住所
-
出身
-
ハンドル名
紫苑ゼミさん
ブログタイトル
弁理士試験合格 紫苑ゼミ
ブログURL
http://shion-zemi.hatenablog.com/
ブログ紹介文
35周年。現在まで85名以上の合格者を輩出。年内は基本書や青本の輪読を中心。近年の試験傾向にマッチ。
自由文
更新頻度(1年)

31回 / 254日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2018/06/08

紫苑ゼミさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 56491 44481 44393 44347 948966サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 9 0 9 18/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 0 0 0 341 252 260 262 8393サイト
弁理士試験 0 0 0 5 5 5 5 125サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 83373 84213 73615 46563 45271 47514 47259 948966サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 9 0 9 18/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 600 595 518 307 295 315 313 8393サイト
弁理士試験 15 12 12 8 9 9 9 125サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 948966サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 9 0 9 18/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8393サイト
弁理士試験 0 0 0 0 0 0 0 125サイト

紫苑ゼミさんのブログ記事

?
  • H31弁理士試験向け論文書き込みゼミ第4回(特・実第2回)2019年2月2日(土)

    参加者:SATさん、MAEさん、MORさん、OKAさん、IKEさん、OOTさん 講師:TAK 学習内容: ・論文書き込み ・論文解説 ・趣旨小問 講評: 今回は、職務発明、共同発明、審決取消訴訟について出題しました。 これらの論点は、文言の定義、解釈などが多いのでよく復習なさってください。 また、審決取消訴訟に関する判例(今回は3つの判例、メリヤス編機事件、食品包装容器事件、高速旋回バレル研磨事件)は、受験生は必ず勉強している判例かと思いますので、ゼミでやった内容をきちんと復習し、自分なりに論文に落とし込める形で定着させてください。 ゼミ中でご質問のあった職務発明における「過去の職務」について…

  • H31弁理士試験向け論文書き込みゼミ第3回(商標第1回)2018年1月19日(土)

    参加者:KOSさん、MAEさん、OOTさん 講師:TAK 学習内容: ・論文書き込み ・論文解説 ・書き込み(当てはめ) 講評: 該当する拒絶理由および拒絶対応について、典型パターンを書いてもらいました。 商標では、商標の類否、指定商品役務の類否と当てはめを行う項目が多いのですが、 丁寧にしっかり当てはめることが重要だと思います。 そのため、今回の午後は、当てはめに特化した問題を解いていただきました。参加者の方はよく書けていたと思います。 特に、条文に沿って当てはめできれば流れよく書きやすいのですが、条文の最初にある要件について、検討が必要な問題もあります。 例えば、4条1項10号「需要者の間…

  • H31弁理士試験向け論文書き込みゼミ第1回(意匠第1回)2018年1月19日(土)

    参加者:TAZさん、UENさん、OKAさん、KOSさん、IKEさん、MORさん、MAEさん、OOTさん 講師:KIT 学習内容: ・論文書き込み ・論文解説 ・再書き込み 講評: 今週はH30年度の意匠過去問を行いました。 参加者の皆さんは一度は見たことのある問題のはずですが、 いざ答案を作成してみると、何を記載すれば良いかをうまく論文にまとめる事が難しい事を実感されたかと思います。 今回は、答案作成後に問題文を参加者で読み、出題者が真に回答してほしいことを討議し、 討議内容を基に改めて各自で合格答案を作成してみました。 討議を通じての気づきも多かったと思いますので、復習の中で自分の記載スタイ…

  • H31弁理士試験向け論文書き込みゼミ第1回(特・実第1回)2018年1月12日(土)

    参加者:SATさん、TAZさん、UENさん、OKAさん、KOSさん、IKEさん、MORさん、MAEさん、OOTさん 講師:TAK 学習内容: ・論文書き込み ・論文解説 ・小問(趣旨問題) 講師コメント: 今年も年明けの論文書き込みゼミが始まりました。 特・実→意匠→商標の週替わり開催で、3月まで各科目4回ずつを予定しています。 今回の問題は、比較的素直な問題で書くべき項目も挙がったかと思いますが、どのようにうまくまとめて論述するかという点が、論文経験者でもうまく整理できていなかったように感じました。 今年一発目のゼミということもありましたので、これから徐々に勘を思い出していただければと思いま…

  • H31弁理士試験向け 年内ゼミ第9回 2018年10月27日(土)

    参加者:SATゼミ長、MAEさん、OKAさん、IKEさん、KOSさん 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」「実用新案、14条の2、14条の3、29条の2あたり」「国際特許出願(184条の3~20)」「意匠の物品」 ・該当部分の青本、審査基準チェック ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・国際特許出願が一見取り組むのが面倒に感じますが、条文を理解できればそれほど複雑なものではないと思います。PCTの19条、34条補正のタイミングを把握しつつ、条文を繰り返し読んでみてください。 ゼミ中での疑問点:外国語特許出願の補正では、なぜ国内処理基準時の経過が必要なのか??(184条の12第…

  • H31弁理士試験向け 年内ゼミ第8回 2018年10月20日(土)

    参加者:SATゼミ長、MAEさん、OKAさん、MORさん、KOSさん 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」「再審」「審決取消訴訟」「罰則」「実用新案」「特許法と実用新案法との違い」「2条の2、6条の2」 ・該当部分の青本、審査基準チェック ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・実用新案は補正の時期が限られています。短答でもよく問われる部分ですので、しっかり覚えましょう。 ゼミ中での疑問点: 特許法18条1項「~その手続を却下することができる」、同2項「当該特許出願を却下することができる」と規定が違うが、なぜか?? ↓ ↓ ↓ 18条2項は、第三者が審査請求をし、その後の補正に…

  • H31弁理士試験向け 年内ゼミ第3回 2018年9月15日(土)

    参加者:SATゼミ長、MAEさん、OKAさん、IKEさん、KOSさん(体験) 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」p. 344-351「変更分割」「補正」「単一性」「職務発明」+「実用新案登録に基づく特許出願」「50条の2」「38条の2~38条の5」 ・該当部分の青本、審査基準チェック ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・審査がどのように進んでいくか流れをつかみましょう。審査基準のフローが参考になります。 ・補正や分割など時期によってできること、が変わっていきます。各段階で何ができるのか(できないのか)を整理しておきましょう。 ・条文には必要なことがしっかり書かれています。…

  • H31弁理士試験向け 年内ゼミ第2回 2018年9月8日(土)

    参加者:SATゼミ長、MAEさん、MORさん、OKAさん、IKEさん 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」p.86-300 「新規性喪失例外」「進歩性」「特許を受けることが出来ない発明」「発明者」「先願主義(審査基準も)」「拡大先願」「出願手続」「請求の範囲の記載要件」 ・該当部分の青本、審査基準チェック ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・条文の1語1語は、それぞれ意味があってその言葉が使われています。趣旨を理解するとその語が使われている理由も見えてきます。29条の2と39条との違いなど趣旨、条文の違いを理解していきましょう。 ・新規性喪失の例外や拡大先願など他の条文と絡…

  • H31弁理士試験向け 年内ゼミ第1回 2018年9月1日(土)

    参加者:SATゼミ長、MAEさん、TAZさん,UENさん、MORさん、OKAさん、IKEさん(体験) 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」p.2-85 「法目的」、「特許を受けることができる発明」、「特許要件」、「新規性」、「進歩性」(青本のみ) ・テトラポット事件 ・該当部分の青本チェック ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・本日から、H31弁理士試験向け年内ゼミがスタートしました。毎回、ゼミ生が担当分野を事前に予習して講義し、質疑に応じるスタンスで行いますが、今回は、全員で輪読をしました。 ・「発明の目的」は全ての内容がここに帰着するものです。今後出てくる項目がどのよう…

  • H30弁理士試験向け 論文試験直前ゼミ第4回全科目 2018年6月16日(土)

    学習内容: ・論文全科目書き込み特実→単一性、国際出願、訂正請求 意匠→秘密意匠、登録要件、移転請求 商標→無効審判、取消審判、訴訟における被請求人の対応 ・答案講評 講師コメント: ・特許については、国際出願がらみについて出題しました。きちんと要件をあてはめるようにしましょう。 ・意匠については、秘密意匠を出題しました。他の意匠特有の規定について、趣旨も併せて確認しましょう。 ・商標については、定番の審判系を出題しました。どの審判が該当するかを割り出すことはそれほど難しくないと思います。丁寧なあてはめを心がけてください。なお、除斥期間の検討を忘れずに! ・今回は論文前の最後の書き込みでした。…

  • H30弁理士試験向け 論文試験直前ゼミ第3回全科目 2018年6月9日(土)

    学習内容:・論文全科目書き込み 特実→特許権の存続期間の延長、異議申立と無効審判との違い、異議申立のメリット意匠→意匠の区分、要旨変更、変更の要件、商標→登録主義と使用主義、不使用取消、侵害、防護標章登録出願・答案講評 講師コメント:・特許については、特許権の存続期間の延長について出題しました。本試験でプラバスタチン事件の出題もあったことから、医療、医薬品がらみのテーマ、判例について再確認しましょう。・意匠については、意匠の区分など審査基準にある趣旨を見直してもらいました。審査基準の要件を列挙し、当てはめも忘れずに。・商標については、商標法の根底にある使用主義と登録主義について記載して頂きまし…

  • H30弁理士試験向け 論文試験直前ゼミ第2回(意・商)2018年6月2日(土)

    学習内容: ・論文(意匠、商標各1問)書き込み (意匠→組物の意匠、パリ優先、侵害(間接侵害)) (商標→商標権の移転、混同防止請求、取消審判、シェトア事件) ・答案講評 ・小問 講師コメント: ・意匠については組物の趣旨を出題しました。意匠固有の出願形式(秘密意匠、関連意匠など)についての趣旨は、青本の記載をベースに完璧に書けるようにしておきましょう。他法に比べれば、覚えるべき趣旨も少ないはずなので、頑張りましょう。 ・商標については取消審判を出題しました。不使用取消審判(50条)は、青本に書かれている趣旨も豊富?ですので、今一度青本に目を通してください。また、他の取消審判の趣旨もサラッとか…

  • H30弁理士試験向け 論文試験直前ゼミ第1回(特許)2018年5月26日(土)

    (諸事情により今回より参加者のイニシャルを記載しないことにします) 学習内容: ・論文(特許2問)書き込み(PCT出願、新規性・進歩性/訂正の請求) ・論文構成(特許2問:法目的、優先権、実施権/間接侵害、先使用権) ・答案講評 講師コメント: ・短答試験を受験された方、お疲れさまでした。自己採点で基準前後よりも多かった人は論文式試験に向けて早めに論文モードに切り替えましょう。短答とは頭の切り替えが必要になると思います。 ・まずは青本の趣旨を確認しておきましょう。条文・青本が一番基礎になるものです。趣旨のキーワードが出てこないと本番での苦戦は免れません。 ・(あてはめについて)ポイントだけでな…

  • H30弁理士試験向け論文書き込みゼミ第3回(商標第1回)2018年1月20日(土)

    参加者:OOBさん、KIT(Y)さん、TAZさん、UENさん、SATさん、MORさん、OKAさん 講師:TAK 学習内容: ・論文書き込み(H21商標) ・論文解説 ・答案構成 テーマ: ・不使用取消審判、不正使用取消審判 ・金銭的請求権 ・地域団体商標 講師コメント: 商標は商標と商品/役務との関係もあり、事案が複雑になることも多いです。 しかし、落ち着いて答案構成をすれば問題の状況を必ず把握できるはずです。 また、拒絶理由として挙げられる条文は決まっているand所定のパターンであることが多いので、反射的に根拠条文を挙げられるようにしましょう。 青本の趣旨の確認も忘れないようにしましょう。

  • H30弁理士試験向け論文書き込みゼミ第2回(意匠第1回)2018年1月13日(土)

    参加者:OOBさん、KIT(Y)さん、TAZさん、UENさん、SATさん、MORさん 講師:KIT(A)さん 学習内容: ・論文書き込み(H29意匠) ・論文解説 ・再書き込み 講師コメント: 平成29年意匠の第1問は何を記載すべきかについて戸惑ったかと思います。 審査基準や青本の定義をそのまま記載するのではなく、一旦、出題者が一番聞きたいことは何かを考えた上で、それに答える記載を心がけてください。

  • H30弁理士試験向け論文書き込みゼミ第1回(特・実第1回)2018年1月6日(土)

    参加者:OOBさん、KIT(Y)さん、TAZさん、UENさん、SATさん、OKAさん 講師:TAK 学習内容: ・論文書き込み ・論文解説 ・小問(趣旨問題) 講師コメント: 今年も年明けの論文書き込みゼミが始まりました。 特・実→意匠→商標の週替わり開催で、3月まで各科目4回ずつを予定しています。 今回は出願~権利化までの問題について全文書きを行いました。 論点・要件を全て挙げられるのがベストですし、そのための練習として書き込みゼミであるのですが、きちんと論点・要件を挙げるのは容易でありません。また、自分一人では、自分の答案の足りない部分を見つけるのは難しいと思います。 そこで3月までの書き…

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第15回 2017年12月9日(土)

    参加者:MAEゼミ長、MORさん、OKAさん、KIT(Y)さん 講師:HUJ 学習内容: 青本 商標:55条~(防護標章、マドリッド他) 判例:エマックス事件 ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・防護標章、マドリッドとも、通常の商標登録出願とは異なっている部分がどこか理解しましょう(異なっているのには理由があります!)。リスト化するのもアリです。 ・マドリッドについては言葉の定義をしっかりと理解しましょう。 ・本日で特実、意匠、商標を一通り学習しました。終盤では、特許法や意匠法の趣旨の言葉が出てくる等、内容の理解が進んできたと思います。年明けの論文書き込みでより正確に出力できる…

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第14回 2017年12月2日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、OKAさん、TAZさん、KIT(Y)さん、SATさん 講師:HUJ 学習内容: 青本 商標:36条~54条 ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・商標権侵害に関わるところには、さまざまな判例が出ています。条文がベースにあることは間違いありません。そのうえで、裁判で判断されたことをしっかりと理解してください。 ・条文の文言の意味していることをじっくりかみしめてください。答えの大部分は条文中にあります。 ・商標法では取消審判があります。各審判の要件の違い、無効審判との違いを理解していきましょう。 講師HUJ

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第13回 2017年11月25日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、OKAさん、TAZさん、KIT(Y)さん、SATさん 講師:HUJ 学習内容: 青本 商標:18条~35条 ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・1つのテーマから関連する事項や条文まで広がるいい議論ができたのではないでしょうか。お互いに議論する、質問しあうことで理解は格段に深くなります。青本の言葉を使うにはやはり「覚える」という部分も必要かもしれませんが、内容を把握していれば覚える労力もかなり減ると思います。 講師HUJ

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第12回 2017年11月18日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、OKAさん、TAZさん、KIT(Y)さん、SATさん 講師:HUJ 学習内容: 青本 商標:7条~17条の2 商標:[商標法審査基準]7条~ ・判例:eAccess事件 ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・創作法である特許法等と競業秩序法である商標法とは、目的、条文構成、要件等が異なってきます。異なったところが大きなポイントになっている、異なっている理由に本質が隠れているように思います。違いを意識していきましょう。 ・地域団体商標とは何か理解しましょう。条文を見てイメージがわくようになったらかなり理解が進んでいると思います。あの手こ…

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第11回 2017年11月11日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、OKAさん、TAZさん、KIT(Y)さん 講師:HUJ 学習内容: 青本 商標:3条~6条 商標:[商標法審査基準]3条~6条 ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・今日から本格的に商標法に入ります。特許法や意匠法との違いをかみしめながら内容を理解していってください。特に条文や趣旨の文言や言い回しの違いを意識してください。要件が違う、文言が違う、趣旨が違う・・・すべて意味があります。 ・条文はしっかり覚えましょう。 講師HUJ

  • 平成29年度弁理士試験合格発表

    平成29年度弁理士試験の合格発表があり、 紫苑ゼミから、TAKさんが見事合格されました。 本当におめでとうございます!!! 平成29年度弁理士試験合格発表 | 経済産業省 特許庁

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第10回 2017年11月4日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、SATさん、OKAさん、TAZさん、KIT(Y)さん 講師:KIT(A) 学習内容: ・青本 意匠: 2条,3条,8条,9条の2,10条,14条,関連・秘密意匠,26条 利用・抵触+[S46.12.22 大阪地裁判例 学習机事件],29条の2, ・意匠:[意匠法審査基準]P123~:「画像を含む意匠〔2条2項〕」,「補正〔60条の3〕」,「分割〔10条の2〕 変更〔13条〕 PCT出願の変更〔13条の2〕 補正後の新出願〔17条の3〕」,「パリ優先」「審査の進め方」,「特徴記載書〔施規6条〕」 ・青本 商標:1条 ・質疑応答又は全員で検討(随時) …

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第9回 2017年10月28日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、SATさん、OKAさん、TAZさん、KIT(Y)さん 講師:KIT(A) 学習内容: 特許:青本 「PCT国内段階」184条の3~184条の20 意匠:[意匠法審査基準]P1~P122・・・「図面・願書〔6条〕」,「工業上利用〔3条1項柱書〕」,「新規性〔3条1項1・2号〕」,「類似〔3条1項3号〕」「創作非容易性〔3条2項〕」,「先願意匠の一部と同一又は類似の後願意匠の保護除外〔3条の2〕」,新規性喪失の例外〔4条〕,意匠登録を受けることができない意匠〔5条〕,一意匠一出願〔7条〕,先願〔9条〕,部分意匠 〔2条1項〕,組物〔8条〕,関連意匠〔1…

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第8回 2017年10月21日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、SATさん、OKAさん、TAZさん 講師:KIT(A) 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」p606-701 「訂正」、「審判手続一般から」、「再審」、「特許争訟」、「特許刑事法」、「実用新案制度」、「制度の存続・保護対象」、「方法的記載」 ・該当部分の青本チェック ・青本・・・2条の2, 6条の2,12条, 14条の2, 14条の3, 29条の2, 29条の3, 30条(特103条非準用),54条の2 ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・補正と訂正について、ゼミで整理した内容を基に、一致点と相違点を自分でも整理し、論文でも書け…

  • 平成29年度 口述模試 2017年10月10日(火)

    受験生:TAKさん 本年度(H29)の論文試験合格者を対象に口述模試を行いました。 本番まであとわずかですが、ラストスパート頑張ってください! 紫苑ゼミOBの先生方、平日のお忙しい中お集まりいただき、本当にありがとう ございました。 講師KIT(A)

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第7回 2017年10月14日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、SATさん、OKAさん 講師:KIT(A) 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」p565 606 「実施権」、「先使用権等」、「質権,存続期間等」、「審判」 ・該当部分の青本チェック ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・独占的実施権や先使用に係る通常実施権は頻出分野ですので、判例を暗記するのではなく、その事例に合わせて、問題点を明確にし、その事例に合わせた論述が出来る様、心掛けて下さい。 講師KIT(A)

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第6回 2017年10月7日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、SATさん、OKAさん 講師:KIT(A) 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」p441 576 「特許権の効力の例外」、「技術的範囲」、「特許権者の義務」、「共有、移転(移転請求権を含む)」,「実施権」 ・該当部分の青本チェック ・青本 105条の4~7 秘密保持命令 ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・均等論や特許請求の範囲の解釈の問題が生じる背景を1条、2条等との関係において、何が問題なのかをしっかりと理解できる様、復習をして下さい。 講師KIT(A)

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第5回 2017年9月30日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、SATさん、OKAさん 講師:KIT(A) 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」p227-242 p.456-482 「職務発明」、「間接侵害」、「特許権侵害」、「侵害に対する防御方法・和解」 ・該当部分の青本チェック ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・職務発明の制度の改正前に問題となっていた事例(共同研究に伴い生じた共同発明等)について、何条の問題かを説明できる様にする事で、当てはめの練習にもなります。しっかりと復習をしてください。 ・利用は頻出分野ですので、何条に基づき、特許発明が実施出来ないのかを正確に理解して下さい。 …

  • H30弁理士試験向け 年内ゼミ第4回 2017年9月23日(土)

    参加者:MAEゼミ長、UENさん、MORさん、SATさん、OKAさん 講師:KIT(A) 学習内容: ・「特許法概説(第13版)」p227-242 p.395-441 「職務発明」、「審査主義、出願公開」、「審査請求」、「審査手続」、「特許権」 ・該当部分の青本、審査基準チェック ・質疑応答又は全員で検討(随時) 講師コメント: ・35条の改正の目的となった旧法の課題(二重譲渡、共同発明に係る権利の取扱い)について、何が問題となるかについて、関連する条文との関係をしっかりと整理して復習して下さい。 ・特許権は、論点の多い分野ですので、特許法概説や青本に挙げられた論点について、何が問題となるのか…