searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」さんのプロフィール

住所
奈良市
出身
未設定

当教室では、<スタンダード・コース><音高・音大受験コース><大人コース>の3つのコースがございます。初心者から上級者まで、基本から丁寧に指導致します。 講師紹介 東京音楽大学卒業。全日本学生音楽コンクール小学部門入選、中学部門入賞。プラハにて親善コンクール第3位。東京、神戸、大阪、奈良にてコンサート多数出演。奈良市学園前にて谷真子ピアノ教室主宰。

ブログタイトル
奈良市学園前谷真子ピアノ教室「musica」
ブログURL
http://masakotani190.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
奈良市学園前にある谷真子ピアノ教室です。
更新頻度(1年)

112回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2017/08/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」さんの読者になりませんか?

ハンドル名
谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」さん
ブログタイトル
奈良市学園前谷真子ピアノ教室「musica」
更新頻度
112回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
奈良市学園前谷真子ピアノ教室「musica」

谷真子ピアノレッスン・ルーム「musica」さんの新着記事

1件〜30件

  • ショパン 子犬のワルツ 

    ショパンのワルツ第6番 変ニ長調 作品64-1 について書きたいと思います。フレデリック・ショパンが作曲したピアノ独奏のためワルツで、晩年の1846年から1848年にかけての作品です。デルフィーヌ・ポトツカ伯爵夫人にささげられたこの曲は『小犬のワルツ(子犬のワルツ)』(Valse du Petit Chien)という通称で親しまれています。作品64は3曲からなっており、第2曲の有名な嬰ハ短調のワルツ、第3曲の色彩感豊かな変イ長調のワルツと...

  • ショパン即興曲第1番

    即興曲第1番 変イ長調 作品29 は、フレデリック・ショパンが1837年に作曲した初期のピアノ曲で、キャロリーヌ・ドゥ・ロボー伯爵令嬢に献呈されています。本来、即興曲とはソナタ形式やロンド形式などの形式に当てはまらない作品を呼び、出版社が形式のない曲を総称して呼んでいます。ショパンの即興曲は、有名な幻想即興曲を除くと本作、嬰ヘ長調、変ト長調の3曲がありますが、いずれも三部形式に近く、構成感もしっかりしていて、...

  • J.S.バッハのお誕生日バッハ ゴルトべルク変奏曲(アリアと30の変奏曲) ト長調

    昨日は、J.S.バッハのお誕生日でした。1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) - 1750年7月28日)バッハの作品に ゴルトべルク変奏曲(アリアと30の変奏曲) ト長調/J.S.Bach Goldberg-Variationen Aria mit verschiedenen Veranderungen G-Dur BWV988という曲があります。ゴルトベルク変奏曲はバッハ(1685~1750)によるアリアと30の変奏曲から成る2段の手鍵盤のチェンバロのための練習曲です。全4巻からなる「クラヴィ...

  • 学園前アフタースクールの生徒さん

    学園前アフタースクールの生徒さん、人形の夢と目ざめを弾いています。人形の夢と目ざめは、3つの変奏曲形式になっており、子守唄→お人形の夢→お人形の踊りと変奏されていきます。子守歌→お人形の夢まさ両手で弾けるようになり、最後のお人形の踊りの部分を両手で合わせています。他には、バーナム導入書と音符ワーク2を使って、音符を自分で読めるようになってきています。...

  • ベートーヴェンピアノソナタテンペストより

    ベートーヴェンのピアノ・ソナタテンペストに取り組まれている大人の生徒さんがいらっしゃいます。第3楽章まで進みました。この曲の解釈についてベートーヴェンが「シェイクスピアのテンペストを読め」と言ったように、嵐のような第1楽章と、静けさを保った第2楽章に続いて、第3楽章は、風が一気に吹き抜けるような最終楽章ですが、第3楽章のテンポ設定が難しいかと思います。速すぎず、遅すぎず、心地よいテンポを探しましょ...

  • ブラームス6つの小品作品118

    ブラームス最晩年の傑作作品の一つです。初期、中期の作品では、オーケストラのような響きを持つソナタや変奏曲を書きましたが、1871年の「8つの小品 作品76」から「4つの小品 作品119」まで5つの小品集を書いています。小さい構成のなかに、ブラームスの歌曲に見られるような和声や、詩的な後期ロマン派に見られる詩情が漂う作品です。晩年には優れた小品をたくさん書き、その中でもこの作品118は最も演奏されることの多...

  • レッスンの模様

    チャイコフスキーの四季12月から。大人の生徒さんが弾いていらっしゃいます。終曲らしく、大曲です。ショパンの子犬のワルツを弾いている小学3年生の女の子の生徒さん。最後まで譜読みが出来ました。海外転勤のため、バンコックへお引越しする小学2年生の女の子の生徒さん。モーツァルトのソナタを仕上げるんだと頑張っています。エリーゼのために弾いている小学3年生の男の子の生徒さん。最後まで譜読みが出来ました。...

  • ショパン序奏と華麗なるポロネーズOp.3~室内楽作品から~

    ショパンの序奏と華麗なるポロネーズという曲があります。チェロとピアノのための室内楽作品です。ショパンはピアノための作品を多く書き、室内楽作品の数は決して多くありませんが、室内楽作品においても、ショパンらしいピアニスティックな箇所が多く見られます。序奏では、綺麗なメロディーをチェロが受け持ち、ポロネーズの部分では、ピアノパートが技巧的にも音楽的にも大変活躍します。どちらかと言えば、チェロパートはピア...

  • 今日のお誕生日

    今日は、ヘンデルのお誕生日です。ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(De-Georg Friedrich Händel.ogg Georg Friedrich Händel , 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ出身で、主にイギリスで活躍し、イギリスに帰化した作曲家。生まれは、ドイツですが、イギリスでオラトリオの作曲家として大成功を収めた作曲家です。...

  • ツェルニーの誕生日

    昨日はツェルニーカール・ツェルニー(1791年2月21日 ウィーン - 1857年7月15日 ウィーン)のお誕生日でした。ツェルニーは、オーストリア生まれの作曲家、ピアニスト、兼音楽教師で、練習曲をたくさん書いたことで有名な作曲家です。先日、フランスから帰国されるという生徒さんからお聞きしたErnest Van de Velde ; le deliateurの教本の作曲家をPCで調べていたところ、5歳のピアノ演奏がyou tubeに出てきました。とても上手で...

  • 生徒さんより、録音お疲れ様でしたとチョコレートといちごを頂きました。

    生徒さんより、録音お疲れ様でしたの差し入れのチョコレートといちごを頂きました。名産のビタミンCたっぷりのいちご。おいしそうです。ありがとうございます。小学6年生の生徒さん、ショパンのアンプロンプチュ第1番を弾いています。その後は、フランスに3年程滞在していらした小学生の男の子の体験レッスンでした。フランスの教本Le Deliateurと、発表会で弾いたというDebussyドビュッシーの小さな黒人と...

  • カバレフスキー小さな歌

    現代曲であるカバレフスキーの小さな歌という曲をレッスンしています。レッスンを受けているのは、4歳の生徒さんです。カバレフスキーはロシアの作曲家で、子どものための優れた作品も多く残しています。美しいメロディーを、ピアノでいかに歌うかが課題です。少し和声が変わっていますが、ロシアの雰囲気が漂う旋律とハーモ二ーを持った美しい曲です。 現代曲を覚えるのが苦手な子もいます。カバレフスキーのような現代曲をすぐ...

  • バッハのメヌエット

    今、バッハのメヌエットト長調とト短調の2曲をレッスンしています。レッスンを受けているのは、小学1年生の生徒さん。音楽を聴くのがとても得意な様子。CDをかけると、じっと聞いているようです。作曲者はバッハではないという説もあるようですが、シンプルでありながら、メロディーやハーモニが美しい曲です。自分で譜読みしながらだとなかなか前に進まないので、昨日は、私(先生)が、弾きながら、耳で覚えてもいらました。一...

  • チャイコフスキー四季より

    チャイコフスキーの『四季』に取り組んでいらっしゃる大人の生徒さんがいらっしゃいます。ペテルスブルクの音楽雑誌ヌヴェリストの出版社ベルンハルトが、毎月その時期の風物を描いたピアノ小品をチャイコフスキーに委嘱し、ベルンハルトがこの12曲に《四季》というピアノ曲集のタイトルを付けたそうです。各曲には、1月 炉端にて Janvier:.2月 謝肉祭 .3月 ひばりの歌 Mars4月 松雪草 (雪割草) Avril5月 白夜 (五月の夜) Mai6月 ...

  • クーラウソナチネOP,55-1

    クーラウのソナチネOp.55-1をレッスンしています。この曲は、2楽章から成り、通常第2楽章に当たる緩徐楽章がないため、通して弾くには、テクニックが必要かもしれません。古典派の時代の曲ですが、機械的な指だけの動きにならないよう、音楽をよく感じて弾きましょう。ソナチネ形式である、提示部ー展開部ー再現部の構成をよくアナリーゼして、ストーリが展開していくように弾くと、曲に物語性が出てきます。 4歳の生徒...

  • 小学6年生受験の生徒さん

    3回程お休みされていた小学6年生のMちゃんが、私立中学に合格を果たし、レッスンに復帰しました。おめでとうございます!!お休み中も、ピアノを弾いていたようで、ショパンの即興曲を最後まで自分で読譜して弾けるようになっていました。中学生になったら、コンクールなども頑張りたいそうです。...

  • CDを聴く

    モーツァルトのピアノ・ソナタに取り組んでいらっしゃる小学2年生の女の子の生徒さん。「どんな曲かイメージが湧かない」ということで、来週は、CDを聴くことにしました。新しいオーディオも買ったところなので、良い音で聴けると思います。...

  • 5才の女の子が体験レッスンに来られました。

    昨日、5才の女の子の体験レッスンでした。習い事は初めてで、初めてピアノを弾けるということで、楽しく体験レッスンを受けられました。リズムを叩いたり、音感養成のためのソルフェ―ジュの本を歌ったり、導入教材の最初のページを少し一緒に弾いたりしました。終わってから感想を聞くと、「楽しかった~」と言っていました。どこに行っても泣いてしまうとご心配されてお問い合わせ頂きましたが、しっかり楽しくレッスンを受けら...

  • 体験レッスンの方が見えました。

    5歳の女のお子さんが体験レッスンに見えました。全くの初心者の方です。お母様が、不規則なお仕事をされているので、定期的な送り迎えが難しく、お習い事は、まだ、どれもされていないとの事。ピアノ教室にいくつか行ってみたが、泣いてレッスンが成立しないとのお話。どうかなと思いましたが、泣かれず、楽しくレッスン成立。本人も楽しかった様子。土日だと、お父様が、送り迎えできるので、お父さまと話し合って、また連絡下さ...

  • 3歳のお子さんの体験レッスン

    3歳のお子さんが体験レッスンに来られることになりました。とても小さな年齢の方ですので、プレ導入的なレッスン内容になると思います。初めての初回の生徒さんのレッスンでは、事前に生徒さんの年齢をお聴きし、これまでレッスンした同じくらいの年齢の生徒さんの標準的なレベルを参考に、体験レッスンに来られる前にあらかじめレッスン内容や教本を準備しています。個人差もありますので、その場で様子を見ながら、臨機応変に対...

  • 大人の生徒さん

    大人の生徒さんが故郷の四国のおみやげを持って来て下さいました。ハノンのスケールを24調終了し、アルペジオの練習をされています。曲は、ドビュッシーのベルガマスク組曲、ショパンのノクターンを弾いていらっしゃいます。小さい生徒さんは、ある程度弾けるようになると新しい曲をお渡ししていますが、大人の生徒さんは、弾けるようになった曲を長く持ち、ご自分でお家でも弾いて楽しまれる方が多いです。...

  • メヌエットト長調

    バッハのメヌエット長調に取り組んでいらっしゃる小学1年生の生徒さんがいらっしゃいます。有名な曲で、一度は耳にしたことがある方が多いのではないでしょうか。美しいメロディーで出来ている可愛らしい曲ですので、小さいお子様も、皆喜んでこの曲を弾きます。左手の伴奏が、右手のメロディーより大きくならないよう、バランスをよく耳で聴いて、練習しましょう。あとは、よく歌って美しい音で弾きましょう。バッハ メヌエット...

  • 今週から新年のレッスンがstartしました。

    今週から、2020年(令和2年)のレッスンがスタートしました。今年は発表会開催が一年後と早めですので、発表会の曲からレッスンしています。中学生の生徒さん、リストの愛の夢に取り組んでいらっしゃいます。読譜が難しい曲ですが、最後のページまで、読譜が進みました。後は、よく弾きこんで自分のものとし、ロマンティックに歌い上げてほしいと思います。お人形の夢と目覚めを弾いている学園前アフタースクールの小学1年生...

  • 今月のお誕生日

    1月6日はスクリャービンの誕生日でした。スクリャービンのピアノ作品『幻想曲』から。スクリャービンの作品はショパン風のピアノ小品を数多く作った初期(~1981)、リスト・ワーグナーの影響を受け調性にとどまりながらも神秘和音を使い始め独自の作風を試みた中期(~1908)、そして自分の芸術を神秘主義的思想と結び付けさらに音と色彩の融合を目指した後期(~1915)の3つに分類されますが、「幻想曲」は1900年のピアノ曲で...

  • 次回発表会のお知らせ

    次回門下生による発表会の日にちが決定致しましたので、お知らせ致します。日にち:2020年12月20日(日)場所:アートサロン空(近鉄学園前駅徒歩2分)ゲスト演奏に、クロマティックハーモニカの竹内海人さんをお呼びして、ミニ・コンサートを行います。(曲目は、カッチー二 アヴェ・マリア ピアソラ リベルタンゴ you raise me upです)...

  • アフタースクールの生徒さんがいらっしゃいます

    学園前アフタースクールの小学1年生の生徒さんがいらっしゃいます。オースティンの「人形の夢と目覚め」、ピアノ・ドリーム4、バーナム導入書、リズムの基礎、小学生のためのおんぷワーク2を使ってレッスンしています。無理のない冊数で、楽しくレッスンを続けていらっしゃいます。「人形の夢と目覚め」という曲は、3部分から成り、子守唄→お人形の夢→お人形の踊りというタイトルが付いております。眠っているお人形が夢を見た...

  • 今週のレッスンから

    今週のレッスンから、4歳の男の子の生徒さんのレッスンです。バッハのメヌエットト長調、クーラウソナチネOp.55-1第1,3楽章、ブルグミュラーよりタランテラ、カバレフスキー小さな歌、リズムの本2、よいこのワーク2をレッスンしています。良く弾けるので、芸術的なレッスンから入れます。...

  • 今週で年内最後のレッスンです。

    今週は、年内最後のレッスンです。ショパンの子犬のワルツを練習していらっしゃる小学3年生の女の子の生徒さん。読譜がとても速く、最近は、リズや拍子も正確に読譜できるようになって参りました。ショパンも順調に読譜が進んでいます。子犬がクルクル回る様子を描いたワルツだそうです。小学3年生のモーツァルトのソナタk.545を練習していらっしゃる小学2年生の女の子の生徒さん。難しいと言いながらも、提示部の部分を、両手...

  • ベートーヴェン作曲エリーゼのために

    小学3年生の男の子の生徒さんが、コンクール後、ベートーヴェン作曲の「エリーゼのために」を読譜し始めていらっしゃいます。小さい生徒さんに良く弾かれる曲ですが、読譜するのは意外と難しく、私の教室の発表会では、この曲を弾くのは男の子の生徒さんが多いです。毎年、発表会でこの曲を選んだ生徒さんは猛練習をしています。中間部分は、ベートーヴェンらしく、ドラマティックに盛り上がります。この曲は、ルートヴィヒ・ヴァ...

  • 生徒さんより頂戴致しました。

    大人の生徒さんと、4歳の生徒さんよりチョコレートとコーヒーを頂戴致しました。いつも、どうもありがとうございます。大人の生徒さんは、次の発表会の楽しみにされており、チャイコフスキーの四季に取り組まれます。4歳の生徒さんは、いつも、自分から張り切って楽譜を出して、レッスンを受けられます。...

カテゴリー一覧
商用