searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ピーマン(paprika)さんのプロフィール

住所
金沢市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Investment help five cents
ブログURL
http://bzito.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
主に米国株と日本株に投資しています。ディープバリュー、スペシャルシチュエーションなど。
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2017/08/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ピーマン(paprika)さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ピーマン(paprika)さん
ブログタイトル
Investment help five cents
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
Investment help five cents

ピーマン(paprika)さんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年7月の投資状況

    やっと夏らしい感じになってきましたね。このままあまり暑くならないで欲しいのですが、どうなるのでしょうか。8月になって、ちょっと私生活が落ち着いてきました。もう少しブログも更新できればと思います。年初来-16.8%(日本株-19.7%、米国株-11.7%)でした。特に感想等はありませんが、シチズンと東京ドームの下落が響いた感じですかね。シチズンは今まで見たことないくらいの価格帯まで来ているので、買い増しを検討したい...

  • 隠れゆくバリュエーション

    最近、あるきっかけでテスラを調べることになったのですが面白い企業ですね。今の株価は肌感覚で高いのかなとは思いますが、ここまで投資家から支持を受けてるのはそれなりの理由があるのだなと思い直しました。テスラと言えば、ダモダラン教授がブログで何度か言及してテスラのバリュエーションを披露しています。詳細はブログを見て頂ければと思いますが、彼はテスラのような新興企業にもDCF法を用いてバリュエーション算定を...

  • 2020年2QのPF

    PFを後日更新するといって、7月も終盤に突入してきました。。課題が山積みなので、なかなかブログまで辿り着けていないですが、PFを更新したいと思います。PFは7月初旬の話となっており、少し現在の実態と乖離しています(ご了承ください)。今月のパフォーマンスは集計できていませんが、一応売買動向だけでも。《売り》・フィットビット 完全に状況が改善されたわけではありませんが、株価が収束してきたので売却しました...

  • 2020年2Qの投資状況

    報告が遅れまして、7月を少し割ってしまいました。6月はまあ忙しくてブログをほとんど更新できていませんね。申し訳ないです。。7月も大学院の授業の正念場を迎えそうなのでなかなか厳しいです。年初来リターン-15.0%(日本株-14.8% 米国株-15.3%)でした。特に意見等はないのですが、先月より悪化してるのはスカパーが先月終盤(来季の予想が良くない感じだったみたいです(見れてない。。))結構下がったのが影響受けてます...

  • ファインマンのアプローチから学ぶこと

    なかなか忙しくてブログを更新できていませんが、その間にも色々と考えていました。ブログを書くことによって自分の意見をアウトプットできていないことは残念ですが、書きたいなと思うテーマはいくつもあります。今回は、以前書きました今シーズン常に考えたいことでバリュエーションギャップについて触れました。まあ難しい問題なのですが、まずは(特に今年は)市場の効率とは何なのかを勉強していきたいと思います。手始めに、...

  • 2020年5月の投資状況

    もう2020年も半分近く過ぎようとしていますね。今月の投資状況をお知らせします。年初リターン-11.8%(日本株式-10.8%、米国株式-13.6%)です。特に感想等はありません。今月売買はあまりしていないかなという感じですが、ご紹介します。【新規購入】・ケマーズ(cc) デュポンから2015年にスピンオフされてから今に至っています。乱高下の激しい株価ですが、10ドル付近まで下がったので少し購入してみました。フッ化化合物やTiO...

  • バークシャーのアニュアルミーティングと最近のニュースに対する雑感

    久しぶりにバフェット氏の話題に入りましょうか。5月2日にバークシャーのアニュアルミーティングが開催されました。他の皆様のブログ等で、このミーティングの内容の詳細・概要は語られていると思われるので、まずはそちらを参考にされたほうが良いと思います。今記事では、バフェット氏(とアベル氏)が何を言ったかを淡々と書くのではなく、彼らの言及から私なりに感じ取った事柄等を書き綴りたいと思います。・バークシャーが実...

  • 2020年4月の投資状況

    コロナの影響がやはり大きいようで、倒産する会社が増えてきたり、9月入学に変更になるという議論も行われているようで、社会的な構造が根本から変わりそうな感じが見受けられます。実体経済は厳しくなるのは間違いなさそうですが、株式市場は上昇基調にもあり、そこまで悲観していないのかなという感じに見受けられます。緊急事態宣言は現時点で、延長しそうな雰囲気でまだまだ厳しい状況が続きますが、何とか乗り越えて平穏な一...

  • ディープバリューを探究する① 余剰現金の考え方

    ①としたのだけれどこの先も続くのだろうか…。ディープバリューの定義はなかなか難しいですし、恐らく割れるかもしれません。正直、定義の仕方に時間を割くつもりは毛頭ないので、私自身の見解である、「不人気の業種・ビジネスで、ビジネスに競争優位性がなく、下手すると倒産しかねない企業を(非常に)割安だと考えられる価格で買い、利益を上げる投資手法」という観点で語っていきたいと思います(バリュー投資入門だと古典派に...

  • 効率的とは?(序章)

    序章と書きましたが、このまま序章で終わる可能性も…rilke氏とのツイッターの議論で結構自分の中の疑問が整理されました。ずっと思っていた疑問で、capmで株主資本コストを計算すると、出てきた数値と実感するリスクのズレが大きいときが割とあり、一体これは何故なのかというものです。このずれを感じてから、株価を生データを処理して良いのかを考えています。そもそも、株価のデータを使うの時は、ベータを算出するときだけでな...

  • 個別銘柄研究会3 振り返り

    先々週、3回目が開催されました。おひとり、お仕事で不参加となり残念でしたが、今回も有意義な議論ができたと思います。正直、ブログで内容をどこまで公開すべきかどうかは非常に迷いますし、ある程度秘匿性を持たすことも重要かなと思います。ただ、議論をオープンにすることも同じく重要なことなので、いくつか思い立ったことを書きたいと思います。この研究会の意義・目的は各参加者によって違うとは思われますが、個人的には...

  • 2020年1Qの投資状況

    3月は仕事でほとんど休みがなくブログの更新頻度も全然ありませんでした…。世界的にコロナウィルスの感染の拡大が収まりそうにならず、市場はボラティリティが大きい状況となっているようです。昨日は深夜まで仕事でしたので集計が遅れ、日本株は4月の分が入っちゃいました。ご了承ください。年初来リタ-ン -23.4%(日本株 -21.9% 米国株-26.4%)でした。正確に把握していませんが、このところリターンは20%前後を推移している感...

  • あなたは市場を打ち負かせるのか?

    「Pitch the Perfect Investment」から、ポール・ソンキン氏が2017年にAlbany universityの学生に講演を行ったときの内容をコラムで紹介していました。市場の効率性に関する議題です。印象に残ったので一部引用して考えてみたいと思います。講演の中で、ソンキン氏は、学生にマネーマネージャーになりたい人がいるかどうか確認しました。マネージャーになるには、10年近く経験を積む必要があるので、早くとも30歳くらいから(マネ...

  • 2020年2月の投資状況

    今月はコロナショックの影響で市場の状況が一変しました。日本や韓国だけでなく、イタリアでも感染者数が急速に拡大して、世界各国で感染が確認されています。今月の最終週で、久しぶりに市場の下落というのを体感しました。年初来-12.4%(日本株-12.8%、米国株-11.6%)でした。ショートポジションを増加させ利益を得たものの焼け石に水という感じでした。こういう状況になると、コロナ関係云々にかかわらず基本的に下げてしま...

  • 人生の岐路に立つ

    I strongly believe, for all babies and a significant number of grownups, curiosity is a bigger motivator than money. - Elwyn Berlekamp The man who solved the market chapter5詳細を話すと身バレするので止めておきますが、今年の4月から社会人大学院に行くことに決めました。時々、ブログでも言及してきましたが、数年前から考えていました。仕事は続けながら通うことになります。正直、仕事と学業が中途半端になるの...

  • 今シーズン常に考えたいこと

    考えたいことは山ほどあるのですが、時間は有限です。ポアソンか誰かが面白い疑問見つかると、その疑問を解明したい衝動を抑えるために、これまで出会った疑問のリストが書かれたノートをとりだして優先すべき問題に取り掛かるようにしたという逸話を目にしました。そこで、私も彼にならいたいと思います。全ての疑問を解消できることはできないのでしょうけども、今年優先的に考えたいことをピックアップしてみました。今年どこま...

  • ウォーレン・バフェットが語らないこと

    前回の個別銘柄の研究会で業界のシェアについての話がありました。まあ色々話したのですが、後々そのことについて考えていて、ふと、2018年にオマハで行われたValue Conferenceの中でグリーンウォルド氏が語ったことを思い出したので今回記事にしました。米国経済の製造業からサービス業への移行の問題点について語っている場面での内容の一部です。ここで、参入障壁とシェアについて触れいます。収益は2つの収益源から成り立って...

  • 2020年1月の投資状況

    最近は新型コロナウイルスが大きな話題となっていますね。思った以上に感染が拡大してしまい、終息するのに時間がかかりそうですね。今のところ、幸いにも致死率が高いわけではなさそうなので早く落ち着いてほしいと願います。このウイルス騒動のおかげで、1月の市場は大荒れでした。年初来リターン-3.4%(日本株-3.2%、米国株-3.8%)でした。特に感想等はありませんが、何社か買ったので一部ご紹介したいと思います。【新規買...

  • 個別銘柄研究会1回目 反省会

    反省会というか振り返りですが、、、昨日、第1回目をやってみました。思ったよりももたつかず、すんなりいったのでホッとしました。とりあえず振り返ってみたいと思います。今回は1人2銘柄紹介という感じでしたが、一部銘柄をご紹介したいと思います。QUWE氏・日本ケアサプライ福祉用具レンタル卸の大手で、全国に営業基盤を持っている会社です。QUWE氏の算出したFCF倍率などの指標でみると割安だという評価でした。ディフェンシブ...

  • 個別銘柄研究会

    個別銘柄勉強会というのを開くことになりました。経緯としては、フォロワーのQUWEさんと地方ではあまりオフ会や勉強会が無くて寂しいという話からこのような会をやってみようかという感じになりました。以下twiplaからの引用。株式投資をする方同士で注目する銘柄を紹介して情報交換をする会を開催します。勉強会の内容は以下の通りです。・勉強会はスカイプを使って開催します・各々が注目する銘柄を1~2銘柄程度紹介します・質問...

  • マイケル・プライスの本質的価値

    先日、Graham & Doddsvilleのニュースレターでマイケル・プライス氏をインタビューしている記事がThe aquirer's mulitpleで紹介されているのを目にしました。何年も前の記事ですが、印象深い内容でした。その記事の中で、印象に残った部分がありましたので、一部引用して考えたいと思います。Graham & Doddsville側の質問:Excelのような最新ツールに過度に依存している若い世代についてマイケル・プライス氏:先週コロンビアビジ...

  • 最近の気になるリスト

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。去年は多くのアセットが上昇基調にあり、強く買いたいなという銘柄が見当たらないのも事実です。ただ、全くないわけではないので、不定期ですが、最近気になっている銘柄について触れたいと思います。【スピンオフ】・カーズ・ドット・コム2019年の投資状況の記事の中でも触れましたが、同社の株式を保有しています。同社は自動車の売買のウェブサイトを運用している...

  • 2019年度の投資状況

    米国市場はあと2日開いているようですが、仕事等の関係でまだ忙しいので今日集計しました。年初来リターン24.0%(日本株式11.7%、米国株式45.7%)でした。今年は、前半が現金ポジション20%とショート関係10%の割合をなるべく維持。後半(特に最後の3ヶ月)はショートポジションを解消したものの、フィットビットがアルファベットに買収されたので現金ポジションが半分以上になりまして、だいぶ困りました。ちょくちょく試し買...

  • 破産企業への投資②

    ②としたのは、その昔、セス・クラーマン氏関連の記事で何か書いたからです。「バリュー投資入門」のマイケル・プライス氏の章で、破産企業への投資に関連した部分がありましたので、一部引用して考えてみたいと思います。プライスは倒産申請をする前の段階で、お目当ての企業を見つけることを狙っている。もっともこれはただちに投資するというのではなく、情報の蓄積開始という意味である。(中略)清算の場合には、資産は全債務...

  • 使いづらい指標一覧

    個人的に使いづらいなあと思う投資に関する指標を羅列していきたいと思います。①ROA利益率に関する指標は色々あって覚えにくいのですが、特にROAについてはどうやって使うのか良く分からない指標です。ROEやROICなどは分子・分母とも整合性があるのですが、ROAは分子に純利益もしくは営業利益のいずれかづれかを使っても、分母が総資産である限り整合性が取れません。なので、非常に使いづらい指標だと感じます。まあ、ROEとROAを...

  • フォッシルから見る業界変遷の対応策の考察

    フォッシルが厳しい決算を出したので、また株価が1ケタ台に逆戻りしています。スマートウォッチなるものが時計業界に姿を現してから幾ばくか経ちました。スマートウォッチの黎明期では、既存の時計業界の反応は見事に二分していました。スマートウォッチに新たな可能性を見出す派と懐疑的(興味を示さない)派とです。結果論にはなりますが、スマートウォッチは既存の時計業界に大きな影響を与える存在となりました。その中でも、...

  • 2019年11月の投資状況

    今月は忙しく、この1ヶ月は体感的に長く感じてしまった次第です。ブログは全然更新できてませんね。すいません…。今年ももうあと1ヶ月で終わってしまいますが、全く実感がありません(笑) とりあえず今月の投資状況をお伝えします。年初来リターン19.8%(日本株10.9%、米国株35.5%)でした。今月はフィットビットの買収が成立して、そこそこのリターンを得ることができました。特に感想等はありませんが、今月の売買を一部ご紹介し...

  • バリュエーションはアートなのか?

    確かマージン・オブ・セーフティの中で、クラーマン氏が安全域の必要性を説いている場面がありました。その中で、「バリュエーションは曖昧な芸術で将来は予測不可能、投資家は人間であり間違いを犯すので、安全域が必要である。」という文章があります。その文章を読んで、芸術性が皆無な私ですが、バリュエーションは芸術(アート)という言葉に引っかかりをずっと覚えていました。なにしろ、安全域は数字で表されるはずなのに!...

  • 2019年10月の投資状況

    今年もあと2ヶ月で終わってしまいますね。。時の流れは恐ろしいです。最近は仕事が忙しくてなかなかブログを更新できていませんが、時間をみつけて更新していきたいなと思っています。年初来リターン13.9%(日本株6.1%、米国株28.1%)となりました。だいぶリターンが改善されましたが、これはフィットビット様様です。アルファベット社から買収提案を受けましたが、どうなることやら。破断する可能性もあるようなので気が抜けない...

  • ラグビー日本代表 南アフリカ戦へ

    先週、スコットランドに勝利して初の決勝トーナメントに進出した日本代表ですが、本日、南アフリカ戦に臨みます。4年前の奇跡の勝利の再現なるかという感じですが、熱を入れて応援したいと思います。私自身、学生時代はラグビー部に所属していたこともあり、ルールはだいたいはわかるのですが、試合観ててもなんでペナルティ取られたのか理解できない場面もありやっぱり難しい競技なんだなぁと感じます。そもそも、だいぶルール忘...

カテゴリー一覧
商用