searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ペインさんのプロフィール

住所
岩手県
出身
岩手県

自由文未設定

ブログタイトル
子供の発達を考える衝動眼鏡の日常
ブログURL
https://development-lab.net/
ブログ紹介文
発達障害、脳性麻痺等の重度の子供・大人のリハビリの仕事をしてます。子供に関わる情報を書いています。
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/09/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ペインさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ペインさん
ブログタイトル
子供の発達を考える衝動眼鏡の日常
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
子供の発達を考える衝動眼鏡の日常

ペインさんの新着記事

1件〜30件

  • スマート家電、スマートホーム化で障がい児・者の生活を快適に!

    目次 1 AIアシスタント 2 スマートスピーカー 3 スマートリモコン 4 大切なことは 「アレクサ、〇〇して」 「OK、グーグル」 「ヘイ、Siri」 どんどん普及してきていますね。 AIの進歩により、インターネット環境は、生活になくてはならないものになりました。 最近では、IoTと言われるように、物もインターネットにつながる時代になってきています。 家の中にあるスマート家電を障害児者の生活に...

  • あなたはどの考えに囚われている? アクセスバーズの21ポイント

    目次 1 インプラントバンド 2 マネー 3 コントロール 4 クリエイテイビティ 5 クリエイティング・コネクションとクリエイティング・ライフフォームス 6 エージング・トースター 7 ホープスドリームス 8 フォーム&ストラクチャー 9 アウェアネス 10 ブリッジング・バー 11 サッドネス&ジョイ 12 ヒーリング 13 ボディー&セクシュアリティー 14 カインドネス・グラディチュード...

  • 頭の中のごちゃごちゃを取り除く『アクセスバース』とは

    目次 1 アクセスバース? 2 どんなことやるの? 3 実際やってみた。 今に至るまでの経験の中でため込んできた(詰め込まれてきた?)思いや考え。 そんな培ってきたはずの思考(偏見)や感覚が、今の自分が『したい、やってみたい』行動にブレーキをかけてしまうことになっていたら? 自分らしさを消してしまい人に合わせる事が優先されていることって感じること無いでしょうか?   目の前...

  • 親子で共有できる!こどもの記憶力・理解力・発想力を高めるために使いたいアプリ

    目次 1 マインドマップ 2 記憶力への影響 3 理解力への影響 4 発想力への影響 5 マインドマップのルール   5-1無地の紙を使う   5-2紙は横向きに使う   5-3カテゴリーごとに色分け   5-4ブランチの数はほどほどに 6 マインドマップ アプリ 最近の子供は、小さいころからスマホを触る機会が多く、小学生で大人顔負けの操作、知識を持っています。 スマホ=危ない 「...

  • 知能検査だけでは足りない!生活を把握するにはこれがおすすめ! Vineland-Ⅱとは?

    目次 1 どんな検査? 2 適応行動って?検査でどんなことがわかるの? 3 生活を評価することの厄介さ 4 知能検査とは?検査の種類と特徴とは? 5 IQと生活は関係しない? 支援が必要な子供に対して、いろいろな職業の人たちが関わります。 関わる人たちが、1つの基準を持つということはとても大切なことです。 というのも、いろいろな視点を持ったプロが関わるという点では強みですが、視点が違うということ...

  • 親子で価値観を共有できないのはなぜ? 5つの欲求が関係とは?

    目次 1 5つの欲求とは?   1-1 1つ目の欲求   1-2 2つ目の欲求   1-3 3つ目の欲求   1-4 4つ目の欲求   1-5 5つ目の欲求 2 家族関係への影響は? 3 生活してきた背景   3-1 70~80歳代?   3-2 40~60歳代?   3-3 20~30歳代??   3-2 今後の世代?? 4 さいごに 子供との会話、親との会話。 身近な存在の家族なのに 『なんで通じないの!?』と思うこと...

  • ついに!(涙)皆さん本当にありがとうございます!

    このブログ、いつから始めたか忘れてしまうくらい昔からどうにか今日まで続けてきました。 去年に至っては、ほぼ更新できずほったらかしの雑草は生えまくり状態でした。 公認心理師の試験やら、講師やら忙しくさせていただいたので、単にさぼっていたわけでは…と言うことにさせてください。(笑) そんな中、本日ついに10万PV突破しました!!! 皆さんがこのようなブログに少しでも興味を持って下さったおか...

  • 知能検査って結局なに!?検査の種類と受けてみた子供の感想

    目次 知能検査とは? 知能検査を通じて分かる事 知能検査の種類は? 検査の場所・時間や費用は? 受けてみた子供の感想 知能検査とは? 「この子の今の能力を知るために検査をしましょう。」 学校や病院などでよく聞く言葉で、不安になる言葉の上位に入ってくるフレーズだと思います。 検査といっても種類も多いので、何の検査なの?となりやすいわけです。 知能検査とは、問題解決する...

  • 難病・小児慢性特定疾病の受給延長が決まった!

    新型コロナの影響によって指定難病・小児慢性特定疾病受給者証有効期間の延長が決まったそうです。 制度の概要と延長についてまとめてみましたので、ご覧ください。 指定難病って? 難病は治療方法が確立していません。そのため、長期療養が必要になることで、大きな経済的負担が強いられてしまいます。国が「難病の患者に対する医療等に関する法律」に定められる基準に基づいて医療費助成制度の対象としている難病の事を「...

  • 重症心身障害児の会話 表情はとても大事!

    重症児は、知的な障害が重く身体的な障害、例えばマヒ等で手足が思うように動かせない。といった事が合わさった子供を言います。 運動面では特にマヒも強く、上手く座れないといった子供、つまり寝た状態が基本の姿勢になっている事が多いです。 思うように体が動かない事、上手く反応が出来ない知的なレベルでは、人から話しかけられても上手く表現する事が出来ない事が多々あります。 閉じ込め症候群 Instag...

  • 感受性が高すぎて生きづらい HSP とは

    生活を送っていく中で、周りからの些細な言葉。環境の刺激。実は色々な刺激の中で私たちは生活しています。 普段生活していると、あまり気にならずに生活を送っている人が大半ですが、 一部には繊細すぎて少しの刺激で自分を保てなくなる人もいます。 繊細すぎて、生きづらさに繋がる人達はもしかしたらHSPかもしれません。 HSP? エレイン・アーロン(Elaine Aron)博士によって Highly Sensitive Perso...

  • ついに発表!! 一律10万円給付の概要

    30万円から一転、一律10万円の給付に変更になったのはつい先日の事。 みんな注目の給付の概要ですが、20日付で総務省から発表がありました。 実施主体 市区町村になります。 給付対象者及び受給権者 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主となっています。 ポイントは、世帯主が受け取りを行うという点ですね。 ...

  • どうして伝わらない!? 伝わりにくい指示の出し方 6つの特徴とは 

    外来リハの場面では、注意に影響ない場合は親御さんに見てもらいながらリハを行う形式を取っています。 時々、親の方から言われます。 『先生のように真似して教えようとしても、全くしてくれません。』 自分の接し方を真似ようとしてくれるということは、少なからず子供の集中や行動に何かしら良い変化があるからだと思います。 そう思いたいしですし。笑 と言うわけで、今回は伝わりにくい指示の出し方の...

  • 今だから押さえた方がいい! 感染の種類とは 

    まさか、コロナウイルスがここまで広がるとは。 誰もが感じている事ですし、芸能人や県内で発生したというニュースを聞くと、明日は我が身、家族が心配。と余計に感じてしまいますよね。 自分もこれを機に「感染」って?と言うことをもう一度見直してみたいと思います。 感染の経路 病原体が体の中に侵入する経路には、大きく分けて「垂直感染」と「水平感染」の2種類があります。 垂直感染 一般的に“母子感染”...

  • 消毒用のアルコール綿が不足して困っている!」という医療的ケア児者家庭を募集します!

    前回、マスクの提供の話をさせていただきました。 前回の提供は、岩手のみでいたが今回は全国!! 一番下にURLを添付します! どこが提供してくれるの? 全国医療的ケア児者支援協議会の事務局を務める認定NPO法人フローレンス という団体様になります。 活動の進捗状況は 3月23日から4月2日まで募集し、4月10日現在。 寄贈者数:277名 医ケア備品を希望された家庭数:1219家庭 配送済み家庭数:503...

  • 運動の不器用な子供のとらえ方と接し方のポイント

    今回は、運動が特に苦手な発達障害とされる発達性協調運動障害(DCD)の捉え方と実際、体育の授業や関わる場面等で気を付けたい所について触れていきます。 こういった特徴がある子供の体育現場に目を向けてみましょう。 一般小学校では、発達特性に応じた課題がそれぞれ提供されているわけではありません。 例えば、マット運動 実際に、周りの子のやり方や先生のやり...

  • ついにコロナ未確認は1県だけに…今後のリスクとは

    昨日までは、岩手、鳥取の2県で感染者が確認されていない状況でした。 なぜ、他に比べ感染者が未確認で経過してこれたのでしょうか。 人口の問題 鳥取県の推計人口は約55万人で全国で最も少なく、岩手県は約122万人。悲しいかな。やはりそこまで多くない。 世界規模で見ると、感染者数は160万人を超えている状況です。 二つの県の人口を足した程度の人が感染している状況です。 感染対策は? 感染に対しての独自...

  • 【拡散希望】医療的ケア児を持つ家族は必見!!マスク配布について

    コロナの感染拡大が止まりません。 基礎疾患を持つ人では重度化しやすいと言われています。 先日亡くなられた志村けんさんも数年前に肺炎にかかるなど、肺の状況はあまり良い状態とは言えない記事を多数お見掛けします。 重度の方々では、呼吸状態の悪化は避けられません。 空気感染はしない? 国内の感染状況を見ても、空気感染は起きていないと考えられるものの、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等...

  • 家族や支援者のメンタルが心配が危ない!?カサンドラ症候群とは?

    タイトルにもあるカサンドラ症候群。聞いたことはありますか? これは、実際の病名ではありません。 余りに濁しても仕方ないので、内容に入ります。 専門書がほとんどない為、ウィキペディアを参考にしております。ご了承ください。 概要 アスペルガ-症候群の配偶者やパートナーが、アスペルガ-症候群の本人とコミュニケーションがうまくいかずに関係を構築できない為に、精...

  • 志村けんさんの訃報 

    コロナの影響がさらに甚大さを増してきました。 現在、日本の感染者数は3757人。(JX通信社)と爆発的な増加となっています。 私が住む岩手では発症は確認されていませんが、無症状でウイルスを持っている人(キャリア)などを考えても、時間の問題だと言わざるを言えません。 先週、コロナの影響で亡くなられた志村けんさん。この訃報は日本全国に大きな衝撃を与えました。いや、今も、落胆している人はたくさんいますよ...

  • 股関節脱臼と姿勢の関係とは

    重度の脳性麻痺の子供は、寝たきりで立つこと、歩くことを経験出来ないことが多いです。 この経験がないと、股関節の脱臼に繋がりやすくなってしまいます。 実は、股関節脱臼は子供の問題だけではありません。 股関節脱臼って? 引用 正常な股関節は、『臼蓋きゅうがい』と呼ばれる受け皿がしっかりと作られています。 しかし、立つ経験が少ない子供は、体重が股関節にうまくかからない為、この臼蓋が形成されにく...

  • これからのリハビリの形ってどう変わるんだろう?

    2025年。 この数字は何を意味しているのでしょうか? 団塊の世代と呼ばれる層の人たちが後期高齢者(75歳以上)に達する年なんです。 一般的なリハビリでは、この年に最もニーズが高くなり、その後は人口減少によって徐々にニーズは低下すると考えられています。 さて、子どもの場合、少子化の影響もあり、今後のリハビリの形ってどう変わっていくのでしょうか? 在宅リハビリの増加 今現在、子供のリハビリを出来る...

  • コロナウィルスが車いすにも影響を与えている件

    コロナウィルスの影響。まさかここまで、日本、世界に影響を与えるとは・・・。 一番は、学校が休みに入ったことで、子連れ出勤を認める会社がある一方で子供を見るためにどうしても休まなくてはいけない家庭も多くいますよね。 多くの会社や業種が影響を受けている状況ですが、実は車いす関係にも大きな影響を与えています。 巡回相談 巡回相談は、医師を中心とした車いすや装具、義肢の作成の判断や対応をする業種...

  • 5つの欲求が関係? 親子で価値観を共有できないのはなぜ? 

    子供との会話、親との会話。 身近な存在の家族なのに 『なんで通じないの!?』と思うことありませんか? 他人であれば、考えに違いがあっても仕方ないなと思えますが、家族は距離が近い分、『わかってほしい、わかってもらわないと生活が成り立たない』わけですよね。 今回は、5つの欲求が実は価値観を共有でしづらくしているのではと言うお話です。 5つの欲求とは 引用https://www.direct-commu.com/chie/mental...

  • 介助の時に恐怖! 重症心身障害児者の骨折しやすい場所や頻度とは?

    自分や家族、または友達。おそらく一回くらいは骨折した人に会う事ってあるのではないでしょうか? よくある骨折としては、事故によるものや転倒、スポーツでの激しい接触など強い力が加わった時に起きるのが知られています。 他にも、寝たきりになると骨がもろくなるといった種類の骨折も知られています。 今回は、重心の方々の骨折について書いていきたいと思います。 骨折の頻度は? 一般的には強...

  • 障害児本人と兄弟の関係性

    最近こんな質問がありました。 「この子が生活の中心で、他の兄弟の子に好きなことをさせてあげられない」 「下の子供達は、親が構ってくれない、この子(児)ばっかり可愛がってると思っているんじゃないか」 なるほど。 今まで、障害を持った子供への認知面や運動面の関わりをしてきましたが、兄弟との関係については、深く考えた事がありませんでした。 兄弟の気持ちって? 兄の面倒を見るために友達との予...

  • 自己肯定感=苦手克服? 本当に意識したい成功体験とは

    皆さんは『自尊心』や『自己肯定感』と言う言葉を聞いたことがありますか? 特に発達に特性を抱える人たちは、発達の凸凹の大きさから周りとの摩擦が大きかったり、失敗体験が多く自己肯定感や自尊心が低下しやすいと言われています。 自己肯定感とは 自分自身を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる思考や感情を『自己肯定感』や『自尊心』と言います。 簡単に言うと、自分はこういう人間だ!...

  • 子供の見る力をどう評価する? 新しい視覚検査 WAVESとは?

    最近、発達障がいの子供の見る力が上手く働いていない。といった色々な文献や本でも、研究結果はたくさん出てきています。 眼球運動(目の動かし方)がぎこちない場合、学習の基礎となる文を読む事、音読することに問題が起きることは想像しやすいですね。 その他にも、ボール競技で遠近感を捉えるのが苦手だったり、ボールを目で追う事が出来ても、取る時に手が緊張してしまってボールをはじいてしまうこと。 他にも...

  • 学習の強みを知る検査? K-ABCⅡの概要、特徴とは?

    誰でも得意、不得意な科目はあります。 しかし、発達障がいを抱える子どもでは理解するまでのとらえ方に凸凹が大きいと言われています。 その為、得意不得意の差が大きかったり、どのような点で悩んでいるか周りがうまく理解してあげられないので、指導が難しいといった支援の方向性をつかむ事にも苦労するのが現場の声ではないでしょうか。 今回は、子供の得意な点を見つけ、指導に生かす検査の紹介です。 K-ABCⅡ?...

  • こだわりが強い 片づけ苦手 発達障害の2つの機能の弱さとは?

    皆さんの周りには、物事へのこだわりが強い人や、子供がいらっしゃいますか? 物作りをするような職人気質が求められる職業では、こだわりは大きな武器になります。 しかし、現在の社会では仕事や生き方が多様化しており、今までよりも高いコミュニケーション力が求められています。 子供の環境にしても、インターネット環境が充実しており、様々な情報、世代に関係なく色々な考え方に接する機会は10年前と比べても明らかに...

カテゴリー一覧
商用
フォロー