chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
祥生
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/12/03

arrow_drop_down
  • 悪者達

    梅雨がどうにもならぬと ジタバタジタバタと国中を暴れ回り 今日はわたしの家の周りにもやって来て 其れ程酷ひ暴れ方はしないけれど・・・ 何か、しっくりといかぬ苛立ちを感じるような・・・ 雨の降り方が気になって仕方ない 雨は人の気も知らないで とは云っても、雨が...

  • 毛 虫

    鮮やかな小さくて黄緑色の本体は、細長い円筒状で毛むくじゃら 見た目はモコモコ動いて、一見小さくてかわいい でも、毛虫は毛虫 誰もから嫌われていて、当然わたしも大嫌いだ 庭の植木等我が家の大切なブルーベリーの若葉、 どうかすると普通に育った葉っぱを 見境なくムシャムシャと食い...

  • 七夕さま

    あなたと重ねた秘め事は 七夕さまの習ひにて 永久に続け想ひ火と伴に あなたとかさねたひめごとは たなばたさまのならいひにて とわにつづけおもひびとともに

  • 束の間

    梅雨空に 巡る風の悪戯か 抉じ開けられた雲間に覗く青空為る也

  • 亡びの美学

    夏が来た 暑い夏が来た 熱い夏が来たのだ 激しい雨と云うお供を従えてやって来た 世界は変わる 世界は変わった 地球が変わった もう人類のものではなくなった 元々地球は人類のものではない 地球に何が起こるのかは 賢い人は薄々感づいているだろう ...

  • 悦 び

    あなたがあなたでいられる事は悦びだ わたしも一緒になってあなたと伴に生きていきたい

  • どっち どっち

    理想を取るか 現実を取るか どっちを取るか 其れが問題だ 只、貧者にとって現実しかないのだよ 権力者共や金持ち連中等の施しで 我々は生きている訳ではない 其処に理想の欠片すら無いのだから

  • 走れ走れメロスが如く

    走れ走れ走り続けろ 太陽に向かって走り続けろ 太陽は東の空の際から顔を出し 天頂に向かって昇り続け 西の空の際まで下り続け 其の姿を隠すまで動き続けている 走れ走れ走り続けろ 太陽を追い掛けて何処までも 太陽が見えなくなるまで走り続けろ メロスのように走って走って走り続けろ...

  • 望郷

    軽風に乗りて空を泳ぐ凧 遠くになりし高島の海を望まむと 何処までも高く空に舞い上がれ

  • 大空に碧を求めむと謀りて 数多き青在りての迷い事 天空に溶け込む ひとの身の成れの果てと為らむ也

  • 青い鳥

    青い鳥 青い鳥 わたしの青い鳥は何処? さあ、捕まえに行こう でもわたし、わたしは今は要らない 青い鳥が欲しいと云っている他人に売ってあげるだけ わたしの手元にはもう、一羽の青い鳥が居るから わたしは、ただ捕まえて売るだけ わたしはお金が欲しいだけ

  • 生存競争

    丸々と太った青虫が 大事にしている柊の若葉をムシャムシャと 何匹もの青虫が食っていやがる 青虫の全部を捻り潰してやろう でもでも奴等も黙ってはいない 数にものを云わして若葉を食ってしまう さてさてどっちが勝つのやら

  • 生命の安らぎ

    若葉が生命を唄う時 風が友と成りて伴に歩かむ也 暫しの心安けき中に在りての事と

  • 五月の風

    五月の太陽が 大地に陽光をおとす中 爽やかな香りを携えて 五月の風が吹き抜けていく 昨日迄は雨がもたらす湿気の中で 蒸し暑さを与えられていたと云うのに 今日は太陽が誇示する直射光でさえ そんな風が和らげてくれている はや、もう五月 そ...

  • おそろしや おそろしや

    黄色い空が降りてくる 大地を黄色に染めようと 否、大地は元々黄色なのだと云い張っている國がある 、と同時に訳の分からぬ同じような事を云って 隣の國を侵略し、戦争を始めた國もある くれぐれも油断召さるな 用心するに越した事はない

  • 歩こう

    昨日も歩いた此の道を今日も又歩こう 見慣れた景色が頭の中の記憶と一致する きっと明日も明後日も歩くだろう

  • 脅 威

    雨が降りました 今日も又、お庭にお池が出来ています そんなお池の中で、すみれ草がユラユラと揺れています 傍らの地表では、引き抜いた筈のスギナが 早々と、ツクツクと頭を持ち上げるどころか 天に向かって、4~5cmにもなる栄養茎を立ち上げています 雑草が、雨後に芽...

  • 待ち人来たりて

    今年も又 小さな妖精達、菫の花々が 庭の彼方此方に姿を現している とてもとても小さくて可愛い妖精達 そんな小さな妖精たちを見付けては悦むでいる そんな小さな妖精を見付けてはひとりひとりに 「 こんにちは 」と聲を掛けて、ひと時の会話を楽しんでいる

  • 花も散るらむ

    雨風に散らされた花弁が 川面に立ちてキラキラと光り 光の乱反射に身をくねらせた 春の酔いが光の洪水の中で覚醒し 光の世界を幻出し水中に其の世界を形創った 幸いなるかな わたしは其れを目撃し感じ取れたのだ

  • さくら

    さくら さくら 咲き誇るさくらかな さくらの花の華たる(さくらの)花に 古よりの想ひのこそが漂うて 陽の処に忍ばるる さくら さくら 咲き誇るさくらかな さくらの花の華たる花に 古よりの想ひのこそが漂うて 陽の...

  • さくら

    さくら さくら さくら待つ一日一日を 今日はまだか、今日はまだかと 心弾ませての一日を過ごす 咲いた処、在ると聞けば ああ、羨ましいと わたしの処も早く咲いてよと、願うばかり もう、そんなに遠くない近日中に さくらが咲くだろう

  • 小さな妖精

    春来たりせば君が園 纏う紫のドレスとて凛として 集う宴の菫かな 小さくも在ればこその(花の)妖精

  • 大好きな空

    空が好き どんな空が好きかと云うと 青い空が好き 蒼い空が好き 碧い空が好き どの色の空もみんな好き 加えて白い雲が西の青い空に掛かった 夕日に紅く染まった空がとても好き

  • 様子が違います

    暖冬と云う名ばかりの冬だと思いきや 色々と趣向を凝らした冬のようで 様々な思いの中に冬も在りて過ごす此の冬の日々 春はもう来たのやら、もう少し先になるのやら

  • お月さん今晩は

    お空にお月さんが浮かんでる お空の天井から吊っているかのように浮かむでる あまり明るくはないけれど いやいや丁度いいくらいの明るさだ そんなお月さんの明かりに照らされて 色んな蔭が浮かむでる お月さんとお話出来るかな

  • 呪い

    冬の雨は暖かい 今年の冬は殊更に暖かい 不吉 不吉 用心するに越したことはない だからと言って特に何かをする訳でもなく 日常を過ごしてしまっている 昨日などは 北は真冬 南は真夏とは云わないけれど夏日だった 世界中の至る所で戦争が起こり 殺戮が...

  • お日様

    寒風、ピューピューと 大地を吹き抜け冷たく冷やす中 晴れ上がった空には ゆったりと太陽が其の王道を昇って行く 冬の太陽は弱々しくも その力はやっぱり偉大だ そんな弱々しく思える冬の太陽の直射日光が 大地を力強く温め その温められた大地がじっくりと大気を温める そんな情景が人...

  • 云い伝え

    人は地球上の生命体の頂点に立っているとして 人は神になろうとした 人は知力を極め人の持つ科学技術の粋を使い足掻いた そして人は異形のものと成った

  • 妬み

    我が友よ 夢をわたしに語らないでくれ わたしは夢を捨て失くした者だ わたしには夢は禁物なのだ 熱く語られると 友よ、君が疎ましくなってしまう そう、わたしは小さく狭い心の持ち主だ 自身の事はよく解っている だからわたしに夢を語らないでくれ

  • ばんがるスーパーマン

    頑張りました 頑張りました あなたの言葉で 頑張りました 頑張りました 頑張りました 昨日も今日も 頑張りました 頑張りました 頑張りました 今日も明日も 頑張ります 頑張りました 頑張りました 何時でも何処でも 頑張りました 頑張りました 頑...

  • あなた

    笑っている 怒っている 泣いている 悲しむでいる 笑っている 笑っている 怒っている 泣いている 哀しむでいる 笑っている 笑っている 悩むでいる 考えている 楽しむでいる 笑っている 笑っている 笑っている 生きている

  • 雪ん子

    雪ん子 こんこん 雪ん子 こんこん 雪ん子 こんこんこん 降り立ち止まぬ 何処もかしこも 雪ん子だらけ 皆(みんな)皆 雪ん子だらけ わたしの大好きな雪ん子だらけ 明日になったら消えてしまうのだろうか 否々(いやいや)わたしの大好きな雪ん子だらけ ...

  • 風邪?インフルエンザ?

    咳を一つして コン 咳を二つして コンコン 咳を三つして コンコンコン あっ、風邪引いちゃったあー 咳は二つ迄にしましょうね

  • あがーこころ 想ひ火より

    永久に咲く 君への想ひこそが 吾が心

  • 想ひ火より

    遠くして君への想ひは何処ぞにて とは名ばかりの嘯きに乗ずれば 我は直ぐにも君の元へと

  • 想ひ火

    我がこそ 君への想ひの証とて 病に負けぬ君を 想ひて

  • 想ひ火

    絶ゆまぬ生命への想ひこそ 君への想ひの残り火ぞ

  • Beaver Moon

    11月27日今日は満月、Beaver Moon って云うんだって 天から吊るされているかのような まん丸な月がポッカリと宙に浮いている わたしをじっと見下ろしながら囁いてくる 「 もう十分だろう。早く楽になりなさい ひとの世の中なんてろくなもんじゃない 」 それでもわた...

  • 朝焼けに焼かれて

    碧い空と白い雲が 明けの空の際に昇った紅い太陽に温められ始め 急速に空と雲が滾り始め 紅い中に黒が混じり紅黒くなって空が煮詰まっていく ひとのなりの小ささを思い知らされるまでもなく ひとの始まりのたった一日を目の当たりにして 時を飲み込む間にも空の紅黒さが増している 今日の...

  • 独り言

    冬が冬とて冬なれば、と云えど クリスマスが正月が顔を覗かせ ひとの心を躍らせる 方や戦争が世界に蔓延り 世界を二分割し互いに牽制し合う 平和か戦争か、と云う段階は過ぎ 戦争一辺倒に傾いている すべて ロシア、中国、アメリカの三大国と それぞれの国に追...

  • 秋の移ろい

    彩る紅葉 深まる秋の暮 青い空も眩しく 時が恨めしい まだ秋と云う季節が在ったのだと 脳裏を掠めた想ひも移ろいて もうすぐ来る冬に 想ひ絶ゆる我為る也

  • 諍 い

    白い紙片に、一言 愛してる 、と書いて テーブルの上に置いた 見てくれるかな 否、当然見るに違いないのだが 良い返事が貰えるだろうか それとも悪意で返されるか 或いは、無視されるのだろうか ちょっとした事で喧嘩してしまった後だから 謝る前にこんな事を」しても駄目だろうか 喧...

  • 七変化

    笑っている 悲しむでいる 泣いている 怒っている 憎むでいる ツンデレラしている 笑っている 笑っている 知らむ顔している すましている 涙している 哀しむでいる 微笑むでいる 笑っている 愛している

  • お月さんと散歩しよう

    お月さんとわたしはお友達 えっ、どうやってお友達になったのかって? そう、あの日は朝早い時間に起きてしまったものだから 散歩でもしようかなって思って外に出たんだよ 朝の空気は美味しい 数回深呼吸をして、身体の中をそのおいしい空気でいっぱいにして まだお日様が出てくる前だった...

  • 肌寒さと暑さが混在する日が数日続いている 秋と云えば秋なのだろう 十月も半ば迎えつつも 台風が南の洋上を北上しているとは云え 北半球に冬がもう間近に迫っている 秋は秋として 過ぎた夏の熱さを覚えつつ 来る冬の厳しさを憂うのは 人の性為る也

  • くつろぎ

    雨がしとしと降ってます 雨がしとしと降ってます こんな雨の日は 外出を控えてのくつろぎタイム お家でゆっくりとティータイムを楽しむで 今日一日を楽しみましょう もし気の合った誰かさんがお暇なら 連絡を取って画面越しのおしゃべりタイム こんな一日が有ってもい...

  • 秋 ?

    秋空は高く 天の陽射しはまだまだ強く であれば、風の通しを望むれど其れも無く 秋なのか夏なのか わたしの中ではっきりせずごちゃごちゃと入り混じっている だからと云って、それで何か有る訳でもなく 日々何事もなく暮らしの中に甘むじている

  • どうする ?

    秋在りての悦びか 瞬時成りとも秋は在ると 然れば生命の廻りは種に在るとして 個の生命の悦びは其の一時に在ると也

  • 煉獄の炎に焼かれて

    想ゑばこそのあなた故 我が想ひの底に在りし焦げた想ひのカス 我は煉獄の炎に焼かれむ 時の流れこそ失き想ひの炎故と覚ゆも其の限りとて 此の我身、永久に煉獄の炎に焼かれむも然も在りなむ

  • 片想ひ

    紅く燃ゆる山肌は 里の村娘に恋する山神の 想ひ為る也

  • 虹を目指して

    二重の虹が南南西の空に掛かった 暫くの間鮮やかに掛かっていた 何か良い事でも有りそうな気分が湧いてくる 二重の内の一つの虹が形を崩し 消えようとする前迄に 虹の中に在ると云う虹の国に辿り着きたいと そう思って駆けて行く 人の駆ける速さなんてたかが知れているけれど 全速力で何...

  • ソフトクリームのような雲が

    澄みきった青い空に ぽかり ぽかり ぽかり ぽかり ぽっかりと 幾つもの白い雲の塊が ぽかり ぽかり ぽかり ぽかり ぽっかりと けっこう低い処に浮かむでる 青い空の中で強い太陽の光に 白さが強調されて輝やいてる 幾つも幾つも浮かむでる ぽかり ぽかり ぽかり ぽかり ぽっかりと

  • 雨 降 り

    雨が降ります 降ってます 朝から雨が降ってます 激しく雨が降ってます ざあ~ざあ~ざあ~ ざあ~ざあ~ざあ~ もっと激しい雨がざんざん降ってます ざんざんざん ざんざんざん 何時になったら止むのでしょう 時折雷さんも暴れてます ごろごろごろ ごろご...

  • 煌めき

    キラキラと煌めく楓の瞳が 其の小さな生命の輝きの中で 母為るものを追い求め忙しく動いている 君の生命を守るべきものが其の相応しき盾と成り 君は一つ一つ、生命の輝きを発する事だろう ( 楓佳へ送る )

  • 地球物語

    地球のど真ん中に居るのは人類ではない 地球そのものが生命体なのだ 人類と比べるとあまりに大きな存在だ 大きすぎて人類など無視していたのだろう、地球は 人類は地球上の他の生物達の筆頭であると考え 地球をも思い通りに出来ると考えてしまった 地球は そんな...

  • 青い空が好き

    青い空が好きだからといって 夏の空が好きとは限らない 夏は好きではない 好きな季節は春と秋 夏と冬は好きではない 多くの人がそうなのだろう だと、わたしもその内の一人なのだろう でも夏か冬のどちらかが好きだという人も多くいるだろう 人、其々 それで何かが...

  • 自 滅

    熱き夏が燦々と 暑いと云うよりは熱い そう夏だ、真夏だ 世界が、否地球が暑い熱い もう手遅れなのだろうか わたしら一般庶民は諦めるしかないが 権力者どもは早く逃げ出した方がいい 地底奥底深くのシェルターか 地球外へか 権力者どもよ早くした方がいいよ 間に合う内に

  • ありがとう

    見てくれた え? 何の事 黒百合よ 咲いていたでしょ 御免 御免 何処に咲いているの? 庭のスモークツリーの根元近くに咲いているわよ 御免 知らなかったよ 見ておくね 妻は珍しい色々な花などをよく育てようとする まさか 黒百合までも植えていたとは 別に妻の...

  • ドンキホーテ

  • 君に在らむ

    陽に紅く染まりて 白身のひと切れとて 我が口に入る事失く 遠くは海の浜に在りて 紅く染まるも 語り為せば成る哉

  • 幻月の口伝

    十三夜の月が 美への求愛を語らい 十四夜の月が 其の身を紅く染まらせ 十五夜の月が 白く輝き丸く成りて散らむ 遠き日に 語り部の口より出てしものがたり

  • 戻り梅雨

    出戻りと云えるかどうかは怪しいが 戻ってきた分には優しさを表に出しており 元々出戻りと云う言葉自体にも問題があるのだが・・・ 出戻り梅雨は内に秘めた気性が荒い事も儘ある 今のところ、見た目には大人しそうだ それでもいつ何時、表を返して 刺有る枝をまるで鞭を振る...

  • 雨の粒が 物干し竿横一列に並び 並むだ列の大きな一粒が 地面に跳ねた ピシャッ 降り続く雨 昼間だと云うのに薄暗く 戸外の生活音が、激しさを増す雨にかき消され 異様な静けさを醸し出す 一時後漸く 蛙の鳴き聲が聞こえ出し 世界が元に戻った

  • 雨 音

    雨が ポツリ、ポツリ ポツリ、ポツリ、ポツリ 夜中になって 雨が ポツリ、ポツリ ポツリ、ポツリ、ポツリ 地面を叩き始め 天気予報どうりに 雨が降りだした 寝付いた矢先の静けさの中で 雨音が ポツリ、ポツリ ポツリ、ポツリ、ポツリ 夢の中にまで入...

  • 今年の梅雨

    五月の早い梅雨走り 加えての台風の親分が駆けつけての応援とは 益々活発化するだろう梅雨前線 ( ああ、どうなる事やら ) かと云って早い梅雨明けとも思えない 途中で一休みして 夏が来たような日々が幾日も有り 蒸し暑い日々も続いて 早くても七月中旬、遅ければ七月末の梅雨明けか...

  • 人も生命の一つ ?

    五月、五月は生命溢れる頃 生命為す緑 敵対する人の波 全てが自従の思ひの侭になると考える自尊心を持つものが人 加えて同じ人族の中にも持ち込む差別心が在るものが人 何とも、屑な生命だ 悔い改めよ 他の生命の為に 人は生命の敵 神の贈りもの足る生命 生...

  • terra に栄光を

    夏、夏が来た 早くも夏がやって来た しかも表面(おもてづら)が酷暑ときた 生命する緑もさぞ辛かろうに 只、降る雨も多い事が生命する緑には救いとなっているのだろう 生命する terra の表皮に巣食う無数の生命達 余りに増殖し過ぎた生命に困った terra は ...

  • なみだ

    わがせなに おもひとどまるひまもなく ここぞばかりとついせめやらむ なけばなくほどとどのつまりとて なみださえかれはてなきやまむ

  • 青い空

    五月の青い空 晴れ上がった青い空 そう、五月の空は此の青が似合っている 色々な意味で似合っている 清々しくて良い 商品に例えるのもおかしいが良品だ 売れ筋良品だ わたしも一つ買っておきたいぐらいだ が、そうもいかない 売り物ではないからだ 取り敢えず此の青い空を堪能するとしよう

  • 雨の雫が横一列に並んだ 並んだ内の一つの大きな雫が地面に跳ねる ピシャッ 降り続く雨 昼間だと云うのに 戸外の生活音が降る雨にかき消され 静けさを造り出している そして、漸く蛙が鳴き出した

  • 魔法使いミツキさん

    庭に咲き誇るモッコウバラ うちのミツキさんが咲かせたものです 此のモッコウバラの勢いには脱帽です ミツキさんがコツコツと庭を彼女が思うように造っています 今のあなたは躰が不自由だと云うのに好きなようにやってもらっています でもあなたは土弄りが好きだと云う だからわたしもミツ...

  • 春は幻

    忙しく過ぎる春の日に 想ひは悠々たる時の流れに在りて 瞬き程の花の開きに 美しき花を君と伴に愛でむ 光に浮かぶ其の艶姿に 風すら騒めき立ち狂気に溺れ 纏う花弁を散らさむ也

  • 惜 春

    行く春は短く 花の生命も瞬く程にて 過ぎる春を惜しまむ 年度重なる繰り事為れど 余の想ひは更に募らむ也

  • 2023年3月21日 午後 雨

    春の雨は優しいと云ふ 今日、雨が降っている 冬の冷たさを感じない暖かい雨が降っている 芽吹く数々の生命にとっての恵みの雨だ 春麗の今日、雨が降っている 春雨が降っている 暖かい雨が降っている 此の儘濡れていよう

  • 薄明の麗人

    夜明け前の空に浮かび、西の空を下る下弦の月 空の明るさが増す中、細身の躰がうっすらと浮かび上がっている つい先日のその姿は、ほぼまん丸い躰つきだった それが見る影もない細身になっている ・・・等と思いを巡らしながら時を費やしていると 先程よりも少し細くなっている...

  • 土 筆

    つくつく、つくつくと伸びる杉菜の子 短い春を勤しむかのように伸びている 春をあなたと二人で楽しもうと春麗の土筆摘み 夕餉の春の一品にと二人で土筆摘み 下拵えの煩わしさに負けじと頑張った 出来上がり、更に盛ってみれば何とも稀少なり 二人で何とか食べ分けて 一頻...

  • 春 麗

    春のうららに気もはやり 蒲公英狩りを洒落込まむ 気付けば、くしゃんくしゃんと 嚔も止まらず 涙と鼻水でグシャグシャに ああ、春も真面に楽しめむ

  • 春を見付けて

    風が春を含み始めると 春の兆しに目敏くなって 此処にも彼処にも春が・・・、と気になって 一つ一つの春を見付ける度に嬉しくなって 啓蟄ではないけれど 暫らく振りに其処らを散策してみよう 今日は天気も良さそうだし 気が変わらぬ内に春を楽しもう

  • 未 来

    我が子の親に成りたる姿かな 春の陽の温もりの内に 健やかなれ

  • 風 鈴

    チリンチリン チリンチリン チリンチリン チリンチリン 軒先に吊るした風鈴が良い音色で鳴いている 何処で聞いたか覚えてもいないけれど 冬の風鈴の音色は寂しいと・・・ 前に住んで居た家に置きっ放しになっていた風鈴を 寂しいだろうと持ってきてしまった 銅製だからとても音...

  • あなた

    あなたの暖かい大切な言の葉を わたしの記憶のノートに一枚一枚丁寧に綴り込むでいます あなたの想ひ出と伴に 何時かは居なくなってしまうあなた 其れだけがわたしは恐いのです 出来れば何時までも伴に居たいと わたしはそんなことを何時も考えています

  • 冬です

    雪虫がチラチラと北風に乗って翔むできた 冬の寒さも強まったり緩まったり 一進一退を繰り返し冬が続いている 春はもうすぐ先の事と云われても、その実感が湧いてこない でもやがては春は来るのだろう 否、春を飛ばして夏が姿をちらつかせてくるのだろうか 春が一瞬でもその姿を表に現すの...

  • ゆきんこ 雪子 君に捧ぐ

    雪が降る 雪が降る 天気予報通り雪が降っている 昔 やはり雪は降っていた 夜の暗さの中で雪が街の灯りを反射し、妙に明るさを保っていた 風は強く雪が上から下ではなく横殴りに降っていた そんな雪道を一人とぼとぼと歩いていた 雪子、彼女の面影が脳裏に浮かび上がっ...

  • 愚 痴

    やっちまったなあ。 やっちまったんだよ。 根切虫の奴がやっちまったんだよ。 俺の大事な比奈の作ろうとしているキャベツの根を、 と云うよりも根元の茎を食っちまったんだよ。 それで比奈が怒っちまって、俺に八つ当たりしてくるんだよ。 まあ、八つ当たりと云っても比奈の...

  • 月の女神からの贈物

    君が名に於いて 君ならばこそ 果てぬ想ひは 月の女神が雫の 光り輝く君に在り ( 注 ) 凍てつく冬の透き通った月は美しい。 其の冬の月の光の雫が地上に降り立つやいなや、 地表に砕け散る様は宝石...

  • 夢を見ていました

    ひさかたの光のどけき春の日に 静心なく花の散るらむ 日向の窓辺の内なる転寝か 今は夢の中

  • 同族殺し

    ヘリコプターの飛ぶ音が聞こえている 此処等ではよく飛行機が飛むでいる 空路が近いせいもあるのだが 人族が機械を使って空を飛ぶなんて なんだかなあ~ まあ、今のわたしにはどうでも良い事である 人族は、そうやって文明でも誇ってなさい 人族さん、そうやって幾等威張...

  • 暮れ行く冬空の寒風吹く中 何処かで烏が、カアーカアーと二聲上げた 寒くはないのだろうか 真っ黒な羽に包まれているのだから 余が思ふ程には寒さも感じないのだろう そもそも寒いと云う感覚はあるのだろうか 人族足る余には分かりもしない 否、寒いと云った感覚は有って...

  • 生と死

    あなたが嬉しそうにしていたら わたしも嬉しくなって あなたが楽しそうにしていたら わたしも楽しくなる あなたが笑っていたら わたしも笑っているだろう あなたが憂いを帯びたなら わたしも憂いに陥り あなたが悲しみに暮れる時 わたしも悲しみに染まってしまうだ...

  • 陽 処(日 向)ぼっこ

    猫じゃないけれど 陽処ぼっこがしたいなあ~と思って 窓から燦々と射し込むでくる陽光を身体いっぱいに浴びる 陽の温りがじんわりと身体の奥底まで染み入って 心まで温いような気がしてしまう 猫の気持ちが分かるなんて言わないけれど ふと猫になってみたいななんて...

  • クリスマスリース

    クリスマスにと思って クリスマスリースを作って飾ってもらいましたよ 子供が小さい頃には クリスマスツリーを飾っていましたよ 今は妻と二人に成って ゆっくりとした時を過ごせると良いですね けれど、なかなか落ち着いて居られないが現実です 今年のクリスマスは...

  • 独り言 夢

    心の言葉の泉の水面に 一滴( ひとしずく )の詩( 言葉 )が放たれると 共鳴した詩( 言葉 )が泉の水面で結び付き 詩( 文章・歌 )と生って泉から溢れ出てくるのだろうか

  • 探し人

    この水色 ( あおい )の空の向こう側に 太陽が放つ光に乗って翔むで行きたい そうすれば此の空の向こう側から 此の世界を見下ろして あなたを探し出す事が出来るかもしれないね

  • 御告げ

    枯れた風の通り道に風を待つ吟遊詩人が、一人佇むでいた 今の彼は詩(うた)を詠えない 詠えなくなって時も久しい中、 寝付けない或る夜、漸く眠りに付けた夢の中で御告げを受けた 夢の中で天から聲が降ってきたのだ 「 今の汝は詩を詠えない 」 「 このままでは汝は生き...

  • 怖い夢

    此処は何処 JAPANじゃなかったのかしら 其処彼処で公安が見張っている CHINAに既に侵略されてしまったのだろうか JAPANは確か、民主主義のようなものを謳っていたよね 今の世にはもう以前の民主主義とか 其れに対しての共産主義とか云うものは存在しな...

  • 君の明日に

    昨日の君を残しつつ 今日の君に在りて 明日の君に想ひを走らせよう 今日の之暗き世に在りても 余の君への想ひは果てず 余の想ひを君に残そうぞ

  • 自 転

    陽は昇る 朝日が昇る 紅く燃える太陽が 天空に向かって駆け昇る

  • 夜明け前

    夜の帷が上がろうとしていた 大地に薄く靄が立ち昇り 其の大地を包み込もうとしていた 未だに姿を見せぬ太陽の陣取る筈の東の空が 薄紅をさしたかのように、幽かに紅く染まっていた

  • 落書きではありません

    夜明け直前の薄青の空に、風( と云う筆 )を使って 濃い墨色の雲で色々なものを書いていく 理解出来るもの、理解の外にあるもの 只単に塗りたくっているようなもの 色々と描きなぐった後 其の作品の全てを、東の空の片端に追いやって 空と云うキャンパスを、一度綺麗さっ...

  • 2022年9月24日5時12分 夜明け前

    台風一過 東に昇る 下弦月

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、祥生さんをフォローしませんか?

ハンドル名
祥生さん
ブログタイトル
想ひ火
フォロー
想ひ火

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用