searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

なるかみ音海さんのプロフィール

住所
未設定
出身
世田谷区

80S〜現代までの様々なジャンル(オルタナティヴロック、デスメタル、テクノ、クラブミュじっく)を雑多に語り、その一方で様々な映画や本について自家中毒気味に記事作成。

ブログタイトル
音楽と本
ブログURL
http://otominarukami.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ロック、デスメタル、テクノ、クラブミュージックと映画と文学のごった煮ブログ!
更新頻度(1年)

69回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2017/10/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、なるかみ音海さんの読者になりませんか?

ハンドル名
なるかみ音海さん
ブログタイトル
音楽と本
更新頻度
69回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
音楽と本

なるかみ音海さんの新着記事

1件〜30件

  • 文学壮年なるかみ 椎名麟三・梅崎春生を読む

    僕は毎日お風呂の時間と寝る直前で本を読んでいます。お風呂は基本湯船につかりながら温まることを目的としているので、できればあまり小難しい内容 ではなく、すいすいと読めるものが好ましい。だからエンターティメント小説 を中心に読むわけ。そんでそれは大体ブックオフの200円くらいのハードカ バー本で賄うんだけど、めぼしい本を読み切ってしまったのですよ。 また買いに行ってもいいんだけど、そしてその行為は楽しいのだけれど、増える一方だし節約の意味も込めてもう一度昔読んだ本を読み返そうと思ったの です。本棚にざっと目を通して留まったのはのは日本文学全集の「椎名麟三・梅崎春夫」の巻だった。 昔住んでたアパート…

  • 愛すべきプロのバカ、アンドリューW.K.のエアドラム動画に瞠目せよ!

    パリハー!パリハー! パリハー!パリハー! みなさん、ハードにパーティしていますか?僕はしていません。しかし、10年も前から延々とハードコアにパーティをしている男がいる。その名はアンドリューw.k.! レッツゲッパリハー!レッツゲッパリハー! ジャケットからしてしょうもな パーティー・一直線! アーティスト:アンドリューW.K. 出版社/メーカー: Universal Music LLC 発売日: 2007/06/30 メディア: MP3 ダウンロード このハードコアパーティ野郎はこの曲で消えると思いきや、どっこい今だにしぶとくパーティし続けている。まあ、基本的に僕は彼が好きなのですが、最近以…

  • つれづれ読書日記

    日曜出勤でぐったりしてアマゾンミュージックをランダムに再生していたらこの曲があって、勝手に僕は「お、ダイナソーの新曲か!」と思っていたらなんのことはない、僕の持っているアルバムに入っていました。 でも、とてもいい曲。なんだか今の僕の心に染みる。下手すりゃ泣ける これぞまさにダイナソー節!ハードでノイジーなギターに、Jマスキス叔父の優しいヘナヘナ声がかぶる。このアルバム、聴きなおそう。 ヘンなジャケット Beyond by Dinosaur Jr. (2007-05-01) アーティスト:Dinosaur Jr. 出版社/メーカー: Fat Possum メディア: CD それから全然音楽のベク…

  • ツツイストとしての自己再確認

    小さいころから本をまあまあ読んできた僕ですが、本格的に小説をむさぼるように読み始めたきっかけは筒井康隆氏の作品だった。中学2年生の時に友人がこれむちゃくちゃ面白いから、といって勧められた短編集『日本列島七曲り』がその後の僕の読書人生を決定づけた。 この不気味な表紙ね 日本列島七曲り (1974年) 作者:筒井 康隆 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 1974 メディア: - SF小説というくくりではあるけれども、氏の作品はそれを超えたもっと広い範囲でのエンターテイメント性を持っていた。初期の氏の作品は日常が突如ふとしたきっかけでズレてゆき、とんでもない結末を迎えるものが特徴的だった。「毟…

  • APOLLO11/マンゴリアンジェトセット/八十八ヶ所巡礼/ニガミ17才など

    なんと!観たいけれどいつみられるかわからないなあ、と思っていた「APOLLO11」がアマゾンプライムでラインナップされていた!すごいな、アマプラ。 もう3回観た アポロ 11 [完全版] (字幕版) 発売日: 2019/12/01 メディア: Prime Video 内容は言わずもがなの素晴らしいものでした。70ミリフィルムで撮影された映像は50年を経た今でも美しく我々に迫ってくる。発射から帰還までを淡々と追った内容だけれど、やはりぐいぐいと引き込まれるものがあるね。 これとファースト・マンを併せて観ればあなたもアポロ計画の虜。 こちらもプライムビデオでラインナップ。すごい同時性 ファースト・…

  • TOOL /Fear Inoculum ! トゥール「フィア・イノキュラム」圧倒的

    ここ数日インフルエンザに罹り、寝込んでました。一年の内で最も会社が忙しいと思われる時期に穴を開け、後ろめたい一方であの殺人的スケジュールから逃れられた!という気持ちが正直です。 数年に一度は罹患するんだけど、年を取るごとになんだか辛いね。3日間、ずっと寝てたもんね。だから、せっかく届いたTOOLの新作も聴く状態ではなく、もどかしい思いをしておりましたがようやく今日ズル休みの気分で聴きましたよ。とにかく凄まじかった! 輸入版のほうが安いです。あせって5700円もする日本版を買ってしまった・・・ 相変わらずの完全限定生産豪華パッケージ仕様 さて、このセットいくらだと思います。5700円ですよ! 握…

  • スカイウォーカーの夜明け 観た

    忙しいから観るのは来年でいいかなーなんて思っていたけれど、今日娘の塾の送迎が9時だったのでそのついでに近くにあるシネコンで観ましたよ、「スカイウォーカーの夜明け」。 www.youtube.com 大注意!ネタバレしまくりですよ! 僕の中でのSW愛は冷めてはいないけれど、前作「8」から熱狂してまで見る姿勢は失われたしまったという自覚がある。「7」が公開されたときは待ってました!と何度も映画館へ行き、ブルーレイもすぐに買ったけれど、「8」は持ってもいませんよ。そういう期待値の低さで観た「スカイウォーカー」だけれど、だからといって正直「うわすご!」とはなりませんでした。もちろん、最初の「a lon…

  • 音楽に頼む毎日 

    ケン・イシイの新曲ムチャクチャかっこいい! 色々なテクノ関連のPVやらのオマージュがこれでもかとぶち込まれており、テクノ好きは思わずニヤリとしてしまう。やはり一番おお!と思うのは2:22あたりに一瞬出てくるバーチャルリアリティマシンを頭にかぶり、トイレで銃を構えているシーンだろう。これはテクノ好きなら誰でも知ってる名曲「EXTRA」の再現なのだ! 何回このPV貼ったことか これがもう20年以上前の作品なんだから彼の創作力の奥深さには舌を巻く。そうしてやはり最後の場面で一瞬登場するケン・イシイ本人!これがまたEXTRAの最後を彷彿とさせるのだ。僕はゴーグルを外した彼がこのまま飛び降りるのかと思っ…

  • カータンの敗北

    日常的に無心に何かをしているときにふと思い出すフレーズやメロディがある。この間、会社で掃除をしていたときのことだ。窓からは初冬の柔らかい日差しが差し込み、遠くから響く車の行き交う音の他には何も聞こえない。そんなとき突如頭の中で「じっけんどんがらがったじゃすとんぴーなつかれーらいす!」というフレーズとメロディが再生されたのだ。あれ?なんだっけこれ?子供の頃によく聴いていた曲じゃないか。この手のフレーズは一度再生されたが最後、永遠にループし続ける。僕は「じっけんどんがらがった・・・」と頭の中で何度も歌いながらモップでごみを集めていたよ。 今は便利な世の中、すぐにググって判明。僕ら昭和40年代生まれ…

  • 40年越しの曲を苦もなく探し当てる

    中学生になって初めてラジカセを手に入れた。家にはそれとは別に立派なステレオセットがあったのだけれど、持ち運びが自由でコンパクトなラジカセはどこの部屋にも音楽を持ち込めて、寝る前などにYMOのテクノポリスなどを聞き明日の学校に思いをはせていたものだ。 今逆にこういうのが売ってるんだね 【送料無料(※北海道・沖縄・離島は除く)】レトロ ラジカセ CICONIA TY-1710 ラジオ カセットプレーヤー 木目調 昭和 小型 プレイヤー ノスタルジック USBメモリー SDカード MP3形式変換 録音 再生 円形スピーカー AC電源 乾電池 内蔵マイク 価格:5,073円(2019/11/17 23…

  • 「ロスト・シンボル」マラークからの「レッド・ドラゴン」ダラハイドからの動悸が止まらない映画へ 

    まず、とてつもなくどうでもいいことなんだけれど、小さな会社だとトイレって小さいじゃない。男子トイレでいえば小便器がせいぜい二つの、大の部屋が一つっていう。それで、トイレに行ったときに、先客が「大」に入っているときがあるでしょう。ドアが閉まっていて鍵の部分が赤くなっているんですぐに気が付くんですよ。そういう時瞬時に「あれ、今ひょっとして、さっき席をはずしてた○○さんが入っているのかな?」なんて思うわけですよ。こちらとしては用を足すのは正当な権利なのだけれど、何となくきまりが悪いよね。そうして向こうもきっと「うわ誰か入ってきた、このタイミングで出るとなんとなく恥ずかしいなあ。この人が小用を終えたら…

  • ハードオフでジャンクCD相変わらず/OASIS、UB40みっけ

    もうCDは100円じゃなきゃ買いたくないよ! 自宅から行ける範囲のハードオフはあらかた行きつくしたと思ったら、通勤途中に一見あるのを忘れており、この間見てきたよ。以前のハードオフジャンクCDに関してはこちらをどうぞ。 安くCDを買う最良の方法 店によってラインナップにばらつきがあるが、今回は二枚発見。大量のゴミCDの中から僕にとっての宝石を見つける作業は楽しい。 本当は10枚くらい見つけたいが、なかなかないんですよ まず右側はOASIS。前回も別の店でOASIS発見したのだが今回もまた埋もれてました。 ジャケットに色々と意味がありそう こちらはいわゆるBサイド曲を集めたものなんだけど、一曲目か…

  • お母さん、おばあちゃん誕生日おめでとう

    昨日、11月11日は母親の82歳の誕生日だった。 母はありがたいことにまだ元気で(つってもそれなりに歩くのとか遅いが)、今も父と二人でうどん屋を切り盛りしている。すごい。僕その年まで働けるのか?つうか働き口あるの?日本は90まで働かなくてはならない、なんて話を聞くと一瞬「もう60くらいで死ねないかな」などと愚にもつかないことを考えてしまう。皆同様に同じような不安を日々抱えて生きているのだろうけれど、あー僕の家のポストに一千万円くらい急に投げ込まれてねーかなー。 話が飛んだ。 母の誕生日には毎年小6の娘がカードを作って贈るというしきたりが出来ている。つうか僕が作らせるんだけど、今年もまた作ってく…

  • なるかみスーツ読本

    九月ころに叔母から連絡があって突然「スーツを買ってやる」という。 母方の叔母で彼女は現在68歳なのだが、今も元気に働いており、仕事の関係でオンワード樫山のパーソナルオーダーでスーツをつくってくれと頼まれたんだって。そこで普段から割とよく連絡を取っている僕に声をかけてくれたのだ。自分で払う余裕はないが、買ってくれるのなら作るぜ。特段叔母だってお金を持っているわけではないが、色々と付き合いがあるらしく頑張ってくれたらしい。 すこし前はスーツカンパニー初めとしたツープライススーツ(19800、29800くらいの値段設定が2パターンでツープライス)なんかが主流だったけど、今なんかもうGUとかでもそれな…

  • 大宮公園で「とりたちのらくえん」

    引き続き大宮公園小動物公園で平日の昼間を有効に過ごす僕。さてここにはこのような特別な場所があるのだ。 ポップで優しい看板が頑丈な檻の入り口のいかめしい雰囲気をなんとか中和している タイトルは「とりたちのらくえん」。絵がかわいい 入り口は二重構造になっており、とりたちがらくえんから逃げられないようにしてある。逆説的に考えると本当に楽園か? 入り口に張ってある標語がいい味わい 入り口はこのように厳重に鎖で仕切られている。これなら逃げたくても逃げられない ちなみにこの鎖はプラスチック製のヤツです。僕は一瞬鉄製の重たいヤツかと思って勢いよく押したら、すかっとなって拍子抜け。 おお。いきなり鳩が僕を無視…

  • 大宮公園小動物園なう

    大宮公園をそぞろ歩く僕です。 池、鳥。のんびり この公園は歴史があるからか、このように風情ある売店が今でも現役で稼動していました。でも一人なので入る勇気ない。 この時期でも「氷」。なんだか日常系アニメに出てきそう。日常系アニメをよく知らないけれど ふとこのような看板に巡りあう。「大宮公園小動物園」だって。一期一会、きっともう来る機会も無いので行くしかねえ! 熊とか、ハイエナ?入園無料だって!太っ腹 路を進むと、なにやらいい予感しかしない建造物が見えてくる。 あれが動物園?ひょっとして遊園地も併設? 遊園地ではなかったけれど、唐突に現れる飛行遊具。うわあ、乗るしかないでしょ!大人一人という恥を忍…

  • 大宮公園ひとり歩き

    日曜日の出勤が度重なるので、平日が休みになった。家でのんびりしていてもいいのだけれど、たまには書を捨て街へ出ようと思い、さてどうしようかなと考えた結果、平日の博物館に久しぶりに出かけることにしたよ。 家からわりと近い距離にある大宮公園に、埼玉歴史と民俗の博物館というところがあって、そこで「子ども/おもちゃの博覧会」をやっているので行ってきました。 案の定、平日午前中ガラすき おもちゃ展は撮影禁止だったので写真はありませんが、色々楽しめました。詳しいことはこちらで。 www.saitama-rekimin.spec.ed.jp 一番すごいと思ったのは、江戸時代のペーパークラフト。上のリンクに写真…

  • 何故僕は服を買う?

    服をね、沢山持っているんですよ僕。たとえばカーディガンなんか以下の記事で書いたように30枚近くあったりする。 売ったり買ったり 他にも帽子、ジャケット、スーツ、セーター、デニムパンツ、時計といったたぐいのものを数だけは沢山持っているのです。いったいこんなに買ってどうするというのか。来月なんて日曜日五週連続出勤という地獄が待ち構えており、おしゃれをして出かけるチャンスなど無いというのに。しかしそれでも何故か買ってしまう。ある種の買い物依存症であることは間違いないだろう。しかし依存症としての自覚はあるので、無軌道に買わず、支払いの限界の範囲内で調整しながら買うのですよ。十数年昔なら一月数万円遣うこ…

  • 僕はハードオフジャンクCDディガー

    財産がそれほど無いので知恵で生活を潤わせようと僕は色々なことを試していますが、最近はその活動の一環としてハードオフの活用を自己に奨励しているのです。先月あたりはネクタイを中心とした服飾関係に血道をあげていたのだけれど、今月はジャンクCDにターゲットをシフト!ハードオフのジャンクCDコーナー、なんと一律100円! 下の三枚はジャンクではないですが 音楽がダウンロード販売主流となった今、僕は前時代的CD人間としてかたくなに、ディスクという物理的形態にこだわっているのだ、レコード世代の人がそこにこだわるように。ブックオフも安いものは280円からあるけれど、ハードオフなら100円!タマ数は多くはないけ…

  • アド・アストラうーん

    先週観て来たんですよ、アド・アストラ。 www.youtube.com 予告編を見る限り、限りなく期待が膨らむじゃないか! そしてその膨らんだ期待は観ているうちに、徐々にしぼんでゆく・・・。 予告の最初のシーン、宇宙エレベーターかと思ったら、そうじゃなかった。ただの異常に高い建築物だった。ちなみに宇宙エレベーターとは静止衛星に直接ワイヤーみたいなものでリンクを張り、ロケットで宇宙へ飛び出すリスクをゼロにするアイディア。クラークの小説で描かれてます。 不朽の名作 注意!lネタバレあり! ストーリーを簡単に説明すると、海王星から発せられたサージなる強力な電流が地球に影響を及ぼしているので、それを発…

  • 万城目作品よんでます 2

    万城目作品について語る回の続き。 現在、「パーマネント神喜劇」を読んでます 現在のところの最新作長編といえるのが「バベル九朔」だ。 この作品は万城目氏の作品の中では評価が割れている。いわゆるパラレルワールドものなのだけれど、今までの氏の他作品に比べ相対的にスケール感に乏しく、閉じた世界でストーリーが進むからだろうか。とはいえその閉じた世界の描写はまるで万城目氏が見た夢の中の風景なのではないかと思えるほど奇想天外。 「バベル九朔」という祖父、九朔満男がが建てた雑居ビルに管理人として住み着き、小説家を目指す主人公(名前は明らかにされない)はかつての万城目氏そのものだろう。明日をも知れぬ不安と闘いつ…

  • 万城目作品よんでます 1

    以前から何度か言及していますが、万城目学氏の小説は面白い。その面白さゆえにほとんどの作品が映画化されており、「プリンセス・トヨトミ」あたりはタイトルを聞いたことのある方も多いでしょう(まあ、映画のプリンセス~に関しては登場人物の性別変更やらでキャラが全く変わってしまい、なんだそれ?という部分があるけれど)。 プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2011/11/16 メディア: DVD クリック: 63回 この商品を含むブログ (89件) を見る そんな万城目作品を僕が初めて読んだのは「鹿男あをによし」だった。奈良を舞台に万葉時…

  • すべてはサイコー、アンビリーバブルでスーパークルーなレゴムービー

    仕事やそのほかで疲れちゃって全然更新できない毎日。 書きたいことは色々あるんだけど時間と気力が無い。それはそうと、さっき以前勤めていた会社の同僚からメールがきて、その会社買収されたんだって。諸行無常。20年前はものすごく業績好調で僕もそのおかげで住宅ローンを返すことが出来たが、最早青息吐息。今の会社は給料は安いし日曜日の出勤は多いし、仕事は多忙だけれど、あのままあの会社にいたらもっと大変だったな・・・。 人生ホント何が起こるかわからないね。ところで仕事はあるが、僕には生活上の大問題が今立ちはだかっておりそちらもまた涙が出そうなくらい大変なのですがそれをここでは書いても仕方がないのでいつもの趣味…

  • 九月のつれづれは結局CD探しの旅

    もう最近はこの話題しかない気がしますが、大人の男としてやっぱり休日はハードオフかブックオフに行くじゃない。この間も血眼になって安々CDコーナーを漁り、頼れるのは己の目利きのみという状況を楽しみながらいかに安く戦利品を入手するかに血道を上げたなるかみです。 平日の昼間だというのに近所のハードオフはなぜか僕のような中年の男性が結構いて、ああやっぱりこの人たちの休日はハードオフなのだなと、僕は一人合点してこみ上げる笑いをこらえるのであった。 そうして購入したのが以下の5点。 寂しげな視線を送る子供の写真が見るものを不安にさせるジャケットはFAITHLESS、「NO ROOTS」。 人によっては21世…

  • ダメージプラン並びにファットボーイスリム、有頂天家族やとっぴんぱらりの風太郎をブックオフにて買う

    地方に住んでいると、休日ですること無いとき、大体ブックオフに行くじゃあないですか。そうやって今月入手したCDと本を記録します。ブログ名、「音楽と本」はダテじゃないぜ! つってもこの二枚だけですが、それぞれ280円。しかし掘り出し物! まずは右のダメージプラン。 日米のアマゾンで評価が違う メタルの流れを歴史的に変えたパンテラのギタリスト、ダイムバックダレルがパンテラ解散後新たに結成したバンド。後期のパンテラってどうにもダメな感じがしていたので僕はこのバンドの音を聴いたことがなかった。一聴してうわ、すげえかっこいいじゃないか!僕がダメだなあ。 ドラムもパンテラなので基本サウンドはそのまま、パンテ…

  • 「スカイウォーカーの夜明け」と、「マンダロリアン」でのIG88のまさかの勇姿

    数日前に公開されて早くも色々な憶測が飛び交っている「スカイウォーカーの夜明け」の予告編第二弾。 www.youtube.com 色々な予想が前作のときも乱れ飛んで、そのほとんどがガセだった。スノークの正体とか結局分からずじまいでかませ犬としての役を終えてたし、フィンの冒険のパートが丸々いらないんじゃないかというのもあったEP8からもう二年か・・・。当時は僕浮かれていたけれど、結局ブルーレイ買って無いんだよな。後何年後かに相当安くなったら買うかもしれないけどさ。 大不評をかったライアン・ジョンソンから監督がJJ・エイブラムスに戻ったからなんとか広げた風呂敷をまとめるんだろうけど、大丈夫ですか?ま…

  • デペッシュモードからのエレポップ懐古

    僕の常として、呆けた顔でYOUTUBEを見ながら怠惰な時間を過ごしていたら、デペッシュ・モードの昔のビデオがすべて観られるようになっていたのを発見した。しかも、どうやら音質がかなり改善されているぞ! この歴史的名盤からのPVが! 彼らを初めて聴いたのは高校1年生くらい、もう30年以上!も前のことだ。当時僕は高校入学のお祝いに親に懇願してビデオデッキを買ってもらったのだった。その頃まだビデオはあまり普及しておらず、値段も7万円くらいしたと思う。そもそもビデオを挿入するのもフロントローディング方式ではなく、車のトランクを開けるようにビデオの蓋が空き、そこへテープを挿入してガシャンと閉める形だった。…

  • 盆休みに軽井沢プリンスショッピングプラザ突入

    僕お盆休みの13日に、日帰りで小6の娘と軽井沢のアウトレットに行きました。 ただ、この時期は一年で一番混むといわれている軽井沢。ハイシーズンの休日はいつも混雑するけれど、お盆はとにかく車が動かないほどの殷賑を極めるという。渋滞に巻き込まれるのはイヤなので、事前に情報を収集すると、8時前に駐車場に入庫すれば大丈夫だという。そこで朝早起きをして、8時前に着くように家を出た。高速を使うのはダメ、絶対。インターから渋滞発生というではないか。そこで一番混まないと思われる旧道の国道18号(かなりの山道)を行く覚悟で出かけたのです。しかし碓氷バイパス手前でも車はほとんどいない。なんだ、拍子抜け。結局8時の時…

  • HAIM サマーガール気に入る

    例によってYOUTUBEでのお勧めのサムネイルをみていたら何か懐かしい雰囲気の画面だったので、気になって聴いてみるとこれがまた良いじゃないか。 ドラムのスネアの音がよく作られていて心地よい。そして耳から離れないバリトンサックスの奏でる優しい旋律。 アルバムはまだのようです PVの監督はなんとポールトーマスアンダーソン!カエルが空から降ってくるというおよそ思いもつかないクライマックスがインパクトのあった「マグノリア」などが代表作の人。この人は「ブギーナイツ」など70年代のアメリカの雰囲気を出すのが上手で、このプロモもサウンドがその意匠を纏っているのに合わせてうまく作られている。次から次へと服を脱…

  • 90年代マイナーオルタナバンドCD発掘記 プロングなど

    以前こちらの記事を書いた。 オフハウスで安く衣類を購入したという話なんだけど、そのときついでに100円CD投げ売りコーナーがあったので見てみたのだ。基本ほぼ九分九厘ゴミのような(僕から見れば)CDばかりなのだけれど、その中からきらりと光る作品を探すのがまた楽しいのだ。そして、僕は二枚お宝を発見した(僕から見れば)。一枚はプロングのアルバム。 アマゾンで買うより安い! タイトル曲。ハリウッドザコシショウみたいな人が踊ってます プロングなんて知っている方、ほとんどいらっしゃらないでしょうね。90年代に数多活動していたオルタナバンドの一つです。僕は20代の頃、片っ端からこの手のバンドを聴いていたので…

カテゴリー一覧
商用