住所
-
出身
-
ハンドル名
CissaPossaさん
ブログタイトル
CissaPossa LaGoon
ブログURL
https://cissapossa2018.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日々の創作活動からシンクロすることば 意識は自由に飛べる 現代美術創作家 思いの儘 時にユーモア
自由文
更新頻度(1年)

27回 / 52日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2018/12/03

CissaPossaさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 946654サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8217サイト
現代美術 0 0 0 0 0 0 0 383サイト
ポエムブログ 0 0 0 0 0 0 0 5859サイト
ことば 0 0 0 0 0 0 0 426サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 101397 0 0 0 0 0 0 946654サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 980 0 0 0 0 0 0 8217サイト
現代美術 21 0 0 0 0 0 0 383サイト
ポエムブログ 404 0 0 0 0 0 0 5859サイト
ことば 20 0 0 0 0 0 0 426サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946654サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8217サイト
現代美術 0 0 0 0 0 0 0 383サイト
ポエムブログ 0 0 0 0 0 0 0 5859サイト
ことば 0 0 0 0 0 0 0 426サイト

CissaPossaさんのブログ記事

?
  • Aurora

    恐怖と好奇心 / Auroraとわたしの行くえ オーロラは 伝説の中に 神話の中に 生き続けてきた その光は 人々を 街を 照らす 美しく ときに 畏怖として... わたしもその光に 出逢ってみたい。 豊富さを定義しようとするとき 豊富でないものも定義される 考えの限界は 自身を超えるはずがない そして 貪欲さが無限にある恐怖は また同じ量で近づいている 恐怖と好奇心 わたしの身体は寒い季節が得意ではない 実は飛行機も得意じゃない....。 本当は凄く小心者 体調を崩してしまい。。。 。。。頑張って笑っている今宵なのだ。^^

  • That live fish yourself

    静粛や会話の代わりに物語るまなざし。尊厳死を選択したparisienneからわたしの母の記憶 Mirelle Jospin (92歳) Lionel Jospin の母であり、尊厳死協会のメンバー 昨夜 わたしは 母のことを考えていた 病と闘っていた母は 当時 尿が思うように出ないことがあった わたしは 抗ガン剤(西洋医学薬品)だけに頼りたくなかった 病気に効く漢方薬 という分厚い本を読みあさり 一つの薬草茶を家で煎じて 病室に持ち込み わたしは 母に飲ませた そのお茶は 母に尿意を感じさせて 母は普段より多くの尿量に驚いていた しかし その尿意は真夜中に何度も母を起こした ...母は睡眠不足…

  • Encounter with blue flame

    Aladdin のストーブを数年前に 購入してあった 毎冬 青い炎を上手く燃やすことが出来ないって もぅ手放してしまおうかっていたんだけれども 偶然触れたスイッチで 今年 簡単に誠実に燃えはじめた 自分にちょっとした知識が足りなかっただけなんだなって 気がつけば 単純なモノゴトって 遠廻りして目の前に現れたりする そんなものかもしれない。。 そんなことが楽しいって感じる 。。今日この頃。。。^^

  • It ran up hoof 駆け上がる蹄

    Production in 制作中 馬は 捕食される側の動物で... わたしたち人間は 捕食者なのに 彼らはわたしたちを 背中に乗せてくれる 心の広い動物だから 人間とも通じ合えるし... わたしは彼らと一緒にいると 自分の中の 愛と慈しみの心を思い出す。。。 A horse is an animal on the side preyed on_. We're the existence by which Human beings is a predation person. They give me a ride with their back to us. Because they're …

  • To butterflies making rapid progress

    ひとは おとぎ話を信じる 物語の英雄たちは_ ときを超えて 人々の記憶に 刻まれる 悲しみの 闇は 決して去らぬが_ 闇が 薄れる日は来る 日没まで 雨の降らない地 朝の八時には 霧が消えていた 忘れてはならない かつて そんな地があり 短くも 輝かしきときが あったことを_ 知らせておきたい 心 優しき救世主が あなたに 笑いかけていることを 慈悲に満ちた その手は 常に あなたを導く 。。。今朝 。観た 映画から。。言葉を紡ぐ。。^^ A person believes a fairy tale. Hideo and others of a story_? It's carved in p…

  • Cinderella slipper of the passion

    Cinderella slipper of the passion 2019.1 .1 mika akutagawa 人生の意味を探す旅の中で いつか 必ず_ 気づく時が来る 「 答え などないのだ 」 と その 恐ろしくも避けがたい 事実に気づいたとき_ 受け入れるか 命を絶つか または ただ単に 探すことをやめるのか わたしは祝福された人生を 送ってきた それなのに 毎晩_ ベットの中にもぐり 明かりを消し 暗闇を見つめながら ふと 迷う 「 それだけのことなのか 」 命あるものは 皆 迷う だが 朝には目覚め コーヒーをいれる なぜ迷うのか あなたも 今朝 迷った 明日も 迷う そして …

  • Poetry from寓話 2

    New Year 2019.1.1 mika akutagawa ...その夜 森で火事が起き さなぎはチョウにならなかった 明け方 冷めた灰の中に 木は立っていた 心は黒焦げだった 火と悲しみが傷ついていた それからは 鳥が休みに来ると 木は 目覚めぬ さなぎの話をする 心に描くのは 羽を広げ 空を飛び回り 蜜と自由に酔い 私たちの愛を知る 大切な者の姿だ The eveningAt a forest, a fire is occurrence.A cocoon wasn't a butterfly. DawnIn the ash which cooled.A tree rose. The …

  • Poetry from寓話 1

    in production 不公平な死に なにも言うことはない そのわけを話そう オリーブの木に_ エメラルド色の小さな 蛹がいた 明日 繭から出て チョウになるだろう 木は さなぎの成長を喜んだが もっと一緒にいたいと 願っていた 木は不安だった さなぎを風から守り_ アリから守ってきた だが チョウになれば 敵や荒天にさらされる 。。。つづく Unfair deathThere is nothing to say.I'll speak about the reason. In an olive tree_.There was a cocoon with the small emerald …

  • Conversation to face each other

    ただ優しくしてるだけじゃ なにも変わらないし 何処にも進まなかった 待つって 必要なのかも知れないけれども 我慢とは違う …溜まっていたものを吐き出した自分がいて 長い間 自分が我慢していたことに 自分の不甲斐なさを思った 結局 しんどいのって 自分の責任なんだって 緩い無知な自分に 自分自身が甘いだけかもしれないって そして それは 完璧を知ることはないのかも知れない しかし 時と 常に 疑問と 自問自答に 真摯に向き合うことにあって 相対するものとの間に必要なのは 感情をコントロールした言葉だと 学んだこともあるけれども 瞬間からの正直な感情 その感情を真っ正面からぶつけることが それを深…

  • Intention to fly away

    子供は 本来 社会性の外側を 生きる 自身を信じて 自分の感覚を 表現する しかし 学校教育を受けることによって 社会性の中の一員となってゆく事を学ぶ 社会的概念... 習慣は それぞれが持つ個を失わせたりもする 大切なもの 自分を取り戻す勇気と 向き合う自分自身である 。。。好きなものは好き 気に入ったものに真っ直ぐな心。。。 得するとか 損をするとか... そういうのじゃないょ 心が感じる 美意識に出逢ったとき その対象に 自分を見て その感情を 愛すること。。。

  • Because of love

    Dinner tonight 食べる 喜びを 深めるのは 作る ひとの真心 素材が極だつ 美味しい料理と おもてなしに 贅沢と愉しみを味わってほしい 。。。って思いながら Because of love ただいま修練中。。。^^

  • Home of Mika/美香の住処

    公募展への出品に 疑問がある自分 ただ単に その意味をわたしが 持たない理由が 過去の記憶にある わたしが住処に 絵を描くきっかけとなったのは 共同で使っていた アトリエの解散だった 共同アトリエの鍵を持っていたのは 8人くらいだったと覚えている その空間では 自由で 好きな時間に 制作に向かえるはずだった …それぞれの制作の批評会として 週末に集まる曖昧な制約 土曜日の夕がた… それは回を重ねる度に 建設的な内容から離れていくような… そんな風に わたしは感じていた 自分の制作しか考えていないわたしは 他の誰がどんな絵を描くのかとか ほとんど眼中に無かった それぞれが それぞれの自分 それぞ…

  • BORN TO BE BLUE

    ほとんどブルーほとんど同じことの繰り返しここに女の子がいるけど、ほとんど君と同じほとんど君の目が前に約束したことすべて彼女の中にも見える 今君の目は泣き濡れて赤い ほとんどブルーこんな災難との戯れが俺さ 根っからの馬鹿者と呼ばれた ほとんどブルーほとんど感動的、ほとんど感動するよ 俺の中にはいつも本当の部分がある・・・いつも 今いいことは何でも終わりまで行くわけじゃない 選ばれた幾つかだけだそんな不幸せなカップルを見たよ ほとんど俺 ほとんど君 ほとんどブルー Almost blue Almost doing things we used to do There's a girl here a…

  • The place where mother sleeps

    母は わたしの住処の 近くにいる 郷には 八代続く広い墓地は あるのだけれども わたしの 心の拠りどころになるようにと 母は 近くで眠っている 母の 死因は癌だった 当時、病気を 本人に告知はしないのが一般的だった 母のお腹に はじめて激痛があってからの 一年と半年の間 ニ回の手術をした 一度目は大腸の癌を摘出し 肝臓に転移した癌に 週に一回 抗がん剤を注入するために 機械を埋め込んだ 二回目の手術は 転移した卵巣の大きな癌を摘出する手術 病気の進行と 抗がん剤の副作用との格闘は わたしの想像を絶していたと思う 母の癌を宣告されても わたしが 涙を見せることは許されない 母を近くで見ていたわた…

  • poetry 1

    あなたのstoryに現れた わたしという存在は あなたが あなたのために あなたが創り出したものであり そして わたしのdramaに わたしは あなたを生み出した。。 It appeared in your story.Existence as meYouIn your purpose.You produced. And In my drama.I?You were produced.

  • identity

    創造する そのときの 環境と状況が 反映される 個は個で在るという identity 自分の制作を俯瞰し 自分の位置を確認する 更なる自分への 探究は繰り返される 個は個で在るという 個というidentity 昨日 数ヶ月前に形成した 自分の陶土作品が 焼成したという連絡があって 自分の作品と向き合うことになり… 当時、 その空間を どう感じ どのように時間を過ごしていたのか… 作ったものは 自分自身を映し出している …マニュアルと いまの自分と調和させようって 心の置きかたは否定はしない が、 自分を辿る記憶を 破壊することによって 更なる美を求める自分が いまここに在るんだな。。^^

  • 2018.6 zeal

    ennuiなんだけれども それはある意味平和であるからにして 生きてるって死ぬってことと いつも隣り合わせなもんだって 分かっているつもりなんだけれども 想像だけでは真実は語れない しかし、 リアルにイメージすることは わたしには非常に酷なことであり つまりは生きているってことを どれだけ愉快に爽快に演出するかって どれだけ自分の美意識を生きるかって 物質的な現実的な… そんなこと理想を考慮しているばかりでは わたしは独りきりで鬼ごっこをしているみたいで つまりは俗世間の美意識なんてものには 自分を当てはめる必要なんてものは無い あなたの愛するものは何?わたしの愛することは何? 歪だって固定観…

  • The act that I eat

    タンパク源は ゾウリムシの幼虫 女王アリ …毛虫 半炊きの米を葉っぱに包み 火にかける 毛虫は 熱さに反応し 米の中へ潜り込んでいき 炊き込みご飯になる 地球上に生息される 生物種の約一割が在ると 既知される アマゾン料理である 旅をする際 食文化を重要に わたしは考える アボリジニへの旅のとき わたしは カンガルー動物園で 性格の違うカンガルーたちと 触れ合った その直後向かったのは カンガルーステーキレストラン… 数ヶ国を観光した知人が トナカイのステーキが 一番美味い と言う 自国では 鳥、豚、羊、牛… を食べる それには 生物を殺め 血を抜き 解体している という実体がある そうやって…

  • Kishu south high plum

    モツァレラチーズ。。 。。手を伸ばした 。。が、しかし 冷蔵庫の扉を閉める かろうじて 紀州南高梅…一粒 体調不良の治癒対策 あとちょっとだけ 絶食っぽくしよう。。 食べれるって幸せなんだょな^^ 自分以上 でもなければ 自分以下のものでもない 。。疲れたら休む 息抜き。。極めて大切かも。。 明日は物作りしたいょ^^

  • The tolerance level

    体調が優れなくて 今日は制作を諦めてみた。。 常に 自分自身を 考えること それをしないと 落ち着かない。 けれども 積み上げられた 一番上の本から 自分ではない物語を読む 静かな夜 本を読む 時計の秒針に 耳を傾けてた。。 ときの隙間に入った 。。焦らず 愚直に生きようって 思う。。。

  • science

    正しい解釈だけに その後の文化が形成されるわけではない いまこの時の解釈を創造することに 意味を置く 現在に生き 愚かに見えるという事象は 逆に 狂ってはいない愚かさで在る 自身の心に 定義が存在し それを表現していく という術と 愛とは 伴うものである

  • Jacketing Cast.

    . 2018.9 Jacketing Cast. いきなり 増えるとか 多いとか それはそれで 有りなんだとは思う 例えば… しかし… モノゴトの真理とかいう 不確かなものたちが いっぱい交差して 複雑に絡み合ったりして… そして 大切なものって だんだんに 削ぎ落とされて 残ってきたものだったりする そこから 足されていくものって 付加価値があるのかもしれない そんなところに 気が付いたというか そんな感じの 今日この頃なんだなぁ。。。

  • A green pepper and lemon

    いっぱいの旬なピーマン! 六月の暖かい日和に ご機嫌なわたしは ツルピカな緑色のピーマンたちを 食べようとして グリルに並べ火を入れました が! 焼いていることを うっかり忘れていたのだょ 「あれ? 最近のわたしんちって 生々しい 草の香りがするなぁっ」 なぁんて独り言を言って 鼻歌なんか歌っていて。。 しばらくしたら 焦げた匂いがしてきたもんだから あっ。 そういえば…ピーマン…焼いてたんだっけ!! 恐る恐るグリルを引いたら 真っ黒けっけな ピーマンたちが… あーごめんなさい… 申しわけなくって スーパーに並んだ 緑色のピーマンと 目を合わせることが出来たのは 久しぶりな今日であった… (p…

  • An internal thought and realistic system

    内的思考と現実 無意識と偶然 自身の精神が怒りや焦り、不安に駆られるとき もしかしたら…それは 固執 つまり嫉妬する気持ちだったり依存心かもしれない そのとき自分自身に疑問を持ってみる そしてそこに気が付いたのならそれに気がつくことが出来たなら いま自分が立っているのは 一つ先のスタートラインなのだと!

  • Do not become overconfident with having confidence

    DJPerarucha …素直で正直 懸命に生きているとは 自分自身を悲観しない そこに戻ることを考える きっと精一杯 直ぐ隣に在る死と 向き合っているから …謙遜と謙虚は別のもの いまの自分に 自信をもって その瞬間を創造する それが前に進むことなのだろう 懸命に考えて 懸命に生きている姿は 美しい …ん できたら あなたを ぎゅーって抱きしめたい … それはわたし自身を 抱きしめる感覚なのだろうな! DJペラルーチャ

  • Restroom art

    お手洗いと玄関は住処の自己主張の空間なんだって 幼少期に固定観念がついたつまりその家の顔みたいな わたしが家に絵を画きはじめて特別に集中してる部屋 どうしてこの空間に自分が無になって絵を画くのか… ただその瞬間に引いた線と色それはその瞬間の真実への追求なんだと…

  • For a moment or a moment

    自然界の傑作に感銘を受けたとき 心の中に声を聞く その心の声こそが 自身を動かす真実なのだ それを見て 心の中で様々な解釈をする 混沌の中から現象は初まる 人間の思考はよく理解できない 自分 それは自分自身も同じである