searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ひきこもりハンターさんのプロフィール

住所
あきる野市
出身
港北区

最近ブログを始めました。 絵を描くことにはまっています! たまーにうちの中で動物を解体したりしてます←

ブログタイトル
『ひきこもりのそとこもり』ひきニート猟師の蛮行紀
ブログURL
http://hikikomori-hunter.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ひきこもりダメ人間から脱出したくて、移住。 東京都なのに自然が多い場所で狩猟生活中です
更新頻度(1年)

1回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2017/01/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ひきこもりハンターさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ひきこもりハンターさん
ブログタイトル
『ひきこもりのそとこもり』ひきニート猟師の蛮行紀
更新頻度
1回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
『ひきこもりのそとこもり』ひきニート猟師の蛮行紀

ひきこもりハンターさんの新着記事

1件〜30件

  • ブログ引越ししますー 新HP開設のお知らせ

    思い返せばここから始まった僕の発信するという生き方。どう考えても向いてない発信だったけど、なんだかんだ沈んだり復活したりそれでも一応続いているのは、ひとえに応援してくれる人がいるからです。人と比べたらきりがないし、もう何かを始めようとした時に怖がるのはやめちゃおうって思った最近です。臆病で大胆というのは僕の特性の一つですが、他人の目を気にした臆病というのは昔の僕が陥った負のループでした。例えば身だしなみを気にするとかにしても、人の目が気になるからしていましたが今はそんなのはどうでもよく、自分が清潔にしていた方が心地良いからする。とか他人に自分が動かされるような形ではなく自分がしたいから。という…

  • 4話 いまだ帰らぬ片足

    その夜、ヒキコは口をアワアワと開閉させて固まっていた。 寝ぼけ眼をこすりながら便所から寝床に帰る途中の 視線の先、月明かりに照らされたそこには 〝買ったばかりの靴下〟の片側が独りでに床を這っていた。 「な、なんなんだ!夢か、明晰夢か?!」 この感覚には覚えがあった、 ーそれはヒキコが幼少期、おそらく4歳ごろの記憶ー 父と毋がタバコを吸うために 居間から台所へとドアの向こうに消えていく。 そして僕の興味は、触ろうとすると怒られていた提灯に向いた。 伸ばせばギリギリ届く距離、魔導通信機の上に掛っていた。 ここぞとばかりに手を伸ばした。 「わ!」 触れた勢いで床に落下してしまった… その瞬間、紙製の…

  • 3話  「明確な意思で逃げろ」

    ある朝、追跡伝書鳩がヒキコの足元に手紙を落とした。 「なんだろう」 拾い上げ、封を開けた。 「どこにいるのだ、賠償金は必ず支払ってもらうぞ」 ヒキコの気分は沈んだ。 過去に所属していたカンパニーからの手紙だった。 返事はしなかった。 お金はないし、以前になんども自分の意思を伝えてあった。 そして精神力「MP」を前に進むこと以外に使うことは それこそ八方塞がりになってしまうことを知っていたから。 カンパニーから自分の悪評が広がる事は恐れていなかった、 なぜなら 自分の意見はしっかりと持っていたし、 そもそも 自分をよく見せようという「メッキ」なんてまとっていなかったから 悪評を広められるという事…

  • 2話 「8つの小粒より2つの大粒」

    ヒキコは吟遊詩人として生きてみることにした。 もうカンパニーには属さない、その決心は固かった。 一人の詩人として多くの人にポエムを聞いてもらい、 自分と似た人々、心の折れた人々の立ち直るきっかけになりたい そう思ったのだ。 しかしヒキコは文才がない、魔術書にもあったように 他人への共感性が疎いこともあって、歩み寄ることは向いてないのではないか? 数日間考えた。 そして思いついた。 「ならば自分の話を語ろう、経験を基にしてソレを歌にして聞いてもらうんだ」 「綺麗事やメッキで覆われていない、 ありのままの、そして矛盾だらけの未熟な話をそのまま世に出すんだ」 自分の貧しさも、人に助けられて生きている…

  • 1話 自分探しの書

    とある街の外れ、丘の上の古い家にはヒキコという男がいた、 ヒキコは旅人であった、というより旅人にならざるを得なかった 近くの村から逃げてきたヒキコは行き場もなく、食い扶持もないが 生きることは諦めていなかった。 お金もなく、行き場もないので 知り合いの〝キコリ男爵〟という 少し変わった男爵の元でその日暮らしをしている。 町外れにある古い家、暖炉があり、猫がいて、 夜は美味しいご飯とお酒が飲める。 ヒキコは毎晩のように悩み事を相談した。 キコリ男爵の家には多くの変わった旅人が訪れる、 それは人間不信に陥っていたヒキコにとっては良い環境だった。 時には剣士、時には遊び人、そして魔法使いさえもがヒキ…

  • レンタルひきこもり…レンタルツチヤ  はじめました

    つまるところ、人は何かと共にしか生きてはいけない。 依存しても、時に寄生と言われても それは恥ずべき事ではないと思いました。 自給自足とか、どうやら現代人は人に頼らずに己の力のみでやる事に憧れているようである。僕もそうですし、雇われることはいやだと嘆きはじめたのも、期待されることや自分で成し遂げた事にならないことが嫌でした。 でも何をするにも一人では無力、生きるだけだとしても消費し、何かの力を頼る。 ならばどんなタフガイも精神力の持ち主も一人じゃ生きれないのである。 レンタルひきこもり はじめました 基本:1時間1000円+諸経費+特別な作業の時は要相談 約束:全ての事において秘密厳守します。…

  • 僕は常識が嫌い ”価値観が合わない人がそばにいる事は幸せな事” ”都会人ほど田舎に移住する意味があると思う”

    僕は陰謀論を信じているし 常識が嫌いです。 こういうと、こいつとは価値観が合わないと思う方もいると思います。 勿論、友人であってもです 価値観の話 しかし僕は普段から言っていることなのですが、 価値観が違う人間がそばにいる事は幸せだと思うのです。 理由は簡単です。 多様性です、なぜか同じ価値観ではないと気が済まない人間が居ますよね。 「あなたのここが理解できない!価値観が合わない!嫌い!!」 笑っちゃうのですが、 自分の軸がブレブレな人ほどそういう人が多い気がします。 付き合っている男女を対象に、 パートナーのどこが良い、好きなのか。 と聞いたところ、 多くが、「気があうしー彼とはすごく価値観…

  • Youtubeの低評価について、僕が思うこと

    ぷーくすくす。 はい、以上です。 というのもですね高評価、低評価とありまして 高評価を押すと非常に気分が良くなるわけなんですよね。 僕は惜しげも無く高評価押しまくってます。 その履歴を元にあれどれだっけな、って探すことに使ってます。 これは科学的に証明されていることですが、 他人に暴言を吐いた時、 それを人間の脳は自分に言われているとして認識してしまう… というものがあります。 だから女性はやたらと、可愛いね可愛いねを連呼するのです。 自分可愛いね!! 誰も傷つかない優しい世界。いいじゃないか もっと可愛いって言って行こうぜ。 低評価を押す事で自分に跳ね返るデメリット おそらく余裕がなく、人を…

  • メンタリストDAIGOのYoutube動画がすごく勉強になる。 文章を読まなくていい事の素晴らしさ。本を聴くAmazonのサービス、”オーディブル”30日無料お試しと、退会の方法

    DAIGOさんは本が好きで、常人には難しい量の本を読むそうで その知識を元にYoutubeの生放送で惜しげも無く教えてくれるのです。 すごく早口 それが良いんです、濃い情報量、聞いてる方にも良い効果があるそうだし。 確かに理解する力が上がった気がする。 DAIGOさんありがとう!! www.youtube.com 影の人間には共感できることをたくさん言ってくれる そして弱さに思えていたものを、力にして見返してやれよお前ら!! みたいな頼もしさがある。 だからずっと聞いてられるのだろう。 僕も本を読もう、と思って読んでない本を開いたけど、、、、 無理だった。お金もないし、事業のために何か少しでも…

  • 未だに流れてくる、アライグマの話題について 母の実家で飼っていたし、今では食べる立場の僕の意見

    アライグマを母の実家で飼っていたことがある 僕は一応猟師なので、アライグマを殺して解体して食べる。 僕がなぜ食べるのか? これについて改めて書こうと思います。 headlines.yahoo.co.jp www.sankei.com 以前も記事にしましたが、この子がクマちゃんである。 僕が物心ついた時にはもう檻の中にいて、 器用に手を伸ばし、幼い僕を驚かしました。 でも、まだ凶暴じゃない頃はこんな風にリードでお散歩したりしたそう。

  • プラスチックが体内に残り 排出されない? という社会問題からカワウの不味さを語る。

    わたくし ひきこもり猟師 ツチヤが社会問題を 僕ならではの視点で取り上げる 新シリーズが始まりました。 人とは違う目線、 で定評のあるツチヤが 真面目な社会問題にテキトーに時にアツく切り込む!! それでは第一弾はこちら…ふむプラスチックねえ news.livedoor.com これはねえ、あると思います 理由は、語るのも思い出すのも恐ろしい。 あれは僕が狩猟を初めて、まだまもない時の事 僕は先輩と共にカワウを獲りました。

  • 【ひきこもり ニート 鬱】と たたかう 方法 その①

    自分のステータスを知る(何が嫌で、どんな気分か) 宿屋で休む(寝る (※寝ても寝ても眠い。→食事が合ってない、精神疲労、身体の歪み、ホルモンバランスの崩れ) ①②でわかった自分の悪状態(デバフ)を一つづつ解消していく 元気になりたいなら、自分の体とメンタルに興味を持つ、安易に薬に逃げない 表面上ではなく根本から解決する意識を持つ。 趣味(できれば、達成が少し難しい達成感のあるものがおすすめ) 自分の限界を見誤らないよう気をつける 1 自分のステータスを知る(何が嫌で、どんな気分か) 自分の状態を知ることは何よりも大事、ゲームをやる人ならわかると思うが HPゲージやMPゲージはゲームの基本形、も…

  • 僕のYouTubeのチャンネル登録者が2000人を超えたので、今までを振り返る

    これが一年前… hikikomori-hunter.hatenablog.com 瞬く間にチャンネル登録者は1500人程まで増えた。 この時はまだ年齢制限がかかっていなかったんだと思う。 今はアナリティクスを見ても、視聴者の17歳以下の記録が0。 おそらく最初のタヌキ解体動画で、チャンネル自体が過激だと認識されて あまり表に出なくなったんだと思う。

  • 好きな事で生きて行くために 日銭を稼ぐ方法を考える。 そして支援して頂ける方募集中

    まず、言い切れることがあります。 人はいつ死ぬかわからないよね、 なので、地道に消耗しながら生きるなんてもうしません。キッパリ フリーランス的に働いて 生きることこそ僕が考える理想形です。 結局のところ自分たちで舵を切れること、一緒に働く人を選べる 雇われずに生きて行く 、雇うわけでもない 仲間を選ぶって大切ですよね、ゲームだってそう だからこそじぶん、自分たちの好き勝手進んでいける形こそ素晴らしいと思います。 以前僕は、派遣世界の搾取による雇い主と労働者の温度差に疑問を持ち、 せどりをして生活していました。それはもう楽しかったですよ 働く時間は自由、失敗も成功も全部自分のもので、理不尽な事を…

  • ひきこもり猟師のリアル ”失敗でしかない事の連続も 折れない心で突き通す事の大事さ”

    ああああ!!!おらあー!やってやった… 道が見えたよ!自分が進みたかった道が見えてきた。 そんなツチヤです。 新居が決まらず、お金もなく、仕事もろくにできず、それでいて目標にはしがみついていているし、狩猟登録も後回しにせざるおえなかった、色々壊れるし、首は痛めるし そんな現状でした 両親の人間関係に助けられ、身を置かせてもらえるところがありながら 仕事は満足にできず、生活のだらしなさを指摘され、 悔しくも再確認するという形で自己嫌悪に陥っていました。

  • なぜ人は自殺してしまうのか

    そのことをよく考えます。僕も考えた事があります。 そして、僕の中で一つの結論に行き着きました。 おそらくその人が 大切なもの、固執しているものを逆に投げてしまう法則

  • 汚いものも全部受け入れるということ

    僕が獣の内臓に素手で手を突っ込み掻き出す。 ということが出来るようになったのは、些細な出来事がきっかけだった 以前は公園のベンチに座る時もレジ袋を広げて座るような性格だったのだが… それは、狩猟の世界に足を踏み入れ数ヶ月が経ったある日のこと、 定期的に猟友会のベテランと一緒に行動させて貰っていた僕は、 早く解体を覚えたいと、進んで解体の手伝いをしていた。 でかいイノシシの腹に刃を入れると、 パンッパンに膨らんで、もはや別の生き物のように見えたそれは 腸だった。もちろん中には大便が詰まっている。 その時、事は起こった。歴史が動いた ・ ・ ・ 僕の隣で捌いてた方は控えめに言って大雑把だった。 勢…

  • 知って欲しいようで、あまり知られたくないアナグマの美味さ。

    知って欲しいようで、 あまり知られたくないアナグマの美味さ。 人間とは欲深いものですね。知ってほしい、 けど、みんな食べ始めたら僕の食べれる量が減るかもしれない。 そういう気持ちが芽生えてしまうのはアナグマが美味しいからです。 まあ最近は動画ばかり投稿してるから、ここらで最近の動画を紹介します。 私、ひきこもり猟師ことツチヤ は 最近アナグマばかり食べてる。最近2匹捌いて、毎日美味しく食してるのだ! だけどまだ2匹目を食べ終わっていなくて、 どれだけ楽しめるんだ!アナグマ!もといムジナ! これが捌いた2匹の動画 www.youtube.com www.youtube.com

  • 高級ヘッドホンを たった一つ持っているだけで 幸福度の上昇率が侮れない。

    オーディオ機器に多少お金をかけると、幸福度が上がる。 そう思ったのはもう10年ほど前ですが ついさっき、そう思い返したことがあったんです。 所有して損がない、身近な人には強くオススメしたい。そう思えます 最近も活躍↓ ひきこもりたくない日もある。MP回復編 まず僕の愛用ヘッドホンとイヤホンを紹介 オーディオテクニカ ATH-AD2000 ※ヘッドホンには密閉型と開放型があり このタイプは開放型 人に聞こえないようなものは密閉型。 でもちょっと疲れる。 開放型はもれるけどオーガニックな感じ←

  • わな猟の教科書 6月25日 発売するよー!! これから猟を始めてみたい人必見なのだ!

    狩猟免許について:ツチヤ の場合 僕は地元、横浜に住んでいるときに猟銃の免許を取得し、 同時期に狩猟免許も取りまして、猟ができる地域へと移住しました。 ですが、二兎を追うものなんとやらな性分の僕は、 銃猟免許に狙いを定めて、わな免許は後回しにしました。 ですが後にわな免許も取得して思ったのは、 「ああ、別に覚える事は大して変わらんな、一度に取得しとけばよかった。」 でもね、 別に試験を受けたお陰で、かけがえのない出会いもありましたから 心の底から一度に受けなくてよかったーーー!なんて思いもあります。 結局、いい気持ちで臨んでいることは、 途中で腐らない限り良い結果へと収束して行くんだと思います…

  • 僕が ネカマをしてたときの話をしよう

    Q.ネカマって知っています? A.オンライン上で男が女と偽る事です! そうです!それ以外の何物でもありません。 ちなみに逆はね、…なんだっけ? まあいい、青春時代のほとんどをネカマで過ごした僕の、 淡く暗く、血と硝煙と、魔法の話を思い出しながら少しづつ語ろうかな。 1,始まりは無法地帯の戦場で あれは高校生2年目の夏頃だったと思う、 僕はメタルギアオンライン、通称”MGO”という対人ゲームに明け暮れていた。 www.youtube.com こーいうゲームです。今でも特殊な方法でプレイできます。

  • Amazonで買って心底良かったもの 【使用頻度高】 – ひきこもり猟師の御用達アイテム –その① 【ドイツ製フライパン バルミューダ電気ケトル コーヒーミル】 

    Amazonの凄いところ言います! 僕は現在、村に住んでるんですがお店がないんですよ。 本当にない。でもAmazonがあるから不自由には感じないんです。 ヤマト運輸の方には悪いですが、細かいものまでちょこちょこ頼んでる… 田舎暮らしと都会暮らしの徹底的差が無くなっている アイテムには困らないし、ノイズはないし、ネットは繋がるし。 もう都会に住む意味が僕の中では本当にありません。 デメリットがないわけじゃないけど、そこは都会とどっこいどっこいだと思うよ さて、僕はものにコダワリます。違いの分かる人間なので! あのね安物買いの銭失いって言うじゃない?あれは本当。 と言うかそうなり易い人種がいること…

  • ブログを投げ出して およそ300日… 新生!ツチヤ は何度でも蘇る

    一年近く投げ出されたブログって、殆ど再開しないですよね? 僕は普通の思考でもないし、気まぐれが行き過ぎてるだけなので復活します。 心底よかったなと思うのはブログを始めた過去があったこと、 というのもね「あ、スイッチ入った。」というときにクリック一つでまた再開できるのは素晴らしいです。ありがたいです。帰る場所があったアムロみたいな気持ちです。 強くてニューゲームかよ!みたいな気分です!! これが一からブログ始めようとしたら、僕はもうスイッチ切れちゃう。 これね真理だと思うんだけど「やりたい気持ちは足が早い(賞味期限」なんです 明日やろう、準備整えてからやろう、とか思うのは愚の骨頂だと経験からやっ…

  • 銃を持つということは、自分の過激な部分を押し殺していくこと。

    そもそも過激な人間には、銃所持の許可は降りるか難しいだろう。 しかし、どんな人間でも裏の顔はあるものだ。 人に言えない秘密、一人で抱え込み発散している感情。 「表裏ないよね」とよく言われる僕であるが、そんなこともない。 僕が移住して2年。 その間、あまり出ていない一面もある。 そんな話をします。 僕は、過去に30箇所以上の職場を経験した、 結果は毎回同じで、自己嫌悪に押しつぶされて 【引きこもる】ことを余儀なくされたのだが。 案外、色々経験している僕ですが、珍しい仕事も何個かしました。 例えば、【女装バー】またはその類の店。

  • 狐を埋葬した話

    僕が暮らしている地域には、キツネも生息しています。 そして今日、キツネがよく目撃されている場所で、一匹の狐が轢かれていました。 その場所は木々が生い茂り、鬱蒼とした場所だったのですが、 老人ホームを作るらしく、工事され、のっぺりとした整備された場所になりました。 おそらく狐の住処が近くにあったのでしょう。 そこが人の手により、荒らされ生活が変わった結果、 今回のように轢かれてしまったのだと思います。

  • ひきこもり猟師特有の「何もしたくない病」

    課題も、理想も、目標達成させることが昔から苦手だった僕。 なぜか? それは、人の評価を気にしてしまうことへの、 プレッシャーが大きい理由だと、結論づけました。 僕は美術系の授業が好きでした、しかし素晴らしい作品を作りたいと、最初はワクワクしながら構想を練るのです。でも作業に取り掛かるに連れて、 こだわりすぎるがあまり、完成絵なかなか近づきませんでした。 すると課題の期間は残りわずかになり、妥協して提出すればいいのにもかかわらず。 僕は「こんなもの提出したくない」と未提出で終わり、成績が下がる。 そんな事ばかりの人生でした。 改善するには、変なところに完璧主義にならず、何事にも 自分のハードルを…

  • iMacいきなり不調。

    買ったばかりのiMac、初日はサクサクで快適だったが、 次の日、突然重くて何もできなくなった。 今更ですが、MacBook Airの破損から早々。昨日家電量販店へと走りまして、iMacを分割で購入してきました。色々と感動します。PCが中心の生活ですし、ひきこもりらしく据え置きタイプでし!最悪のタイミングでの破損だったけど、割といいタイミングだったのかもしれない。 pic.twitter.com/qF5wcaqRoZ— ひきこもり猟師 (@Rose_Autoscopy) 2017年7月16日 というのもfinderを開こうとすると、 レインボーカーソル。 再起動しようとアップルマークをクリック、…

  • 取材のち違反・・・そんな一日。

    ある方からの取材を受けてきました! 僕はきっと、自分のことを話すのが好きなのだろう。

  • とあるアニメが 脱ひきこもりのきっかけになった話。

    そういうことはよくあるのだ。 なんて言ったって、僕は大して勉強したことがない。 好きなことしか頭に残らないから、やる意味がない・・・ 今の僕の軸を形成するのは、ゲーム、アニメ、映画なのだ。

  • シェアハウスを作ってみたい。社会不適合者 限定な!!

    燃え尽きていました。 でもそろそろ復活しないとね・・・ 僕はやはりひきこもり気質なのだ。 力を出し切ってしまうとMPが回復するまで何も気力がなくなってしまう。

カテゴリー一覧
商用