住所
出身
ハンドル名
トロさん
ブログタイトル
トロの楽々ポエトリーライフ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mctako
ブログ紹介文
気のおもむくまま、詩を書いています。日常のこと、世界情勢のことなどから感じたことを綴ります。
自由文
-
更新頻度(1年)

106回 / 227日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2017/05/23

トロさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(IN) 31,914位 33,658位 33,763位 33,680位 33,723位 33,805位 33,868位 967,232サイト
INポイント 0 0 10 0 10 0 20 40/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 216位 227位 223位 218位 214位 221位 220位 12,300サイト
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 967,232サイト
INポイント 0 0 10 0 10 0 20 40/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,300サイト
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 967,232サイト
INポイント 0 0 10 0 10 0 20 40/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,300サイト

トロさんのブログ記事

  • ルービックキューブ(近況)

    流行りましたよね~、これ。といっても、第1次ブームのことは、平成生まれの方にはわからないですかね。ほんと、猫も杓子も、これやってたんですよ。一番左が、普通のルービック・キューブ。真ん中が、それより難しいルービックキューブ・リベンジ。そして右が、いちばん難しいルービックキューブ・プロフェッサー。インターネットで調べながら、合わせてみましたが、全部で2時間くらいかかりました(笑)さーて、肝心の小説ですが…現在ようやく、大筋のストーリー展開が、見えてきました。「続き希望」なんて頂いてしまって…たいへん光栄なことです。思ったよりも早く、始められるかもしれません。それと、放送大学ですが、今学期も、ちゃんと中間課題を提出しましたので、たぶん試験受けられます。がんばってきますねー。ルービックキューブ(近況)

  • 満開♪

    裏庭のヤマボウシの木が、満開の花を咲かせています。今日は書くことがないので、この写真でもご覧になってください(笑)2階のベランダから撮ったものです。小説のほうは、より物語に幅を持たせるため、いろいろな本や資料に目を通しているところです。もうしばらく時間がかかります。まー時間をかければいい、というものでもないですけど、どうせなら今の自分に書ける最高のものを、お届けしたいと思っております。満開♪

  • ご用心!

    小説は、約6回分、原稿用紙にして30枚ぶんほど書きました。とりあえず、ひと休みしようかと思いました。そこで、メールをチェックすると、「アマゾン緊急…」と書かれたメールが来ていました。ああ、またこの手のやつか、と思い、すぐに削除しましたが、朝から3通も来ると、さすがに気持ち悪くなってきます。アマゾンさんに教えてあげようかな、と思いましたが、ヘルプを見ると、すでにアマゾンさんとしても、把握されているようでした。こういうメールの特徴として、日本語の文法がどこか変、ということがあります。巧みに真似してますが、悪党のすることなんて、どこか抜けているんですよね。おそらくメールのリンクをクリックすると、個人情報を入力するページに、ジャンプするんでしょうけど…。みなさん、ご用心くださいませ。ご用心!

  • がんばって書いてます

    どうも小説を書き始めると、他のことがおろそかになってしまいますね。借りてきた本やDVDなんかも、観ないでそのままになってます(笑)やっぱり、好きなんですかね、小説を書くのが。ブログの更新も、ちょっとペースダウンしてしまってすいません。その小説ですが…舞台は、今からだいたい100年後の未来です。未来の世界を書くというのは、楽しくもありますが、とても難しいことでもあります。普通に考えたら、100年後なんて、今の人はほとんど生きていないわけです。もちろん書いている僕もです。だから、実際に見ることは出来ないものを、想像力で書くわけですが、そういう中でも、僕は「人間」を書きたいと思います。ファンタジーや神話で、人間ではない神様や妖精などの物語もありますが、そこに描かれているのは、やはり「人間」だと思うんです。ちょっとカッ...がんばって書いてます

  • ちょっと公開

    現在執筆中の、「ライフ・ライブラリ(仮)」です。まだ、8ページほどしか書いていませんが、とりあえずこんな感じで、進めています。書いては直し、また書いては直し、といったくり返しです。今回は、かなり長いものになりそうです。もちろん、こればっかりやっているわけにはいかないのですが。でも、なるべく早く、仕上げたいと思います。期待せずにお待ちください(笑)ちょっと公開

  • ライフ・ライブラリ(仮題)

    まだ未完成というか、書き始めたばかりなのですが、現在書いている小説の仮タイトルです。自分の人生を、そっくりそのまま記録できるとしたら、どうだろうか?そして、その記録を持って、生まれ変わることができたら…?そんなことを考えているうちに、「生まれ変わり」をテーマにした小説を書きたくなりました。まあ、SFなんですが、ネタとしてはそんなに真新しいものではない、と思います。現在、発想をなるべく多岐にわたって広げて、ストーリーを練っているところです。いつごろ完成するか、まだわからないのですが、いずれこのブログにて、発表させていただこうと思っています。ライフ・ライブラリ(仮題)

  • 収穫♪

    近所(車で20分)のブックオフで、連休特別セールをやっていました。で、ハリー・ポッターシリーズを全巻買いました。11冊で600円ほどでした。本が安く買えると、なんか嬉しいですね(図書館で借りればタダですが)またこれで、部屋が片付かなくなりそうですが(笑)これが、連休中の収穫です。収穫♪

  • 花の季節♪

    すっかり暖かく、むしろ暑いくらいになりましたね。スーパーやホームセンターなどに、色とりどりの花の苗が並ぶようになりました。庭が少し殺風景だったので、1つ198円のやつを買ってきました。たぶん地植えでもいけると思うんですが、プランターに植えてみました。花の名前ですが、「ラ・ヴィオラ」と書いてありました。去年のように、とんでもない猛暑にならなければ、長持ちするんじゃないでしょうか。もう2、3種類くらい、あってもいいですね♪花の季節♪

  • 3つの質問

    最近の、中国語のレッスンでは、事前に3つの質問を考えておくように言われています。昨日のレッスンでは、こんな質問をしました。「あなたは車を持っていますか」「あなたはどんな音楽が好きですか」「あなたのご両親は日本に住んでいますか」まあ何てことはないんですが、自分から中国語を話す、という「発話力」の訓練です。質問を自分で調べて、中国語で言う、ということで、受け身にならないようにするわけです。最初の質問の、車に関しては、先生の地元では、金食い虫だし、邪魔になるだけだそうですが、僕の地元のような田舎では、生活必需品です。地元で就職しようと思ったら、車は絶対に必要になりますし、高校生は、卒業したら免許をとるのが普通です。そんなことを話したら、先生は驚いていました。そんな感じで、中国語のほかに、世間話など楽しんでおります。3つの質問

  • 新時代

    今日、50歳になりました~。と同時に、新しい元号になりましたね。「令和」ですか。まだ耳慣れない気もしますけど、そのうち慣れるんでしょうね。前回「平成」が始まったときは、なんかバタバタしていて、お祝いムードどころではなかったような気もしますが、「令和」は、おだやかに始まりましたね~。先日、甥っ子家族と一緒に夕飯を食べました。ささやかなパーティです。甥っ子はひとり、大人の話題についていけず、つまらなそうでしたが。義弟が、あんまり美味そうにウイスキーを飲むので、飲みかけのやつを、持って帰らせました。新時代となり、たぶん両親は、令和の終わりまでは生きていないと思いますが、いずれ、僕や義弟と妹、そして甥っ子の時代になるのですね。どんな時代になるんでしょうか。楽しみです。新時代

  • 「飛ぶ夢をしばらく見ない」山田太一

    少し間が空きましたが、この本を読んでいました。人間はときに、愛について語り、「永遠」という言葉を使います。しかしこの世に「永遠」は存在しない。もちろん、永遠の愛などというものもない。少なくとも人間にとって「永遠」とは単なる概念でしかないのですね。そんなことを考えさせる物語でした。「私」は、病院に入院中、ふとしたことから睦子という老女に出会います。なんと睦子は、会うたびに美しく若返っていくのです。「私」と睦子は、愛し合うようになり、奇妙な関係が始まります。最初は60歳くらいに見えた睦子は、40代、30代と若返っていき、やがて少女の姿に…いったい、彼女の身に何が起こっているのか。わからないまま、睦子との愛に溺れていく「私」でしたが…人間には、始まりと終わりがあります。この物語の睦子は、普通と逆の時間軸を生きているわ...「飛ぶ夢をしばらく見ない」山田太一

  • 「夫のちんぽが入らない」こだま

    いきなりナイスなタイトルですが、これはポルノ小説でもギャグ小説でもありません。普通のことができない、という呪縛に翻弄され続けた、ある不器用な女性の20年間にわたるエッセイです。主人公は田舎の高校を卒業し、独り暮らしを始め、のちに夫となる男性に出会います。2人はごく普通に出会い、ごく普通に恋をし、ごく普通のカップルになります。ただひとつ…ちんぽが入らない、ということを除いて。普通のセックスが出来ない、自分は欠陥人間なのだ、という思いは、それから長い間、主人公を苦しめることになります。しかし、2人は別れることはなく、ちんぽが入らないまま結婚します。「子供を作らなければ」というプレッシャーと、職場での過酷なストレス、それらが主人公を追い詰め、やがては死ぬことすら考えるようになります。僕としては、どうも主人公は、自分ひ...「夫のちんぽが入らない」こだま

  • 「死役所」あずみきし

    前回に続いて、タイトルに「死」が付きますね。縁起でもねえ、と思われた方、ごめんなさい。これはマンガです。この世とあの世の狭間にある「死役所」。病死、事故死、自殺、虐待死…あらゆる死者が訪れる場所です。すべての人は、死役所で手続きをして、天国行きか、地獄行きかが決まります。そこで、総合案内として働いている「シ村」は、いつも笑顔を絶やさず、「お客様は仏様です」が口癖。いったいこれは何だ、悪い冗談か?と、ちょっと読んで思いました。でも、けっこう勧善懲悪というか、スカッとする物語でもあります。そして、死役所で働いている役人たちは、すべて元死刑囚であると…じゃあ、「シ村」もそうなのか?やがて、「シ村」をはじめとする、元死刑囚たちの過去が少しずつ明らかにされると、物語に引き込まれている自分に気づきました。これは、なかなかす...「死役所」あずみきし

  • 「死了」の使い方

    字だけ見るとアレですけど、これは中国語で非常によく使う表現らしいです。基本的には、形容詞の後にくっつけて、「~で死にそうだ」とか、「めちゃくちゃ~だ」とか、そんな意味になります。例えば、疼死了!(痛くて死にそうだった)日本語の「死にそうだ」よりももっと軽く使うそうです。それと、必ずしも否定的な意味ばかりではありません。たとえば、「めっちゃお腹すいた」「すっごく嬉しい」「めちゃくちゃ暑い」のような感じです。興味のある方は、下の動画をご覧になってみてください。「死了」の使い方

  • 水槽を飼う

    家で熱帯魚を飼い始めて何年くらいになるのか、もう覚えていないのですが、続けてこれたのは、やっぱり家族の理解があったのが大きいですね。熱帯魚を飼うということは水を飼うことである、と以前、このブログで申し上げましたが、さらに言えば、熱帯魚を飼うとは水槽を飼うことでもあります。ここに1つ水槽を置こう、と考えるところから、すべてが始まります。考えようによっては、これほど邪魔なものはありません(笑)どのくらいの大きさの水槽が置けるか、によって、どんな魚が飼えるかということが、決まってきます。熱帯魚というのは誰でも簡単に飼えるペットですが、水族館のような巨大な水槽を一般の家庭に設置するのは困難ですから、自分に管理できる規模で始める、ということが必要になります。でも、たとえ小さいものでも、水槽があるというのは楽しいものです。...水槽を飼う

  • コストパフォーマンス

    ウイスキーの空き瓶です。まだ少し残ってますが。この「富士山麓」という銘柄は、お店にもよりますけどだいたい1000~1500円くらいです。そこそこ安く、美味しいので、じっくり楽しませていただきました。ウイスキーには、大きく分けて2種類ありまして、原酒をそのまま売っているものと、いろいろな原酒を混ぜて売っているものがあります。前者はシングルモルト、シングルグレーンなどと呼ばれ、後者はブレンデッドといいます。シングルモルトやシングルグレーンは個性が強く、通好みであり、ブレンデッドは飲みやすく一般向け、というのが、だいたいの特徴のようです。味も値段も、いろいろなウイスキーが売られていて、上を見ていたらキリがない世界でもあるんですが、基本的には、飲んだら無くなってしまうものですので、経済性ということも考えて楽しみたいと思...コストパフォーマンス

  • 外へ出よう♪

    今日は快晴でございます。思わず、散歩に出かけて、外の風景を撮っていました。なんにもないですねえ(笑)ゴミためのような所に、スイセンが咲いていました。近くには「ゴミを不法投棄すると罰せられます」と看板が。まあ、こういう所で、僕は生まれ育ちました。3時間に1本ほどしかない電車、1日3~4本しかないバス(笑)それと冬の大雪。決して住みよいとは言えない土地ですけど、ここから出たい、とはあまり考えたことはないです。今年もようやく春がやってきました。外へ出よう♪

  • 質問あれこれ

    中国語にも、だいぶ慣れてきたような気がしますが…まだまだ、「話せます」なんて言えません。昨日のレッスンでは、これまで覚えた中国語を生かして、先生に質問する練習をしました。「なにか質問してみてください」そう言われても、なかなか…でも、なんとか中国語で疑問文を作り、「あなたはどこに住んでいますか」「あなたの趣味は何ですか」「あなたは子供がいますか」「あなたはアメリカに行ったことがありますか」「あなたは新潟に来たことがありますか」そんな感じで、いくつか質問をすることができました。覚えた文をオウム返しに言う段階は終わり、自分で文を組み立てて言う段階に入った、ということになるでしょうか。そう言えば、亡くなった叔父は、少し中国語が出来ると言っていました。中国人の友達がいたらしいですね。質問あれこれ

  • 生き残り

    ご覧のように、サボテンです。去年は、いろいろな花や観葉植物など買いましたが、枯れずに残ったのは、強靱なサボテンだけでした。サボテンは、真冬の冷気に当てたりしなければ、まず枯れたりすることはないようですね。これらも、冬の間、特に何もせず、台所の窓際に放置しておいたのですが、元気に生き残りました。この生命力が、サボテンの一番の魅力かもしれません。そこは、熱帯魚のナマズの仲間に通じるものがあると思います。手間ひまかけて、気を遣ってやって、ようやく美しく育つものも良いですが、こちらがほとんど忘れていても、ふと気がつくと元気な姿を見せてくれている、そういうものの方が僕は好きですね。要するに、ずぼらな僕でも育てられる、ということですね(笑)生き残り

  • 「あいたい」林部智史

    素晴らしい歌声です。テレビのCMでほんのちょっと聴いただけで、魅了されてしまいました。この方はカラオケバトル出身、つまりもともと素人だったのですね。単に歌がうまいという人なら、たくさんいると思うんですが、心にダイレクトに訴えかけるような、テクニックを超えたものを感じますね~。ぜひお聴きになってみてください。「あいたい」林部智史

  • 今天的天气怎么样?

    昨日から雪が降っています。それも、けっこうな大雪です。新潟でも、こんな時期の雪は珍しいことです。「え~!?雪ですか?」中国語の先生も驚いていました。雪の中、叔母が遊びに来ました。叔父がいなくなって広い家に独りになり、つまらないというか、寂しいのでしょう。昼ご飯を食べながら話していると、本の話になりました。叔父もそうでしたが、叔母もけっこうな読書好きです。内田康夫が特に好きだそうです。内田康夫というとけっこうな数が出ていますけど、すでに亡くなっている作家なので、新刊はもう出ません。ほとんど読んでしまった、と言っていました。「読みたいのがあったら貸してやるから来い」と、雪の中を帰っていきました。今天的天气怎么样?

  • 過ぎゆくもの

    昨日は、叔父の骨納めでした。母が参列しました。叔父については、このブログで何度かお伝えしたように思いますけど、いなくなった、という実感がまだ湧いてきません。なんか、ひょっこり軽トラに乗って田舎道の向こうから、現れるような気がします。まあそれでも、亡くなってから約4か月、滞りなくお墓に入れてやることができました。それと今日、新元号が発表されますね~。前回、「平成」が発表されたとき、僕は19歳でした。太宰治の言葉を借りるなら、「いっさいは過ぎてゆく」ということになるでしょうか。いずれ、昭和生まれ、なんていうと年寄りの代名詞みたいになるんでしょうね。(今もそうか?)過ぎゆくもの

  • いつかきっと(?)

    中国語のレッスンは2か月目となり、少しずつですが慣れてきました。最近では、中国語で簡単な文章を作れるようになりました。今天我上午六点起床了(今日私は午前6時に起きました)まーこの程度ですけどね(笑)文法については、それほど難しくはない、と思いますが、いつも指摘されるのは、やはり発音です。「四声」を意識することは大切ですが、まだ慣れていないので、固くなって口から文章が出てこなくなってしまうんですね。「インプット不足、アウトプット不足ですね~」なんて先生から言われていますけど、いつの日か、中国語でばんばん先生とお話ししたいですね。ちなみに、僕が受講しているのは、「聞き流し」で有名な、スピードラーニングの中国語版です。効果があるとかないとか、いろいろ言われていますが、マンツーマンのレッスンと、「聞き流し」を併用すると...いつかきっと(?)

  • 「認知症と生きる」

    放送大学で、今学期に履修する予定の科目です。試験までまだだいぶありますけど、もう勉強を始めました。いつも試験前にバタバタして、付け焼き刃で試験に臨む僕にしては、珍しいことです。放送大学では、年配の方を意識した科目が多いように感じますけど、この「認知症と生きる」という科目も、高齢化の問題などと関係がある、と言えます。認知症にはいくつかの型がありますが、それによっては僕くらいの年齢でも、始まる場合があります。僕も、中国語のレッスンなどをやっていて、ずいぶん自分の学習能力が落ちたなあと感じることがあります。生きているかぎり、老いるということは避けることができません。いま若い方も、認知症の問題を「自分事」ととらえることが、必要ではないかと思います。「認知症と生きる」

  • 「抽象画入門」金子善明

    これは図書館で借りてきたのですが、買って手元に置いておきたいな、と思う本でした。ひとことで言うと、「抽象画の描き方」の本です。描き方、といっても、特に決まりがあるわけではありません。以前、僕もこのブログに絵を投稿しましたが、子供の遊びと同じで、自由に描けばよいのです。それこそ、この本の言葉を借りるなら、「水彩絵の具と油彩絵の具を混ぜる以外は」なにをやっても良い、ということになります。筆で描かなければならない、という決まりもありません。しかし、そうは言っても、「なにをどうやったらいいのか見当もつかない」ということになるでしょうか。そんなときのアイディア、発想のコツが、いろいろと載っている本です。抽象画を描いてみたい、と思う方や、ちょっとでも絵に興味のある方には、ぜひ読んでみていただきたい本です。「抽象画入門」金子善明

  • 過ぎたるは…

    なんか、良いことばっかり言ってるようですが(笑)やっぱり過ぎたるは及ばざるがごとし、で、飲み過ぎは良くないですよね。昨日は飲み過ぎたわけでもないんですが、ナマズ君にエサをやらずに寝てしまいました。知らず知らずのうちに、適量を過ぎていたのかもしれませんね。少量にとどめておくよう、今日から気を引き締めようと思います。やはり長生きもしたいし、他の好きなことが出来なくなるのも困りますからね。なんか酒の記事ばっかりですいません(笑)過ぎたるは…

  • 夜のお伴♪

    昨日はこんな本を読みながら、眠ってしまいました。至福のひとときです(笑)お酒を飲まない人から見たら、なにが楽しいんだかわからないでしょうけどね…ブログで何度となく言ってますが、僕はウイスキーが好きです。「マッサン」も観てました。日本のウイスキーの先駆けであり、ニッカウイスキーの創始者でもある竹鶴政孝と、その妻、リタがモデルとなったドラマですね。ウイスキーは世界のいろいろな地域で作られていますけど、その中でも5大ブランドと呼ばれるものがあって、スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、そして我が国が誇るジャパニーズウイスキーです。もっとも、カナダ産のウイスキーはほとんどアメリカや日本で消費されています。なぜかというとカナダではウイスキーにかかる酒税が異常に高く、なん...夜のお伴♪

  • 第2の家

    昨日は、精神科の診察日でした。現在、診察および投薬は、4週間に1回で、主治医にお会いするのは8週間に1回です。もう20年以上通っているので、精神病院がもう一つの家みたいになってます(笑)昨日は、主治医に、中国語のレッスンをしていることを言いました。「そこまで出来ている人に、具合はいかがですか、って言うのもねえ…」まあそんなわけで、薬はいつもの通りで、無理しないように、ということで診察を終わりました。前にも書いたかと思いますが、最近では、自分が精神病だという自覚は全然ありません。むしろ健康だという人よりも、心穏やかだと思います。それでも、やはり薬は最低限度、飲まなければいけないし、たぶん病院には一生通わなければならないでしょう。病院スタッフの中には顔見知りもいます。これだけ長く通院しているので、当然といえば当然で...第2の家

  • アート気分♪

    突発的に、絵を描きたくなる時期がやって来ます。動物の発情期みたいなものですかね(笑)写真は、いちおう僕が描いたものですが、絵というよりも、例によって適当に塗りたくっただけです。まあ「筆ならし」みたいなものです。でも、このように写真に撮ってみると、なんとなく「作品」っぽく見えてくるから不思議です(笑)アート気分♪

  • 架空請求

    写真は、ツマミにと思って作ったネギ焼きです。ネギを焼いて、しょう油とみりんと唐辛子で、適当に味付けしただけのものです。ネギが少し生焼けでしたが、まあ食えなくはないです(笑)話は違いますが、僕のケータイに架空請求メールが来ました。「使用料金の確認が取れていません。今日中に下記へご連絡してください」そんな文面で、電話番号を見ると、東京です。誰に何の金を払え、とも書いてないので(書いてあったら恐喝ですね)すぐに架空請求とわかりますが、今は新生活が始まる季節。引っかかっちゃう人も多いんでしょうねえ…このまま削除しちゃうのは簡単ですが、ここはひとつ、世のため人のために、貢献するとしますか。地元の警察に電話しました。「はい、典型的な架空請求ですねー」そのあと、住所、名前、電話番号などを訊かれ、「情報提供ありがとうございまし...架空請求