searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

北野トマレさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ほうれい線上のアリア
ブログURL
https://www.kitanostop.com/
ブログ紹介文
ある日突然顔に肉という字が現れた・・。41歳の体とお肌と戦い、もう一度美を目指してあがく北野の日記。
更新頻度(1年)

89回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2018/12/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、北野トマレさんの読者になりませんか?

ハンドル名
北野トマレさん
ブログタイトル
ほうれい線上のアリア
更新頻度
89回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
ほうれい線上のアリア

北野トマレさんの新着記事

1件〜30件

  • 認知症と私のおじいちゃんの話

    ちょっと前にこんな本を読んだ。 ボクはやっと認知症のことがわかった 自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言 作者:長谷川 和夫,猪熊 律子 発売日: 2019/12/27 メディア: Kindle版 私の祖父は北の果ての小さな市で市会議員をやっていた。 とにかく知的でスマートで物腰がとても柔らかく、 子どもの私にも大人に対するような丁寧な言葉遣いで話しかけてきてくれる人だった。 その年代の人にしては進歩的な、現代に近い感覚を持った人で 当時としては珍しく仕事を持ってフルタイムで働いていた祖母に 家事を押し付けることもなく、 私にもこれからは女性だって勉強して世界に出ていく時代だと …

  • 環境芸術の森に紅葉狩りに行ってきた話

    週末は秋晴れのよいお天気だったので、 ずっと行ってみたかった佐賀県の「環境芸術の森」に紅葉を見に行ってきた。 環境芸術の森は唐津市厳木町作礼山の中腹に位置する約30haの私有林。 約10000本のモミジやカエデが植えられた美しい庭園は人気の紅葉狩りスポットで 毎年11月中旬のこの時期になると、 友人の誰かかしらがここに出向き 私のSNSのタイムラインに こんな写真が流れてくる。 おおよそ日本人であればこの写真に魂を揺すぶられない人がいるだろうか。 美しい。 なんだ、この圧倒的なまでの美しさは? そしてどういう仕組みで撮られた写真なのだ? 室内?水面か? 何に映ってこんな風に見えているの? 全然…

  • ぐるぐる回る息子の話

    コペルが13才になった。 背は私より高くなり 声は私より低くなり 私より力持ちになって 私たちの知らない自分だけの交友関係を持つようになった。 身なりに気を配り、モテたいと口にするようになり、女の子の目を気にしている。 大きくなった。 来週はコケシの誕生日も控えている。 子どもの誕生日は私を母親にしてくれた記念の日でもあるので、この1週間は 去年も書いたが 誕生日前日くらいから出産の日のことを振り返ったり これまでの育児の喜びや苦労を思いだしては 感傷的な気分に浸るセンチメンタルウィーク。 少し物悲しい秋の雰囲気も相まって毎年涙ぐんで過ごすのが常なのだが そんな中、13才になっても変わらず・・…

  • 娘の嫉妬に思う話

    久しぶりに妹と甥っ子に会った。 甥っ子オモチは3歳になったばかり。 この時期の成長は著しいもので、 前回会った時と体も心も全然違う。 辿々しかったおしゃべりもだいぶ達者になって 会話が成立するようになった。 赤ちゃんから幼児へ。 ポケモンでいったら一段階進化したような そんな大きな変化を感じられる時期だ。 ドヤ顔もイヤイヤ期のワガママも とにかく可愛くて可愛くて可愛くて可愛い。 我が家の子ども達はもう8歳と12歳。 親としてはまだまだそれなりに可愛いけれどももう幼児ではない。 やっぱり幼児はすごい。 丸い頬、とんがらした口、すべすべのおでこ、ふくふくの手のひら。 ステータスを「可愛い」に全振り…

  • 長崎歴史文化博物館に行ってきた話

    先日長崎市にある歴史文化博物館に行ってきた。 博物館って大好きなのだ。 薄暗い館内。 ガラスケースの中、照らされた謎めいた過去の遺物。 昔の人の生活の匂い。 骨、武器、祭具。 時を超えて残された美術品、財宝。 ロマンと、ちょっぴり怖さもあるかもしれない。 想像力と好奇心がかきたてられて なんだかワクワクしてしまう。 決して歴史に詳しくはなく、説明文も斜め読みだけれどそれでも十分楽しい。 あ、あれは美術館か。 そんなテンションの上がりきった母とは対照的に 博物館におけるコケシのテンションはいつも低い。 歴史的に価値のある文化物も美術品も あまりコケシの感性には響かないらしい 特に今回はコロナ禍と…

  • これさえわかれば「劇場版鬼滅の刃無限列車編」を見に行けるよという話

    鬼滅の刃の映画を見ただろうか。 私は先週家族で見てきた。 映画は前評判通り素晴らしい出来で、もちろん泣いた。 こちとら前頭葉が老化して何を見ても涙ぐんでしまう 万年センチメンタルな中年女性だ。 私を泣かせるなんて赤子の手をひねるようなもの。 全く簡単な事で名作の証拠にもならないが 周囲の人もみんな泣いていたので 泣ける映画であったことは間違い無いと思う。 離れて住む70代の私の両親も揃って映画館に観に行って 二人で号泣したらしいし 12歳の姪っ子も泣きじゃくっていた。 泣けるから良い映画というわけでは無いだろうが 少なくとも多くのひとが心を揺すぶられていることは確かだ。 コミックスを読んでいる…

  • 「どうぶつサウナ」の動物達をサウナに入れてあげた話

    うちのサウナ大好きジョニーさんが 最近こんなガチャガチャを見つけてきた。 どうぶつサウナ2。 2と銘打っているからには、おそらくこの「どうぶつサウナ」シリーズには1もあるということだと思うが、 今回出会ったのは2。 サウナで思い思いに蒸されている動物4匹と 熱波師(蒸気をタオルや団扇で扇ぎ、サウナーに送ってくれる人)の カワウソ1匹で全5種。 このシリーズを企画、製作した方はサウナーなのだろうか。 2ということは1の評判がよかったのだろうか。 ジョニーさんはいつも頭からタオルを被る濡れ頭巾方式を採用していることから このクマにシンパシーを感じるらしい。 私はお腹にタオルを乗せて壁にもたれるスタ…

  • また一つレベルアップした話

    昨日43歳になった。 ずっと閉園が続いていた遊園地で 年間パスの年会費だけ例年通り徴収されてしまったような理不尽さを感じる。 双六でいったら一回休み、みたいな 何かを積み上げた実感も、前に進んだ手ごたえもなく、 ただその場で足踏みをつづけていた感じの一年ではあったが その分普段の何気ない生活のありがたみだったり、 人との距離感だったり、 家族との時間だったりを 改めて感じ、考えることはできたと思う。 そうでも思わないとやってられないヨ。 まぁ、何はともあれ43歳になったわけで 停滞した42歳を取り戻すくらい 今年はよい出会い、良い体験を積み重ねることができればいいと思っている。 誕生日前日は最…

  • スポーツの秋とレベル上げの話

    最近ブログも書かないで何をしていたのかというと 毎日運動をしている。 ブログ上でも何回か書いたことがあるが、 ここ一年くらいでとにかく体力が落ちてきて 生活に支障をきたしているというか、 将来に不安を感じるというか、 何もかもが思うようにこなせず、 生活の質も自己肯定感も下がっているというか・・ とにかく毎日が不本意だった。 ↓こんな記事を書いたこともあった 私の老化による体力低下もあるし、 子供が大きくなってきて 親としての役割や大変さの性質が変わってきていることもあるのかもしれない。 多分そのどちらもが負担となり相乗効果で、 私的にはここ数年は子どもが小さかったときより消耗している。 まだ…

  • ヘアドネーションをした話

    私北野トマレはずっとこの髪型だ。 ロングヘアって意外と無精者にぴったりの髪型なのだ。 ブロウが下手くそで真っ直ぐのサラサラにできなくても 可愛く編み込むこともできなくても 朝ギリギリまで寝ていて、寝癖で跳ねてしまった髪を直す時間がなくても大丈夫。 とりあえず束ねてしまえばなんとかなるし 櫛を通すのさえ省略してしまう朝もある。 ともかくロングヘアは手間がかからない。 はねないし、結べるし、 多少伸びてもスタイルが変わらない。 美容院も行けば楽しいのだが 予約の電話を入れたり、日程の調整をしなくてはと考えるだけで億劫になり 毎月はとても通えない。 半年に一度くらいですめばありがたいと思ってしまう私…

  • 狼と妊娠線と私の話

    お風呂上がり。 ハーフパンツから伸びる私の太ももを不思議そうに眺めてコケシが言った。 んー、それは肉割れ。 12年前コペル妊娠の際、できてしまった妊娠線の跡。 妊娠中私の体重は47キロから約10キロ増加した。 乾燥肌で皮膚の薄い私は予防のためにせっせと保湿に励んだけれど、努力及ばず…… 出産1週間前になって下腹と内ももに妊娠線が出てしまったのだ。 直後は赤いミミズ腫れのようだった妊娠線は 時間が経つにつれ、白く薄くなって目立ちにくくはなったものの 体重が元に戻っても未だ消えずに残っている。 当時はずいぶんショックだったけど 今となっては見るたびに懐かしい想いすら湧いてくる。 思い出の古傷だ。 …

  • どうしても納得いかない話

    体重がジワジワと増えている。 コロナ禍といえど、運動不足にならないよう気をつけていた。 アップルウォッチをつけて活動量もはかり 毎日1万歩前後は歩くようにしていたし、 最近はジム通いも復活して1ヶ月皆勤賞。 アップルウォッチユーザーの方分かってもらえるだろうか? それが十分な運動量かと言われたら分からないけど インドア派で普段ほぼ体を動かさない生活を送っている私にしては 最近は当社比200%くらいで動いているという感覚だった。 では食べすぎてしまっているんじゃないか、って思うでしょう。 結局はダイエットは食事だというのは私も思うところ。 でも私は朝、昼の食事はルーティンでここ何年も ほぼ同じ量…

  • 息子のコンタクトレンズの話

    コペルがコンタクトレンズデビューした。 中学校で演劇部に入ったコペル。 始まりは彼のそんな一声から。 まぁ、そうだよね。 いつも眼鏡が手放せなければ 北島マヤだって紅天女は演じられないものね。 最近のコンタクトレンズは酸素の透過性が上がり 昔に比べて性能が格段に良くなった。 とはいえやはり装着は少なからず目に負担で、 長期の使用で角膜内皮細胞が減少することも知られている。 目の健康を考えればやはり眼鏡の方が良いだろうし、 まだ中学生であるのだから 経済的にも、本人の管理能力を鑑みても 眼鏡が第一選択なのは間違いない。 それにもかかわらず、 部活という大義名分があったとはいえ こんなに早くにコペ…

  • 狸とおじいちゃんの思い出の話

    かつてない威力の台風が近づいている。 ちょっと前もブログにこんなことを書いたような気がして仕方ない。 自分では気がついていないだけで 私、時間の檻に閉じ込められて同じ時間や状況をループしちゃってるのかもしれない ・・・なんて、SFな妄想に浸ってしまうほどのデジャブ感に震えている。 でも今回ばかりはいつもの「かつてない台風」とは違うらしい。 私が住んでいる長崎県は近年たびたび台風や豪雨の影響を受けているが なんでも今回の台風は一生に一度経験するかしないかの超大型なのだという話。 長崎県民にとって過去最大の被害をもたらした台風といえば 平成3年の台風19号であるらしく 皆「あの19号を超える強さだ…

  • 「ママがいい」という話

    私は小児歯科医をしている。 嘘、本当はもっと無理目なくらい声のトーンを上げて うたのお姉さんばりにテンション高い感じでやってる。 来院する子の中には「ここに来るのが楽しみ!」と笑顔で来院してくれる子もいれば、 とにかく歯科が苦手で、検診でも泣き出してしまう子もいる。 もちろんこっちも恐怖心を和らげ、 リラックスさせてあげたい、仲良くなりたいと あの手この手をつかうけど やっぱりどうしようもないこともある。 場所見知り、人見知りが発動している低年齢児は特に いつもと違う場所にいるだけで不安になったり 家族以外の人と目を合わせた瞬間から泣いてしまったりもすることもある。 それくらいでも泣いちゃうの…

  • 虹を見るスキルの話

    大きい虹をみた。 虹っていいよねー。 見たからと言って特別何が起こるわけでもないのだけれど 小さい幸運を拾ったような、 未来への希望をみたような、 そんな気持ちになる。 小学生の頃。 先生が教えてくれたことをずっと覚えている。 「虹が出るのは太陽と反対側の空。夕立のあとは太陽に背を向けて東の空を探してごらん。」 それからというもの、 お天気雨が降ったり、夕立の後、陽が射したりした時は私は必ず虹を探すようになった。 それまでも虹を見ることはあったが この知識を得てからは、虹を探すスキルが格段に上がって ちょくちょく虹を見ることができるようになった。 雲が切れれば、結構見えるのよね。 他愛もない雑…

  • 真夏の怪談

    今週のお題「怖い話」 つい先日体験した本当にあった怖い話を聞いてほしい。 あれはお盆休み最終日の日曜日。暑い夜だった。 コケシは早々に寝てしまい、 コペルは明日から学校だ、と明日の準備。 私とジョニーさんは半沢直樹を見たりして・・ 呑気にくつろいでいた。 しばらくして私がトイレに行きたくなって、席を立つと 階段の下で息子コペルが変な顔をしているのに出くわした。 なんだか嫌な予感がして 「どうしたの?」と尋ねると コペルは小さな声でいいづらそうに、 こう言った・・・・ え?鞄? どうしたの? ば、ばかな・・ 最後にこのお弁当を持っていったのは・・ お弁当の中はまだ7月。 連日アホみたいに暑いとい…

  • シンデレラ3のアナスタシアが「元祖ありのまま」だという話

    シンデレラ3をご存知だろうか。 この間立ち寄ったレストランでシンデレラのミュージックビデオが流れていたので 何気なく 「シンデレラには続編があり、 2は他愛ない平凡な話だったけれど、3は意外に面白くお気に入りなのだ」と粗筋を話していたら 「何それ、面白そうな話」とディズニー食わず嫌いのジョニーさんが意外にも食いついてきた。 そして「それブログに書きなよ」と勧めてくれたので 今日は知られざる良作、シンデレラ3について書きたいと思う。 ※以下ネタバレあり シンデレラIII 戻された時計の針(吹替版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video これは王子とシンデレラが結ばれ…

  • 長崎原爆の日の話

    昨日は長崎原爆の日だった。 私にとって、戦争も原爆もはるか遠いことのように感じられるが うちのクリニックを受診される方の中には原爆手帳を持っていらっしゃる人もいたりして そう遠くない昔、確かにこの地でおこったことなのだ、と 改めて身震いするような思いになったりする。 小学校には時々戦争体験を語り伝えてくださる方がきて、 まだ若いコペルやコケシも貴重な話を聞かせていただく機会があるようだ。 8月9日は夏休み期間中ではあるが、 長崎の小学生は必ずこの日は登校して平和集会に参加する。 ジョニーさんが子どもの頃からそれはずっと変わらないらしい。 皆で集まり、原爆についての講話を聞き 戦争の恐ろしさ、命…

  • 穴があったら入りたい話

    夜、コペルの部屋からなんだかガタガタと音がしているので ジョニーさんが 「何をしているの?いい加減に寝なさい」と 声をかけ、 コペルの部屋のドアをガラッとあけたら ベッドと壁の間にコペルが挟まっていたらしい。 小さい時からコペルは穴があれば手を入れるし、隙間があれば挟まる子だったが 中学生になってもそれは変わらないようだ。 君は一体何がしたかったんだ。 何をどうしてこうなったのかは教えてくれなかったけど、 男の子の行動って本当に謎。 日記・雑談(40歳代)ランキング ↑応援していただけると嬉しいです にほんブログ村 ↑いつもありがとうございます 気軽にコメントやブクマにて足跡を残してくださると…

  • 「今日の北野家」お盆の航空券をキャンセルしたよ

    お盆の帰省を諦め、予約していた航空券をキャンセルした。 緊急事態宣言が解除され、コロナが一度落ち着いた頃にとったチケットだ。 第二波はきっとくるとは言われていたものの、 インフルエンザ同様空気の乾燥する冬のことと予想。 夏場はコロナも勢いを弱めるだろうから むしろお盆に帰っておこうと思っていたのだ。 甘かった。 長崎の誇る激甘菓子、カスドースくらい甘かった。 第二波早くね? ここのところ首都圏の感染者数の増加は著しいし、 ここ長崎においてさえ感染は広がり 県をまたいでの移動の自粛がアナウンスされるようになってきた。 お盆の帰省が現実的ではないことくらい 少し前から分かってた。 それでも、もしか…

  • 梨泰院クラスに夢中になっていた話

    気がついたら更新もせず、1週間経っていた。 何をしていたのかというと 夜な夜な「梨泰院クラス」を見ていたの。 梨泰院クラスは「イテウォンクラス」と読む。 Netflixで配信されている 少し前から話題の大人気の韓国ドラマだ。 ハマったら根こそぎ時間をもっていかれるのがわかっていたから はじめはあんまり気が進まなかったのだが、 ジョニーさんが「絶対みて!」ってすすめてくるもんで・・・。 見てみたらやっぱりめちゃくちゃ面白い。 一度みたら止まらなくて一日に2話くらいずつ毎日見ている。 昨日は夜更かしして3話も見てしまった。 眠い。 おかげで朝ボーッとして頭が働かず お弁当の卵焼きを作る際、 卵をシ…

  • マスクの息苦しさ防止グッズの話

    最近買ったものが結構よかったので 今日は珍しく商品紹介。 GOKEI ひんやりプラケット 【8枚】 夏用 プラケット 鼻筋クッション 口鼻 メイク崩れ防止 柔らかい 通気性 超快適 メディア: ヘルスケア&ケア用品 マスクが息苦しいこと、ないだろうか? 私はある。 雨とか降って湿度が高い時とか、 布マスクをつけて早足で歩いてる時とか。 歯科医師という職業柄、マスクの長時間着用には慣れている方だと思うが 布マスクってサージカルマスクより厚みがあって 篭る感じが強い。 夏用の冷感があるテロンとした素材のマスクなんかは特に、 付けた感触こそ涼しいが かなり息苦しい。 学校行事で参加にマスク着用が必須…

  • 今日も今日とて反抗期と戦う話

    息子が絶賛反抗中だ。 感情の起伏が激しくてちょっとしたことで泣いたり怒ったりする。 なんだか常に機嫌が悪い。 普通に呼んだだけなのに、 普通に朝起こしただけなのに、 いつだってキレ気味に返事をしてくる。 起きた瞬間から不機嫌。 かわいくない。 もちろん機嫌がいい時だってないわけではない。 テンション高くノンストップで話し続けたかと思えば やけにベタベタと私の後ろをついてまわってきたり 体ばっかり大きくなっても、まだまだ子供だなと感じさせるほど無邪気なときもある。 家事や荷物持ちを手伝ってくれたり、 コケシの勉強を見てくれたり、 家族に優しい気遣いを見せてくれることもしばしばだ。 でもそんな穏や…

  • 新ブログを始めようかと思ったけれど、という話

    携帯電話の機種を変更したら、 はてなブログアプリにログイン出来なくなって パソコンからしかブログをいじれなくなっていた。 パスワードは分からないけど私は本人よー!入れてー! 携帯を変えたらFacebook、Instagram、LINE、 Apple IDにGoogleのID、子供の携帯のフィルターアプリのアカウント・・・ あらゆるところでIDとパスワードを求められるので大変だった。 旧携帯のバックアップデータを新携帯に引き継いだのだが、 携帯に保存されていたパスワードがそのまま自動で適用されるものもあれば、 やはり入力が必要なものもあったりして。 小さなメモ帳にいろんなパスワードをメモしていた…

  • サ活を再開した話

    ジョニーさんは最近サウナ活動、サ活を再開した。 うちの近所のスーパー銭湯はサウナブームに乗って 4月、5月の自粛期間中に改装を行い サウナ室を2倍の広さに拡大するという攻めの姿勢に打ってでた。 withコロナのこのご時世でサウナ室においてもソーシャルディスタンスがとれるのは 非常に心強くありがたい。 という言い訳を掲げて毎日のようにサウナにかよっている。 とっても嬉しそう。 サウナの中毒性はジョニーさんを見る限り、なかなかのもので 自粛中サウナに行けなかった時はかなり苦しんでいる様子だった。 暑い日の車内をサウナに見立ててみたり このことは以前ブログにも書いた↓ 娘が学校からもらってきたヒノキ…

  • 「今日の北野家」寝坊した朝

    昨日は家族揃って寝坊してしまった。 最初に目覚めたのはジョニーさん。 「トマレちゃん!7時半過ぎてる!」 起きた瞬間、絶望感でいっぱい。 最悪の目覚めよね・・。 コケシはまだ間に合うが まずいのは弁当持参、バス通学のコペル。 うちの近所のバス停に7時40分頃にはバスが来てしまう。 いつもであればもう家を出る時間。 悠長にお弁当作りなんてしている時間はない。 「ごめん、コペル!きょうは学食で食べてくれる?」 慌ててお金を渡すと コペルはうなずいて 凄い勢いで顔を洗って制服に着替えつつ、 口にパンをツッコミながら 目についた教科書やノートを 手当たり次第に鞄に突っ込んで・・ (「ほら前日に翌日の準…

  • 「今日の北野家」信じていた人に後ろからどつかれる

    我が家のトイレには自動開閉機能がついている。 望んでわざわざつけた機能ではなく、家を建てたとき選んだ便器に標準装備されていたものだ。 はじめは 「蓋くらい手で開けるよ。そんな機能いらないよ!」と鼻で笑っていたのだが、 切羽詰まってトイレに飛び込んだ時などは なかなかに便利。 それに切羽詰まっていない時でも ドアを開けるやいなや、サッと蓋が開く様は 馴染みの女将に細やかな気遣いで 温かく歓迎されているかのよう。 とても良い感じ。 とても気に入っていたのだが、 最近この可愛いトイレの様子がおかしい。 近づいても開かなかったり・・ 開かないから仕方なく手で開けて腰掛けると、今度は びっくりする。 セ…

  • 「今日の北野家」夢まくらに立つおじさん

    夜中にふと気配を感じて目を開けると 枕元に全裸のおじさんが立っていた。 怖かったので、目を合わせないようにしようと そのまま目を閉じているうちに眠ってしまった。 朝起きて冷静になってみたら夢だったのかもしれないと思えた。 それで、夫ジョニーさんに 「昨日枕元に全裸の幽霊みたいな男がボワッと立ってこっちをみてる夢を見た。」 と話してみたら 夫だった。 やだ、普通ー。 ・・いや、普通でもないか? お酒飲んで開放的な気分になり 全裸で部屋の中を歩き回っていたらしい。 やめてほしい。 せめてパンツ履け。 そしてお酒はほどほどに。 日記・雑談(40歳代)ランキング ↑応援していただけると嬉しいです にほ…

  • バトンを渡す話②

    前回に引き続きブロガーバトンの話。 今回バトンを渡すもう一人は・・ 「さよならはいわない。」の のぞみュー さん(id:nozomyu) ブログ内にアップされた写真の中で以前 顔出しもされていたのを拝見したが イケオジである。 顔出し、というかそもそも のぞみューさんは以前有名なバンドのベーシストをされていた方。 元々人前に出るお仕事をなさっていた人なのだ。 ジョニーさんに話したらめちゃくちゃビックリしていた。 のぞみューさんのブログは ベースやライブといった音楽の話題はもちろんのこと、 過去のほのかな思い出や些細な日常の話、 偏愛する蒙古タンメン中本についてなど、 話題は多岐にわたるが その…

カテゴリー一覧
商用