searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

修農日誌さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
修農日誌
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yhotta5
ブログ紹介文
暗中模索の農業体験
更新頻度(1年)

59回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2018/05/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、修農日誌さんの読者になりませんか?

ハンドル名
修農日誌さん
ブログタイトル
修農日誌
更新頻度
59回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
修農日誌

修農日誌さんの新着記事

1件〜30件

  • ソラマメにもうアブラムシ!

    ソラマメの半分くらいに元気が無い。寒さにやられたのかなと思いながら1株ずつ見ていくと、比較的元気な株の新芽の部分にアブラムシが群がっていた!アブラムシがつくと言うことはそんなに寒くないのかな?葉の上はうっすらと乾いた土埃に覆われていて、確かに最近雨が降っていない気がする。アブラムシには耐えられる程度の気温が続き、アブラムシが嫌いな雨が降らず、天敵であるテントウムシには寒すぎるこのタイミングを逃さず行動を開始したのかも…。まだ、手に負えない程の数では無かったので、1株ずつ丁寧に手で除去し、支柱を立てて金銀テープを張ってみた。ソラマメのアブラムシ今日の収穫ソラマメにもうアブラムシ!

  • 21畑の仕事始め

    正月から出遅れてしまったけれど、今年になって始めて畑に行った。畑の野菜達には、どれも薄く霜がかかっていて、虫除けに置いていた黄色のバケツの水は底まで凍っていた。年末年始にかけて強風の日があったのか、ソラマメに風除けとして設置していた肥料の袋がいくつも飛ばされてしまっていた。ホウレンソウはピタリと紙面に張り付いていたけれど元気に育っているようだ。今年初めての仕事は、風で弱っているように見えるタマネギの土寄せ。800本以上のタマネギ1本ずつに「大きくなれよ」と願いをこめて土を寄せた。地面に張り付いた紫ホウレンソウ土寄せしたタマネギ21畑の仕事始め

  • 畑の仕事納め

    いよいよ年の瀬。正月料理に使う野菜を採りに畑に行った。午前中は雨が降っていたけれど、少し湿っている程度でぬかるんでいなかった。ここ数日暖かかったので霜も降りていないのかもしれない。ハクサイは皆きれいに結わえてあった。相変わらずKKさんは仕事が丁寧だ。鍋用に1つ収穫!今年も1年間、お世話になりました。新型コロナウィルス対策のためのディスタンスや夏の猛暑には参ったけれど、いろいろと勉強になりました。来年また良い展開が出来ますように!結わえたハクサイ今の畑の様子今日の収穫畑の仕事納め

  • ピーマンを撤去

    今日、畑に行ったら全体的に萎れた感じになっていた。トマトは今にも赤くなりかけていた実が鈴なりにできていたのに、それらが全てブヨブヨの茶色になり、茎や葉も茶色くしんなり!ピーマンやトウガラシも、実は相変わらずかなり付いていたけれど、成っている実がいずれも収穫した後しばらく放置していたもののようにブヨブヨで、茎や葉はトマトほどではないものの、いずれもしんなり!この一週間は、雪こそ降らなかったものの急に寒い日が続いたので、霜にやられてしまったのだろう。長らく楽しませてもらったピーマンもいよいよお終いになってしまった。来週はもう今年最後の週末も迫っているという時期なのでしかたがない。残っていたピーマン8株、万願寺トウガラシ2株、パプリカ2株、日光トウガラシ2株を全て撤去した。ほぼ半年間ありがとうございました。ハクサイや...ピーマンを撤去

  • ナガイモ掘り

    霜が本格的に降りる前にナガイモを掘り出しておこうとSさんが言い出して、急遽ナガイモ掘りをした。もう茎は枯れてしまい、どこに芋があるのかわからなくなっていたため、まずは園芸用の移植ゴテで地表付近を10cm程度掘り起こし、芋の頭を探索。はじめてのことで、予習もしてこなかったため、またSさんがどのように芋を植えたかもわからないため、芋がどんな方向に、どんな形で、どのくらい伸びているのかまったく見当が付かない。まず1本目は、芋の頭を見つけたら、そこから半径50cm位のところからおそるおそる移植ゴテで掘り進み、芋の周辺は手で土を取り除きながら芋が伸びている方向を見極め、さらに掘り進むという作業を進めた。どうやら真下に延びているようで、一升瓶のように頭の部分は細いけれど、じわじわと太くなっているようだ。しっぽの部分はどうな...ナガイモ掘り

  • ヤツガシラの収穫

    伸び伸びになっていたヤツガシラを一部収穫した。とりあえず2株…ヤツガシラは霜が降る前に収穫しろと言われていて、本来ならばもう遅すぎるのだけれど、今年はまだ霜が降るほど寒くなっていない…と、思う。でも、ズイキをとるにはやはり遅すぎたか、少し萎れかけた茎が多くなってしまった。でもそれなりの本数があり、2株とはいえ皮をむくのが大変そうだ。掘ってみると…子芋は小ぶりだったけれどかなりの数が付いていた。正月に皆で食べられるかな。今日の収穫ヤツガシラの収穫

  • ネギの定植

    昨日の夜Sさんから、頼んでいたネギの苗がやっと届いたので植えに来られないかとの連絡があり、この時期にネギ?と思いながらも今日畑に行くつもりだったのでOK!調べるとこの時期に定植するネギは初夏採りというもので、6月下旬から7月上旬に収穫するものらしい。120本位という事だったので、2畝作って植え始めたら大幅に余り、急遽もう1畝作った。後で数えると概ね300本以上!藁が無かったので、とりあえず乾燥させたトウモロコシの茎を敷いておいた。移植して枯れたと思っていた聖護院ダイコンは、なんとか持ち直したようだった。ニンニクも芽が出てきた。ブロッコリーも頂花蕾が大きくなってきたし、ハクサイもしっかり結球している。いろいろと順調に育っていると思っていたら、キャベツの葉が穴だらけ。中にはスケルトンの状態のものも!じっくりと見てみ...ネギの定植

  • タマネギの植え付け

    畑も落ち着いてきて、作業が少なくなったかなと思っていたら、Sさんがタマネギの苗を用意してくれていたので、急遽タマネギの植え付けをした。今日はSさんは都合が悪いとのことで、とりあえず一人で約850本の苗を植え始めたけれど、このままでは終わりそうに無い。急遽SOSの要請をするとTさんが来てくれた。去年は霜柱でやっと根付き始めた苗が浮き上がり、かなり被害を受けてしまった。今年はこのところ暖かい日が続いているけれど、これからの寒さに備え去年の反省を踏まえて何か対策を講じなければ!タマネギの苗植え終わったタマネギ今日の収穫タマネギの植え付け

  • レタスがアブラムシにやられた

    寒くなってきたので雑草の伸びが遅くなり、やっと畑も落ち着いてきた。…と思っていたら、レタスにびっしりとアブラムシが付いていた。レタスはキク科なので、害虫に強いと思って安心していたけれど、レタスにもアブラムシやヨトウムシ、オオタバコガなどの害虫が付くんだということを初めて知った。まだまだ勉強不足。教わったけどスルーしていたのかも。気がついた所のアブラムシは除去したつもりだけど、まだまだ見落としがありそうだ。レタスに付いたアブラムシ今日の収穫レタスがアブラムシにやられた

  • 立冬

    あれよあれよという間に立冬になってしまった。強烈に暑くてなかなか外での作業が厳しかった時期が終わると長雨の期間が続き、それが終わってやっと秋の気配が感じられるようになると一気に寒くなり、そして立冬。季節の変わり目の判断が難しくて(という言い訳で)夏野菜の撤収が遅れ、結局今年の秋はジャガイモを植えそびれてしまった。来年に向けての土づくりのために雑草に覆われていた区画の除草をすると、収穫後そのままにしていたイチゴが新たな実をいくつも付けていた。放置していたら実を付けていたイチゴ今日の収穫立冬

  • 籾をまく人

    来年への土づくりの第一歩として、収穫が終わった箇所に近所の農家さんからいただいた籾殻をまいた。今日は約200㎡の所に、大きな袋の籾殻を2袋。袋は大きいけれど、籾殻なので見た目ほどの重さは無い。バケツに移して撒いていると、自分の影がミレーやゴッホの種をまく人に似ているように見えて、一人で悦に入ってまいていた。後から絵を見てみると、手の向きは反対だし、もっと颯爽と胸を張って歩いているしで、似ているのは帽子だけ…。まっいいか。籾をまく人作業中の畑籾をまく人

  • ふたたび鳥害

    すっかり秋の気候。更新剪定後もとの大きさ程度まで回復していたナスも、さすがにこの時期になると実の生育が遅くなり、大きくなる前に割れるものも増えてきたので、今日一気に撤去した。モロヘイヤも生育が悪くなってきたので、そろそろ限界かも。一方、来春に向けてソラマメを播種した。今年はあまり鳥害が目立たなかった気がするけれど、今日は撤去前のナスの実に鳥が突いた痕があったり、不織布が裂けていたところにあったレタスの苗がきれいさっぱり喰われていたり、あちこちで鳥にやられたと思われる痕が残っていた。寒くなってきたので鳥もまわりに餌が少なくなってきたのかもしれない。鳥にすっかり食べられてしまったレタス鳥に突かれたナスの実今日の収穫ふたたび鳥害

  • もうすぐハロウィン

    気温もずいぶんと下がってきて、だいぶ秋が深まってきた感じがする。今週末は、いろいろとバタバタしていてなかなか畑に行くタイミングが無かったけれど、ナスなどの追肥もしなければならないので、時間を調整して行ってみた。すると、畑全体がずいぶんとスッキリしていた。たぶんSさんが作業してくれたのだと思うけれど、キュウリやゴーヤがネットごと撤去され、畑のかなりの部分を占めて広がっていたカボチャが一掃されていた。ほったらかしで藪のようになっていたタマネギやニンニクの後もきれいに除草され、草がなくなったことで現れたイチゴには、なんといくつか赤くなった実が付いていた。今まで畑でころがっていた大きなカボチャは、Sさんのトラックの荷台に鎮座していた。ハロウィンまでもう少しだ。畑が広々と空いてきたので、これからでも間に合う野菜、何を植え...もうすぐハロウィン

  • またしてもかすめた台風

    今回の台風も関東直近を通る可能性があったけれど、結局は南の方にターンして、それほどの強風や大雨は降らなかった。でも、野菜達にとってはかなりの痛手があったかもしれないと思い、雨が止んだので畑に様子を見に行った。一見、特に被害は無さそうに見えたけれど、紫パプリカの枝が1本折れていた。折れた枝以外の葉も元気が無かったので、幹自体に何らかのダメージがあったのかもしれない。先週種を撒いたコカブやラディッシュ、ホウレンソウ、聖護院ダイコンなどは、そろって貝割れ葉が出ていた。また、苗を植えたレタスやハクサイなどもしっかりと根付いたようだった。引き続き秋冬野菜をどんどん植えないと時期を逸してしまいそうだけど、今週末は台風のせいで作業が出来なかった。折れた紫パプリカ今日の収穫またしてもかすめた台風

  • 今年も遅ればせながらの播種

    遅ればせながら、今年も10月に入ってから聖護院ダインコン、コカブ、ラディッシュなどの播種をした。去年のブログを見ると、去年も10月2日に行っていて、今年はそれよりも1日遅い。それでもやっと週末に雨が降らない日が訪れ、気温も下がってきたので日中にも作業ができるようになり、今日はダイコン等の播種の他にも、ブロッコリー、レタス、ハクサイの苗の移植も行ったので、今まで畝だけが並んでいた畑が一気に賑やかになってきた。後は、台風などにやられず、順調に育って欲しい。一気にいろいろと植えた畑今日の収穫今年も遅ればせながらの播種

  • かすっても台風

    心配していた雨台風は東に逸れ、たいした雨も降らなかった…と言っても、今年は9月に入って今日まで27日間雨が降らなかった日が無いそうで、いずれにしても畑の湿りは気になる。今日も午後から雨の予報なので、午前中畑を見に行った。雨ばかり気にしていたけれど、かすっただけとは言ってもやはり台風。野菜達にとっては強風だったのかピーマンの枝が何本か折れ、ナスの実にはかなり傷が付いていた。不織布の下のニンジンの種は、風雨にも負けず順調に貝割れ葉が出てきた。秋冬野菜の畝の準備は着々と出来ているけれど、まだ種を植えたのは数種類のみ。ちょっと焦る。ニンジンとシュンギクの貝割れ葉今日の収穫かすっても台風

  • やっと秋野菜の準備完了

    ナスの葉は、あらためて裏をじっくり見てみると、あきらかにハダニだった。さっそく、昨日買った有機栽培で使用しても大丈夫だというヤシ油で作った殺虫剤のアーリーセーフを葉の裏表や新芽の部分に徹底的に噴霧した。改善は見られるだろうか?9月も後半になってしまったけれど、やっと雨が少ない週末ができて、秋野菜用の畝を立てた。でも時間切れで畝を立てるまでで終了。あとは、次に行ける人にお願い。秋野菜用に立てた畝今日の収穫(赤いピーマン)やっと秋野菜の準備完了

  • ナスがハダニにやられた

    ナスの達の畑の一部で葉が白くなっている一帯を見つけた。そこだけ成長が悪い。粉のようなものが付いている訳ではないで、ナスがよく罹ると言われるうどんこ病ではなさそうだ。家に帰って調べてみると、どうやらハダニにやられた状況によく似ている。それも一帯が同じような状況なので、どうやらハダニの卵が孵ったようだ。なるべく早く対策を練らなければ、どんどんと広がってしまうかもしれない。葉が白くなったナス今日の収穫ナスがハダニにやられた

  • 万願寺トウガラシを更新摘果

    更新摘果という言葉があるかどうかわからないけれど(多分ないだろう)、まだ販路が無いので、出来た野菜は消費できる最大量を収穫するしかない状態なので、どうしてもそれ以上の分は枝に残ってしまう。枝に残ってしまうと、それらが栄養分を吸収してしまうし、そのままだと枝に付いたまま熟して腐ってしまったり、虫が集まってしまう。それで、今日は朝早くから畑に行って、万願寺トウガラシにしぼって、枝に付いている実を少々小ぶりなものも含め全て摘果した。これで少しはサッパリ!虫が喰った穴があるものや傷が深いものなどは捨てて、残りは全て会社に持って行って有志に消費を手伝ってもらった。今日の収穫万願寺トウガラシを更新摘果

  • マグワウリ再び

    4月末に植え、美味しい果実を味わった後、7月下旬には茎が全て枯れてしまったので根から抜いて撤去したつもりだったマグワウリが、8月中旬頃に同じ場所から再び芽を出した。時期がずれているので、いずれ枯れてしまうだろうと思いながらそのまま放っておいたら、しっかりとした実がいくつもできていた。このまま色付いて再び食べられる実に育つのだろうか?楽しみ!さすがに、もう秋野菜の植え付けを始めなければと思っていたら、今週末も予報では雨。朝起きると地面は湿っているけれども降っていない。気象レーダーを見てもしばらく大丈夫そうだったので、急いで畑に行った。適期のものを収穫しながら、雨対策で低い枝の剪定を行っていたら、早くも雨が降り出し収穫以外何も出来ずに退散!!このままでは、秋野菜の植え付けが遅れてしまう。撤去後に生えてきたマグワウリ...マグワウリ再び

  • 秋ナスの収穫開始

    先週1つだけなっていたナスが、今日行ってみるとかなり増えてきた。いよいよ秋ナスの収穫開始だ。ナスノミハムシの穴も最近は増えていない。でもまだ油断は大敵、今日も気がついたものはいくつか潰した。なによりも嬉しかったのは、更新剪定後、葉を残した枝が折れてしまい、その後1ヶ月してもまったく何も変化が無く、枯れてしまったかなと思っていた株から脇芽がいくつか出てきたこと。やった!早くみんなに追いついて、たくさんの実を付けてくれよ。秋ナスが出来はじめた今日の収穫秋ナスの収穫開始

  • 更新剪定後の初ナス

    8月も明日で終わり。でも強烈な暑さは続いている。ときどき集中豪雨があるので畑が乾燥しすぎる状態にはなっていない。暑さを避けるために、今日も6時から畑に行ったのだけれど、もう既に暑い!10時を過ぎると危険を感じる。今日は、秋野菜にむけて、畑を測り直して、畝を立て直すための目印の支柱を立てた。ふと見ると、更新剪定した後のナスは、かなり葉が出てきて花も付き始めたと思っていたら、実もいくつか付き始めていた。これからまたしばらくナスの収穫が期待できそうだ。更新剪定後に出来た小さなナス今日の収穫更新剪定後の初ナス

  • 更新剪定後

    8月1日に更新剪定をしたナス達は、3週間経って、ほぼ順調に復活しつつあるように見える。花が付いているものも数カ所あり、覗いてみるとおしべの方がめしべより明らかに長く、状態も良さそうだ。ただ、1本だけ出始めた芽が折れてしまい、その後全然芽が出てこないものがあり、少し心配だ。このまま芽を出さずに枯れてしまうのか?また、出始めた葉に大量の穴を空けていたナスノミハムシは、先日ガムテープで排除したけれど、どうもそれ以降も穴が増えたような気がする。今日もナスノミハムシを探してみたけれど、見つかったのは5匹のみ。どこに隠れているんだか…。復活しつつあるナス達今日の収穫更新剪定後

  • ナスノミハムシ退治

    ネットで調べると、ナスノミハムシ退治は、潰すか、粘着シートで取るか、粘着系の農薬を使うかのどれかのようだった。で、今日は布のガムテープで取ることにチャレンジした。じっと穴の空いた葉を見ると、所々の葉に確かにいた!さっそくガムテープを押しつけると簡単にくっつく。近づけただけでも飛んで逃げようとしてガムテープに触ってくっついてしまうのだけれど、その程度だとその後どうにか粘着から逃れてしまうので、とにかく押しつける!一通り目に付く虫はとったつもりだけれど、穴の状況に対してあまりにも少ない…。どこか別の場所に退避しているのか?2時間ぐらい除草などの作業をした後で、またナスの葉の点検をしたら、新たに5匹くらい見つけた。それでもたった5匹…。これで退治したことになるのか?次に畑に来るときもガムテープ持参でまたチャレンジして...ナスノミハムシ退治

  • ナスノハムシにやられた

    ナスの更新剪定の後、2週間近くでほとんどの枝から新しい葉が広がってきた。…と思ったら、ほぼ全ての葉に小さな穴が無数に空いている。穴の大きさからしてナスノハムシにやられたようだ。探してみたら、数匹見つけて潰した。数匹の仕業だとは思えないけれど、今日は一旦引き上げて対策を練ることにする。今日は、ハクサイ用にトウモロコシの畑の撤去と、畑の周りの除草を一部やったら暑さに耐えきれなくなって撤収。穴が空いたナスの葉今日の収穫ナスノハムシにやられた

  • 秋野菜に向けて

    先週8月1日のブログで、「梅雨の中、なんとか今日は晴れた」と書いたけれど、実はその日が今年の梅雨明けになった。それ以来ほとんど雨は降らず、暑い日が続いていて、今年は梅雨明けは遅かったものの、区切りがはっきりとしている。更新剪定後、急に暑くなり雨も降らなくなったので、ナス達はとまどっているのかあまり変化が見られない。ピーマンはストレス?で、パプリカのようにきれいな赤いピーマンがいくつが出来ていた。今年はキュウリの発育が特に悪い。ここらで、そろそろ春夏野菜から、秋冬野菜に切り替え作業の時期になってきた。これから暑くなるという時で、春夏野菜もピーマンなどまだ大量に実を付けているものもある中で、切り替えのタイミングが難しいけれど、とりあえず今日は、春夏野菜としてホウレンソウやコマツナ、ラディッシュ、ニンジン、ダイコン、...秋野菜に向けて

  • 心を鬼にして更新剪定

    梅雨の中、なんとか今日は晴れた。午前中は用事があったので午後から畑に行って、予定通りナスの更新剪定をした。今年のナスは、暑さでというよりも、長雨や強風にさらされて疲弊していて、畑に行くまでは強剪定と弱剪定を半々くらいにしようかなと考えていたのだけれど、全体的に実の付きが悪くなっていて、みんなサッパリしたそうに見えたので、バッサリすべて強剪定をすることにした。とは言え、実際に始めて見ると、頑張ってかなり大きくなり、小さな実が付いていたり、これから実になりそうな花を付けていたりする枝を元の方からバッサリと切断するのは、何度やっても心苦しい。また元気な芽を出してくれよと念じつつ、今年のナス全30本すべてを強剪定した。その後、マルチを剥がして根の切断と追肥、マルチの張り直しで夕方になった。実の付きが悪くなったと言っても...心を鬼にして更新剪定

  • 雨の中の収穫

    今年は、雨の日が多いような気がする、梅雨もまだ明けない。東京オリンピックの開会式がある予定で組まれた4連休も、初日以外雨続きで、初日に畑に行けなかったので、行くタイミングを逃してしまった。畑の様子が気になるので、とりあえずできる収穫だけでも…と思い、小雨の中畑に行ってみた。でも、畝の間は水たまりになっていて、あまり近づける状態では無かった。そうは言っても収穫適期の野菜達はそれらに関係なく育っているわけで、出来る範囲で収穫した。今年からトライした空中栽培のカボチャも、順調に大きくなっている。ふと横を見ると…、カボチャの棚にスイカがよじ登り、空中栽培のスイカが!頑張れ!空中栽培のカボチャ空中栽培のスイカ今日の収穫雨の中の収穫

  • 長雨のせい?

    連日雨の日が続いている。その合間を縫って畑に行った。湿気が多すぎたせいか、それとも風の影響か、ゴールデンウィークに植えたキュウリはほぼ全滅の状況。手入れはかなりきちんとしていたつもりだったけれど、ほとんどが茶色くなってしまった。一昨年は8月中旬、去年は9月中旬まで実がなっていたのに比べると、今年は早すぎる。今年は、全体的に野菜に元気が無い。ナスやピーマンなどは順調に実を着けているけれど、葉や茎に勢いが無い気がする。風で倒れたりして、たぶん根をちゃんと張っていないのではないかな。ニュースでは、連日野菜が高値になってきたことを報じている。どこの畑も状況は同じか?ラッカセイの花が咲いてきたので、マルチを剥がした。茎元には、マルチの隙間を縫ってすでにいくつも実ができつつあった。ラッカセイ頑張れ!ほとんど枯れてしまったキ...長雨のせい?

  • 強風続く

    今週も、雨と強風の日が続いていた。畑に行ってみると、ゴーヤのネットが崩れ(強風なのか?ゴーヤの重さなのか?)ミニトマトも散乱していた(強風なのか?鳥害なのか?)先週補強したナスやシシトウなどはある程度持ちこたえていたけれど、大きな実は風に揺らされ、かなり傷が付いたり、曲がったりで農家であれば出荷できない状態になっていた。今日は、先週簡易的にしか補強していなかったピーマンを、シシトウ並に補強し、傷ついたナスやピーマン達を収穫していたら、雨が降り出したので退散。崩れたゴーヤのネット散乱したミニトマト今日の収穫強風続く

カテゴリー一覧
商用