searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

トロさんのプロフィール

住所
柏崎市
出身
柏崎市

自由文未設定

ブログタイトル
トロの楽々ポエトリーライフ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mctako
ブログ紹介文
気のおもむくまま、詩を書いています。日常のこと、世界情勢のことなどから感じたことを綴ります。
更新頻度(1年)

106回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2017/05/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、トロさんの読者になりませんか?

ハンドル名
トロさん
ブログタイトル
トロの楽々ポエトリーライフ
更新頻度
106回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
トロの楽々ポエトリーライフ

トロさんの新着記事

1件〜30件

  • テキトー画その3

    過去に「絵」のカテゴリーの記事は、だいたい今頃の季節に集中しています。やっぱり芸術の秋なんですかねー。もっとも僕の場合は、絵を描くというより、テキトーに塗りたくって紙を汚しているだけですが。でも、そういう芸術の分野もあるんですよ。写真の絵(?)は、描き終わって眺めてみると、なんとなく「秋」というイメージのような気がしたので(いいかげん)「秋」というタイトルにしてみました。使った画材は、15色のクレパスです。テキトー画その3

  • グランマ・モーゼス

    かつて、アメリカに、80歳でデビューした画家がいました。アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス。「モーゼスおばあさん」と親しみを込めて呼ばれ、101歳で生涯を閉じるまで、多くの人々に絵を通じて愛されたのです。僕は画集を1冊だけ持っているのですが、お世辞にも「上手な絵」ではないと思います。でも、豊かな色使いと、牧歌的な雰囲気で、「いいなあ…」と感じさせるものです。これは、アメリカの古き良き時代の文化のひとつ、「ホーム」を描いたものではないか、と思います。「ホーム」とは、いろいろな意味のある言葉です。マイホーム、ホームシック、ホームタウンなど…「家庭」とか「故郷」というふうに、訳すこともできますけど、英語に独特のもので、他の言語で表すことが難しいものです。残念ながら現在のアメリカは、良い状態とは言えませんが、思い...グランマ・モーゼス

  • Boys be…

    甥っ子の学校は2学期制ということで、これから秋休みに入るそうです。母親である妹が、成績表を持って遊びに来ました。正確には、おかずやお菓子をもらいに来たのですが(笑)孫の成績表を見て、じいちゃんとばーちゃんは大喜びです。僕も見せてもらいましたが、野球とゲームばっかりに夢中になっているわりには、まあまあ良い成績です。「いつ勉強してるんだろ?」と、妹は言っていました。たいして努力もしていないようで、テスト等では良い点を取る…そのへんの器用さは、僕の10代のころに似ている、と思いました。良く言えば「天才型」なんですけど、僕の経験から言うと、それが通用するのは中学までです。最終的には、コツコツ積み上げる「努力型」に追い越されてしまいます。本人は「大学に行きたい」と言っているらしいですが、妹たちは、経済的に「国立しか行かせ...Boysbe…

  • いのちの電話

    僕が住んでいる新潟県は、自殺が非常に多いのですが、ここ最近、コロナ禍の影響か、さらに急増しているらしいです。理由としては、大雪が降るからだとか、あるいは内に溜め込んでしまう県民性とか、いろいろなことが言われると思いますけど、どこに住んでいたって、一生懸命生きていれば、一度くらいは、すべて投げだしたくなってしまった、ということは、誰でもあるんじゃないでしょうか。そんなとき、電話で相談に乗ってくれるサービスもあります。「いのちの電話」というものです。専門の相談員が、電話で話を聴いてくれるものですが、僕も、この相談員の仕事を、やってみたいと思ったことがあります。しかし、これは完全なボランティアで、交通費、宿泊費、そして研修費、いっさい出ません。まあ、お金を稼ぐ目的では困る、という考え方なのでしょうけど、心の問題を解決...いのちの電話

  • 好久没見了!(お久しぶり!)

    ネタ切れのため、しばらく更新をお休みしておりました。特に、都合が悪いとか、具合が悪いとか、そーゆーことではないです。先日、普段は飲まない日本酒を、1合半ほど飲んだところ、とたんに眠くなり、4時間ほどうたた寝してしまいました。ちょっと疲れがたまっていたかもしれません。僕は日本酒は嫌いではないですが、やっぱりウイスキーよりは量が多くなるので、あまり頻繁には飲まないことにしています。日本酒も凝り出すとキリがなく、高いもの、珍しいものが欲しくなってしまうので、お金に余裕がないときはダメですね~。やはり僕には、2本で税込2200円のウイスキーが合っているのではないかと思います(笑)好久没見了!(お久しぶり!)

  • 米どころ

    昨日、義弟の両親が、車で2時間かけてやって来ました。義弟の実家は農家で、毎年、米を売っていただいています。しかし、「体力が続かない」のと、「後継ぎがいない」ので、「今年で終わりにさせてほしい」ということでした。以前、中国語の先生に、ウチでは米は作っていない、と言ったら、意外そうにしていましたが、新潟県でも、米作りをする家はどんどん減っています。まあ、新潟県の人口そのものが減っているわけですから、当然といえば当然かもしれませんが、決して、割のいい楽な仕事ではないですよ、農業というものは。それでも、新潟県が「米どころ」として有名なのは、冬の大雪以外の自然災害が比較的少ないから、かもしれません。せっかく苦労して稲を育てても、台風とかでダメになってしまったら、何にもならないですからね。それとやっぱり、水でしょうか。新潟...米どころ

  • 良い知らせ

    僕の父には、妹が2人いまして、一人は僕が生まれる前に若くして亡くなったそうです。もう一人は、車で30分くらいの距離の、お隣の町に住んでいます。僕にとっては叔母ですが、その叔母から、先日電話が来ました。叔母は現在、病気療養中なのですが、検査の結果、今のところ順調ということでした。「兄貴のこと、頼むよ」叔母には、幼い頃からずいぶんと世話になっています。今でも、病気を押して訪ねてきては、ご飯をおごってくれたり、いらんと言っているのに小遣いをくれたり、自分の子供以上に僕を可愛がってくれています。若い頃からアクティブな叔母で、国内、海外問わず、いろいろな所に旅行したりして、自分の好きなように生きて、また他人からも頼りにされてきたようです。その叔母も、子供たちは独り立ちし、晩節を迎えています。「ウチのとっつぁんより長生きし...良い知らせ

  • ちゃんと勉強します

    放送大学より、テキストが届きました。今回は、「歴史と人間」と、「現代フランス哲学に学ぶ」の2科目です。今回の目標は、とりあえずきちんと勉強すること。当たり前のことみたいなんですが、今までのように、試験直前になっていきなり付け焼き刃で勉強して、ほとんどヤマカンで単位を取ってしまう、というのはやめよう、と思うんです。入学当初は、心理学の専門家になりたかったんですが、それを断念してからは、自分の興味のおもむくままに、面白そうな科目を履修しています。もちろん心理学も面白いんですけどね。だからこそ、1つ1つの積み重ねを大事にして、きちんと勉強しよう、と思うんです。ちゃんと勉強します

  • アイルランド

    アイルランドに行ってみたい、と思っています。僕の人生に関する、いろいろな問題、父の介護とか、仕事とか…そういうものが落ち着いたら、ゆっくり彼の国を訪ねてみたい、と思うのです。まあ、アイルランドという国に関しては、漠然とした「いいなあ」というイメージしかないのですが。豊かな自然や、フレンドリーな国民性などに惹きつけられます。あと言葉の問題ですが、アイルランドの公用語はゲール語(アイルランド語)となっていますけど、ほとんどの人は英語を使っているそうですね。僕の今の英語力は、英検2級程度じゃないかなと思います。それを、もう少しがんばって、準1級くらいに上げたいです。今は中国語と英語の2つを、平行して勉強しています。よく、外国に行きさえすれば外国語が話せるようになる、という誤解がありますけど、日本での生活を考えれば、そ...アイルランド

  • リラックス♪

    夏の間に、ずいぶん成長しました。いちばん右の鉢だけ、なぜかフライパンに入っています(笑)さて、このブログですが…以前より肩の力が抜けたと言いますか、リラックスした感じになった、と思って頂けると幸いです。やっぱりあの文学賞で落ちたせいかなあ(笑)更新の頻度は、上がっているんですけどね。これから、ほんのつかの間ですが、僕の好きな季節がやって来ます。ゆったりと過ごそうと思います。そのうち、すぐに大雪が降ってきますからねー。リラックス♪

  • オカリナと塗り絵

    最近、ぜんぜん吹いていなかったオカリナを、また吹いてみました。楽譜は、映画「タイタニック」のテーマです。いい曲ですよね。そして、これは、塗り絵の本です。今までは、「塗り絵なんかやったってしょうがない」と、本屋で見かけても無視していたのですが。これまで気にかけていなかった、音楽や絵に関すること、無駄だと思っていたことに、目が向くようになりました。それだけ、気持ちにゆとりが無かったのかもしれません。無駄なことって、けっこう大事なんですよね。オカリナと塗り絵

  • 買い換え♪

    愛用の、ファーウェイ社のタブレット端末(裏側)です。いつ頃購入したのか、もう忘れてしまったものです。現在のアンドロイド端末はバージョン9~10くらいが主流のようですが、これはバージョン6です。よくまあ、使い込んだものです。最近、誤動作したり、反応しなかったりすることが多くなり、思い切って買い換えることにしました。それでも、これで他の方のブログを見たり、電子書籍を読んだり、メルカリを使ったりと、ずいぶん活躍しました。それにしても、涼しくなりましたね。エアコンの出番も、冬の暖房まで、しばらく無さそうです。買い換え♪

  • 生意気盛り

    先日、甥っ子が久しぶりに遊びに来ました。中学生になって、すっかり足が遠のいていたので、「どうしてるかな」と思っていたのですが。まあ、いつまでもジジババの家に入り浸っているようでは困るんですけどね。学校に部活にと、毎日忙しいようですが、担任の先生のことは「ウザいハゲ」とか言っています。そんなことを言うようになったんですね。まあ生意気盛りですからねー。すっかり思春期の少年ですね。成長したもんです。赤ん坊だったのが、つい昨日のことのようです。生意気盛り

  • アレをソレしてくれ

    「あの人、あの時アレになったよね」テレビを見ていた母が突然言い出しました。…はあ?「アレ、アレ。ほら、あの時」何を言っているのですかね?「アレって何だよ」「ほら…NHKの」朝ドラの、広瀬すずの妹を演じた女優さんのことを言っていると思われます。…慣れというものは恐ろしい。最近では、代名詞だけでも何となくわかるようになってしまいましたよ。芸能人の名前だけではなく、ごく普通のものの名前も、出て来づらいようです。「冷蔵庫の中のアレ出して」「トコロテンか?」「違う違う」「ギョーザ?」「違うよ。あー出てこない」「じゃあ酢豚だな」「そうだ!」頭の中のイメージはあるようです(笑)「私が認知症になったら、じじいは特養(特別養護老人ホーム)に入れてくれ」母はそう言っていますが…僕としては、父の介護が終わったら、母には、母の人生を楽...アレをソレしてくれ

  • なぜ書くか

    僕はなぜ、小説を書くのでしょうか。ご存じのとおり、前回の応募では、僕の小説は落選しました。それでも、書き続けたいと思い、いつかは小説家としてデビューしたいと思っています。なぜでしょう?それは、僕にとっては、小説を書くことは、最も現実的で、堅実な道だからなんです。「そんなことはないだろう。小説家になるのは並大抵のことではない。ほとんどの人にとっては夢物語だ」というご意見があることは承知しております。そして、それはまったく、正しいと思います。しかし、僕のような精神的もしくは知的に障害のある人が、普通の企業で働くというのは、たいへん難しいのです。もちろん、政府の方針で、企業は一定の人数の障害者を雇わなければならないことになっていますが、実際、そのとおりにしている企業はほとんど無いし、好きこのんで障害者を雇う企業はあり...なぜ書くか

  • 中検

    中検(中国語検定)というものがあるのは、以前より知っていました。やっぱり中国語を勉強していても、中国語を覚えてどうするのか、という、具体的な目標があったほうがいい、と思うんです。たとえば、「中国に旅行に行きたい」とか…僕の場合、これまでは「レッスンがあるから勉強しないと」というものでした。しかし、レッスンが終了した今、自分で目標を設定して、モチベーションにつなげていきたいです。そのための、中国語検定なわけです。準4級から1級まであります。準4級は楽勝のような気がしたので、それよりワンランク上の、4級を目指してみようかと思います。1年くらい勉強すれば、合格出来るでしょうか。もし合格できれば、履歴書にも書けるし、なんか役に立つかもしれません。中検

  • 空き部屋♪

    玄関に置いていた水槽の魚が、寿命のためぽつぽつ死に始め、ちょっと寂しくなったので、思い切って魚を移し換えました。結果、一つ空っぽの水槽が出来ました。とりあえず石と水草でそれっぽくレイアウトしてみましたが、せっかくなので、この水槽にもいずれ、何か魚を入れたいと思います。しかし、今魚を購入するのは、猛暑のためリスクが大きく、どんな魚がいいかな~と、眺めて楽しんでおります(笑)また夜行性のナマズがいいかな、いや、それよりもキレイでよく泳ぐ魚のほうが…などと、妄想はふくらみますが、ひとまずは空き部屋です。今年の夏は、3つの水槽を、涼しいところに移動させました。おかげで、寿命で死んだものを除き、すべての魚が元気です。ナマズ1号、3号も、姿はあまり見えませんが、元気です。早く夏が終わって、魚の観賞に適した季節にならないかな空き部屋♪

  • 時代の変わり目

    先日、NTTドコモから来た通知です。お持ちのガラケーは、もう修理できないということらしいです。しかも、5年後くらいには、ガラケーそのものが使えなくなると。要するにスマートフォンに変えろと言っているのですが、まあこれも時代の流れ、というか、変わり目でしょうか。って言うか、僕が時代に取り残されているんでしょうか(笑)でも、僕の場合、ノートパソコンとタブレットがあるし、ガラケーに関しても、中国語のレッスンくらいにしか使っていなかったので、それも終わってしまった今、スマホなんていらんと言えばいらんのですが。まあ、まったく電話ナシというわけにはいかないので、メーカーのほうでそういう事情だと言っている以上、今度はスマホに変えるしかないかな、と思ってます。最近ではスマホ依存症、なんてことが言われていますが、あれって、そんなに...時代の変わり目

  • ちょっとだけ「存在と無」

    以前、当ブログにてご紹介しましたが、難攻不落の哲学書、サルトルの「存在と無」について、「読み終わったら解説してほしい」といったお声をいただきました。しかし、難解なうえに内容が膨大であり、全部というのは僕の頭脳ではとても無理ですので、まず、冒頭の文を引用して、ほんのちょっとだけ解説してみたいと思います。「現代思想は、存在するものを、それをあらわす現われの連鎖に、還元することによって、いちじるしい進歩をとげた」これが冒頭です。昔はこれだけで拒否反応が出てしまいましたが(笑)ここでいう「存在するもの」というのは…たとえば「リンゴ」としましょう。そして「それをあらわす現われ」、つまり「リンゴ」を表す、「赤い」「丸い」「甘酸っぱい」…いろいろ。そうしたものは、古い哲学では「現象」といって、「リンゴ」の本質とは別だと考えら...ちょっとだけ「存在と無」

  • 瓷娃娃

    不思議なもので、レッスンが終了してから、中国語に関しては、俄然、やる気が出て来ました。まあ、レッスンを受ける前に買っていたCDや本など、教材は豊富にあるし、今はYOUTUBEなどで手軽に中国語に触れることができます。せっかく基本がある程度出来たのですから、フェイドアウトしてしまわないようにしたいです。それはさておき、タイトルの「瓷娃娃」(ツーワーワー)とは、中国語で「陶磁器のお人形さん」という意味で、元卓球選手の、福原愛さんの中国でのニックネームなんです。福原愛さんは中国でも人気者で、国民の間で親しまれています。当然ですが中国語もとても上手い。僕には、どれだけ上手いのか見当もつきませんが(笑)中国のテレビにもよく出ておられるようですね。動画を貼っておきますので、よければ見てみてください。(長いのでちょっと見るだ...瓷娃娃

  • あの手この手

    残暑厳しいですが、鳴いているのは、ミンミンゼミですね。子供の頃、ミンミンゼミが鳴き始めると、ああ夏休みが終わるなあ、と思ったものです。…で、突然ですが、皆さんのところには、おかしなメールが届きませんか?大抵、アマゾンとか楽天とかSMBCとか、大手のサイトをかたったものです。「あなたのアカウントの利用制限をしています」「クレジットカードの情報の確認がとれませんでした」などと、おかしな文章の下にバナーが張ってあって、クリックすることを促すものです。本物によく似せて作ってありますが、詐欺だというのがミエミエです。中には、「あなたに5万円進呈します」なんてのもありました(笑)欲しかったらクリックしてください、と。まったく、あの手この手で、よくやるものですが、中には引っかかっちゃう人、いるんでしょうね…僕は一時期、チェス...あの手この手

  • 谢谢! 再见!

    昨日は、中国語の最後のレッスンでした。3人の先生は退職されるそうで、これでお別れです。最後ということで、じっくりこれまでの復習をさせていただきました。今、中国という国に対しては、国際的に風当たりが強くなっていますね。僕も、正直、今の中国には行きたいと思いません。でも、言葉を覚えるということを通じて、素晴らしい出会いを経験しました。中国語という言語を選んで、良かったと思います。レッスンの最後に、「今までよくついてきてくださいました」と、先生からお言葉をいただきました。僕は、「今まで楽しく勉強させていただきました」と、感謝の言葉を述べました。中国語には、挨拶だけの意味を持つ言葉は少ないのですが、出会ったときの「你好!」(こんにちは!)と、別れるときの「谢谢!再见!」(ありがとう!さようなら!)は非常によく使います。...谢谢!再见!

  • 盲点

    写真は、口臭チェッカーです。ゼロから5までの6段階で、口臭の強さを測れるものです。ゼロという表示になっていますが、歯磨きの直後に、測定した結果です。この時期、汗をかくし、蒸れるので、身体の匂いにはけっこう気を遣いますけど、口臭、つまり息の匂いって意外な盲点ではないかと思います。それに「お前、口が臭いぞ」なんて注意してくれる人はめったにいないですよね。まあ、でも、人間なら多少の口臭はあるのが当然ですし、僕も、酒を飲んだ直後は当然酒臭いと思います。あと、タバコ吸う人は近くに寄ればわかります。モデルみたいな女性で、化粧をバッチリ決めていても、異様にヤニ臭い人もいますよね。それと、胃腸の調子が悪かったり、なにかの病気があって、口臭がキツくなることもあると思います。うちの母も以前、ドブみたいな口臭を放っていたので、「病院...盲点

  • 行く道

    最近、更新が気まぐれというか、頻繁ですが…いかがなもんでしょ?近所に、認知症(たぶん)のお婆さんがいます。以前、よく我が家にやって来ました。用事は、いつも決まっています。「こちらに、○○ちゃんが来ていませんか」同じ用事で3回来たこともありました。○○ちゃんというのはこのお婆さんのお孫さんで、女子高生です。僕の家なんかに来るわけがないんですが。正直「またか」と思いますけど、邪険に追い払うわけにもいかず、かといって世話を焼きすぎるのも良くないような気がして、「来てませんよ-」と普通に言うしかありません。認知症は、早ければ僕くらいの年齢でも発症することがある、といいます。まあ、行く道なんですよね。父も母も、今のところはしっかりしていますが、いつかは認知症になるかもしれません。そう考えて、そのお婆さんのことは、みんなで...行く道

  • 命のバトン

    先日、カブトムシ君が死んでいました。最近あまりエサを食わなくなったなー、と思っていたのですが。購入してから、約2か月…成虫の寿命としては、まあまあこんなものでしょう。ケースには専用の土が敷いてあるのですが、上手くいっていれば、メスがその中に卵を産んでいるでしょう。それがやがて幼虫になり、サナギになって、来年の夏には成虫になる…そのようにして、命のバトンは、受け継がれていくのですね。クワガタのほうは、たぶん成虫のまま冬を越すと思われるので、まだ生きています。冬になっても、クワガタのエサって、売ってるのかな…?命のバトン

  • 「15歳のテロリスト」松村涼哉

    これは…凄い!大して期待もせずに購入し、その後、積ん読していたのですが、やっぱり何か惹かれあうものがあったのですね。こんなに面白いとは思わなかった。第一印象だけで何もかも決めてしまうのは良くないですね。読まないでブックオフに持って行かなくて良かったです。新宿駅で起きた爆破事件と、その犯行声明を出した、まだ15歳の少年。事件を追う、かつてその少年と会ったことのある記者。少年を事件に駆り立てたものは何か?これだけ書くと、ありがちなサイコスリラーのようですが、読み進めるうちに次々と予想を裏切られ、やがて事件の背後にある真実と、巨悪の存在が徐々に明らかになってきます。ネタバレになるので、これ以上は書きませんが、残酷な現実を描きながら、ここまで美しく、ピュアな物語を、僕は知りませんでした。ぜひ、多くの方々に読んで頂きたい...「15歳のテロリスト」松村涼哉

  • 「売れる作家の全技術」大沢在昌

    皮肉なことに、小説を書くことからしばらく距離を置いてみようと決めてから、こういう本がじっくり読めるようになりました。小説家になることにこだわらなくても、別の選択肢もあるのではないか、それはいつも考えています。ただ、距離を置く、というのは、今一度冷静になって、ちょっと高い位置から物事を俯瞰してみる、何をなすべきか考えてみる、ということです。この本の著者の大沢在昌さんは、23歳で小説家デビューされているのですが、それから11年間もの間、本がほとんど売れなかったそうです。28作も書いたがすべて初版止まりで、「永久初版作家」と呼ばれたといいます。たいへんな苦労ですが、今はその当時よりももっと厳しいといいます。売れない新人に28作も書かせてくれる、そんな余裕のある出版社はどこにもないそうです。そんな中で、小説の世界に殴り...「売れる作家の全技術」大沢在昌

  • 焦りすぎ

    先日、「ヘッケルと私」を公開し、いろいろな方のリアクションやコメントをいただきました。そうした中で、気づいたことがあります。自分は小説で成功したいと、焦りすぎていたのではないかと思うのです。結果ばかり求めていたのではないか、と。結果に到る様々な過程を楽しむゆとりを無くしていたように思います。なので、これからはあまり焦らず、小説ばかりにこだわらず、いろいろとやっていきたいのです。そこで、約1年間、そういう期間をつくろうと思います。その間に、いろいろな本を読んだり、映画を観たりもしたいですが、この間言及したAIに関することとか、外国語など、その他、いろいろです。なんだ、今までと大して変わらんじゃないか、と思われそうですが、実はそのとおりであります(笑)でも、今までと違い、心情的には、だいぶゆとりがあります。その中で...焦りすぎ

  • 今後のために

    先日お伝えしましたが、某新人賞に応募したものの、力及ばず落選となった作品を、せっかくなので公開したいと思います。小説家志望者としては、理由はどうあれ「ダメだった」作品を公開することは、恥ずかしくもあり、不本意でもありますが、これも今後の糧となれば良いかな、という考えにより、あえて1文字も改稿せずに晒したいと思います。お時間と興味が許しましたら、是非お読みになってください。タイトルは「ヘッケルと私」です。ヘッケルと私今後のために

  • 「エル・トポ」

    知る人ぞ知る映画です。僕は10代のころ、ビデオテープでこの作品を観て、衝撃を受け、DVD化されるのを待ちに待って入手しました。現在ではHD版も出ていたりして、そんなに有り難いものではありませんが、それでも、ファンにとっては名作です。流浪の凄腕ガンマンであるエル・トポが、マーラという女と砂漠を旅しながら、4人の銃の達人に戦いを挑むのです。4人はいずれも、エル・トポを上回る神がかりの実力の持ち主ですが、非道な手段で4人すべてを倒したエル・トポは、勝負することの空しさを思い知らされ、打ちのめされます。その後彼は、銃を捨て、弱い人々のために生きようとするのですが…まあ、当時としては非常に魅力的だったと思います。今観ると、やや演出過剰という気がしないでもないですが、それでも、僕にとっては創作の原点であり、生涯忘れられない...「エル・トポ」

カテゴリー一覧
商用