searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
競馬解読教室
ブログURL
https://ameblo.jp/keiba7723261/
ブログ紹介文
中央競馬の重賞競走、特にGIを中心に、ラップ分析、データ分析、追切診断等を駆使して予想します。
更新頻度(1年)

141回 / 365日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2018/05/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、7723261さんの読者になりませんか?

ハンドル名
7723261さん
ブログタイトル
競馬解読教室
更新頻度
141回 / 365日(平均2.7回/週)
読者になる
競馬解読教室

7723261さんの新着記事

1件〜30件

  • 2020 菊花賞(予想と買い目)

    今年の菊花賞の見どころは、誰が見てもコントレイル!先週のデアリングタクトに続いて、今週も無敗三冠なるか!?という一戦。コントレイルという馬は、出遅れて前が詰ま…

  • 2020 菊花賞(追い切り)

    2週連続無敗の三冠馬が生まれるか否か。見どころの多い菊花賞である。今年の18頭の追い切りをみて、直感的に素晴らしいと感じた馬が3頭。良い!と感じた馬が3頭いた…

  • 2020 秋華賞(予想と買い目)

    紫苑Sが重賞に格上げになってから4年間の秋華賞の勝ち時計と前後5Fのラップは以下のとおり。 2019年 58.3=61.6(-3.3秒)2018年 59.6=…

  • 2020 秋華賞(オークスの読み方)

    今年のオークスの勝ち時計2:24:4(72.5=71.9)は、近年のオークスの勝ち時計としては、まあ標準的なレベルだろう。しかし、馬場状態を加味すると、決して…

  • 2020 秋華賞(ローズSからの狙い馬)

    ローズSは秋華賞の最重要ステップレース・・・だったのだが、最近は地盤沈下が著しい。過去4年の連対馬8頭中、前走がローズSだったのは次の3頭。 2018年 ③着…

  • 2020 紫苑Sからの狙い馬

    秋華賞の傾向は、紫苑Sの重賞格上げとともに、大きく変わった。かつての紫苑S組は、秋華賞では自動的に「消し」で良かったが、今や紫苑SはローズS以上に秋華賞の重要…

  • 2020 府中牝馬S(予想と買い目)

    今年の府中牝馬Sは8頭立て。東のエリザベス女王杯のステップレースとしては、やや淋しい印象は否めない。それでも、今年の府中牝馬Sは少数精鋭の一戦であり、メンバー…

  • 2020 秋華賞(追い切り)

    秋華賞の追い切りからは、次の7頭をピックアップした。栗東坂路からは、ミヤマザクラ、オーマイダーリン、栗東CWからはリアアメリア、ダンツエリーゼ、美浦南Wからは…

  • 2020 秋華賞(近年のレース傾向)

    この秋華賞というレースは、基本的に春の既成勢力が強いレースである。過去10年の秋華賞①~③着馬計30頭のうち、桜花賞にもオークスにも出走経験がなかったのは、次…

  • 2020 スプリンターズS(追い切り)

    今年のスプリンターズSは、例年に比べると、出走馬の好不調がハッキリした組み合わせであるように思う。ゆえに、追切の狙い馬としてピックアップする馬も、敢えて5頭に…

  • 2020 神戸新聞杯(予想と買い目)

    皐月賞とダービーの結果をふまえれば、中心は◎コントレイルで問題ないだろう。左回りは上手だし、距離の2200mも守備範囲。この条件で同世代が相手なら、たとえ仕上…

  • 2020 神戸新聞杯(追い切り)

    神戸新聞杯というレースは基本的にカタイ重賞であり、過去10年を見ても1番人気が7勝しており、残る3年も勝ったのは2番人気又は3番人気の馬。人気薄馬は2着はあっ…

  • 2020 セントライト記念(予想と買い目)

    今年のセントライト記念は12頭立てとやや寂しい出走頭数となったが、メンバーレベルは悪くない。東の菊花賞トライヤルとして、頭数は少なくても、白熱したいいレースを…

  • 2020 ローズS(予想と買い目)

    ローズSというレースは、夏の上り馬よりも、春の実績馬が強いレース。前走500万勝ちのラビットラン(2017年)がモズカッチャン(樫2着)に勝ったり、同じく前走…

  • 2020 ローズS(追い切り)

    今年はオークス馬不在の組み合わせになったが、秋華賞の最重要ステップレースだけあって、夏の上り馬を含めて、なかなか良いメンバーが揃ったやに思う。フルゲート18頭…

  • 2020 セントライト記念(追い切り)

    今年のセントライト記念は12頭立て。やや寂しい頭数となったが、皐月賞3着馬、弥生賞優勝馬、青葉賞2.3着馬が出走を予定しており、メンバーレベルはマズマズだと言…

  • 2020 セントウルS(予想と買い目)

    セントウルSというレースは、毎年、サマーシリーズを使ってきた馬と、スプリンターズSを目標にした休み明けの馬との対決となる。過去の傾向を見ると、あのロードカナロ…

  • 2020 セントウルS(追い切り)

    スプリンターズSの最重要ステップレースであり、例年好メンバーが集結するレースだが、今年のメンバー・レベルはもう一つ。例年に比べれば小粒な印象は否めない。短距離…

  • 2020 紫苑S(予想と買い目)

    牝馬三冠レース「秋華賞」のステップレースとして創設された紫苑Sは、創設当初は活躍馬を輩出できなかったものの、2016年に重賞に昇格してからレースの性格が一変。…

  • 2020 紫苑S(追い切り)

    明日の中山のメインレースの紫苑Sは、秋競馬の開幕戦を飾る難解な牝馬限定戦。基本的に荒れるレースであり、実績よりも調子を重視する必要があると言えるだろう。今回、…

  • 2020 アイビスSD(予想と買い目)

    直線1000mがあるのは新潟だけ。そして重賞競走はアイビスSDだけなので、必然的にこのレースはリピーターが多くなる。そういう意味からいえば、昨年のこのレースの…

  • 7/26 今日の勝負レース(新潟)

    アイビスSDの資金稼ぎは新潟7Rだ。本命は◎ヴァシリアスだ。前走はゴール直前でキングウイダムウィナーに差されたが、Hペースを先行し、直線では先に抜け出したシャ…

  • 7/25 今日の勝負レース(新潟8R)

    今日一番自信のあるレースは新潟8Rの1勝クラスのダート1800m戦。◎ノストラダムスで男なら勝負だ!道悪のダートだったとはいえ、上り3F37.8は速い。前走は…

  • 2020 アイビスSD(予想と買い目)

    アイビスSDの追い切りで動きが良く見えたのは次の7頭である。まず栗東坂路から3頭挙げておく。イベリスは単走で4F54.2-39.0-24.9-12.2をマーク…

  • 2020 中京記念(予想と買い目)

    今年の中京記念のポイントは2つある。1つ目のポイントはコース変わり。連続開催の阪神競馬場の行われる以上、軽いスピードタイプではなく、重い馬場を苦にしないような…

  • 2020 中京記念(追い切り)

    今回、追い切りの動きが目立ったのは次の6頭。まず栗東CWコースからは、6F83.4-67.2-51.8-37.8-12.1を記録したエントシャイデンと、6F8…

  • 2020 函館二歳S(予想と買い目)

    前記24頭中、該当馬は次の7頭である。2015年 メジャータイフーン(0.7秒)36.6=34.8函館二歳S 2着 2014年 アクティヴミノル(0.8秒)3…

  • 2020 函館二歳S()

    2歳馬の最初の重要戦。将来性よりも完成度、底力よりもスピードが必要とされるレースである。競馬において、競走馬の完成度」と「スピード」を測る指標はいろいろあるが…

  • 7/18 今日の勝負レース(函館10R)

    今日のメインレース、函館二歳Sでガッツリ勝負するために、今日は函館10Rの湯浜特別でメインレースの資金を稼ぎたいところ。ここは穴狙いになるが、◎エヴァキュアン…

  • 2020 函館2歳S(追い切り)

    函館二歳Sは2歳最初の重賞。2歳重賞は、その時点での調子や仕上がり度が勝敗を決めやすいため、調教診断は非常に大切。出走馬の追い切りをジックリ見させてもらったが…

カテゴリー一覧
商用