searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

abneyさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
abneyのカラダノート
ブログURL
https://www.abney.fit/
ブログ紹介文
フィットネスインストラクターがダイエットや健康について考えるブログです。
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2018/12/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、abneyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
abneyさん
ブログタイトル
abneyのカラダノート
更新頻度
33回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
abneyのカラダノート

abneyさんの新着記事

1件〜30件

  • ダイエットにも健康にもトランス脂肪酸は避けておこう!な話

    こんにちは。 コーヒーフレッシュの話でトランス脂肪酸についてちょっと書いたので、今回はもう少し詳しく書こうかと。 トランス脂肪酸ってのは主に植物油脂の加工品に含まれる成分で、糖尿病などの健康リスクが懸念されています。また、体内の炎症を促進して、老化や肥満に繋がる恐れもあったりします。 余談ですが、牛や羊なんかは胃の中の微生物の働きによってトランス脂肪酸が発生するため、牛肉や羊肉、牛乳などにもトランス脂肪酸は含まれますが、その量は微々たるもの。それほど気にする必要はないかと思われます。やはり気をつけるべきは植物油脂の加工品。 トランス脂肪酸を多く含む代表格と言いますと、まずはマーガリン。バターに…

  • コーヒーフレッシュは身体に悪いのか問題

    こんにちは。 私自身はブラック派なんですが、コーヒーにミルク代わりにコーヒーフレッシュ、小さなプラスチックに入った白い液体のアレですね。アレを入れて飲む方も多いと思います。今回は、果たしてアレが健康に良いのか悪いのかというお話。 コーヒーフレッシュについて詳しくご存知ない方のために書いておきますと、アレは植物油脂に水と添加物を加えてなめらかさを出したもの。ミルクやクリームだと思っている方も多いかもですが、実際にはどちらでもなく、いわば「ミルク風味の油」です。 このコーヒーフレッシュ、様々な添加物を使用しているため、「健康にめちゃくちゃ悪いんじゃないか」という説もありますが、実際のところはどうで…

  • 肌をキレイにしたいならアレを減らせ!な話

    こんにちは。 肌をキレイにしたくて様々なスキンケアをしている方は多いかと思いますが、以前にも書きましたように、高価な化粧水や美容液なんかを使用しても、値段に見合う効果があるかは微妙なところ。 www.abney.fit やはり肌をキレイにするのは食事と睡眠(あと筋トレ!)でして、たんぱく質やビタミンCなんかが肌をキレイにするのに役立つのは知られている通りですが、逆に過剰摂取しているモノが肌の質を悪くしてしまっている可能性があるので、それは減らした方が良いんじゃない?ってのが今回のお話。 粗悪な油や添加物など、肌の質を悪くする食品はたくさんありますが、中でもわりと手っ取り早く減らせるものとしては…

  • ダイエットに使えるホットケーキミックスがすごい!!

    こんにちは。 今日はちょっと閑話休題的なお話。少し前に近所のスーパーで、すごいホットケーキミックスを見つけまして、そちらをご紹介。 こちらは日清さんのホットケーキミックス。パッケージには「1日分の食物繊維入り」と記載されております。食物繊維の量も健康やダイエットには重要な点ではありますが、特筆すべきはこのホットケーキのPFCバランス。 ご存じない方のために書いておきますと、PFCバランスってのは食品に含まれるProtein(たんぱく質)、Fat(脂質)、Carbohydrate(炭水化物)の3つのバランスの事。ダイエットにおいてどのくらいの割合で摂取すれば良いかは以前の記事で書いておりますので…

  • ダイエットでGI値を気にするのは意味がないのでは!?

    こんにちは。 「ダイエットするならGI値の低い食品を選んで食べると良いですよ」って言う方がわりと多いんですが、これは実際の所どうなのかというのが今回のお話。 ご存じない方のために説明しておきますと、「GI」というのは「グリセミックス・インデックス(Glycemic Index)」の略で、GI値は、食べたものが食後にどれくらい血糖値を上昇させるかを示した数値のこと。ブドウ糖を最高値の「100」として数値が低くなるほど血糖値が上昇しにくいとされています。 なぜ血糖値がダイエットに重要なのかと言うと、食事によって上昇した血糖値を下げる際に働くホルモンであるインスリンが、摂取したエネルギー(基本的には…

  • その辺のスーパーなんかで普通に売ってるアレが運動後の疲れに効く!!

    こんにちは。 仕事柄、日常的にそこそこハードな筋トレを行なっているわけですが、年々、疲労の回復が遅くなってきています。アンチエイジングにも気を遣ってはいるものの、悲しいことに着々と老化は進んでいるようです。 そこで運動後の疲労、特に筋肉痛の回復に有効な手段を改めて調べてみたところ、近年では「フィッシュオイルが運動後の疲労回復に有効」という研究が結構あるようです。要は「魚の油」ですね。 現時点では筋肉痛のメカニズムが全て解明されているわけではないんですが、エクササイズのストレスによって筋肉が炎症を起こすのが一因と言われておりまして、フィッシュオイルに多く含まれるオメガ3系脂肪酸は炎症を抑える作用…

  • 健康のためにドライフルーツはやめた方が良いという話。

    こんにちは。 健康的なイメージを持っていながら、実は健康には悪いみたいな食べ物はたくさんあったりします。今回はその1つ、ドライフルーツのお話。 ドライフルーツはその名の通り乾燥させた果物で、元は保存食として開発されたのですがあ、現在ではオヤツやヨーグルトのトッピングなどに使われる事が多くなりました。 さて、そんなドライフルーツですが、原材料が果物なので健康に良いイメージを持っている方が多いようで、中には「乾燥させることで栄養が凝縮されて健康効果が高くなる」なんて言う人もいたりするほどです。 しかし残念ながら、果物の大半は水分量が多い食べ物でして、乾燥させて水分を抜いてしまえば1個あたりの体積は…

  • 「味の素」は身体に悪いのか問題

    こんにちは。 今回は「うま味調味料」につきまして。有名な商品で言えば「味の素」ですね。近年ではだいぶ減ってきたんですが、「味の素は身体に悪い」みたいな説がありますんで、今回はコチラを紐解いていこうかと。 「味の素は身体に悪い説」は、1970年頃に中華料理店で食事をした人が健康被害を訴え、それを調査した科学者が、中華料理に使われているグルタミン酸ナトリウム(味の素の主成分)が健康被害の原因であるという医学論文を発表したのが発端。 ワシントン大学の研究では、マウスに体重1kgあたり、0.5gのグルタミン酸ナトリウムを投与すると、約半分のマウスは神経細胞の損傷が起こり、投与する量を1gに増やすと、全…

  • 野菜を先に食べると痩せる!!・・・・のか!?

    こんにちは。 少し前ですが、ダイエッター達の間で「ベジファースト」なるものが流行りまして。「食べ順ダイエット」とも呼ばれていたりしたんですが、ご飯やパンなどのいわゆる「主食」よりも野菜を先に食べる事で食べたものを脂肪に変えにくくするダイエット法ですが、今回は、実際にこれは効果があるのかって話です。 なぜ主食を後回しにすると食べたものが脂肪に変わりにくいという理論なのかと言いますと、そのポイントは「血糖値」。人間は食べ物を食べると血糖値が上がりまして、その血糖値を下げるために近年、一般的に知れわたってきた「インスリン」というホルモンが働いてくれます。 このインスリンが働いて血糖値を下げる時に血液…

  • ダイエットのためのオートミール入門!!

    こんにちは。 コロナの影響で仕事や外出することやどうしても減ってしまい、ちょっと体脂肪が増えてきましたので、かなりゆるくですが、減量をしております。最近は減量食にオートミールを取り入れておりまして、良い機会なので今回はオートミールについて書いていこうかと。 オートミールとは、オーツ麦という麦を脱穀して加工したもので、ボディビルダーを始めとするボディメイクガチ勢の方達に人気の食材であり、特に減量中によく食べられる方が多いようです。平たく言えば減量向けの食材と言うことですね。 このオートミール、なぜ減量向けかと言いますと、まずは食物繊維の豊富さ。 1食あたり30gとして、大体3gほど食物繊維が含ま…

  • ダイエットの大敵!「どうにでもなれ効果」の対策!

    こんにちは。 以前、ダイエットでつまずいた時のメンタル回復法について書きましたが、今回はその延長の話。つまずいた所からきちんと習慣化させる、ダイエットに限らず禁煙や貯金などにも使えるお話です。 以前の記事はこちら↓ www.abney.fit 前述の記事でも書きましたが、ダイエット中などについ高カロリーな食べ物を食べてしまい、その後はダイエットの事などを忘れたかのように食生活があれてしまうといった状況は心理学では「どうにでもなれ効果」と呼ばれております。 どうにでもなれ効果の怖いところは、「1つ失敗をしてしまうと、他のところでもどうでも良くなる」事です。例えば、ダイエット中に誘惑に負けて甘いも…

  • 筋トレとプロテインで老化も予防できるという嘘のようなホントの話

    こんにちは。 「筋トレが最強のソリューションである」なんて過激なタイトルの本があったりするんですが、実際に筋トレの効果は単に筋肉をつけるだけでなく、多岐に渡るんですよね。「筋トレしてプロテイン」っていうと、昔はボディビルダーを始めとする筋肉ガチ勢のイメージがありましたが(今でも若干そうですが)、だんだんと老若男女を問わず、美容や健康のためにも良いという事実が浸透してきましたね。 さて、今回はそんな筋トレとプロテインが老化の防止にもなるという話。 以前から何度か書いておりますが、筋トレをすると、人間が日常的に分泌している、「ソマトトロピン」というホルモンの分泌量が増加します。ソマトトロピンはみな…

  • ゼロカロリー食品は悪者なのか?な話

    こんにちは。 7月までの涼しさが嘘だったかのように、8月は暑い日が続きますね。そんな夏場はアイスやジュースが美味しかったりしますが、カロリーも気になるところ。最近ではゼロカロリーの飲料やゼリーなんかも増えてきましたね。ダイエッターのみなさんにはゼロカロリーってのは魅力的に感じるんじゃないかと思いますが、このゼロカロリー食品は、カロリーの無い人工甘味料によって甘みを付けることによって作られています。 ちなみに余談ですが、ゼロカロリーのアイスも以前は販売されていたらしいんですが、いかんせん、アイスの美味しさは乳糖や乳脂肪分によるところが大きいので、人工甘味料の味付けのみで完全にゼロカロリーにするよ…

  • バストサイズアップのサプリって効果はあるの?な話

    こんにちは。 ネットの広告なんかでは様々なサプリメントの宣伝を見るわけですが、中でも。たまに見かけるバストアップサプリ。これは果たして効果があるのか?っていうお話です。 結論から言ってしまうと、サプリに効果が無いと断言まではしませんが、現時点では女性のバストサイズをアップさせる明確な方法は科学的には確立されておりません。なかなか残念なお話ですね。 もちろん真面目にサプリメントの商品開発されているメーカーさんもあると思うんですが、こういった美容系のサプリメントに関しては効果が大して無い商品を高額販売していたり、商品自体が安価でも購入の際に入力した顧客情報を他の業者に横流ししていたりと、わりと闇の…

  • マスクを着けて運動をすると効果は高くなるの⁉の話

    こんにちは。 コロナウィルスの影響で外出時はマスクを着用するのがマナーになりましたね。私が働くスポーツクラブでも運動時のマスク着用を基本としており、さらには街中でマスクを付けたランナーをチラホラ見かけたりもする今日この頃です。 マスクを着用して運動するのは着用なしより当然の事ながら息苦しいわけですが、着用して運動をする事によって、運動の効果はどう変わるのかというのが気になるところ。確かに体感的に苦しい運動をすれば、より高い運動効果が得られそうな気はしますねえ。マスクと運動効果の関係性の研究もチラホラ行われているようですので、少し調べてみました。 まずはマスク着用の運動によって実際に身体の負担は…

  • 夏の疲労対策!サングラスと超大事な注意点!

    こんにちは。 今年は例年よりかなり梅雨明けが遅いようで、九州南部でやっと梅雨が明けたそうで、これから本格的に夏になるようですね。さて、私自身も最近に得た情報なんですが、なんでも簡単に夏の疲労を軽減できるんだとか。今回はそんなお話を。 夏場の疲労は、シンプルに暑さ、そして暑さと冷房の効いた室内との寒暖差から来る自律神経の乱れなんかが主な原因と言われております。そしてもう一つ、夏特有の自律神経の乱れにつながる要因がありまして、それは「強烈な紫外線」。 紫外線はその波長からUVAとUVBの2種類に分けられ(厳密にはUVCも含めた3種類ですが、UVCはオゾン層によりブロックされるため、地表までは届かな…

  • セルライトの真実

    こんにちは。 今日は「セルライト」に関して。 ご存じの方も多いかもしれませんが、セルライトとは、何らかの原因で脂肪細胞が内側から突き出て皮膚の表面に凹凸が現れた状態のこと。部位としては二の腕や太もも、お尻あたりに出来やすく、比較的、女性の皮膚に出来ることが多く、男性に起こる事は少ないようです。気になる方は画像検索して頂ければたくさん出てきますんで、ここでは画像は貼らないでおきます。 さて、よくセルライトはリンパの流れが悪くなって出来るだとか、老廃物が脂肪に溜まった状態だとか言われたりするんですが、これはハッキリ言って大間違い。セルライトは脂肪の細胞同士を結合している結合組織に歪みが生じ、皮膚に…

  • 集中力とパフォーマンスを最大限に発揮するシングルタスク

    こんにちは。 以前、「マルチタスクは脳に負担をかけて疲労の原因になるよ!」って話を少しだけ書きましたが、そもそも人間の脳は同時に複数の事に集中できないため、1つ1つの事を順番にこなして行く方が、結果的には集中力を発揮して効率よく物事が進みます。今回はそんなお話です。 さて、前述の通り人間の脳は同時に複数の事に集中できないようにできているのですが、何か2つ以上の作業を同時に行なおうとする時、例えば「資格試験のための勉強をしつつ、ビジネスのアイディアを出そうとする。」なんて時には、脳の前頭前野という、考えたり記憶したりする部分の取り合いが起こっています。 この時、前頭前野は同時進行している作業に対…

  • メンタル疲労に強くなるために「脳トレ」

    こんにちは。 「疲れない身体」みたいなのは誰もが憧れる所だと思いますが、近年では「疲労感はメンタルが原因じゃないの?」って説が多く出てきています。今回はそんなメンタルの疲労に対抗するためのお話を。 ちなみに疲労の原因ってのは千差万別で、単純に肉体労働などによる身体の疲れや、頭脳労働による疲れ、悩み事やストレスから疲労することもありますし、意外な所では、「腸内環境が悪いと身体はどんどん疲れる」なんて話もあったりします。 なので、一概に「これをやれば疲れ知らず!」みたいな完全無欠の解決策みたいなものは存在しないんですが、今回は前述しました、頭脳労働からくるメンタルの疲労に強くなる方法をご紹介します…

  • 劇的に眠りにつける!認知シャッフル睡眠法!

    こんにちは。 これから蒸し暑い季節になるにつれて、夜も寝付きが悪くなる日が出てくるのではないかと思います。今日は、なかなか寝付けない夜の対策、「認知シャッフル睡眠法」をご紹介。 元々はカナダのサイモン・フレーザー大学の認知科学者、リュック・ボードウィン博士が考案した睡眠法で、脳に「眠りのスイッチを入れさせる」睡眠法です。 ボードウィン博士が提唱する具体的な方法としては、布団に入ったら、まず1つの英単語を思いうかべ、その単語を綴っているアルファベットを頭文字にした単語をどんどん連想するというもの。 例えば、「BIRD(鳥)」を最初に思い浮かべたら、その後は、「B」から始まる単語、「BREAD(パ…

  • これには気をつける!腸内環境を悪くするマイナス習慣!

    こんにちは。 前回、前々回と腸内環境に関して書いてきまして、一旦の締めくくり、今回は腸内環境を悪くしてしまう習慣につきまして。どれも厳密にゼロにするのは難しかったりはすると思いますが、意識して減らす事で、腸内環境の良好な状態に近づけられますので、参考にして頂ければ。 ①飽和脂肪酸の摂りすぎ 飽和脂肪酸ってのは、肉や乳製品、チョコレートなんかに含まれる成分で、身体のエネルギーになってくれます。しかし、人間は体内で飽和脂肪酸を合成できる成分でして、あえて意識して摂取する必要はほとんどない成分です。 肉はアミノ酸スコアの良いタンパク質、チョコレートはアンチエイジングに有効なポリフェノールが摂取できる…

  • 腸内環境を良くするガイドライン

    こんにちは。 腸内環境がなぜ大事なの?って話を書きましたので、今回は続編ということで、腸内環境を良くするためのお話です。 www.abney.fit 基本的に腸内環境ってのは腸の細菌のバランスによって決まるんですが、大きく分けて善玉菌と呼ばれる細菌と、悪玉菌と呼ばれる細菌、また善玉、悪玉どちらにもなり得る日和見菌という細菌の3種類に大別され、善玉:悪玉:日和見のバランスが2:1:7がベストと言われております。 とはいえ、腸内細菌のバランス調整を厳密に行うのは不可能に近いですし、現代人の生活習慣は悪玉菌が増えやすいので、基本的には善玉菌を増やすことを考えれば良いかと思います。 腸内の善玉菌を優位…

  • 改めて腸内環境の重要性を書きつづっていきます

    こんにちは。 今回は改めて「腸内環境は大事だよー」ってお話をしていこうかと。 近年、腸内環境の重要性に注目が集まっていますが、そもそもなんで腸内環境が重要かと言いますと、主には3つの理由から。 ①食べた物の代謝に関わる みなさんもご存知かとは思いますが、腸ってのは消化吸収や便の排出に関わる器官でして、腸の状態が悪いと、食べた物の栄養を充分に吸収しきれなかったり、消化した食べ物の排泄が上手くいかなかったりして、老廃物が体内に残りやすくなってしまいます。 ②免疫機能を正常化する 以前も書きましたが、「腸管免疫」と言いまして、腸は単に消化器官ではなく、全身の免疫機能の6割を腸がコントロールしておりま…

  • 便秘改善の3つのポイント

    こんにちは。 私自身はどちらかといえばお腹を下しやすい体質だったりするんですが、私とは逆に便秘で悩む人はわりと多いようですので、今日は便秘対策について。 一言で便秘と言っても原因は様々で、ストレスが原因で便秘になったりする事もあったりしまして、原因の改善が1番の方法ではあるんですが、ストレスなんかが原因の場合は「手っ取り早く解決!」とは行かないと思いますので、今回は便秘改善に効果が出やすいシンプルな3つのポイントをご紹介します。 ①食物繊維を摂取する 「便秘には食物繊維」ってのはわりと知られてるんじゃないかと思うのですが、食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありまして、便秘の…

  • サラダ油はオリーブオイルに替えろ!な話。

    こんにちは。 前回に引き続き「脂肪酸」について。今回は「どんな油を摂ったらいいのか?」ってお話です。前回の話は下記のリンクから。読まずに今回の話を読んでも多分大丈夫です。 www.abney.fit 脂肪酸のオメガ3系、6系、9系に関しては前回の記事で書きましたが、この3つのうち、オメガ9系は人間の体内で作る事が出来る「必須脂肪酸」と言い、残りのオメガ3系、オメガ6系は体内で作る事ができない「非必須脂肪酸」と言います。 世間的にはオメガ3系は健康に良い、オメガ6系は健康に悪いなんて言われていますが、必ずしもオメガ6系脂肪酸が悪いという事はなく、大事なのは、この2つのバランスになります。 この2…

  • 脂質のオメガ3とか6とか9とかって何?の話

    こんにちは。 以前、脂質を避けるべきか問題で書きましたオメガ3系脂肪酸。今回はもう少しだけ掘り下げて書いていこうと思います。 www.abney.fit まず前提として、脂質を構成する物質が「脂肪酸」。これは炭素、水素、酸素が鎖のように繋がった物質で、この3つの物質の繋がり方、具体的には「分子の構造」により脂肪酸の性質が変わります。 簡単にざっくり例えますと、たくさんの子供達が両手に1個づつ、おもちゃを持って横一列に並んでいるところをイメージしてみましょう。子供達は物理的には繋がっていませんが、心の絆で繋がっていると思っていて下さい(笑)。心の絆で繋がっている、つまり「結合」している状態です。…

  • 今だから積極的に食べたい超優良食材

    こんにちは。 コロナウィルスの影響で、多くの方が外出する機会がめっきり減ったのではないかと思われます。私自身も食材を買いに出かけるのと、運動不足を感じて近所をたまに散歩する以外は基本的に引きこもって生活しております。 そんな今だからこそ食べる機会を増やしたいオススメ食品が・・・ニンニクです。 ニンニクは昔から「スタミナがつく」なんて言われていますが、科学的にもニンニクの健康効果は証明されていまして、主には疲労回復効果、コレステロール値の改善、さらに近年ではアンチエイジング効果まであるなんて言われております。 また、高い殺菌作用を持ち、免疫力を高めてくれる効果もあるので、まさに今こそ食べる機会を…

  • ネガティブな感情が成功を呼ぶ

    こんにちは。 個人的に昔から強引にポジティブシンキングをしようとする人が苦手だったりするのですが(笑)先日、「どんな時も無理やりポジティブに考えるより、ネガティブな思考を利用した方が上手くいくよー」って内容の本を読みまして、今回はこちらの内容をシェアしていこうと思います。 今回ご紹介するのはブログのタイトルにもしました、こちらの「ネガティブな感情が成功を呼ぶ」という本です。 全体的な内容としましては、ポジティブシンキングを全否定しているわけではなく、ポジティブ感情もネガティブ感情も受け入れて幅広く活用できる人が人生において成功できる可能性が高いといったもの。 感情は全て「情報」であり、良い気分…

  • ダイエット成功のために絶対に習慣化するべきこと。

    こんにちは。 今日は、「ダイエットをするなら絶対にコレをやるべき!」という習慣のお話をします。 今まで、「鏡を見る」や「呼吸をゆっくりにする」などの無駄食いを減らすテクニックなんかはご紹介してきましたが、今回はもっと日常生活に取り入れる根本的な習慣のお話です。 さて、その習慣とは何なのかと言いますと、「記録する」事です。ジムに行って運動した記録などを付けても良いのですが、やはり効果的なのは「食べた物を記録する」事です。 これは主に2つ理由がありまして、1つはシンプルに「人間は思ったより食べている」んですよね。 「それほどたくさん食べていないのに太る」なんてセリフをよく聞きますが、実際にそんな人…

  • 超意外な「ある物」がダイエットの助けになる!!

    こんにちは。 このブログでは、度々ダイエットのメンタルテクニックに関して書いておりますが、今回はダイエット時の誘惑に勝つために意外なアイテムが役に立つというお話です。 さて、先に結論から書いてしまいますが、その意外なアイテムとは「鏡」です。 人間は鏡を見ると、自分を客観的に観察し、思考や行動などを適切な状態に調整する心理的な働きがあります。ダイエットで言えば、鏡を見た際に、お菓子などの「食べるべきでない物」を我慢する力が強くなるという事です。 これは心理学で「セルフモニタリング」と言われている概念で、前述の通り「鏡を見る」事で人間はセルフモニタリングの力が強くなっていきます。 そんなわけでダイ…

カテゴリー一覧
商用