住所
-
出身
世田谷区
ハンドル名
なるかみ音海さん
ブログタイトル
音楽と本
ブログURL
http://otominarukami.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ロック、デスメタル、テクノ、クラブミュージックと映画と文学のごった煮ブログ!
自由文
80S〜現代までの様々なジャンル(オルタナティヴロック、デスメタル、テクノ、クラブミュじっく)を雑多に語り、その一方で様々な映画や本について自家中毒気味に記事作成。
更新頻度(1年)

53回 / 455日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2017/10/26

なるかみ音海さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(IN) 53825 55031 55190 0 0 0 0 946627サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 502 506 515 0 0 0 0 12362サイト
SF 2 2 2 0 0 0 0 13サイト
映画ブログ 375 384 384 0 0 0 0 10363サイト
SF映画 4 4 3 0 0 0 0 100サイト
音楽ブログ 763 789 799 0 0 0 0 27814サイト
音楽評論 6 6 6 0 0 0 0 96サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 103627 0 0 0 0 0 0 946627サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 982 0 0 0 0 0 0 12362サイト
SF 4 0 0 0 0 0 0 13サイト
映画ブログ 687 0 0 0 0 0 0 10363サイト
SF映画 9 0 0 0 0 0 0 100サイト
音楽ブログ 1654 0 0 0 0 0 0 27814サイト
音楽評論 14 0 0 0 0 0 0 96サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946627サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 0 0 0 0 0 0 0 12362サイト
SF 0 0 0 0 0 0 0 13サイト
映画ブログ 0 0 0 0 0 0 0 10363サイト
SF映画 0 0 0 0 0 0 0 100サイト
音楽ブログ 0 0 0 0 0 0 0 27814サイト
音楽評論 0 0 0 0 0 0 0 96サイト

なるかみ音海さんのブログ記事

?
  • さすらいのCDやくざ

    別にさすらっている訳ではないのですが、思いつきのタイトルです。 書いてはみるもんで、前回こちらの小説について「読んで」という厚かましいお願いを読者の方に向かって発信したところ、ぱぱぱーっと70くらいのPVがありまして、少し報われました。読んでいただいた方、ありがとうございます。 僕も久しぶりにこちらの小説を読み返してみたら「文体がまんま筒井康隆氏だ」と思って己のオリジナリティの無さに少し落ち込んでしまいました。やはり人称を「おれ」にしたのは失敗だったか。 ついでと言ってはなんですが、こちらの小説も現在PVが止まったママですので、興味を持った方はぜひご一読を。10話くらいまで読むと、一気に面白く…

  • CDやくざ、5枚で300円CDを見つけ欣喜雀躍

    前回に引き続き、バカのようにCDを買い漁るCDやくざとしての活動報告です。 とある中古ショップで5枚三百円という破格のコーナーを発見し、発掘したのがこちらの15枚でした。ようやく全部聴き終えたよ! 年末から年始にかけて40枚近くCD買ってた。でも総額5000円くらい 今日はまずこちらから。 左の宇宙服を着た三人組は数合わせで購入。おそらくトランスがかったエレクトロバンドだろうなと思ったらほぼその通りだった。中にはパンクっぽい曲もあったんだけれど、トランスのちゃらい感じのメロディが多く、途中で聴くのをやめた。まあ、こういうのもあるよね。 真ん中の黒人のおじさんは「CLUB STORIES」という…

  • CDやくざ、鉱脈を発見

    CDやくざとは、新譜を買うお金がないのでアマゾンやブックオフの中古ショップで血眼になって激安CDを探してはバカのように買い漁る、くたびれた中年音楽マニアのことである。 良い音楽なら、新譜も何も関係ないといえば関係ないですから。それにやはりお宝を探す面白さがある。こういうことを僕は何十年とやってきたのでだいたいCDの雰囲気とかで内容がつかめるのだ。まあたまにトンデモないハズレもあるけれども。 さて年末年始にブックオフの280円CDをCDやくざとしてバカみたいに買っていた僕ですが、 いつ聴くのかな この間「お宝鑑定団」的な店へ寄ったところ、なんと洋楽コーナーで5枚300円!という夢のようなコーナー…

  • ザ・キュアー 「JOIN THE DOTS」をようやく購入 

    僕、高校生の時以来のザ・キュアーのファン。もう30年くらい聴いている。 このあたりの記事でしつこいくらいそのことについて書きました 歴史の長いバンドを聴いていると、おのずと好きなアルバムや時期が決まってきます。ザ・キュアーの場合、僕は中期(1980年の終わり頃から1990年の中頃まであたり)の作品が一番のお気に入り。 まあ中期といってもそれがどの時期かなんてほとんどの人は知らないでしょう?アルバムで言えばですね、「THE HEAD ON THE DOOR」 このあたりからすごくなってくる THE HEAD ON THE DOOR-REMA アーティスト: CURE 出版社/メーカー: POLY…

  • 「エスケイプ・フロム・トゥモロー」今頃観た

    以前から気になっていたこちらを先日プライムビデオで400円払って観ました。 四本指バージョンもあるのだけれど、さすがにそれはまずいだろ エスケイプ・フロム・トゥモロー(字幕版) 発売日: 2014/12/24 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る なぜこのような映画に興味を持ったかというと、ディズニーランドに行って思ったことがあったからです。暇な人はこちらの日記で適当に見てください。 スモールワールドがちょっと怖いという話 こちらいくつかある予告編の一つ このオヤジはもっと怖くなると思ったんだけどな www.youtube.com HPからの引用 いろいろダメダメな平…

  • 年末年始に激安CDハンターが跋扈! ルーク・スレーター/パンテラ/電気のラストサパーなど

    思ったよりたくさん買ったので紹介しきれずこのシリーズもやたらと続いてます。 僕、少々個人的に疲れ気味なので、あまり面白いことが書けません。どうしよう。 とりあえず、なんとなく面白そうなフレーズを連呼しておきます。 ムケーレ・モベンベ!ムケーレ・モベンベ! 総数20枚以上を一週間くらいでバカ買い。実はこの他にもまだ買い続けていますがそれは次の機会に 前回紹介記事を書くのに疲れてしまいましたのでその続きです。 とりあえずホーンテッドまでは書きました 中段のサングラスのはげのおじさんはルーク・スレーター。かなりのキャリアを誇る孤高のテクノアーティスト。この人のアルバムは結構好きで何枚か持っているので…

  • 激安CDハンター年末年始大活躍 ブックオフやアマゾンで安安CDを買え!

    前回に引き続き、年末年始でたくさん激安CDを購入した話。 実はもう一枚ジャガ・ジャゼストを買っていたのを忘れていた まずはこちらの四枚。 白黒のビートルのアルバムは一見なんだかわからないでしょ。これも100円コーナーにあったんだけど、僕のスキャナー能力により、これがクラブ系のアルバムであることが判明。ドイツ語でタイトルが書かれているけれども、その下にあった「ライナー・トルゥービー」という名前を僕は見逃さなかった。トルゥビーといえばクラブジャズ界隈ではTRUBY・TRIOとして有名で僕は何枚か彼のアルバムを持っているのです。そういう細かいところは絶対見逃さないぜ! ただ、最初の1・2曲目が知って…

  • 激安CDハンター、年末年始にアマゾンやブックオフで爆買い 1

    その昔、クイック・ジャパンというサブカル雑誌をよく読んでいた。 最新版は千鳥 クイック・ジャパン136 作者: 千鳥 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2018/02/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 今の紙面はよく知らないけれど、あの頃のクイック・ジャパンは編集長の赤田氏の趣味が反映されたかなりアンダーグラウンドな香りが漂っていて 「こんなコアな情報を誰のためにわざわざ出版しているのだろう?僕か?」 と思いながら読んでいた。 今ならネットでいくらでもアンダーグラウンド(というかネットで出ている時点で既にアンダーではない気もするけど)な情報を検索、入手…

  • プライムでデッドマンダウンとトゥームレイダーそしてサザエさん

    プライムでこれらを見て思ったことを書くどうでも良い記事です。 それなりにスターが出ています デッドマン・ダウン (字幕版) 発売日: 2014/03/18 メディア: Amazon インスタント・ビデオ この商品を含むブログ (1件) を見る それなりに面白そう www.youtube.com ネタバレありますよ! ギャングに妻子を殺され自分も死んだと思われていた男がその組織に入ってボスに手の込んだ嫌がらせをしながら復讐の機会を狙う映画。随所にストーリー上の穴が空きすぎていてどうかと思いながら観ました。 そもそもハンガリー移民で技術者のコリンがどうやってあのような度胸と銃のスキルを身につけたの…

  • プライム映画鑑賞数本所感 

    暇つぶしにもってこいのアマゾンプライムビデオ。知らぬ間にどんどんコンテンツが投入され、それを消費する間もない。このところ、とんと映画館にも行くことができず、ほとんど新作映画をスクリーンで見ていない。 そんでいくつかプライムビデオで映画を見ました。僕なりの視点で所感を書きたいと思いますがどうでしょう。まず、タイトルとその評価数で思わず見てしまったこちら。 なんというか、邦題が秀逸 ファイティング・ダディ 怒りの除雪車(字幕版) メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る www.youtube.com ネタバレありますよ、ご注意。 主演は数々の映画で名バイプレイヤーぶりを発揮…

  • ディープフェイクスがSFを超える あと娘のGAPのカーディガンがイイ!

    ディープフェイクスって初めて知った。なんでもAIを使って動画の顔をすり替える技術だそうです。そして今、コンピューター技術は様々な分野で日進月歩だけれど、個人レベルでここまで出来る時代になっている。なんと無理やり映画「SOLO」の顔をハリソン・フォードに入れ替えてしまった。 よほど暇なのか www.youtube.com なぜ過去の「帝国の逆襲」のシーンを使ってルークの顔をニコラス・ケイジやハリソンに入れ替えている。何が面白いのか。 きっとやろとしていることの雛形なんだろうけど www.youtube.com これは人のふんどしで相撲をとっている人の作った動画。すなわちこのディープフェイクスどう…

  • 小学五年生の娘がバンドで歌う、「気になるあの子」

    僕が大学生時代に所属していたバンドサークルの同窓会を兼ねたライブイベントのご紹介という極めて個人的な内容の記事です。初めて来た方、スクロールしちゃいますか?まあまあ、暇なら、よかったらご覧下さい。 前回は僕が30年前からコピーしていたラウドネスの紹介でしたが このイベントの最近の楽しみはもう一つある。それは小学生の娘とのバンド共演だ。 おととしの小学3年生の時に初参加以来もう3回目。初回はTHE JAM、去年はレッチリのキーボードとしてバンドに参加。そうして彼女はヴォーカルの参加もしている(させている)。 こちらが一年前の様子。すぐに一年ってたつ 毎年彼女に歌ってもらっているのは相対性理論。 …

  • 素人ラウドネス30年

    先週12月9日(日)に年に一回の友人たちとの同窓会を兼ねたライヴをやりました。このイベントもなんと20回以上を重ねすっかり年末のイベントとして僕らの仲間内では定着しております。 そうしてこのブログでも毎年ご報告しているわけです。まあ興味のない方から見ればなんのことやらんなんですけど。検索で訪れた方、すいませんねえ。 さてここ2~3年、僕はこのライヴでレッチリをやりつつ、娘のヴォーカルで相対性理論という流れで来ていたのだけれど、今年はいつもお願いしているギターの先輩の都合が悪くなり、どうするか!?となってしまった。 そこで急遽後輩にギターを頼みやることになったのは「ラウドネス」。 レッチリからラ…

  • 群馬県立自然史博物館でエンジンとペッパー

    ようやく最終回です、自然史博物館シリーズ。 常設展があまりに充実しているので僕ら親子は結構くたくた。でも企画展もあるのでせっかくだから気力を振り絞って観ようじゃないか。 人類の起源についての企画展でした。まず猿人親子がお出かけの様子。 この人形は普段どこに展示されているのだろう。このために作ったのか? ねえねえ、この口の形、ムカつくでしょ!ほらほら見てみて ムカつくから見ないもんね。なんでこんな子になった? まずは猿人親子の会話を想像で描写してみましたがそれほど跳ねる訳でもなく次の展示のご紹介です。 この「ホモ・エルガスター」という種類の猿人はこの頭蓋骨から想像図が描かれていました。 僕はこれ…

  • 群馬県立自然史博物館ででかい足跡

    相変わらず群馬にある自然史博物館で遊ぶ僕と小5の娘。 娘が寝そべっているのは恐竜の足跡のレプリカです。 こんなに踏まれたら死ぬね ここへ来ると、大抵の子供は中に入るのですが、その昔そういえばやっぱりこの子も入ったなと思って写真を探したところありました。 人間ってどんどん大きくなる このころはまだ幼稚園児 このコーナー、少々展示が乱雑で、清潔感はあるのだけれど脈絡のない展示がいくつかある。これなんかその内の一つ。でっかいアメリカンロブスターとその比較対象が何故かカブトムシ。 食ったら大味そう いでででででででで! 今までさんざはく製を相手に戦いを挑んできた僕でしたが、まさかホネの標本に噛み付かれ…

  • 群馬県立自然史博物館でチャーリー

    群馬県立自然史博物館でトランドーシャンに遭遇し、その不思議な言語の力で一時的に記憶喪失に陥った僕でしたが、ふと傍らから聞こえる「ピューイ、ピューイ」という声で我に返りました。 あ!ピー助! 懐かしや。小学校高学年の頃に見たオリジナルの「のび太の恐竜」ではないか。ピー助のモデルはフタバスズキリュウという日本の素人発掘家鈴木さんが発見した首長竜だったっけ。当初「のび太の恐竜」ってコミックス版ではピー助を泣く泣く白亜紀だかに置き去りにして終わり、しんみりしたところでジャイアンたちに「鼻でスパゲッティ食え!」と強制されるいうオチだった。情緒なし。 そうそう、スパゲッティといえば僕の小学校で給食にそれが…

  • 群馬県立自然史博物館でトランドーシャン

    さて、巨大アゲハ蝶による紫の毒攻撃から回復した僕は再び娘と博物館を満喫し始めました。 ディメトロドン。背中の扇で熱を放出? こちらは確かザトウクジラのヒレ、実物大。2m以上あってビビる。なんでもそうだけれど、巨大なものには独特の威圧感があるよね。 こんなんに叩かれて死ぬのはイヤだ こちらは僕のブログではお馴染みのメガロドンの歯の標本。でかい。 ステイサムと戦った奴はもっとでかいけど メガロドンに関しての過去記事、結構あります この標本のそばを通ったとあるお父さんが、連れてきた小学生くらいの子供に向かい大きな声で 「ほら、メガドロン、メガドロン」 と言っていた。 ドロンジョ様じゃないんだから! …

  • 群馬県立自然史博物館ファイトクラブ

    (2019年12月11日時点で)みさなんご無沙汰です。 毎日更新をモットーとしていたこのブログでしたが、週末の友人たちとのライブやそれ以外の個人的な問題処理のため(このことはいずれぜひご報告したいのですがまだその段階ではないです)しばらくお休みしました。 ここ一週間様々なバンド練習や特殊な緊張状態やストレス等から更新することができませんでしたが、ひとまず、本当にひとまず時間が取れましたのでこのように記事を書くことができます。いやあ、別にお金になるわけではないけれど、思いのままにかけるこういう場があるというのは精神衛生上非常にいいことですね。 後日こちらもご報告しますが先日の日曜日に娘と参加した…

  • 群馬県立自然史博物館でダイナソー祭り

    午前中をこんにゃくパークで過ごし、その後僕らは近場の「群馬県立自然史博物館」を目指しました。 HPはこちら http://www.gmnh.pref.gunma.jp/ このあたりは世界遺産にも登録された「富岡製糸場」もあるのですが、僕の周りではどうも評判が良くはない。なおかつ今日で最終日の企画展があるのでそちらへ向かったのです。 道中、なんとFBIを発見! この看板を見た僕が 「うわFBIだ!写真撮らなきゃ!でも運転してるからムリ!」 とパニクっていたら娘が 「おとうさん、わたし撮るよ」 と父親の志向をきちんと理解した上で撮ってくれました。よく育った。 さてその後 「エフビーアーイ!」 と「…

  • こんにゃくパークGOGO

    本日適当なタイトルが思いつかなくってしょうもない。 さて相変わらずこんにゃくパークで休日を過ごしている我々なるかみ父娘。ここにはいろいろなショップがあり、アイスやら農産物やらと一円でも多く金を使わせようとみな手ぐすねを引いております。そうして哀れにもその網にかかったわが娘はこちらの店に引き寄せられた。 「とろとろ厚切りベーコン」だったけな、とにかく分厚く切ったベーコンを串焼きにしたものが売られており、その手の食べ物には目がない娘はお父さんベーコン食べたいとなったですよ。 一日100本限定らしい。多い時には500本売れるというが計算あわないじゃん ウワーおいしい!お父さんありがとう! 娘は大抵の…

  • こんにゃくパークを堪能せよ!工場へ潜入

    群馬県甘楽町というところにあるこんにゃくパラダイスで休日を過ごす我々なるかみ父娘。タダで食べられるこんにゃく料理バイキングを満喫し、そのまま自由に見学することができる工場へと行ってみました。 2001年宇宙の旅みたい 順路に従って進んでいくと、ガラス張りの工場を見ることができる このように様々なこんにゃくマシーンを見ることができる それにしても働く人は馴れてはいるだろうが、働いている間ずうっと監視されているようなもんじゃないですか。疲れることもあるだろうし、時にはサボりたい時もあるだろう。しかし、この環境では絶対にムリ!僕には到底できないと思った。 みんないろいろな環境でいろいろな仕事を頑張っ…

  • こんにゃくパークでバイキング&足湯

    休日のお出かけです。 群馬県の甘楽町というところに、なんでもこんにゃくに支配された土地があるという。そこでは、いかほどこんにゃくを食べても食べても、タダだというのだ! 小5の娘がそのような情報をクラスの友人から入手したので、それはぜひ行くべきではないか!ということで急遽高速道路を使って午前中にたどり着いたそこは確かにこんにゃく王国とでも言うべき場所だった! もはやメインの駐車場は満車 たてヨコオおいしいってなんだ ヨコオフーズというこんにゃくを使った食品を販売している会社が運営する、世界に唯一無二、群馬県の誇るコンニャク型一大テーマパーク! ここには様々な施設(足湯とかショップとか工場見学とか…

  • スーパーカーあつまれ

    昨日からの続き。車の話をこんなに書くとは思わなんだ。 さて数年前、僕の住む田舎町で、スーパーカー展示のイベントのお知らせがあったのでスーパーカー世代少年だったおっさんとしては行かずにはいられず、行ったのです。 田舎とはいえそこそこの人出。狭い会場に所狭しと車が展示してある。なんでも「サーキットの狼ミュージアム」なるところから借りてきたらしい。そんな博物館があるとは。だから展示車漫画に出てきた車種が中心。吹雪裕矢! 基本ここに行けば全部見られます まず入り口には漫画とまったく無関係のマクラーレンが鎮座ましましていたが、僕としてはほとんど興味なし。きっと一億五千万円くらいするだろうけども。 どこを…

  • アイ・アム・ノット・エンスー

    さて大学を卒業して、職につかずバンドでやっていこうなどと人生を舐めきって挫折した僕、しばらくは東京で車の必要のない生活をしていた僕も、二十代の終わりになっていよいよ進退極まって地元で就職することにした。うまいタイミングで現在の会社に入ることができて、もらった初任給を使って中古のトヨタセリカを買って乗り回してみたりもした。 さて、どうして僕はセリカを選んだのでしょうか。かなりどうでもいい話で(というかそういう話しかしてませんが)、僕が当時活動していたバンドは当時よくCOCOBATと対バンになったのです。 今も続いているってすごい。カッコいい! ジャケットがパスヘッドと永井豪氏ってものすごい ST…

  • 車とわたくし

    僕は現在コペンを愛車としていますが、これはもう何代目かの車だ。これは今の身の丈にあった車なのだろうけれど、実はお金があれば乗りたい車なんてたくさんある。 若者の車離れなんていう言葉もあるが、こちらとしては生活必需品なのだから離れている場合ではない。そして、毎日乗るからにはそれなりのものに乗りたいよ!もしもう少し収入があって生活に余裕があれば僕はアウディのTTクーペがいいな。 写真が出ない 見た目はこちらですね アウディ TT ミニカー 1/18 ミニチャンプス MINICHAMPS AUDI TT COUPE 2014 SILVER 出版社/メーカー: アウディ メディア: おもちゃ&ホビー …

  • 夢一夜

    こんな夢を見た。 東京駅だらう、自分は新幹線に乗ってゐる。乗ってゐると云っても坐ってゐるわけではなく、中学生の長女が座席に坐ってゐるのを傍から立って見守ってゐるだけだ。 新幹線と云う割には、なぜか窓はなく、座席も五人で一列でありその一番端っこに黒いズボンを履いて彼女は坐ってゐるのである。座席は皆埋まって居り、誰ひとり声を上げぬ。 無論長女も無言である。自分のとなりには細君が立って居り彼女もまた無言である。 軽い衝撃を感じたのでどうやら新幹線は動き始めたらしい。長女はこのまま一人で九州に行かねばならぬ。そして現地で学校の担任の先生が彼女を待って居り、そこでようやく大人の保護の下となるのだ。自分と…

  • 2年後...

    今日は長女の誕生日。14歳になりました。おめでとう!よく育った。 そんでもって実はこのブログもそう意図したわけではないのだけれど、ちょうど二年前の彼女の誕生日に開設したのです。 いや我ながらよく続いてるね。 さて一年半前くらいから毎日書くということを続けて、現在どうなっているのでしょうか。これからブログをはじめる方や、始めたばかりの方、ブログを続けるということに関してそれなりに興味がある人もいると思いますので僕のケースを書いてみようと思います。 以前からこのブログをご覧になって頂いている方はうんざりするほど刷り込まれているでしょうが、そもそもの開設の動機は2年前に書き上げた「ヘビーメタルと文芸…

  • 絵本でビブリオバトル?!

    ※以前書いた記事の加筆訂正となります だいぶ前にこんなことを偉そうに書きました そんで今日小5の娘と話していたら今度クラスで絵本のビブリオバトルがあるんだって。 絵本といえばそれはもう僕、娘が小さい頃毎週のように図書館へ行って僕のセンスで沢山借りては読んで聞かせたものですよ。また自腹でいろいろ買ったりしたんだけれど、そういうものはみんな天井裏へとしまってしまった。そこでそれを引っ張り出してご紹介します。 まずはイソップ童話の本。 「○○童話」と冠がつくものはあまたあれど、イソップほど普遍性を持つ物語を作った人間はいるまい。室町期にはすでに「伊曽保物語」として日本に入ってきており、その時代から日…

  • 弾けないギターを弾くんだぜ

    スカボローフェアの話から始めて、有名アーティストの一部の曲しか知らない僕の話を書こうと思ったら、全然違う方向へ進んでしまった昨日の記事。そうして今日も行き先不明。僕は何を書こうとしているのか? サイモン&ガーファンクルは小学校5年生の時に始めて聞いたのかな。 小学5年生になると僕の通ってた小学校ではクラブ活動が始まり、なにか好きなクラブに入ることができたのだ。そうして僕が選んだのはギタークラブ! 当然僕は弾けもしなかったのだけれどギターに対する憧れは強く、クラブに入る旨を父親に話したら、なんと安物のクラシックギターを買ってきてくれたのだ! 小躍りして喜ぶ僕を微笑ましく見守っていたあの時のお父さ…

  • スカボロー・フェアの思いで

    世界的に有名なアーティストがいるじゃないですか。 そういう人なりグループって当然世界中にファンがいて、彼らはそれ相当の思い入れを持ってそのアーティストに向き合っている。だから、そう言う人から見ればそのアーティストの有名な曲しか知らないのに語ってみたり、○○いいよねーなんて言っている人をみたら「にわか」「よく知りもしないくせに」「オレの方がよっぽど思い入れがある」などと複雑な思いを抱く方がいるでしょう。 僕だって自分の好きなアーティストについてよく知らないで言ったり書いたりしているのを見れば多少はそう思いますよ。 でもそんなのは大いなる勘違いであって、いい曲は誰が聴いてもいい曲。まあ、昔ツェッペ…