searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

トロさんのプロフィール

住所
柏崎市
出身
柏崎市

自由文未設定

ブログタイトル
トロの楽々ポエトリーライフ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mctako
ブログ紹介文
気のおもむくまま、詩を書いています。日常のこと、世界情勢のことなどから感じたことを綴ります。
ブログ村参加
2017/05/23
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、トロさんをフォローしませんか?

ハンドル名
トロさん
ブログタイトル
トロの楽々ポエトリーライフ
フォロー
トロの楽々ポエトリーライフ

トロさんの新着記事

1件〜30件

  • …また、やってしまった。

    皆様、ご無沙汰しております…いててて。やってしまいました。2度目のギックリ腰です。最近、写真が無くて申し訳ないのですけど、見たくないですよね、僕の腰の写真なんて(笑)とにかく今回は痛みが強く、痛み止めを飲まざるを得ませんでした。ようやく今朝あたりから痛みが和らいできて、こうしてブログを書く余裕も出てきたんですけど、人間、腰がダメになると、すべてダメになっちゃうんですね。まあそんなわけで、取り急ぎ、ご報告です。次回はもっと楽しい話題で、お会いしたいですね。…また、やってしまった。

  • キャンプ気分

    昨日の夜ですが、突然、轟音が響きました。どーん!!!!次の瞬間、停電して真っ暗になりました。落雷だというのは分かりましたが、まーとんでもないですね。このところ、新潟県では大気の状態が不安定で、落雷で家の屋根が壊れた例もあるらしいです。さて、真っ暗な中で、いつ復旧するかもわからないので、懐中電灯をつけて、コーヒーを淹れて飲みました。キャンプみたいでけっこう楽しかったです。子供の頃、停電すると意味もなくワクワクした、あの感覚を思い出しましたね。約2時間ほどで、電気が戻りました。ニュースにもならなかったことを見ると、ごく狭い範囲の停電だったようです。ちょっとビックリしましたが、大した事にならなくて良かったです。それに、こうしてブログのネタにもなったし(笑)キャンプ気分

  • 健康こそ財産

    市の推奨する健康診断の時期がやって来ました。かかりつけの精神病院には内科もあるので、そこでやってもらうことにしました。僕のような自由業(?)にとっては、健康こそ財産です。いつもの基本的な検査に加えて、今回は前立腺ガンの検診が加わります。前立腺の検査ということで、なんか妙なことを想像していたのですが(笑)ただ血液を少し採っただけでした。結果ですが、やはり血糖値が高い。血圧も高い。まあでも、これらに関しては薬も飲んでいるので、そうすぐに治るというものでも無いです。あとは、心電図、肝臓や腎臓などは、今のところ異常なしです。それと、前立腺についても、今回は異常なしでした。高齢の男性には、ありがちな病気です。「3年に1回ほどは検診を受けましょう」とのことでした。そんなわけで、恒例の健康診断は終わりました。とりあえず、もう...健康こそ財産

  • スローライフ

    夏の間、ほとんどコーヒーを飲まなかったのですが、この季節になって、また飲み始めました。インスタントコーヒーをカップにドバッと入れて、お湯をジャーでも、もちろん美味しいですが、ここはやはり、コーヒーを淹れる時間も、飲む時間も、楽しみたいものです。コーヒーは豆の状態で購入し、冷凍保存します。愛用のコーヒーミルで挽いて使用します。面倒なようですが、味わいが全然違いますので、オススメです。淹れ方は、普通にハンドドリップです。一杯のコーヒーが出来るまで5分くらいかかっちゃいますけど、今どき貴重になったスローライフを、楽しんでいます。コーヒーを淹れるのに必要な、ミル、サーバー、フィルターなどは、一度買えばメンテも必要ないので、それほど費用もかかりません。手間をかけることも、ひとつの楽しみと考えています。コーヒー豆は、500...スローライフ

  • 反復と継続

    何をやっても3日坊主の自分ではありますが、中国語はいまだに、続けています。もっとも電話レッスンは終わってしまったので、独学で、ちょびちょびやってるんですが。現在、中国はなんか妙に、世界中から嫌われてるような感じですが、僕は中国の文化や、雄大な自然などが好きです。スケールが大きく、とんでもないことを思いつく国民性や、独特のツメの甘さなども(笑)まーそれは別にしましても、何か、物事を身につけて、役に立てたいと考えるならば、反復、それと継続、すなわちくり返し学習すること、そしてそれを続けること、それしかないんじゃないでしょうか。中国語をやっていると、そのことを実感します。要領よく短期間で身につけたことは、やっぱり短期間で忘れちゃうんじゃないですかね。天才というのは確かにすごいですが、コツコツ努力する人に、最終的には勝...反復と継続

  • 大航海時代

    最近、30年ほど前に売られていたゲームをする機会がありまして、それ以来、世界史、それも大航海時代と呼ばれるころの歴史に、興味を持ちました。地球のすべてを手中に収めたいスペインとポルトガルが、航海を通じて覇権を競っていた時代です。そのころ、日本では戦国時代でした。鉄砲という恐ろしい武器が伝わり、1549年には、フランシスコ・ザビエルが来日しました。当時のポルトガルの思惑としてあったのは、やはり日本の植民地支配です。これに激怒した豊臣秀吉は、キリスト教を激しく弾圧し、後世の歴史家に「狂気の沙汰」と言わしめる朝鮮出兵を行い、日本の威を知らしめようとしました。その後、日本は鎖国政策へと向かうわけですが…思えば、大変な時代だったわけです。現在、世界はコロナ禍にありますが、世界的な病気の大流行、いわゆるパンデミックというも...大航海時代

  • 魔のゲーム

    ずっと以前、僕は自作の小説の中で、「チェスは人生を狂わす魔のゲームだ」と書きました。登場人物の一人に、そう言わせたんですけどね。まー何でも頂点を極めるのは非常に厳しいものがあるわけですが、チェスというものには、ある種の悪魔的な魅力と、危険性があると思います。理想としては、勝っても負けてもおおらかに、相手を尊重しつつ、やるのがいいと思います。勝負ですから、勝ったり負けたりするのは当然で、勝ちっぱなし、負けっぱなしは勝負ではありません。例えば、負けが込んでいるときなど、つい熱くなって、冷静さを欠いてしまうことがあります。そんなとき闇雲に対戦を重ねても、さらに負けるだけです。そういう僕も、負け続けて徹夜したりしたことがありますが、いけませんね。人生狂いかけています(笑)どんなに強い人でも、最初は初心者だった、というの...魔のゲーム

  • チェスと将棋

    先日、ガラケーからスマホに乗り換えました。これからは、家の外でインターネットが出来ます。そこで、しばらくやっていなかったチェスを、また始めました。母を病院に連れて行ったときの待ち時間などに、車の中でやっています。でも、日本に住んでいると、生身の人間とチェスをする機会は、ほとんどありません。そういう意味では、将棋のほうがいいのかな?とも思います。よく言われることなんですが、チェスと将棋では、どちらが難しいのでしょう?僕としては、どっちも難しい!と思いますけど…。日本では、チェスは将棋ほど盛んではないので、チェスの本なども少ないです。また、国際的には、チェスの達人の称号であるグランドマスターを得た人は、日本人の中にはまだいません。将棋の羽生善治さんは、チェスもとんでもなく強いらしいですが、彼にとってはチェスは趣味の...チェスと将棋

  • 「ワンピース」尾田栄一郎

    ご存じ大ヒット作です。まだ最初の方しか読んでいませんが、面白いと思います。売れるものには、やはりそれなりの理由がある、ということでしょうか。小さな港村に住む少年ルフィは、村に立ち寄った海賊に命を助けられたことから、自分も海賊となるべく、その10年後に村を旅立ちます。脳天気なルフィですが、目指すものはとてつもなく大きい。彼の夢は海賊王になること。富と、名声と、力の、ひとつなぎの秘宝、すなわち「ワンピース」を手に入れることなのです。女性が着るワンピースとは、意味合いが違うんですね。なんか、男のロマンって感じですけど、女性が読んでも面白いんじゃないでしょうか。ルフィはこれから仲間を見つけ、困難を乗り越えて、幾多の冒険を…なんかワクワクしてきました。遅ればせながら、楽しみたいと思います。「ワンピース」尾田栄一郎

  • 2021/10/16

    メルカリで買ったコケの一種です。可愛い花が咲きましたよ。せっかくスマホを買ったので、お試し投稿してみました。2021/10/16

  • スマホデビュー

    ようやく、という感じですが、スマートフォンを買いました。妹の勧めで、僕と母のぶんを買いました(父には必要なし)母は今までのガラケーさえ、よく使いこなせていなかったのですが、「とうぶんケータイ使えないから」と言って、親戚や友人に固定電話で連絡しまくっています(笑)僕はとりあえず、動画や音楽など視聴しております。けっこう便利ですね~。若者が依存してしまう気持ちが、ちょっとわかったような気がします。それと、例の小屋の取り壊しが完了しました。家の前がすっきり広くなり、バーベキュー大会が出来そうです。父は少し寂しそうでしたが。盆栽や木工の道具をしまったり、ないしょで飲んだ酒のビンを隠したり(笑)いろいろと思い出があったようです。スマホデビュー

  • モネの真似

    3回連続で、絵の記事ですが、まーよろしくお付き合いくださいませ。今回、模写というか真似て描いてみたのは、クロード・モネの絵画です。右上に映っているのが、参考にした画集です。印象派の絵画はいいな、と思います。使用した画材は、カランダッシュのクレパス、30色です。これも右に映っていますね。湖というよりは、池のような…?オリジナルには遠く及びませんが、生命力あふれる感じが、出せているでしょうか。モネの真似

  • ちょっとだけ丁寧

    ゴーギャンの絵を、少し真面目に、真似て描いてみました。いつものテキトー画とは、ちょっと違いますよね?…同じように見えますか?オリジナルには、馬や人物が描かれているのですが、面倒なので省略しました(笑)使用した画材は、色鉛筆です。カラフルで温かみのある感じが、出ているでしょうか。ちょっとだけ丁寧

  • 毎年恒例

    まだまだ暑いですが、芸術の秋ですね~。そこで、例によってテキトー画です。確か去年の今頃も、こんなことをしていたようでしたが(笑)これは、人体の血管のようにも、見えなくはないですが、基本的に、無作為に描きなぐっただけのシロモノです。作為が入っちゃうと面白くないんですよね、僕の場合は。なので、作品というよりは、「行為」といったほうが適当かもしれません。つまりは幼児のいたずら描きと同じということです(笑)毎年恒例

  • 買い替えどき?

    ブログ投稿、ゲーム、小説の執筆など、いろいろと活躍してきたこのPCですが、そろそろ新しいのに買い替えなければならんかなあ…と思っています。2018年に買ったものなんですが、どうも最近、調子が悪いのです。文章を入力するとき、タイプしてから10秒くらい遅れて文字が出たりとか。そう思っていましたが…買い替えようかな、と思ったとたん調子が良くなりましたね。そういうことって、あるらしいですね。機械に魂が宿るみたいに、もっと使ってくれー、と言っているような。僕の使い方が悪かったのですかね?まあいずれにしても、壊れたらすぐに買い替えられるように、準備しておきますか。買い替えどき?

  • ハーモニカを吹く

    最近の楽しみは、ハーモニカを演奏することです。まー演奏というか、ただ「鳴らしている」といったほうが近いですが(笑)それでも、簡単なアメリカ民謡とか、Jポップなどを吹いて、楽しんでおりますよ。うまくなったら動画をアップ…出来るかなあ。でもユーチューブには結構たくさんのハーモニカの動画があって、よく眺めています。人前でご披露できるようになるのは、いつの日でしょうか(笑)最近ではステイホームの影響もあって、家で楽器を演奏される方が多いようですね。それも、ハーモニカとか、ウクレレとか、小ぶりで、手軽に始められるものが、人気が高いようです。ストレス解消には、良いようですよ。ハーモニカを吹く

  • 「未来は決まっており、自分の意志など存在しない」妹尾武治

    要するにこれは、心理学的決定論の本ですね。「過去を変えることはできないが、未来は変えられる」とか、そういうものは幻想にすぎない、というわけです。つまり僕らが自分の意志だと思い込んでいるものは、存在しない、過去も未来も、すべては決められた筋道にそって動いている…(と、思い込んでいる)なんかずいぶんつまらん考え方のようですけど、心理学って突き詰めていくと結局、そういうところに行き着くんですよね。でも、これは、自分の都合のいいように考えたらいい、と思います。なにか良いことがあったら、これはきっと運命だったのだと思い、悪いことがあったら、これは本来の僕の人生ではない、きっと変えられると思う。みんな、そうやって生きているのですから。でも、ひとつ興味深いことがありました。「宇宙は5分前に始まった」という命題ですが、誰もこれ...「未来は決まっており、自分の意志など存在しない」妹尾武治

  • 思い出の品

    我が家の庭には、物置と車庫を兼ねた小屋があるのですが、老朽化し、除雪の邪魔にもなるので、このたび取り壊すことになりました。その前に、物置の中身を整理しました。たいていは父が集めたガラクタですが(笑)大工道具、盆栽の道具、本…僕の専門学校の卒業証書や、成人式の記念写真など、そんなものまで出て来たのには驚きました。すっかり忘れていましたねー。昨日、父が、壊す前に小屋と記念写真を撮って欲しい、と言いました。そーいえば、小屋は、父が若い頃建てたものでした。父にとっては、思い出の品は、小屋そのものだったようです。思い出の品

  • けっこうハマります

    ちょっと更新の間隔が空きましたが、皆様お元気でしたでしょうか。僕はというと、先日、コロナワクチンの2回目の接種を終えました。で、お約束の副反応も出ましたよ。と言っても最高で37度9分くらいの発熱でしたけどね。そんなに、しんどいとか、動けないとか、そういうことはなかったです。食事もちゃんと出来たし。でも、熱があると公共の施設には入れないと思うので、家でおとなしくしていました。で、副反応も治まって、新しくまた始めたことがあります。それは、簿記の勉強です。いままで簿記というと、ほとんど興味もなく、商業系の高校生か専門学校生が取る資格だろう、くらいの知識しかなかったんですが。でも、やってみるとけっこうハマるので、自分でも驚いてます。面白いですね。何事も先入観だけで判断するのは、良くないですね。それは、簿記もコロナワクチ...けっこうハマります

  • 青いアサガオ

    アサガオです。ちょっと遅いような気もしますが、きれいな花が咲きましたよ。タネをまいたものの、なかなか花が咲かず、失敗かなと思っていたんですが。自然の美しさは、コロナ禍でも変わりません。人間だけがオタオタしていますね。最近、更新がちょっと気まぐれですいません。良い記事が書けると、すぐに投稿したくなっちゃうんですよね。青いアサガオ

  • ワクチン接種2回目♪

    昨日、2回目のワクチン接種を受けてきました。今のところ、特に目立った副反応のようなものはありません。それよりも、先日痛めた腰のほうが…いててて。これから、出るんでしょうかね?人によっては、発熱、倦怠感、関節痛などが現れるらしいですね。僕が見た感じでは、若くて健康な方ほど、強い副反応が出るようです。まあでも、これで、親戚や近所の者のあらかたは、ワクチン接種が終わりました。母も安心して、お茶会ができるようになるかもしれません(笑)ワクチン接種2回目♪

  • 腰を痛めた

    先日、居間で、座椅子から立ち上がろうとすると、がつーん!腰のあたりに衝撃が走りました。…やってしまった。初めてですが、これはきっとギックリ腰だ、とわかりました。特に重いものを持ったわけではないんですが。やはり父の介護で、腰に負担がかかっていたのかもしれません。ちなみに父は、先日、無事に退院してきました。ご心配くださった方、ありがとうございました。幸い衝撃は最初だけで、あとは鈍痛が残るだけですが、湿布と塗り薬でなんとかごまかして、回復を待つしかありません。いたたたた。ギックリ腰なんてお年寄りがなるものだと思っていましたが、自分も、お年寄りに近づきつつあるということでしょうか(笑)腰を痛めた

  • 「存在しない時間の中で」山田宗樹

    久しぶりの読書記事です。この小説の大きなテーマは、「神は実在するということが、物理的に証明されてしまったらどうなるか」ということなんです。ぎえー重苦しい、と思われますか?多くの人にとって、神様というのは自分の心の中に存在するもので、それを「信仰心」と言ったりするのでしょうけど、神様が実体あるものとして本当に「いる」としたら、これはとんでもないことだと思います。しかもこの物語に登場する「神」は、たいそう気まぐれで無慈悲な存在のようです。ある課題を人類がクリア出来なければ、宇宙を終わらせる、この世界を消してしまう、というのです。山田宗樹さんは、このような途方もない「もし…だったら」というテーマを書くのが得意な作家さんです。例えば、「百年法」という作品では、「誰もが年老いることがないが、百歳で必ず死ななければならない...「存在しない時間の中で」山田宗樹

  • 我も人なり、彼も人なり

    アデニウムの鉢植えです。1年ほど前に購入したものですが、みごとに成長しました。さて、1年前というと、某短編小説新人賞に応募した結果が出たころでもありました。どうだったかというと、落選でした。コロナ禍で半年も延長された上で、そういう結果だっただけに、自分でも思いのほか、落胆し、疲弊してしまったのかもしれません。あれ以来、すっかり書くことから、遠ざかっているのですが…今、手元に読みかけの小説があります。大好きな作家さんのものです。苦労して書かれたのだろうな、と思いました。読む方はあっという間で、面白いとか、つまらんとか、好きなことが言えますが…ふと、これを書いた人も人間なのだな、と思いました。そう、1年前の文学賞で入選した人も、落選した僕も、同じ人間です。我も彼も人なり、というわけです。そんな単純なことに、ようやく...我も人なり、彼も人なり

  • ここ数日の出来事

    若い女性が、いきなり我が家にやって来て、「紙を配っています。宗教です。読んで下さい!」その勢いというか、潔さに押されて、思わず受け取ってしまいました。「日蓮上人の教え」とか何とか…すぐ捨てちゃいましたけどね。父は、思いのほか早く、退院できることになりました。ただ、ずっと寝ていたため当然といえば当然ですが、しばらく車椅子に乗り移るためのリハビリが必要、ということでした。そうすると、まあ予定通りの入院期間、ということになります。こちらとしても、マグロみたいな状態で帰って来ても困るので、もうしばらく、お任せすることになりました。この間から始めたタロット占いですが、どうも僕には合わなかったようです。「50過ぎたら、みんな3日坊主でいい」と言った方がおられましたが、絶対に続けなければダメ、という強迫観念が、最近では薄くな...ここ数日の出来事

  • ぷう太郎

    アップルミントの花です。一斉に咲きました。さて、父が入院して数日経ちました。コロナ禍のため、様子を見に行ってやることもできないので、母と僕は、家でぷう太郎状態です。母は、「いくら寝ても眠い」とか言ってます。家に介護の必要な者がいると、想像以上に疲れる、ということでしょうか。そんなわけで、読書したり、オリンピックを見たりもしていましたが、たいていは庭いじりをしたり、水槽を眺めたり、昼寝したり、昼寝したりしています(笑)父の寝ていた部屋は、風通しがよく快適なので、今は僕が使っています。こんなのんびりした生活がずーっと…いや、それはないかな、と思います。不謹慎のようですけど、介護や育児を経験された方なら、この気持ち、お分かりかと思います。ぷう太郎

  • しばしの休息

    父が、また入院してしまいました。まあ入院といっても、重症とか、悪性の病気とか、そーゆーことではないのでご心配なく。でも、もう高齢ですから、「何が起こってもおかしくないと思ってください」とは言われました。なにはともあれ、2週間ほど預かっていただくことになりました。父がいないと母の機嫌がよいので、僕としては助かるんですが(笑)入院の手続きやら何やらで、バタバタしましたけど、父の介護に比べればずっと楽ですね。退院するまで、しばしの休息、というわけです。さて、暑い日が続いておりますねー。昨日の夜、どうも寝苦しいと思ったら、室温が32度もありましたよ。おどろいてエアコンの設定を下げて、涼しくしました。ここ数日というもの、エアコンは付けっぱなしですが、ケチな母が何も言いません。やはり、命には替えられませんからねー。皆様にお...しばしの休息

  • 「アマデウス」

    ちょっと古い映画ですけど、僕はこの映画で、クラシック音楽に目覚めました。言わずと知れた神童モーツァルトと、モーツァルトと同時代に生まれたばかりに歴史に埋もれてしまった、音楽家サリエリの物語です。どっちが主人公なのか、迷ってしまいそうですが、モーツァルトの死後、サリエリが回想するという設定なので、まあどっちでもいいかもしれません(笑)ちょっと見ると、2人はいがみ合っているみたいですが、同じ道を行く者どうし、よくお互いを理解しあっていたのですね。最近では、2人の共作と見られる曲が発見されたりして、映画とは違って、けっこう仲が良かったのではないか、とも考えられています。実際、サリエリはモーツァルトの最大の理解者だったのかもしれません。モーツァルトの曲の魅力、それにクラシック音楽の楽しさがいっぱい詰まった、良作だと思い...「アマデウス」

  • ワクチン接種

    サラセニアの鉢植えです。ようやく、ワクチン接種の順番が回って来ました。インターネットで予約をとり、来週、接種予定です。現在、異様な早さで、コロナの感染拡大が起きていますが…。やっぱり人が媒介する病気ですから、一人一人が自覚というか、危機感を持たなければいけませんね。政府が当てにならないのであれば、自分が気を付けるしかない。この先、何が起こるかわかりませんが、せいぜい出来ることをやろうと思います。ワクチン接種

  • オリンピックについて

    東京オリンピックがついに始まりました。日本のメダルラッシュといい、この大会にすべてを費やしてきたアスリートの皆さんの活躍といい、心惹かれるものもあるんですが、僕としては、「早く無事に終わってくれないかな」というのが正直なところです。そんなふうに思っている人は、多いと思うんですよね。また、いろいろな問題もありましたね。特に、音楽担当の、小山田某の辞任騒ぎは、海外メディアも取り上げる大問題となりました。彼の過去の所業については、あえてここではくり返し書かないですが、その「いじめ自慢」の記事が書かれた90年代半ば頃というのは、自殺や麻薬を推奨するような本がベストセラーになったり、鬼畜系というか、見るにたえないようなコンテンツが数多く作られた時代でした。もちろん、小山田某の行為もその一つとして、安易に片付ける事はできま...オリンピックについて

カテゴリー一覧
商用