searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

jh1domさんのプロフィール

住所
練馬区
出身
未設定

JH1DOMは東京都練馬区に開局しているアマチュア無線局です。 国内交信を中心に各バンドに出ています。 おもにマンションベランダに設置したモービルホイップアンテナでQRVしています。 CQが聞こえておりましたら、気軽に声かけください。

ブログタイトル
JH1DOM アマチュア無線ブログ
ブログURL
https://jh1dom.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
JH1DOMは東京都練馬区に開局しているアマチュア無線局です。シャックはマンション27階80mH。モービルホイップでQRV!
更新頻度(1年)

113回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2018/12/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、jh1domさんをフォローしませんか?

ハンドル名
jh1domさん
ブログタイトル
JH1DOM アマチュア無線ブログ
更新頻度
113回 / 365日(平均2.2回/週)
フォロー
JH1DOM アマチュア無線ブログ

jh1domさんの新着記事

1件〜30件

  • RTTYに挑戦するも応答なし・・・本日の運用報告

    2021年9月19日(日) 今日の一日あれこれ多忙でまとまった時間を見つけるのがむつかしいままです。そんな中、昨日同様夕方になって少し無線の時間が取れたので、無線機のスイッチを入れてみました。今日の練馬は朝方は雨が残りました。ただ、すぐ晴れて、そのあとは快晴となりました。この時間、東の空にはほどなく中秋となるお月様が上ってきています。 天気がいいのは、最高ですね。 さて、今日はRTTYに挑戦してみました。次第に「そんなモードがあるんだ」というような感じになっているのではと懸念しています。 違います!このモードはとっても楽しいモードなんです。ピーヒョロヒョロと、音がします。これがCQの後に帰ってくるととっても楽しいですよ。しかも、FT8と違って自由に文章が打てます。ちょっと技術は必要ですが、打てます。CWとは比べ物にならないくらい、使えば便利なものです。 もっとも、以前..

  • 28MHzへQRV・・・本日の運用報告

    2021年9月18日(土) 今日の練馬は台風14号が近づいた関係で朝からかなりの降雨となりました。 石神井公園から午後見上げた空も曇り空。公園のあちこちにごく小さい規模とはいえ泥流が流れた跡があり、管理の方はきれいにするのが大変だろうなと思いました。 午後5時半ごろから、時間が少しできたので、今日は28MHzに出てみました。ツイッターでアナウンスしながらまずはCWから始めてみました。都内から二局、応答いただきました。ありがとうございます。RBNを見る限り、同じ時間にアジアで電波を出していたのは当局だけの様子でしたが、見つけていただきありがとうございました。中国には弱く入感しているようでした。引き続いてSSBでCQを出しました。周波数は28.255で出してみました。このバンドはどこでSSBを出せばよいのかわかりにくいところですが、とりあえずここでやってみました。ただ、応答は残念なが..

  • 24MHzでエンジョイ!

    2021年8月28日(土) 東京ではとても暑い日になりました。 地元練馬アメダスの最高気温は35.8度。練馬のアメダスは元日銀グラウのド跡のコンディションのいいところに機械が設置されているので、本当の練馬の暑さは表していないように思います。 アスファルトの上の練馬は今日は40度に近い暑さになっていたと思います。 暑いと消耗します。 外にどうしても出る必要がある用事があって帰ってきた後、シャックに冷房を入れて、よし無線だと思いました。最近、あまり外のアンテナを換えていないことを思い出して、モービルホイップをとっかえひっかええどれにしようかと悩んだ挙句、最後、くじ引きのように24MHzのアンテナが出てきたので「これだ」と思って猛暑のベランダに設置して運用を始めました。 ここの所の電離層のコンディションは今一つのようにですね。今日も、「電離層が見当たらない」ようにNICTのサイト..

  • スキマーの感謝! 見つけていただいてありがとうございます!

    2021年8月24日(月) 遅い時間に6mのCWでCQを出してみました。 応答を、この時間帯に期待するのはむつかしいですし、しかも、今回、CQを出した場所は50.053MHzで、もちろんここが本来の場所ではあるのですが、6mは伝統的にCWもずっと上、50.200±でCWもCQが出されている実態もあり、応答があればある意味びっくりなのかなと思います。 ところが、RBNには電波を出し始めるや否や、当局の情報が載ります。 すごいと思います。応答はしてもらえなくても、見てはもらっているという事実。とてもありがたく思います。スキマーの皆さんの献身に当局はいつも感謝しています。と、CQをしながら内職でブログを書いていると、実応答をもらいました!よくぞ見つけていただきました。こんな遅い時間に・・・ありがとうございます。 また是非よろしくおねがいします!

  • 2m/SSBにQRV・・・本日の運用報告

    2021年8月22日(日) 久しぶりにスタンドマイクを机の上において、フォーンでQRVしてみました。 ここしばらくは、自己啓発関係の試験受験や、仕事の関係でアマチュア無線に費やす時間が大幅に減り、時間があるとしてもどうしても「お手軽」なFT8やCWに行きがちだったのですが、今日は、人恋しい感じがしたこともあり、声を実際に出すことにしました。 声を出してみて気が付いたのが、張りのあるいい声が出ない、ということでした。 ここ半年を振り返ると、仕事が自宅勤務になり、さらに転職したことで、働き方がすっかり変わりそれまでとは一変人と話す時間が激減したのが理由かと思います。もともとおしゃべり気味な僕にとっては失言の機会も減って良いことなのかもしれませんが、いい声が出ないのは、無線家としては今一つかなと思いました。声を出す訓練も必要ですね。 それはさておき、一時間くらいと思って出た2m..

  • 21MHz/CWで日本中を無線旅行

    2021年8月20日(金) ちょっと解像度悪いですが、今朝の富士山の様子です。良く晴れて、富士山の右肩に雲が出ているのは、南風が吹きあがっているからかなと思いました。 今日は一日、お休みいただきました。昨日、ワクチンを打ったこともあり、自宅でじっとしていましたが、腕が痛い以外は特に目立った副反応もなくほっとしています。電鍵を打つのには腕の痛さは何の支障もないので、一時間ほど無線してみました。 最初は7メガに出ましたが、いつも応答いただいている京都の局から一局だけ交信ができました。電離層の状態は、今一つのようだったので期待はしていませんでしたが、ひき続いて21MHzに上がってCQを出したところ、思いもよらず遠距離を中心にあちこちから応答いただきました。Eスポが出てたのかなぁと思います。 7メガと合わせて京都府与謝野郡、北九州市は小倉南区、山口県は萩市、広島県は安佐..

  • フィールドデーコンテストに参加

    2021年8月8日(日) フィールドデイコンテストに参加しました。 といっても、10時半ごろから1時間だけの参加となりました。 参加部門は430MHz/CWのシングルオペ、有効な交信が59局で、472点でした。 ログはさっき、JARLへ提出しました。 JARLのログの締め切りが8月18日になっていたのに気が付きました。調べればわかることかもしれませんが、意外に期限まで短いですね。個人的にはコンテスト結果はひと月くらい後にはわかるといいなと思います。その意味で、短い期限に賛成です。 7月から、この年になっての転職というイベントがあり、さすがに「社会的責任」がアマチュア無線を上回っていることと、コロナではあるものの、もう一つの趣味のゴルフに、老いる前にもう一花咲かせようと力を入れていること、この二つが理由で、無線に避ける時間が大きく減っています。 とはいえ、フィールドデーコンテ..

  • 隙間時間にQRV

    2021年7月25日(日) 今日は、隙間時間に2mのCWでCQを出してみました。 あまり時間がなかったので、15分限定で、と思ってCQを出したところ、二局応答をいただきました。 最近当局も、短い交信への傾倒を強めているので、何分にも簡単に交信を終わらせる方向で交信をしたのですが、呼んでいただいた局は、きちんとプロトコルに従った交信をされました。 FT8の発展にみられるように、昨今の更新は簡素化の方向が強いですが、本来、交信はきちんとしたプロトコルに沿うべきである、ということを改めて教えていただき、確認させてもらいました。当局も交信相手局のコールサインを省く「BK」はやめて、きちんとコールサインを入れたうえで「KN」でお返しするようにさせてもらいました。 翻って、FT8が今のようになる以前は、DXの遠距離通信はCWがメインでした。コンディションが悪い中、とにかく相手のコールサインが..

  • 2021-07-23

    2021年7月23日(金) アマチュア無線に時間がさけていません! 7月から、大きく生活環境が変わり、今、対応に追われています。 時々電波を出すことはありますが、FT8を少しやるくらいになってしまいました。6m&Downコンテストも出られずじまいでした… また、落ち着いたら、しっかり取り組んでいきたいと思います。 無線は趣味、それに先立つ義務をまず果たしてから。    写真は入谷の鬼子母神です。 下町へ行く機会がぐっと増えました。 子供のころのあこがれだった無線の町秋葉原にもずっと身近になりました。。

  • 太陽活動活発化

    2021年7月3日(土) 太陽活動が安定的に活発化してきています。 7月に入ってからの黒点数は安定的に50を超えてきていて、心強いところです。ARRLの開設でも「劇的なコンディションの改善」と報告されています。 前回のピークが100そこそこだったことを思えば、すでにそれにかなり近づいたな、という感じです。 三桁にのると、欧州と普通にCWで交信ができるようになります! CW人口が欧州で減っていないことを期待します! QSBの谷間でコールサインを拾う苦労はありますが、それが無線のだいご味かと思います。

  • SWL Reportが届いたら

    2021年6月30日(水) チェコからSWL Reportが届きました。当局がタイの無線局と18メガで更新したものへの報告でした。珍しいことでもあり、こういったレポートが海外から来た時の当局の対応を、HPに紹介しました。 お時間あれば、ご覧ください。当局HPへのリンクはこちら

  • 18MHz/SSBで全国交信・・・本日の運用報告

    2021年6月28日(月) 今日は休暇だったので、午後少し時間ができたときに、日曜日の失敗の3.5のアンテナをおろして、18あたりだったらいけるかなと、モービルホイップをベランダへ持ち出しました。 NICTの電離層のコンディションを見ると国分寺ではMUFが10MHzに達するようなEスポが出ているのが確認できたので、これは期待できるかな、と思ったのが、14時半ごろ。 まずCWでCQを出したところ、いの一番8エリアから応答をもらいました。入感状況は非常によく、双方で「599」でした(当方は出力50W、アンテナはモービルホイップ)。次は、厳しいレベルの入感で、額に汗が出ましたが、3エリアからの信号、取れました。 これならば行けるのでは、ということでしばらくCWを続けた後SSBに出てみました。18メガのSSBはどこに出るのがいいのか少し迷うところですが、今日は比較的下限に近い18.120..

  • 3.5MHz/1200MHzは空振り ・・・ 本日の運用報告

    2021年6月27日(日) ここのところプライベートに少し多忙になり、無線が若干おろそかになっていました。 ようやくひと段落したので、今日から復活を期して活動を再開です。 日曜の9時~12時を定例の無線時間と決めているのですが、今日はこの時間を使って3.5と1200、当局の出られるバンドの両端に出てみました。 「3.5ですか?」と言われそうですが、そうです、3.5に出てみました。9時半ごろからに実際はなりましたが、その時間はEスポが出ていたようでした。バンド全体はほとんど何も聞こえないような状態でしたが、過去経験はそういったときに思わぬ出会いもある、というものです。 ただ、今日は、出会いはありませんでした。CWもFT8も応答ありませんでした。 続いて、1200MHzに出てみました。こちらはCW、次のFT8、さらにはSSBとモードとしてはマイナーなところでCQを出してみました。ちな..

  • 10MHz/FT8でDX・・・本日の運用報告

    2021年6月13日(日) 前回のブログに続いて一日遅れですみません・・・ダイナミックなコンディションは変わっていないと思いますので、参考になるかと思います。 13日(日)、午後9時頃、何の気なしに10MHzのFT8をのぞいてみたら、たくさんの交信が見えたので、当局も参加してみました。 と、見慣れないコールサインの呼び出しが見えました。「SA」と出ています。GLはFI09です。 経験上、躊躇は「パイル負け」につながるので、すぐ応答しました。 当方はモービルホイップ、出力は50Wです。 応答が戻ってくるか…戻ってきました!!! エクアドルです!驚きました。 子供のころBCLをやっていましたが、エクアドルはキトーからの日本語放送に耳を傾けたことがあったように思います。感激でした。 しかも、そのすぐ後にシンガポールともつながりました。 エクアドル、シンガポールとも初です。 ..

  • 10MHz/CWがにぎわう・・・本日の運用報告

    2021年6月12日(土) 各局、一日遅れましたが、土曜の運用報告をします(昨日付のブログにします)。 プライベートなイベントがあって若干無線から離れ気味なところ、少し時間が空いたので、10MHzに出てみました。 CWでCQを出したところ、コンディションが意外によく、各地から応答をもらいました。 NICTでは、ほとんど電離層が見当たらない状態で、沖縄だけEスポが目立って発達しているのがわかる、というコンディションでしたが、実際の伝搬は違っていました。 前回サイクル24の最盛期の10メガを思い出させるような、というとすこしいいすぎかもしれませんが、全国から応答がきました。1エリアのほか、4/5/6/7/8と北にも西にもつながりました。さすが10MHzです。1時間で11局と交信できましたが、このバンドとしては、特にサイクルが下がってからは初めての出来事のように思います。サイクル25..

  • ARRL Podcastから:Field Dayについて

    2021年6月11日(金) ARRLの最新のPodcastを聞きました。 内容は6月最終週に予定されているアメリカのField Dayに関することでした。 ご興味ある方はぜひ、視聴されてください。 Field Dayはアマチュア無線家の緊急事態に対する対応体制の確認が本来の意義で、もともとは移動運用や商用電源以外でのオペレーションの訓練を主眼とするものです。 もちろんコンテストとしての意味合いもあり、アメリカでもコンテストと受け取られていることも多いようですが、あくまでも主な目的は「いざというときに役に立てますか?」です。 同時に、いろんな人が自らの技能の訓練をする機会でもあります。 コンテストのときはたくさんの方が出てこられます。交信数も飛躍的に獲得できます。そしていろんな挑戦ができる絶好のチャンスです。たとえば、当局としてはぜひマイナーなモード(例えばRTTYとかSSTV..

  • 強烈なEスポ出現=18MHz/CWが大盛況 ・・・ 本日の運用報告

    2021年6月6日(日) 引き続きプライベート多忙なため、あまり無線に時間が割けていません。ただ、少し一段落したタイミングが合ったので、本日、日中からCQ出してみました。 元々は7や14出だそうかなと思ったのですが、今日はコンテストのあたり日で、いろんなバンドでコンテストが行われているのでWARCバンドへ出ることにしました。 アンテナを取り替えて、午前10時、18に出てみました。 RBNを見ると18.088にたくさんのJA局が並んでました。あまりない光景で何だろうと思いましたが、おそらく珍しい局が出てるのかなと考え、少し離れた18.094でCWのCQを出しました。 と、一発で応答があったのにまず驚きましたし、しかも3エリアだったのでなお驚きました。 急いで調べてみると、とてもいいEスポが出ているのが確認できました。 その後も遠くからポツポツ応答があり、Eスポのコンディション..

  • ARRL NEWS LETTERから ・・・ 太陽活動再上昇ほか

    2021年6月2日(水) しばらく間が開きました。プライベートで多忙なことが続き、ここのところ無線の方が少しお留守になってしまっています。 さて、ARRLからニュースレターが来ているので、いくつか記事を紹介したいと思います。 まずは太陽活動。10.7センチ太陽放射照度(solar flux)が、昨年12月以来の値に上昇し、また黒点数も増加しました。「昨年末のHFコンディションの上昇の再来を期待しよう」と力強いコメントが載っていました。そういえば夜間の当局のCWが以外に遠くまで飛んでいて驚いたことが最近ありました。いいですね。 次にハリケーンシーズがアメリカで始まったのに合わせて、アマチュア無線家に貢献を促す記事が載っています。特にSKYWARNプログラムに関しては、日本でもやろうと思えばできるのでは、と思っています。時間があるときに研究します。 CQアマチュア無線ホール・オブ..

  • 東京コンテストのQSL印刷終わりました・・・アマチュア無線は「忙しい」

    2021年5月19日(水) 5月3日に行われた東京コンテストのQSLの印刷、いましがた終わりました。交信数は150局弱でした。二週間以上かかりました。一日10枚平均ですね。これでも割と最近は時間的には余裕があるかなと思いますが、これが、当局のアマチュア無線の取り組みキャパシティの限度になります。 ここのところはだいたい一日に1時間程度、無線に時間を割くようにしています。その中で、ある程度プライオリティをつけながら、いろんなことをやっています。いろんなことといっても、プライオリティからいうとまずはQSLの印刷です。次が到着しているQSLの確認です。前者はだいたい終わりましたが、後者はカードできたものがざっと見て300枚ほど、eQSLが150枚ほど未確認になっています。これが今のバックログで、これがはけないと交信に本腰が入れられない状態です。 そのほか、情報の収集と発信をやっています..

  • CQ誌6月号が到着しました

    2021年5月18日(火) 通巻900号、おめでとうございます。定期購読者としてCQ誌をこれからももり立てていければと思います。 今回のCQ誌はCWを大きく取り上げていました。若者のCWへの取り組みが掲載されていてとても心強く思いました。 当局は「LOVE CW」です。取り組みその他はHPなどに掲載していますのでご覧いただけたらと思いますが、世界遺産になるのではなく、生きた通信の手段として、アマチュア無線家の共通の知識・技術として末永く発展してほしいなと思っています。今週はお休みしてますが、CWのお相手になろうと夜な夜なCQを出したりする試みをしています(予定はHPで公開)。今のところ、私にできるのはそんなことかとは思いますが、CWに注目が集まるのはとてもいいことです。 あと、日本海軍の無線の取り扱いの記事のところに大和田通信所のことが載っていました(ウィキペディア参照)。新座..

  • ARRL Podcastから:Grounding(アース)について

    2021年5月17日(月) 本日配信になったARRL Podcastの内容を紹介します。当局の英語のリスニング力と記憶力の制約がある点、割引ください。 今回のテーマはGroundingでした。日本語(?)にするとアースになると思いますが、今回話題となったのはアンテナのアースではなく無線機と周辺機器のアースのことでした。アメリカではコンセントは標準的に三つ叉で、うち二本はゼロボルトと交流の電流となりますが、もう一つがグラウンドにつながっていると思われます。 グラウンディングをすることで、電圧の基準(リファレンスといっていたと思います)が一定となり、機材を安定的に機能させることができる。また、もう一つの大事な機能として落雷から電機機材を守ることもできる。従って、適切に無線局のシステムを複雑化する前にきちんとグラウンディングできるように準備するのが大事だ、という話でした。 金属製のケース..

  • JH1DOM アクティビティまとめ(開局~2020年12月)をアップデート

    2021年5月16日(日) 当局の開局以来のアクティビティのサマリーをアプデートしました。ご興味あれば、当局HPで詳細を確認ください。開局9年間で交信が約14500回、延べ6500を超える局と交信できました。 引き続きよろしくお願いします!

  • 「レターパックプラス」を勧められました・・・QSLの発送について

    2021年5月12日(水) 当局ですが、QSL印刷については、100枚まとまったところで郵便局からJARLビューローへ送付をすることにしています。角が搬送の途中で傷ついたりしないようにクッション付きの封筒に入れた上で、送付責任を果たす意味から簡易書留で送付をしていました。 ところが、ある日、家族から出社の途中で駅前のポストにレターパックを投函するように言われました。見ると、明らかに送達のトレースができるような仕組みになっており、「郵便局に行く必要がない追跡可能な郵送方法」の存在に(おそらく一般的には大きく遅れて)気がつきました。とはいえ、郵便局に行くのもなんとなく楽しみみたいなところもあり、従来の方法で出し続けていたのですが、今度はその際の郵便局で、「レターパックの封筒を売ってください」という人を複数見かけました。これは、かなり普及している方法だ・・・と思い、これに変える必要がある..

  • 東京コンテストのQSLのデザイン決定

    2021年5月10日(月) 本日から、東京コンテストのQSLの印刷を始めました。QSLは一方で電子化が進み、eQSLでの交換は実に手軽になりましたが、一方で一手間かかったカードも多数いただきます。どっちもあり、ですね。 さて、写真が東京コンテストのQSLの証明書面です。今回の工夫は・・・背景を入れてみました。初夏の石神井公園の様子も見ていただけるかなと思います。しばらく前に「かいぼり」と称して、ボート池全体が干上がっていましたが、しばらく前に水が戻り、足こぎボートが改めて水面に浮かぶようになりました。 次は6m&ダウンになりますでしょうか。また、各局、よろしくお願いします!

  • 【アップデート】JH1DOMの実感 ・・・ バンドごとの特徴 430MHz

    2021年5月8日(土) HPの掲載情報のうち、「JH1DOMの実感・・・バンドごとの特徴 430MHz」をアップデートしました。 一年半ぶりに修正しました。各局、ご意見お持ちと思いますが、何かのご参考に。 http://jh1dom.com/zakkan_band_style_430.html…

  • 米国 年次「軍隊の日」クロスバンドテストが実施 ・・・ ARRLニュースレターより

    2021年5月6日 4月29日号のARRLニュースレターから「軍隊の日」クロスバンドテストの記事を紹介します。この日は、軍隊が軍専用の周波数で呼びかけを行い、指定された周波数でアマチュア無線局が応答する、クロスバンド更新の訓練が行われることとなっています。米国ではこのプラクティスが法律で認められており、半世紀にわたる歴史を誇っているとのことです。厳密に管理された環境での無線家の技術を試験するもの、とのことです。 軍からは、軍のスタンダードでのRTTYでの電波送信があり、アマチュア局はUSBで応答するスタイルと思われます。軍隊とアマチュア無線、軍隊スタンダードのRTTYの受信、クロスバンド交信。いずれも当局にとっては未経験の分野です。リンクを張っておきます。http://www.dodmars.org/home/armed-forces-day-2021

  • サイレントキー:JK1DET

    2021年5月5日 JK1DET局がサイレントキーとなられたと知りました。無線や周辺のメディア等を通じて、私だけでなく、大変たくさんの方に励みを渡されていた方でした。突然に…と驚いております。当局とは年齢も近く、励みに、目標にさせていただいていました。ご冥福をお祈りいたします。

  • 東京コンテスト参加

    2021年5月3日(月・憲法記念日) 東京コンテストに予定通り参加しました。 参加種目は都内一般電信144MHzです。昨年は50MHz/CWで参加しましたが、つい先日ALL JAで参加したこともあり、今回は2mとしました。天候は絶好の晴れ、ただし、コロナで外出は大変厳しい状況です。昨年はこのコンテストの際、SHSL=STAY HOME, SAVE LIFEを追加的に打電させてもらいました。それから一年、ワクチンという出口は見えていますが、状況は見ようによっては変わっていないのかもしれません。 今年の取り組みとして、コンテストは時間を3時間と区切って出ることにしました。これにより自動的に上位入賞は難しいと思いますが、無線技術の錬磨、非常にたくさんのアマチュア無線家との、つかの間ではありますが、交信機会の創出など、当局なりにたくさんの意味合いを込めての参加です。結果ですが、142局と..

  • JARLの会員資格を更新しました

    2021年5月1日(土)   JARLの会員資格の更新の時期が来ましたので更新しました。新しい会員証が届きました。JARLにはお世話になっています!ますますのJARLの発展を祈念いたします。アマチュア無線は無限の可能性を秘めた、ほかでは見つけることのできないフロンティアを持つ、素晴らしい世界だと思います。JARLが日本を代表して、グローバルな無線通信の分野でリーダーとしての役割を果たしていただけることを、できる範囲でサポートします。

  • ALL JA向け交信証の発行開始

    2021年4月29日(木・昭和の日) 写真のような感じで証明書面を作って発行します。多少でも特別感でれば・・・と思っています。5月3日は東京コンテストです。企画して、出るようにします。また、ぜひ、お会いしましょう。

カテゴリー一覧
商用