chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
かいみの田んぼ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2018/11/23

arrow_drop_down
  • 吹雪の夜を迎えて

    今日の午前中は太陽も出てまずまずの天気で、写真のような作業が順調に出来た。午後になると雨から雪も混じり強い北風も吹くようになった。夕方にはさらに吹雪のような状態になり、電線がヒュウヒュウハウスのビニールやシートなどがバタバタと破れそうな勢いである。そうでなくても破れかけたビニールハウス、今夜大きな被害に会わなければと心配で眠れそうもない心境である。そんな天候だったから午後は青色申告の記帳を始める。ちょっとやっただけだが非常に目が疲れて、早々に中止に。その中で収入の割りに経費が増えた事、特に電気代が4割近くも上がっている。どこの家庭も同じと思うが、我が家の零細農家の経営は厳しいと痛感する。吹雪の夜を迎えて

  • 大寒

    一年で最も寒い時期と言われるが、天気予報ではこれから強い寒波が来ると報じている。アスパラハウスのビニールの張替えを業者にお願いしてあるのだが、忙しいようで来てくれなくて少々こちらも焦りが出ている。強い寒波で積雪強風が吹けばしばらくそんな作業は出来なくなるだろうと。仕事の合間にお天気はどうかなと空を仰ぐ。夕方こんな変わった雲Uの字クリップの形のような雲が出ていて慌ててシャターを押す。あと2週間すれば立春となる。春は段々と近づいてくる、紅梅も沢山咲いてきた。大寒

  • 同じ作業が続くと

    もう幾日もアスパラハウスの草取りをしている。輪が付いた移動できる腰掛?に座って前かがみ姿勢は、足腰にかなり大きな負担が掛かる。痛いところにシップ材を塗ったり張ったり、腰のガードベルト(コルセット)で対応しているが少しは効果があると思うが?昔の農家の人は腰の曲がった老人が多かったが、前かがみ姿勢やの重労働によるところが起因していることも。そんな風にならぬよう無理は禁物と!前回汚い写真を出してしまって反省、今回は少しはましな写真。天竜川でよく見るダイサギだが、水面で大きく羽を広げる姿は中々見れなくて。同じ作業が続くと

  • 狸のため・・

    秋アスパラの収穫が終わってから今年に入って畑に入ると、露地にもハウスにもごっそりとフンの山がある。狸の仕業であるが、今の寒い時期にはそんなに匂わないが、夏場にされたら辟易するくさい匂いである。またタヌキかハクビシンかが、ハウスのビニールを破ったり、黒い潅水チューブやマイカー線をかじる被害が出る。夜行性なので日中見ることはあまりないが、車にひかれたり病気でフラフラしているところは何度か見たことも。一昔前夕方稲刈りが終わった田んぼでタヌキとキツネが一緒にいる所を発見し、家人に話すと「何言ってんの化かされたんじゃねーの」と相手にされず。狸のため・・

  • 恵みの雨 そして暖かく

    いつ雨や雪が降ったのか忘れるくらいお湿りが無かったが、昨夜からのおとなしい雨が降り田畑に良い潤いを与えてくれた。アスパラハウスの草取りの日々であるが、案外つらい作業で尻腰膝に負担が掛かってくる。特にメタボな大きな腹を圧迫する姿勢であるので、苦しくなって休み休みの作業となる。庭の紅梅を見れば、いくつか咲き始めている。こんなに早く咲いたのは今まで記憶が無い位早い。寒い冬だったのになんでだろうか?恵みの雨そして暖かく

  • 乾燥注意報が出ている中で焚火を

    露地のアスパラガスを昨日刈り取って、今朝焼却をする。焼却前に消防署に焚火の届け出をし、1時間位で終わると言うと乾燥注意報が出ているから充分気を付けてと。焚火から離れない消火の水を用意して風が出たら中止をと電話で言われる。今朝8時風もなく穏やか、アスパラの茎もパリパリに乾いて風もなく煙も出ずにたちまち燃え尽きる。そう30分位で燃え尽き大きな煙が出ずに良かった。この茎葉もっと有効利用出来ることがあればいいのと思いつつ!乾燥注意報が出ている中で焚火を

  • 台風並みの北風に

    早朝よりものすごい北風、台風並みの風にて被害も出る。飯田測候所発表の最大瞬間風速は10mと出ているが、ここらでは台風並みの20m位の風が吹いたと思う。そのためアスパラハウスのビニールが破れバタバタと大きな音を発し、北からは思いがけないものが届き、我が家からも変なものが南側に飛んだ行ったかも?写真はすごぃ強風で天竜川の川砂が風で舞い上がり、砂嵐のような光景が。.そんな様子を見に行けば自分の軽トラも強風にあおらられて横転しそうな勢いで。台風並みの北風に

  • どんど焼きが行われ

    7日午後に各家庭から出された正月飾りを回収し、竹や松などを添えて円柱形のおんべが作られた。コロナ過でもあり小学生の高学年とその保護者が中心となって作り上げたようだ。8日早朝6時そのおんべに点火され、五穀豊穣家内安全などを願い大きな火柱と煙が夜空に上っていく。コロナ前なら大勢の人たちが餅を持って集まり、火が小さく収まってからそのおきで餅を焼いて朝食の七草がゆに入れて食べるのが習慣だった。しかし今の時世餅を焼いたり食べたりは自粛となっているので、ここ3年参加していない。孫は小学1年生で初めてどんど焼きを見に行って、感動して来たようだ。自分は天竜川堤防からその時間360℃を見回す。見える範囲で20か所位でどんど焼きが行われたようで、大きな赤い炎と立ち上る煙そして竹が爆ぜるパンパンバチバチの音が静かな朝に響き渡る...どんど焼きが行われ

  • 新年早々ハード仕事が続いて

    3~4日の農作業ですでに筋肉痛やら少々のバテを感ずる。アスパラの刈り取りから運搬焼却、そしてアスパラハウス内の残渣や雑草をバーナーで焼却作業。写真のような「3連式ロケットバーナー」を後ずさりで引っ張って焼却作業をするため、普段そう使わない筋肉を酷使することに。そして高い灯油120ℓほど使用する。どちらも痛いが病害虫防除と雑草除去を考えればやらないわけにいかなくて。新年早々ハード仕事が続いて

  • 鳥インフルエンザなのか?

    冬鳥で飛来しているタゲリが一羽道路上で死んでいる。よく見ても大きな外傷もなく、猛禽類やカラスにやられたようでもなく。高病原性鳥インフルエンザは各地で発生し、養鶏場で130万羽170万羽など大々的な鶏舎などでも殺処分されたと報道があったが恐ろしいものだ。渡り鳥の野鳥から感染するらしいとも言われている。楽しみにしていたタゲリ数羽のグループの一羽が欠けて非常に残念な思いである。鳥インフルエンザなのか?

  • カワセミの餌場に

    水深の浅い所にハヤが群がっていれば、カワセミにとって絶好の餌場になっている。静かに静かに近寄っていくと、かなりの確率でそこにカワセミがいる。しかし魚を捕らえて飲み込む姿はそう頻繁には見れないし、時間の余裕が無いからじっと待っておれないので機会も少ないかと。写真はカワセミが良く止まる所、白いのは排泄物でここに来ている度数を表す。カワセミの餌場に

  • 川の水量が減り

    年末年始は非常に良い天気に恵まれておかげだったが、異常乾燥注意報が出るくらいに。河川は水位が下がってちょろちょろ流れる程度になっている。我が屋のアスパラハウスもそのうち潅水することになるが、こんな状態ではとてもまかなえる水量で無い。しばらく雨が降ってないので、農家にとっては近いうちに恵みの雨が欲しいと思う。写真は河川に群れるハヤ、これを狙う釣り人と、野鳥カワセミが!川の水量が減り

  • 仕事初めは

    ダラダラと過ごした正月3ヶ日、気分を引き締めて仕事に取り掛かる。アスパラハウスの黄化した茎葉の刈り取りと、それを水田に運搬し焼却を行う。これがウェイトオーバーでナマッタ体には、相当大変ハードな仕事。さらに枯れた茎葉から出る粉塵が多量に発生するので、ヤッケの上下やマスクを着用しての作業。ヤッケはヤッケイな?もので体の中にはほこりなどは入らないが、反面体からの水分は外へ発散されないので大汗かいてビタビタになる。マスクも真っ黒になり何回も取り換えることになる。刈り取ってみれば雑草が繁茂?し真っ青になっており、後の除草作業軽減のために、除草剤を散布して今日の作業は終わった。足腰の痛みと疲労感を残しながら、明日もこの作業が続く。仕事初めは

  • 放射冷却の寒い朝は

    ここしばらく良い天気が続き、毎朝-6℃前後と冷え込む。河川も薄氷が張ったり、けあらしが発生する。このけあらしは寒い朝よく見られるが、時折つむじのようにぐるぐる回転し上昇する。その高さ何mも上がることもある。さあ今日から仕事初め、アスパラガスの茎葉の刈り取りを始める予定である。この作業も大変で!放射冷却の寒い朝は

  • 謹賀新年

    明けましておめでとうございます。新春を迎え皆様方のご多幸をお祈り申し上げます。今年もよろしくお願いします。第一に健康に注意して、元気でいられるように頑張ります。良い天気できれいな初日の出を拝めました。謹賀新年

  • 大晦日

    令和4年の最後の日、大掃除の中でも今年はどんな年だったのかなあと思い起こす。暮らしを取り巻く環境は悪化に傾いているが、加齢や基礎疾患のある身を考えればそこそこ農作業など頑張ってこられたことに感謝かな!こんな?ブログに立ち寄ってくれた皆さん、ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。それでは良いお年をお迎えください。写真はオカヨシガモと思われる。冬鳥で地味な色彩の鳥で。大晦日

  • しゅろが無くなって

    庭木のシュロの木が大きく成長し、それこそシュロが無くなって傾いてビニールハウスに倒れそうになった。植えてから50年以上になり、途中植え替えをしてその時に傾いても根付いて大きく成長したが。大分迷ったが切り倒しを決意し実行する。ビニールハウスへ倒れないように2本のロープで引っ張って、チェーンソーでゆっくりゆっくり切って倒す。何とか思いどうりの方向に倒せてやれやれの感、しかし存在感のあった木が無くなってちょっと寂しく・・しゅろが無くなって

  • ♪もういくつ寝ると~

    何かと慌ただしい年の暮れ、いつもより早めに乱ごくな我が家の大掃除を始める。先ず小さな庭の落ち葉や選定した枝などの片付けをして、田んぼに運搬。稲わらをすぐって「おやす」や「しめ縄」作りをして松飾りを作る。素朴な正月飾りをず~と毎年作っているが。ちょっと恥ずかしいので写真は無し。明日からは家の中の大掃除、これまた乱ごくでどこから手を付けて行けばいいのか思案中?今日の空の雲は、午前中はホウキで履いたような雲、午後はなんか飛行船のような雲。UFOを連想されるような不思議な雲!う~ん不思議だな~♪もういくつ寝ると~

  • 雪が降り

    ここらでも5~6cmの積雪があり、一面真っ白になり汚いものが隠れて綺麗だ。こういう日はワクワクしてそこらを徘徊をする。ご近所では雪かきをしているが、野鳥たちが餌を求める姿を撮りたくて田畑や堤防を見回る。といっても市田柿の手入れや荷造りに忙しい中だから、ゆっくりはしておれない。今年も残すところ1週間、やり残したことは沢山あるがなるようにしかならないと開き直って。写真は雪の舞う中でのキジバト雪が降り

  • 冬至 この頃 しもやけが

    ちょっと寒い日が続いたら、足の指が赤く腫れて痛痒い。毎年の事で足の指だけに出来る。バカの大足がさらに大きくなったようで、さらに厚い靴下を履けば靴が窮屈だ。最近は皮膚科受診して塗り薬と飲み薬で治療していたが、今年はどうしようかなど思案中。今ネットでしもやけ(凍瘡)を検索中、原因治療予防などいい方法を取り入れたいと。写真は堤防から見た千丈岳、真っ白になり綺麗に雄大に見える。クリスマス寒波が心配だなあ!冬至この頃しもやけが

  • 誕生日だったが

    後期高齢者一歩手前の誕生日を迎えたが、妻や子供たちからも反応なし。忘れられている存在になっているのか?自分や家族仕事が忙しくて忘れているのだろうと思うが。お誕生日おめでとうと言われても、平均寿命を考えればあと何年かの命となりえない。命には限りがあるが日々精一杯生きて楽しみたいと切に思う。田んぼを巡回すれば最近ずっとタゲリの姿がある。近くに寄っても逃げず、ユニークな容姿で愛嬌があってかわいい存在である。出来れば繁殖をして子を見たいなあ。誕生日だったが

  • 寒波襲来で

    昨日この地方でもー4℃の冷え込みで、外の水道は凍結している。慌てて凍結防止帯のチェックや露出部分を囲ったり補修などを行う。昨年は潅水設備のポンプの凍結という失敗があったから余計に。風越山に初冠雪、例年よりは10日ほど遅いと言う。もちろん高い山々は真っ白、吹き下ろす風も一段と寒い。写真はチョウゲンボウと思うが、偶然にひらひらと飛ぶ鳥が剪定枝に舞い降りた。急いでカメラを出して撮ってみて、後から見ればボケてて使える物は?寒波襲来で

  • 柿いれ時にも

    市田柿の出荷に向けて忙しい日々、そんな時でも田んぼや河川を見回っている。コースは決まっていて車で5分ほど、ゆっくりとした速度で流してくる。季節の移ろいや野鳥観察、川魚の様子などの自然観察が主であり、まあ花鳥風月を感じたいからかな?今日は川を覗いてみれば、少し深みにハヤがかたまって群れている。時間に余裕があれば孫と釣りをしたい所だが、そんな時はいつになるやら?柿いれ時にも

  • ♪カラス~何故なくの~

    天竜河原に来るのは殆どハシブトガラス、たまにハシブトを少し見かける程度。100羽~300羽位集団で天竜川堤防や河原で、また田んぼで食事をしたり遊んだり。朝西から飛んできて、夕方西の山のねぐらへ帰っていく。そのねぐらは何処だか分からないが、西の方角だから野底か風越なのか?夕方堤防を自転車をこぐ人の周りに、カラスがまとわり付くような光景を目にする。一瞬カラスに襲われているような、ヒチコックの鳥の映画のようにも思えた。その自転車の彼は近づくカラスに、あっちへ行けと片手を何度か降って追う姿。黒い大きな鳥が近づいてくれば、誰だって怖いよな~♪カラス~何故なくの~

  • 冬鳥飛来 ジョウビタキのオス

    このオスもしばらく前に確認していたが、写真を撮れたのは4~5日前。先にメスの写真を載せたが、オスはやはり特徴的な灰色の頭部と黒い顔、胸の橙色が印象的できれいな鳥。ここらの冬鳥の中では一番美しいかも?師走に入って冬型の気圧配置になり、気温が急激に下がり雪の便りも多くなった。この地でも3日前の雨の後曇り空で太陽が出ずイライラしている。干柿作りには何たってお日様が一番これが品質に大きく左右されてくる。柿農家はいい天気に恵まれて、年内により多く出荷したいと頑張っている。何故?それは価格年明けにはかなり安くなってしまうから!冬鳥飛来ジョウビタキのオス

  • 師走に入り

    2022年令和4年も残すところ1か月となり、時のすぎ行く速さを大いに感ずる時期となった。この1年を振り返るには早いが、我々が生活して行く上での環境が悪くなっている。その要因は色々あるだろうがウクライナ戦争長引く新型コロナ感染地球温暖化等々により物価高医療ひっ迫自然災害増・・・。小学1年の孫を児童館に迎えに行った帰り、御殿山ではイルミネーションが点灯されていた。山の何にも無いところに突然と言う感じでとてもきれいに見え、孫としばし見とれる。師走に入り

  • 晴れの朝はいつも濃霧に

    天竜川によって発生する霧が、市田柿に程よい水分を与えしっとり柔らかく仕上がっていくと言われている。天気のいい日の朝は濃霧で100m先は何も見えない時もある。そんな時でもカメラ持参で散歩でなく、車で野鳥観察兼田畑の見回りに行く。こういう時は思いがけない被写体に出会う事もある。例えば霧の中からの太陽、蜘蛛の巣や草木に付いた水滴、等々普段と違うものが見えることも。写真は霧の中でのノスリ、いつもすぐに逃げてしまうのに霧のせいか?若鳥か?近くまで寄れて観察出来た。晴れの朝はいつも濃霧に

  • 市田柿の落葉は

    我が家の市田柿は20本程、その落ち葉も相当量になる。柿の木が小さな内は堀割ってそこに埋めていたのだが、落ち葉の量が増えていくと収まり切れなくなった。そこでしばらく前からゴカキで集めて運搬車に載せ、河原の田んぼに運び鋤き込んで肥やしになるようにしている。仕事の間に幾日か掛かってこの落ち葉の片付けが終わった。数えてみれば運搬車に9台分の柿の葉、肥料高騰の折うまく活用して落ち葉堆肥が出来ればいいと思うのだが?堆肥にするにはと調べてみれば、発酵させる資材と何回もの切り替えしに手間費用が掛かり2年ほどの時間も。ちょっと無理かな?今のやり方がベターかなと!市田柿の落葉は

  • 南アルプスの山々が白く輝き

    黒田のJA資材に行った折、紅葉がきれいだった姫宮へ行って見る。殆ど落葉し初冬の趣で、人影もなく淋しくひっそりと。帰り道山田体育館の所から見る景色は、南アルプスの高い山々が真っ白く輝きすごくきれい。標高400mの我が家では北岳と千丈岳しか見えないが、ここは700m以上もありすべての連峰が望める。う~んいいなあ。南アルプスの山々が白く輝き

  • 勤労感謝の日は

    勤労を尊び生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日とされているが、と言って我が家では何もするわけでもない。がそこそこ健康で農産物の生産が出来ることに感謝し、妻にもねぎらいをと思う。10日ほど前に特定検診と、インフルエンザ予防接種。2日前にオミクロン株コロナワクチン接種をしたが、小さな医院の待合室は混んでいて密になっている。コロナワクチン接種の後遺症を心配したが、昨日は肩の痛みが出た位だった。のでちょっと重労働の柿の落ち葉をかき集めていたら、いつもより息が切れる疲れ感が出るなどの症状が出たので作業を中止し休むことに。今日は今のところ異常なし。写真はアスパラガスの茎葉が黄化してきてきれいに見えるようになって来た。紅葉を見に行く機会が無かったから、このアスパラの紅葉で楽しもうか?勤労感謝の日は

  • 冬鳥飛来 ジョウビタキ

    オスは1週間前位に、メスは3日前に見かける。庭の木や柿の木にも来てくれて、よく観察できる。きれいな鳥だし、翼に白い斑点が目立ち、オスは頭部が灰色でより特徴的であり、他の鳥と見間違えることは無い。そして止まっているときは尾羽を小刻みに動かしている。いつも単独で行動しているようなので、縄張りがあるのかも?冬鳥飛来ジョウビタキ

  • 冬鳥飛来 ツグミ

    数日前より見かけるようになった。いつも晩秋に来て、春の5月頃まで滞在する。今は残り柿などの果実を突いている姿を多く見かける。春にはミミズや地中生物などを食べているようだが、我が家のアスパラハウスに不法侵入し土をほじられる被害も出るくらいだ。毎年沢山のツグミが群れて来て、果樹園や河川敷農地で見かける。チョンチョンと足を揃えて動き、立ち止まって上を向いて胸を張ったいい姿勢で立ち止まる。こんな姿が印象的である。冬鳥飛来ツグミ

  • 冬鳥飛来 タゲリ

    1週間前位に天竜川でひらひら飛ぶ鳥が7~8羽、カラスに追われて逃げている姿を見る。3~4日前には田んぼで餌探しをする3羽の姿があったが、その後は見かけなくなっている。何処かへ行ったのか、また戻ってくるのか?まあ毎年近くの田んぼに来てくれるのでそう心配はしないが。何たって特徴のある姿がいい、長い冠羽緑や紫の光沢のある翼、そしてしぐさが可愛い。また少し近寄っても逃げないから、ゆっくりと観察したり、写真も撮れる。好きな鳥№1だ!冬鳥飛来タゲリ

  • 柿のれん

    この地の風物詩市田柿の柿のれん、昔は長屋の2階にしかも日当たりのよい屋根のひさしにも干したからそんな様子がごろっと見えたが。今は衛生上の事もあり、虫やゴミなどが入らないように黒や白の寒冷紗などで囲うから外から見えにくくなった。2階での作業は重たい柿の上げ下ろしが大変、今では手で持って階段での上げ下げするところは少ないと思う。がウインチなどの機械で上げ下げするにしたって大変な事である。最近はビニールハウスでの乾燥が多くなった。そう設備費も掛からず割合楽に作業は出来る。しかしビニールハウスだけに温度が高くなり、その管理も必要となるが遮光材を掛けて調整をする。柿剥きが終わって5日目、柿のれんは今こんな具合である。柿のれん

  • 紅葉を見に行 こうようと

    柿剥きが終わって少し余裕が出来て、地元野底姫宮のライトアップされた紅葉を見に行く。紅葉シーズンまして土曜日にて大勢の人でにぎわっていた。カメラと三脚を用意して写真を撮ろうとしたが、人の邪魔になりそうで少し時間をかけて設定してなど出来ない位で。後で写り具合を見れば殆ど使える物なし。夜はむずかしいなあ!今朝も濃い霧、そんな中霧の中から太陽が姿を見せる。偶然だが木の葉が顔に似て?紅葉を見に行こうようと

  • 医院は大にぎわい

    この地でも新型コロナ感染者最近増加している。掛かりつけ医に昨日予約をして、本日特定検診とインフルエンザ予防接種をしてくる。先に新型コロナワクチン接種があるので、9時半頃来て下さい、それと混んでいるのでそのつもりでと念押しをされる。9時半に医院到着受付した時には4人いたので、これは早く済みそうかなと思っていたが!そのうち座る椅子も無いほど込み合ってくる。検査や問診、採血やインフルワクチン接種などが済んで会計をして家に戻ったのはちょうど昼飯前。朝飯抜きの検査だったから腹はぐうぐう、そんな時には何を食べても旨い。写真は最近霧の朝が多いが、そんな霧の中から太陽が一瞬顔を出す瞬間、ねらっていても中々いい写真は撮れなくて!医院は大にぎわい

  • 柿剥きが終わる

    昨年よりはちょっと早めに柿剥きは終了した。まあ昨年より早めに作業したことと、量も少なめ、天気が良かったからと。例年の90%の収穫量で柿は大きめであった。ひとまず一安心の感、足腰に負担が掛かって痛いやらだるいやら。8日の月食を2階より観察する。段々と掛けた月赤くなっていく月が上がっていき、途中首が痛くなって最後まで見なかった。後で写真を見れば、月の左下に天王星と思われる星がある。もう少し頑張っていれば、天王星食も見られたかも?柿剥きが終わる

  • 柿剥きの副産物は

    剥かれた柿の皮を天日に干して直売などで売られているのを見かける。忙しく柿剥き中に良く出来るなあと感心する。たいがいの農家では田んぼや畑に廃棄し、土の肥やしになる。もっといい目的での利用は無いものかといつも思う。我が家の零細柿農家でも相当量の柿の皮が出来て、河原の田んぼに撒いてくる。写真はそんな様子、山を見れば紅葉が進んできた。柿剥きの副産物は

  • 柿のれん

    先月27日から毎日柿剥きをしてきたが、あと5日ほど頑張れば何とか目途がつきそうになって来た。連日の柿剥き柿取りで体力的に限界に近く、腰痛に悩ませられている。昨年は11/14まで柿剥きをしていたんだが、今年は量が少なめか早くに終わりそうだ。やれやれの感!!終わったら紅葉のライトアップを見に行きたいなあ!と。早くに剥いた柿はあめ色になってきた。柿のれん

  • 晩秋から

    最後に残った飼料米も刈り取られ、ラップに巻かれて長期保存が出来るサイレージとなった。田んぼから稲が無くなり、風情がいっぺんに晩秋から冬の始まりのようにも。市田柿は休みなくのフル生産、妻と2人の家内労働では1日に出来る量は知れたもの。そして柿の重さで足腰に負担が掛かり痛みが出て、シップ材やバンテリンなどの塗布や、腰痛コルセットを使う羽目に。それでもあと1週間から10日くらいで柿剥きは終わるのかなと思う。もうちょっと楽しんで頑張らにゃと思うところである。写真は飼料米用コンバインからきれいに丸められて排出されたところ。晩秋から

  • 市田柿の柿剥きを始める

    2-3日前に取った柿を今日から剝き始め、柿のれんに吊るし硫黄燻蒸作業などを行う。準備万端でと思って初日を迎えたが、あれが無いこれが足りない機械の調整不備などがあり、最初はもたもたしたがその内には慣れて来て順調な作業が出来るようになった。これから2週間位連日柿剥き柿取りなどの作業が、休む間もなく忙しい日が続く。けっこう重たい柿の取り扱い、無事老体の体が持つように無理なく進めたいなと!写真は最初の柿のれん。市田柿の柿剥きを始める

  • 米の収穫量は

    昨日ここらの食用米の刈り取りがすべて終わった。あと田んぼに残っているのは、飼料米だけになりこれもその内には無くなる。今迄育てたものが無くなり、そして冬に向かう寒さや景色がなんとなく寂しく。南アルプスの山々が真っ白くなって、吹き降りる風も寒くなるだろうな!ライスセンターで籾摺りが終わったと連絡があり、保有米を取りに行く。早生種の「コシヒカリ」や「風さやか」が去年より大幅に減収だったと聞いていたので、晩稲の「天竜乙女」の収量が心配であった。嬉しいことに昨年と同様10aあたり11俵の収量であり、良かった!良かった。米の収穫量は

  • 秋の収穫は

    今朝コンバインが来てくれて、60aの田んぼは3台のコンバインでたちまち刈り取られて米の収穫は終わった。後は収穫量が気になる所だが、早稲の品種では昨年より減収と言うが晩稲の天竜乙女はどうだろうか?それはそうと農業ばかりでないが環境は悪くなるばかり、ウクライナ戦争円安等の影響で肥料資材等の大幅な高騰で生産費が上がり、農家の手取りが少なくなって生産意欲も下がってくると思う。農業もその費用を価格転嫁出来ればいいのだが、流通販売などすぐにはそうも行かず、ましてお天気に左右されて生産量と消費量のバランスで価格の乱高下に会う。自家用の農産物を作るならどんな物でも好きなように作れるが、農家でお金を稼いで暮らしていくならば、農家のこだわりもあるが消費者のニーズに合うものをもっと積極的に取り入れなくてはとも思う。しかし現実的...秋の収穫は

  • 柿剥きの準備が出来て

    JAの柿の生産設備等の検査が済んで、柿取り柿剥き作業に入っていく。指導では標高400mくらいでは25日頃から柿を取っても良いと言うので、我が家でもその日から柿取りをする予定である。しかし加齢と共に筋力が落ちて来て、重い物を持つ力が年々減少するのが分かるようになってきた。20キロコンテナでの柿取りや柿剥きでは、コンテナいっぱいに入れると積み下ろしや運搬が大変な重労働となっている。だからコンテナに7-8割位入れて作業をするようにしているのだが。いまから体調を整えて頑張らなきゃと!柿剥きの準備が出来て

  • ある田んぼでは!

    我が家ではアスパラガスの収穫が終わり、今は市田柿の柿剥きや乾燥設備の準備に忙しい時である。なんたって21日にはJA生産課の設備等の立ち入り検査があるからである。安全安心の生産のためのチェックで、特に衛生面を重視して見回っていく。田んぼを見回っていると、1枚の田んぼだけ異常に真っ青な部分があり、よく見れば落ち穂から多数の芽がぞくぞく出ている。倒伏したコシヒカリだったからコンバインでうまく刈れなかったのか、あるいはコンバインの調整が出来ていなくて実が多数排出されてしまったのか?他にも原因があったのかも知れないが、とにかく稲の穂実が田んぼに落ちた結果で、その田んぼでは収穫量がまるっきり少なかっただろうと思う。写真はそんな田んぼの様子。ある田んぼでは!

  • 空全体に夕焼けが

    昨日の夕焼けは見事だった。空全体がうろこ雲におおわれていたため、焼けた丸い模様がきれいだった。耕起した田んぼ低い所にに溜まった水に映り込んで、これも良かった。しばし見とれて!きっと今日はいい天気になるだろうな。空全体に夕焼けが

  • 雨が多くてコンバイン作業が遅れて

    最近雨が多くて農作業がはかどらない。コンバインも遅れ遅れになっているようで、早稲の品種「風さやか」もまだ刈り取られていない。晩稲の「天竜乙女」はいつ頃刈ってくれるのかな?刈り取られた田んぼで、トビとカラスが何かの獲物の奪い合いでバトルをしている。普段空中でもカラスに追われるトビの姿を多く見かける。体は小さいがカラスの方が強いのか?雨が多くてコンバイン作業が遅れて

  • 珍しい鳥 マガンがやって来た!

    いつものように田んぼを徘徊中、珍しい鳥マガン親子と思われる3羽と遭遇する。車で近づいても逃げることもなく、落穂などを食べている。このマガン見たのは過去2回あるが、なぜか数年おきに現れてくれる、しかも同じ田んぼである。マガンの寿命がどの位か分からないが、その家族かその子孫かと思えてならない。仕事の間に見回るがそのうちいなくなる。見れば近くの田んぼで草刈りをする人がおり、居ずらくなってどこかの沼や湖に向かったと思われる。辞典では準絶滅危惧種天然記念物とされているようで!珍しい鳥マガンがやって来た!

  • ようやく秋らしく

    気温も下がって北風も吹いて涼しくなって来た。家のアスパラガスも細いものばっかりになり、あと幾日かで収穫が終わりそうだ。やれやれの感。次は市田柿の柿剥き等の準備に入るが、衛生的できれいな作業場や機材等にするには結構労力を要する。安心安全で旨いものを作るには必須!と思う。天竜河原の土手には、セイタカアワダチソウが毎年どんどん増えていく。外来植物で迷惑な存在だが、もう少しで満開になってきれいになりそうなのだが。しかし堤防の草を管理する人達によって刈り取られていく。少し残念。この時期ノビタキが幾日か見られる。ようやく秋らしく

  • 段々とコンバインが入って

    台風がいくつも通り過ぎ、雨のため早稲のコシヒカリも刈り取りが出来ずにいた。昨日から天気が回復しコンバインが田んぼに入っている光景が見える。雨が続いたからどうかなと思って見に行けば、柔らかい田んぼで苦労して刈り取りのワダチが深くえぐれている。こうなると秋起こしのトラクターも凹凸で苦労するだろうな~早生種の米は野鳥のスズメやキジバトにかなり食害されているが、この田んぼでは思うだけの収穫量はあったのだろうか?田んぼにはイナゴもいて飛び跳ねている。子どもの頃は稲刈りの間に、イナゴ取りも仕事もうち。貴重なタンパク源でおいしく食べたなあ。だがあの当時からイナゴを取る農家は殆どいない。しかし他所の人が時々イナゴ取りに来るが、田んぼの土手を踏み荒らしたり、時には田んぼに入ってイナゴを取る人もいる。あんまりひどい時には注意...段々とコンバインが入って

  • 台風14号が通り過ぎて

    昨日のあさに掛けて相当量の雨が降った。その後しばらくしたら吹き返しの北風が強くなって来た。木々が大きく揺れ、ビニールハウスが飛ばされそうな強い風が夕方まで続いた。被害は田んぼの稲が少し倒れ、アスパラガスも風にもまれて傷んだり倒伏もある。大型台風で心配したが、思ったほど影響は無かったのでは?夕方のニュースで近くの果樹園でリンゴのきが倒れたり、落下したところがあったようだ。夕方には何か気持ちの悪い位の夕焼けが!台風14号が通り過ぎて

  • 彼岸花

    アスパラハウス畑の土手や、柿の木の土手に植えた彼岸花が満開となる。自分で言うのも手前味噌のようだが、株も段々大きくなり見事な花が咲いた。散歩や車で通りすぎる人も、見てってくれる。そんなことより今晩の台風14号の影響が心配、夕方風や雨が強くなって来た。豪雨になれば田畑の浸水や、暴風になればハウスビニールの破れや果樹の落下やこすれ傷、色々考えたら今晩は眠れない夜になりそうだ。南アルプスの高い山々、この伊那谷を守ってくれたまえ!彼岸花

  • 今 田んぼは

    早生種のヒトメボレコシヒカリの稲刈りが始まった。真夏のような暑さの中で、コンバインが入ってたちまちの内に終わる。しかし倒伏した稲が多いから、コンバインを扱うオペレーターもさぞ大変だろうと思う。家で作っている晩稲の天竜乙女は10月の中旬に稲刈りとなる。旨い米が沢山取れたらいいのになあ?今田んぼは

  • 中秋の名月は?

    日中はいい天気だったので期待をしていたのだが、誠に残念ながら曇りから雨に。それに近くの地区の神社奉納花火があり、カメラ機材を持って出かけて行ったが何枚か写真を撮ったら大粒の雨で!残念。彼岸花の茎が伸びて来て、柿の下では咲き始めた。毎年この時期が来れば、ちゃんと咲くものなんだと。そして暑さ寒さも彼岸までの時期となるが?中秋の名月は?

  • 台風11号は去ったが

    普通なら台風一過でいい天気になるはずが、その後天気は良くない。台風11号の影響はと言えば、刈取りまじかの田んぼのコシヒカリが風雨で倒伏したことかな。このようにベタっとこけたら、コンバインの刈り取りも苦労しそうだ。きっとこの田んぼでは割増料金を取られることになりそう。我が家の田んぼは今の所大丈夫だが、この先強い台風などが来れば、稲の倒伏や果樹や野菜などの農産物そしてビニールハウスなどの農業施設に被害が出ることも。こんなことにならないように祈る!台風11号は去ったが

  • この猛禽類の鳥は?

    時々見かける猛禽類、オオタカハヤブサノスリは何となく識別できるようになって来た?と思っていたが!大きなカメラレンズで堤防上で探鳥している人はいなくなったが、そんな変わった鳥がここにいたのかと大いに気になったが。注意深く?野鳥観察していてもその姿は無し。写真は猛禽類の鳥を偶然見かけたが、この鳥の名前が分からずに、ノスリのように見えるが??この猛禽類の鳥は?

  • ミサゴがいると粘っている人がいて

    天竜川堤防で大きなレンズで何かを狙って入る人がおり、何をと問うと「ミサゴ」をと言う。私も野鳥マニアで毎日何回も堤防を巡回徘徊しているが、そんなミサゴなど一度も見たこともないが?。気になって注意深く観察をしているが、そんな鳥の気配はない。そんな中オオタカと思われる鳥に出会う。後で確認してもオオタカかサシバか?認識できずにいるのだが?早朝から夕方まで幾日も付きっきりでこの野鳥を追っている人、よっぽどの暇人か、あるいは希少な野鳥を愛する人なのかと?ミサゴがいると粘っている人がいて

  • え? 今頃ケリがいるが?

    ここらでのケリは、11月ごろやって来て、繁殖をして6月ごろ旅立っていくパターンが多い。昨年度は飛来が遅く初めて見たのは令和4年になってからで。それでも繁殖2羽の子育てをして帰って行ったはず。このケリは何故今頃いるのか?この地が良くて早く来てしまったのか?行きそびれて残っていたのか??え?今頃ケリがいるが?

  • 田んぼは?

    早稲のコシヒカリは黄色く色んできて、9月の上旬には収穫出来るのかな?晩稲の品種天竜乙女は例年より幾分遅めの出穂であったが、稲の花も無事咲き終わった。しかしここの所天候不順の毎日、米や秋の農産物の出来はどうなるか?写真はそんな田んぼの様子、シラサギアオサギが沢山やってくる。田んぼは?

  • 処暑

    厳しい暑さが峠を越えた頃、朝夕には涼しい風が吹き、心地よい虫の声が聞こえる時期。暑さが和らぎ穀物が実り始める頃と言われているが?熱中症にならない頃を見計らって農作業をするのだが、全身汗びた状態になり着物が肌に張り付いて気持ちが悪い。我が家で作っている晩稲「天竜乙女」が出穂し稲の花が満開となっている。これがきれいで何度も田んぼに見に行く。処暑

  • 田んぼの雑草

    お盆を過ぎて晩稲の出穂が始まり、秋の気配が感じられるようになった。除草がうまく出来なかった田んぼには雑草が目立つようになってきた。その一番はヒエ、稲より高く穂が出てくる。あまりヒエの発生が多いと、コンバインの刈り取りが出来なかったり、追加料金を払うことになる。田植え後の適正な除草剤と水管理をすれば、こういう状態にはならないのだが?田んぼの雑草

  • 新米のコシヒカリは 旨め~なあ

    コシヒカリが登熟してきて稲穂が垂れてきた。そこにスズメやキジバトが寄って来て実をついばむ。スズメおどしをすれば少しは被害が少なくなるかもしれないが、ここの耕作者は何もせず。彼らも生きていくには必死に!新米のコシヒカリは旨め~なあ

  • 久々に阿島の花火を

    コロナで休止していた阿島の花火が3年ぶりに上がって見に行く。こんな時期なので大幅に短縮されて、30分だけの花火となった。我が家からは一番近くの花火で、いつも楽しみにしていて堤防の上から眺めていた。今年はいつもの打ち上げ場所よりずうっと上流になってしまったので、家近くの田んぼの中で写真なども撮った。普通に撮ってもいいのだが、レンズを回転させたりズームさせてりしてみるが中々思うようには?久々に阿島の花火を

  • 田んぼの虫

    田んぼに生息する生物はいっぱいいるが、稲に悪影響を及ぼす生き物も多い。イネゾウムシウンカカメムシニカメイチュウイナゴなどが知られているが、今年稲苞虫(いねつとむし)イチモンジセセリの幼虫が発生している田んぼがある。幼虫は稲の葉を巻いて「苞」を作る。そのため稲の穂が出なくなり、大きな被害となる。昔そう20年位前かな大発生した年があって、防除に殺虫剤を散布したことがあった。その虫は夕方から夜に出て来て食害をすることで、夕方散布した記憶がある。その時は田植えが遅く緑が濃く肥えた稲に被害が出た。今年は直播飼料用米の田んぼで発生しているが、他の田んぼに移らなければいいが?田んぼの虫

  • 田んぼの花

    田んぼには当然稲が植えられており、今早稲の品種の花が満開に咲いている。花が咲く時期に雨が続くと、米がとれんと言われているが?山形や新潟などで線状降水帯などにより豪雨災害が発生し、大きな被害が出ており心が痛む。当地方も昭和36年に大きな大きな豪雨災害が出たが、災害は忘れたころにと言うとそのうちに豪雨災害があるのかも知れない。ハザードマップによると我が家は3~4mの浸水危険個所、そんなことにならないように祈るののみ。田んぼの花

  • この暑さを乗り切る策は?

    本日も37℃超え、うだるような暑さと言うか溶けてしまうような暑さだ。古いエアコンはフル稼働でオーバーワーク、故障でもしたら大変なことになるかも。策と言ってもこんな時は無理をせず、御身大切に出来る範囲で動く事しか浮かばない。写真は田んぼを見回ればカモの一家に遭遇する、今の時期野鳥を観察する機会が少なくて!この暑さを乗り切る策は?

  • 夕焼け 大焼け

    連日の猛暑で大汗をかいての生活で、体力が落ちて疲労感が残る。熱中症にだけはならない様にと、注意をはらって?昨日の夕焼けは、どぎついくらいの燃えるような空。今日もいい天気で猛暑と戦うことになりそう。農家としては一雨ほしい所だが??夕焼け大焼け

  • コシヒカリ出穂

    連日35℃以上になり、とても日中には外に出られないほどに。農作業は早朝と夕方ちゃちゃっと済ませて、あとは涼しい所で荷造り作業をする。早稲のコシヒカリの稲の穂が出る。8月下旬~9月上旬にはコンバインで刈り取りが始まるかも。旨い米が沢山取れたらいいなあと思うが、高温障害が出なければいいが?コシヒカリ出穂

  • 風越山を撮ろうの展示を見に

    写真の日に21回目の「風越山を撮ろう」との企画があって、ほんと久しぶりに出展し28日より展示されて見に行く。これだけコロナ感染者が増えるとどうしようかと思うも、せっかく出したんだからと見に行く。風越山の見える範囲の各地で撮られた色々な写真、同じ時間にそれぞれの思いで撮った写真は見ごたえがある。私のは水神様を入れた写真を。呼び名だが、小学生以前は「権現山」学校へ行くようになってから「ふうえつ山」、でも本当は「かざこし山」と言うらしいのだが、私はいつも「ふうえつざん」としか言わないが!風越山を撮ろうの展示を見に

  • 玄関先に危ない虫が

    早朝新聞を玄関先の新聞受けに行ってちょっと上を見れば、何と7~8センチのハチの巣があり何匹かのアシナガハチが見える。いつの間にこんな巣を作ったんだろうかと、気が付かなければもっと大きな巣といっぱいのハチが群がっていていて痛い目に会っていることも。早速撃退噴霧スプレーを買ってきて、何秒か巣に向かって噴射すればハチはバタバタと落下する。殺虫スプレイの威力と、生き物を殺す行為の複雑な感情が交差し!玄関先に危ない虫が

  • プールで凉を

    ここらの夏休みは27日から。最高気温33℃近くになり、孫の希望でプールを設営する。冷たかった水もプールの中でじきにぬるくなり、はじめは水のかけっこや水鉄砲でキャーキャーとお騒ぎ。そのうち潜水したり行水したり気持ちよさそう。じいじも入りたい気分だが人の目もあるし?プールで凉を

  • 田んぼの中のきれいな花

    特徴のある葉と白い花、田んぼの中で一番きれいな花オモダカ。水田除草剤が効かないと沢山発生し、稲より大きくなり手で取ることになる。おかげに家の田んぼには無いので、他所の田んぼのオモダカを見つけては写真を撮る。田んぼの中のきれいな花

  • 市田柿の摘果を始める

    お天気が悪くて出来なくて遅れ遅れの仕事、市田柿の摘果をようやく始める気に!今年は裏年着果は昨年よりかなり少ないが、木によってはびっしり実が付いているものがある。普通多くついた実は生理落下で落ちてくれるのだが、どういうことかあまり落ちていない、ハサミで余分な実を一個一個落としていく。中にはこんな奇形の実も沢山ある。アスパラ作業の合間の仕事だから、幾日掛かることやら?市田柿の摘果を始める

  • 変形アスパラ6

    今日の天気予報は晴れて暑くなるとのことだったが、きれいな朝焼けの後曇り空。以前に変形アスパラで双頭の物を紹介したが、今日の中できれいに分かれた双頭のアスパラが取れたのでアップする。どうしてこうなるのかは分からないが、一年で5~6本位発生する。変形アスパラ6

  • 変形アスパラ5

    梅雨のような毎日、お天気のことだから仕方が無いが文句も言いたい所だ。しかし穏やかに降るだけで豪雨災害が無いだけはありがたいと思いたい。こんな天気だからアスパラの収穫量も増えず、さらに曲がり扁平空洞などのB級品が多くなった。これから増えてくるのが写真のように太めのずんぐりしたアスパラが、7~8cmで爆発爆裂してしまう。変形アスパラ5

  • 我が家の花火大会

    2歳の孫に合わせれば、手持ちの安全な花火となる。閃光花火や手に持って安全な花火になる。午後8時それらの花火を順々に火をつけて、その燃え尽きりまでの花火の命をかみしめる。家族でのささやかな夏の夜の楽しみになった?孫も喜んでくれて!我が家の花火大会

  • 我が家の花火大会

    2歳の孫に合わせれば、手持ちの安全な花火となる。閃光花火や手に持って安全な花火になる。午後8時それらの花火を順々に火をつけて、その燃え尽きりまでの花火の命をかみしめる。家族でのささやかな夏の夜の楽しみになった?孫も喜んでくれて!我が家の花火大会

  • 変形アスパラ4

    九州や宮城で豪雨災害があり、そしてコロナ感染者が急増する日本、今まで他人事のような感覚だったがそのうち我が身にもとても心配!雨続きの毎日でアスパラの収穫量も減ってきている。そんなアスパラの中にこんな形のものが!変形アスパラ4

  • 夏祭り打ち上げ花火

    コロナ過につき今年も夏祭りは中止とし、その代わりに午後8時から5分間の打ち上げ花火が行われた。雨降りにて花火が上がるのか心配したが、煙火屋さんが準備を始めたので安心し。家の前200mの田んぼの中から、約20発とスターマインが打ち上げれ小さい花火大会?だったが堪能できた。夏祭り打ち上げ花火

  • 今夏一番初めの花火祭り

    毎年七夕に富士山稲荷神社むぎわら祭りに花火が打ち上げられる。昨年はコロナ過で少しの打ち上げ花火だったが、昨夜は75分間盛大に打ち上げられた。いつもなら梅雨の時期にて雨の中の花火が多かったが、昨夜は上弦の月も出て涼しい風もあって最高の状況かと。かつては麦わらを持ち寄り松明を作り、その煙で疫病害虫除けをし、無病息災五穀豊穣を祈る祭りとなっているらしい!家の下の田んぼで写真を撮ってみるが。今夏一番初めの花火祭り

  • 小玉スイカの立体栽培を

    高温とお湿りがあって雑草が瞬く間に大きくなった。自家用野菜畑は、手入れが出来ず雑草がはびこってえらいことに。マルチや防草シートなどをしているが、畑全面これらのシート掛けをしなければと思うように。さて今年初めて小玉スイカの立体栽培というのか空中栽培というのか、ネットを張って仕立ててみる。スイカが大きくなれば落下の危険があるので、玉ねぎの赤いネットを利用して保持をする。大分大きくなってもうじき食べれるようになると思うが、その収穫時期の判断に迷う。叩いて音を聞いたり、茎や巻つるの色などで判断しようとするが難しい。食べごろと思ったら思い切って包丁をいれようか?小玉スイカの立体栽培を

  • 戻り梅雨に?

    連日の猛暑が一転、しとしととありがたいお湿りの雨。しかし台風4号の進路も心配なところで、大雨洪水の被害が無ければいいが?予報では今週は雨マーク、気温も下がって過ごし易くなるがじめじめとうっとうしい。写真は雨前の空。戻り梅雨に?

  • 連日の猛暑に

    記録的な梅雨明けの後には、これまた記録的な猛暑。当面雨の降る気配が無く、猛暑が続きそうだ。農作業中の熱中症に警戒をしなければ!そして新型コロナ感染者が段々と増加していることが心配。写真は天竜川の鯉、涼しげに泳いでいるが、自分も水の中に飛び込みたい気分だ!連日の猛暑に

  • 気持ちが悪いほどの 朝焼け

    アスパラの防除作業のため早起きをすれば、北東の空一面燃えたぎるような朝焼け。朝焼けは天気が崩れるの如く、昼頃には雨が落ちてくる。しかしわずかな雨で安堵、せっかく防除したんだから薬剤が雨で流れるのが心配だから。予報では雨マークが続いていたが、最新予報では連日晴れマーク?梅雨は近いうちに上がってしまうんだろうか?水不足や電力不足にならなければよいが!気持ちが悪いほどの朝焼け

  • 変形アスパラ3

    この地方湿気のある暑さを感じたが最高気温32℃位、他所では国内最高気温は40℃を超えたところがあったようで今年の夏はどうなるんだろうかと心配に!午前中野菜の除草作業をしていたが、大汗かいてフラフラのように。これが熱中症の一歩前と判断し作業を中止し涼しい所へ。写真は平べったいアスパラ、時々出てくるのだが?変形アスパラ3

  • 変形アスパラ2

    早朝アスパラ防除の予定だったが、空模様が悪くじきに降ってきそうな気配。大分迷ったが防除中止と決断すると、間もなく雨が降り出した。この時期こう言う判断を迷うことが多い、明日も雨の予報だが?アスパラも時々変わった形のものが出てくる。これはまっすぐ伸びてこれずに、蛇のようにとぐろを巻いたような形に。白いのは土の中にあったために!変形アスパラ2

  • 魚取りに興ずる

    早朝田んぼの見回りに行けば、排水路が干されて魚がピチピチと動き回っている。慌てて家から網とバケツを用意し魚取りを楽しむ。上流には魚の養殖場があり、そこから逃げ出したアマゴやニジマスだ。大部分は10~20cm位のサイズのアマゴ、干されて溜まった浅い水溜まりにて簡単に捕らえることが出来て!20匹位捕まえただろうか?どう料理をして食したらいいのかと思案?魚取りに興ずる

  • 夏至

    昼間が一番長い日、長時間農作業が出来るとき。と言っても体力が持たないから、休み休みの作業で水分を補給しながら熱中症に気を付けて!モグラが活動期に入ったのかあちこちで、もこもこと土が盛り上がっている。3ヶ所捕獲器を仕掛けると、1匹捕獲出来た。今季5匹目、さらに捕獲器を増やして5か所にセットする。明日楽しみ!そして今年は蛇を見る機会が多い。あまり好きではないが、好奇心でカメラを持って近づいている!夏至

  • 雨空が続く前に

    アスパラガス栽培の中でも大変な、そして重要な作業が病虫害防除である。一番はお天気状態、天気予報を何回も確認し、目視で雲の具合を見て風の向きと強さ等でするしないを判断する。出来れば風の無い涼しい早朝にと思う。防除作業では完全防備の支度で、カッパゴム長ゴム手マスクを着用にてこの陽気だから大汗をかいての作業になる。辛いのはあせもが出来ること。何とか楽に簡単に出来る方法は無いものかと??雨空が続く前に

  • 水稲直播2

    この水田は播種機による直播圃場、写真のように播種機のトラブルだったようで何条も生えてないところがある。オペレーターは種がちゃんと落ちているのか分からなかったかな~。残念だがちょっと減収になるだろうな!水稲直播2

  • 水稲直播栽培の今

    ご近所でも直播の作付面積が増えてきた。播種機による方法と、ドローンによる播種の方法がある。コーティングされたモミの発芽が割合遅いので、いつ芽が出てくるのか心配をする。耕作者でない者が心配する位だから、耕作者はうまく育ってくれるか大いに心配していると思う。どちらの方法もそれなりに順調に育っているように見える。写真はドローンによって播種された田んぼ。隣の田んぼに配慮したのか、田んぼの端はあまり生えてない。水稲直播栽培の今

  • 久しぶりのきれいな朝焼け

    朝焼けは雨夕焼けは晴れと一般的に言われているが、本当に久しぶりにきれいな朝焼けを見る。今日は天気が悪くなる前にアスパラの防除作業のため、早朝4時半頃外に出れば真っ赤に燃えているような東の空。早起きしたから見れたとなれば、早起きは3文の得ことわざの如く?せっかく防除をしたんだから、今日は降らないでほしいな!久しぶりのきれいな朝焼け

  • 夜な夜な蛍の光を

    毎夜蛍観察に出かけるが、何匹かは見かけるが乱舞する姿は無い。今晩はあいにくの雨、飛べずに草むらで光っている。そんな所を写してみたがピントが合わずこんなふうに。夜な夜な蛍の光を

  • 鯉の恋の時期は終わったようで

    あれから天竜川の緩やかな浅瀬を観察しているが、前に記したような鯉のすれる状態の時は見かけることもなく産卵行動は終わったようだ。自然界の生き物の繁殖活動はこの時期に多くが営んでいる。身近のツバメキジバト田んぼのカブトエビやホウネンエビ、オタマジャクシイネゾウムシ、畑のヨトウムシアブラムシ等、、、すべての生き物がこの時期に?生き残りのバトルが繰り広げている。毎年繰り返される自然の営みはすごいなと感嘆、我々人間も頑張らないと!写真はこの間の産卵の様子。鯉の恋の時期は終わったようで

  • 梅雨入りしたのに

    梅雨入り宣言後、飯田はいい天気に恵まれて!沢山いた田んぼのカブトエビは、今はもう何処にもいない。産卵を終えて短い生涯を終えたのだろうと?写真は元気に背面で泳いでいる姿、なんかエイリアンのような?今は夜な夜な蛍観察に、2~3匹確認出来るのみ。乱舞する時が待ちどうしい!梅雨入りしたのに

  • 梅雨入り

    関東甲信越地方は昨日梅雨入り、九州四国中国近畿を差し置いて例年並みの梅雨入りとなった。普通なら西の方から段々と梅雨前線の上昇と共に、そんな順序で梅雨入りとなるところであったが。温暖化の影響で各地で豪雨災害が大型化し、被害の程度が段々と深刻化しているようだ。今年はそんな災害が無い年であってほしいと思う。農作業も梅雨の晴れ間をぬって進めることに、特に防除作業には特に神経を使って。ハウスのアスパラも収穫量が増えてきた。その中には販売規格に合わない変わったアスパラも出てくる。写真は先端が2つに分かれたアスパラ。梅雨入り

  • モグラ捕獲

    アスパラハウスでモグラが動き出した。早速モグラ取り器(ブリキ筒状の器具)を3か所に仕掛ける。なんと2匹も捕獲出来た。1匹は死んでいたので廃棄し、生きているモグラを鉢に入れて家族に見せる。今回のモグラは最大級クラスでとにかくでかい。よくモグラ取り器の中に入れたもんだと感心する位だ。孫や子供たちは興味を示しじっくり見ている。飼ってみたいと言うが?モグラ捕獲

  • 鯉も 恋の季節

    天竜川の流れのゆるい所に、大きな鯉が幾匹も水面近くを忙しく動く姿がある。中には1mくらいの大きな鯉もいて、浅瀬で7~8匹が群れて水しぶきを上げる。これが鯉の産卵活動と思われるが、初めて見たような気がする。しばしの間見入る。鯉も恋の季節

  • ツバメのヒナが大きくなって

    5羽のツバメのヒナが大きくなってきて、狭い巣の中で羽を広げるしぐさも出てきた。もう幾日かで巣立ちになるかも知れない。毎年2回子育てをして帰っていくのだが、大変な労力感心する。ぼちぼち蛍が出てくる頃、夜な夜な見に行くがまだのようで?これまた楽しみで。ツバメのヒナが大きくなって

  • 今日は写真の日、「風越山を撮ろう」で

    もう何回になるんだろうか?調べたら21回目になるそうだ。6月1日11時11分この時に各地で風越山を撮る企画である。私もこの時間に毎回撮影をしているが、出品したのは最初の7~8回のみ。撮影場所は我が家の田んぼがある天竜川河原、田んぼの土手や天竜川の堤防上が殆どである。だから構図等でちょっとマンネリ化し、ここしばらく出品できずにいる。呼び名も、子どもの頃は権現山と呼び、小学校からはずっと「ふうえつざん」と呼んでいた。ところがこの写真を撮ろうで本来は「かざこしやま」と言うんだと知る。しかし今も言い慣れた「風越山ふうえつざん」とここらでは言い、「かざこしやま」とは絶対言わない。写真は我が家の田んぼから、4日前に田植えをした。今日は写真の日、「風越山を撮ろう」で

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、かいみの田んぼさんをフォローしませんか?

ハンドル名
かいみの田んぼさん
ブログタイトル
かいみの田んぼ
フォロー
かいみの田んぼ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用