searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

和子の記録 フォト&俳句さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
和子の記録 フォト&俳句
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/katuraju
ブログ紹介文
長い間ネイチャーフォトを楽しんで来ましたが最近これに俳句の趣味が加わりました。まだ不慣れですがブログ
更新頻度(1年)

75回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2015/12/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、和子の記録 フォト&俳句さんの読者になりませんか?

ハンドル名
和子の記録 フォト&俳句さん
ブログタイトル
和子の記録 フォト&俳句
更新頻度
75回 / 365日(平均1.4回/週)
読者になる
和子の記録 フォト&俳句

和子の記録 フォト&俳句さんの新着記事

1件〜30件

  • 房総のむらの茅葺古民家 山百合咲く丘

    古墳への道風土記資料館旧御子神家旧平野家古墳の山百合を撮影した後、雑木林の村中に移築されている二棟の茅葺古民家を見てきました。旧御子神家住宅は安房郡丸山町で代々農業を営んできた旧家で1780年に建てられたもので国の重要文化財になって保存されています旧平野家は富津市亀沢で農業を営み、江戸時代には代々名主役を務めた旧家です。1751年に建てられました。千葉県の有形文化財になっています。山百合の雫をためて一呼吸房総のむらの茅葺古民家山百合咲く丘

  • 古墳に咲く山百合 房総風土記の丘

    古墳のすぐ前にあった山百合はもう枯れていました。長雨で池になった?今年初めて気が付きました。草に埋もれていた?34号古墳のあたりに連休中の24日は雨も降らず曇り空でしたので一年ぶりに房総風土記の丘を訪ね古墳の周りに咲く山百合の花に会いに出かけました。昨年は7月の初めから何度も下見をして咲き具合をチェック出来ましたが今年はコロナで外出を控えていましたので一回だけです。山百合は次々に咲いていくので見頃は続いていましたがすでにピークは終わったように感じました。語りかけくる山百合の香にむせび古墳に咲く山百合房総風土記の丘

  • 初夏のハーブ園  松戸市育苗圃 Ⅰ

    自宅近くの松戸市育苗圃は毎朝の散歩コースになっています。早朝は訪れる人もなく梅雨の合間に撮影したハーブのお花です。晴れ間の少ない毎日でした。そよそよと海馬刺激のラベンダー初夏のハーブ園松戸市育苗圃Ⅰ

  • 水元公園の蓮の花

    自粛生活をずっと続けていて近所のお花ばかりを撮影していましたが昨日思い切って水元公園に出かけました。例年は上野公園の蓮を撮影していたのですが今年はコロナ感染が怖くて今だ電車には乗れないでいます。水元公園までは家からは車で30分と近いのですが東京の感染者が増加傾向にある昨今ですから少し心配でした。ハスを撮りに来ているカメラマンは十数人と少なく蓮池は何か所もあって三密にはなりませんでした。水元公園は東京都葛飾区にある都立の公園で、都内の中でも最大規模の面積がある水郷公園になっています。一日ではとても全部は廻り切れないほど広いところです。蓮の花ポトリと落ちて夢舞台水元公園の蓮の花

  • 梅雨の晴れ間に散歩で出会った花 Ⅱ

    強風で裂けた木の横にある紫陽花が咲いたら写そうとずっと待ちました。引き続きご近所の散歩で出会ったお花を紹介します。丹念に見て歩くと色々あるものですねと自分でも感心しています。半夏生内緒の話し無くなりて梅雨の晴れ間に散歩で出会った花Ⅱ

  • 梅雨の晴れ間に散歩で出会った花 Ⅰ

    毎日が遠出をする予定もないので雨の日以外はコースを変えて散歩を楽しんでいます。畑だった所に7~8件の家が出来ていたり、家が壊されて空き地になっていたり色々な変化が見られます。よそのお宅の花が何時頃咲くか覗き込む習慣がすっかり身につきました。売地すぐ建売となり合歓の花梅雨の晴れ間に散歩で出会った花Ⅰ

  • 朴の木の花

    5月21日初めて朴の木の花を見つけました蕾の時蕾がピンクに膨らんでさらに膨らみ明日は咲くかな朝の開きかけだんだん開いていく花を真上から見ると花の真ん中に突き出ているのは雌花が集まったもので雌ずい群という雌花の周りの橙色の部分が雄花です朝日を受けてオオヤマレンゲウケザキオオヤマレンゲその蕾開花まであと一日か?毎朝の散歩コースで朴の木の花が咲いている所を発見しました。ここの木は4メーター位の高さがあり5月中旬から半月ほど花の咲く様子を観察することが出来ました。自粛中で遠くに行けなくても朴の木の花の撮影が毎朝の喜びに変わりました。ホオノキは北海道から九州まで幅広く自生するモクレン科の落葉樹で花、葉、実のすべてが大型で、自然界では幹の直径が1m近くに達する大木にもなるそうです。飛騨高山地方の名物の朴葉味噌はこの葉を使っ...朴の木の花

  • 小林一茶の足跡 柏の布施弁天から守谷の西林寺へ

    紅龍山東海寺が布施弁天です西林寺鐘楼には何故か鐘がない句碑四季の里公園あけぼの山農業公園県を跨ぐ往来の規制が明ける19日が待ちきれず前日の17日に一茶が行ったという柏から守谷までの足跡を辿ってみました。最初に訪れたのは関東三弁天の一つである布施弁天です。急な石段を上るとケヤキ造りの楼門があり入母屋造りの本堂が見えてきます。春には古木の木蓮が白い花をつけ両側にある桜の老木も見事に咲き競います。一茶がここで詠んだ句が米蒔くも罪ぞよ鳥が蹴合ぞよです。一茶が行ったのは今から約200年前の文化九年(1812年)、一茶48歳の時です。彼はここに詣でた後、七里の渡しで利根川の川風に吹かれながら対岸の戸頭(取手)に渡り、隣町の守谷にある西林寺住職の鶴老を訪ねました。鶴老は一茶と同郷の信州飯田の出だったこともあり、よく気が合った...小林一茶の足跡柏の布施弁天から守谷の西林寺へ

  • 初夏のゆいの花公園 

    ヤマボウシマグノリアイエローバードベニバナトチノキバラのアーチユリの木ベニバナウツギエゴノキベニバナエゴノキオガタマの木クレマチス東松戸にあるゆいの花公園は今色々なお花が満開です。いよいよ梅雨入りして紫陽花が似合う季節となりました。木下闇夫婦演歌の二輪草初夏のゆいの花公園

  • ウケザキオオヤマレンゲが咲きました Ⅰ ゆいの花公園

    オオヤマレンゲオオヤマレンゲウケザキオオヤマレンゲ(受咲大山蓮華)はオオヤマレンゲ(大山蓮華)と少しちがいます。名前の通りに受け咲き(上向きに花が付き)に咲きオオヤマレンゲと比べると樹高が高くなり葉っぱも大山蓮華より小さいという特徴があります。オオヤマレンゲとホオノキとの交雑種だそうですが両方ともモクレン科、モクレン属ですゆいの花公園ではマグノリアの丘にウケザキオオヤマレンゲは大小7~8本もあります。オオヤマレンゲを植えているところは少なく今年は自粛で行けませんでしたので昨年柏の葉公園で撮りました。ほの暗き藪に絡むや忍冬ウケザキオオヤマレンゲが咲きましたⅠゆいの花公園

  • ご近所散歩 

    霧が出た朝ポリジの花ヤマブキショウマ京鹿の子?マグノリア系の花?毎年バラ満開のお宅石楠花咲く玄関キウィフルーツの花頂いた花かご自粛要請期間が解除された後も毎日の散歩は欠かさずしています。カメラ片手にその時々の出会いを大切にしながら歩いています。膝折りて語りかけなん二輪草ご近所散歩

  • 松戸市育苗圃の藤の花

    松戸市育苗圃では毎年4月中旬に戸定歴史公園と戸定邸のお庭に飾るために鉢植で藤の花を育てています。今年はコロナウィルス蔓延を避けるため、外出自粛の要請もあった為に公園には藤の鉢植えを持って行かないことになりました。それ故見事に育てた藤の花を多くの人に見てもらえなくなりました。藤の花は4月15日頃から開花が始まり例年よりもゆっくり満開を迎えていました。自販機の朝堀筍えぐ味なし松戸市育苗圃の藤の花

  • 金ラン、銀ランが咲きました

    金襴をアップ気味に撮るギンランはまだ少ない近くの森の小径に金襴、銀欄の花を探しに4月21日、4月27日、5月8日の三日間通いました。低山の草地や林の中に自生するキンラン、ギンランは山野草で注意深く探さないと見過ごしてしまうほどです。黄金色の花をつける蘭(ラン)であるということから、「金蘭(キンラン)」の名がつきました。1つ1つの花の大きさは1cm程度と小さめです。花は完全には開かず、半開きの状態であることが特徴です。同じ仲間で“銀蘭(ギンラン)”という品種がありますがこちらの花色は白ですが目立たない存在です。昨年東御苑で金襴、銀欄の撮影をしましたがそちらの方が花付きが良くて豪華な雰囲気でした。金襴の花言葉「眠れる才能」銀蘭の花言葉「おとなしい貴婦人」風薫る林に楚々と小さき花金ラン、銀ランが咲きました

  • 朝散歩 祖光院と育苗圃 Ⅱ

    彼岸花で有名な祖光院は育苗圃から2分のところにあります花の寺で中断していましたが引き続き朝散歩の風景を掲載します。初めに回った所は春モミジがきれいな祖光院です。彼岸花が咲く頃は大変な賑わいですがこちらの秋のもみじの色づきは12月に入ってからでその頃に訪ねる人はほとんど見かけません。育苗圃で花をめでた後竹林にもよりました。ここはロープが張ってあり近くには寄れず望遠での撮影です。竹林はまだほかにもありますが何処も中に入ることはできません。朝散歩の時、コインを入れる無人の販売所では朝堀の太いタケノコを糠付き¥300で販売しています。えぐみもなく茹でると柔らかく何回も買って帰り我が家の食卓をにぎわせました。通い路ゆっくりと散る八重桜朝散歩祖光院と育苗圃Ⅱ

  • 牡丹とハンカチの木 花の寺 Ⅱ

    ハンカチの花こんなに大木になって4月24日に行った花の寺の続きです。写真を始めた頃、写友に教わり牡丹の花の撮影をしたのは忘れもしませんこちらのお寺が最初でした。株数も当時はそんなに多くなかったと思います。その後どんどん場所も増やしていきましたが今年久しぶりに行ってみると観音堂の右横の牡丹の庭だけはつぶされていま大きな建物を建築中でした。細かったハンカチの木は今ではかなりの大木になっていました。例年なら麗澤大学のハンカチの木となんじゃもんじゃの花の撮影ができるのですが学校閉鎖の為行けませんので代わりに観音堂前のハンカチの木をアップします。実は写真を始めた当時境内の撮影でこの細い木が牡丹の風景を撮るのに邪魔ではないかと思っていた時期がかなりありました。(牡丹の花の横にちょこんと植えてあったので)大木になってみると木...牡丹とハンカチの木花の寺Ⅱ

  • 黄モクレン咲く 花の寺 Ⅰ

    珍しい黄モクレン(はじめて見ました)最近植えたようです黄色い桜“鬱金桜(ウコン桜)”牡丹桜この躑躅は25年以上前からあり必ず撮影していました。本堂は階段を上がるとあります珍しい黄色の木蓮を近くの寺で見ることが出来ました。ここは曹洞宗豊山派のお寺で広い境内にはいろんなお花が植えてあります。写真を始めた頃から時々被写体を求めて行った場所です。遠出が自粛のいま急に思いついて暫くぶりで訪ねてみましたらなんと多くの種類の珍しいお花が増えたことかと驚きでした。檀家さんが不要になったものを植えてくださいと次々持ってくるのでと以前ご住職さんから伺ったことがありました。大地の香春の筍自販機で黄モクレン咲く花の寺Ⅰ

  • 朝散歩 松戸市育苗圃  Ⅰ

    牡丹桜とハナミズキ花桃ゲッケイジュの花我が家からは10分もかからずに市の公園や学校にお花を提供するために種から育てている松戸市育苗圃があり毎朝運動不足解消のために園内を一回りして歩いてきます。早朝なのでほとんど出会う人もいませんが八時を過ぎるとここで働いている方々が来てお仕事をしている毎日です。外出自粛のいま、花を眺めたりハーブ園では香りを愛でて一日一度だけの散歩が私の唯一の楽しみになっています。我が庭の山椒摘む手の香しき朝散歩松戸市育苗圃Ⅰ

  • 散歩日和 松戸21世紀の森 Ⅱ

    満開に間に合った山桜と菜の花ミズキクヌギ松戸21世紀の森で4月6日の散歩の時に出会った花や木々を紹介します。新緑のこの時期のんびり森を歩く時、空に透かして見える木々の葉のなんと清々しいことでしょう中でもミズキの新芽はあちらこちらで見られ絵になる可愛らしい葉と思いました。しばらくして咲きだす白い花も素敵ですね。新しき街紅白の花水木散歩日和松戸21世紀の森Ⅱ

  • 東松戸ゆいの花公園の桜 他

    サクラ「センリコウ」ウコンオオヤマザクラは葉桜にスルガダイニオイゲンペイシダレオオシマザクラオオヤマザクラが見ごろなのではないかと4月7日に東松戸ゆいの花公園に行ってみました。残念ながら今年はとうに終わってしまい何本もあるオオヤマザクラは葉桜になっていました。一年越しに待っていたのに残念でした。大木ではないので花が早めに咲いたのでしょうか。まだ満開になっていない桜も多数ありましたがいずれもまだ植えたばかりの細い桜の木です。次回はオオヤマレンゲが咲く頃にまた訪ねたいと思います。コロナ禍で愛でられもせぬ山桜東松戸ゆいの花公園の桜他

  • アケビの花 ムベの花 他

    アケビの花白い花が雄花森の中のアケビの花ムベの花別のお宅のムベの花塀に這わして満開ですここから下は我が家の庭の花ですご近所の塀に咲くアケビの花とムベの花を撮影してきました。新型コロナウィルスで外出自粛要請が出ているために遠出が出来ずにいて、散歩は近所をきょろきょろするおかげで今年は新しい発見がありました。アケビは一本の木に雄花と雌花があり白色が雄花で紫色が雌花です。アケビの実は山形地方ではよく食され、アケビの肉みそ詰めは有名で以前山形小国へ撮影に行った時の旅館で出てきたことがありました。初めてなので興味津々一口づつ食べ美味しかったと記憶しています。ムベの花も雌雄異花で雌雄同株です。花後は卵形の直径5センチほどの赤紫色の実をつけ(アケビの実より少し小さい)ます。これは不老不死の実で昔から珍重されていたらしいです。...アケビの花ムベの花他

  • 散歩日和 松戸21世紀の森 Ⅰ

    花桃バーベキュー広場にある桜も終わりかけ霞桜はあっという間に葉桜に新緑まばゆい桂桂の花芽(3月22日頃)桜島大根の花山桜は何本もあります園内に多いあおきの花芽紅葉山吹自宅から歩いて20分のところにある21世紀の森の散歩も一周して帰ると一時間以上かかるので外出自粛が出てからは週に一度と減らしました。それ故まだ蕾なので満開になったら撮影しようと思っていたその桜も終わっていたりとタイミングが合わないことが多くなりました。3月末に出かけたときに咲いていた花達です。てふてふや一回りでは落ちつかず散歩日和松戸21世紀の森Ⅰ

  • アンデルセン公園 Ⅱ

    イベント広場南駐車場に何本もあるコブシの花童話館前の水仙の畑大地の広場のヤマザクラ虹の池前のソメイヨシノ子供たちが水遊びをする広場動物ふれあい広場四季の庭太陽の橋から見た風車と桜人魚姫の像オランダの旗クレマチスアルマンデイー桂の新芽3月25日のアンデルセン公園では桜やコブシの花や山桜がすでに満開を迎えていました。現在は千葉県内も外出自粛要請の為アンデルセン公園は休園になっています。手入れの施された園内のお花を休園中も維持管理していく関係者のご努力は大変な作業と思われます。一日も早いコロナウィルスの収束が待たれます。開園したらまたすぐに訪ねたい場所です。アンデルセン公園Ⅱ

  • クリスマスローズの花 アンデルセン公園 Ⅰ

    船橋市にあるアンデルセン公園に3月25日、クリスマスローズの花を見に行ってきました。この時期毎年訪ねることを楽しみにしている場所です。自宅から45分と近いので開園前の9時15分には到着し駐車場にはまだ数台のみでした。。野外での撮影なので混雑することもなくコロナウィルス感染もないとは思いましたが一時間半で切り上げて帰りました。家族連れがだんだんと増えてはきましたが平日だったのか例年の四分の一もいなかったように思いました。アンデルセン公園では千葉県が週末の外出自粛の為に4日5日の土日は休園になっていました。クリスマスローズの花アンデルセン公園Ⅰ

  • 公園に春を探して Ⅱ

    花桃ヤナギの花ミツマタベニバスモモコブシアケビ>藪椿花桃今もって公共の交通機関を利用しての撮影には行っていませんが、散歩途中での春景色に新しい発見があり楽しみを見つけている昨今です。こちらは前回アップした廃校になった小学校の桜の数日前に家の近くで撮影したものです。花あけび憂いもなくて揺れてをり公園に春を探してⅡ

  • 廃校になった小学校の一本桜(ソメイヨシノ)

    校門を入ってすぐに見える樹形曇り空なので桜の色は出ていません校舎側から見るとそれをアップしてみると枝と枝にはロープの支えが桜越しに校舎を見ると子供の頃が懐かしいうさぎ小屋の飼育当番を思い出す若いもう一本の桜と「日本一の樹形」桜の大傘満開にの見出しが付けられた昨年4月12日の新聞の切り抜きを巨樹仲間からもらいました。成田市の旧市立東小学校の校庭の桜の写真でした。コロナウィルス蔓延の為公共の交通機関を利用してのメンバー揃っての桜見学は残念ながら今年は中止となりました。千葉県成田市では昨年の台風15号、19号で雨風ひどく倒木した木も多数あってこの桜は大丈夫だったのかと急に心配になりこの目でどうしても確かめたくなりました。この週末は外出を自粛してほしいとの報道もありどうしようかと悩みましたが27日の昨日、急遽夫に車を出...廃校になった小学校の一本桜(ソメイヨシノ)

  • 東北の旅 Ⅲ 平泉毛越寺から厳美渓へ

    本堂芭蕉句碑夏草や兵どもが夢の跡常行堂大泉が池厳美渓天平安時代後期、約100年にわたり発展を続けた平泉は岩手県にあり,その時代に浄土思想に基づいて造られた寺院や庭園のある毛越寺は天台宗別格本山です。2011年にユネスコの世界遺産に登録されました。地上に仏の世界を表現したという浄土庭園には今年は雪もなかったのですがのんびり一時間をかけて歩きました。観光客は数えるほどでした。厳美渓は一ノ関駅からバスで30分のところにあり、栗駒山を源に流れる磐井川が巨岩を侵食し、おう穴・滝・深淵と表情を変え2kmにわたって渓谷美を遊歩道を歩いてみることが出来ます。今回は小雨交じりの午後でしたので訪れる人もいなかったです。。厳美渓に立ちよったもう一つの楽しみは橋のたもとにある滝見団子を食べることでした。何度も訪れている団子屋さんですが...東北の旅Ⅲ平泉毛越寺から厳美渓へ

  • 東松戸ゆいの花公園

    ベニバナトキワマンサクコヒガンサクラピンク馬酔木ヨウコウ雪柳ヤマツツジシュゼンジカンザクラシャクナゲがもう咲いていました武蔵野線と北総線が交差する東松戸駅から歩いて8分のところにある東松戸ゆいの花公園に行ってみました。ここは2か月に一度定期健診で循環器の医院に車で行く時に通る道すがらにあります。新型コロナウィルスの感染が怖くて約一か月も自宅にこもりきりでしたので春になって目当ての花は咲いているだろうかと期待しながら出かけました。3月12日は異常なほど暖かく東松戸中央公園には大勢の子供たちが家族連れで車で来ていました。駐車するのにしばらくかかりそこから歩いて1分のところにゆいの花公園はあります。まず一番に目についたのはベニバナトキワマンサクの花で今を盛りに中央公園に5~6本以上あったことでした。見事な花つきにびっ...東松戸ゆいの花公園

  • 公園に春を探して

    ミモザの花公園に行く途中の道で撮る河津桜はもう終わりかけサンシュウ杏子の花蜂が飛び交う菜の花オオイヌノフグリ雪柳ハボタン葉牡丹トサミズキ帰り道でお屋敷の高い塀越しに撮る2月中旬よりずっと家に引きこもっていたのですが桜のつぼみが大きく膨らんできたとのニュースを聞いて近くの公園までカメラをもって出かけました。散歩をしている人はいつもよりは少なかったのですが親子連れで来てお弁当を広げていたり幼稚園児が走りまわっていたりする光景を見てほっとしました。桜はあと数日で開花しそうな雰囲気でした。外出は買い物と家の周りの散歩だけでしたので久々にカメラを持ち出して楽しい時間を過ごしました。東北の旅Ⅲは次回に続きます気がつけば辛夷が空をおおいけり公園に春を探して

  • 東北の旅 Ⅱ 銀山温泉

    わずかに雪の感触が楽しめる滝見足湯を楽しむ若者温泉街の入り口の橋から戻って坂の上から温泉街をもう一度見る銀山温泉は山形県の北東部に位置する尾花沢市にあり山形新幹線を大石田駅で降りて路線バスで35分程走った山間に「銀山(ぎんざん)温泉」はありました。大正末期から昭和初期にかけて建てられた洋風木造多層建築の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べる、小さな温泉街でした。海外で人気の場所らしく中国をはじめアジア系の外国人を多く見かけたのには驚きました。急に思い立って計画したので残念ながら宿泊はかないませんでしたが丁度中国の春節が始まったばかりの1月25日でした。個人での観光客が多かったと思います。今回ブログをアップするにあたりもう一度写真をよく見てみるとマスクをしている観光客はほとんどいませんね。私はこのころから警戒してマ...東北の旅Ⅱ銀山温泉

  • 東北の旅 Ⅰ 猊鼻渓は炬燵舟

    炬燵舟この上で簡単な鍋料理も注文できる冬なので行きかう船は一回だけ毘沙門窟運試し穴に入れると幸せが獅子岩工事中のブルトーザーが何基も2018年の秋の景色竿一本で操る風景1月下旬に冬の猊鼻渓の舟下りの計画をして行ってきました。猊鼻渓は一関にある砂鉄川沿いの渓谷二キロメートルを往復90分かけて竿一本で操り折り返す舟下りです。一昨年の秋に紅葉の渓谷に感動したので冬の炬燵舟も体験したいと出かけて行きましたが残念ながら今年は暖冬で木々に雪は積もっていませんでした。ここも昨年秋18号19号の台風で川は上流からの多くの土砂が流れ込み、折り返し地点の船着き場と橋も壊れてかなりの被害が出たと聞きました。トラックが川沿いを頻繁に行き来して土砂を取り除く工事の真っ最中でした。竿一本追分歌う炬燵舟東北の旅Ⅰ猊鼻渓は炬燵舟

カテゴリー一覧
商用