searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
<宇宙探査>月と火星を第2の地球に!?SPE?   
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/moon20132
ブログ紹介文
�・各国は月と火星の探査計画を着々と実行に移している�・   
ブログ村参加
2016/04/27
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、<宇宙探査>月と火星を第2の地球に!?SPE?   さんをフォローしませんか?

ハンドル名
<宇宙探査>月と火星を第2の地球に!?SPE?   さん
ブログタイトル
<宇宙探査>月と火星を第2の地球に!?SPE?   
フォロー
<宇宙探査>月と火星を第2の地球に!?SPE?   

<宇宙探査>月と火星を第2の地球に!?SPE?   さんの新着記事

1件〜30件

  • ●宇宙探査<新刊情報>●「宇宙への扉をあけよう」(ルーシー&スティーヴン・ホーキング著/岩崎書店)

    <新刊情報>書名:宇宙への扉をあけよう~ホーキング博士の宇宙ノンフィクション~著者:ルーシー&スティーヴン・ホーキング日本語版監修:佐藤勝彦訳者:さくまゆみこ発行:岩崎書店「ホーキング博士のスペース・アドベンチャー」シリーズに収録されていた「科学コラム」等を、バージョンアップしてテーマ別に再構成。新規の「科学エッセイ」が4本追加されている他、アインシュタイン、ハッブル、ニュートン、ガリレオ、ダーウィン、ボルツマン、シュレーディンガー等、関係する科学者の紹介、用語解説なども加わり、宇宙を目指す子どもの入門ガイドブックとしてより充実している。2019年に世界で初めて直接撮影に成功したM87星雲の「ブラックホール」を含む、美しいカラー写真も16ページ収録。またとない最新宇宙ガイドブック。●宇宙探査<新刊情報>●「宇宙への扉をあけよう」(ルーシー&スティーヴン・ホーキング著/岩崎書店)

  • ●宇宙探査●NASA、小惑星に衝突させて軌道を変える宇宙船の打ち上げに成功

    米航空宇宙局(NASA)は、11月23日、カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から、宇宙船を小惑星に衝突させて軌道を変える「DART(二重小惑星進路変更実験)」ミッションの宇宙船をスペースXの「ファルコン9」ロケットで打ち上げ、成功した。標的は、太陽を周回する小惑星「ディディモス」の衛星「ディモーフォス」。2022年秋に、宇宙船を衝突させ、軌道の変更を試みる。●宇宙探査●NASA、小惑星に衝突させて軌道を変える宇宙船の打ち上げに成功

  • ●宇宙探査●ISSに滞在予定の前澤氏、12月8日にロシアの宇宙船「ソユーズ」で地球を出発

    ZOZOの創業者の前澤友作氏は、12月8日にロシアの宇宙船「ソユーズ」で地球を出発して、日本の民間人として初めて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する。前澤氏は、ISSに12日間滞在して、世界中から募集した100の実験を行う予定。現在、前澤氏はカザフスタン・バイコヌール宇宙基地での最終訓練を受けている。●宇宙探査●ISSに滞在予定の前澤氏、12月8日にロシアの宇宙船「ソユーズ」で地球を出発

  • ●宇宙探査●米アマゾン、インターネット接続サービスの実験衛星2基を2022年に打ち上げ

    米アマゾン・ドット・コムは、人工衛星を使ったインターネット接続サービスの実験衛星2基を、2022年10月~12月に打ち上げると発表した。同社は、完成時には高度600キロメートルの低軌道に、合計約3200基の衛星を打ち上げる計画でいる。●宇宙探査●米アマゾン、インターネット接続サービスの実験衛星2基を2022年に打ち上げ

  • ●宇宙探査●米、宇宙船を小惑星に衝突させ小惑星の進路の変更実験

    アメリカは、地球を脅かす小惑星の進路を変更させる「二重小惑星進路変更実験(DoubleAsteroidRedirectionTest=DART)」計画を推進しているが、2021年11月23日午後10時20分(日本時間11月24日午後3時20分)に、米カリフォルニア州にあるバンデンバーグ空軍基地から、スペースX(SpaceX)の「ファルコン9(Falcon9)」ロケットにより、DART宇宙船を打ち上げる。DART宇宙船を小惑星に衝突させ、小惑星の進路を変更させることが可能かどうかの見極めを行う。●宇宙探査●米、宇宙船を小惑星に衝突させ小惑星の進路の変更実験

  • ●宇宙探査●三菱重工、英インマルサット社の通信衛星を12月21日深夜に種子島宇宙センターから打上げ

    移動体衛星通信サービス大手の英国インマルサットならびにH-IIAロケットによる打上げ輸送サービスを提供する三菱重工業は、三菱重工のH-IIAロケット45号機(H-IIAF45)によるインマルサット社の第6世代通信衛星「Inmarsat-6」シリーズ初号機衛星(I-6F1)の打上げを、以下のとおり実施する。インマルサット社が提供する第6世代通信衛星(I-6)は、Lバンド通信とKaバンド通信を同時に実現する世界で初めての通信衛星シリーズ。I-6によるこれらの通信機能は、世界中で利用されている衛星通信サービスの利便性を飛躍的に向上させるととともに、インマルサット社独自のグローバルかつ多次元でダイナミックなネットワーク通信網構想「ORCHESTRA(オーケストラ)」実現に向け、重要なピースになると期待されている。三菱重...●宇宙探査●三菱重工、英インマルサット社の通信衛星を12月21日深夜に種子島宇宙センターから打上げ

  • ●宇宙探査●星出彰彦宇宙飛行士ら、地球に帰還

    星出彰彦宇宙飛行士ら4人を乗せたスペースXの宇宙船「クルードラゴン」が11月8日、米フロリダ州沖に着水した。星出宇宙飛行士のほか米国人2人、フランス人1人は、国際宇宙ステーション(ISS)に半年間滞在し、さまざまな実験やISSの新しい太陽光パネルの設置などを行った。●宇宙探査●星出彰彦宇宙飛行士ら、地球に帰還

  • ●宇宙探査●「イプシロン」5号機、打ち上げ成功  

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、11月9日午前9時55分、小型衛星9基を搭載した固体燃料ロケット「イプシロン」5号機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げ、打ち上げは成功した。●宇宙探査●「イプシロン」5号機、打ち上げ成功

  • ●宇宙探査●星出宇宙飛行士らが搭乗する宇宙船「クルードラゴン」2号機、ISSから離脱

    星出宇宙飛行士らが搭乗する宇宙船「クルードラゴン」2号機は、9日午前4時すぎ(日本時間)、ISS(国際宇宙ステーション)から離脱した。同宇宙船は現在、地球に向かっていて、午後0時30分ごろ(日本時間)、アメリカ・フロリダ州沖に着水する予定。●宇宙探査●星出宇宙飛行士らが搭乗する宇宙船「クルードラゴン」2号機、ISSから離脱

  • ●宇宙探査●星出彰彦宇宙飛行士の離脱・地球帰還、11月9日に変更

    星出彰彦宇宙飛行士が搭乗するクルードラゴン宇宙船(Crew-2)の国際宇宙ステーション(ISS)から離脱及び地球帰還予定日時を、下記のとおり再設定した。◇1.帰還予定日時:【ISSからの離脱】 2021年11月9日(火)04時05分(日本時間)【地球帰還(着水予定)】 2021年11月9日(火)12時33分頃(日本時間)2.帰還場所:フロリダ沖●宇宙探査●星出彰彦宇宙飛行士の離脱・地球帰還、11月9日に変更

  • ●宇宙探査●イプシロンロケット5号機、11月9日に変更

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、内之浦宇宙空間観測所から革新的衛星技術実証2号機を搭載したイプシロンロケット5号機の打上げを11月9日(火)に変更した。◇打上げ日令和3年11月9日(火)打上げ時間帯9時48分頃~9時59分頃(日本標準時)打上げ予備期間令和3年11月10日(水)~令和3年11月30日(火)●宇宙探査●イプシロンロケット5号機、11月9日に変更

  • ●宇宙探査●星出彰彦宇宙飛行士搭乗のクルードラゴン宇宙船(Crew-2)のISS離脱日、11月8日(月)に再設定

    米国航空宇宙局(NASA)は、星出彰彦宇宙飛行士が搭乗するクルードラゴン宇宙船(Crew-2)の国際宇宙ステーション(ISS)からの離脱日について、クルードラゴン宇宙船(Crew-3)の打上げスケジュールの変更により、11月8日(月)に再設定した。●宇宙探査●星出彰彦宇宙飛行士搭乗のクルードラゴン宇宙船(Crew-2)のISS離脱日、11月8日(月)に再設定

  • ●宇宙探査●イプシロンロケット5号機による革新的衛星技術実証2号機の打上げ、11月7日に決定

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、イプシロンロケット5号機による革新的衛星技術実証2号機の打上げを11月7日(日)に行うと発表した。◇打上げ予定日:2021年11月7日(日)打上げ予定時間帯:9時48分頃~9時59分頃(日本標準時)打上げ予備期間:2021年11月8日(月)~2021年11月30日(火)打上げ場所:内之浦宇宙空間観測所 なお、11月7日の打上げの可否については、天候状況等を踏まえ、打上げ2日前までに再度判断する。●宇宙探査●イプシロンロケット5号機による革新的衛星技術実証2号機の打上げ、11月7日に決定

  • ●宇宙探査●星出彰彦宇宙飛行士搭乗のクルードラゴン宇宙船、11月5日にISS離脱

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)及び国際宇宙ステーション(ISS)計画参加宇宙機関は、星出宇宙飛行士が搭乗するクルードラゴン宇宙船(Crew-2)のISS(国際宇宙ステーション)からの離脱について、安全性を含めた準備状況を確認し、離脱日を11月5日に決定した。◇1.ISSからの離脱日:2021年11月5日(金)(日本時間)2.搭乗員:Crew-2コマンダーシェーン・キンブロー(NASA)Crew-2パイロットメ―ガン・マッカーサー(NASA)ミッションスペシャリスト星出彰彦(JAXA)ミッションスペシャリストトマ・ペスケ(ESA) ●宇宙探査●星出彰彦宇宙飛行士搭乗のクルードラゴン宇宙船、11月5日にISS離脱

  • ●宇宙探査●測位衛星「みちびき」、軌道に投入成功

    三菱重工業は10月26日、測位衛星「みちびき」を搭載したH2Aロケット44号機を鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げ、衛星は予定の軌道に投入され、成功した。測位衛星「みちびき」は、米国の衛星利用測位システム(GPS)信号を補完する役割があり「日本版GPS衛星」とも呼ばれている。●宇宙探査●測位衛星「みちびき」、軌道に投入成功

  • ●宇宙探査●NASA、木星の小惑星群を目指す無人探査機「ルーシー」の打ち上げに成功

    米航空宇宙局(NASA)は、10月16日、木星軌道上の「トロヤ群」と呼ばれる小惑星群を目指す無人探査機「ルーシー」を打ち上げた。木星トロヤ群への探査機打ち上げは初めて。●宇宙探査●NASA、木星の小惑星群を目指す無人探査機「ルーシー」の打ち上げに成功

  • ●宇宙探査●中国、有人宇宙船「神舟13号」の打ち上げに成功

    中国は、10月16日、有人宇宙船「神舟13号」の打ち上げに成功した。同宇宙船には宇宙飛行士3人が搭乗。今後、中国が独自に建設中で2022年完成予定の宇宙ステーションにドッキングする。●宇宙探査●中国、有人宇宙船「神舟13号」の打ち上げに成功

  • ●宇宙探査●米ブルーオリジン、2回目の有人宇宙旅行に成功

    米ブルーオリジンは10月13日、米テキサス州の発射場から宇宙船「ニューシェパード」を打ち上げ、同社として2回目の有人宇宙旅行を成功させた。この宇宙船には7人が乗船し、打ち上げから着陸までに約10分間かかり、数分間の無重力状態を体験した。●宇宙探査●米ブルーオリジン、2回目の有人宇宙旅行に成功

  • ●宇宙探査●若田光一宇宙飛行士、ISS長期滞在へ搭乗機決定

    若田光一宇宙飛行士は、現在、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッションに向けた準備・訓練を実施しているが、2022年秋以降打上げ予定のスペースX社のクルードラゴン宇宙船運用5号機への搭乗が決定し、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在を行うことになった。 若田宇宙飛行士は、日本人最多となる自身5度目の宇宙飛行となる。●宇宙探査●若田光一宇宙飛行士、ISS長期滞在へ搭乗機決定

  • ●宇宙探査●イプシロンロケット5号機の打上げ、H-IIAロケット44号機の打上げ後に

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、革新的衛星技術実証2号機を搭載したイプシロンロケット5号機の新たな打上げ時期について検討した結果、イプシロンロケット5号機の打上げ時期をH-IIAロケット44号機の打上げ後に設定することに決定した。理由は、①現在の天候予測が、当面の間イプシロンロケットの打上げに適した天候とならないこと、また、②イプシロンロケットはH-IIAロケットと打上げに供する設備等に共通するものがあるため。●宇宙探査●イプシロンロケット5号機の打上げ、H-IIAロケット44号機の打上げ後に

  • ●宇宙探査●小型ロケット「イプシロン」5号機の打ち上げ中止

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10月7日、内之浦宇宙空間観測所からの小型ロケット「イプシロン」5号機の打ち上げを、上空の風のため中止した。●宇宙探査●小型ロケット「イプシロン」5号機の打ち上げ中止

  • ●宇宙探査●「イプシロン」5号機、再打ち上げは10月7日午前9時51分から同55分

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、直前に打ち上げを中止した固体燃料ロケット「イプシロン」5号機について、全地球測位システム(GPS)信号を取り込む同設備のケーブル接続の緩みが原因とする調査結果を発表した。再打ち上げは、10月7日午前9時51分から同55分に、内之浦宇宙空間観測所から行う。●宇宙探査●「イプシロン」5号機、再打ち上げは10月7日午前9時51分から同55分

  • ●宇宙探査●イプシロンロケット5号機による革新的衛星技術実証2号機の打上げ中止

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、内之浦宇宙空間観測所から革新的衛星技術実証2号機を搭載したイプシロンロケット5号機の打上げを2021年10月1日9時51分21秒(日本標準時)に予定し、作業を進めていたが、中止した。これは、ロケットの自動カウントダウンシーケンス中に、地上設備において確認すべき事象が発生したため、打上げ約19秒前に緊急停止したため。新たな発射日時は未定。●宇宙探査●イプシロンロケット5号機による革新的衛星技術実証2号機の打上げ中止

  • ●宇宙探査<新刊情報>●「[図説]100のトピックでたどる月と人の歴史と物語」(デイヴィッド・ウォームフラッシュ著/原書房)

    <新刊情報>書名:[図説]100のトピックでたどる月と人の歴史と物語著者:デイヴィッド・ウォームフラッシュ訳者:露久保由美子発行:原書房つねに神話や科学の仮説の中心となってきた「月と人類の関わり」を、歴史に刻まれた数々の「時」にスポットを当てて、NASAの宇宙生物学者がわかりやすく図版とともに案内。スコット・パラジンスキ(スペースシャトル宇宙飛行士)も絶賛。●宇宙探査<新刊情報>●「[図説]100のトピックでたどる月と人の歴史と物語」(デイヴィッド・ウォームフラッシュ著/原書房)

  • ●宇宙探査●NASAの次世代宇宙望遠鏡、12月18日に打ち上げ

    米航空宇宙局(NASA)は、現在の「ハッブル」に代わる、大きさ・性能ともに史上最高とされる宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)」を12月18日に打ち上げる。JWSTは、NASA、欧州宇宙機関(ESA)、カナダ宇宙庁(CSA)の共同プロジェクトとして製造され、仏領ギアナの宇宙センターから、欧州宇宙産業のアリアンスペースロケット「アリアン5(Ariane5)」で打ち上げる計画。●宇宙探査●NASAの次世代宇宙望遠鏡、12月18日に打ち上げ

  • ●宇宙探査●乗客4人を乗せた米宇宙船、約3日間の地球周回旅行を終え帰還に成功

    米宇宙企業スペースXの宇宙船「クルードラゴン」が9月18日午後(日本時間19日午前)、約3日間の地球周回旅行を終えて米南部フロリダ州沖の大西洋に着水、帰還した。乗客4人は、585キロの軌道を周回した。●宇宙探査●乗客4人を乗せた米宇宙船、約3日間の地球周回旅行を終え帰還に成功

  • ●宇宙探査●米スペースX、宇宙船の打ち上げに成功

    米スペースXは、9月16日、宇宙船の打ち上げに成功した。これは、世界で初めて、宇宙飛行士が搭乗せずに、しかも民間人の乗組員だけで地球の軌道を、3日間にわたり地球の軌道を1周90分で周回する本格的な宇宙飛行。●宇宙探査●米スペースX、宇宙船の打ち上げに成功

  • ●宇宙探査●米スペースX、日本時間9月16日午前9時に民間人4人が乗る宇宙船打ち上げ地球を周回へ

    米宇宙企業スペースXは、地球を周回する約3日間の宇宙旅行のため、米国の民間人4人が乗る宇宙船クルードラゴンを、南部フロリダ州から15日午後8時ごろ(日本時間16日午前9時ごろ)打ち上げる。乗員が全員民間人で地球を回る宇宙飛行は、世界初の試みとなる。●宇宙探査●米スペースX、日本時間9月16日午前9時に民間人4人が乗る宇宙船打ち上げ地球を周回へ

  • ●宇宙探査●イプシロンロケット5号機による「革新的衛星技術実証2号機」、10月1日打ち上げ

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、イプシロンロケット5号機による「革新的衛星技術実証2号機」の打上げについて、下記のとおり実施すると発表した。◇打上げ予定日:2021年10月1日(金)打上げ予定時間帯:9時48分頃~9時59分頃(日本標準時)打上げ予備期間:2021年10月2日(土)~2021年11月30日(火)打上げ場所:内之浦宇宙空間観測所●宇宙探査●イプシロンロケット5号機による「革新的衛星技術実証2号機」、10月1日打ち上げ

  • ●宇宙探査●星出宇宙飛行士、ISS船外活動開始

    国際宇宙ステーション(ISS)の船長を務める星出彰彦宇宙飛行士は、9月12日午後9時15分(日本時間)ごろ、船外活動を始めた。星出宇宙飛行士は、これまで3回の船外活動を行っており、野口聡一宇宙飛行士と並び日本人最多。●宇宙探査●星出宇宙飛行士、ISS船外活動開始

カテゴリー一覧
商用