chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
えむ・おーの鳥日記 https://emuoh.com/

関西地方での探鳥、および撮影のブログです。四季を通じて季節の鳥や珍鳥を追いかけています。野鳥撮影の様子やカメラ、レンズの情報もご参考に!

えむ・おー
フォロー
住所
宝塚市
出身
宝塚市
ブログ村参加

2019/03/04

1件〜100件

  • この地のヒナは可愛いかったです.... #カルガモ

    いよいよ、鳥枯れの季節となり、撮影する鳥に悩むようになってきました。しかも、この酷暑では普通種の留鳥では撮影意欲も湧かず、行き先に迷います。子育てシーズンも落ち着きかけてきて、可愛かったヒナも大きく育ってきているのが微妙です。今年はカルガモの親子によく出会いました。これまであまり見かけたことのない、M川本流でも何度も出会っています。しかし、連れているのは大きく育った幼鳥ばかりです。大きくなっている...

  • 6回目でやっと撮影できました.... #アオバズク

    5月中旬に様子を見に行きましたが、ちょっと早過ぎた隣市某神社のアオバズク。その直後の19日になって到着していると聞きましたが、今年は少し様子が変だと。例年なら、だいたい同じ大木の枝あたりに止まっていることが多いのですが、今年は場所が一定しないようです。情報をいただいたYKさんによると、全然見つからない日も多く、普通に枝に止まっている日でも、落ち着きがなくすぐに竹藪付近へ飛び去ってしまうとのこと。訪...

  • 居るには居ましたが.... #ササゴイ

    イソヒヨドリもすぐに飛び去ってしまい、堰の上の犬もいなくなったので、ササゴイを待とうかどうか?と迷いましたが、私に天敵が襲います。思った以上にじりじりと照りつける陽射しです。40℃前後もあるわけではありませんし、比較的暑いのは平気ですが、やはりまだ身体が慣れていないのかもう既にかなりバテ気味。ここまでは自宅から7kmあまりの距離ですが、車ではなく徒歩で来ているので、復路の体力を残しておかなければな...

  • M川は水涸れ状態でした.... #イソヒヨドリ

    今週になり、梅雨明け→猛暑と想像もしなかった勢いで季節が移り変わっています。本来ならこれから梅雨を経た後に徐々に暑さに慣れていくのでしょうが、いきなり40℃近い日が続くとなると身体も悲鳴をあげそうです。暑さには比較的強い私ですが、まだ34〜35℃のうちに身体を慣らしておこうと、M川河川敷を歩いてきました。とりあえずのターゲットはササゴイの狩りの様子と気になる♂のカワアイサのその後の動向です。やはり午前...

  • ひょっとしたら幼鳥も.... #シロチドリ

    ツバメの可愛い子育ての撮影に思わず時間を費やしてしまいましたが、この地のターゲットはシロチドリのヒナ。元々はコアジサシも子育てをするフィールドですが、昨年に引き続き今年もその気配はなく寂しい様子です。それでも、前回訪問日にはシロチドリの成鳥が走りまわっており、時折擬傷をする等、卵やヒナの存在をアピールするような仕草も見られました。そして、その日から3週間経過です。ひょっとしたらヒナが走りまわってい...

  • なんとヒナは4羽でした.... #ツバメ

    大きなハチに苦戦するシーンが撮れたツバメですが、もう少し可愛いヒナの様子を撮っておこうと巣の正面にまわりました。すると、それまで3羽だと思っていたヒナがもう1羽居るようです。巣の横からは3羽しか見えなかったので、残りの1羽が元気なのか?も気になります。しばらく様子を見た限りでは、親鳥が餌を持ってくるたびに大きな口を開けてアピールしています。身体の大きさも4羽ともほぼ差がなく、動きを見ても元気そうだ...

  • ここも子育ては順調.... #ツバメ

    アオサギとササゴイの子育ての地を見届けた後は、コアジサシとシロチドリの繁殖地へ。この地の入口のゲートのところには今年もツバメが巣をしています。前回訪問時は親鳥が抱卵している様子だったので、2週間後のこの日はひょっとしたらヒナが生まれているかも?と。すると、巣の上には予想通り3羽のヒナが居ましたが、目を閉じてじっとしてます。ちょうど産毛が生え始めたくらいなので、生まれてからまだ数日でしょうか。まず、...

  • メインターゲットも居ました.... #ササゴイ

    さすがにアオサギファミリーですね、大規模工事にも動じないで普段通り子育て中でした。そして気になるのはササゴイです。アオサギを撮影していると、スッと眼の前を横切った2羽の鳥。それも、アオサギよりはずっと小さいです。ひょっとしたら?と飛び去った方向に視線を注ぐと、少し離れた松の枝に待望のササゴイを見つけました。見つけたときは2羽が重なるように枝に止まっていたので、ん?交尾?と思いましたが、すぐに飛び去...

  • 今年もササゴイの繁殖地へ....#アオサギ

    子育てシーズン真っ盛りですが、数年前より定点観測をしているササゴイの繁殖地へ出かけてきました。現地に到着し、まずがっかりしたのは隣接する某施設のリニューアル工事の影響でフィールドの半分近くが閉鎖。そのうえ、このフィールド内の一部にも重機が入り、土が掘り返されている等、心配な影響が出ています。数多くの松の木等樹木に手がつけられていないようなので、全く繁殖が行われないことはなさそうですが、厳しくなりそ...

  • 巣立ち直後のようです.... #キビタキ

    サンコウチョウの他にも、オオルリやキビタキがずっと鳴いていて、声だけ聞いていても癒されるフィールドですが、囀っているのはやはり遠くて高い枝ばかり。時々低めの枝に止まってくれたので、何度かはシャッターを押す機会がありましたが、やはりISOは上限の6400を超えて真っ黒。それを現像時に再補正したうえ、かなりのトリミングとなると、やはりひどいノイズで全滅でした。次回、こういう暗いフィールドでの撮影機会があった...

  • 久しぶりにこの鳥を.... #サンコウチョウ

    KSさんよりお誘いがあり、久しぶりサンコウチョウ狙いに出かけてきました。場所は12年前のこの日に連れて行っていただいたH渓谷。さすがにこれだけ月日が経つと、初めて訪れる地のような感覚です。途中、何回か出かけてみようとは思いましたが、鳥の動きが速いうえに暗くて被りが多く、足が一度遠ざかってしまうとなかなか出かける気にならず、ずっと延び延びになっていました。さすがに12年となると、フィールドの様子の記憶は...

  • またまた白い子でしたが.... #ドバト

    出会ったときは夏羽のユリカモメ?と思った白い鳥でしたが、まさかのクロハラアジサシでした。久しぶりのクロハラアジサシを撮り終えると遠くの草地にはまたまた白い鳥。アジサシやカモメ類には見えない風貌なのでまたまた緊張感が走ります。それでも、その時点では何の鳥かが解らないので、飛ばれないように少しずつそっと近づきました。すると、風貌はドバト、どうやら珍ではなさそうです。それでもこの白さは一際目立ちます。最...

  • 久しぶりにこの鳥に.... #クロハラアジサシ

    この日はミサゴ、アマサギと2種類撮るのにも大苦戦、思わぬ時間を費やしてしまいました。そして、少し休憩を....とK大池公園に車を停めて少し歩き出すと、ゆらゆらと上空を舞っている大きめの白っぽい鳥が。またまた北の地へ帰れないユリカモメでも居るのか?と思いましたが、なんと久しぶりのクロハラアジサシでした。この鳥もしばらく出会いがなく、この日からなんと4年半ぶりでした。こんな内陸部の池に?とちょっと違和感が...

  • この地ではやっぱりアマサギも.... #アマサギ

    ミサゴの順調な子育ての様子を確認した後は他の鳥探しに。この時期にこのI町辺りへくると、やはりアマサギを探したくなります。しかし、この日は長時間車を走らせても、なぜか姿が見えません。いつも撮影している範囲外に居るのか、道路から見えないだけか?は解りませんが、隣のK市、M市辺りまで探索範囲を広げてみました。すると、水の張られた田んぼにポツンと立ち尽くしている1羽が。早速、車を降りて近づいてみますが、こ...

  • ここは今年も順調そうです.... #ミサゴ

    子育て真っ盛りの季節になり、カルガモやカイツブリのヒナには順調に出会えているものの、不満な画像しか残せていません。少し大きく育ち過ぎていたり、あるいは光線や距離等撮影条件が悪かったりと、いまいちタイミングに恵まれていないようです。それでも、カルガモやカイツブリは今後もまだチャンスがあるかも?と思いますので、情報があればリベンジに出かけるつもりです。そして、子育てといえば毎年観察しているミサゴも気に...

  • 大苦戦のカイツブリ.... #カイツブリ

    先日、西の地のN池で2羽のヒナには出会えたカイツブリですが、もうかなり大きく育っていて可愛さはいまいち。昨年はあちこちで撮り放題だっただけに、今年も可愛い様子を撮っておきたいと思いましたが、どこへ行っても出会えません。地元のN池/K池や昨年初めて撮影した隣市のM公園の池等あちこち巡ってみましたが、今年は子育てしている様子がありません。そんなときに、サギのコロニーから近い隣の市のN池を思い出し、様子...

  • この子も子育てしていません.... #バン

    このS池ですが、サギのコロニーから離れた水面ではバンの姿も。バンといえば、昨年はこのコロニー内でサギたちに混じって子育てをしており、結構近い距離でヒナたちの姿を撮影することができました。今年も期待して訪れたのですが、姿を見たのはこの1羽のみ。しばらく様子を見ていましたが、近くにカップルの相手は居なかったようです。訪れたのは6月9日、他のサギたちにしてもまだまだ日にち的には繁殖の可能性はありそうです...

  • 寂しいコロニーでした.... #コサギ

    例年定点観測をしている隣市S池のサギのコロニーです。子育て中だったのは、コサギとアオサギが一組ずつ。他に、抱卵中と思われるゴイサギ、コサギが2羽ずつくらい確認できましたが、他はカワウで埋め尽くされていました。しかも、カワウのヒナはどのファミリーももうかなり大きくなっており、撮影意欲が湧きません。数年前まではカワウ、アオサギ、コサギ、ダイサギ、ゴイサギ等が程よいバランスで窮屈そうに子育てをしていたの...

  • 狩りは失敗でした.... #ササゴイ

    まさかのカワアイサのカップルに出会った後は、本来のターゲットのササゴイ探索。引き続き、 M川河川敷の左岸を下流へ向かいます。その後2ヶ所の堰でササゴイが居るのを発見しましたが、1ヶ所目はほぼ対岸で距離も100mあまり、2ヶ所目も川の中央部ですが、一番川幅の広い辺りなのでそれでも70〜80mはあります。身体の大きなササゴイですが、さすがにこの距離ではかなりのトリミングを施してもゴマ粒程度にしか撮れません。し...

  • やっぱり夏を越すのかも.... #カワアイサ

    3日前、6月8日の撮影です。いよいよ梅雨入りが近づき、天気のいい日は貴重な撮影日です。梅雨前にしっかりササゴイを撮影しておこうと、M川河川敷を歩いてきました。自宅を出て20分後、逆光を避けて左岸へ渡ったところで、眼の前の砂地に2羽のカワアイサが。先に眼に入ったのが左側の子だったので、いつもの留鳥の子たちか?と思いましたが、右側の子に視線をを移すと意外にも♂でした。前回のこの日に出会ったときに、ひょ...

  • 本流での大冒険!?.... #カルガモ

    隣市S川で出会ったカルガモファミリーもヒナは6羽で、やはり少し大きくなっていました。それでもヒナのバタバタ等可愛いシーンが撮れたので少し満足はしましたが、まだ少し消化不良です。まだ時間も早かったのでその後はササゴイの様子でも見ようとM川河川敷に寄り道。ただ、この日は車だったので、河川敷を歩きながらの探索ではなく、タイムズに車を停めての一ヶ所狙いです。これまで一番撮影実績のあるポイントへ向かいました...

  • 元気な6羽のヒナでした.... #カルガモ

    今年、カルガモのヒナには、これまで2ヶ所で出会っています。しかし、急流を遡ったS川の子たちはもう大きく育っていましたし、至近距離で撮影できたN池はたった2羽。運よく出会えていますし、S川では大きく育った子ならではのパフォーマンスも見られたのですが、いまいち不満も。やはり産まれたばかりの小さなヒナたちが一列に並んで、親鳥の後を必死で泳いでいく光景が見たいです。ということで、過去にカルガモファミリーに...

  • やっぱり嫌われ者ですね.... #ケリ

    3度目の訪問でようやくタマシギの親子が撮れました。それまで2度通ったのですが、居たのは多くのケリだけ。まぁ、この子もこの時期ならではの鳥ですし、子育てもしていたようですので、一応レンズを向けていました。しかし、メインゲストとしては少し役不足です。ただ、タマシギ親子の撮影時は、見事な悪役の演技を披露してくれました。まぁ、この子たちの脇役としての名演技があったからこそ、おもしろいタマシギの画像が撮れた...

  • 3度目の正直でした.... #タマシギ

    早朝からメインターゲットのアマサギに出会えて、飛去するまで1時間足らず。短い時間でしたが、色んなシーンが撮れてそれなりに満足でした。しかし、一通り撮り終えたものの、時間はまだ9時を過ぎたところ。この近辺は鳥影の濃いところなので、他の場所でのアマサギやチュウサギ、その他ツバメやケリのヒナが撮れるかも?と別の田んぼの探索へ。その直後にYKさんから着信があり、某地のタマシギ親子が今出てる....とのこと。実...

  • ようやく今年も.... #アマサギ

    先月3週目に地元のK池公園に5羽が入ったアマサギですが、たった3日間ほどの滞在で、私が訪れた日には既に抜けていたようです。昨年はそのK池公園をはじめ、M川河川敷でも出会えたのですが、今年はまだ出会いがありません。そろそろ撮影しておきたいと、昨日は西の地の広大な田んぼを探索に行ってきました。耕運機の稼働している掘り返し中の田んぼではありませんでしたが、現地到着早々に10羽あまりの群れを発見。運の悪い...

  • レアもの3連発!

    さて、子育て定点観測地のこのN池ですが、今回の訪問日はかなりの不作でした。そこそこ大きくなったカイツブリとカルガのモファミリーが1組ずつ居ただけです。例年ならカルガモもカイツブリも複数組が子育てをしていますし、かなりの確率でバンの子育ても観察できます。バンに至っては成鳥の姿も見かけませんでしたが、今年はどうなってるのでしょう。結局、その後も収穫に恵まれませんでしたが、長い待ち時間の間に楽しませてく...

  • カルガモも居ましたが.... #カルガモ

    あまり、可愛くなかったカイツブリの幼鳥でしたが、そのすぐ横にはカルガモのヒナも。たった2羽ですし、こちらももう結構大きくなっている....と思いましたが、意外にまだ小さくて可愛いです。静かな池の水面での姿を見ていると、急流での逞しい姿とまた違った可愛さも....。こちらも2羽になるまでの経緯を考えると胸が痛くなりますが、まあこれが自然でしょう。初めては無防備に寝ていましたが、その後は採餌の旅に出ました。こ...

  • もうかなり大きかったです.... #カイツブリ

    例年とはちょっと違う光景でしたが、可愛いカルガモのヒナが撮れました。その後は次の定点観測地、もう少し西のN池へ向かいます。このN池を訪れるのはたいていこの時期ですが、この日にはホオジロハクセキレイが入ったとのことで、今年は子育ての時期以外にも訪問しています。すると、これまでどうしても出会えなかったクイナやヒクイナに会えるという幸運も。やはり、定点観測の時期以外も覗いてみないとダメですね。その日はタ...

  • 逆バージョン・グレートジャーニーでした.... #カルガモ

    ツバメを撮影した後、再び別のカルガモファミリーを探して上流へ。一昨年9羽のヒナに出会った辺りまで歩きましたが、今年は発見できず。世の中そんなに甘くないか....と思いながら、下流へ引き返します。後は往路に見落としたか、見えなかった子たちの再発見に期待するのみ。そしてツバメを撮影した辺りまで戻ったところに1組のカルガモファミリーが。このファミリーのヒナは4羽....、うーん、中途半端さが拭えません。しかも少...

  • もう一ヶ所の子育ては?.... #ツバメ

    今年もコアジサシの子育ては苦戦の気配ですが、もう一ヶ所はカルガモのグレートジャーニー。ヒナを連れたカルガモはあちらこちらで見られますが、誕生した地から急流を一気に下る迫力はやはりこのS川です。ただ、このシーンは誕生直後でないと見られないだけに、普段あまり訪れない地の巣立ちのタイミングが解らないのが辛いところです。過去、6年前と一昨年にはこの迫力あるシーンを撮影することができ、ほんとに感動したのを思...

  • そろそろ子育ての様子を.... #シロチドリ

    さて、そろそろ気になるのが毎年定点観測をしている、各地での子育ての様子です。まずはコアジサシの様子を見に行ってきました。3年前は順調に子育てが進み、この日には可愛いヒナの姿を撮影することができましたが、一昨年はヒナが産まれたと言う連絡をいただいた翌朝にはもう天敵にやられていた....という悲しいアクシデントが。昨年に至ってはヒナどころか、成鳥すらほとんど見ることもできず、当然子育ては進まなかったようで...

  • この子も再会でしょうか.... #ホウロクシギ

    またまたK浜にホウロクシギが。前回撮影した後、もう3週間程度経っています。その間の目撃情報をほとんど聞いていないので別個体か?とも思われますが、個体数の少ないレアものだけにどうなんでしょう。よほど好物の餌があったのを思い出して、遠方から舞い戻ってきたのでしようか。それにしても、身体と全く同色の岩の上に居たので、うっかり見逃してしまうところでした。岩の上に頭が出ていたので、?と思いましたが、もう少し...

  • 今季はよく出会えます.... #チュウシャクシギ

    今季のK浜では、ありがたいことにこの子は頻繁に出会えます。初回に出会ったこの日は、3羽がテトラポットの上で仲よく翼を休めているのを見かけました。その後、遠い遠い沖合の岩の上に姿を見かけた日も。すでに一度出会っていることもあり、ほんの数枚しか撮影しなかったのですが、その日は2羽。しかし、2羽が仲よく寄り添っているのではなく、それぞれ200m程度離れた別々の岩の上でした。そして今回出会ったのは1羽だけ。...

  • この子も帰れないらしい.... #ユリカモメ

    先日から北の地へ帰れないカワアイサや、こんな時期に浜に現れたツクシガモ等、本来の生活ができていない子たちを話題にしていますが、この地には気になる子がもう1羽。つい先日はすぐお隣のKR浜で数羽の夏羽のユリカモメを撮影しましたが、その後すぐに姿を見かけなくなりました。おそらく、もう北の地へ帰っているのでしょうね。しかし、このK浜に居たこの子はずっと滞在中です。はっきりは憶えていないのですが、昨年夏から...

  • 迷っただけならいいのですが.... #ツクシガモ

    不満な距離のキョウジョシギを撮影していると、少し離れたところに居たカメラマンが他の鳥を撮影している様子。ん?と思ってそちらの方向へレンズを向けてみましたが、何が居るのかよくわかりません。そして、そのカメラマンにお尋ねすると、「あそこにツクシガモが。今朝から居るらしい....。」と。改めてそちらにレンズを向けると、大きな岩の間にじっとしているツクシガモの姿が確認できました。しかし、キョウジョシギの居る岩...

  • いつものポイントで出会えましたが.... #キョウジョシギ

    キアシシギ、チュウサギとの今季初の出会いは比較的至近距離。それなりの画像も残せましたが、この日撮りたいと思っていたのは独特の風貌のキョウジョシギ。以前はなかなか出会えない鳥でしたが、ここ最近は比較的よく出会えるようになっています。今回も期待通り見つけることができましたが、居たのは毎回見かけるこの子たちのお気に入りのポイントで、東端のN川河口付近の遠い岩の上です。この地で出会うときはたいていこのポイ...

  • この地では初めてでした.... #チュウサギ

    キアシシギが居たのはテトラポット脇の砂浜でしたが、干潮時間が近づき、もうかなりのエリアが砂浜に覆われてきています。そんな中に、6羽のサギが。全てコサギとダイサギ?と思いましたが、その中に嘴の根元が黄色い怪しい子が2羽居ます。独特の顔つきからすると、どうやらチュウサギか?と。当然、レンズを向け直して撮影を始めました。6羽のうち、2羽がコサギ、2羽がダイサギ、そして残りの怪しい2羽がチュウサギか?と思...

  • 今回は渡りのシギチに.... #キアシシギ

    前回、干潮時間を狙って訪れたK浜でしたが、危うくボウズか?というような状況に。辛うじてコチドリには出会えましたが、悲惨に結果に終わりました。ということで、リベンジの今回も干潮時間の2時間前からスタンバイです。現地に到着して遊歩道の堤防から浜を覗き込むと、早々に4羽のキアシシギの姿が見えました。渡りの子の中では数も多く、レア度を考えるといまいち感動がありません。それでも今季初ですので、やれやれと思い...

  • 意外な事実が.... #カワアイサ

    一昨日ランニングに出たのですが、スタートして市役所横のSC公園付近へさしかかった時に横のM川にカワウの大群が。思わず足を停めてそちらを見ていると、すぐそばに白黒の鳥が泳いでいます。遠くて肉眼ではよく解らないのですが、近くに茶色い水鳥も....。どうやら、カワアイサのカップルのようです。しかし、ランニング中ですので当然機材は持っていません。自宅まで取りに帰ろうか?とも思いましたが、珍鳥でもありませんし往...

  • てっきり、カラスか?と.... #クロツグミ

    カワアイサやササゴイで賑わい、今季も順調なM川ですが、往復の河川敷も気になります。さすがにもうコムクドリには出会えませんでしたが、この日もイカルやウグイスの囀りが響いています。しかし、いずれも覆い茂った葉っぱに隠れて撮影どころか、姿を確認することもできません。そして、自宅の近くまで戻ってきたところで、大きな黒い鳥が眼の前の枝へ。てっきり、カラスだろうと思ってスルーするところでしたが、視線を向けると...

  • 本命のササゴイでしたが.... #ササゴイ

    さて、カワアイサに出会った後、本命のササゴイを1羽見つけることができました。ここしばらく雨が続いていたこともあり、川の水量がかなり多いです。定位置の堰堤の傾斜したコンクリートからはおそらく水中が見えにくいのか、ど真ん中の岩の上で獲物を狙っていました。しかも、水量が多いだけでなく、流れも早く、めちゃくちゃ水も濁っています。やはり苦戦をしているようで、しばらくの間様子を見ていましたが、なかなか魚を見つ...

  • うーん、男の子も留鳥に?.... #カワアイサ

    そろそろM川でのササゴイの狩りの様子が見たくて、河川敷を歩いてきました。一昨年、昨年とこの地ではササゴイの個体数が多く、上流から下流まで5〜6羽が滞在し、撮影の機会には数多く恵まれました。今季もすでに早々と撮影されていた方もおられますし、私自身もGW前にお隣のK浜ですでに撮影しています。4月中にササゴイに出会ったのは初めてだっただけに、今年も期待が膨らみます。しかし、自宅から歩き始めてまもなく、サ...

  • 子育てと言えば.... #ゴイサギ

    子育ての季節と言えば、例年2ヶ所のサギのコロニーを定点観測しています。ちょっとまだ時期が早いとも思いましたが、昨年は池のすぐ横の丘で元気なキビタキが。ひょっとして今年も出会えるかも?と思い、そのうちの1ヶ所を早めに訪れてみました。普段はたいてい6月になってから訪問することが多いのですが、この地での子育ての主役はコサギとアオサギ。ゴイサギとカワウ、ダイサギはあまり見かけないのですが、今回はほとんどが...

  • そろそろ子育ての季節ですね.... #カワラヒワ

    山野や干潟、そして街中の都市公園まで夏鳥で大賑わい。そんな中、早いところでは営巣および子育ても始まっているようです。例年観察に出かけるカルガモやカイツブリ、そしてコアジサシのヒナの姿もそろそろ気になります。そんな中、この日は街中の公園で見かけたのがカワラヒワ。ヒナというよりはもう若鳥です。周りに親鳥も見かけず、もう1羽の兄弟?姉妹?とともに飛びまわっていました。もうかなり大きくなっており、飛びまわ...

  • 数秒だけの救世主.... #コチドリ

    ホウロクシギやチュウシャクシギに出会えたK浜ですが、ほとんど何にも出会えない日も。この日は干潮の時間に合わせて訪問したのに、予想に反してボウズの可能性が。諦めかけた時に救世主が現れました。砂浜に飛んできたのはたぶんコチドリ。しかし、遠い砂浜ですし、遊歩道の上からなので肉眼やファインダーではよく見えません。証拠写真だけ数枚撮った後、堤防下の砂浜へ降りよう....と。しかし、そうなると階段までは20mほど...

  • 昨年と同じような光景に.... #カワアイサ

    久しぶりに出かけたKR浜でしたが、夏羽のユリカモメに続いて見つけたのはなんとカワアイサ。♀1羽が浜に上がっています。そして、そこへ近づいてくる♂の姿も。ビックリしたのは、これと全く同じような光景を隣のA浜で去年のこの日に目撃しています。その時も♀はおそらくM川に居る2羽の留鳥の子のうちの1羽かも?と思ったのですが、いまいち判断ができませんでした。昨年の撮影時にもご一緒したカメラマンとの会話で、この件...

  • 今年も自動車税はPay-easyで....

    毎年5月末は自動車税の納付期限です。なんとGWど真ん中の5月2日に納付書が到着しました....笑。一昨年、初めてオンラインでの払込にチャレンジしたものの、普通にクレジットカードで払い込むと330円のシステム利用料をとられてしまいました。銀行振込なら振込手数料がかかるのは仕方がないのですが、税金受け取る側の県がオンラインの手数料をとるのが納得できません。それも、たった8,000円の支払いに330円もです。その後、...

  • もっと撮影しておけばよかった.... #ユリカモメ

    工事が終了して解禁となったK浜に続いて、お隣のKR浜も覗いてみました。この地はほとんどの場所で波打ち際まで近づけるので、運のいいときは眼線の高さで鳥を撮影できます。しかし、曜日や時間帯によっては水遊びの子供連れ等も多く、当たり外れの多いフィールドです。この日も遅めの時間帯だったので人の出が気になりましたが、予想の反して現地に居たのは5〜6名のカメラマン。しかも、二箇所に分かれて撮影中でした。そして...

  • 欲のないときは.... #コムクドリ

    シギチ撮影の干潮時間までの待ち時間を利用して、キビタキをGETしたN公園。久しぶりに効率のいい時間を過ごせましたが、キビタキを探していると、クロツグミやアカハラを撮っている人も。思わぬターゲットの出現に少しの間ご一緒させていただきましたが、めちゃくちゃ警戒心が強く、真っ暗なところばかりを素早く移動した直後に飛去。やはり、なかなかそう簡単には撮らせてくれません。これ以上追いかけると長期戦になりそうです...

  • またまた同一ポーズのみ.... #キビタキ

    先日のキビタキの撮影は、ピンポイントでの同一ポーズのみ。同じような画像ばかりで、いまいち不満なものでした。そして今回は隣市のもう一つ隣のN公園。この日はシギチの撮影の予定でしたが、干潮時間までの合間に時間限定で立ち寄ってみました。早朝から公園に入ると、すでに「ピッピリピー、ピッピリピー....」と大きな声が。これは短時間でGETできるかも?と、声の方向を探します。初めのうちは繁った葉っぱの中ばかりを動き...

  • やっと出会えはしましたが.... #オオルリ

    キビタキが撮れると、やはり気になるのは、今季まだ撮影できていないオオルリです。キビタキを撮影する前からオオルリを数羽見つけていたのですが、♀の一瞬の枝止まりを撮っただけ。♂は木々の間を飛びまわっているものの、なかなか撮影できるところには姿を現してくれません。あまり追いかけまわすと警戒心が強くなって、よけいに悪影響ということは解っているのですが、やはり撮影したいと驚かせないようにそろりそろりと近づきま...

  • 今回も微妙な満足度.... #キビタキ

    今季初のキビタキは、先日コマドリの撮影に向かう途中での一瞬の出会いでした。やはりその後のコマドリが気になり、飛び去った後も深追いをしなかったので、撮影後にポイントに戻ると姿は無し。結局、手元に残った画像はたった3枚の証拠写真程度の画像のみでした。そして、2度目の出会いは近くのA公園。早朝から、キビタキとオオルリを探しましたが、なぜか2種とも鳴きません。繁殖前のこの時期はこの子たちの鳴き声も楽しみの...

  • 久々の大物でした.... #ホウロクシギ

    この地へ訪れる前にホウロクシギの情報があったのですが、直ぐに訪問することができず、一週間近く経っていました。なので、ホウロクシギはもう諦めて他のシギチを!との謙虚な気持ちで訪問したのが功を奏したのか、目の前に大きなシギが。なんと半ば諦めていたホウロクシギで、この子に出会うのははこの日以来、私にとっては4年半ぶりの大物でした。その日もそうでしたが、そもそもそんなに出会える鳥ではないので、単独で出会う...

  • 渡りのシギチ第一号は.... #チュウシャクシギ

    このK浜では、遊歩道から波打ち際のテトラポットを覗き込むと、数々の鳥に出会えます。普段はたいていイソシギかイソヒヨドリの場合が多いのですが、この季節になるとチュウシャクシギやトウネン等の渡りのシギチも。潮の引いている砂地ももちろんですが、このテトラポット上も気になるところです。そして、今回も3羽のチュウシャクシギが視線に入りました。この場所で出会うと、次に行動を起こすのはたいてい沖合に向かって飛び...

  • ササゴイとヨシガモ.... #ササゴイ

    コマドリ、キビタキ、コムクドリ、クロツグミ....と、比較的好調に出会えている夏鳥ですが、そろそろシギチも気になります。昨夏から続いていた堤防および遊歩道の大規模工事が終わって2度目となりますが、もうそろそろ?とK浜へ行ってきました。前回はまだ3月末ということで、出会えたのはカンムリカイツブリにウミアイサ。今回は、いよいよ渡りのシギチも来ているはずです。この地はあまり潮が引いてしまうと、遥か沖合まで砂...

  • 最近で会えないのは.... #モズ

    昨日のブログで、カケスには出逢いやすくなりました....と書きましたが、逆に出会えにくくなってるのがモズ。先日には、シマアカモズというレアものを撮影する機会に恵まれましたが、普通のモズには何故かなかなか出会えません。以前はどこのフィールドに出かけても、大きな声で囀っていて、「なんや、モズか?」と。それでも、私は結構好きな鳥ですので、必ずと言っていいほどレンズを向けていた記憶が。なのに、ここ数年はめっき...

  • いつからこの子はフレンドリーに?.... #カケス

    地元のK山、Kの森、そして隣市のA公園....と何処へ出かけても、毎回のように出会えるカケスですが、これまでは被りだらけのブッシュの中を飛びまわるだけでなかなか撮影することができませんでした。しかし、昨年末くらいから様子は一変。声を聞いた日はしばらく待っていると、毎回眼の前にでてきてくれます。警戒心が強いはずのカケスですが、どうしたのでしょう。ここ最近は毎回のように撮影することができています。この日も...

  • おそらく再会でしょう.... #カワアイサ

    この日は少しだけの時間を利用して、自宅裏のM川河川敷に。そして、自宅から一番近い堰付近を覗き込むと、そこには♂のカワアイサの姿が。今冬渡ってきていた子たちのうち、最後まで残っていた1羽だと思われ、元気そうに餌を探していました。しかし、ビックリしたのはそれより手前の河原に居た2羽の♀。このブログにはもう何回も掲載していますが、この川には翼?を痛めて北の地へ帰れなくなり、もう10年近く留鳥として暮らして...

  • まさかの残り福でした.... #クロツグミ

    今回は外すことなく、一度の訪問で出会えることのできたコムクドリ。まぁ、到着早々に発見できたことですし、即飛去したものの一時間で戻ってきたということで、運にも恵まれたとも思われます。画像には少し不満も残りましたが、第2ステージはかなり長時間演じてくれたので、それなりに撮影することができました。今回のアプローチは徒歩でしたので、撤収後は他所に転戦することなく、帰路に向かいます。それでも、対岸へ渡る橋梁...

  • やはりこの時期は気になりますね.... #コムクドリ

    今季、キビタキは証拠写真のみですし、オオルリに至ってはまだ撮影することができていないのですが、今回のターゲットはコムクドリ。キビタキ、オオルリは当然気になりますが、やはり滞在期間の短い鳥を優先してしまいます。これまでも珍鳥シマアカモズやコマドリを優先させ、撮影後にキビタキ、オオルリのポイントに戻ると、どちらも居なかったという悪循環を繰り返しています。そして、この時期もう一種気になるのはコムクドリ。...

  • お腹が赤かったです.... #アカハラ

    あまり期待はしていなかったものの、やはりいまいち収穫に恵まれないB公園。後半になってシメには出会えましたが、留鳥以外で他に出会えるのはツグミとシロハラばかり。しかも、シロハラに関しては今は真冬か?と思うくらい、未だにあちこちで枯葉を掘り起こしながら餌を探しています。私たちも到着直後はそれなりに撮影意欲が沸きますが、もうこの時期は「なんや、ツグミか? また、シロハラか?」とスルーすることがほとんど。...

  • 新緑での出会いは新鮮でした.... #シメ

    一昨日に訪れたのは、これまでほとんど訪問したことのない北摂のB公園。所用で近くに来ていたこともあり、ロケハンを兼ねて覗いてみました。この地は10年ほど前に一度来たことがありますが、広過ぎるのもあり、鳥の出現するポイントを絞り込めずに苦戦をした記憶が。その後、レアもの情報もあまり聞かないので、ますます疎遠になっていました。昨年の秋に珍鳥が入っという情報をいただき、数年ぶりに訪れました。しかし、ターゲ...

  • 寄り道と言えば.... #チョウゲンボウ

    このチョウゲンボウも寄り道画像です。先日のシマアカモズ撮影の日ですが、駐車場からポイントへ向かう途中、K川河川敷で出会いました。ちょうど橋の上を歩いていると、ひらひらと飛んで来るチョウゲンボウが。まだポイントに向かう最中ですので機材もリュックの中ですし、チョウゲンボウくらいではシマアカモズを後回しにして追いかける勇気はありません。それでも、飛び去った方向に視線を向けると、橋から少し離れた河川敷にあ...

  • 寄り道は厳禁です.... #キビタキ

    コマドリのリベンジに向かったこの日ですが、駐車場から渓流ポイントへ歩く途中で聞こえたのが数羽のキビタキの囀り。それも、眼の前の木の高い枝で鳴いているようです。ターゲットのコマドリが気になるのですが、キビタキも今季初です。すぐに撮れるのならちょっと寄り道も?と、声のする方を見上げてみました。すると、少し枝が被っているものの、姿がくっきりと見えました。しかも、綺麗な♂の成鳥のようです。今季初ですし、こ...

  • リベンジはたったの22秒.... #コマドリ

    急遽予定を変更して出かけたシマアカモズですが、無事に出会えることができ、まずまずの画像を残すことができました。そうなると、今度こそコマドリのリベンジです。前回はせっかく出会えたのに、さあこれから....というところで思わぬ天敵に。今回はそんなことがないようにと祈るばかりです。やはり少しでも人の少ないうちにと、K山の渓流ポイントに到着したのは6時半。予想通り一人ですので、出来るだけ物音を立てないように、...

  • コマドリよりも珍鳥に.... #シマアカモズ

    この日は、コマドリのリベンジにK山へ行こう....と、早朝からスタンバイ。そして、車に乗り込もうとした矢先に、シマアカモズの出現地を教えていただきました。当然、この時点でコマドリへの決心が揺らぎます。コマドリはまだまだチャンスがあるでしょうし、機会は少ないとはいえ、毎年出会えています。やっぱりレアもののシマアカモズにしようと急遽行き先を変更、その10分後にはすでに高速道路を走っていました....笑。そして...

  • 警戒心、大丈夫でしょうか.... #アメリカヒドリ

    ツグミやシロハラもまだまだ多くみられますが、河川敷の草地にはまだヒドリガモの群れが。カモ類もかなり数が減りましたが、ヒドリガモはまだまだ多く見かけます。そして、その中にはまたまたアメリカヒドリが混じっていました。アメリカヒドリは2ヶ月ほど前にも、同市のS池の公園の芝生上で2羽並びで出会っています。私が撮影を始めたころは、アメリカヒドリといえばかなりの珍鳥とされており、居場所を教えてもらうと少々遠く...

  • これって普通のシロハラ?.... #シロハラ

    続々と夏鳥の到着が始まりましたが、まだまだ居残っている冬鳥も....。かなり少なくなったとはいえ、もともと数の多いツグミやシロハラ、それにジョウビタキ等はまだ当たり前のように見かけます。この冬に出会えていない鳥は別としても、もう帰っていく鳥にはさすがに触手は動きません。この日も芝生の上で見かけたのはシロハラ。最初は、「まだ居るなぁ....」と思ったくらいでレンズを向けないつもりでしたが、何故かちょっとした...

  • まさかの天敵が登場です.... #コマドリ

    先週初めに、コマドリ狙いで出かけた地元K山の渓流ポイントですが、出会えたのはまさかのルリビタキ。うーん、ちょっと早すぎたのかもしれませんね。と言うことで、数日後に再訪です。カメラマンだけでなく、ウォーキングや散歩の人が居ない早朝に到着して足早にポイントへ向かいますが、この日もコマドリらしき鳴き声は聞こえません。嫌〜な予感を感じながら、ポイントへ到着。予想どおり私一人です。そして、できるだけ目立たな...

  • この時期ならではの行動でした.... #ウグイス

    春の渡りのトップバッターとしてセンダイムシクイを撮影できましたが、至るところに同じようなビジュアルのウグイスも。普段はブッシュの中に隠れてなかなか撮影できないウグイスですが、この時期は抜けた枝の上で大声で囀っています。確かにこうして比べると、全体に灰褐色で緑っぽいムシクイ類よりは地味な色合いです。見た目は地味ですが、スタイルはムシクイ類とほぼ同じスタイルで可愛いですね。今回も他の鳥の声が聞こえなく...

  • 渡りのトップバッターは.... #センダイムシクイ

    コマドリ狙いで訪れたK山の渓流ポイントでしたが、収穫はまさかのルリビタキのみ。その後1時間あまり待ちましたが、コマドリの居るような気配はありません。それでは、オオルリかキビタキを....と遊歩道に戻りましたが、こちらもダメ。結局、アオジやシロハラ等、居残り組の冬鳥以外にはたいした収穫がありませんでした。そして、今度は日を改めて隣市A公園へ。こちらも広い公園なので、今度こそ渡りの子が撮れるだろうと期待に...

  • 全然色が違いましたぁ.... #ルリビタキ

    つい数日前までは、桜が咲いたかと思ったら雪の降る地域があったりと、天候不順な日々が繰り返されていましたが、やっと春の陽気となったようですね。こうなると、気になるのはやはり夏鳥の到着です。ここ数日前になって、オオルリやコマドリの情報が聞かれるようになっていますし、もう数日するとキビタキやコムクドリも到着すると思われます。と言うことで、早速K山を訪れてみました。3年前の2019年は桜の開花が遅かったのもあ...

  • イソヒヨドリの傍には.... #イソシギ

    久しぶりにイソヒヨドリに出会ったK浜でしたが、傍にはイソシギも居ました。留鳥とはいえ、私が撮影を始めたころはあまり地元では見かけませんでした。しかし、最近はM川、K浜ともに撮影に出かけるたびに見かけるようになっています。今回も工事が終わったK浜の堤防沿いの遊歩道を歩いていると、なんと4羽も遭遇。数そのものも増えているのでしようか....。⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️イソシギイソシギイソシ...

  • 6度目の車検を受け、10年目突入です.... #車検

    今年も愛車ジムニーシエラの車検の時期がやってきました。途中2018年に4ナンバー化していますので、今回は6度目の車検で10年目に突入です。今年も例年どおり、行きつけのGSで作業をしていただきました。昨年は混雑のため管轄の神戸陸運局で希望日の予約が取れず、急遽寝屋川陸運局まで走ってもらう....というドタバタがありましたが、今年は通常どおり神戸での検査です。今回は事前の点検時にエンジンオイルおよびエレメント...

  • K浜といえば.... #イソヒヨドリ

    さて、K浜といえば、毎回のように出会えるのがイソヒヨドリ。M川沿いの自宅付近でも頻繁に鳴き声を聞くのですが、止まっているのはたいていマンションとかショッピングセンター等、大きな建物の屋根の端。さすがに人の住む建物にレンズを向けるのは抵抗があるので、出会いの割にはほとんど撮影できていません。たまには河川敷のコンクリートや道路標識に止まってくれたりもしたのですが、なかなかそんな機会は少ないです。このK...

  • 予想どおりウミアイサも.... #ウミアイサ

    大規模工事が完成し、ほぼ4ヶ月ぶりに訪れたK浜での最初の撮影は、夏羽のカンムリカイツブリでした。ただ、鳥までの距離がかなりあり、何とか撮影したものの、画像としてはいまいち不満です。しかも、数羽居るうちの半数程度は寝ているのか、首を畳んでしまって動きがありません。これは待っても近くへ来てくれないだろう....と他の鳥を探すことに。すると、近くにはこれも予想どおりのウミアイサが。ざっと数えてみると、♂♀合わ...

  • やっと工事が終わりました.... #カンムリカイツブリ

    大規模な修復工事のため、昨年の夏場より堤防沿いの遊歩道が通行止めになっていた隣市のK浜。確か、工事の期間が3月25日までだったと記憶していたので、早速様子を見に行ってきました。この時期はまだ渡りのシギチも到着していないと思いましたが、ウミアイサかカンムリカイツブリなら居るだろう....と。ひょっとすると近くのA浜で撮影した夏羽のハジロカイツブリにも出会えるかもしれません。この地の工事の様子を知ったのは...

  • お見送りはオオセグロ?.... #オオセグロカモメ

    結局、1羽の渡りのカワアイサには出会いましたが、やはりこの地の住民の2羽は不在。飛べないとは言われていますが、それがどの程度なのかは不明です。全く飛べないのなら、この流域外に出て行くことは無いでしょうし、少しでも飛べるのなら、近くの水辺で暮らしている可能性も。いずれにせよ、こんなに長い期間出会えないのは初めてですのでやはり気になります。この日も7kmあまりの往路を歩き、引き返そうとしたところで、こ...

  • M川と言えば.... #カワアイサ

    特に目的もなく出かけたこの日のM川河川敷ですが、メインターゲットは工事の状況の記録となってしまいました。しかし、私にとってこのM川の主役はやはりカワアイサ。しかも、大陸から渡ってきている渡りの子ではなく、この地の住民です。このブログでも何度も紹介していますが、この地には翼?を傷めて北の国へ帰れないカワアイサが2羽居ます。このうちの1羽に私が初めて出会ったのが2016年のお盆です。後から聞くと、その数年...

  • M川が工事だらけに.... 

    今季はオオハムやヘラサギ等レアもので賑わったM川ですが、あの賑わいの後あちこちで大掛かりな工事が。朝のランニング中にも気づいていましたが、今月初旬ころから急に工事が増えているようです。関係部署の予算が余ったのかどうかは解りませんが、毎年この時期になると必ず工事か増えますよね。ほんとに必要なら期の初めからさっさとやればいいと思うのですが。先日、ユリカモメを撮影した後、河川敷を歩いてその様子を見てきま...

  • もうすぐ夏姿?.... #ユリカモメ

    3月も残すところ、あと数日となりました。この時期になると、撮影のターゲットおよび行き先に迷います。さすがに夏鳥が渡ってくるのは少し早過ぎますが、もう何度も撮影した冬鳥を追いかけるのもいまいちテンションが上がりません。同じ冬鳥でも、今季これまで出会えていない種なら大歓迎ですが、そんなに世の中甘くはありません。しかも、まだまだ寒い日と暖かい日が日替わりで繰り返され、撮影に出かける時は服装も悩みます。こ...

  • まさかのメンバーが揃いました.... #クイナ

    この地では待望のヒクイナに初めて出会うことができました。そうなるとやはり気になるのはクイナです。クイナもヒクイナも生息していると....と言われていたこの地ですが、不思議に一度も出会えたことがありません。そんな中、初めてヒクイナに出会ってしまうと、欲が出るのは当然です。まわりで一緒に撮影していた数人のカメラマンと、「これでクイナも出てくれたら、オールキャストやなぁ....」というような会話が弾みます。そし...

  • 随分久しぶりでした.... #ヒクイナ

    久しぶりのバンを撮影していると、後ろのブッシュにもう1羽いる?…と。直後に姿を現しましたが、バンではなくヒクイナでした。この地にクイナやヒクイナが生息していることは以前から知っていましたが、これまで出会ったことはなく、今回が初めてです。ヒクイナは他所で数回撮影したことがありますが、前回出会ったのは5年前のこの日なので、随分久しぶりでした。その時の記憶をたどっても、ヒクイナは警戒心が強くてなかなか近...

  • レンズを向けるのは久しぶりでした.... #バン

    地上でのセッカはビックリしましたが、その前を優雅に泳いでいたのはバン。ここ数年は子育ての時期こそ、ターゲットにして撮影に出ることが多いですが、それでも前回からは8ヶ月ぶりです。しかも、成鳥の単独撮影はこの日以来なんと7年ぶりでした。いや、7年ぶりに撮影したのではなく、ボツにしてHDDの中に眠っているのだと思われます。それでも、近場のフィールドで見かけることは最近になって減ったような気がします。その...

  • こんなところにこの鳥が.... #セッカ

    茂っている葦の付近に1羽の鳥が飛んできました。オオジュリンとかなら茂みの中に入るだろうと思っていると、降り立ったのは手前の草地。少し距離もあったのでよく解らなかったのですが、オオジュリンでもなさそうです。草地に降りただけに、スズメか?ホオジロか?とも思いましたが、ちょっと顔立ちが違うようです。と言って、スズメやホオジロのようにスルーしてしまうような鳥でもなさそうなので、とりあえずレンズを向けること...

  • 皆さまの携帯事情は?....

    「今月末でガラケーが使えなくなる」という言葉を、最近頻繁に耳にするようになっています。調べてみると、実際に該当するのはauのみ。確かに今後は使えなくなるのですが、NTT docomoは2024年の1月下旬、SoftBankに至っては2026年の3月末のようです。これはガラケーそのものが使えなくなるのではなく、3G回線の提供が終了するということで、3G回線しか使用できない端末が使えなくなる....というのが正しい内容。ですので、ガラケー...

  • この子はタヒバリでしょう.... #タヒバリ

    先日は、コジュリン?らしき未見の鳥を撮影したものの、いまいち識別に確信ができず、悩んだまま日にちが過ぎています。同日の直後に、タヒバリらしき鳥も撮影しておりました。タヒバリも珍鳥ではないものの、普段はなかなか出会えない鳥ですね。そもそもインターゲットにして、撮影に出かけるような鳥でもありません。私自身もこの日のM川に続いて2回目、4年ぶりの撮影となりました。しかし、これまた現像中に少し違和感が.......

  • たぶんライファーだと思います.... #コジュリン

    この日は久々ににオオジュリンのいい感じの画像が撮れましたが、その後も葦には次々と色んな鳥が。そして、この鳥も葦に踏ん張るように止まります。またオオジュリンだと思いながらファインダーを覗くと、ちょっと違うかも?という違和感が。それでも?と思った時は撮影しておかなくては....と連写しました。そもそもこの日のこの地でのメインターゲットはホオジロハクセキレイ。到着早々、あっという間にGETできているので、その...

  • いいところでモデルになってくれました.... #オオジュリン

    この時期、フィールドに出かけると比較的よく出会える鳥ですが、なかなかうまく撮影する機会に恵まれません。出会えてレンズを向けても、たいていは葦等の茎の間に足を広げて踏ん張っているシーン。それも天辺でないことが多く、全身が見えない等被っていることがほとんどです。しかも、レアものではないので、わざわざこの鳥をインターゲットにして撮影に出かけることはほぼありません。それだけに、過去に撮影した機会も少ないで...

  • ライファーを求めて.... #ホオジロハクセキレイ

    西の地の池でのライファー情報....、そのターゲットはホオジロハクセキレイ....と。もちろん出会った事がありませんので、すぐにはビジュアルが浮かびません。ただ、名前から想像するとハクセキレイの顔が白いのだろう....と。一応図鑑で確認してみると、確かに顔の白いハクセキレイで、通常は中国大陸、朝鮮半島、台湾等に生息している....とのことでした。ただ、○○ホオジロ、○○キビタキというような亜種の場合は見分けが難しい種...

  • 副反応から何とか回復です.... #ルリビタキ

    一昨日にはまたまた大きな地震が発生しました。今回、被害に遭われた皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。私事ですが、昨日は三回目の新型コロナワクチンの副反応でダウンしておりました。3日目の今日も、午前中は未だ全身がだるく80%程度の回復といったところでしたが、夕方になってようやく楽になってきました。三回目はワクチンの量も一、二回目の半分とのことですし、身体の反応も慣れているか?と思いましたが、意外に大...

  • 三回目のワクチン接種しました.... #新型コロナワクチン

    今日は三回目の新型コロナワクチンの接種に出かけてきました。一、二回目の接種時は、居住地の宝塚市内ではなかなか予約がとれず、西宮市立体育館での兵庫県主催の大規模接種センターまで出かけて接種した....という経緯が。そんなことがあっただけに、今回はどうなるのか?と不安になっていました。そして、先月半ばに三回目の接種券が届いたのですが、なんと本日の日時がすでに記載されています。勝手に決められていた....という...

  • 短時間を有効利用.... #オシドリ

    北摂の某公園へオシドリの様子見に行ってみました。もともとこの地に毎年オシドリが渡ってきて長時間滞在するのは知っており、過去には何度も撮影に訪れました。しかし、運が悪いと池の縁にある木の葉っぱの奥に隠れてしまい、ほとんど見えなくなるので、当たり外れの多いフィールドです。ここ数年は、地元のK池や西の地の市街地の公園の池等、近場で出会える機会が増えていたので、しばらくご無沙汰しておりました。そして、しば...

  • 今年も夏羽に出会えました.... #ハジロカイツブリ

    今年もハジロカイツブリの夏羽情報をいただきました。今年はこの近くのK浜で大規模工事が行われており、冬場になってからは訪問していないので、ハジロカイツブリは随分久しぶりです。しかも、夏羽となると行くっきゃない....と。昨年も一昨年も無事に出会えており、今年も色が変わるまで居てくれたのはありがたいことです。それでも、色が変わると言うことは北帰が近いと言うことですし、ぐずぐずはしておれません。そして、現地...

  • 近過ぎるのも不満です.... #コウノトリ

    出現から日にちが経っていただけに、もう抜けたかも?と思いながらのコウノトリとヘラサギ。運には恵まれたようで、2種とも無事出会うことができました。しかし、コウノトリは遙か彼方で採餌をしていますし、ヘラサギはほとんど寝ていて、顔と上半身しか動きがありません。撮影中には1歩も動かなかったので、画像には不満が残りました。と言って、どうしても撮り直しをしたいほどの不満でもなかったのですが、後日他所へ出かける...

  • 遠いですが、存在感は抜群です.... #コウノトリ

    ヘラサギとの再会は嬉しかったのですが、ほとんど寝ている様子で俯いたまま1歩も動きません。直射日光が直接当たる東向きで寝ているので、眩しくないのか?と。それでも他の鳥が近づくと大きな口を開けて威嚇する等、多少の動きを見せるので、数パターンの違うポーズの画像を残すことができました。そんな時すぐ上空をヒラヒラと何かが横切りました。視線を向けると、白くて大きな鳥なので、先ほどのコウノトリが飛び出した様子で...

  • 再会?.... #ヘラサギ

    隣市のK池公園にコウノトリが居るとのことで、先月から話題になっています。当初はNHKのTVで放送されたり、朝日新聞に記事が掲載されたり....と大フィーバー。私自身はこれまで何度も県内のT市を訪れており、本場でのコウノトリを見ていますのであまり触手が動きません。しかも、これだけメディアに取り上げられると、飛来直後の週末は大混雑だったようです。この地は中央の池はかなり広いですが、公園そのものはそんなに広...

  • 一瞬だけの再会でした.... #オジロトウネン

    地元近くのN池/西池ですが、今季は早々と水が抜かれたので、この地でミコアイサやアメリカヒドリ、そしてヨシガモ等に出会うことができませんでした。水が抜かれるのはこれまで12月半ばだったのですが、今季は11月末にはもう空っぽでした。その影響でこの冬場はほとんどこの地へ出かけることがなかったのですが、ふと思ったのは水が戻されるのはいつ頃だろう....と。近場の数ヶ所の池を巡回していたミコアイサは最近は見かけなく...

  • 今後はどう走ろうか?.... 

    残念ながらドタキャンしてしまった3月6日の「淀川寬平マラソン2022」。混乱もなく無事終了したようですが、TVやネットなどで当日の様子を観ると、「ちょっと残念だったな....」と少し感傷的になってしまいました。それでも、前日の大阪府は9,000人以上が新型コロナウイルスに感染しており、正しい判断だったとは思っています。そして、今朝は大会後初めて普段のランニングに出かけてきましたが、やっぱりいまいちテンションが↓↓↓。...

  • トラフズクは空振りでした.... #ウグイス

    5年ぶりに撮影のチャンスに恵まれたコミミズク。1度目の訪問は何とか姿は見えたものの草の被った遠い静止画像のみ。あまりの寒さに途中でダウンしてしまい、早々に諦めてしまいました。しかしリベンジに行った2度目は、到着後たった30分で近距離の静止画像と飛翔シーンが撮れ、何とかリベンジを果たすことができました。もう少し粘ろうとも思ったのですが、ブッシュに逃げ込んでしまった後は動きがありません。1度目の帰り道に...

ブログリーダー」を活用して、えむ・おーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
えむ・おーさん
ブログタイトル
えむ・おーの鳥日記
フォロー
えむ・おーの鳥日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用