searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

こと子さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こと子の日々の暮らし方
ブログURL
https://hibinokurasikata.hatenablog.com/
ブログ紹介文
夫婦と猫3匹との平凡な暮らしを日記代わりに綴っています
更新頻度(1年)

156回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2018/12/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、こと子さんをフォローしませんか?

ハンドル名
こと子さん
ブログタイトル
こと子の日々の暮らし方
更新頻度
156回 / 365日(平均3.0回/週)
フォロー
こと子の日々の暮らし方

こと子さんの新着記事

1件〜30件

  • ファイザーのワクチンを打ってきました。

    前回の記事に書いたように コロナワクチンの供給不足で一旦キャンセルになっていたワクチン、 接種してきました。 まだ接種した箇所(左上腕)が痛いです。 かかりつけ医として毎月アレルギーのお薬を処方してもらっている近所のクリニック。 予約時間ぴったりに来てください(早めに行くと待合室が密になってしまうため)とのことで変に生真面目なところがある私、時間ぴったりに行きました。 接種の予約は13時だったのですが待合室は座るところがないくらいいっぱいで どうやら少し時間が遅れているようでした。 名前を呼ばれるのを待っていると二人隣に座っていた中年の女性(私よりは明らかにお若い)が 「腕や足に赤い発疹が出て…

  • 7月最後のお稽古

    言いたくないけど…… 暑いです。 日の光が痛い、そんな感じ。 外に出ると白いと感じるほどの夏の日差し。 メダカたちの鉢の水も40℃近くまで水温が上がっています。 それでも日々その鉢の中にいるメダカたちは徐々に上がる水温に適応して 手を入れるとお風呂のような水(温水)で元気に泳ぎ回っています。 そんな暑い中、昨日も着物でお稽古に行ってきました。 古い反物を昨年仕立てた藍染の綿紅梅の浴衣 広襟で居敷当てと肩滑りをつけてもらっているので麻の襦袢の上に着ても まつわりつかず動きやすいのですが 綿コーマのように目が詰まっていない綿紅梅ですけれども 絹の夏着物に比べるとやはり綿は糸が太いので暑いです。 帯…

  • 買ってよかったもの2つ

    また更新さぼってしまっていました。 夏バテ? でもないんですけど急に暑くなっちゃって(梅雨が明けて京都は連日37℃超えの日が続きました) やっぱり祇園祭の巡行の日を超えると確実に油照りの京都の夏がやってきます。 せめて目には涼しく。 蓮の蕾、すっと立ち姿が清らかで仏教で尊ばれる花というのも納得できる気がします。 睡蓮たちも毎朝咲いてくれているのですけれど画像を撮るのを忘れている間に 午後になると花が閉じてしまいます。 5年近く育ててやっと今年初めて花が咲いて、でもかわいくないからちょっとつまらないわ、と思っていた山こんにゃく。 実がなりました(毒々しいです) (当たり前だけど)白のカサブランカ…

  • 絽の茶屋辻小紋でお稽古へ、10日振りの更新です。

    実家の母関係でちょっとバタバタしておりました。 気が付けば前回の更新から10日が過ぎ、その間、着物を着る機会もなかったのですが 先週、土曜日 やっと(!)お茶のお稽古に行くことができました。 灰色味のある水色の絽の小紋、白で茶屋辻文様が染められています。 合わせた帯ですが説明が難しい…… 太鼓柄の九寸名古屋なのですが渦巻柄部分は極薄い、ちょっとオーガンジーのような織になっていて、柄の入っていない部分は(多分)白と金色の糸を縦横に市松の凸凹が出るような織り方がしてあって光沢があります。 手触りも張りがあってざらっとした感じ。 正絹に金属糸(金糸)が織り込まれているからなんでしょうけれど不思議な艶…

  • ヤマユリの開花と熱帯睡蓮たち

    来週あたり梅雨が明けるかも、とのことですけれど このところ、一日のうちの数時間は激しい雨が降る日々が続いています。 今週は週半ばに実家&母の入所先の施設へ。 兵庫県も今月11日まではまだまん延防止措置の中にあるので 母の暮らす施設への立ち入りはできなくて、 母から「持ってきて」と頼まれた品を玄関でスタッフさんに手渡しし 母に会うことはかなわないのですが、電話での会話の様子では元気そうなので安心しています。 7月7日、七夕の日にコロナワクチンの2回目を接種した母ですが 翌8日に微熱(37.4度)が出て「しんどい」と。 でもその翌日にはもう「大丈夫、腕も上がるようになった」んだそうです。 夫と私は…

  • 紋絽の雲重ね小紋に紗の紅型の帯でお稽古に

    一昨日に続き、今日もお茶のお稽古でした。 夜中、雨が降っていてその雨音がなんだかとても気になってベッドに入ってもなかなか眠れず結局、朝6時になってしまったのであきらめてベッドを出ました。 雨雲レーダーでは今日は正午を過ぎたあたりに雨が降る、という予想でしたけれど 出かけてから帰宅するまで雨が降らず、 湿度が高くて蒸し暑い一日になりました。 着物は 一見すると黒にも見える濃い茄子紺 紋絽の地に白と黄色で雲の柄が重なるように染められています。 この着物、裄が短いのですけれど肩と袖の間の縫い代がいっぱいなので これ以上裄を出すことができません。 画像を撮った時には下に着ている麻の長襦袢の袖がニョッキ…

  • 素敵なケーキ屋さん、パティスリー ミャーゴラ

    我が家からさほど遠くない商店街を少し住宅街に入ったところに 小さなケーキ屋さんがあります。 気を付けていないと気が付かずに通り過ぎてしまうような 間口の小さなかわいいお店。 外にフランスの国旗、それが目印です。 パティスリー ミャーゴラ ミャーゴラって? イタリア語で猫の鳴き声をそう表現するんだそうです。 先日、買い物帰りに甘いものが欲しくなって立ち寄りました。 若い男性が一人でやっているお店でSNSやテレビなどでもよく紹介されているんだそうです。(割と近くなのにそんなに有名って知らなかったわ・汗) patisserie-miagola.kyoto ケーキ屋さんだけどショーウィンドウはありませ…

  • 数日の間に庭の花が入れ替わっていました。

    今週初め(日曜日が週のスタートだとすると、です)から実家へ出かけていました。 母の施設入居と、少しばかりの実家の片付け。 入居に際して持っていくもののリストにチェックを入れながら 百貨店でもらう一番大きな紙袋に5つほど、 着替えや寝間着、その他身の回りのものを運び込み 備え付けのクローゼットに衣類を収納し、洗面台に歯磨きやハンドソープや ティッシュなどを並べ 快適に過ごせるように部屋を整えました。 入居した介護付き老人ホームは全国展開している企業が経営しているのですが 実家のすぐ近くの物件はまだ作られて3年になっていないので建物もとてもきれいで 食事も施設内にある厨房で手作りされているのが入居…

  • 新調した帯を初おろし 呉服の符牒?

    朝からかなり激しい雨の今日、お茶のお稽古に出かけてきました。 先日仕立てあがってきたばかりの例の帯を締めて(*^^)v hibinokurasikata.hatenablog.com あっという間に6月もあと10日。 季節が行くのが今年はとりわけ早い、 そう感じるのは実家の母がようやく介護施設に入居する気持ちになり、 順番待ちをしていた施設から 「空きが出ました、〇〇日には入居可能です」 と連絡があったからかもしれません。 空きが出た、と連絡があってからの動きの速いことったら。 母のかかりつけのお医者さまに「なんだかあれよあれという間に……」と少しお話したところ、 「施設というのはそういうもの…

  • 久しぶりに映画を観てきました。『ローズメイカ― 奇跡のバラ』

    タイトルに魅かれて久しぶりに劇場に足を運びました。 劇場で映画を観るのはいつぶりでしょうか? 過去記事をチェックしてみたら hibinokurasikata.hatenablog.com この時以来でした。 7ヶ月ぶり。 コロナ禍の中ではありましたけれど7ヶ月も劇場で映画を観ないなんて 中学生ぶりくらいです。 大きなスクリーンで映画を観るのが好きで 学校帰りの寄り道を禁止されていた高校生時代もこっそり 当時、駅ビルの中に入っていた小さな名画座で古い映画を観ていました。 大学時代は今は夫になった当時の彼と毎週のように映画館でデート。 大学を卒業して業界に就職してからはほぼ毎日、仕事として映画を観…

  • お願いしていた帯が仕立てあがってきました。

    4月末にいつもの呉服屋さんで見かけてその場で購入した名古屋帯 hibinokurasikata.hatenablog.com 5月か6月に使うのにちょうどいい感じ、と思っていましたが 緊急事態宣言の発令で件の呉服屋さんが5月末日まで休業されていました。 もちろん、お店は休んでいても帯の仕立て屋さんは仕事をされていたでしょうけれど お店が休みでは受け取ることはできず 6月になったら「出来上がりました」と連絡があるかな、と思っていましたら 6月8日、「仕立てあがってます」と電話がありました。 実家から京都に戻ってすぐにお店に受け取りに行きました。 さわやかな印象の帯でしょう?(*^-^*) 受け取…

  • 着物下用にユニクロのクロップドペチコートを買ってみました。

    着物を着る方の間で前から評判になっていたユニクロのエアリズムステテコ 男性用に出ているものを「着物下に便利」「正座していても膝裏がべとつかない」と 聞くにつけ、買ってみたいと思っていました。 暑くなり始めて (そうそう、ユニクロのステテコ)と思い出してユニクロオンラインを覗いてみました。 以前は皆さん、男性用のステテコを利用されていたようなのですが ユニクロさん、うわさを聞き付けたのか⁉ 女性用でキュロットペチコートという名前のエアリズムのステテコっぽいものを作っていました。 商品説明には「和装にもつかえ……」 との文字が! で、オンラインショップをチェックすると女性用のエアリズムペチコートが…

  • 昼下がりには30度超えの中、お茶のお稽古へ。

    梅雨の中休み? 今日も30度を超えた京都でした。 金曜日に続いて今日もお稽古。 金曜日のお稽古は月に一度の研究会的特別稽古(奥の点前の研究会) 今日は濃茶の点前を見ていただきました。 お床の軸は 「青苔日厚自無塵」 .青苔(せいたい) 日に厚うして自から塵(ちり)無し 青い苔は日ごとに厚みを増すので地上には塵一つない 雨上がりの美しくふっくらとした苔の緑が目に浮かぶようです。 主菓子は水牡丹 画像は菓子司のHPからお借りしました。 見た目に涼しく美しく、そして口に入れると本葛ののど越しの良さと上品な甘さが広がりました。 今日の着物は 薄緑の単衣 江戸小紋(背紋なし) 角通し。 帯は八寸名古屋 …

  • 6月最初のお茶のお稽古に花織単衣で。

    昨夜からかなり激しい雨が降り、今朝も屋根を叩く雨の音で目が覚めました。 天気予報通り、とはいえ今日は6月最初のお茶のお稽古日。 昨日から何を着て行こうか考えていました。 候補はシルックのピンク色の地に小花が控えめにとんでいるものか 紅花紬、もしくは花織 今月から単衣(5月の後半も単衣を着ていましたけれども) ピンクのシルックを出してみたのですが何となく今日の気分じゃなくて 次に出してみたのが灰水色の花織紬。 私は普段、着物を着るのはお茶のお稽古シーンがメインなので持っている着物はほぼやわらかもの。かた物はほんの数枚です。 そのほんの数枚のうち、単衣は紅花紬と花織です。 花織、沖縄では「はなうい…

  • セリアの履物ケースを購入 和装履物の虫干しをしました 

    5月16日に関西に出された梅雨入り宣言あれってもしかして梅雨前線がたまたま西日本上空に北上して来てただけだったんでしょうか。 大雨が降った日もありましたけれどこのところずっと青天。 しかも最高気温が30度を超えて真夏日です。 と、書いているけど天気予報では明日、木曜日からは雨になるとか(^^;) さて、本格的な梅雨がやってくる前に和装用の草履と下駄を収納している箱から出して 状態のチェックを兼ねた虫干しをしました。 上段 画面左から 白合皮エナメル三枚芯 ・ 本革紬鼻緒二枚芯 ・ 晴雨兼用クラリーノ ・本革エナメル二枚芯 下段 画面左から 白本革メッシュ一枚芯 ・ 本パナマ横巻鼻緒本革 ・ シ…

  • 浴衣の新調は今年も見送ります。

    昨年、山鉾巡行が中止になり神事だけが執り行われた祇園祭。 今年も昨年同様、規模を縮小し、神事のみ執り行われることになっています。 各山鉾町が祇園祭の維持のための収入源としている『ちまき』や手ぬぐいなどの 授与収益(売り上げと言ってはいけません)は鉾立てがないために見込めず、そちらもやはり昨年同様 クラウドファンディングでの支援頼みとなっていましたけれども 目標額を達成できている と今夜の京都ローカルのニュースで知りました。 返礼品は「ちまき」だそうです。 祇園祭をはじめとして今年の夏まつりも軒並み神事のみということで 迷ったのですけれど浴衣の新調をあきらめました。 昨年は綿絽の浴衣反物を単衣着…

  • 今季初、単衣の小紋でお稽古へ。

    梅雨の晴れ間、五月晴れというのにふさわしい今日のお天気でした。 でしたけれど…… 暑かった! 本日、京都は最高気温 28.7度だったそうです。 まだ5月だけれど朝からお天気も良く、気温がぐんぐん上がりそうだったので 単衣の小紋で出かけました。 3週間ぶりのお茶のお稽古。 どんなに待ち遠しかったことか。 着物は紫系のグラデーションのぼかしの入った染め小紋にすぐに決めたので 帯を乗せてみました。 左上 紬の八寸、太鼓柄で膨れ織り花柄部分に淡いぼかしが入っています。 右上 なんだかよくわからない抽象柄の刺繍の太鼓柄の八寸の塩瀬 左下 博多献上のような柄の九寸名古屋 右下 しっかりした打ち込みの全通八…

  • 連続不審火相次ぐ 実は隣家でも。

    日曜日から実家へ行っていました。 母の月に一度の持病の受診の付き添いやら在宅診療の立ち合い、 入居希望の介護付き老人ホームの申し込み書類作成など諸々片付けておきたい用事があったのですが…… 実家へ行った翌未明に実家のお隣のお家で自転車に放火をされるという事件がありました。 隣家の玄関先(門の中)に置いていた自転車に火をつけられ 前かごやタイヤなどが異臭を漂わせながら燃えていて たまたま発見したのが私だったので119番通報したのですが、 そこからが大変でした。 消防署員の方と警察官の方、合わせて4名が実家に来られ 発見者&通報者ということで事情聴取がありまして。 もちろん、被害を受けた隣家にも、…

  • ご近所で犯行を目撃された花泥棒

    今朝のこと。 庭で花に水やりをしていたら ご近所の、バラの花を中心にガーデニングをしているおばあちゃまがやってこられて 「うちのバラも蕾を数本切られたのよ、それがね……」 おばあちゃまのお話によると ある人がおばあちゃまのお宅のバラの花を切り取っているところを、おばあちゃまのお向かいの家の奥さんが窓から偶然見ていたそうで、 翌日、またその盗人がおばあちゃまの家の前にやって来た時にお向かいの方が 「あんた!この前花を盗んでたやろっ‼」と声を掛けたそうなんです。 するとその盗人は慌てて逃げていったんだそうです。 そしてその目撃された盗人は、我が家の防犯カメラに写っていた例の隣の町内会のおばあさんだ…

  • 本麻の絽の長襦袢を購入しました。

    5月も半分が過ぎようとしています。 ついこの間まで暖房をつけ床暖をつけていたように思いますけれど 季節の移ろいの早いことったら。 6月からは着物は単衣。 所謂、着物ルールでは6月・9月は単衣、7月・8月は単衣薄物、 そして残りの10月から5月までは袷、となっていますけれども 今の日本の気候では4月あたりから単衣を着たくなる日も多いですよね。 5月ともなると単衣をお召しの方のほうが多いかもしれません。 私は、普段のお出かけ(コロナ禍で”着物でのお出かけ”は全くと言っていいほどなくなってしまいましたけれど)では4月や5月でも気温の高い日は単衣で、 9月は中頃まで薄物で出かけることが多いです。 お茶…

  • 御菓子司 聚洸 予約なしで出会えたらラッキー

    久しぶりの更新です。実家へ出かけたり、他にも日程を切られた仕事(?)があったりで少しバタバタしておりました。実家の母がパーキンソン病なのは度々ここで書いているのですが先月あたりから急激に症状が進み、またレビー小体型認知症を疑うような症状が顕著になってきてまして、さすがに母自身も一人暮らしに不安を覚え始めました。ほぼ毎日、ヘルパーさんや医療で入って下さっている理学療法士さんや訪問看護師さん、訪問薬剤師さんの手をお借りしてやって来たこの数年でしたけれどこれまで左足の震えだけで済んでいたのが時折(疲れやストレスがかかった時などに)首から上が震えることがあったり、「顔の半分に違和感がある」と言い始めま…

  • 今夜は Uber Eats で。

    ゴールデンウィーク、皆様のお休みは明日5日まででしょうか。 長いところでは日曜日の9日までというところもあるようですね。 我が家はどこへの出かけず、ひたすらステイホームしています。 (とは言いつつもお茶のお稽古にだけは出かけていってるのです・ちょっと反省?) 毎日、毎日の食事の支度に今日はとうとう嫌になってしまって 「今日の夕食はデリバリーにします‼」と夫に宣言し 夕食つくりをお休みさせてもらいました。 Uber Eats 加入している食べ物屋さんがとても多いので ありとあらゆるジャンルのお料理を選べるのが便利です。 これまで出前と言えばお寿司かピザか丼物か中華、 せいぜいそんなところでしたけ…

  • 今年も花泥棒が

    人の手が届くところで花を育てていると避けては通れないことなのかもしれませんが 今朝、またやられてしまいました。 はさみ持参でバラの花を切り取っていく花泥棒。 もしかして認知症なのか、それとも怖いもの知らずなのか、 防犯カメラを設置し、【防犯カメラ作動中】のプレートを2か所に取り付けてあるにもかかわらず、大胆な犯行です。 朝、5時過ぎ、表の道に面したバラの鉢から、悪びれる様子もなく ハサミで切り取っていく様子が映っていました。 以前にも我が家の、そのときは芍薬の蕾でしたけれど、花を切り取っている現場をご近所の人が目撃して注意してくれたことがある、その時の盗人(ぬすっと)でした。 ご近所の方の話に…

  • 5月 風炉開きの日のお稽古に菖蒲の帯で。

    今日は5月最初のお稽古日でした。 いよいよ風炉の季節。 まだ実家にいた学生時代に初めてご近所のお茶の先生に入門し 結婚して家を出るまで続けていたお稽古。 忙しく生活していた日々が一息ついて思ったことは (お茶のお稽古を再開したい!)ということでした。 京都のお家元の事務局にご連絡を取らせていただき、今の宗匠をご紹介いただいて お稽古を再開したころは炉から風炉へ、また風炉から炉へ、と切り替わるたびに ?どうだったっけ?と動きが止まりそうになることもありました。 今日は、というと、 意外なほど自然に手が動いてお点前を割とスムーズに運ぶことができて あぁ、お稽古してきた時間が今につながっているんだな…

  • 今日は花の画像などを。

    今日、例の白大島を近所の呉服屋さんに持っていきました。 スナップをつけてもらうのと汗抜きをお願いして来たのですが えっとですねぇ お店の入り口を入って一番に目の行くところにさわやかな色目の 唐花の九寸名古屋帯が掛けてありまして…… 持参した白大島でお願いしたいことを話した後、お店の方が伝票を書いている間に もう一度帯が掛けてあるところに行って、 見れば見るほど欲しくてたまらなくなってしまいました。 白地に優しくさわやかな緑で蔓が大胆に描かれその中に淡い紫で六弁の花が咲いている柄行です。 大きな柄なのですが色が優しいのでうるさく感じず何とも素敵でした。 思わず 「これ、仕立てて貰おうかな」 とお…

  • 目を覆いたくなる恥ずかし着付け

    今日は4月最後のお稽古日、 ということは炉のお稽古も今日でお終い、 次のお稽古日には風炉に変わっているわけですね。 お稽古中のこと。 「半年があっという間、来月にはもう風炉ですね、 5月だから烏帽子棚だわ、烏帽子の作り方忘れていないかな」と話していると それを耳にされた宗匠が 「お棚、変えましょうかね……」とポツリ くすくすと笑いが洩れました。 今日のタイトルの件。 実は画像をのせるのもつらい! それほどひどい着付けになってしまいました。 いつも何かしら反省点、改善点はあるにしても今日ほどひどい着付けは もしかしたら初めてくらいかも。 最初に言い訳させてください。 今日は出かける前に画像を撮る…

  • 藤の帯でお稽古に

    今朝は少し冷えました。 3月末から4月のかかり頃、単衣でもいいと思えるほどの陽気でしたのに 今日は目覚めた時から空がどんより、なんとかお稽古に出かけて帰るまで お天気がもってほしい、と願いながら支度をしました。 あちこちで藤の花が満開になっていて いつもは『花の盛りには競わない』、 着物や帯の柄行に関しては早め早めを意識しているのですが今年の藤の思わぬ早さに (今日を逃したら来年までこの帯は結べない……)とついマイルールを緩くして 藤の帯を結んで行きました。 それに、昨年は緊急事態宣言が発出されお稽古も中止になっていたので 今日、この帯を使わなければ2年、出番がないということになって帯が少し可…

  • ご近所の藤の花と、美味しい焼き芋

    気温の高い日が続く今年の春 いつもならGWあたりに満開になる藤の花ですが ご近所の藤がもう見事に咲いています。 幹がとても太くて立派な藤の木 歩いている人が思わず足を止めて見揚げているのも納得です。 一昨年のGWに宇治の平等院へ藤の花を見に出かけた時には それは凄い人出で、中国の観光客の人や日本の観光客の人が詰めかけ 山内への入場に数十分待ち、鳳凰堂の見学は3時間待ち、と案内されて 鳳凰堂は諦め、藤の花をみて、お昼を食べるところを見つけるのも難儀するほどの混雑ぶりだったことを思い出します。 まさか1年後に世の中がこんなことになってしまうなんて…… あの時は予想することすらできませんでした。 今…

  • 牡丹、絢爛

    今朝、猫たちを庭に出して(もちろん、リードをつけて、です)散歩させてやろうと掃き出し窓を開けると 「わぁ!きれい!」という声がしました。 見ると、散歩と忠らしきご婦人が表に出した牡丹の花に足を止めて写メを取っていらっしゃるようでした。 猫たちを物干し台の根元につないで箒と塵取りをもって庭掃除に表に出ると 今度は観光っぽい女性の二人組(私より少し上くらい?)が歩いてきて 「いい香りがしますね、写真撮ってもいいですか?」と声を掛けてこられました。 「もちろんです、どうぞ写してください」とお答えしながら道を掃いていると これはなんていう? これは? と次々に前庭の植物について尋ねられ 少しお話をしま…

  • 久々の

    東京・沖縄と共に京都も明日からまん延防止等重点措置が適用されます。滑り込み、というわけでもなかったのですけれど 以前から今日は外食の予約を入れていました。 既往症があるので必要以上に用心をしている夫ですけれど 「タクシーで往復すれば大丈夫やろ」と久々の外での食事に行くことになりました。 京都ホテルオークラ ロビーには啓翁桜が活けられていました。 マスクでほぼ顔わからず(^-^; 今年はことのほか桜が駆け足で、本当なら今時分、桜の名残の頃なのに、と少し残念に思いながら、タクシーの中から鴨川沿いの様子を眺めていたので ロビーに入るとすぐに目に飛び込んできた桜がとても美しく感じました。 啓翁桜はまだ…

カテゴリー一覧
商用