chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 王様と少兪先生 4

    王様は言いました。 「ある人は、風が当たって邪気に入られて、気が厥逆して、汗が流れて垂れる病に何度もなっているが、どうしてだろうか?」少兪は言いました。 「そ…

  • 王様と少兪先生 3

    少兪は続けて言いました。 「また、材木は、木の種類によって、皮の厚さ、汁の多さ、それぞれ異なります。 花が咲くのが早く、他より先に葉を生じる木は、春の霜や烈風…

  • 王様と少兪先生 2

    王様は聞きました。 「しかし、あるものは風腫になって汗が出て、あるものは消癉になり、あるものは寒熱になり、あるものは留痹になり、あるものは積聚になる。 邪気が…

  • ブログ内一覧

    気のはなし絵本元気 はじめのき ・衛気 まもるき ・宗気 むねのき ・清気 そらのき ・水穀の気 つちのき ・営気 いきるき 東洋医学の絵本陰陽五行 まわるき…

  • 王様と少兪先生 1(黄帝内経霊枢五變第四十六)

    このおはなしは黄帝内経霊枢より第四十六「五變」をもとにしています。いままで、医学博士である岐伯先生、「太始天元冊」を書いた人の十代目の子孫の鬼叟區先生、最初は…

  • 王様と鍼と国治め 4(終)

    王様は言いました。 「私が思うに、これは、とても難しいことなのだ。よくよく考えてみよう…。 色々な様子を合わせて観察し、体を触ったり脈診をして検査し、顔色など…

  • 王様と鍼と国治め 3

    岐伯は言いました。 「太陽や月は、その明るさで必ず影を作ります。 水や鏡は、物の姿を必ず映し出します。楽器や声は、音がすぐ後に必ず聞こえます。 それと同じく…

  • 王様と鍼と国治め 2

    王様は、岐伯の方に振り返って、言いました。 「九鍼の内容は、その微細な理論はこれ小さいものはないほど小さく、その理論の広範さはこれより大きいものはなく、その道…

  • 王様と鍼と治国 1(黄帝内経霊枢外揣第四十五)

    このおはなしは、黄帝内経霊枢より第四十五「外揣」をもとにしています。王様と岐伯は、宮殿の中の書庫に来ています。 書庫には、たくさんの本があります。(素問8)王…

  • 王様と一日と季節 7(終)

    王様は言いました。 「しかし、六腑の経脈では、原穴があるので、合わせて六兪となり、つまり、六経脈×六兪=三十六穴だ。これは、どうやってつながるのだ?」 岐伯は…

  • 王様と一日と季節 6

    岐伯は言いました。 「まず、五変についてお話しすると、治療法ではなく、色・季節(時)・音・味・日(十干)の五つです。」 王様は言いました。 「あ、そうか。五行…

  • 王様と一日と季節 5

    王様は言いました。 「よく分かった、ありがとう。では、もうひとつ聞きたいことがあるのだ。 私は、鍼の治療には五変というのがあって、五兪(井・滎・兪・経・合)穴…

  • 王様と一日と季節 4

    王様は言いました。 「でも実は、全ての病が、朝はすっきりしていて、昼は安らかなのに、夕方には悪化して、夜にはひどくなるのではなく、これに当てはまらない場合があ…

  • 王様と一日と季節 3

    王様は言いました。 「それで、病はどう関係あるのだ?」 岐伯は言いました。 「つまり、朝は春の性質で、陽気を生じ始めますので、病の気は衰えます。だから、朝はす…

  • 王様と一日と季節 2

    王様は言いました。 「季節の氣が?いったい、どういうことだ?」 岐伯は言いました。 「王様もご存じの通り、春には万物が生じる性質が、夏には万物が長じる性質が、…

  • 王様と一日と季節 1(黄帝内経霊枢順氣一日分爲四時第四十四)

    このおはなしは、黄帝内経霊枢より第四十四「順氣一日分爲四時」をもとにしています。  王様は、これまでに、たくさんのことを聞いて、いろんな病について知りました。…

  • 王様とこわい夢 7(終)

    岐伯は続けて言いました。 「膀胱に邪気が居座っていると、ぶらぶらと散歩している夢を見ます。 胃に邪気が居座っていると、飲み食いをしている夢を見ます。 大腸に邪…

  • 王様とこわい夢 6

    王様は言いました。 「私が夢を見たのは、厥逆した邪気があるからだと言っていたが、それもすぐに治るのか?」 岐伯は言いました。 「はい、王様。厥逆は、邪気が居座…

  • 王様とこわい夢 5

    王様は言いました。 「他には、どんな夢を見るのだ?」 岐伯は言いました。 「体の中に邪気がある場合には、とても空腹だと、人から取る夢を見て、とても満腹だと、人…

  • 王様とこわい夢 4

    王様は聞きました。 「たとえば、どこに邪気があると、どんな夢を見るのだ?」 岐伯は言いました。 「邪気が臓に入ると、内の陰気が有余になって、外の陽気が不足にな…

  • 王様とこわい夢 3

    友達が帰っていくと、岐伯はさっそく治療をしようとしましたが、王様はまず話を聞きたいと言いました。 「どうして、体に邪気があることで夢を見るのだ?」 岐伯は言い…

  • 王様と怖い夢 2

    ある日、王様のところに、友達が遊びに来ました。 みんなで話をしていると、ひとりが最近見た夢の話をはじめました。 夢の中で友達は、鳥のように空を飛びながら旅をし…

  • 王様と怖い夢 1(黄帝内経霊枢淫邪發夢第四十三)

    このおはなしは、黄帝内経霊枢より第四十三「淫邪發夢」をもとにしています。明け方、王様はびっくりして飛び起きました。今まさに、おしっこをしていた感覚があったから…

  • 王様と治せない病 7(終)

    王様は言いました。 「今聞いた話も、また本に書いてよいか?」 岐伯は言いました。 「ぜひ、お書きください。道理の真実は、知っている医者が、自分の子孫だけに伝え…

  • 王様と治せない病 6

    岐伯続けて言いました。 「邪が入り、まず胃に病が発すると、五日後には腎に伝わり、その三日後には膀胱に伝わり、その五日後には心に伝わります。こうなっては、二日間…

  • 王様と治せない病 5

    王様は言いました。 「ひどい邪が五臓に入るとどういう経過を経て、死ぬことになるのか?」 岐伯は言いました。 「邪が五臓に入り、まず心に病が発すると、一日後には…

  • 王様と治せない病 4

    王様は言いました。 「昼に目が覚めているのと、夜に目を閉じて寝ているのでは、大違いだな。」 岐伯は言いました。 「陰陽の道理がはっきり分かっている人は、迷い悩…

  • 王様と治せる治療法 3

    王様は言いました。 「これまでに私は、すでに、陰陽の要、虚実の理、気が傾いて病になることと、その種類と治療方法、を聞き終えた。 なので次は、病が変化して、転移…

  • 王様と治せる治療法 2

    王様は岐伯に言いました。 「私は、九鍼については、岐伯先生から教えを受け、その他の治療法については、自分でいろんな本を読んだ。ある一つの病について、導引、行氣…

  • 王様と治せる治療法 1(黄帝内経霊枢病傳第四十二)

    このおはなしは黄帝内経霊枢より第四十二「病傳」をもとにしています。 王様の時代は、とてもとても昔で、そこから長い長い年月を過ぎるうちに、たしかにあった本が、い…

  • 王様と太陽と月と人 6(終)

    王様は言いました。 「あれ?腰より上は陽、腰より下は陰、というが、五臓では、上にある肺と心が陽で、下にある脾と肝と腎が陰と言っていなかったか?」 岐伯は言いま…

  • 王様と太陽と月と人 5

    王様は言いました。 「これを知ったうえで、医者が治療をするときには、どのように考えるのだ?」 岐伯は言いました。 「たとえば、十二か月でいうと、一・二・三月に…

  • 王様と太陽と月と人 4

    王様は言いました。 「では、太陽と経脈が合っているというのは、どのように合っているのだ?」 岐伯は言いました。 「甲の日は、左手の少陽三焦経を主ります。乙の日…

  • 王様と太陽と月と人 3

    王様は言いました。 「月と経脈が合っているというのは、どのように合っているのだ?」 岐伯は言いました。 「十二か月は、一月に初めて陽を生じ、七月に初めて陰を生…

  • 王様と太陽と月と人 2

    王様は言いました。 「太陽と月の陰陽は、人とどのように合っているのだ?」 岐伯は言いました。 「人は、腰から上が天であり、上にあるのは陽、腰から下が地であり、…

  • 王様と太陽と月と人 1(黄帝内経霊枢陰陽繋日月第四十一)

    このおはなしは、黄帝内経霊枢より第四十一「陰陽繋日月」をもとにしています。今日の王様は、岐伯とおしゃべりをしています。 「岐伯、天と地では、天が陽、地が陰だっ…

  • 王様と川と脈 5(終)

    王様は言いました。 「それで、天下の人の中に平和を乱す人がいるように、人の中にも、調和を乱す気があると言っていたが、どのように乱すのだ?」 岐伯は言いました。…

  • 王様と川と脈 4

    王様は言いました。 「濁気が十二経脈を行くといっても、その気はまた、一様ではないのだろう?では、もっとも濁っている濁気が行くのは、どの経脈だ?」 岐伯は言いま…

  • 王様と川と脈 3

    王様は言いました。 「では、人の気が一様ではないというところを聞かせてくれたまえ。」 岐伯は言いました。 「気は、大きく分けると、清と濁があります。水穀から受…

  • 王様と川と脈 2

    王様は言いました。 「以前に、岐伯から、体の十二経脈と、世界にある十二本の川が合っていると聞いた時、なるほどと思っていたのだ。 しかし、実際の川の色は、青いの…

  • 王様と川と脈 1(黄帝内経霊枢陰陽清濁第四十)

    このおはなしは、黄帝内経霊枢より第四十「陰陽清濁」をもとにしています。以前、王様は、世界を流れている十二の川と体の中の十二経脈が対応してると聞きました。(霊枢…

  • 王様と刺絡療法 5(終)

    王様は言いました。 「血を出す治療をして、悪くしてしまうことはないのか?」 岐伯は言いました。 「刺絡は寫法ですが、やり方に則っていれば、危険は無く、安全です…

  • 王様と刺絡療法 4

    まだまだ、王様の質問は続きます。 「鍼を刺して、血を出した後、鍼を抜いた所が腫れる時があるのはなぜだ?」 「新しい水を飲んでなくて、体の中にある水が以前から長…

  • 王様と刺絡療法 3

    王様はどんどん質問します、岐伯はすぐに答えてくれます。 「鍼を刺して血を出すと、突然たおれる人はなぜだ?」 「脈気が盛んでも、血が虚であると、刺して血を出すと…

  • 王様と刺絡療法 2

    王様は、今日も、岐伯に話を聞きに来ています。 「岐伯、今日は血を出す治療について話してくれ。これもまた、本に書こうと思っているのだ。」 岐伯はうなずいて言いま…

  • 王様と刺絡療法 1(黄帝内経霊枢血絡論第三十九)

    このおはなしは、黄帝内経霊枢より第三十九「血絡論」をもとにしています。ここまで黄帝内経を読んできて、ブログ内検索をかけてみると、血を出す話は、五十回出てきてい…

  • 王様とすばらしい先生 6(終)

     ブログで読める絵本・童話一覧 岐伯は続けて言いました。 「大工は、物差し無しでは長さを測れません。墨縄を使わずには水平を起こせません。技師は、コンパスを使わ…

  • 王様とすばらしい先生 5

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。「ああ、私は、岐伯先生から『鍼の道』について、たくさんのことを教えてもらって、多くのことを理解できたぞ。先生…

  • 王様とすばらしい先生 4

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「では、次は、脈が流れる方向について、聞きたいぞ。」 岐伯は言いました。 「手の三陰経は、臓から手へ流れま…

  • 王様とすばらしい先生 3

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は聞きました。 「では、大人と赤ちゃんは、それぞれどんな治療をするのか?」 岐伯は言いました。 「大人は、骨がしっかりしてい…

  • 王様とすばらしい先生 2

     ブログで読める絵本・童話一覧岐伯は言いました。 「大人で、体質が逞しく、体が大きい人は、血気が充実し、皮膚が引き締まって堅いので、もし邪気が入ってしまって治…

  • 王様とすばらしい先生 1 (黄帝内経霊枢逆順肥痩第三十八)

     ブログで読める絵本・童話一覧このおはなしは黄帝内経霊枢より第三十八「逆順肥痩」をもとにしています。  今日も王様は、医者たちがきちんと病を治せて、国民たちが…

  • 王様と健康な顔 4(終)

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「では、どんな顔だと、よくないのだ?」 岐伯は言いました。 「五官がそれぞれの役割をはっきり機能していなく…

  • 王様と健康な顔 3

       ブログで読める絵本・童話一覧王様は聞きました。 「医者の目から見て、どんな顔が最も良いのだ?」  岐伯は言いました。 「鼻は広く大きく、頬はふっくら盛り…

  • 王様と健康な顔 2

     ブログで読める絵本・童話一覧 岐伯は言いました。 「まず、五官の様子をはっきりと弁別し、その後に、眉間にしわがないのを見てから、鼻を見ております。」 王様は…

  • 王様と健康な顔 1(黄帝内経霊枢五閲五使第三十七)

     ブログで読める絵本・童話一覧このおはなしは、黄帝内経霊枢より第三十七「五閲五使」をもとにしています。 最近のおはなしには出てきていませんでしたが、岐伯は王様…

  • 王様と体の液 5(終)

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「体の液が流れないと、起こる病はあるか?」 岐伯は言いました。 「邪気が体の内に入り込んで、流れが逆行して…

  • 王様と体の液 4

     ブログで読める絵本・童話一覧岐伯は言いました。 「王様、他にも、液があります。生殖器から出る液です。」 王様は言いました。 「それは精ではないのか?」 岐伯…

  • 王様と体の液 3

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「体の液は、口から入った水穀から作られていて、胃腸を移動していった後に、五つの液に別れていると知っているが、…

  • 王様と体の液 2

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「他に出る液といえば…悲しみ哀れむと涙が出るのは、心が動揺するからだと言っていたな。」(霊枢28) 岐伯は…

  • 王様と体の液 1(黄帝内経霊枢五癃津液別第三十六)

     ブログで読める絵本・童話一覧このおはなしは、黄帝内経霊枢より第三十六「五癃津液別」をもとにしています。暑い日が続いています。王様は今日も汗だくです。 「なぜ…

  • 王様と脹 7(終)

     ブログで読める絵本・童話一覧岐伯は言いました。 「この治療で、鍼を刺すとは、分肉と膜の間に攻め入れて、経気が注する穴に当てることをいいます。 鍼を刺す所を外…

  • 王様と脹 6

      ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「もし、脹になっている所を見つけたらどうすればいいのだ?」 岐伯は言いました。 「足三里に寫をします。脹…

  • 王様と脹 5

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「では、それぞれの脹の、症状を聞きたいぞ」 岐伯は言いました。 「心の脹は、煩心、浅い息でハアハアして、ゆっ…

  • 王様と脹 4

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「病の原因がどこにあるのか、どうすれば分かるか?」 岐伯は言いました。 「それぞれの臓腑が脹の病になれば、そ…

  • 王様と脹 3

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「つまり、脹の病とは、気が一か所に滞って集まりすぎて生じているということだな。そのように、人を脹にする原因の…

  • 王様と脹 2

     ブログで読める絵本・童話一覧 国に住む民たちのことを大切に思っていて、長く病で苦しむ人をなくしたいと思っている王様はいろんな種類の病を知って、みんなの病を治…

  • 王様と脹 1(黄帝内経霊枢脹論第三十五)

     ブログで読める絵本・童話一覧 このおはなしは、黄帝内経霊枢より第三十五「脹論」をもとにしています。脹とはどんな病でしょうか? 漢辞海には「ふくれる・腫れる・…

  • 王様と五つの乱 5(終)

        ブログで読める絵本・童話一覧 王様は聞きました。 「鍼を使う治療には、補法と寫法があるが、乱れの場合は、どちらをするのだ?」 岐伯は言いました。 「鍼…

  • 王様と五つの乱 4

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「なるほど、ぜひ、その道理を聞きたいぞ。」 岐伯は言いました。 「では、体の五つの所で乱れが起こった場合を…

  • 王様と五つの乱 3

      ブログで読める絵本・童話一覧王様は聞きました。 「何をしてしまうと、乱れるのだ?そして、どうすれば、安定するのだ?」 岐伯は言いました。 「十二経脈は気が…

  • 王様と五つの乱 2

     ブログで読める絵本・童話一覧知りたいことがある時、王様は岐伯に会いに行きます。 「岐伯、聞きたいことがあるのだ、教えてくれるか?」 岐伯は、王様がいろんなこ…

  • 王様と五つの乱(黄帝内経霊枢五亂大三十四)

      ブログで読める絵本・童話一覧このおはなしは、黄帝内経霊枢より第三十四「五亂」をもとにしています。王様は、おやつに届けられた木の実をお皿から出して机の上に一…

  • 王様と四つの海 7(終)

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「なるほど、これで、海が正しくない状態については聞いて分かったが、正しくないのを調える方法については、どう…

  • 王様と四つの海 6

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「人の海が正しくない時、人はどうなるのだ?」 岐伯は言いました。 「気の海が多ければ、気が胸の中にパンパン…

  • 王様と四つの海 5

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「この四つの海は、どういう時に、人に良い影響を与え、どんな時に、人に悪い影響を及ぼし、どんな時に、生きる命…

  • 王様と四つの海 4

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「では、岐伯先生がおっしゃる、人の四つの海と、天地の四つの海が合わさるというのは、どのように合っているのかを…

  • 王様と四つの海 3

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「これまで、私の先生である岐伯に、鍼を使う治療について、たくさん聞いてきたが、先生の話はいつも、営衛気血から…

  • 王様と四つの海 2

     ブログで読める絵本・童話一覧岐伯を見つけた王様は、さっそく地図を広げながら言いました。 「岐伯、聞きたいことがあるんだ。これまでに、人の体は自然の世界と相応…

  • 王様と四つの海 1(黄帝内経霊枢海論第三十二)

     ブログで読める絵本・童話一覧このおはなしは黄帝内経霊枢より第三十二「海論」をもとにしています。王様は以前、岐伯に、世界にある十二の川と、体の中の十二の経脈が…

  • 王様と消化器 4(終)

     ブログで読める絵本・童話一覧「では、もし食べたり飲んだりをせず、体の中に何も入ってこなければ、人はどうなるのだ?」 伯高は言いました。 「何も食べないでのが…

  • 王様と消化器 3

      ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「では、胃の3斗5升が一番多い量で、だんだんに進みながら減っていくのだな。 胃から小腸に行くと2斗の固形物…

  • 王様と消化器 2

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「つまり、食べたり飲んだりしたものが通っていく腑は長さが5丈8尺4寸で、入る総量総9斗2升1と2分の1強合、…

  • 王様と餓死 1(黄帝内経霊枢平人穀絶第三十二)

     ブログで読める絵本・童話一覧このおはなしは、黄帝内経霊枢より第三十二「平人穀絶」をもとにしています。王様と伯高の話は続いています。 「では、伯高は、食べたり…

  • 王様と人体解剖 3(終)

     ブログで読める絵本・童話一覧伯高は続けて言いました。 「胃は、曲がりくねって、屈んでいますが、伸ばすと長さが2尺6寸あります。周囲の大きさは1尺5寸、直径は…

  • 王様と人体解剖 2

     ブログで読める絵本・童話一覧この篇は、消化管について、長さ、径の長さ、重さ、容量などが書かれています。「口の広さは二寸半…大きさ五合容る」一般的に一合は18…

  • 王様と人体解剖 1(黄帝内経霊枢腸胃第三十一)

     ブログで読める絵本・童話一覧 このおはなしは黄帝内経霊枢より第三十一「腸胃」をもとにしています。王様は、伯高と話をしています。伯高は、黄帝の家臣、名医であり…

  • 王様と六つの成分 4(終)

      ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「六つの成分の重要度には、順位の高い低いがあるか?」 岐伯は言いました。 「六つの成分は、それぞれが担当…

  • 王様と六つの成分 3

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「なるほど、六つの成分の、有余、不足、たとえば、気が多少や、脳髄の虚實、血脈の清濁、はどのようにして分かるの…

  • 王様と六つの成分 2

     ブログで読める絵本・童話一覧 岐伯は言いました。 「精とは、男と女の神気が互いに交わり和合したときに、体が出来るもより先に、生じるものです。 気とは、上焦を…

  • 王様と六つの成分 1(黄帝内経霊枢決気第三十)

     ブログで読める絵本・童話一覧 このおはなしは、黄帝内経霊枢より第三十「決気」をもとにしています。  王様は聞きました。 「なあ、岐伯、 人の体の中には、精、…

  • 王様と岐伯の師匠 7(終)

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は聞きました。 「体のどのへんを見れば、分かるのだ?」 岐伯は言いました。 「肺は、臓腑の中で一番上に広がっているので、蓋…

  • 王様と岐伯の師匠 6

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「本蔵篇※には、体つきや、手足の関節や、肉づきから、体の内にある五臓六腑が大きいか小さいかを知ることが出来…

  • 王様と岐伯の師匠 5

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「しかし、生まれた時からお城に住んでいる王族や、贅沢な暮らしをしている貴族やお金持ち、生肉を美食している神…

  • 王様と岐伯の師匠 4

     ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「むむ?胃の中が熱で、腸の中が寒であれば、胃が冷たい飲み物を欲しがり、腸が熱い飲み物を欲しがって、両方の望み…

  • 王様と岐伯の師匠 3

      ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「それぞれが順じて欲しいことは、何だ?」 岐伯は言いました。 「他所の国に入ったなら、その国の風俗習慣を聞…

  • 王様と岐伯の師匠 2

     ブログで読める絵本・童話一覧岐伯は言いました。 「なんと、深いお考えでしょうか、さすが王様、すばらしいことです。 人民を治めるにも、ご自身の体を治めるにも、…

  • 王様と岐伯の師匠 1(黄帝内経霊枢師傳第二十九)

     ブログで読める絵本・童話一覧このおはなしは黄帝内経霊枢より第二十九「師傳」をもとにしています。王様は言いました。 「この前の話は、面白かったなあ。それに、岐…

  • 王様と十二の奇邪 11

     ブログで読める絵本・童話一覧 王様は言いました。 「あくびのしくみ、しゃっくりのしくみ、すすり泣きのしくみ、寒さで震えるしくみ、げっぷのしくみ、くしゃみのし…

  • 王様と十二の奇邪 10

        ブログで読める絵本・童話一覧王様は言いました。 「人が、耳鳴りするのは、なぜだ?」 岐伯は言いました。 「耳鳴りは、外の音ではなく、耳の中で鳴る音が聞…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、つきとがさんをフォローしませんか?

ハンドル名
つきとがさん
ブログタイトル
絵本と童話で 子供に伝えたい やわらか東洋医学
フォロー
絵本と童話で 子供に伝えたい やわらか東洋医学

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用