プロフィールPROFILE

EFI-Technologicさんのプロフィール

住所
富山市
出身
未設定

レーシングカーマニアの夢をかなえる企業へ…EFIテクノロジックは、高精度なレースエンジン製作の技術や思想を取り入れ、市販車にも妥協のない優れた高精度エンジンを提供したいという想いで2015年に富山県に誕生した会社です。 エンジンオーバーホール作業、コンプリートエンジン制作工程、ECUセッティング、ダイノジェット製シャーシダイナモを使用してのパワーチェックなど日々の作業内容をご紹介いたします。

ブログタイトル
EFI-Tech:Note
ブログURL
http://efi-technologic.hatenablog.com/
ブログ紹介文
エンジンオーバーホール・ECUセッティング・パワーチェックなど日々の作業内容をご紹介いたします。
更新頻度(1年)

61回 / 272日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2017/01/26

EFI-Technologicさんのプロフィール
読者になる

EFI-Technologicさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,451サイト
車 エンジン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,451サイト
車 エンジン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,526サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,451サイト
車 エンジン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、EFI-Technologicさんの読者になりませんか?

ハンドル名
EFI-Technologicさん
ブログタイトル
EFI-Tech:Note
更新頻度
61回 / 272日(平均1.6回/週)
読者になる
EFI-Tech:Note

EFI-Technologicさんの新着記事

1件〜30件

  • お知らせ

    いつもEFIブログをご覧いただきありがとうございます。 記事検索がしやすい様にとはてなブログを使用していましたが私の投稿方法が悪いのか画像が表示できなくなる事が多く、直す時間もない為投稿をFacebookに戻す事にしました。 ブログのつづきをご覧になりたい方はFacebookのEFITechlologicを観覧ください (__) https://www.facebook.com/EFITechnologic/

  • 学生フォーミュラ技術支援 富山大学フォーミュラプロジェクト!

    学生フォーミュラ(SAE)の大会を目前に控え、富山大学フォーミュラプロジェクトの学生達がEFIを訪れました。 今回はdynojetを使いECUマッピング等の支援を行いました。 データロガーがメインECUとリンクしていないのでマッピングの基本的な考え方等をアドバイスしながら不具合のある領域のテストを進めました。 ECUがSAE用で特殊?な為細かい調整は断念しましたが大きい問題は解決できたと思います。 大会でベストを尽くせる事を願います。

  • 不調32GTR点検 RB26失火症状?

    エンジン不調でお預かりの32GTR、車両経過を聞く限りはエンジン本体は無事そうなのでお盆前にどうにかならないかと奮闘中です。 症状としては失火の様子ですが点検結果コイル、パワトラ共正常。コイルハーネスは新品に交換されていました。回転を上げていくと失火は収まる?感じもします。 最初に念の為圧縮を測っておきます。失火症状で持ち込まれる車両が実はブローしていたと言う事は珍しくありません。。プラグの点検も出来るので一石二鳥です。 6気筒共圧縮圧力は在ったので一先ずは安心です。 ポンプは新品に交換済みとの事なので燃圧を測定。。場合によっては燃圧が有ってもインジェクターが駆動していない場合もあるので、パワ…

  • S14シルビア DYNOセッティング GCGターボ

    ECUセッティングでお預かりしたs14、週末にかけて作業を進めました。 ポンカム、タービンはGCGの30……忘れました。サクションを外して確認した所削りだしのブレードが付いてました。ECUは東名のレイニックです。 中間域を良くして欲しいとの事でしたので初期状態をチェック後セッティングを進めます。 とりあえずの空燃比、点火時期でブースト設定を行います……立ち上がり付近はコントローラーの設定で馬力が結構変わるので設定を変えながらdynoランを重ねます。。。がパワーグラフがSRっぽくありません。 どうもNVCSがきちんと動いていない感じです。。ECUからの信号を確認しながら原因を探します。 ソレノイ…

  • S14 シルビア GTSSタービン ポンカム仕様 パワーFC dynoセッティング

    7月も終わりに近づきいよいよ夏本番がやってきました。AC付きの車であれば一瞬の涼しさを味わえるのですがエアコンレスの戦闘車両はDINOセッティング中は汗との闘いになります。 今回は私の先輩と、おWARAサーキット支配人の遊び車?をセッティングです。 週末に大事なイベントが控えているとの事でノーマルの封印を破りシャーシにセットされました。 仕様はGTSS、ポンカム、パワーFCです。お手軽な組み合わせですがちゃんとセッティングするとけっこう面白い感じになるので好きな仕様ではあります。 ガスケットがノーマルなので最大ブーストは1kに設定です。 もう少し中間域を詰めたかったのですが色々制約多く画像のパ…

  • RB26DETT コンプリートエンジン制作 開始!EFI400R+

    オーダー頂いたRB26コンプリートエンジン。初期作業を進めました。 今回はEFI400仕様をベースにチューニングエンジンに仕上げます。コードネームは「EFI400R+」と言った所でしょうか。 オーバーサイズピストンを使う為ボーリングしなければいけないのですが、その前に使用するエンジンブロックのメインジャーナルの仮計測、各部点検を行います。 シリンダーヘッドはシートカット、ガイド打ち変え、研磨の基本加工に出す前にポートの段付き修をしておきます。 今回はハイリフトカムを使用する為ヘッドを削りカムノーズを逃がします。 削って測ってを繰り返し無事回る様になりました。 この後ブロック、ヘッド共加工に旅立…

  • ER34 電動パワステ EPSステージ2制作

    入庫時不動だったスズキ純正流用EPS、LINKから信号を入れる事で取りあえずは動く様になりました。。内装部品の入荷待ちになったので一旦お車を納車し具合を確認して頂いたのですが。。。。普段乗りには問題ないがスポーツ走行にはかなり辛いとの報告を頂きました。。 軽四用のEPSではRB26の重さと245-18のタイヤ幅に対応出来ない様子です。 対策として浮上したのは、純正油圧パワステに戻す、レース用のEPSを付ける。外付油圧ポンプを追加するの三つでした。。 サンクコストを無視するとレース用EPSが良い様にも思えたのですが、せっかく付いている物を外すのもアレとの事で油圧ポンプを追加する事にしました。 電…

  • EK9 不調車両点検

    バタバタと作業に追われ久しぶりのブログ更新です。。。 特に専門としている訳ではないのですが、EFIには他の車屋さんが匙を投げた不調車両がポツポツと持ち込まれてきたりします。今回もそんな一台のトラブルシューティングです。 お預かりの車はEK9の不調車両。 症状としては、初爆ー完爆ーアイドルアップーエンスト。。稀にアイドリングしたりしますが、アクセルオンぐずる感じです。。ゆっくり踏むと回転は上昇するのでメカニカルなトラブルよりは燃料系、センサ、電気系の感じがします。 雰囲気的には圧力センサーのキャリブレーションミスに似ています。。が電圧は正常値。。この手の作業は海に投げた石ころを探す事に近いです。…

  • GVB EJ207 精密オーバーホール ヘッド組み付け開始

    腰下が組みあがったEJ207エンジン、ヘッド回りの作業へ移行しました。 純正バルブスプリングを計測して外れた物がいないか調べます。同時に荷重事にグループ分けをしてセット荷重が均一になる組み合わせを作ります。荷重が足りない箇所はシムを追加する場合もあります。。 スプリングはヘッドのシート位置~リテーナ下面の距離でイニシャル荷重が変わります。同じ規格の部品ですが複数を組み合わせる事から微妙なズレが出来るので計測して揃える事でスムーズなエンジンに仕上げます。 バルブ、リテーナは再使用の場合でもEFIではコッターは新品を使用します。バルブ、スプリング、リテーナはクルクル回りながら駆動しています。構造的…

  • インプレッサ EJ207 精密オーバーホール 腰下組み付け

    オーバーホールでお預かりのEJ207エンジン腰下組み付け作業を進めました。。 画像はブロックにクランクとコンロッドを組み込んだ状態です。 エンジンスタンドに固定してある方が楽なので少し変則的ですが縦固定してピストンを横向きで挿入します。。 今回はオーバーサイズの鍛造ピストンを使用します。 ピストンクリアランスはメカニカルノイズと要求馬力で変えます。今回は国産ピストン、ノーマルタービンの仕様なのでそこまで広くとっていません。海外ピストンの半分と言った所でしょうか。。。大きく馬力を上げる事は出来ませんがノイズはある程度抑えられます。。ピストンリングの兼ね合いもあるのでノウハウが必要な所でもあります…

  • RB26DETT Vカム仕様 linkg4セッティング

    ECU交換他色々でお預かり中のスカイライン、各部手直しを行いようやくdynoセッティングが行えました。 今回はLINKG4+のXTREMEを使用です。 エンジン、Vカム、ブーストコントロール、その他もろもろをLINKで動かす事でセッティング時間の短縮やハード面での簡素化が可能です。 可変リフト無のVVTIなので正確に動かすまでに手間はかかりますが、動いてしまえばある程度入る数字は決まっているので暫定で進角させて後で手直ししていく形になります。 DYNOJETとLINKがリンク出来ればもっと楽なのですが。。それぞれログデータを取りグラフに重ねて落としどころを探します。 今回のRB26は2.8Lの…

  • GVB インプレッサ EJ207 精密オーバーホール 腰下組み付け準備 メインメタル合わせから

    オーバーホールでお預かりのGVBーEJ207、ブロック、ヘッドの加工が上がり組み付け準備にはいりました。 特に決まりは無いですが、EFIではメインメタル合わせからスタートする事が多いです。 今回もレースメタルを使用します。メッキ層が無くいきなりオーバーレイ層なので知らない人が見たら不良品と間違えるかもしれません。 スラスト部はオーバーレイすら無くいきなり軸受合金になっています。 数か所入れ替え、無事望んだ数値にはいりました。。 次はロッドメタルをと行きたい所ですが、まずはコンロッドバランスの確認です。。 新品4本中、重いの2本、軽いの二本と極端な感じです。。全体重量で10g以上違うのでちょっと…

  • ER34 不動電動パワステlinkg4+で制御ok

    ECU交換、点検他色々でお預かりのER34スカイライン、タイミングベルトを純正に交換する事で異音はなくなり、細かいアクセサリー類やセンサーセットアップも終わり最後に残ったのは電動パワステです。 軽四の物を流用して取り付いているのですが、入庫時から不動で重ステ状態でした。 信号配線が間違っていたので繋ぎ直し動作確認したのですが偶に動くのですが殆ど重ステのままです。 タコパルスを直で入力してあるのですが、どうも周波数が微妙に合わないのかセーフモードに入る感じでした。 ファーストアイドルを低くすると作動するのでその時の周波数をオシロで測ります。。 動く周波数が見つかったのでリンクの汎用出力を使い同じ…

  • ER34 RB26DETT linkg4+ Vカム 仕様 始動  Vカムをリンクで制御!!

    ECUハーネス制作、点検その他色々でお預かりの34スカイライン、エンジンハーネス、室内ECUハーネスが仮付け出来る程の形になったので始動確認を行いました。 お車はRB26に換装済み、Vカム仕様です。今回はこれらも含めアクセサリー関係は全てLINKで作動させます。 各パラメーターをセットしてエンジンを始動。。。の前にインジェクションテスト、イグニッションテスト、各AUX、AN、DI等を確認します。今回ピギーバックでの取り付けですが、入出力が多い為チェックに時間がかかります。 そして無事始動。始動後アイドルバルブや燃料など慌ただしく設定変更がある為Vカムは遅角状態で放置してアイドリングが正常に行え…

  • GVB EJ207 精密オーバーホール作業開始 異音原因特定

    配線作業と並行して新たにお預かりしたGVB、EJ207エンジンオーバーホール作業を進めました。取りあえずは分解時の様子からご紹介です。 エンジンお預かり前にお車を確認した所、メタル異音がしたのでロッドメタルが怪しいとお伝えしましたが…… 見事に回っていました。クランクは修正とUSメタルでいけそうな感じですが新品を買った方が安いのでクランク、コンロッドの交換となります。 ロッドメタルは残り3気筒もかなり厳しい状態でした。メッキ層、オーバーレイを突き抜け軸受部まですり減っています。。。 メタルオイルクリアランだけではなくピストンクリアランス等もロッドメタル消耗に一役買っている感じです。EGRが悪さ…

  • R34 スカイライン エンジンハーネス作成 RB25ハーネス改26用

    ひさしぶりのブログ更新。今回は配線作業をご紹介です。 ドナーはv-pro仕様の34スカイライン。RB25からRB26に変更してあるお車です。 作りたてのお車ですが色々不安要素があるとの事でECU変更含め点検しながらの作業を進めます。 幸いな事にエンジンはとりあえず動くので信号系を確認後ハーネスの加工に入ります。 当初LINKプラグインで作業を進める事を考えていたのですが、チャンネルが足りなくなりそうなので汎用モデルを純正配線加工で取り付ける事にしました。 載せ替えの際にRB25ハーネスを加工していると聞いていたのですが怪しい箇所が複数確認出来たので結局車体からハーネスを外し、バラシていきます。…

  • EJ207 精密 エンジンオーバーホール 納品準備

    オーバーホールでお預かりのEJ207色々画像を取り忘れ……いつの間にかドッキングしています。。 タイベル回りを組み付け…… 次のEJ207の準備も同時進行です。洗浄後のブロックを組み合わせ加工前に一度ジャーナルを計測しておきます。 出来上がったロングブロックをピットに出し補器類を取り付けていきます。インマニとエキマニを付ければ完成と言った所ですね。

  • EJ207 精密エンジンオーバーホール バルブスプリングセット長測定 ヘッド組み付け作業

    昨日に引き続いてEJエンジンの作業となります。 強化バルブスプリングを装着しますが、スプリングセット荷重を計測して分けていきます。バルブスプリングはバルブシート位置やバルブコッター位置でセット長が変わる為、スプリング荷重を均等な形で付けるには少し手間をかける必要があります。 まずはスプリング計測から。。。 次にコッター高さを測ります。リテーナーとバルブに馴染むようにグリグリ回してから計測します。リテーナーに力が掛かってないので正確に測るのが難しい作業ですが何度か繰り返し測る事で精度を上げます。 ロッカーアーム車両などバルブ回りに余裕があるエンジンの場合は専用のマイクロゲージでエンジンにバルブと…

  • EJ207 精密エンジンオーバーホール 腰下組み付け

    バタバタしていてブログ更新に暫く時間が空いてしまいましたが、GW中に行っていたEJ207作業の記事です。 メタル合わせ後が終わったらピストンリングの合口を調整します。 国産メーカーピストンは基準クリアランスでボーリングした場合あまりリングを削る行為をしなくても良いのですが、今回はマンリーの為けっこうガシガシ削る必要があります。クリアランス的にはストリートターボ車なので、ボア×0.0050~0.0055インチ辺りに設定します。 リングの作業が終わったらクランク組み付け作業です。EJエンジンはコンロッドをクランクに装着した状態でブロックに組み付けます。 バイスでクランクを固定してコンロッドボルトを…

  • S15 シルビア dynojet ECUセッティング 東名M7960タービン

    いよいよGWに突入し平成も残り僅かになりました。EFIではGWの始まりと共に平成ラストのECUセッティングを行っていました。 シルビアのカム、ガスケット、M7960タービン、制御はレイテックと色々癖が凄そうですがなんとかなるさと開始です。 持ち込まれた時点で全開走行は可能との事だったのでまずは軽く点検後、パワーをチェックすべく準備をします。 ブースト1.1程で288馬力。回転の上昇と共にA/Fが薄くなって行く為、6500でアクセルを抜きました。 DYNOJETで288馬力は結構ある感じはしますが、m7960はタービンが大きく、フルブーストが5000回転程なので7500まで回してもあまり速くはな…

  • EJ207 精密エンジンオーバーホール メタルクリアランス測定

    明日からいよいよゴールデンウイークです。作業予定がズレてきたので立て直しの為にほぼ営業予定です。 さてオーバーホール中のGDB-EJ207の作業を進めました。 メタル合わせから開始です。 ゲージで確認する場合はコンロッド内径からクランクピン径を引いて算出する方法が一般的ですが、オイルクリアランスを正確に確認する場合は各ピン径をゼロとしてコンロッド内径を測った方が良いと考えています。メインメタルも同じ方法でクリアランス確認するので、ボアゲージのゼロセットの回数が増えますが、測定の時差が少ないので温度管理が難しい場合でも正確に見れます。 EFIでは一年を通して20度前後になる様に室温を管理していま…

  • EJ207 精密エンジンオーバーホール コンロッド ピストン バランス合わせ作業

    粗々と部品が揃い始めたのでGDBのEJ20作業を進めました。 今回は鍛造ピストン、Hコンロッドで制作です。 両方manley製です。お手頃コンロッドメーカのイメージもありますが、上級グレードはキャレロ位の価格になるのでふり幅の広いメーカと言えます。 まずはピストン重量をはかります。。。1グラム差程でまずますかなと。。 海外コンロッドの殆どは重量の近い物をセットで販売していて、ピストンとの組み合わせで結構いい線にもっていける事が多いです。。。例外もありますが。。 箱を開けた時の印象はけっこうばらばらで来たなと思いました。 とりあえずロッドバランサーで重量を確かめます かなり前に書いた気もしますが…

  • すっかり温かくなりました。日々の作業パート1

    すっかり春らしくなり作業が進む季節になりました。 今週はほぼピット作業の毎日でした。 オーバーホールが完了した4AGは納品準備を終え車両へと旅立ちました。。。 新たなオーバーホール作業エンジンのGVB-EJ207が到着です。 EJ特有のメタルブローなので分解後正式なメニューを決めていきます。。。 分解作業を初めましたが、水パイプで一苦労……クーラント漏れからのボルト錆で一ミリも動きません。バーナーであぶったり叩いたり抉ったり色々試しましたが途中でパイプが割れたので結局切る事にしました。 ボルトが性根まで腐りきっています。 無事?外れました。。折れたネジの事は今度考える事にします…… さらに加工…

  • FD3Sブーストアップ パワーFCでロータリーdynoセッティング

    アペックスのパワーFCは現在でも新品で買える国産フルコンピューターです。他のプラグインECUとは違い内部パラメータ類も車種別で設定されている珍しい製品です。 FDとの相性も良くライトチューン~サイドポート辺りまでならばEFIでも選択肢の一つとして提案させて頂いています。 今回は書き替えノーマルECUからパワーFCへの変更とDYNOセッティングを承りました。 安価で優秀なECUですが、若干車を選ぶ?面もあり、バルブポジョンやPIDパラメーターが触れない為始動、アイドル制御面に懐深さがありません。 ノーマルECUで問題なくアイドリングしていた車がパワーFCになるとハンチングが止まらなくなる場合もあ…

  • モータースポーツ配線のあれこれ 自動車配線入門 パート7「MIL端子は配線構築の新常識」

    前に書いた第6回目ブログで画像アップロードミスが数枚あり、抜けていたのを最近知りました。訂正しておきましので気になる方はご覧ください。 さて…少し間が空いた気もしますが、「ハンダを使うな!」を合言葉に日本に配線ブームを巻き起こそうと奮闘するEFI配線ブログ第7回目、そろそろ自慢のハンダステーションを下取りに出し圧着ペンチの購入に乗り出した愛好家も多いのではと妄想しています。 どこまでもマニアックになっていくEFI配線講座、前回のオープンバレル端子から引き続き今回はMIL端子、クローズドバレル端子(以下ソリッド端子)のお話にしようかなと思います。 昨今においての自動車配線、モータースポーツ配線構…

  • EJ207 オーバーホール & 4AG オーバーホール作業続き

    オーバーホールでお預かりのEJ207エンジン。。。ボーリング等の加工に旅立っていたのですが、残念なお知らせが飛び込んできました。 0.5オーバーサイズのボーリングで巣穴が多数……右バンクシリンダー二つ共に発生です。残念ながら使用を諦め次のブロックの選択をオーナー様と話し合いました。 GRB用の新品ブロック投入です。ライナー部分の厚みが増えているのでブロック剛性のアップが期待できます。ボーリングに再び旅立ちますが巣穴が出ない事を祈るばかりです。。。さすがに2度連続はないかと……… ヘッドとのドッキングを終えた4AG20バルブはタペットクリアランスの最終確認です。アルミヘッド単体より熱はけが良くな…

  • 4AG 20バルブ エンジンオーバーホール 腰下組み付け開始。

    オーバーホールでお預かりの4AG、腰下組み付けを行いました。 加工上がりのシリンダーは洗浄後室内で温度に慣らし組み付け前に20℃でのクリアランスを確認します。 温度や測り方等、環境で出る数値は違う為、加工会社のボーリング成績表から大きく外していないか確かめる意味合いが多いです。 今回は純正オーバーサイズピストンを使用します。社外含め国産ピストンに付いて来るピストンリングはあまり削らなくて良い場合が多いので合口合わせは苦じゃ無いのですが………逆にセカンドリングが限度内ですがちょっと広めでした。伸ばす事は出来ないので数値の確認をして組み付けます。 ロッドボルトに足を付けてスライダーを使いシンダーに…

  • 4AG 20バルブ オーバーホール作業 ヘッド組み付け計測

    オーバーホール中の4AGヘッドの組み付けを行いました。 組みあがったヘッドに仮シムとリフターを乗せクリアランスを確認してシムを変更します。変更後もう一度測定してクリアランスを確認します。欲しい数字が出ない場合はもう一度交換となります。 測定に差がでる室温は年間を通して20~25度になるようエアコンは24時間運転です。 ヘッド単体作業の最後は燃焼室容量の測定を行っておきます。腰下組み付け後ピストントップの容積をはかりガスケット厚を決める形になります。 ヘッド、ブロック共面研磨してるので圧縮は上がる方向に行きますがシートカットでバルブ位置が下がる分燃焼室容量は少し増えます。シートカットをしてなくて…

  • モータースポーツ配線のあれこれ 自動車配線入門パート6 これから圧着の話をしよう。

    さて始まりました「モータースポーツ配線あれこれ」じわじわと配線好きが増えているのではと期待する6回目、今回はテーマは圧着と端子です。 自動車配線ではAーB間に何の障害が無いとしても両端末にはコネクター端子か圧着端子がほぼ間違いなく付きます。そして圧着においてもハンダと同じ様にトラブルになる箇所は施工部分です。圧着と言う技術がいかに優れていても施工を失敗すればそれはハンダに劣る技術に成り下がってしまいます。 理想を言えば使う端子を1、2種類に限定する事でミスは無くなると思うのですが、色々な制約から多くの場合無理でしょう。 画像はハーネス制作時に使う端子の一部です。確認しにくいですが10種類程写っ…

  • コペン JB-DET LINKモンスーンで始動!DYNOJETで初期セットアップから。

    LINKECUへの交換でお預かりのコペン室内配線を色々仮付け状態で始動準備から行いました。 LINKモンスーンにデフォルトで13Bデーターが入っていたので基本設定から入れ替えた物を作りテストしていきます。LINKの場合ゼネラルセットアップ的な項目がない為上から順番にデータを打ち込みます。。 出力と入力の設定を行ったあとインジェクター、イグニッションの単体テストを行い、インジェクターを殺した状態でタイミングライトで信号のズレを確認します……が……トリガ信号は両方来てますが回転数が0RPMで点火信号を出しません。。 モンスーンはトリガ形状を確認する機能が省かれている為テスターで確認します。 見事に…

カテゴリー一覧
商用