成。牛というと、多くが横から見ているのだが、下から眺め、また真上から眺めた図は一際強みが感じられる。角が下に曲がって伸びている様子も強みがある。巴牛図鐔春田HarutaTsuba

  • 松樹に牛図鐔 西垣勘平 Kanpei Tsuba

    松樹に牛図鐔西垣勘平松樹に牛図鐔西垣勘平夕暮れ時、遠く沈む夕日を背景に、牛が影絵となっている。陰影が面白い作。松樹は肥後金工によくみられる遠見の松。牛の身体に毛彫が施されてはいるのだが強くなく、牛はほぼ陰影。西垣勘平の特徴が良く現れている。肥後金工も古正阿弥の影響を受けている。肥後金工の作の中には、現在、古正阿弥や正阿弥と極められているものがある。肥後金工の作であっても、古正阿弥や正阿弥の特徴が顕著であり、無銘であるがため、そのように極めなければならないのであろう。松樹に牛図鐔西垣勘平KanpeiTsuba

  • 放牛図鐔 古正阿弥 Ko-Shoami Tsuba

    放牛図鐔古正阿弥放牛図鐔古正阿弥室町時代の透かし鐔。陰影は江戸時代の写実味のあるものとは異なって古拙ながら味わいが格別。鄙びた感じがあり、やはり馬とは異なった力が感じられる。古正阿弥とは、江戸時代に各地で活躍した正阿弥派の祖流。鐔工個人ではなく、このような作風の鐔を製作していた一類を指すものであり、特に時代の上がるものを古正阿弥と呼び分けている。日本刀専門店銀座長州屋放牛図鐔古正阿弥Ko-ShoamiTsuba

  • 牛図鐔 長藩武信 Takenobu Tsuba

    牛図鐔長藩武信牛図鐔長藩武信長州鐔工の牛図。裏面には橋が描かれている。これも牛は橋を渡ることが許されないことを意味しているのだろうか。長州鐔工としてはあまり見ない題材のように思われる。鐔の丸みを活かした構成で、力強さが魅力となっている。牛図鐔長藩武信TakenobuTsuba

  • 放牛図鐔 知識 Chishiki Tsuba

    放牛図鐔知識放牛図鐔知識薩摩金工知識派の作と極められた鐔。柳の下で草を食む牛。鉄地一色の造り込みで、牛の背中を、常にない体毛の密集した様子まで彫り描いている。薩摩金工は、装飾性よりも実用的な鐔を製作している。だからというわけでもないだろうが、この鐔では図柄は簡潔な筋彫とされている。特に力強い印象がある。日本刀専門店銀座長州屋放牛図鐔知識ChishikiTsuba

  • 牛馬図鐔 愛壽 Aitoshi Tsuba

    牛馬図鐔愛壽牛馬図鐔愛壽馬と牛を対比させている。馬は軍陣で高級武将が備えたもの。荷車を引く牛とはおのずから存在感が異なる。だが馬はあまり長い時間を走れないという。牛はかなり粘り強く働く。牛には馬のような颯爽とした印象はないが、働きの質量が異なる。それぞれの長所を対比したものであろう。牛馬図鐔愛壽AitoshiTsuba

  • 梅に牛図鐔 林正光 Masamitsu Tsuba

    梅に牛図鐔林正光梅に牛図鐔林正光梅と牛の組み合わせは風雅だ。九州の大宰府に左遷された菅原道真のあとを追ってきた牛が、道真の危機に際してこれを助けたという。そのような伝説から、天神社には牛の像が必ずある。だが、この鐔は、放牧の牛と、梅の取り合わせで季節を表現したものであろう。牧場の柵が裏面に描かれている。林正光は江戸末期の会津正阿弥派。梅に牛図鐔林正光MasamitsuTsuba

  • 放牛図鐔 直之 Naoyuki Tsuba

    放牛図鐔直之放牛図鐔直之令和3年、丑年ということもあり、思い立って牛の図柄の彫り描かれた作品群を眺めている。これは、のんびりとした風景。牛というと十牛図が良く知られているも、広い野原でのんびりと草を食んでいる様子も図に採られる。ここでは桜の花が添えられて季節が明確。先に紹介した水牛図とは全く異なる世界観である。放牛図鐔直之NaoyukiTsuba

  • 水牛図小柄 浜野政随 Syozui Kozuka

    水牛図小柄浜野政随水牛図小柄浜野政随この迫力は政随の特徴。単に渡河の牛を描いているだけだが、牛の息遣いが聞こえてきそうな、臨場感がある。以前、政随の杜鵑図小柄を紹介したことがある。それに似て、情緒的景観を全否定しているかのような、生命の凄味を感じさせる出来となっている。水牛図小柄浜野政随SyozuiKozuka

  • 牛引き図小柄 浜野矩随

    牛引き図小柄浜野矩随牛引き図小柄浜野矩随矩随は浜野政随門下の名工の一人。奈良派の政随に、同門で先達の安親を手本とした作品があるように、矩随もまた安親に倣った作品を遺している。牛を引く姿には安親ほどの厳しさは感じられないものの、農村の景色らしいのんびりとした空気感が窺える。牛引き図小柄浜野矩随

  • 山水図鐔 安親 Yssuchika Tsuba

    山水図鐔安親山水図鐔安親江戸に出てきたばかりの安親が製作した山水図鐔。農村の風景の中に牛引きがいる。先の鐔とは牛の存在感が異なる。海辺の村の全体の様子を俯瞰で捉えようとしている。牛は添景であり、主題ではない。これも安親が世に出ようと苦悩し研鑽している頃の作品である。山水図鐔安親YssuchikaTsuba

  • 牛引き図鐔 安親 Yasuchika Tsuba

    牛引き図鐔安親牛引き図鐔安親必死の形相で牛を引く農夫だが、牛はびくとも動かない。これも十牛から得た題材。「十牛」とは、禅の教えを学び得た程度を十段階に表現したもの。牛を引こう(禅を習得しよう)とするも容易には学び得ない。そんな状況だが、むしろ、農村の景色として捉えた方が楽しい。国を離れて江戸に出た安親が、最新の技術を学んで羽ばたこうとするも、容易には受け入れられない。十牛に擬え、この頃の自らの状況を農村の景色として表現したものかもしれない。牛引き図鐔安親YasuchikaTsuba

  • 放牛図小柄 堀江 Horie Kozuka

    放牛図小柄堀江放牛図小柄堀江鶴丸紋の扇が添え描かれていることから、この家紋を用いた武家の持ち物であろう。とても端正、すっくと背を伸ばしている牛は、所持者の姿を映したものと捉えて良いだろう。放牛図小柄堀江HorieKozuka

  • 放牛図二所物 吉岡因幡介 Yoshiokainabanosuke Futatokoro

    放牛図二所物吉岡因幡介放牛図二所物吉岡因幡介吉岡因幡介も代々が幕府の御用を勤めた武家金工。後藤の作とは明らかに印象が異なる。図の採り方が異なる。横すわりしているような後ろ姿は、後藤家では採らないだろう。放牛図二所物吉岡因幡介YoshiokainabanosukeFutatokoro

  • 放牛図三所物 江川利光 Toshimitsu Mitokoromono

    放牛図三所物江川利光放牛図三所物江川利光後藤家に倣った作。漆黒の赤銅魚子地に金の牛が鮮やか。図の採り方、高彫表現による牛の姿格好、顔つきなど後藤の作によく似ている。何となく目に優しさが感じられるのは筆者の思いがあるからだろうか。頗る良くできた三所物である。放牛図三所物江川利光ToshimitsuMitokoromono

  • 放牛図小柄 後藤殷乗 Injo Kozuka

    放牛図小柄後藤殷乗放牛図小柄後藤殷乗後藤七郎右衛門家初代殷乗の牛。作品を小柄にしているだけで目貫と変わらず、描かれているものは伝統的な牛に他ならない。伝統とは後藤家の存在意義に関わるもの。後藤家は、武家金工として守るべきものを守り通してゆく必要があった。かなり時代の降るまで、町彫金工のような自由な発想からなる金具は作らなかったようだ。日本刀専門店銀座長州屋放牛図小柄後藤殷乗InjoKozuka

  • 牧童図目貫 後藤徳乗 Tokujo Menuki

    牧童図目貫後藤徳乗牧童図目貫後藤徳乗後藤宗家五代徳乗と極められた目貫。牛の絵画としては、餌場からの帰路、牛の背中で笛を吹いている牧童の図が好んで採られている。禅の習得を十段階で示した十牛図が良く知られており、その中の一つに違いないのだが、禅の教えというより、田舎の風景としての印象が強い。鄙びた風情がいいのだ。だからであろうか、十牛図の中でもこの場面が最も多い。日本刀専門店銀座長州屋牧童図目貫後藤徳乗TokujoMenuki

  • 牛馬図目貫 後藤光乗 Koujo Menuki

    牛馬図目貫後藤光乗牛馬図目貫後藤光乗後藤宗家四代光乗と極められた目貫。後藤家に古くからある二匹を並べた構成。阿吽の意識が潜んでいる。金と赤銅の芋継仕立てで、色合いの対比も活かされている。金色絵より金無垢の方が、はるかに色合いが美しいことから、金の部分と赤銅の部分を分けて製作しているのであろう。表からの観察で合着していることが分からないのは後藤の技術。日本刀専門店銀座長州屋牛馬図目貫後藤光乗KoujoMenuki

  • 牛図目貫 古後藤 Goto Menuki

    牛図目貫古後藤牛図目貫古後藤古後藤、即ち宗家三、四代以前にまで時代の上がる後藤家の作で、個銘が極められないもの。後藤というと霊獣図がまず思い浮かぶのだが、牛の図も比較的多い。強い力を持つことはもちろん、じっと耐えて働く様子に武士の姿を重ね合わせたものであろうか。放牛図小柄古後藤笄を小柄に仕立て直したもの。表面が擦れてなだらかになっているのが惜しいのだが、同時に時代観が強くなって雰囲気が良い。牛図目貫古後藤GotoMenuki

  • 牛車図目貫 後藤宗乗 Sojo Menuki

    牛車図目貫後藤宗乗牛車図目貫後藤宗乗後藤宗家二代宗乗と極められた目貫。色鮮やかな金無垢地の容彫。牛の姿は肉感たっぷりとしていかにも裕福。総体にぜいたくな目貫となっている。拵に装着されていたもので、裏に漆の痕跡が遺されている。いったいどのような拵であったのだろうか。米俵は富の象徴。しかも金無垢で製作しており、かなり高位の武士の備えであった。日本刀専門店銀座長州屋牛車図目貫後藤宗乗SojoMenuki

  • 牛車図目貫 後藤顕乗 Kenjo Menuki

    牛車図目貫後藤顕乗牛車図目貫後藤顕乗川を渡る牛車が題材。江戸時代、京の鴨川などにかかる橋は、荷車を渡らせることができなかった。そのため、橋の近くに荷車を通す浅瀬が設けられていた。牛は川の中を力強く引くのである。その牛の姿を後藤流の構成で彫り描いている。日本刀専門店銀座長州屋牛車図目貫後藤顕乗KenjoMenuki

  • 放牛図小柄 後藤光文 Mitsutomo Kozuka

    放牛図小柄後藤光文放牛図小柄後藤光文赤銅魚子地高彫色絵。川の表現がちょっと異なる。銀地を象嵌し、表面に小穴を打ち込んでいるのだが、砂張象嵌の気泡のようにも見え、面白い効果が現れていると思う。牛は後藤家が得意とした伝統的な画題の一つ。多くは背景を描かずに牛のみで描いたが、江戸時代後期には絵画風の構成も採られるようになったようだ。日本刀専門店銀座長州屋放牛図小柄後藤光文MitsutomoKozuka

  • 水飲み牛図鐔 吉岡因幡介 Yoshioka-Inabanosuke Tsuba

    水飲み牛図鐔吉岡因幡介水飲み牛図鐔吉岡因幡介水の流れの表現は、江戸時代後期にこのようになった。琳派の装飾性は、装剣小道具に多大な影響を与えている。主題は牛に違いないのだが、水の流れがあることによってぐっと生命感が強くなり、しかも写真ではない絵画として(もちろんこの時代に写真はないのだが)主調をより強くしている。鐔の形状に合わせた牛の構図も優れている。水の流れで鐔の反対側を構成しているのだが、流れはさらにその外へと広がっているようだ。大名品である。この鐔の製作は、幕府に仕えた吉岡因幡介で、下絵は、同様に幕府お抱えの絵師狩野美信。吉岡因幡介というと、赤銅魚子地に家紋を高彫金色絵に処理する作風で知られているが、写実味のある(完全な写実ではない)彫口で、絵画風の美しい作品を、高彫だけでなく平象嵌の技術なども採り入れて製...水飲み牛図鐔吉岡因幡介Yoshioka-InabanosukeTsuba

  • 水辺に蟹図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    水辺に蟹図鐔古金工水辺に蟹図鐔古金工山銅地であろう、魚子地仕上げ。水の流れを筋状の高彫とし、それぞれの要素を高彫金色絵で表現している。題材の周囲は、やはり筋状に彫り下げている。金色絵はかなり厚手の金を処方しているようだ。菱であろうか五弁の花のようなものが彫り表わされてされているが、古金工や古美濃の桔梗花にも似た彫口である。水の流れが特に興味深い。日本刀専門店銀座長州屋水辺に蟹図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 波文図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    波文図鐔古金工波文図鐔古金工山銅地であろう、これもほとんど毛彫のような鋤彫で波のみを表現している。波文は、青海波と呼ばれる簡潔に構成した波が良く知られている。写実的ではなく、古典的な青海波に立波を加えた構成。江戸時代に入ると、次第に波は写実的になってゆく。波文図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 波文図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    波文図鐔古金工波文図鐔古金工赤銅地に波文のみの高彫描写。途絶えることなく繰り返して寄せ来る波は、無限の力を明示している。ここに永遠の生命を感じ取っていたとも考えられる。古くから好まれた図柄である。金は色絵。点象嵌が鮮やか。波の金色絵は、掠れていることから、ごくごく薄い処理のようだ。日本刀専門店銀座長州屋波文図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 紋散し図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    紋散し図鐔古金工紋散し図鐔古金工時代の上がる作品の技術的側面を眺めている。赤銅地に古拙な魚子地。主題は家紋なのだろうか。唐花が十字形に構成されているところが興味深い。紋の周囲は筋状に鋤き込まれて、紋は高彫に厚手の金色絵。梅樹と思しき草体化された図が添えられている。これも面白い。日本刀専門店銀座長州屋紋散し図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 藻貝図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    藻貝図鐔古金工藻貝図鐔古金工赤銅地に古拙な魚子地。図柄は高彫に金の色絵。文様の周囲を筋状に彫り込み、主題を肉高く表現している。それぞれの表面に点刻を施している。耳際に波を、貝と同様に高彫に金色絵と鋤彫で表しているのが興味深いところ。また、色違いの金を用いているのも面白い。日本刀専門店銀座長州屋藻貝図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 家紋散し図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    家紋散し図鐔古金工家紋散し図鐔古金工応仁鐔の意匠から進化した装飾と考えてよさそうだ。全面に魚子地を打ち、紋を透かし、その縁を金で彩っている。地金は赤銅。家紋以外に丁子、瓢箪、梅花などの陰影を散らしているのも興味深い。いずれも鐔の文様としては古典的である。日本刀専門店銀座長州屋家紋散し図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 家紋散し図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    家紋散し図鐔古金工家紋散し図鐔古金工六ツ木瓜形の形状に合わせて猪目と雪の結晶風の紋を透かしている。興味深いのは、この紋が、別彫りで嵌め込んだものと考えられるところ。鉄地に透かされた別彫りの家紋を象嵌した鐔があるのだが、それよりも古いのか、同時代化は不明。素銅地に魚子地を打ち、唐草のような、あるいは藻草のような文様を配している。家紋部分は山銅地透かし彫に金の色絵が加えられており、別彫りであることが明白。家紋散し図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 家紋図鐔 太刀師 Tachishi Tsuba

    家紋図鐔太刀師家紋図鐔太刀師太刀鐔を打刀鐔に使用したのであろう、櫃穴はあとであけられたようだ。わずかに切り込んだ木瓜形に猪目を透かしている。四ツ葉様の透しも雰囲気が良い。金の色絵で菊紋と巴紋を配している。家紋を散らした鐔は古くからあるが、多くは高彫仕上げ。太刀鐔も透しは猪目程度で、文様を透かしで処理した作は比較すると少ない。家紋図鐔太刀師TachishiTsuba

  • 牡丹獅子図鐔 鏡師 Kagamishi bTsuba

    牡丹獅子図鐔鏡師牡丹獅子図鐔鏡師獅子と牡丹の組み合わせは、謡曲にも採られている図である。彫刻は高彫。ただし、山銅地を彫り込んで製作したものではなく、古鏡のような鋳型で製作する。これによって鏡師の呼称がある。とにかく図柄表面がくっきりとはしておらず古調であり、手擦れのようになだらかで、これが自然な景色となっている。□30牡丹獅子図鐔鏡師KagamishibTsuba

  • 桔梗唐草図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    桔梗唐草図鐔古金工桔梗唐草図鐔古金工時代の上がる金工作品の、技術的な面から作品を眺めている。赤銅魚子地にくっきりとした高彫表現。金の色絵は、金の破れているところを見ると、金の薄い板が剥がれていることが判る。そして、下地と金の薄板は接着されていないのである。どこで固着されているのかというと、図柄の端部で金の薄板を高彫の下側に押し込むようにして固着している。焼き付けによる色絵とこのような袋着せと呼ばれる2つの方法があった。金の薄板が敗れることによってようやく判る。桔梗唐草図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 葡萄に栗鼠図鐔 古金工 kokinko Tsuba

    葡萄に栗鼠図鐔古金工葡萄に栗鼠図鐔古金工葡萄と栗鼠は一緒に描かれることがある題材。この鐔は、赤銅地を魚子地に仕上げ、くっきりとした高彫に金銀の色絵を加えた作のように見える。確かにそのとおりで、作風を説明する場合には高彫色絵だが、鐔の地面を彫り込んだものではない。実は、この鐔は図像が彫り表された表裏2枚の板で地板を挟み込んだ3枚仕立てとされているのである。即ち、図柄は板の裏から打ち出し、表面に鏨を加えて精密な描写としているのである。古金工にはこのような処理をしたものが間々存在する。時代の上がる作に特徴の一つである。技術的にも興味深いし、何より正確な構図と精密な彫刻が活かされた、名鐔である。□日本刀専門店銀座長州屋葡萄に栗鼠図鐔古金工kokinkoTsuba

  • 葡萄図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    葡萄図鐔古金工葡萄図鐔古金工山銅地に毛彫と金色絵で葡萄の葉と実を描き、蔓は素銅地の平象嵌。完成された文様美として捉えて良いだろう。質朴な山銅地の色調とは対極にある金の色絵、素銅の平象嵌が巧みである。おそらく埋忠明壽以前の古金工の時代に、このような優れた技術と文様を表現する感性を持つ金工がいたことは驚きだが、同時に、埋忠とは異なる美観がある。□22日本刀専門店銀座長州屋葡萄図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 雲板文図鐔 太刀師 Tachishi

    雲板文図鐔太刀師雲板文図鐔太刀師雲板、宝珠、あるいは霊芝。古くからある文様の一つ。地面に小さな菊花形の石目地を打ち施し、同時にこの文様と桐紋、菊紋を高彫表現している。桐紋と菊紋は鏨の打ち込みによるものであろう。銀覆輪の桐紋も鏨打ち込みによる。比較的軟らかな金属であれば打ち込みによって文様が施されることがある。打ち込み風の鋤彫との見分けは難しい。雲板文図鐔太刀師Tachishi

  • 桐紋唐草図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    桐紋唐草図鐔古金工桐紋唐草図鐔古金工太刀金具師の作であろう、山銅地の表面に唐草文と桐紋を毛彫にし、全面に金の色絵を施している。四百年以上の年月を経て色絵が剥落している。元来は金無垢のように全面が金で鮮やかであった。大きめの唐草がゆったりとしている。高位の武将の持ち物であったと思われる。優雅で品の良い桐紋である。日本刀専門店銀座長州屋桐紋唐草図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 葛唐草図鐔 太刀師 Tachishi Tsuba

    葛唐草図鐔太刀師葛唐草図鐔太刀師耳を金色絵で装っている。色合いの沈んだ作で、装飾は片切彫。あまりぱっとしないのだが、風合いは上品。片切彫も丁寧で、上位の武士が用いたものに違いない。そこで、耳に金の色絵を施して華やかさを演出したのであろう。桃山時代の太刀師と極められている。葛唐草図鐔太刀師TachishiTsuba

  • 花文図鐔 古正阿弥 Ko-Shoami

    花文図鐔古正阿弥花文図鐔古正阿弥時代の上がる鐔の技法を紹介している。桃山文化の時代に製作された古正阿弥の作。素銅地に、以前にも紹介した腐らかしの手法で文様をごく浅く浮き彫りにしている。その消え入りそうな様子が魅力。覆輪が廻らされている。覆輪とは、耳に被せられている別仕立ての金属こと。耳が衣服に擦れて…と覆輪の設けられた理由を述べたこともあるが、本当は見栄えを良くするためのものではないだろうか。覆輪のあるなしで、鐔の機能には大きな差はない。日本刀専門店銀座長州屋花文図鐔古正阿弥Ko-Shoami

  • 松葉に瑞雲図鐔 古金工 kokinko Tsuba

    松葉に瑞雲図鐔古金工松葉に瑞雲図鐔古金工なんと洒落た図柄であろうか、全面に片切彫で瑞雲を散し、松葉は幅の狭い透かしで優雅。江戸時代後期に糸透と呼ばれる極めて細い線状の透かしが、すでに室町時代に始まっているのだ。江戸時代後期には、埃などで隙間が容易に埋まってしまうような極めて幅の狭い糸透かしが、鉄地の鐔に施されるようになる。本作は、透かしの幅は決して狭くはないのだが、構成線がとても美しい。日本刀専門店銀座長州屋松葉に瑞雲図鐔古金工kokinkoTsuba

  • 菊花図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    菊花図鐔古金工菊花図鐔古金工耳の形状と透かしで菊花を表現した作。透かしの周囲に金の色絵が施されていた。品の良い図柄だと思う。金の剥がれた山銅地の色が古調であるが、製作された当時は、金の鮮やかな色調が優り、立派な拵に装着されていたものと想像される。金色絵は極めて薄く、ごく薄い金の板をロウ付けする手法ではないだろうかと思う。日本刀専門店銀座長州屋菊花図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 獅子牡丹図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    獅子牡丹図鐔古金工獅子牡丹図鐔古金工魚子地を背景に獅子と牡丹を全面に彫り描いた作。獅子は後藤や後の多くの獅子と変りはないのだが、牡丹は古風。ちょっと見には分からないだろうが、牡丹を描いたものである。蕾に牡丹らしさがうかがえるが、花開いた様子はどうしても牡丹に見えない。でもこれが時代の上がる牡丹。魚子地が揃っていない。植物の枝ぶりが唐草風であるところが見どころ。日本刀専門店銀座長州屋獅子牡丹図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 花蝶図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    花蝶図鐔古金工花蝶図鐔古金工簡単に言うと赤銅地高彫仕上げだが、文様の構成が面白い。糸巻風に構成しているのも、良く見ると花を文様化しているようにも思える。表の蝶、裏の蜂以外はすべて花だから、この曲線も花あるいは枝葉とみてよかろう。このような独特の文様美が生み出されたのは、鎌倉鐔と呼ばれる特異な文様美と同様、桃山頃であろう。日本刀専門店銀座長州屋花蝶図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 波に酒壺図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    波に酒壺図鐔古金工波に酒壺図鐔古金工海辺に酒壺といえば猩々。その留守模様であろうか。点刻による文様表現。透かしの周囲にも点刻がある。点による文様表現鐔というと、応仁鐔が思い浮かぶ。何らかの影響を受けているのであろう。毛彫でないところが興味深い。もう一つ、耳に覆輪が施されているところ。ここにも点状の文様が施されている。この覆輪様式を小田原覆輪と呼んでいる。小田原提灯を思い浮かべての呼称らしい。日本刀専門店銀座長州屋波に酒壺図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 輪違い図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    輪違い図鐔古金工輪違い図鐔古金工時代の上がる鐔の技法を紹介している。この鐔は、輪の組み合わせが文様とされており、さらに、細い花弁のような文様があり、その周りに古拙な魚子地が全面に打たれている。文様は応仁鐔のように線で縁取りされている。耳は桶底式。素銅地に古色が付いているようにも、黒漆が全面に塗られていたようにも考えられる。古い鐔には、黒漆で仕上げられていたと思われる作がある。櫃穴の形状が、平造に対応していることも見逃せない。輪違い図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 唐草文図鐔 古金工

    唐草文図鐔古金工唐草文図鐔古金工大胆な唐草文。山銅地の全面に彫口の深い片切彫で濃密に彫りこんでいる。唐草そのものは古典的な文様の代表であり、多くの装剣金具にみられる。この鐔の見どころは、渋く沈んだ素材の色合いと、幅広く深い片切彫。時代の上がる鐔の小柄笄の櫃穴は、江戸時代の鐔のそれと異なる。写し物にもあるのでこれを判断基準とするのは危険だが、一つの見どころでもある。日本刀専門店銀座長州屋唐草文図鐔古金工

  • 紋散し図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    紋散し図鐔古金工紋散し図鐔古金工素銅地の簡素な仕立ての鐔。鐔表面に放射状の刻みを付けているのは、時代の上がる甲冑師鐔などにもみられる装飾。これに、毛彫で桐紋、梅花紋、菊紋を配している。古拙な作である点が味わい深く鑑賞のポイントでもあろう。彫口は、梅花紋が蹴彫のような点状の彫の連続。菊紋は蹴彫風鏨の痕跡がみられないことから、一枚の花弁の形の鏨を打ち込んでいるように思われる。桐紋の葉の部分は菊紋の花弁と同じ鏨の打ち込みのように見える。上部の花の部分には蹴彫風鏨の痕跡が明瞭である。紋散し図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 藤唐草文図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    藤唐草文図鐔古金工唐草文図鐔古金工この写真で判るだろうか、薄肉に表現された唐草文。山銅地に腐らかしの手法を施したものと思われる。文様部分が、ごくごく薄肉に仕立てられているため、文様が目立たない。そもそも、江戸時代のような華やかさを求めたものではないのだろう。日本刀専門店銀座長州屋藤唐草文図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 花文図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    花文図鐔古金工花文図鐔古金工山銅の地金が素朴な味わい。黒化して時の流れを感じさせる。主題である花と葉は毛彫で、その周囲の地面には粗い点刻を魚子地風に施している。ただし、魚子地ではない。古拙という表現が適切であろう、時代は室町初期まで上がるのではなかろうか、小柄笄の櫃穴の形状が時代の上がることを示している。櫃穴の周囲に細い筋彫があり、耳際にも筋彫がある。点と線の象嵌に応仁があるも、それ以前の作かとも推考される。日本刀専門店銀座長州屋花文図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 唐草文図鐔 古金工 Kokinko Tsuba

    唐草文図鐔古金工唐草文図鐔古金工太刀鐔風の木瓜形。薄手に仕立てた山銅地の表面に、打ち込みで表したかのように彫り込んで、蕨手のような唐草文を叢に配している。その周囲には粗い石目地を施しているが、際立った装飾性を求めているかというと、そうでもなさそうな、それでいて、ひとかたまりとなっている唐草文を眺めると、何かの文字が秘められて(意味のある)いるのではないだろうかと想像を巡らしてしまう図である。時代の上がる彫り込みによる装飾である。日本刀専門店銀座長州屋唐草文図鐔古金工KokinkoTsuba

  • 遠見の松図鐔 埋忠 Umetada Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋遠見の松図鐔埋忠遠見の松図鐔埋忠松の並木を小さく描き、左右の櫃穴を大胆な意匠で印象付けた、桃山時代の作。真鍮地は比較的平坦な処理で、腐らかしがされていないため、微細な皺状の凹凸はない。真鍮地金の古風な色変りが、松の図柄の背景にあって古画のような風合いを醸し出している。遠見を意図したものであろうか小さく描いた松は金と銀の布目象嵌。古正阿弥派の鐔工に、鉄地に金の布目象嵌が施されたものが間々みられる。もちろんその影響であろう。布目象嵌とは、地面に切りつけた幾つもの細い筋に金の薄い板を叩き込んで文様とする手法だ。だから鉄地に多いのだが、真鍮地の布目象嵌も味わい深いものである。左右の洲浜透は海辺を意図したものか。遠見の松図鐔埋忠UmetadaTsuba

  • 唐草虫食文図鐔 埋忠 Umetada Tsuba

    唐草虫食文図鐔埋忠唐草虫食文図鐔埋忠埋忠派の作品を紹介している。木瓜形の木瓜形の山銅地に微細な放射状の鑢目を施し、金線象嵌で唐草文を廻らし、その合間に虫食い状の窪みを設けている。さらに金の覆輪を廻らして華やかさを演出している。野に打ち捨てられて朽ちかけている器物を見るようだが、鄙と雅が同居しているようで面白い。山銅という素材といい、造り込みといい、大胆な手法にも古金工に紛れる風合いを持っている。虫食いという装飾を採り入れるなど、思考が奇抜であり、桃山の風合いを伝える鐔と言えよう。日本刀専門店銀座長州屋唐草虫食文図鐔埋忠UmetadaTsuba

  • 桜楓に雪輪図鐔 埋忠重義 Shigeyoshi Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋桜楓に雪輪図鐔埋忠重義桜楓に雪輪図鐔埋忠重義とても洒落た意匠の一つである。桜と楓の組み合わせは、先に紹介した通り。ここでは雪を加え、冬という季節感を明確にしている。雪は古典的な雪輪。江戸時代後期に流行した六角結晶ではない。ふっくらとした、いまにも溶けてしまいそうなほんわかとした球形。色合いが黒みを帯びているが銀と斑金の布目象嵌。桜楓に雪輪図鐔埋忠重義ShigeyoshiTsuba

  • 三日月図鐔 埋忠重義 Shigeyoshi Tsuba

    三日月図鐔埋忠重義三日月図鐔埋忠重義大胆に三日月を透かし去り、叢雲を一部に構成している。鉄地に陰透と金布目象嵌、強弱変化のある片切彫。実は鉄地に焼手腐らかしが施されており、地面に鍛え肌が板目状に微かに現れている。これも雲を表現したものであろう。日本刀専門店銀座長州屋三日月図鐔埋忠重義ShigeyoshiTsuba

  • 桜楓図鐔 埋忠重義 Shigeyoshi Tsuba

    桜楓図鐔埋忠重義桜楓図鐔埋忠重義桜も梅も川の流れと組み合わされて風景の要素となっている。それを一つにした。春の景色と秋の景色の融合に他ならない。自然現象としてはありえないのだが素敵な文様が生まれる。紅葉も桜も、散りかかっているわけではないのだが、川の流れを背景に全面に散らし配されて風景の文様化が際立っている。心象的、心の中にある風景だ。日本刀専門店銀座長州屋桜楓図鐔埋忠重義ShigeyoshiTsuba

  • 花桐図鐔 埋忠重義 Shigeyoshi Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋花桐図鐔埋忠重義花桐図鐔埋忠重義鉄地薄肉彫に浅い鋤彫を組み合わせ、金布目象嵌で花桐を彫り描いている。切羽台に隠れた幹。切羽台からちよこっとその様子を覗かせている。二つ木瓜形の造り込みは、武蔵鐔の海鼠透でも知られているように、桃山頃にまま製作されている。その二つ木瓜形も雰囲気がいい。花桐図鐔埋忠重義ShigeyoshiTsuba

  • 葡萄唐草図鐔 埋忠七左衛門重義 Shigeyoshib Tsuba

    葡萄唐草図鐔埋忠七左衛門重義葡萄唐草図鐔埋忠七左衛門重義先に無銘の葡萄図鐔を紹介したが、本作は繊細な金線で描いた作。赤銅地は微細な石目地で光沢が抑えられて深く沈み、金の葡萄をより一層鮮明に浮かび上がらせている。埋忠明壽が破墨のような技法で葡萄を描いたが、対極にあるように鮮明に、しかも細かな処理。だが、風景を切り取って文様として再構築しているところは同じである。日本刀専門店銀座長州屋葡萄唐草図鐔埋忠七左衛門重義ShigeyoshibTsuba

  • 菊葉に虫図鐔 埋忠七左衛門重義 Shigeyoshi Tsuba

    菊葉に虫図鐔埋忠七左衛門重義菊葉に虫図鐔埋忠七左衛門重義江戸時代中期の埋忠派には重義銘を刻する金工が、京、江戸、播磨など各地に複数存在する。重義の銘がブランドになっていることを意味している。あるいは各地を巡り歩いて製作したものか。いずれも文様表現になる雅な図柄で、題材は多彩である。この鐔も、自然を垣間見るような構成で、菊の葉を巴に組み合わせているところが面白い。虫は古典的な題材。日本刀専門店銀座長州屋菊葉に虫図鐔埋忠七左衛門重義ShigeyoshiTsuba

  • 唐草牡丹鉄線図鐔 埋忠 Umetada Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋唐草牡丹鉄線図鐔埋忠唐草牡丹鉄線図鐔埋忠古典的な唐草に、牡丹と鉄線を文様として組み合わせた作。赤銅地に金平象嵌を施している。これを木瓜形風に造り込んだ鐔の形状そのものが花を思わせる。金が鮮やかに際立つように赤銅地を活かしている。唐草牡丹鉄線図鐔埋忠UmetadaTsuba

  • 葡萄図鐔 埋忠 Umetada Tsuba

    葡萄図鐔埋忠葡萄図鐔埋忠埋忠明壽が活躍した時代、俵屋宗達や本阿弥光悦などにより、後に琳派と称された芸術観が起こった。雅な風景の文様表現に代表される独特の美観は、次第に洗練され、鐔装飾の一分野として大きな位置を占めるようになる。埋忠派の作はその初期のものながら、かなり完成度が高い。この葡萄の図においても、古美濃や古金工とは大きく印象の異なる美観が示されている。日本刀専門店銀座長州屋葡萄図鐔埋忠UmetadaTsuba

  • 桐紋散図揃金具 埋忠壽斎 Jyusai Soroikanagu

    桐紋散図揃金具埋忠壽斎桐紋散図揃金具埋忠壽斎壽斎は埋忠明壽の近縁者で、明壽同様に高位の武家の刀装金具を製作した。本作、あるいは前紹介した金の鐔と同様に、豪奢で風格のある金具を製作している。壽斎の在銘作が極めて少ないことから、本作は、壽斎研究の上で貴重な資料の一つである。金無垢地を鑢目に仕立て、桐紋、菊紋、巴紋などの家紋を打ち込みの手法で全体に散らし配している。興味深いのは、縁金具の裏側に大振りの銘を刻しているところ。桐紋散図揃金具埋忠壽斎JyusaiSoroikanagu

  • 祇園守透図鐔 埋忠 Umetada Tsuba

    祇園守透図鐔埋忠祇園守透図鐔埋忠桃山時代に特徴的な、全体を金一色とした、派手で豪壮な雰囲気の漂う作。図柄は祇園守といって、京都八坂神社が用いた紋章であり、お守りの一種で、これを家紋とした武家もある。この鐔では祇園守をさらに陰陽を明確にした文様としている。室町時代の古正阿弥や尾張、甲冑師などにはない意匠であり、ここにも桃山風が感じられる。日本刀専門店銀座長州屋祇園守透図鐔埋忠UmetadaTsuba

  • 宝珠図鐔 埋忠明寿 Myoju Tsuba

    宝珠図鐔埋忠明寿宝珠図鐔埋忠明寿先の2点より時代が上がるのではないだろうか、鉄地の作。地造りは甲冑師鐔だ。地面を薄手に仕立てて耳を厚くし、陰透で主題の宝珠を表現している。埋忠の技術の背景には布目象嵌があるのだろう、技法として採り入れた作も多く見る。この鐔では、金の布目象嵌で宝珠を描いている。さらに片切彫でも宝珠を描いている。変化に富んだ地造りの趣はもちろんだが、装飾の技法についても良く観察してみたいところだ。日本刀専門店銀座長州屋宝珠図鐔埋忠明寿MyojuTsuba

  • 九年母図鐔 埋忠明寿 Myoju Tsuba

    九年母図鐔埋忠明寿九年母図鐔埋忠明寿これは素銅地。時代の上がる素銅地も、山銅や真鍮のようにわずかに異なる金属が混じっている。それが故に色合いに斑が生じ、地に景色を生み出している。埋忠明壽の魅力は、背景に溶け込むような、あるいは墨絵でいうところの破墨のような、赤銅の黒が地に溶け込んでいるように感じられる墨絵象嵌(赤銅平象嵌)に他ならない。この手法は、先に久法の真鍮地赤銅平象嵌の鐔で紹介したが、埋忠明寿の創始と考えられている。時代背景は桃山頃。職人が芸術的な意識を鮮明にしてゆくなかで、明寿は琳派の美意識を先んじて採り入れ、鐔のあり方を大きく変えたのである。真鍮地もいいが、この素銅地もいい。赤銅の覆輪で輪郭を捉え、墨で絵筆を走らせたように、鐔をまさに絵画としたのである。日本刀専門店銀座長州屋九年母図鐔埋忠明寿MyojuTsuba

  • 九年母図鐔 埋忠明寿 Myoju Tsuba

    九年母図鐔埋忠明寿九年母図鐔埋忠明寿真鍮の色合いが頗るいい。わずかに腐らかしが施されているのであろう、表面の一部に独特の皺が現れており、そこが深く沈んだ色合いを呈している。九年母の枝葉は赤銅の平象嵌。実を透かしてヘタの部分を金の平象嵌としている。赤銅の黒が、地に滲み、地の皺と溶け合っているように感じられる。金だけが鮮やか。日本刀専門店銀座長州屋九年母図鐔埋忠明寿MyojuTsuba

  • 雲龍図鐔 赤文 Sekibun Tsuba

    雲龍図鐔赤文雲龍図鐔赤文強く深く切り込むように施した片切彫により、図柄に声明を与えたのが赤文。渋い色調の鉄地を好んで用い、時には真鍮地をも用いたのも、深く沈んだ風合いを好んだことによる。磨地に近い微細な石目地であろうか、腐らかしの手は用いずに真鍮地の風合いを活かしている。雲龍図鐔赤文SekibunTsuba

  • 鐘馗図鐔 常重 Tsuneshige Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋鐘馗図鐔常重鐘馗図鐔常重常重は奈良派の金工。渋い色調を好み、その風合いを最大限に生かした作風を得意とした。山水風の風景図、古画を思わせる図など。真鍮地に槌目を鏨で加えている。腐らかしが施された古作の真鍮地に見られる皺とは異なる。鏨で加えられた微細な凹凸の中の色合いが黒味を帯びている。木や岩の苔は金の色絵。鐘馗図鐔常重TsuneshigeTsuba

  • 唐草文図鐔 西垣 Nishigaki Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋唐草文図鐔西垣唐草文図鐔西垣真鍮地の渋い色合いを下地として活かし、平象嵌の手法で唐草文を全面に散らし配した作。平象嵌部分は山銅であろうか、地に溶け込むような色調で、墨絵のように陰影に揺らぎがあるところが魅力だ。日本刀買取専門サイト銀座長州屋唐草文図鐔西垣NishigakiTsuba

  • 桐紋桜花紋唐草図鐔 西垣 Nishigaki Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋桐紋桜花紋唐草図鐔西垣桐紋桜花紋唐草図鐔西垣これも同じ腐らかしによって文様を浮かび上がらせた作。文様を表わすにはほんの僅かの腐食で充分だ。しかも腐食した部分は微細な凹凸であるため、時代色が付きやすく、平坦な文様部分を鮮明にする。さて、このような真鍮地金の下地は、鍛えたものであろうか、溶融した真鍮地を鐔の形に鋳込んだものであろうか、この点は現代の金工に研究してほしいところだ。溶融した金属を冷却固化させると、必ず内部に小さな気泡が生じる。そのような気泡が見当たらないので鍛えていると思うのだが、どうだろう。鍛造しても綺麗に揃ったような金属の組織が生じるのであろうか。この辺りが疑問だ。骨董市などで、江戸時代の作と思われる真鍮地の器物を探し、同様の地模様が出ていないだろうか探してみるが、古そうな作で...桐紋桜花紋唐草図鐔西垣NishigakiTsuba

  • 抱杏葉紋唐草文図鐔 西垣 Nishigaki Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋抱杏葉紋唐草文図鐔西垣抱杏葉紋唐草文図鐔西垣同心円状に溝を設けた鐔面全体に、腐らかしの手法で文様を浮かび上がらせている。腐らかしとは、酸を用いて表面をわずかに腐食させることによってざらついた部分を造り出し、それを文様とする。即ち腐食せずに残ったところが唐草であり、杏葉紋である。腐食によって真鍮独特の皺模様が生じる。先に紹介した埋忠一類の光忠などの表面に現れている地文と同じ。鏨で彫り込んで表したものではない。抱杏葉紋唐草文図鐔西垣NishigakiTsuba

  • 泥波図鐔 西垣勘四郎 Nishigaki-Kanshirou Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋泥波図鐔西垣勘四郎泥波図鐔西垣勘四郎この独特の意匠からなる波を肥後では泥波と呼んでいる。西垣勘四郎に特徴的な作である。肥後金工も真鍮地を好んで用いた。背景に、華やかさを抑えるという美意識が備わっていたからであろう。そしてその美意識は千利休の茶に通じると考えられている。□65泥波図鐔西垣勘四郎Nishigaki-KanshirouTsuba

  • 風景図鐔 平安城象嵌 heianjo-Zougan Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋真鍮象嵌鐔拾遺風景図鐔平安城象嵌先に紹介した政重の作は地が平坦であったが、本作は抑揚を付けて波や雲のあり様を明確にしている。未だ文様を散し配しているだけの校正だが、耳の装飾も含めて創造性が進化しつつある様子が判る。風景図鐔平安城象嵌heianjo-ZouganTsuba

  • 梅樹唐花文小透図鐔 平安城五条住政重 Masashige Tsuba

    日本刀専門店銀座長州屋真鍮象嵌鐔拾遺梅樹唐花文小透図鐔平安城五条住政重平安城の銘が刻された貴重な作例。鉄地真鍮象嵌という平安城様式で、絵画的意匠が進んでいる。このような職人が、象嵌技術を工夫し、技術力を高め、意匠についても、古い時代の単なる文様から、本作のように梅の枝ぶりなどに工夫を加えて、より写実性を高めていった。梅樹唐花文小透図鐔平安城五条住政重MasashigeTsuba

ブログリーダー」を活用して、zenzaiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
zenzaiさん
ブログタイトル
鐔鑑賞記 by Zenzai
フォロー
鐔鑑賞記 by Zenzai

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用