searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ソルティはかたさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ソルティはかた、かく語りき
ブログURL
http://saltyhakata.livedoor.blog/
ブログ紹介文
東京在住のオス猫。本、映画、音楽、ギャラリー、旅(遍路)、山登り、仏教などの日常雑感
更新頻度(1年)

265回 / 365日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2019/03/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ソルティはかたさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ソルティはかたさん
ブログタイトル
ソルティはかた、かく語りき
更新頻度
265回 / 365日(平均5.1回/週)
読者になる
ソルティはかた、かく語りき

ソルティはかたさんの新着記事

1件〜30件

  • ● シャリアピン、素敵 映画:『ドン・キホーテ』(ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト監督)

    1933年フランス・イギリス80分フランス語原作 ミゲル・デ・セルバンテス音楽 ジャック・イベール 主演のフョードル・シャリアピン(1873-1938)は、ロシア出身の伝説的名バス歌手。 「歌う俳優」と呼ばれたほど、演技達者であったという。 その名声を確かめるべく、レン

  • ● 文庫の値段と昭和アタマ 本:『節約は災いのもと』(エミリー・ブライトウェル著)

    2016年創元推理文庫 『家政婦は名探偵』シリーズ第4弾。 今回も謎解きとユーモアたっぷりの楽しいミステリーに仕上がっている。 何かにつけお茶を飲みたがるイギリス人の風習が面白い。 若干気がかりなのは、このシリーズ、2015年から邦訳が発売され現在まで4巻立て続け

  • ● 大口真神の正体 本:『オオカミの護符』(小倉三惠子著)

    2011年新潮社 神社の鳥居の左右には狛犬がいる。 正確には、神殿に向かって右側に坐し「阿形」に口を開けたのが獅子、左側に坐し「吽形」に口を閉ざし頭に角を生やしたのが狛犬である。 どちらも、龍や麒麟と同じく想像上の生き物である。阿形の狛犬(獅子) 地方によっ

  • ● 本:『なんでもアリの国イギリス なんでもダメの国ニッポン』(山形優子フットマン著)

    2012年講談社より『けっこう笑えるイギリス人』の表題で発行2013年講談社文庫 ソルティは比較文化論は面白いと思うのだが、ある一国と日本とをくらべて日本のダメなところをあげつらうような本はあまり好きでない。 とくに、マークス寿子以来、日本とイギリスをくらべて日

  • ● 25歳の扇千景 映画:『暖簾』(川島雄三監督)

    1958年東宝123分 『幕末太陽傳』(1957)、『女は二度生まれる』(1961)、『しとやかな獣』(1962)の川島雄三監督による浪花人情ドラマ。 大阪船場の老舗の昆布屋から暖簾分けされた店を守る八田吾平(=森繁久彌)の生涯を描く。 原作は山崎豊子の同名小説。山崎の処女

  • ● B 神父の力量 テレビドラマ:『ブラウン神父の事件簿』シリーズ

    2013年~ BBC(英国放送協会) ブラウン神父は、言わずと知れた英国作家G.K.チェスタトンが創造した名探偵。 日本での知名度では、同じ英国探偵のホームズやポワロやミス・マープルに劣るかもしれないが、直観と観察と洞察力を礎とした探偵能力ではおさおさひけをとら

  • ● 本:『徹底比較 ブッダとクリシュナムルティ そのあるがままの教え』(正田大観著)

    2018年 コスモス・ライブラリー 当ブログで紹介したJ.クリシュナムルティ著『ブッダとクリシュナムルティ 人間は変われるか?』(Can Humanity Change ? )の訳者の一人による、上記書の“続編”あるいは“補完編”といった趣きの本である。 上記書はその邦題から、ブッダ

  • ● 映画:『危険なプロット』(フランソワ・オゾン監督)

    2012年フランス105分 『8人の女たち』、『ぼくを葬る』、『婚約者の友人』のフランソワ・オゾン監督によるサスペンス・コメディ(?)。 舞台劇が原作。 物書きの才ある教え子クロードの作文を指導しているうちに、フィクションと現実との区別がつかなくなり、現実が破綻

  • ● 本:『幽霊はお見通し』(エミリー・ブライトウェル著)

    1993年原著発行2016年創元推理文庫 ウィザースプーン警部補の屋敷で働く使用人たちの活躍を描く「家政婦は名探偵シリーズ」第3弾。  今回は、19世紀英国ならではのスピリチュアルな趣向、すなわち交霊会が主要舞台の一つとなり、楽しさアップである。 隠密探偵チームの個

  • ● オリジナル御詠歌でめぐる四国遍路108 エピローグ

     2ヶ月かけて巡ったネット上での四国遍路が終わった。 自作の御詠歌と画像で振り返る四国の旅は、実に面白かった。 とくに御詠歌を作る作業が楽しく、お寺の名前や特徴がうまく盛り込めた歌が生まれたときなど、心躍るものがあった。 なんだかこの歌を作るために、前もっ

  • ● ワープ解脱法? 本 : 『道元の考えたこと』(田上太秀著)

    1985年講談社より『道元のいいたかったこと』の題名で刊行2001年講談社学術文庫 道元の教え=曹洞宗については気になっていた。 「只管打坐」、「修証一如」という言葉からは、よけいな夾雑物を排したすっきりした信仰の形が察しられるし、坐禅=瞑想を重視するところはお

  • ● 19世紀の天安門事件 映画:『ピータールー マンチェスターの悲劇』(マイク・リー監督)

    2018年イギリス155分 「ピータールーの虐殺」について最初に知ったのは、数年前に豊島管弦楽団のコンサートでマルコム・アーノルド作曲『ピータールー序曲』を聴いたときだった。 指揮は和田一樹であった。  同曲は、15人の死者と600人以上の負傷者を出したこの惨劇を音

  • ● 本:『消えたメイドと空き家の死体』(エミリー・ブライトウェル著)

    1993年原著刊行2013年創元推理文庫 『家政婦は名探偵』シリーズ第2弾。  タイトルのつけ方がうまい。 原題は、Mrs. Jeffries Dusts for Clues 「ジェフリー夫人は手がかりの塵をはらう」だが、邦題のほうが内容がわかりやすく、いかにも気楽なミステリーっぽい印象で、そ

  • ● 英国貴族の斜陽 本:『回想のブライズヘッド』(イーヴリン・ウォー著)

    1945年原著刊行2009年岩波文庫(小野寺健訳) 第一次大戦前の英国上流階級の一家の物語である。 美しく広大な荘園ブライズヘッドに建つ、贅を凝らした壮麗なマナーハウス(邸宅)。 生活のためにあくせくと働くこともなく、社交や旅行や恋愛や趣味道楽にうつつを抜かす貴

  • ● オリジナル御詠歌でめぐる四国遍路108 第20回(お礼参り)

     2018年9月下旬のある日、四国遍路88札所と別格20札所、あわせて108の霊場を歩いてめぐる旅に出た。これはその記録である。 各札所には御詠歌と呼ばれる短歌がある。お寺の名前を歌の中に盛り込み、法の尊さや御仏のありがたさを説いたものが多い。 ここでは、やはり寺の

  • ● 北欧ご近所トラブル顛末記 映画:『隣の影』(ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン監督)

    2017年アイスランド、デンマーク、ポーランド、ドイツ89分、アイスランド語 上記4ヶ国による制作というのが珍しい。 分類としてはブラックコメディだろうが、そんじょそこらのホラー&サスペンス映画よりよっぽど怖い。かつ最初から最後まで目が離せない。 脚本の巧さと

  • ● 本:『家政婦は名探偵』(エミリー・ブライトウェル著)

    1993年原著刊行2015年創元推理文庫 家政婦と言ったって市原悦子とは違う。 お屋敷の元締め、使用人たちの長であるハウスキーパー。 男の執事と並ぶ、古き良き英国ヴィクトリア朝の点景の一つである。 ジェフリーズ夫人は、ロンドン警視庁のウィザースプーン警部補に仕え

  • ● オリジナル御詠歌でめぐる四国遍路108 第19回(第86~88番)

     2018年9月下旬のある日、四国遍路88札所と別格20札所、あわせて108の霊場を歩いてめぐる旅に出た。これはその記録である。 各札所には御詠歌と呼ばれる短歌がある。お寺の名前を歌の中に盛り込み、法の尊さや御仏のありがたさを説いたものが多い。 ここでは、やはり寺の

  • ● TWO RIGHT HAND 両方右手

     出先の街の本屋に、木の立体パズルのコーナーがあった。 スカイツリーやエッフェル塔、恐竜や動物、飛行船や機関車やクラシックカーなど、いろいろな種類が並んでいる。 コロナでおウチ時間が長くなった影響の一つであろう。 結構売れているらしい。 手先の不器用なソ

  • ● メルヴィルと三島 本:『ビリー・バッド』(ハーマン・メルヴィル著)

    1924年原著出版2012年光文社古典新訳文庫 ロン・ハワードの『白鯨とのたたかい』を観て、メルヴィルの『白鯨』を読もうかと一瞬思ったが、やっぱりそこまでの気力は湧かなかった。 そのかわり、メルヴィルの遺作(死後出版)で分量の少ない『ビリー・バッド』に手を出した

  • ● オリジナル御詠歌でめぐる四国遍路108 第18回(第81~85番)

     2018年9月下旬のある日、四国遍路88札所と別格20札所、あわせて108の霊場を歩いてめぐる旅に出た。これはその記録である。 各札所には御詠歌と呼ばれる短歌がある。お寺の名前を歌の中に盛り込み、法の尊さや御仏のありがたさを説いたものが多い。 ここでは、やはり寺の

  • ● 10の根深き本能 本:『ファクトフルネス』(ハンス・ロリング、オーラ・ロリング、アンナ・ロスリング・ロンランド著) 

    2018年原著刊行2019年日経BP社より邦訳 主著者のハンス・ロリング(1948-2017)は、スウェーデンの医師、公衆衛生専門家。 本書執筆を終えた後にすい臓癌で亡くなった。 共著者は、息子とその妻である。  副題に「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見

  • ● ほすぴたる記その後21 荒川越えの一万三千歩

     昨日は天気が良かったので、長い散歩をした。 JR武蔵野線の北朝霞駅で下車し、ひとつ隣りの西浦和駅まで、5.0キロを歩いた。 武蔵野線は基本的に、首都圏を走る列車の中では駅間距離が長いのだが、上記区間はその中でも2番目に長い。(一番は新小平―新秋津間の5.6キロ)

  • ● オリジナル御詠歌でめぐる四国遍路108 第17回(第76~80番)

     2018年9月下旬のある日、四国遍路88札所と別格20札所、あわせて108の霊場を歩いてめぐる旅に出た。これはその記録である。 各札所には御詠歌と呼ばれる短歌がある。お寺の名前を歌の中に盛り込み、法の尊さや御仏のありがたさを説いたものが多い。 ここでは、やはり寺の

  • ● 言いも言ったり! 本:『お寺の収支報告書』(橋本英樹著)

    2014年祥伝社 「歯に衣着せぬ」という表現がこれほどピッタリな人も珍しい。 既存の(伝統的な)お寺制度の問題点や弊害を、赤裸々に、何ら忖度なしに暴き出し、鋭く批判している。 現役の住職だからこそできる内幕暴露の数々に、「ここまで言っちゃって大丈夫? 本山(

  • ● Very English ! TVドラマ:『英国スキャンダル~セックスと陰謀のソープ事件』

    2018年BBC制作(イギリス)174分(全3話)原題:A Very English Scandal これ、実話なのである。 70年代後半にイギリスを騒がせた自由党党首ジェレミー・ソープにまつわるセックススキャンダル。 大物政治家の下半身にまつわる醜聞なんぞ今さら珍しくもあるまいに・・・・

  • ● オリジナル御詠歌でめぐる四国遍路108 第16回(第71~75番)

     2018年9月下旬のある日、四国遍路88札所と別格20札所、あわせて108の霊場を歩いてめぐる旅に出た。これはその記録である。 各札所には御詠歌と呼ばれる短歌がある。お寺の名前を歌の中に盛り込み、法の尊さや御仏のありがたさを説いたものが多い。 ここでは、やはり寺の

  • ● 同行三人 本:『山頭火と四国遍路』(写真と文・横山良一)

    2003年平凡社 松山の道後温泉近くで、種田山頭火(1882-1940)が晩年を過ごした家(一草庵)を見たとき、はじめて山頭火と四国との縁を知った。 考えてみれば、「分け入っても分け入っても青い山」の句で知られるこの漂泊の俳人が、四国遍路をしていないはずがなかった。 

  • ● オリジナル御詠歌でめぐる四国遍路108 第15回(第66~70番)

     2018年9月下旬のある日、四国遍路88札所と別格20札所、あわせて108の霊場を歩いてめぐる旅に出た。これはその記録である。 各札所には御詠歌と呼ばれる短歌がある。 お寺の名前を歌の中に盛り込み、法の尊さや御仏のありがたさを説いたものが多い。 ここでは、やはり寺

  • ● 本:『お寺さん崩壊』(水月昭道著)

    2016年新潮社 四国遍路で100以上のお寺を訪ね歩いて気づいたことの一つに、お寺の貧富格差があった。 多くの参拝者で賑わい、山門もお堂も立派で、納経所や売店に人が並んでいる、いかにもお金がありそうなお寺もあれば、一方、海辺やさびれた町中にあって訪れる人も少なく

カテゴリー一覧
商用