chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
北野トマレ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/12/02

arrow_drop_down
  • 今年は黄色い帽子のおばさんになるのが目標という話

    黄色い帽子のおじさんを知っているだろうか。 彼はおさるのジョージに登場するキャラクター。 おさるのジョージはニューヨークのアパートでおじさんと暮らす子猿の日常を描いた子ども向けのアニメーションだ。 土曜日の朝eテレで放送されている他 Amazonプライムでも視聴することができる。 うちの子供たちは大きくなってしまったので最近は滅多に見ることはないが、小さい頃はよく見ていたように思う。 だから私も彼のことをキャラクターとしては知っていた。 お話もなんとなく流し見たことはあったが、しっかりと見たことはなかった。 あまりにも優しい平和な雰囲気から お猿のかわいさと、たわいない日常を見て楽しむだけの単…

  • ブログ友達の聖地巡礼をアテンドした話

    もうひと月も前のことになってしまったが、ブログ友達が長崎に旅行にきた。 以前からこのブログを読み、毎回のように温かいコメントを寄せてくださっているツヨキさん。 私のミニチュアが銀座に飾られた際には、わざわざお店まで見に行ってレポを書いてくれたりもした。 美味しいものが好きで、私より少し年下で、 日々の小さい面白を可愛い絵で描くブロガーさん。 まだ一度もお会いしたことはなかったが 彼女のブログで近況を知っては想いを馳せて、 なんとなく離れた場所に住む親戚や友人であるかのように感じていた。 そんな東京在住のツヨキさんが、ある日「長崎に行くよ」とツイート。 その目的は… ときめきメモリアルとは高校生…

  • 長崎テントサウナフェスティバルに行ってきた話

    最近サウナの話題ばかりだが、 10月11月の九州はビッグなサウナイベントが続いているのだ。許して欲しい。 というわけでやっぱり今日もサウナの話。 先日長崎市のドラゴンプロムナードで開催された「長崎テントサウナフェスティバル」に行ってきた。 ドラゴンプロムナードっていうのは長崎人にはお馴染みのあの、オレンジ色のでっかい球のある広場を指す。 長崎に越してきてからというもの 長崎市内を見渡すたびに、視界に入るオレンジに あれは何なんだ?って思い続けていたけど、 今回近くに行って見てはじめて本当にただの球だったということを知った。 別に貯水タンクでも中に入れるわけでもなく、ただただ大きい球。 なんでも…

  • 雲仙の「レストハウス森のしらべ」の新サウナを体験してきた話

    今年の2月末、 長崎県雲仙にある「Rest House森のしらべ」でテントサウナを体験してからずっと 私たち家族は森のしらべさんのファンだ。 以前子どもと行くサウナについて記事を書いたときも少し触れたが、 私たち家族にとって旅先で楽しむアクティビティとして大自然の中のテントサウナは最適なのだ。 前回の体験も森のしらべさんのホスピタリティと抜群なロケーションのおかげで 夫がこんなことを言い出すほどに 本当に大切な思い出となっている。 それからというもの、定期的にTwitterで森のしらべさんに対する愛を呟いていたのだが そんな地道なファン活動が実り? とうとう森のしらべさんから「新しいサウナを作…

  • 45歳になった話

    10月12日は私の誕生日。 「ほら、今タイムリープ流行りでしょ?」 ちょっと前から夫にそんなことを言っては… と身も蓋もない反撃をくらって撃沈していた。 この時期になると毎年こんなことを言っている気がする。 それこそ同じ時を繰り返しているのかと思う程だ。 四捨五入したら五十!としきりと茶化してくる息子に ムキになって言い返し、 等々… 大人気なく屁理屈を捏ね回して抗ってみたりもしていたが、そんなことをしても意味はないと本当はわかっている。 わかっているけどやっぱりすんなりとは受け入れられない。 45歳。 45歳になってしまった。 この間の連休にサウナを通じて仲良くなったお友達とBBQをした。 …

  • 猫の首輪にAirTag(エアタグ)をつける話

    我が家に猫が来てから一年が経つ。 初めは栄養状態も目つきも悪い、 鼻を怪我した小さな痩せっぽっちの子猫だったウニも 愛情をタップリ受けて 食べ… さらに食べ… スクスクとお育ちあそばした。 控えめに言って天使ッ! 我が愛猫がこんなに元気に大きくなったことに関しては本当に喜ばしいがちょっと困ったこともあって… この立派な体重を利用して玄関のドアを開けられるようになってしまったのだ。 我が家では家中のほとんどのドアが引き戸である。 動物を飼う予定などなかった5年前、家を建てる際 好みや利便性からあえて引き戸を選択したのだが 完全に裏目に出てしまった。 もっとも重く固い玄関のドアを開けれるということ…

  • COCOFUROたかの湯で地獄の風に吹かれた話

    サウナーは旅にでる。 サウナめぐりを目的とした旅、サ旅だ。 あれ?彼はサウナーじゃなかったっけ? カッコイイよね。そしてなんて楽しそう。ずっと憧れていたのだ。 私は埼玉に実家があることもあって、関東方面に出向くことは比較的多いのだが いつも子連れの移動であったため 子どもや親ののリクエストに応えたり 地元の友達と遊んでいるうちに日程のほとんどを消化してしまう。 それはそれで楽しいが、見知らぬサウナを訪れてみるどころではなかった。 ちょっとうらやましい… でもこの間のミニチュアのお仕事での東京行きは 平日だったこともあり子どもは置いての一人旅。 久しぶりの単独行動に というわけでついに初の関東サ…

  • 「はしもとみお氏のアトリエであそぶ純金オブジェ達」の話

    先日ミニチュアを納品したと書いたが この間の水曜日、それを店舗にディスプレイするため 歯医者の仕事を休み一路東京へ。 やってきたのは 気品溢れる高級ファッションブランドや高級レストラン、 歴史を感じさせる重厚な作りの宝飾店などが並ぶ通りを キラキラしたお洒落ピーポー達が行き交う大人の街… 銀座だ!! 普段自然豊かな素朴な環境に身を置いているので 急にこんな眩いところに降り立つと落ち着かないことこの上ないが 田舎者丸出し。 テンションが上がってウロウロしてしまった。 さて、やっと展示がはじまり情報解禁となったので報告をさせてほしい。 Twitterでもこの間投稿したが 今回私がミニチュアでディス…

  • 畑冷泉に行ってきた話

    ミニチュアの納品も終わり、日常が戻ってきた。 というわけで久しぶりのブログは今週末に行ってきたサウナについて描かせてほしい。 行ってきたのはこちら。 福岡県は豊前市にある、今話題の施設である。 なんでも施設に隣接する水神社という神社の 境内にある樹齢約830年の大楠の根元から 一日に1000トンもの清水が湧き出るらしい。 元々ここには修験道の山伏や神官が禊ぎをする聖なる水場があって 修験者達がいなくなったあと一般の人も冷水浴できる施設へと整備されたのだとか。 この水風呂が素晴らしい、柔らかい、とろける …と最近サウナーの間で人気なのだ。 本当に小さい施設だが 開いているのは一年の中で夏期の1ヶ…

  • サウナTシャツのデザインをした話

    次にブログの更新をするのは今受けているミニチュアの仕事が終わってからの予定だったが 嬉しい事があったのでご報告させてほしい。 先日、私たち家族の偏愛する施設 佐世保サウナサンの支配人足立さんより依頼を受けて ヒャッホー! たいしてうまくもない絵で絵日記ブログを書き散らし… 愛のままにワガママに、ミニチュアサウナを作っては送りつけて… 完全なる自己満足、自己完結の私の創作活動であったが それがこうして実を結び ついに公式からグッズデザインの依頼をいただくに至ったとは… ファンとして歓喜の涙が止まらない。ブラボー。 このブログがただの育児ブログであった頃から読んで下さっている方の中には 佐世保サウ…

  • お仕事の依頼がきた話

    ひと月も更新が途絶えて、定期的に読みに来てくださっていた方の足も遠のいて すっかりアクセス数が減ってしまったもう誰も見ていないかもしれないブログに こっそり近況を呟きにきた。 猫は毎日愛らしく様々な面白ハプニングをもたらしてくれるし、 子どもは大きくなったとはいえ育児の悩みは尽きない。 プレ更年期の揺らぐ体調とストレスを吐き出したいし、 サ活も報告したい。 ブログに書きたいネタはいつだって身の回りに溢れているというのに全然パソコンに向かうことのなかった1ヶ月間。 こんなにもブログを放置して私は毎日いったい何をしていたのかというと… 作っていた、というか 今も作っている最中である。 なんとミニチ…

  • 我が家の子ども達のサウナについての話

    すっかりサウナ・ミニチュアブログとなってしまった感のあるこのブログだが (そしてブログの更新自体1ヶ月ぶりだが、それはさておいて) 今日はうちの子ども達とサウナについて書きたい。 現在中学校3年生の息子、コペルは ジョニーさんとお風呂屋さんに行く度に見様見真似でサウナに入るようになり、 そのうち一緒にサウナ専用施設にもついていくようになって サウナ歴は2年ほど。 近所のお風呂屋さんに行くと、時々 「どっちがながく入れるか競争しようぜ!」 「負けた方が水風呂な?」 なんて友達どうし無邪気にはしゃいでいる中高生を目にするが …とは夫の言である。 最近ではそれぞれ自分のペース、自分のルーティンがある…

  • 猫は可愛いけど毎日全然眠れない話

    半年前こんな記事を書いた。 拾った子猫のウニが可愛すぎて可愛いすぎて 落ち込んだときでも 仕事のストレスも育児の悩みも 猫がそばにいてくれるだけで毎日がハッピー 猫のおかげでメンタルが安定して毎晩深い眠りが得られるようになった、 昼間も猫の添い寝で寝てばっかりいる、というのがその趣旨だった。 ネコってサウナみたいだ。 確実に自分をリフレッシュさせてくれるものが すぐそばにあるという喜びは何ものにも代え難い。 生活の質も爆上がりするというものだ。 あらから半年が経ち、相変わらず猫はかわいい。 ちょっと太ったけどかわいい。 かわいいにはかわいいんだけど、ちょっと事情が違ってきていることもあって… …

  • 「どうぶつサウナ」完成!LAMP豊後大野のREBUILD SAUNAのミニチュアを作った話②

    前回ベースに木を貼るところまですすんだ。 ↓前回までの工程はこちら これだけでもどうぶつサウナー達を座らせれば じゅうぶん可愛く飾れると思うのだが、 ここからが楽しいところなので張り切って 続きを作っていこうと思う。 まずは前室から。 前室にはポンチョやタオルをかけられるフックと 手回品を置いておくためのちょっとした棚がついている。 これを作る! 厚紙と木のリメイクシートを使ってそれっぽい形に貼り付けただけの 触っただけで壊れそうな棚を作り、 ワイヤーを曲げたフックを貼り付けて壁にとりつける。 踏ん張れ、両面テープ! 入り口の壁をつけると 所要時間10分少々、とお手軽ながら リアリティが増して…

  • 「どうぶつサウナ」LAMP豊後大野のREBUILD SAUNAのミニチュアを作った話①

    先日家族で大分県豊後大野市にあるリビルドサウナに行ってきた。 私の住む長崎からは車で4時間。 それも最後1時間半は民家もお店もない曲がりくねった山道をただひたすらに車で進む。 娘が車に酔い、さらに運転しているジョニーさんも酔い、 ナビが現在地を見失い、鹿に出くわし 山姥に食われる恐怖に怯え… すっかり不安になった頃、突如として お洒落なロッジが現れるのだ。 まさに秘境中の秘境…! 苦労の末にたどり着いた大自然の中の薪サウナは本当に最高。 小屋のドアを開けると、炎の揺らぐ光に照らされた室内。 パチパチと爆ぜる薪。 ロウリュをするとサーっと夕立のような音がして蒸気が立ち昇る。 100度を超える温度…

  • 「映画ドラえもんのび太の宇宙小戦争」を見てきた話

    先週末、子ども達とこの間公開されたドラえもんの新作映画を見てきた。 1985年版の映画のリメイクで、 「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争」だ。 www.youtube.com これが本当に凄くて、私の中では最近のドラえもん映画の中では一二を争う良作だと思ったので 今日はその感想を書かせてほしい。 以下映画の内容に触れます。ネタバレありです! ↓ ↓ ↓ 私が書くまでもなくネットでは 「現在の情勢と重ねてしまった」との声で溢れかえっているのだが、 見終わって映画館をでた瞬間に と叫んでしまったくらい 本当に今、タイムリー過ぎる内容となっている。 この映画は クーデターを起こした独裁者に追われ、…

  • 私を褒めて!という話

    2月後半は上手くいかないことが続いて少し気持ちが滅入りがちだった。 最近落ち込んだり疲れたりしていると娘のコケシがしてくれることがある。 訳も聞かずにただひたすらに… あびせてくれる褒め言葉のシャワー! 心からの感想ではなく 適当にわたしの喜びそうなことを言っているだけとは分かっているのだが、 意外と嬉しく癒される。 大人になってからストレートな言葉で褒められることってなかなかないものだ。 ただ語彙力が乏しいので もう一声…! あんまり欲しがると幼児にされてしまう。 日記・雑談(40歳代)ランキング ↑応援していただけると嬉しいです にほんブログ村 ↑いつもありがとうございます 母は若くなりた…

  • 「どうぶつサウナ」休憩室で漫画よんでゴロゴロしたいなという話

    先日、ジョニーさんお気に入りの推しサウナ、 佐世保のサウナサンでレディースデーイベントが開かれた。 全国的に有名な名サウナでありながら男性専用施設であるため、女性は足を踏み入れることのできなかったサウナサンが 初めて1日だけ女性サウナーに門戸を開くとあって、全国から熱心なサウナファンが殺到。 宿泊チケットも即日完売であったという。 そのレディースデーで光栄にも私のミニチュアサウナを展示したいとお声かけいただき… 半ば押し付けるように差し上げてきた。 差し上げたのは二つ。 どちらもサウナサンを模して作ったミニチュアだ。 ちょうど開催時期とこの第6波が重なってしまい、 遠方からのお客さんのやむを得…

  • 息子のポケットから出てきたものの話

    ちょっと私の怒りを聞いて欲しい。 昨日息子のコートのポケットからガラスの破片と大量の釘、 そして注射のシリンジが出てきた。 小さい頃から息子のポケットからは色々なものが出てきた。 そこら辺で拾った石、二股に分かれた木の棒、砂、どこぞのタイルのカケラ、磁石と砂鉄、セミの抜け殻、綺麗な葉っぱ… 洗濯してしまって時折大惨事を引き起こしたりもしたけれど、どれも牧歌的でかわいいものばかり。 一番パンチがきいていても生きたダンゴムシくらいのものだったというのに。 それが中学生になったら やめてよ!イキナリ暗黒世界の匂いがするじゃん! 怖いわ! 心臓止まるかと思ったわ。 もちろんすぐ息子を捕まえて話を聞いた…

  • 「今日の北野家」寒いですねという話

    今朝、長崎は珍しく小雪が散らついていた。 ここら辺では滅多に雪は降らないから、こんな積もらないような雪がちらほら降るだけでもちょっとしたイベント気分。 患者さんも今朝の様子を興奮気味に口にされていたし、 もちろん子ども達も嬉しそうに雪のことを教えてくれた。 テンションあがるよね、雪。 いいよね、雪。 積もったらステキだよねー。雪だるま作りたい… いやー寒い寒い。寒くて辛い。泣きそう。 雪国の方にはこんな雪、こんな気温でと馬鹿にされるかもしれないが、とても動くことができない。 今日は一日なんとなく暖房器具の周りを回遊するような感じで過ごしていた。 こんな寒い日は思い出す。 以前利用したコンビニで…

  • 「今日の北野家」バレンタインの話

    今週に入って息子の学校が臨時休校になっている。 もちろん"コ"のつく憎いあンちくしょうのせい。 行事の中止や試験の延期も相次いでいるが 日々変化する状況に合わせ、学校も対応にバタバタしている様子が伝わってきて もうなんというか戸惑いも怒りも感じないというか… 心が動かなくなってきた。仕方ない。 仕方ないけど、親としては色々予定は狂う。 自由な一人の時間はほぼなくなるし、四六時中息子と小さいバトルを繰り返して消耗するし 昼ごはんはどうするか、日中は…一人で留守番もできる年だけどどこで何をさせるのか、 勉強に口出しはするのか… どれもたいしたことのない些細な事ではあるけれど 悩みは尽きない。 まぁ…

  • ととのわない私のサ活の話

    Twitterでどうぶつサウナのミニチュア作り関連の進捗を呟いていたら サウナーの方がたくさんフォローしてくれるようになった。 …というか現在新規のフォロワーさんは9割サウナーさん。 基本フォローしてくださった方はフォローを返しているので 私のタイムラインは常時サウナ愛に満ちた熱い投稿が流れ、熱気を放つようになった。 本来このブログの更新通知の為に作ったアカウントだというのに、すっかりサウナ垢である。 それが不満だということではない。 有益なサウナ情報も知ることができるし、サウナーの方との交流も楽しい。 基本、サウナーの方は「自分の好きなこと」「心地よかったこと」といった いわば「快」の瞬間を…

  • オペラ座の怪人について語る話

    ちょっと前の話になるが娘と息子を連れて劇団四季の「オペラ座の怪人」の舞台を見に行ってきた。 私は以前見たことがあるが、子どもたちは初めて。 どこで知ったのか息子が興味を持って見に行きたいと言い出したのだ。 オペラ座の怪人のあの仮面や舞台装置は確かに中二心をくすぐるよね! 私も大好きな演目だし、 コペルは中学校で演劇部に所属している。 質の高い舞台を見ることは彼にとっても勉強になることかもしれない。 まだ小学4年生のコケシには少し難しいテーマの劇だなとは思ったが、一緒に行きたがったので 本を読んで予習した上で 100年後も読まれる名作(12) オペラ座の怪人 作者:ガストン・ルルー KADOKA…

  • 「どうぶつサウナ」完成!ミストサウナを作ってみようという話②

    サウナサンのミストサウナのミニチュア作り、 前回は床と壁の一部を作ってタイルを貼るところまで進んだ。 ↓前回までの工程。見ていない方はこちらからどうぞ。 次は、ミストサウナをくるりとかこむ このガラス壁から作っていこうと思う。 ジョニーさんが嬉しそうに自慢してしていたけれど 眼球が曇るってなんだ?眼鏡じゃないのか? 写真からもたしかに蒸気が充満して、内部が煙っているのが見てとれる。 考えてみればしっかりと熱いミストサウナって少ない。 ミストサウナはぬるくてもそんなものかな、とどこか諦めていたりもした。 だってサウナありと表記されている施設でも 意外と女子風呂の方にはミストサウナしかなくて、 っ…

  • 「どうぶつサウナ」ミストサウナを作ってみようという話①

    年末にカプセルトイ「どうぶつサウナ」の第5弾が発売された。 このシリーズに偏執的な愛情を注いでいる私がもちろん見逃すはずはない。 メルカリも利用してすぐに全種を手に入れた。 なんと今回はどうぶつに混じって金太郎がいる。 他の4匹は金太郎と山で相撲でも取っていそうな 森のどうぶつ達といった顔ぶれ。 たしかに人間もどうぶつには違いない。 シリーズも第5弾であるから飽きられないように変化球を折り混ぜて、ちょっと新鮮味を出したいという狙いなのだろうか。 実際メルカリとかでは金太郎だけが高値で取り引きされていたりして、「面白い」「可愛い」と世間の評判も上々のようであった……が。 私は世界観が崩れるので金…

  • 新年のご挨拶をする話

    …と 今年最初の記事で新年のご挨拶をしよう、と途中まで書いて保存していたら書き終わる前に松の内も明けてしまいそうな勢いで瞬く間に正月休みが終わってしまった。 まだ体感では2.3日ってところなのに、もう1月も6日。 今年も昨年同様、安定の速さで時が轟々と流れていく。 今年こそ計画的に、時間を有効に使って生活していきたいのにもう既につまづいている感が否めない、 悲しみと失望のトマレですよ、こんにちは。 皆さん年末年始はいかがお過ごしだっただろうか? 私は2年ぶりに実家に帰省した。 久しぶりに懐かしき我が家のドアを開けたら 飼っているネコがめちゃくちゃ太っていてびっくりした。 なんというのか顔と体の…

  • いつかのメリークリスマスの話

    息子コペルが と張り切っている。 おー、いいじゃないか。そういうのが一番楽しいよね。 それにしてもクリスマスに恋人がいないから寂しい、とか そんなふうに思いだしたのは私は高校生か大学生くらいからだったような気がする。 中学生の頃は彼氏が欲しいなんてまだ思ってもいない子供だったし 友達同士で集まってお菓子と漫画を囲んでみんなでトランプでもして、 ケンタッキーとシャンメリーがあれば大満足。 寂しいなんて微塵も思いもしなかった。 これも情報過多の時代ゆえの早熟さだろうか。 今の子ってすごい。 コペルが未だ彼女いない組であることに、申し訳ないけどむしろ少しホッとしてしまう。 だって私の小さな坊やが、 …

  • 「今日の北野家」どう受け止めていいのかわからない、と娘が遠い目をしていた話

    何やら憂い顔のコケシ。 うんうん。 …そうか。 人生は当たりとハズレだけじゃないってことかな。 どんぐりガム美味しいよね。 日記・雑談(40歳代)ランキング ↑応援していただけると嬉しいです にほんブログ村 ↑いつもありがとうございます 気軽にコメントやブクマにて足跡を残してくださると嬉しいです。 いつもありがとうございます。 とても励みになっています。

  • 猫型ロボットと食欲の話

    うちの猫の食べ物に対する執着がすごい。 この子の体だと体重は今くらいでじゅうぶんだからもうこれ以上は増えないように、 と獣医さんから指示されているので キャットフードのパッケージに記載されている1日の食事量をきちんと守って2回に分け、 朝と晩に食べさせるようにしている… 一瞬で食べ終わりまた次をねだる。 精一杯のお愛想をふりまいてひとしきりニャーニャーないて、 それでももう貰えないとわかると 餌をくれた人と別の人の所に行き、 みたいな可哀想ぶった顔をして改めてご飯をねだる。 もちろん既にあげたのであげないが、時々もう一度あげそうになってしまう。 危うく騙されるところだった。 毎朝これを家族全員…

  • ありのまますぎるサウナの話

    ちょっと、いやかなり前の話になるが、久しぶりに夫婦でサウナに行った日の夜のこと。 ウキウキとでかけた近くの温浴施設のサウナにはテレビが備え付けてあって ちょうど金曜ロードショーでやっていたアナ雪2が流れていた。 サウナの中で見ると笑いや感動の沸点が下がるというか、 私は何見ても面白く感じちゃう。 ジョニーさんはテレビいらない派なんだって。人それぞれよね。 コアなサウナーが通うような本格サウナであればいざ知らず、 私がいつも行く田舎の小さなお風呂屋さんのサウナは地元のおばちゃんの集いの場のようになっていて おばちゃんたちが井戸端会議よろしく 近況報告したり、テレビに合いの手をいれたり おしゃべり…

  • 完結!歯科医師として愛猫の歯磨きに奮闘する話③

    結局3回にも渡ってしまった猫の歯を磨く話、 前回と前々回はこちらから。 ①決意編と②アイテム購入編を経て、 今回はいよいよ③「磨いてみた編」だ。 歯科医師になって20年。 今まで猫の歯を磨いたことはないけれど、 子どもの歯なら死ぬほど磨いてきた。 なにせこちとら歯磨きのプロ。他人に歯の磨き方を指導しておまんまを食べている身だ。 かかってきな…!!! 私が思うに まだ意思疎通のできない赤ちゃんの歯をみがくのと 猫の歯磨きは似ていると思う。多分。 そしてそんな彼らに対して 毎日の習慣へとつなげていけるよう、 明るく楽しい雰囲気を醸し出しつつ、 手早く、的確に磨いてあげなければならないのも同じだ。 …

  • 続・歯科医師として愛猫の歯磨きに奮闘する話②

    愛猫の歯磨きを決意した私。 ↓これまでの経緯はこちら。 まずはホームセンターのペットコーナーにいってみた。 思ったよりたくさんのデンタルケア商品が置かれていてテンションがあがる。 なんか可愛い。メルヘン。猫はワンサイズだけどねー。 もちろんうちは歯科医院であるから歯ブラシや歯磨剤は売るほどあるが 猫にはキシリトールは有害であるらしいし 低血糖や肝障害を引き起こすらしい。怖い… そんなふうに配合されている成分が人間には無害であっても猫には有害であったり また体格の違いから猫には過剰摂取になってしまったりするものもあるだろうから やはり猫には猫用のものを揃えたい。 まぁまずは猫用を試そう。 最初に…

  • 歯科医師として愛猫の歯磨きに奮闘する話①

    猫を飼っている方ならご存知かと思うが、猫の口って結構臭い。 昔実家で飼っていた猫も(高齢になってからは特に) なんとも言えず臭かった。 当時は「猫特有の匂いなのかな」なんて思って、さして気にもとめずにいたけれど 歯医者になってから改めて思いかえすと 多分歯周病だったんだと思う。 調べてみると猫はむし歯にはならないらしい。 肉食の食性や唾液の緩衝能、歯の形態なんかが関係しているのだろうか。 それともむし歯の原因細菌がいないのであろうか。 その辺のことはよくわからないがとにかくむし歯の心配はないとのことだ。 …が、やはり歯周病にはなるらしい。 歯石が付着し、炎症が起きて、歯がグラグラになって抜けて…

  • 息子の爪噛みによる深爪を矯正する話②

    前回までの話を未読の方はこちらからどうぞ ↓深爪矯正の話① 爪を噛む癖を克服できないまま息子は小学校を卒業し、中学生になった。 学校の授業は難しくなり、人間関係も複雑になって ホルモンの波が彼を襲う。 そう、思春期&反抗期への突入だ。 ↓こんな感じ。本当に面倒臭い この年頃の子どもがみんなそうであるように 息子は意味もなくイライラすることが増えた。 そして ストレスを感じると爪を噛まずにはいられない息子は頻繁に爪を噛み… 結果息子の爪は これが前回記事ラストの衝撃写真に至るまでの顛末である。 怖くない?この爪。ほとんど剥げてる。 埋葬された後棺を破り、土を掘って地上に出てきたゾンビか 悪の組織…

  • 息子の爪噛みによる深爪を治療する話①

    息子は小さい頃から爪を噛む癖がある。 噛み始めたのは保育園に入園した頃からだったろうか。 この癖が出始めてからは伸びてくる間もなく噛んでしまうので、ほとんど ついでに あるある。 爪をかじっては毟りとってしまうので 息子の手はいつでも深爪。 手の爪に噛むところがなくなると足の爪まで噛んでいるので 心配を通り越して感心してしまいそうになる。 私だったらとても届かない。足が付け根からポキンと取れてしまいそうだ。 幼児の頃ならまだこの柔軟性も納得がいくが、 中学生になった今でもこの体勢で噛んでいる。 あるいはこの爪噛みの習慣こそが、彼の柔軟性をキープできている理由なのかもしれない。 すごい。 すごい…

  • 猫が可愛過ぎて毎日ぐっすり眠れるという話

    あの日から1ヶ月が経ち 猫との生活にもかなり慣れてきた。 小さな生き物が家にいて、いつでも待っているというのは凄いことで 以前はこんなこと↓もよくあったが 予定にない外食や急なお泊りはなかなか出来なくなったし… 家の中に危ないものは落ちていないか、いたずらされそうなものは出ていないか 常に気をつけるようになって… 好きよね、狭いとこ。 守るべき小さな命を前にするとちょっとだけ生活がちゃんとする。 まぁいつでもちゃんとしてる人に比べたら全然なんだけど、 少し部屋がきれいに、そして少し生活が規則正しくなったような気がしている。 私たちが慣れたと同様に猫の方でも私たちと暮らすことに慣れてきたようで……

  • 44才になりましたという話

    昨日44歳になった。 41歳になった記念に何か新しいことをしようと、このブログを始めて早3年。 もう3年も経ったかと思うと心底感慨深いし、 時の早さに気が遠くなりそうというか…ほとんど気絶しそうになる。 やべぇ。おちおち気絶してらんない。 子どもの頃漠然と思い描いていたイメージでは 成人したら自然と 素敵な人と大人な恋を繰り広げた後に 30代から40代くらいに差し掛かれば 紅の豚に出てくる 何が正しくて自分がどうすべきかきちんと分かっている、毅然としたレディとして振る舞っているはずだった。 44歳なんていったらもう、 それはそれは立派な大人になっていると思っていたし、 何があっても動じない、安…

  • 「どうぶつサウナ」完成!ドーミーインの夜鳴きそばをミニチュアで作るぞという話③

    3回に渡ったドーミーインの夜鳴きそば作りも今回が最後だ。 トマレスパ(私の作った架空のミニチュア温浴施設)に来店されて、 我が愛しのどうぶつサウナーの皆さん。 彼らにドーミーインの(ような)夜鳴きそばを提供してあげたい。夜中の小腹を満たしてあげたい! …という訳でずいぶん長いこと引っ張ってしまったが、もうそろそろいい加減 夜鳴きそば会場、仕上げて行く。 ↓①と②を未読の方はこちらから 前回調理台が完成したので カウンターに垂れ壁と感染防御のアクリル板を取り付けるところからのスタートだ。 実際は垂れ壁は天井についていて、 アクリル板もその垂れ壁から吊り下げられている状態なのだが、 ミニチュアの構…

  • 「どうぶつサウナ」続ドーミーインの夜鳴きそばをミニチュアで作るぞという話②

    前回の更新からだいぶ間が空いてしまったがドーミイン作りの続きをあげていく。 ↓①を未読の方はこちらから。 まず作業に入る前に、 この間からずっと何をする訳でもなく、カウンター脇にボーっと立っていたアライグマくん。 そう、君。 君はその棒立ちのポーズ故、なかなかしっくりくる役割がなく この間のカプセルホテルでもただイタズラに あああーッ!!お客様困ります!!天井に登られると大変危険でああああお客様ぁーッ!! 笑😂😂😂 https://t.co/50AJSBwuun— コスモンド㈱【公式】 (@cosmonde_corp) 2021年8月17日 天井に登っていたりしたけれど、 今回ようやくぴったり…

  • 「どうぶつサウナ」ドーミーインの夜鳴きそばをミニチュアで作るぞという話①

    猫がきてから「どうぶつサウナ作り」が滞っていた。 だって猫可愛いんだもん。 猫ってこわい。すべてのやる気を奪う悪魔の動物。 猫を撫でているだけで幸福感に満たされて何もしたくなくなってしまう。 猫が来てから2週間、 ひたすら猫を賛美するだけの廃人のようになっていたのだが、そろそろ猫のいる生活にも慣れ ようやく正気に戻ってきた。 というわけで今回は猫が来る前に完成間近だった 「どうぶつサウナ」の新作の話だ。 「どうぶつサウナ作り」はガチャガチャの「どうぶつサウナ」が好きすぎるあまり、 このどうぶつ達が通っている(という設定の)ミニチュアのサウナ施設を作ろうと始めた、 私の趣味の工作シリーズ。 ↓我…

  • 猫は吸うものという話

    猫を洗った。 我が家のウニは保護した時怪我をしていたし、 新しい環境に慣れるまでは出来るだけストレスを与えたくなかったので 駆虫薬のみ投与してもらい、体は埃や血液の汚れを拭きとるのみ。 後はひたすらブラッシングをしていたのだが できれば早めにウニをお風呂に入れたかったのだ。 ジョニーさんは洗っている猫より汚れている猫、飼い猫より野良猫に強く反応してしまう。 シャンプーをすることで、猫の皮膚や唾液腺から分泌される猫アレルギーを引き起こすアレルゲンは洗い流されて大幅に減少するらしい。 「ウニちゃんの皮膚は健康で比較的綺麗だから、猫的には無理に洗わなくても問題ないですよ」 と動物病院の先生はおっしゃ…

  • 猫がきてからの一週間の話

    うちに猫がきて一週間が経った。 思いがけず我が家の一員となった子猫のウニ。 この間獣医さんで 「あと数本で全ての乳歯が抜けて永久歯が生え揃いそうですね」と言われたから もうすぐ大人、という月齢だと思うのだけど 構ってほしがりやの甘えん坊だ。 家族が大勢いる時はともかく、 皆が出かけて二人きりになってしまったときなどは ずーっと後をついてくる。 洗濯を干すときも… 掃除をしていても… 料理をしていても… トイレにさえもついてくるので 可愛いような面倒くさいような… 子ども達が小さい頃はこんなこともあったなぁ、と どこか懐かしいような気持ちになったりしている。 怪我はかなり良くなってきたとみえて …

  • 猫を拾った話

    義父のやっている内科に なんともメルヘンな世界観だが絵本の出来事ではない。昨日の朝の出来事だ。 とにかく院内に入ってこようとしていたそうだが、 内科だしね。猫、保険証もないしね。 診ることはできないが、放置することもできず 義母が動物病院に連れて行った。 車に轢かれたのかもしれないし、どこかから落ちたのかもしれないし、原因はよくわからないが 怪我は軽症で命に別状はないとのことで、一安心。 ついでに猫白血病と猫エイズの検査もしてもらって共に陰性であった。 歯の生え替わりの状態から生後半年くらいのまだ若い猫であるという。 傷が化膿しないよう抗生剤だけ処方していただいて帰ってきた。 目つきがするどく…

  • 夫の蕁麻疹の話

    ジョニーさんの身体に蕁麻疹がでた。 みるまに無数に増えて全身に広がった。 もうその広がり方といったら目を見張るようなスピードで 大阪のおばちゃんもびっくりさ…。 全身に広がってもそれでおさまることなく、 膨疹は次第に大きく、膨疹同士がくっついて 禍々しいまだら模様へと成長し 腕とか足なんかはもう完全に呪われているとしか思えない見た目に変化。 やがて身体の表面ほとんどが発疹で覆われ 発疹がでていないところが逆に発疹に見えるみたいな、変な状態にまでなってしまった。 私が見て治ってると思ったところは全部じんましんだった…! しばらくしたら少しマシになったけれど本当に驚いた。 起き抜けのまだ朝食を食べ…

  • もののけ姫のアシタカの話

    前回のブログを更新した後、 ジョニーさんにもののけ姫について思うことを話していたら意外と盛り上がったので、 例の名言以外に心に響いたシーンやずっと気になっている点など、 考察というほどでもない浅く雑多な所感を書いていきたい。 まず、私はもののけ姫が大好きで素晴らしい作品だと思っているのだが まだ若かれしあの頃、はじめてみたあの時から 宮崎監督ごめんなさい。 いや、アシタカはめっちゃカッコイイのだ。 ジブリ映画の中でもそのかっこよさはハウルと双璧をなすと思っている。 高らかに名乗るアシタカ、とか ちょっと強引なアシタカ、とかは その凛々しいかっこよさに思わず手を合わせて拝みたくなっちゃうくらいだ…

  • 映画「もののけ姫」の名言の話

    録画してあったもののけ姫を見た。 もちろん以前にも見たことがあるが、 テレビ放映がある度にやはり見たくなって繰り返し見てしまう。 美しいアニメーションにエモーショナルな音楽、壮大なストーリー。 何度見ても感動する。 子どもと一緒に時間をおいて、何度も何度もジブリ作品を見ていると その時々の自分の境遇やコンディションによって心に響くシーン、セリフがいつも違うのを感じる。 子ども達も 例えばまだ幼い娘なんかは「サンがカッコイイ」と惹かれ、自然を破壊し支配しようとする人間の欲深さに怒り、完全にサンや森の生き物サイドに感情移入して視聴しているようだが 中学生の息子くらいになると、 より良い暮らしを手に…

  • 「どうぶつサウナ」カプセルホテルを作りたいという話②

    今回も前回に引き続き、サウナサンのカプセルホテル作りの工程をあげていく。 前回の①の記事を読んでいらっしゃらない方は こちらのリンクから読んで またこの記事に戻ってきていただきたい↓ 前回の記事でカプセルが1つ完成した…と思ったのだが ここで思わぬミスが発覚した。 サウナサン支配人の足立さんからこんな愛あるご指摘が…。 これまたリアルにありがとうございます(O゚皿゚O)!あと1つ要望があるとすれば。。。換気扇があるとなお嬉しいです。何卒!(ーωー) pic.twitter.com/MKpUZYl2Ue— サウナアディクション2 (@saunasan0616) 2021年8月16日 換気扇! た…

  • 「どうぶつサウナ」カプセルホテルを作りたいという話①

    本来なら埼玉に帰省して3歳の甥っ子と実家の猫2匹を撫でくりまわす予定だったお盆休みは コロナで断念せざるを得なくなり、 長崎で大雨に降り込められて終わった。 何十年に一度の記録的大雨ではあったが、私の住む地域では別段大きな被害もでず、何ごともなく過ごせた。 被害に遭われた方々のご苦労を思えば文句を言うなどとんでもない …が、やはり暇だ。 という訳で、こんな夜には 例のどうぶつサウナ関連の工作に勤しむしかない。 サウナ室はこの間作ってしまったから今度は何を作ろうかと考えていたら ジョニーさんからカプセルホテル作って欲しいとリクエストされた。 確かに。 食堂はあるけど、うちのトマレサウナには宿泊施…

  • 「今日の北野家」中二の姪っ子の話

    姪のチョコちゃんは中学2年生。 少し前まで鬼滅の刃や呪術廻戦に夢中だった彼女だが、今は「東京リベンジャーズ」にハマっているらしい。 東京卍リベンジャーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス) 作者:和久井健 講談社 Amazon 私は読んだことないんだけど、最近映画化されてたやつよね。ヤンキー漫画なのかな? 最近はキャラクターのお気に入りのシーンのお気に入りのセリフを集めては 筆ペンで書きうつしたりしている。 東京リベンジャーズは一度も読んだことないけど、 お気に入りのセリフの書き写しはかつて私もやったことがある。 作品やキャラクターへの愛が溢れすぎての行動よね。 私は日記帳や手帳に書いて夜な…

  • 「今日の北野家」そんなわけない話

    コペルの夏休みの英語の宿題を見るともなしに見ていたら、 単語を並べ替え、英文を作り和訳する問題で こんな解答をしているのを発見。 Can you take a picture of me in front of this temple? この天ぷらの前で写真を撮ってくれませんか??? 天ぷらの前で写真… どんな状況だよ(笑) 寺だからー。 未練がましくずーっと持ったままにしていた羽田行きの航空券をようやく今日キャンセル手続きした。 いや、今年も帰省は諦めようってちょっと前から決めてはいたんだけれど、どこか諦めきれなくて…。 いい加減両親も心配だし、 もう2年は家族以外の友達に会えていない。(そ…

  • 読書感想文の書き方とサポートの話

    息子は小学校1年生から6年生までずっと読書感想文のコンクールで毎年なんらかの賞をいただいてきた。 うちの息子は小さな頃から本を読むのが好きな方だったし、比較的作文も得意で 親の欲目かもしれないがなかなか面白い文章を書くなぁと思っていた。 だから読書感想文の宿題は任意であったが 小学校1年生の時に感想文に挑戦させてみたら (書いてきた子どもが少なかったこともあったのだろうが) たまたま学校代表に選ばれて、初めて賞状をいただけた。 その時みんなに褒められた体験が心に響いたのか、本人が書きたいと希望するようになり毎年の恒例行事となった次第だ。 娘コケシはやりたくないと言うから毎年読書感想画にしてる。…

  • 子どもがらんま1/2にハマっている話

    最近娘がらんま1/2にはまっている。 漫画の連載もアニメの放映もとっくに終わった、かなり昔の作品で最近は再放送もしていない。(と思う) 今までは娘は好き嫌いとかハマる以前に、その存在自体を知らなかったのだが 先日なぜか私の古い日記をひっぱり出してきて読んでいて そこに私の昔の落書きが挟まっているのを見つけ… 見てみたいと言いだしたのだ。 この絵が挟まっていた日記は私が小学6年生だった頃のもの。 この頃学校でらんま、めちゃくちゃ流行っていたのよね。 水を被ると女の子になってお湯を被ると男の子に戻るというその設定が斬新で、とにかく面白かった。 私が初めて買ってもらったコミックスはらんまだったし、黒…

  • イケメン蒸し男くんが長崎人と知り歓喜する話

    またもやサウナーじゃない人置いてけぼりの話題でごめんなさい。 (ブログを見ている母にもサウナ関連の記事が続くと文句を言われてしまうのよね) と、一応前置きをした上でやっぱり今日も今日とてサウナの話。 サウナーならみんな大好き、ドラマ「サ道」について話したいのだ。聞いて欲しい。 ご存知、ドラマ「サ道」はタナカカツキさんのサウナ愛を綴ったコミックエッセイを原田泰造さん主演でドラマ化したもの。 何かショッキングな事件がおこるわけでも、恋が生まれるわけでもなく サウナという趣味を淡々と楽しむ主人公とその仲間たちの日常を描いた穏やかな優しいドラマで じんわりと面白い。 「孤高のグルメ」とかが好きだった人…

  • 中学校でChromebookが配布された話

    6月より息子の学校では一人一台Chromebookが配布された。 GIGAとはGlobal and Innovation Gateway for Allの略。 2019年12月に文部科学省から発表されたプロジェクトで 小中学校の児童生徒に1人1台のPCと、全国の学校に高速大容量の通信ネットワークを整備し、 多様な子どもたちに最適化された創造性を育む教育を実現するという構想だ。 初めてこの話を聞いたときには 確かにこれからの時代、そうした環境が確かに必要であろうが 5年以内にと言いつつも、きっとすごく時間がかかるであろうし もしやるとしても都内とか首都圏のお金のある自治体が先行して こんな西の果…

  • 「どうぶつサウナ」サウナサンのサウナを作る話

    私が偏愛する「どうぶつサウナー」シリーズの第4弾が発売された。 猿のポーズ可愛い!あと、私猫派だから猫の登場嬉しい! カバは勢いよくザブリと水風呂にしずめたい! 今回は割合地味目なラインナップだが、どの子もそれぞれにいい味でてる。 良き…。好き…。見ているだけで滾る…! ちなみにウサギだけタオルが黄色いのは、うちのジョニーさんが とか言って勝手にマジックで塗ってしまったから。 そんなことしたら全員のタオル黄色くしなきゃいけないだろうが。 もうシリーズ4だぞ。全部で20匹もいるんだぞ。 思いつきで勝手なことすな。 ま、いいけどさ。 このシリーズのガチャガチャが増えるにつれ、この子達の為の私のミニ…

  • 洗濯機でボールペンを洗っちゃった話

    昔から洗濯機で色々なものを洗ってきた。 ポケットティッシュやオムツ、ポケットいっぱいのダンゴムシに、携帯電話まで… 2年くらい前に洗濯機で洗っていいものと、洗ったらヤバかったものについて書いたことがあったが この記事は未だコンスタントに検索からのアクセスがあり、よく読まれていて なぜか結構上位で表示されてる。 みんな同じなのだな、と感慨深い。 ちなみに洗ってしまったリップクリームを使って大丈夫かどうかは私の記事からは分からないので 有益な情報を期待して読んでくださったかたには申し訳ない限りだ。 役に立たなくてゴメンね。 そんな個人的で無益なしょっぱい数々の経験により、 洗濯してもっとも厄介なも…

  • 中学校でウソ告が流行っている話

    息子の学校でウソ告なるものが流行っているらしい。 ウソ告とはウソの告白。 ターゲットを呼び出し、 ウソの告白をして それを真に受けた相手の反応を笑い、 からかうというタチの悪いイタズラ。 自分の知らないところで誰かが自分を見ていてくれたり 思いを寄せていてくれたりするのって その思いに応えられるかどうかは別としても やはり嬉しいことであると思う。 その純粋な気持ちを弄び、指を刺して笑うなんて… 実に悪趣味で品性下劣。 罰ゲームのように ウソ告を強要することすらあるようで イタズラというより、これはもはやイジメの範疇であると思う。 意に染まぬ告白を強いられた側のストレスや罪悪感もさることながら、…

  • カピバラになったんだよな、君はという話

    子ども達がまだ小さい頃、 子どもに添い寝しながら 私より少し体温が高くて、 抱きしめると柔らかくてすべすべしていて 骨なんかないみたいにくったりと体に沿う。 後ろ頭に顔を埋めて匂いを吸うと、日向の匂いがするのも猫に似ている。 抱きしめると幸せホルモンがピューピュー出て 日々の疲れも癒える思いがした。 そんな猫のようだった子ども達も大きくなり、 息子コペルは今や中学2年生。 ここ1年くらいで急激な成長をとげた。 背が伸びたのはもちろんだが、 細く薄かった体には筋肉がついてがっしりと厚みを増してきたし 天使の輪ができていた柔らかな猫っ毛は、太く強くなり、ワサワサと増えた。 すべすべだった薄い皮膚は…

  • 「どうぶつサウナ」湯らっくすの水風呂を作りたい話②

    前回に引き続き、湯らっくすの水風呂を作る話。 今回はいよいよ水を注いでいくところからだ (↓前回までの工程はこちら。未読の方はこちらを読んでから続きをどうぞ) 水の素材として用意したのはこれ。 おもちゃやさんのプラモデル・模型コーナーで買ってきた。 模型コーナーって今まで というイメージがあって足を踏み入れたことがなかったのだが、 実際行ってみると何やら面白そうな道具や素材がいっぱいで 「あれも使ってみたい」「これも気になる」と目移りしてしまった。 このブログを読んでくださっている人の中にも この手の趣味に造詣の深い方がいらっしゃるかもしれない。 教えて詳しい人! とにかくこの透明シリコーンは…

  • 「どうぶつサウナ」湯らっくすの水風呂を作りたい話①

    ガチャガチャ「どうぶつサウナ」のためのミニチュアサウナ施設を作るシリーズ。 この間サウナ飯を出す食堂を作って、 私的にはなかなか良くできたんではないかと満足していたのだが ジョニーさんにはこんなことを言われた。 「いや…この食堂は凄いし上手にできてると思うんだけどさ、 サウナー的にはサウナや水風呂を作ってくれた時ほどの高揚感はない…っていうか… だってこれ、ただの食堂だよね。」 「食堂のミニチュアっていうのはさ、多分ほかにもあるじゃん。それもかなり精巧でレベルの高い作品が世の中にさー、たくさん。 そうじゃなくて最初に作ってくれたサウナ、水風呂、外気浴のミニチュアは あまり見かけないからこそ、サ…

  • コロナワクチン2回目接種後の副反応の話

    コロナワクチンの医療従事者向け優先接種で2回目の接種を受けてきた。 2回目の接種では1回目の接種より副反応が出やすいとはよく聞くところ。 先に接種した知人からも発熱したよ、倦怠感が強くて仕事にならなかったよ、などと 色々体験談やアドバイスをもらっていたので 翌日は仕事を1日お休みにさせていただくことにした。 注射そのものはそんなに辛くないことは一回経験してわかっていたので、 接種そのものに緊張や不安はなかったが 人によって差があるという未知の副反応に対する緊張感はやはりあって… 患者さんの奥さんのお姉さんの旦那さんが ワクチン接種翌日に亡くなった、という 都市伝説のごとく遠い遠い噂話を接種前日…

  • 宮崎くんの話

    娘のコケシは小学4年生。 最近自学ノート作成という宿題を課されるようになった。 今までは 「漢字ドリルのこのページをノートに一枚書き取りしてきなさい」だとか 「計算ドリルのここからここまでをノートに解いてきなさい」だとか 分野も範囲もそのやり方も指定され、その通りこなしていくだけだったのが 4年生ともなれば 今の自分に足りないものや学びたいことを自分で考え、計画を立て、自発的に学ぶ力が求められてくるのだと思う。 たしかに算数が苦手な子もいれば漢字が苦手な子もいる。 皆がおなじ学習をするのではなく それぞれが自分に必要な学習、自分に合った方法を模索することは意義のあることであろう。 また、苦手の…

  • 子どもを見守る大人たちの話

    私の職場の目の前には小学校があって 診療室の窓から、生活科の授業であろうか 子ども達が何やら楽しそうに笑いながら校庭でタンポポをスケッチしている姿が垣間見えたり 時折元気に合唱する歌声がきこえてきたりするのが日々の癒しとなっている。 昔はそうでもなかったのだが、 子どもを持ったせいなのか、歳をとったせいなのか… 丸い輪郭や高い声 弾ける生命力を感じさせる飛び跳ねるような動き 子どもという子どもが たまらなく可愛らしく愛しく感じられるようになった。 コンディションによっては泣いちゃうぞ! 休み時間ともなれば、授業の終わりを知らせるチャイムも鳴り止まぬうちに 待ちかねたように大勢の子供達が校庭に飛…

  • 良い体重計とダメな体重計のその後の話

    体重計を変えたら 太ってしまった私たち。 ジョニーさんが最近ふと携帯で撮った写真に心を抉られたらしく こんなことを言い出した。 「俺、ちょっと久しぶりにあいつに乗ってみようかな?」 あいつ? あの前に使っていた辛辣な体重計? やめなよ。 わざわざ嫌な思いすることなんてないよ。 あの写真は撮り方の問題で、普段のジョニーさんは全然あんなんじゃないし むしろSNSで近況を目にする同級生たちと比べても引き締まっている方だと思う。 まぁ、最近若干太ったのはあるのかもしれないけど、 ジョニーさんがふっくらしていても私は全然気にしない。 内心私が太った分、ちょっと丸くなってくれた方が私の増量分が目立たなくて…

  • 「どうぶつサウナ」食堂を作ってみた話

    ジョニーさんが「どうぶつサウナ」シリーズに使えるんじゃない?と こんなものを買ってきてくれた。 お酒を飲んで酔っぱらう犬猫の姿が楽しいカプセルトイ「アフター5の動物たち」。 右側の猫チャンが口から迎えに行っているのは生ビール、 左側の柴犬クンのかかえているのはサワーらしい。 本当は「仕事終わりに飲んでいる動物たち」というコンセプトらしいが 風呂上がりの一杯に見えなくもない。 サウナで3セット、しっかりとととのったどうぶつサウナー達に キンキンに冷えた生ビールや爽快な酎ハイ、 気の利いたお料理なんかを提供する食堂は 遅かれ早かれ必ず作ろうとは思っていたのだ。 サウナに入ったあとは感覚が研ぎ澄まさ…

  • コロナウィルスワクチン接種と腕の痛みの話

    コロナワクチンの医療従事者向け優先接種を受けてきた。 優先接種とはいえコロナの治療に従事されている方や医科の接種が先なのはもちろんであるし 歯科においても大学病院などが優先で接種が進められている。 ここ長崎では県内で医療従事者の接種は第2回目まで40%強完了しているらしいのだが、 私たちは遅い方。 これが1回目の接種であった。 接種を希望するスタッフの名前と人数を文書で回答すると 接種日、接種時間の通達がくるシステム。 こちらからの日時の希望や指定は一切できない。 それでも接種できるだけありがたい。 クリニックの午後の診療開始時間を遅らせて スタッフ揃って受けてきた。 持ち物は ●予診票 ●2…

  • 良い体重計とダメな体重計の話

    体重計が意地悪ばかり言うので買い替えた。 この体重計は2年前、ブログを始めたばかりの頃登場した 冷酷非情な人の心を持たないマシーン… あの、タニタだ。(まぁ体重計だから人の心を持たないマシーンなのは当然だが) 遠慮もデリカシーもなく ずけずけと嫌なことばっかり言うが、 それも自分の職務に忠実で忖度できない実直な性格故、と その仕事ぶりには信頼を置いていたのだが 最近はちょっと様子が違ってきていた。 とにかく辛口。 あまりに唐突な結果に不信感を覚え、 再度問えばさらに辛辣な答えでダメージを与えてくる。 ツライ。 くーっ!!こいつ…嫌いだっ! まぁ、辛辣な結果はかろうじて受け止めるにしても 測り直…

  • 「どうぶつサウナ」受付を作るぞという話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 ここのところツイッターの方でもちょこちょこ経過をあげていたので 見ていただいていた方もいらっしゃるかもしれないが 最近またサウナシリーズの続きを作っていた。 今回作ったのはフロント。 我がトマレスパの受付部分だ。 「どうぶつサウナのフィギュアをサウナに入れてあげたい」という 当初の目的からはどんどん離れてきてしまっているようにも思うが もうすっかりミニチュア作りにハマってしまったのだ。 こうなったら荒ぶる創作意欲の赴くままに サウナに付帯する設備を手当たり次第に作り トマレスパをよりリアル…

  • 「どうぶつサウナ」のサウナ作りまとめ

    毎日どうぶつサウナ関連の流入が結構あるので 過去制作したどうぶつサウナシリーズをまとめてみた。 明日は受付編を更新予定(多分)だが もしよろしければ過去の制作もあわせて見ていただけると嬉しい。 見てるだけでととのうかも。 ↓サウナ 元々は「どうぶつサウナ」のフィギュアをサウナに入れてあげたかっただけだったんだけど。 ↓外気浴チェア制作 ↓水風呂 水風呂のあたりは個人的になかなか良く出来たと気に入っている。 ↓外気浴増築 ↓脱衣所 アイテムが多くて作りにくかった。 ↓どうぶつサウナーのキャラクター設定 ↓洗い場 粘土を焼くオーブンを買った。 ↓できたサウナで遊ぶ ↓受付 明日更新予定。たぶん 日…

  • サバイバルの本を読む話

    息子のコペルは小さい頃からサバイバルもののテレビ番組やYouTubeチャンネルなどが大好きだ。 マッチやライターを使わずに火を起こしたり、 汚れた雨水や海水を蒸留して飲水を得たり…。 あるいは木を集めて小屋を建て、漂流物から筏を作ったり 食べられる野草を見分けて 時には虫をもタンパク源としたり…。 好き。応援してる。 私たちが子どもの頃のように外で遊ぶことも少なく、 息をするように端末を操作し 友達とはオンラインで集ってゲームを楽しむデジタルネイティブな息子も 無人島や山の中でナイフやロープなど最低限の道具のみを携え、 己の知恵と身体だけを頼りにサバイブする… そんな根源的な生命の力強さや大自…

  • 洗濯機が壊れた話

    洗濯機が壊れてしまった。 少し前から調子が悪く、洗濯中にどこからかポタポタ水が垂れてきてしまう我が家の洗濯機は 購入から8年目の日立ビッグドラム。 メーカーにも相談し、何度か修理もしてもらって ドラムの交換まで試してみたがやはり直らず、 でもなんとなく10年くらいは使いたい気がして(←特に何の根拠もない年数) 下にタオルを敷き、騙し騙し使っていた。 でもなんだか最近ポタポタがダラダラになり、 下に敷いたタオルもしっとりからヒタヒタくらいになってきて いよいよ限界となり 私の忍耐力がね…。 買い替えのため電気屋さんに出向いたのが先月。 なんでも年度始まりは品薄だそうで、売り場を回ってこれが良いか…

  • 歯科医師の野望

    来院された患者さんを治療の為に診療室に通し… 「今日はこちらのお席になりますねー」と… 歯科用ユニットに案内する時… 時々こっちに座る人がいる。 ・・・・・・。 左の倒れるタイプのユニットに患者さんが座り、背もたれを倒して 右のテーブル側のドクターチェアに座って歯科医師が治療をするのだ。 歯科医院という場所に足を踏み入れたのが 人生初めてであったとしても、間違えることなんてあるだろうか。 でも不思議なことに3ヶ月に1度くらいは こんなうっかりさんが現れる。 多分よっぽど天然な人か、それでなければ極度に緊張しているんだろうな、と思う。 だから何気なく、やんわりと 治療用ユニットに座るよう移動を促…

  • 新学期が始まった話

    今週の火曜日より新学期が始まって コペルが中学2年生、コケシが小学4年生になった。 いつの間に! 何かの冗談のようだ。 このブログを始めたばかりの頃、子ども達はまだ小学校5年生と2年生であったのに 時の経つのはなんと早いことだろうか。 あっという間だ。 ついでに前回ブログを更新してからだって8日も経っている。 歳をとる毎に時間の流れが早く感じられるようになっていくというが本当にそうで 毎日が早回しのように過ぎていく。 怖すぎー まぁ、そんなおばちゃんの寝言はさておき 我が家では毎年新学期が始まる毎に繰り返される恒例のイベントがある。 これ。 毎年恒例というか、長期の休み明け恒例というか…。 と…

  • 宝物は何?という話

    前回の記事は不安定でちょっとネガティブな内容だったにもかかわらず、 たくさんの温かいコメントありがとうございました。 リアルで繋がっている友達や家族なんかはブログを見て心配して 連絡してきてくれたりしたので、 安心してもらうためにも早めにブログを更新しようと思っていたが、 やっぱりなかなか書けないままもう一週間が経ってしまった。 今までどうやって書いていたのだったか、とんと思い出せない。 グルグルと思考は渦巻くけれども纏まることなく消えていく。 恐るべしホルモンバランスの乱れ。 …手強い。 仕方ないのでリハビリがわりに あまり今まで普段使っていなかったのだが はてなブログのお題スロットを回して…

  • 弱音を吐いてみる話

    最近自分が閉じてしまっているのを感じる。 元々あまり付き合いが得意な方ではないし、 友人と連絡を頻繁にとらないのは普段通りだが、SNSを見ても気軽にイイねやコメントをすることが出来なくなってしまった。 なんというか、人と関わるアクションをとるのに気合いがいるのだ。 仕事で患者さんと触れ合うのもいつもより体力を使うし 緊張して気疲れする。 疲れてるんだろうか。どうにもうまくいかない。 ブログも途中まで書いてはやめるのを繰り返してしまう。 心地よいはずの音楽も邪魔に感じる。 一方的に情報が流れ込んでくるようでテレビも見るのが辛くなってしまった。うるさい。 暇な時間は意識を狭く内に向けて 考え事をす…

  • 片付けられない息子の話

    息子コペルは片付けられない男だ。 彼の名誉のために言っておくと、 コペルは中1にしては家事の手伝いを比較的よくしてくれる家庭的な男子である。 毎日のようにお風呂を洗い、沸かしてくれるし 声をかければフットワーク軽く、お使いだって頼まれてくれる。 洗濯物だって干してくれるし、洗い物だってしてくれる。 そして料理をするのが好きだ。 もちろんお風呂洗い以外は自分一人で完遂するには不安が残るレベルではあるが、 同じ年の頃の自分のことを思い返しても まあまあの家事の経験を積んでいる方ではないかと思う。 でも絶望的なまでに整理整頓が苦手だ。 何かをやって、それを片付けてから次の動作に移ることができない。 …

  • 天啓を得てパイナップルを食べる話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 突如雷に打たれたように 天啓を得た。 ここ1ヶ月くらい急にパイナップルが好きで好きで大好きでたまらなくなってしまったのだ。 朝食にパイナップル。昼食に添えてパイナップル、おやつにパイナップル。夕食後のデザートにもパイナップル。 寝ても覚めてもパイナップル。 パイナップルなしでは夜も日もあけない。 黄色くて可愛いそのフォルム、爽やかな酸味、芳しい香りとみずみずしい甘さ、スッキリとした後味… 我が愛しのパイナップル、天上の神々のフルーツよ… 何故私は今まで40数年、こんなに素敵なものを捨て置い…

  • 雛飾りについて娘に教えた話

    気がつけば3月。またひな祭りがやってくる。 去年同様ギリギリになりつつ、なんとか先週コケシのひな人形を出すことができた。 ミッションコンプリート! 今年はコケシと二人で「うれしいひなまつり」の歌なんかを歌いながら それぞれの人形の役割やお道具の意味を説明しながら飾り付けをした。 うちは3段飾りなので、男雛と女雛、三人官女しかいない。 そのため五人囃子がピンとこなかったらしく、何かと聞かれたので これも良い機会なのではないかと思ったのだ。 「今は結婚式のお酒をサーブしてるんだね。 向かってひだりの急須みたいの(提子【ひさげ】)を持ってる人が 右端の人の柄杓みたいの(長柄銚子【ながえちょうし】)に…

  • 夫が「サウナスパ健康アドバイザー」の資格をとった話を書こうと思っているうちに、気づけば「サウナプロフェッショナル」になっていた話

    ジョニーさんが何を思ったかサウナスパ健康アドバイザーの資格を取った。 何それ?アドバイスしてくれんの? 聞くと、この資格はサウナ・スパの従業員や利用者が正しい知識を身につけて サービス向上や、健康増進に活用できるよう 公益社団法人 日本サウナ・スパ協会が2014年に設立した認定資格。 受験料の5000円を払ってサウナスパ協会のサイトから申し込むと 公式テキストが送られてきて「サウナやお風呂が、なぜ体にいいのか?」「どんなふうに健康になれるのか?」など、『お風呂やサウナで健康になる秘訣』をわかりやすく手軽に学ぶことができる。 そして付属の試験問題に答えて答案用紙を送付、合格すれば 資格を得ること…

  • 将来的に嫁姑問題が勃発しそうな話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 先週の土曜日、息子コペルが急に学校のお友達を家に連れてきた。 土曜日は私もジョニーさんもお仕事。 定期試験が近いコペルは図書館で友だちと勉強すると言っていたので、家の鍵をわたして家を出た。 土曜日の歯科医院はいつもの倍混雑する。 予定を少しすぎてクタクタに疲れて 午後2時頃帰宅したら 家に6人の見知らぬ少年がいて、台所で玉ねぎを刻んでいた。 ちょっと訳がわからなくて固まる。 コペルによると図書館がとても混雑していて 学習スペースがいっぱいであったらしい。 近くのファミレス等もいっぱいで行き…

  • だらだら過ごしてますという話

    コケシと一緒にこんなことして遊んでみたり…。 あー!息子は定期テスト前だし、コロナでどこも行けないし だからといって子どももいるからじっくりブログかけるわけでもない。 なんかもう暇でクサクサしちゃう! 皆さん休日いかがお過ごしですか? 今日はブログも休日お気楽バージョンで更新してみました。 私は今からコケシとバレンタインのお菓子作り。 ↑コケシのいたずら 良い休日をお過ごし下さいねー。 日記・雑談(40歳代)ランキング ↑応援していただけると嬉しいです にほんブログ村 ↑いつもありがとうございます 気軽にコメントやブクマにて足跡を残してくださると嬉しいです。 いつもありがとうございます。 とて…

  • 「どうぶつサウナ」洗い場を作るよという話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 待望のどうぶつサウナ3を我が家にお迎えした。 力強い熱波師のゴリラも含めた全5種。 気持ちよさそうなチワワとコアラの表情がたまらない。 いつもであればガチャガチャコーナーをハシゴし、 お目当てのガチャガチャに出会う喜びや 何がでてくるかわからないドキドキ感をも楽しみに買い集めているのだが、 このコロナ禍では思うように出歩けない。 今回は初めから街中での出会いは一切諦めてネットで探し、購入した。 大人買いというやつだ。余りに簡単に手に入りすぎてロマンに欠ける気もするが、 とにかくとても可愛く…

  • 私の好きな長崎弁を紹介するばい、という話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 私は10年前に夫ジョニーさんのふるさと、 長崎に越してきた。 温暖で穏やかな気候に 新鮮な魚介 美しい自然と文化遺産、 そして低い人口密度。 都会に比べて不便なこともあるが のんびりとしていてとても良いところだ。気に入っている。 来たばかりの頃は高齢の患者さんの方言がききとれなくて困ったりもしたが、 今はだいぶ聞き取れるようになった。 10年くらいここに住んでいたら私も自然と長崎弁を話し出すんじゃないかと思っていたが、 なかなかそうもならないみたいで なんとなく長崎のイントネーションも混じ…

  • すみません…

    先程変な投稿してしまってすみませんでした。 下書きのつもりで公開してました。 そのうち、ジョニーの背中から砂がでる記事が公開されたら、あ、コレだったんだなと思ってください。 のぞみューさんに教えていただき気がつきました。 この投稿も後で消しますー。

  • 「どうぶつサウナ」各キャラクターについて妄想する話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 今まで作ったサウナシリーズは今はとりあえずトイレの棚に飾ってある。 最終的には和室の押し入れの上段の荷物を整理して (今は子供たちの玩具が入ってる) …みたいな感じにしたいなーなんて夢想しているんだけど 今は続きを作るためにいつでも確認できる場所に置いておきたいのだ。 おトイレ文庫を並べていた棚にずらっと。 やはりサイズを揃えるべきだったか。 とにかくしょっちゅう目につく場所に置いてあるので トイレに入ってくる度、もしくは用を足しながら いつも眺め、愛で これから作る部分はどんな感じにしよ…

  • 投げキッスのパワーの話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 最近娘と私の間で流行っている遊び。 私がコケシに投げキッスをすると、 すかさずコケシがバリアを発動、投げキッスを弾く。 それを受けた私が 超能力でバリアを無効化し… さらに山盛りに投げキッスを飛ばすと コケシはバリアを五重にして応戦! こんなふうに母の投げキッスをきっかけに妄想超能力バトルを延々と続ける。 五重バリアも叩き割り 私が奥義を繰り出すと… 不敵な笑みとともに、 なんかすごそうなの出たりする。 呪術廻戦風? めっちゃ強そうだ。 最終的には超能力も何もあったもんじゃなく 物理的に追…

  • 歯科治療後のご褒美の話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 「ある悲劇」 小児歯科では治療の後、ちょっとしたご褒美をあげる事が多い。 もので釣って頑張らせるのは教育的に違うんじゃないかと言われたこともあるが、 小さな子どもが 大人でも憂鬱な不快で怖い治療を頑張って受けたというのに、 その上人間的成長まで求めるのは欲張りすぎなんじゃないかという気がする。 ご褒美目当て上等。 些細なおもちゃやシールで少しでもやる気がでるのなら安いものだ。 だから私はむしろ「他のどの医院よりも魅力的なご褒美を」と、いつも色々と買い揃えているし バルーンアートでちょっとし…

  • コーンを山盛りにする話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 自宅に引きこもって過ごす週末は 三度三度の食事をあつらえるのが面倒。 今更かもしれないが最近特にそう思う。 私は平時の平日であれば朝ごはん&息子のお弁当くらいしかまともに作らない。 仕事がある日の夜は帰るのが7時半頃になってしまうので 子ども達はお義母さんのところで夕飯を毎日ご馳走になってくる。 それを仕事帰りに迎えに行って家族揃って帰宅、 私とジョニーさんは家で夕飯を食べるのだが、 大人二人だけならどうとでもなる。 ジョニーさんは自分で刺身を切って晩酌。 私はお義母さんとこでもらってきた…

  • 今年やりたいことリストを作るという話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 「新年始まったなー」と思ったらあっという間にお正月休みがあけて、久しぶりの仕事。 とか思いながら渋々動いているうちに 気がついたら半月過ぎていた。 増えていくコロナ罹患者。不自由な生活。閉塞感のある毎日。 今は我慢、と終わった後の生活に想いを馳せ過ぎるせいで 今を十分満喫することなく、目をつぶって 日々をただやり過ごしてるようだ。 もったいない。 去年なんて体感4ヶ月くらいで終わった。 春も夏も秋も冬も、 え?あったっけ?もう終わった?と思うほどに印象薄く通り過ぎてしまい、 一年を無駄にし…

  • 乾燥を妄想で乗り切る話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 今日も今日とて乾燥している。 ↓去年までの乾燥との戦いの軌跡はこちら 今年は特に頻回な手洗いとアルコール消毒の影響もあって、手はゴワゴワ。 働き者だからじゃなくて ズボラでハンドクリームをよく塗り忘れるからだけど。 踵は何というかもう生きた手触りじゃない。 これは今年に限らず毎年のことだけどね。 いく筋もひび割れて歩くたびにパカパカ開く。 絆創膏を貼ってはいるがそれでも痛いので 瀕死の白鳥。 ダイエットに役立つかも、と思ったけど 少しも変わらない。 全く対策していない訳ではないのだ。 朝起…

  • 「劇場版ポケットモンスターココ」を見てきた話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 お正月に「劇場版ポケットモンスター ココ」をみた。 予告編を見た時からまぁ、これは絶対親を泣かせてやろうとして作られてるわよね、と思っていたから なんとなく製作者の意図のままに反応してしまうのは悔しくて、 やっぱり全然ダメで 音楽にやられる。 凄く良くて、感動して なんなら特典で配布された「父ちゃんザルード」使いたさに 「ゲームのポケモンを始めようか」とさえ思ってしまったくらいだったので ブログに書くことにした。 ポケモン映画ってガチのポケモンファンか、 子ども連れでもなかったら見に行かな…

  • 「どうぶつサウナ」新年最初の増築は脱衣所という話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 という訳で新年一発目の更新はまたまた リフォームの匠、トマレのどうぶつサウナ増築 「脱衣所編」だ。 ↓この続きね。 最近はすっかりミニチュア作りが趣味になってしまった。 いやー、奥の深い世界だ。 最近何を見てもこれは何かに化けるんじゃないか、使えるんじゃないかと考えてしまい 世の中が今までとは違って見える。 とても楽しい。 サウナ、水風呂、外気浴と 今までサイズを揃えて作ってきたのだが、 外気浴スペースがちょっと小さ過ぎて椅子2脚が入り切らなくなったのを反省して 今回は少し大きめで作ってみ…

  • みんなお疲れ!という話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 29日の午前中で仕事納め。 毎年のことだが最終日の歯科はとても混雑する。 でも今年ばかりはその忙しさ、大変さがありがたく、 うれしいような気さえした。 さっきジョニーさんと健闘を称え合った。 今年は大変だったよね。 お正月帰省もできない。 自分の力ではどうしようもない理由で 色々なことを諦めざるを得なかったし、 一時のことだと思っていた不自由で面倒で不安な毎日は もはや新しい日常となってしまった。 でもそれでも私たちなかなか頑張ったじゃないか? クリニックも潰れてない。 スタッフの雇用も、…

  • 年末になると思い出す話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 以前、コケシを連れて受診した小児科で 先生に怒られて泣いたことがある。 まだコケシも5歳くらいだったろうか、お正月で実家に帰省していた時のことだ。 周りでとても流行っていたウイルス性の胃腸炎をもらってきてしまったらしく、 2日の夜中から勢いよく吐き始めたコケシの対応に ヘトヘトになって始まった、そんなヘビーな新年のスタート。 コペルもコケシも赤ちゃんの頃から保育園に通っていて こういった吐くタイプの風邪は冬になるたびにうつされたりうつしたり もう冬の風物詩と言えるくらい何度も経験していたの…

  • デジタル絵に挑戦するという話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 メリークリスマス!我が家にちょっと早めのサンタがやってきた。 子供たちでなくてわたしに。 今年の帰省を諦めてしょんぼりしていた私にジョニーさんが買ってくれたのだ。 キャー!嘘でしょー! 恋人はサンタクロースだわー! 私はずっと紙に絵を描き、それを携帯で写真に撮っては トリミングしてアプリで文字を添え、ブログに使ってきた。 この令和の時代に笑ってしまうほどアナログな手法だ。 ↓こんなふうに描いてる。 手書きで描くのは好きだし、愛着もある。 下手なりに味があると言っていただけることもある手書き…

  • 「どうぶつサウナ」外気浴スペースを増築した話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 今回はまた、評判がいいような悪いような「どうぶつサウナ」シリーズ第4弾をお送りしたいと思う。 このシリーズはガチャガチャでゲットした 「どうぶつサウナ」という可愛いフィギュア達を その名の通りサウナに入れてあげたいという気持ちから始まった私の趣味の工作企画。 これまでサウナに始まり… 外気浴チェアを2脚と 水風呂も作って どうぶつ達が良いサウナ生活を送れるよう どんどん施設を充実させてきたわけだが こうやって並べてみてみると 外気浴スペースだけ貧相でバランスが悪い気がしてきた。 サウナにお…

  • いつも心に王子様を、という話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 コペルとコケシは比較的兄妹仲がいい方だと思う。年齢差が4歳あるということも関係しているのかもしれないが めったに喧嘩しないし、 よく2人で一緒に動画を見たりおしゃべりしたりしてはケラケラと笑っている。 特にコペルはコケシが大好きで いつも起床時にはまだ寝ているコケシに抱きついてチュッチュチュッチュして起こすのが朝の日課だ。 でもその後は仲良く二人で起きてくる。 そんな二人でもやはり時には揉めることもあって… 特にゲームや勝負事になると 手加減なくコペルが年齢差、体格差を見せつけて圧倒的に勝…

  • 酔っ払いからの贈り物の話

    ご覧いただきありがとうございます。 はじめましての方、もしよろしければこちらからどうぞ。 ↓登場人物紹介 ジョニーさんはお酒を飲むと財布の紐がゆるくなる。 夜の晩酌時、ハイボールを飲みながら なんとはなしに眺めているテレビ番組に触発されて携帯でポチリ。 ネットニュースで見かけた新商品もポチリ。 買い上戸とでもいうのであろうか。 ご機嫌で色々買ってしまう。 家にいながらにして何でも買えてしまうのだから、便利な時代になったものだと思うが こんな時はちょっぴりやっかいで… はたして数日後 酔っ払いが夜中のテンションで購入した 思いがけない品物が届いたりするのだ。 先日も急に職場宛に小さな小包が届き、…

  • ブログ開始して2年が経ったよという話

    気がついたらブログを始めてから2年が経過していた。 ブログを書くのが楽しくて楽しくて心のままに自由に毎日更新していた最初の頃に比べ 最近は色々考え過ぎてなかなか更新にいたらない。 面白かろうが面白くなかろうが ただ淡々とその日の自分に書ける文章をアウトプットするのだ、と割り切れればよいのだけれど、 もう少しどうにかならないか、と欲がでたりもして・・。 どのみち実力以上のものは書けはしないのに。 それでも最初の頃より更新頻度は低いものの 飽きっぽい私が2年続けることができたのは やはり読んでくださる方のいてこそなんだと思う。 感謝の気持ちを使い回し。 去年ブログ開始1年の記念には ↑人気記事の紹…

  • 「今日の北野家」GOSSOと炭治郎の話

    最近再びGOSSOにチャレンジした。 GOSSOとはブラジリアンワックスで鼻毛をゴッソリ脱毛できるという商品。 以前にもチャレンジして記事にした。 溶けたワックスを棒につけて鼻につっこみ、鼻毛を絡ませ冷えて固まったところで一気に引き抜く …という仕組みなのだが いっせいの… いっせいの… いっせいの… 鼻と一体化したようにガチガチに固まっているこのワックスを引き抜くのは何というかとてもこわい。 痛みはそれほど感じないということは既に体験して分かっているのだが、 それでもなかなか思いきって引っ張れない。 なので前回同様思いっきりジョニーさんに引っ張ってもらうことにした。 逆にジョニーさんのワック…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、北野トマレさんをフォローしませんか?

ハンドル名
北野トマレさん
ブログタイトル
ほうれい線上のアリア
フォロー
ほうれい線上のアリア

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用