searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

JH1LHVさんのプロフィール

住所
調布市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
JH1LHVの雑記帳
ブログURL
https://www.jh1lhv.tokyo/
ブログ紹介文
和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳
更新頻度(1年)

105回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2013/11/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、JH1LHVさんの読者になりませんか?

ハンドル名
JH1LHVさん
ブログタイトル
JH1LHVの雑記帳
更新頻度
105回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
JH1LHVの雑記帳

JH1LHVさんの新着記事

1件〜30件

  • M5StickC + UIFlow で morse を鳴らす ~3~

    M5StickC + SPK HAT の組み合わせも、GPIO 制御のブザーも、そのいずれもモールスとして聞くに堪えない音だったりするので、Twin-T 発振回路を使った基板を作ることにしました。これで少しはまともな音になるんじゃないでしょうか。Twint-T 回路は前にシミュレーションしてたものを使うとして、その後段に入れるアンプは、@50と安価な BTL 方式のオーディオアンプ、HOLTEK の HT82V739 を使うことにしました。Twin-T 発振回路 オーディオアンプ、HT82V739 5番ピンの CE には 上にバーが付いてるのでアクティブ・ロー(L)となるので、動作させるにはグ…

  • M5StickC + UIFlow で morse を鳴らす ~2~

    M5StickC + SPK HAT の組み合わせでは、速いモールスが出せなかったので。今日はその解決のため、GPIO 直接でブザーを鳴らしてみました。結論を先に言うと、GPIO でブザーをオン/オフするだけなので、いくらでも速いモールスが出力できます。 Grove 接続だと楽チンなので、今回は seeed の Grove Buzzer を使ってみました。 アキバで普通に売ってるもので、確か千石電商で買ったような・・・。 このブザーは I2C じゃありません。4番目の信号線(黄色)を、IO 制御で使います。M5StickC の Grove 端子の左から4番目が G33(GPIO)です。ブザーは…

  • 東京ビックサイトのイベントに行きました

    2月12日~14日、東京ビッグサイトで明日まで開催される、「ウェアラブルEXPO」(スマートグラス、センサ、AR/VR など)と「ロボデックス」(産業用ロボット、サービスロボットなど)、そして「スマート工場EXPO」(IoT/IT、FA機器、AI・人工知能など)へ行ってきました。西ホール全館(1~4ホール)を使っての、とっても盛大なイベントです。新しい技術が好きで、好奇心もバリバリにお持ちの貴方・・・これらのイベントは明日までやってます。映画館にでも足を運ぶ感覚で、出掛けてみるのは如何でしょうか。きっと、感動すること、間違いなしです。 イベントは招待券が必要ですが、ウェブから登録することで誰で…

  • M5StickC + UIFlow で morse を鳴らす ~1~

    今日の休日は、UIFlow でブロックプログラミング。とにかくやってみれば、必要な知識やノウハウなんて、勝手に身に付くんじゃないの・・・?ということで、毎度おなじみのモールスを鳴らしてみました。 今回使用した M5Stack と Hat M5StickC M5StickC Speaker Hat(PAM8303搭載) 小さな M5StickC に SPK Hat を繋いだだけの、シンプルな構成です。 UIFlow の Blockly だけで、モールスを鳴らす わたしのコールサイン ”JH1LHV” を3回繰り返してみました。 電源投入後、画面にコールサイン "JH1LHV” を表示する。ボタン…

  • ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その46~ (Mega2560 Pro Mini ボード)

    Mega2560 Pro Mini の Arduino 互換ボード基板を、コロナ騒ぎで大変なことになってる・・・そんな中華さんに発注しました。こりゃあ、いつ届くか分からないなぁ。。。 やっつけ仕事で基板化したので、うっかりミスがありそうです。何度か見直しはしたんですが・・・結局、パーツの向きが逆だったとか、基板が届いてパーツの実装中に気づくこと然りで。なかなか一発で、「ハイ、成功」とはならないんですよね。。。 基板の発注は、いつもの Fusion PCB です。Atmega 1284 ボードと同じ大きさ(8cm × 8cm)にしたので、けっこう隙間ができました。 コロナの影響で、2月10日から…

  • M5Stack ユーザーミーティング vol.7 に行ってきた

    昨晩、表記のイベントに行ってきました。懇親会でビール1本をご馳走になって、M5Stack を肴にして、時間を忘れて盛り上がりました。その後、遅い夕飯を取ったりして、家に帰ったのは、もう深夜0時を回ってました。まぁ、こういう事態になることは、しっかり予測してたので・・・イベント翌日の今日は、最初から有休を消化することに決めてました。やっぱり、「明日は休みだ!」っていう心持でイベントに臨むって、すっごくいいですね。気持ちに余裕をもって行動できました。Hi主催者さま、参加者の皆さま、お疲れさまでした。おかげで楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。会場:汐留のソフトバンク (とっ…

  • M5Stack で UIFlow のデモを動かしてみた

    先日は M5Stack で UIFlow するためのファームウェア更新でハマり、ちょっと疲れてそのままにしてたんですが、今日仕事から帰って1時間ほど触ってみました。M5Flow ウェブの UIFlow のデモ(作例)の中から、ウェザーステーションを動かしてみました。 ただ、デモを読み込み実行しただけ。 M5Stackに Grove M5Stack用環境センサユニット(温度、湿度、気圧の測定)をつないで、デモを実行してみました。 最初、日本語に設定したんですが・・・やはりプログラムするなら、英語の方がイイかもです。→ 英語に変更です。 言語を英語に変更して、再起動しました。 このデモ・プログラム…

  • Apple Watch series 3 を買いました

    iPhone11 ユーザのわたしが、最近になってようやっと ”Apple Watch” を買いました。買ったのは series 3 で2世代前のもので、2万円ちょっと。最新の series 5 が出て1万円ほど安くなり、今は series 3 と 5 の2種類が販売されてます。series 3 と 5 の違いといえば、基本性能がアップしたくらいで、機能的にはさほど違いはありません。 時計といったら常に腕に装着するもの。できるだけ軽い方がいいと思い、38mm (GPS モデル)の小さいヤツを選択しました。最初、大きい方にしようかと思ったのですが、オシャレな Apple Watch では、サイズの…

  • M5Stack でブロックプログラミング ~UIFlow ~

    M5Stack の UIFlow でブロックプログラミングがやりたくなって環境整備したんですが、そのときハマったことを、情報共有しておきたいと思います。 (UIFow はブラウザベースのブロック型ビジュアルプログラミング開発環境です。)M5Stack の UIFlow は、こういうブロック(Blockly)を組み合わせてプログラムを作っていく開発スタイルで、プログラムの実態は MicroPython です。画面上部の ”</>Python" ボタンで Python 直書きでも記述できるので、複雑なプログラムも書けるんじゃないかと思い、使ってみることにしました。これまでは Lovyan Laun…

  • HAMworld & CQ に cw mania と Learning morse が載ってました

    本屋さんでハムの雑誌を立ち読みしてたら、拙作のソフトが紹介されていて・・・思わずニンマリ。立ち読みだけのはずが、そのまま抱えてレジに走ってしまいました。ホント、ご紹介いただき、ありがとうございます。こういうことあると、相棒の柴犬よりも単純な私は、すぐ心のしっぽを振りながら、嬉しくなってモチベ上昇、製作意欲も湧くのでありました。Hi HAM World 2020年 03 月号 [雑誌]CW MANIA 使った和文練習法です。勝手にですが、筆者に代わり本文の一読と、そしてソフトを活用して頂けたら幸いです。それと、ハム雑誌のもう一冊。CQ 誌の CW 入門のページにも Learning Morse …

  • Flux stand (HOZAN H-722)を造形してみた

    3Dプリンタで作る電子工作グッズです。HOZAN のフラックスを収める、Flux stand を造形してみました。3Dプリンタの単調でキカイ的な動きを・・・なにも考えずに、いつまでもボ~っと眺めていたい、そんなことってありますよね。わたしは、ちょいちょい、そういうことあるんですよ。ということで、HOZAN のボトルタイプのフラックス(H-722)を立てるだけの、そんな「ボトルスタンド」を、3Dプリンタで造形してみました。これで、フラックス・ボトル自体が安定するので、蓋を緩めた状態でも倒れる心配はなくなったし、汚れたらスタンド自体を丸洗いすればいいだけだし、なかなかいい感じで作業に没頭できそうで…

  • ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その45~ (Mega2560 Pro Mini ボード)

    Mega2560 Pro Mini ボード。意外にデカかった。シングルボードで作り直す前に、Arduino Uno のバニラ基板でバラック配線して動作でも確認しておこうかと準備したんですが、思いのほか Mega2560 Pro Mini ボードが大きくて、配線するのはムリっぽかったので急遽取りやめました。Uno のバニラ基板に重ねてみたら、こんな感じで・・・手配線は止めました。当初、この Mega2560 Pro Mini ボード使って、CW Keyer 自体を1枚の基板にまとめる計画で進んでたんですが、ボードを並べてみたら意外に大きくことが判明し、なんやかんと弄りまわすのも、なんかムダなよう…

  • ハムの資格を持たずに電波が出せる!?

    「ハムの無線機で電波出すのに、もう免許なんていらないんじゃない?」って、随分前に書いたことあるけど、なんか最近になって総務省も免許の簡素化に動き出したようで、ホント歓迎すべき第一歩だと思います。 www.jh1lhv.tokyo 総務省のパブリックコメント募集の中身ですが、 アマチュア局の免許手続きの簡素化 アマチュア局の無資格者の利用機会の拡大 周波数の追加割り当て の、大きく3項目で、いずれも緩い方向への改正案となっており、このまま正式に施行されることを期待して、楽しみに待ちたいと思います。 www.soumu.go.jp わたしが特に気になっているのは、2つ目の「無資格者の利用機会の拡大…

  • 東京ビックサイトのイベント2つ

    1月15日~17日、東京ビッグサイトで開催された、「オートモーティブワールド」(クルマの最先端技術展)と「ネプコンジャパン」(エレクトロニクス開発・製造の専門展)へ行ってきました。西と南の展示棟全部と、バスで移動が必要な青海展示棟、これらを使ってのとっても盛大なイベントで、出展メーカも多く、もう隅から隅までにぎやかでした。せっかく行ったんで、くまなく見て回りました。足パンパンで、疲れたよ~~。 この春から走るとされている自動運転車両(レベル3)の動向は・・・本当に公道は走れるの・・・とっても、気になりますよね。それにコネクティッド・カー。あの世界のトヨタは、もう自動車を売るのは止めるって言うし…

  • またもハムが電波法違反?

    hamlife の Twitter から得た情報です。またもハムが電波法違反で行政処分されたみたいで・・・いったいどうしちゃったんでしょうか。 www.hamlife.jp 総務省|関東総合通信局|無線従事者を電波法違反で行政処分(令和2年1月14日付) -無線従事者の従事停止処分-総務省の報道資料でも、 ハムの資格を持つ者が、免許を受けずにアマチュア無線局を開設し、電波法第4条第1項の規定に違反した。 と、要約するとこの程度の情報だけ。残念ながら、電波法違反の具体的な内容までは、まったく知ることはできません。なにをやらかして処分されちゃったのか。もう少し詳しく把握できたらいいんだけどなぁ。ハ…

  • QSO パーティ、ログ提出 ~ 2020 ~

    先日の QSO パーティ。ねずみ図柄の記念ステッカを貰うため、この連休中に提出用の書類を作りました。 わたしは Logger32 でログを付けてるので、交信データを CSV でエクスポートし、そのデータを Google ドキュメントのスプレッドシートに読み込んで、必要な項目だけをコピペして、サックと書類を作りました。 144メガの SSB、45局だけを選択して書類を作成しました。 サマリーシートは、ほぼ昨年のものを使いまわしです。 2年前に Microsoft Excel(.xlsx)型式でログが提出できるように、シートを作ってますので、提出がまだという方は、是非とも使ってみて下さい。 www…

  • 電動式の空気入れを買ってみた(Electric Pump Xiaomi Mijia)

    わたしの愛車。自転車なんですが、昨年4月からパナソニックの電動アシストに乗ってます。 東京の道って坂が多かったりするんで、足漕ぎ式の自転車で遠出するってシンドイですよね。もう、アシストにしたら楽チンで、楽チンで。坂があろうがなかろうが、もうまったく気にすることなく、どこまでも行けちゃいます。今や、皆さんには申し訳ないけど、坂が楽しくってしょうがないです。Hiと、そんな自転車乗りを楽しんでるんですが、いつも通りに AliExpress を巡回してたら、コンプレッサー式の電動空入れなるものを見つけたので、ちょっとポチるの迷ったんですが・・・迷ったらポチるのが信条と、強く自分に言い聞かせて、ブラウザ…

  • Arduino IDE で micro:bit のプログラムを作る

    micro:bit のプログラム作りといったら、最近ではもっぱら mbed を使ってるんですが、Arduino IDE も使えるってことを恥ずかしながら最近になって知ったので、早速、環境を整えてみました。micro:bit 公式が推奨する "MakeCode エディター"や、"Python エディター" なんですが、お手軽に開発できるのはいいんですが、すぐにメモリ不足になって詰んでしまうので、これじゃ使い物になりゃしないと・・・とうの昔に使うのは止めてたんですよ。ということで、この Arduino IDE を使う方法ですが、もしこれであの忌々しいメモリ不足から解放されるというなら、これからの開…

  • M5Stack で CW Decoder を作る ~2~

    MEMS マイクロフォンでスピーカの音を直接拾って、解読させてみました。 スピーカからダイレクトで音を拾って解読する これまでのオーディオケーブルを使う方法に追加して、MEMS マイクロフォン(AI スピーカなどで使われてるやつ)で音を直接拾って解読できるようにしました。 @約300円・・・毎度の AliExpress なんで、バッタもんかもしれません。 ja.aliexpress.com ADMP401 の MEMS マイクボードの端子は3本だけです。このボードは 3.3V 仕様なので、M5Stack 側もこれに合わせて 3.3V の端子へ接続します。マイク出力の AUD 端子はアナログ信号…

  • micro:bit で始めるモールス入門 ~その9~

    aitendo で売ってる、micro:bit 用の電池ボックスを使ってみました。 www.aitendo.com 以前、micro:bit の消費電流を調査した時に、結構過大電流なのでボタン電池での駆動は危険なので止めた方がいいと書いたことがありますが、この電池ボックスは単3電池を使う仕様なので、ボタン電池のような心配はなくなります。それと、この電池ボックスを使ってどのくらいの時間使い続けることができるかというと、micro:bit の動作時の消費電流は 25mA 程度なので、(Panasonic の資料によれば) [アルカリ・マンガン] 乾電池の電池容量はどれ位? PZ29060 - 乾…

  • QSO パーティ 2020

    QSO パーティ参加の皆さん、どうもお疲れ様でした。そして、正月の貴重な時間に交信していただいた多数のハム局に感謝します。今年は2日間にわたり、本当に多くの方と交信させていただきました。そして、CQ の威力ってスゴイ、ってことを再認識する、とっても有意義な QSO パーティでした。もう、うん十年ぶりなんですよ。マイクを使って CQ を出したのは。今回、約80局のハムと交信して、初めての局が 70局以上。実に9割近くがお初局です。(昨日今日で、もう数年分は交信した感じです。)呼び回りしながらログチェックすると、ほぼほぼ、過去につながった局ばかりなんで。CQ を出す人って、いつも同じだったりするん…

  • ES121(ペン型電動スクリュードライバー)の専用キャリングポーチを買ってみた

    昨年12月に中華に発注していた、表題のキャリングポーチが到着しました。 WOWSTICK 1F+ とういう同じようなスクリュードライバも持ってるんですが、こっちの ES121 の方が使う頻度が高かったりするので、なにか本体とビットが収容できる袋のようなものはないものかと 100均とかでも探してたんですが、 AliExpress で専用キャリングポーチを見つけたので、ついポチってしまいました。 www.jh1lhv.tokyo www.jh1lhv.tokyo www.aliexpress.com 送料込みで、約900円です。ビットが6本しか収容できないのが少々残念なところ。わたしは使用頻度が高…

  • 430 メガの通信状況 ~2020~

    恒例の、東京の 430 メガの通信状況です。計測条件は昨年と同じで、環境や設備の状況になんら変化はありません。今年も昨年と同じく <12/31 16:00 ~ 01/01 02:00> の 10時間という短い調査になりました。昨年までの状況は、カテゴリータグからご覧いただくとして・・・毎年やってて思うんですが、だからこれで何がわかるんだってことなんです。それで今年こそは、「もう絶対に止めてやる」って思ったりもするんですが、いざ今年も終わろうとする時間が迫ってくると、そう結局はプログラムを起動して調査している自分がいたりします。 大晦日の 23 時から日付が変わるまでの時間帯って、電波出す人って…

  • 謹賀新年 2020

    明けましておめでとうございます。 日頃、当ブログをご愛顧いただきありがとうございます。今年はオリンピックも開催されることもあり、何かと騒がしい年になりそうですが、去年と何ら変わることなく、好きなことだけやって、マイペースで進んでいきたいと思います。ねずみ年は繁栄の年ともいわれているようなので、経済だけじゃなく、ハム界も盛り上がってくれればと思っております。 本年が皆様にとって明るく,そして幸せな年でありますよう,祈念しております。 本年もどうぞよろしくお願いします。

  • M5Stack で CW Decoder を作る ~1~

    今年最後の書き込みです。表題通り、「M5Stack を使ってモールス解読器を作ってみる」という、そんな企画を始めてみました。 基本、モールスは耳で聞くものであり、キカイを使って解読しようなどというのはお勧めできません。この企画では M5Stack という全部入りマイコンを使って、お手軽に解読器を作り、「やっぱ解読器じゃ、つまらないな!」ということを早期に認識し、次につなげることを目的としていることを、どうかご承知おきください。 で、今日やったことは、パソコンからのモールス音を M5Stack のアナログ端子に入力して、その信号を解析(Goertzel アルゴリズム)し、LCD に表示してみまし…

  • 秋葉原納め & AkiCart

    とくに用事なんてなかったけど、やっぱり年末休みはアキバに行かないとね。でないと、よくない煩悩を残したまま今年が終わっちゃいそうで、聖地アキバで巡礼してきました。ということで、アキバ行ったんですが。もう街中が、人人人・・・ひとの山で完全に埋め尽くされてました。みんな、なにを求めて、そしてこんな寒い中、アキバをさまよい歩いているのでしょうか。なにか、絶対に年末に買わなきゃいけないものや、そして年が越せないものでもあるのでしょうか。それとも、わたしと同じ単なる巡礼なんでしょうか。まぁいずれにしろ、人の群れをかき分けながらの、今年最後のアキバ探索でした。Hi 秋月電子も、ご覧の通りいつにも増しての人だ…

  • 和文電信で聞く「子ども向けニュース」~5~

    子ども向けニュースを和文電信でお楽しみください。〇 15wpm、500Hz 〇 20wpm、500Hz 今回は 15wpm という、少し遅めの和文電信もアップしてみました。和文の場合、欧文の符号に比べてモールスを構成する短点や長点の数も多く、特に長点が多い符号が続く文章だったりすると、そのひと文字が長いので、暗記受信している頭の中で文章がブツ切れた感じなり、思考がとぎれるというか、スムーズに聞き取れないことがあるかもしれません。基本的には暗記受信するなら、20wpmか、それ以上速いモールスの方が聞き取りやすいと感じるのは・・・わたしだけなのでしょうか。今回アップした 15wpm。暗記受信向きの…

  • ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その44~ (ATmega2560 ボード)

    ATmega2560 ボードという Arduino 互換ボードが、中華から新たに販売されてたんで・・・当たり前のように買ってみました。(もしかすると、販売されたのって最近じゃなくて随分前だったりして。私が知らなかっただけかも。。。)それで、毎度のことながら、K1NG の CW Keyer で動いてくれるか、試してみることにしました。 www.aliexpress.com とりあえず、2個買ってみました。ボードの裏面。 Nano に比べたらそりゃこのくらいの大きさにはなりますよ。だってチップの大きさが倍近いですから。秋月電子で売ってる一般的な Mega2560 と比べたら、大きさは 1/4 、価…

  • ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その43~ (Arduino Nano Every)

    公式の Arduino から Arduino Nano Every というマイコンが販売されたので、早速入手してみました。 Arduino Uno や nano はフラシュメモリの容量が小さいため、Keyer の持つ機能を制限して使用する必要がありましたが、今回新たに登場した nano every は搭載されているマイコンも ATMega4809 に性能アップし、そのメモリ容量も 50% ほどアップしました。このため、CW Keyer のオプション keyer_features_and_options.h からコメントを外して多くの機能を活性化したとしても、メモリエラーに陥ることなくコンパイル…

  • 「Hack Day 2019」に行ってきた

    昨日に続き、今日は秋葉原で開催のイベントに行ってきました。Hack Day 2019 という、Yahoo! JAPAN が主催する、ものづくり系のイベントです。場所:秋葉原 UDX Yahoo! JAPAN Hack Day 2019/24時間ハッカソンのプレゼンステージや注目テクノロジー作品の体験ブースなど、ものづくり好きにたまらないコンテンツが盛りだくさん!12/15(日)は秋葉原へ! #つくるってたのしいね 1件 90秒 の 80 近いプレゼンが、プロの MC の軽快なトークと共に、テンポよく進行。5分 の LT が流行ってたりするし、もう何十分にも及ぶプレゼンを聞くってシンドイかも。。…

カテゴリー一覧
商用