searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

アイ・ラブ みどりさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アイ・ラブ みどり
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yashima630
ブログ紹介文
逆境にもめげず、けなげに生きるみどり達がいとおしくてなりません。
ブログ村参加
2015/01/07
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、アイ・ラブ みどりさんをフォローしませんか?

ハンドル名
アイ・ラブ みどりさん
ブログタイトル
アイ・ラブ みどり
フォロー
アイ・ラブ みどり

アイ・ラブ みどりさんの新着記事

1件〜30件

  • ヤツデ

    晩秋となり、花が少なくなってきましたが、この時期の貴重な蜜源として虫たちに貢献するヤツデが咲き始めました。花に近づくと、アブ類の昆虫が飛び交い、丸い柱頭を嘗めていました。花言葉は「分別」です。諺に「年寄りの物忘れ、若者の無分別」があります。通常マイナスイメージで使われますが、今の私にはピッタリの諺のように感じます。82歳となり、物忘れが特技となってしまいました。ところが、若い頃は無分別の見本みたいなものでした。公務員試験を好成績でパスし、将来幹部を半ば約束されているにもかかわらず、開発途上国で行き詰まってしまった技術協力事業に、正に若者の無分別で飛び込んでしまいました。英語もろくにしゃべれず、農作業機械化や水稲二期作化という未経験の分野でした。無分別の体当たりでしたが、幸いにも逆転満塁ホームランの結果となりまし...ヤツデ

  • 東京養育院

    11月7日のNHK大河ドラ「青天を衝け」で、渋沢栄一が東京養育院を設立したとの話がありました。養育院と言えば、母がよく、父親が「両国の養育院」の院長だったと語っていました。早速Webで検索したみましたが、渋沢栄一の養育院の場所は上野とあり、その後場所を転々としたとありましたが、両国とはでてきませんでした。「上野」のことを「両国」と言ったのか、両国に分院があったのか、或いは別の福祉施設だったのか、今となっては聞く人もいません。私は母から、「嘘つきは泥棒の元」、「世のため人のため尽くせ」と教えられ、それを守ってよき人生を送ることが出来ました。この人生訓は母が独自に会得したものではなく、父親から受け継いだものに違いありません。もしかしたら、祖父は渋沢栄一からこの訓示を受けたのではないかと、勝手に想像をたくましくしてい...東京養育院

  • ダリア

    100円ショップで購入した種から育てたポンポンポンポンダリアが咲いています。そこにオオカマキリが陣取り、虫をモグモグ食べていました。花に虫が集まることを知っていて、待ち構えていたのでしょう。ダリアの花言葉は「感謝」です。人は一人では生きられません。そのことを「感謝」しながら、人は生きているのです。ところが中には、この「感謝」を出来ない人がいるのです。いじめられたり孤立したりして、社会に溶け込めず、犯罪を犯してしまう人達です。私は幼い頃から、母に「正直に、世のために尽くして生きる」よう躾けられました。両国の福祉施設の院長だった父親から、母もそう躾けられて育ったのだと思います。代々から伝えられた家訓のようなものなのでしょう。私も「家訓」を守り、一心に社会に貢献してきました。今振り返ってみれば、「感謝」は人のためなら...ダリア

  • ハツユキカズラ

    気温が下がったせいでしょうか、ハツユキカズラが色づいてきました。今住んでいる土地にもともと生えていた植物で、私より以前からこの宅地に住み着いていたものです。花言葉は「素敵になって」です。総選挙が行われ、自民党が議員数は減らしたものの過半数を制し、政権奪還を目指していた立憲民主党を破りました。私の選挙区、茨城6区では、自民党と立憲民主党から共に42歳の若い候補者の一騎打ちを演じました。以前、自民党公認の国光文乃氏を、町内を案内して歩いたことがあります。何度かお会いするうちに、世の中をよくしたいという国光氏の熱い思いに接することができ、私が幼い頃から母に躾けられた「正直」、「世のため」を実践されている方とお見受けしました。現役の医師として、勤務していた国立霞ヶ浦医療センターの改善や、新型コロナウイルスとの戦いに一心...ハツユキカズラ

  • ツワブキ

    歳時記では初冬の季語となっているツワブキが咲き出しました。三重県から持ってきた常緑多年草で、北限が福島県となっています。我が家の庭では毎年元気に育っておりますが、あまり繁殖はしないようです。花言葉は「先を見通す能力」です。現役時代、私は研究職でした。私の研究手法は、解決を求められる課題が生じると、先ず解決法を予測します。それを試験や調査で実証を試みます。多くの場合予測通りにはなりません。そこで、試験調査結果を解析し、何処が問題だったか検討し、新たな予測を立てます。これを何度も繰り返し、解決に迫ってゆくのです。予測通りにならないと、人は「失敗」と評価しがっかりしますが、私は「この方法ではないことが分かった」と判定し、次の予測を立てるのです。失敗ではなく、成果なのです。成果を積み重ね「先を見通す能力」が培われるので...ツワブキ

  • キマダラカメムシ

    キマダラカメムシが、外壁に張り付いていました。東南アジア~台湾原産の帰化種で、北上を続けて分布を拡げているところです。地球温暖化はいよいよ深刻度を増し、北海道では鮭の代わりに鰤が大漁になったり、ウニが大量死したりしています。秋の味覚サンマも漁獲量が減り、近年でピークだった2008年と比べ、去年の漁獲量は10分の1以上減少、価格は約7倍に高騰しているそうです。今後農業生産にも、高温による作物の生理障害、病虫害のまん延など、温暖化の影響が重くのしかかってきそうです。地球温暖化は、人類の生存を脅かす大問題なのですが、国民の関心は薄く、今度の総選挙の公約としては真っ正面から取り上げる政党はありません。炭酸ガス発生を抑制するのであれば、化石燃料の使用量を削減し、再生可能な自然エネルギーの活用が最有力な手段です。大量生産さ...キマダラカメムシ

  • ムラサキツユクサ

    妻がプレゼントされた花束に入っていたムラサキツユクサを挿し木したところ、根付いたものです。多年草で、冬期間地上部は枯れますが、春越冬した根株から萌芽します。タネは出来ないようで、一面に蔓延るようなことはありません。花言葉は「密やかな恋」です。質素な暮らしを旨とする私には、不便を楽しむと言う特技があります。都会生活より田舎暮らし、近代的な豪華なレストランより、鄙びた居酒屋風の食堂、華麗なホテルより民宿を好みます。普段の足は、20年以上も前に購入した1万円弱の錆び付いたミニベロを専ら愛用しており、自動車は滅多に使いません。人生の中で、一番楽しかったのは、マレーシアの水田地帯のど真ん中で、2回に亘り9年間過ごした研究生活でした。調査器具を自分で設計し、町の鉄工場に作らせました。壊れた計測器の部品を持ち寄り、水位記録計...ムラサキツユクサ

  • ヒダカミセバヤ

    石垣島で同僚から譲られたミセバヤで、栽培歴は20年を越えています。青森県の十三湖でシジミラーメンを食べた食堂でもらったもらったアワビに貝殻に植えてあり、もう15年以上土替えもせず毎年元気に花を咲かせています。恐らく根生菌でも共生しているのでしょう。花言葉は「大切なあなた」です。衆議院選挙が公示されました。選挙になると、どの候補者も異口同音に「大切なあなた」を口にします。しかし、大企業の内部保留は未曾有の額になっているのにかかわらず、一般庶民の所得は、先進国中唯一下がりっぱなしです。選挙前は、「大切なあなた」は国民ですが、選挙が終ってしまえば「大切な大企業」になってしまうのです。国民は勤勉に働き、貧困に、子育てに、教育に、ローン返済に、共稼ぎに喘ぎ、一生懸命大企業に貢いでいるのです。1955年、自民党結党以来、一...ヒダカミセバヤ

  • ヨメナ

    今年の夏日は、先週で終わりとなったようで、明日から北から寒気団が南下、気温も10℃以上低下するそうです。庭では野菊類の先陣を切ってヨメナが咲き始めています。2003年まで住んでいた久居市の宿舎の企画の自衛隊訓練場に咲いていたヨメナを、土浦に連れてきました。花言葉は「従順」です。現役時代正直者で通した私は、扱いにくい部下のようでした。農林技官だった私は、現地の地形に合わせて構造物を設計するのです。と言えば「当たり前でしょう」と誰もが思うでしょうが、実際は「標準設計」なるものがあって、どんな地形でも無理矢理この中から合いそうな構造物を選ぶ、手間を省いていたのです。会計検査院のお墨付きのもので、検査を受ける際「標準設計です」と言えばフリーパスだったからです。私は「従順」ではなかったのです。入省6年目は酒田市にあった事...ヨメナ

  • アシ

    近所の駐車場の盛り土の斜面で繁茂しているアシが出穂し、風に靡いています。この地は元蓮田で、放置しているとアシがよく生えるのです。アシにも花言葉があり、「後悔」です。私の最大の後悔は、1996年から4年間石垣島に赴任した際、職場の同僚に誘われマラソンを始めたことです。長距離走の基本的指導を受けなかったため、塩分補給の重要性を知らずに、真水だけを補水して脱水症をしばしば発症してしまったのです。汗をかくと、水分と塩分を消耗するのですが、水分だけ補水すると、血液中の塩分が薄まります。塩分濃度を回復しようと、却って水分が汗として失われるのです。このことに気付くまで、脱水症を何回も繰り返してしまいました。その結果、体内に活性酸素を発生し、血管を傷つけ、脳梗塞を起こしてしまったと考えています。私は歯を強く噛みしめる癖があり、...アシ

  • イヌタデ

    イヌタデが赤く色づき始め、本格的秋の到来を知ることができます。俳句歳時記にはイヌタデはありませんが、別名のsy赤飯で秋の季語となっていました。花言葉は「あなたの役に立ちたい」です。80年に及ぶ人生を歩んできて、みんなの役に立ち、感謝されることが一番の喜びであると思います。自分も幸せになれれば、それに越したことはありませんが、自分が犠牲になっても、みんなが幸せになれば、幸せを味わえるのです。「あなたの役に立ちたい」には、そんなニュアンスが込められているように思います。太平洋大戦末期、石油も鉄も使い果たし、劣勢に追い詰められた日本軍は、窮余の策として特攻隊攻撃を考え出し、日本の将来を担うべき多くの若い人材をも浪費してしまいました。「あなたの役に立ちたい」と喜んで敵艦に突っ込んだ若者はそんなにいなかったと思います。負...イヌタデ

  • チロリアンランプ

    秋風を感じるようになりました。ブラジル原産のチロリアンランプの花期なのでしょうか、一斉に花をつけだしました。長く延びた枝先に蕾が着くようです。枝を剪定せず、ぐるぐる巻いて行燈仕立てにするのが良さそうです。花言葉は「推測」です。私の思考のスタイルは「推測」です。疑問を解明する手段として、私は先ず、「推測」にあたる仮説を立てるのです。次に仮説を実証するための情報を漁ります。昨年、市の総合検診で標準値より高くなったLDLコレストロールを下げるため、かかりつけの内科医はピタパスタチンカルシウムを処方してくれ、値は十分下がりました。ところが、別の脳神経外科医で検査して、CK値が激増してしていることが判明したのです。私の聞きかじり知識では、LDLコレストロールは悪玉と呼ばれ零ますが、細胞膜を作る重要な成分で、激しい運動をす...チロリアンランプ

  • フウセンカズラ

    フウセンカズラが庭木に絡まり、風船のような実をぶら下げています。この中にハート型の模様がある黒いタネが3個入っています。そこで花言葉は「一緒に飛びたい」です。82歳になりました。妻も79歳です。ここまで56年間、一緒に飛んできました。私の体力も気力も衰えてきました。余命もあと幾ばくもありません。運動嫌いの妻は体力はもともとありませんが、最近は緑内障で視野も視力も狭まってきたようです。これからは、子供達にはあまり迷惑をかけないよう、「二人揃って一人前」宜しく、労りあい、力を合わよろよろと飛んでゆくしかありません。自慢ではありませんが、私は単身赴任のベテランで、一人暮らしも苦になりません。単身赴任について云えば、マレーシアでは1971年から3年間、78年から6年間、水稲二期作導入事業支援を、石垣島では1999年の1...フウセンカズラ

  • ヒメツルソバ

    ヒメツルソバはヒマラヤ原産の多年草で、我が家ではコンクリートの割れ目を根拠に生えています。原産地では石礫地にでも生えているのでしょう。タネでもよく殖え、コンテナに何時の間にか進出し、春・夏・秋と花を咲かせています。花言葉は「思いがけない出会い」です。大学2年生の夏休み、平塚にあった農業土木試験場(農試試)・土地改良部でアルバイトをしました。そこで出会ったのが、室長のNSさん、新採用のMTさんでした。大学卒業後、農林省に入省し、9年目に本省に配置換えとなり、その6ヶ月後、突如マレーシア行きの打診があり、行政職から研究職に職種変更し、長期在外研究員として派遣されることになりました。派遣場所は、東海岸最北部ケダ州のムダ地区で、世銀の借款でマ国最大の10万ヘクタールの水田地帯に大型機械化水稲二期作を導入する国家事業です...ヒメツルソバ

  • jウマノスズクサとジャコウアゲハ

    今年はウマノスズクサの育ちが悪く、これを食草とするジャコウアゲハの幼虫が5匹、最後に残った葉に群がっています。彼らは、生育不十分のまま小型の成虫になるしかありません。我が家の庭には毎年、黒く美しい大型のジャコウアゲハが乱舞するのですが、今年は小さなこの5頭しか望めそうにありません。ウマノスズクサの花言葉は「ユーモアのある人」です。NHKの朝ドラ「おかえりモネ」の主人公モネと菅波先生はゴチゴチの真面目人間で、いつも思い詰めてしまい、ユーモアが無くハラハラさせるところがこのドラマの売りのようです。自分の弱みを知られたくない、相手を傷つけたくないと考えてしまい、何ごとにも消極的になってしまうのです。相手に「この人は私に何かを隠している」と疑わせることになり、人間関係をギクシャクさせてしまうのです。私は、サラリーマンの...jウマノスズクサとジャコウアゲハ

  • 少子高齢化

    今朝の新聞に、日本の少子高齢化率が30.4%に達し、労働人口の減少、社会福祉費の高騰、消費の減退をもたらすとして、社会問題視していました。しかし、それは医療制度の充実、国民の健康志向の高まりによって日本人の寿命の延びた結果であり、祝福すべきことではないでしょうか。問題視するとすれば少子化の方であり、一般庶民の子育てが難しくなってきたことなのではないでしょうか。永きに亘り、日本の歴代政府は「経済最優先」を旗印にしてきました。経済効率至上主義で、人口は都市に集中し、地方は疲弊し続けています。企業は安い労働力を求めて開発途上国に進出し、政府は法人税減税で企業の後押しをし、国全体の経済は成長しても、国内賃金は低迷しています。かつて国民総中産階級といわれた日本社会では、所得は低迷し、消費税は値上げされ、老後の頼りの年金制...少子高齢化

  • フウセンカズラ

    フウセンカズラが風船のような実をつけ始めました。毛虫に葉を食害され、庭木が丸坊主になり、その存在に気がつきました。風船の中の種が猿の顔みたいで、幼い頃の孫達が、この実でよく遊んでいたのを想い出します。花言葉は「多忙」です。人は「便利」を好むようです。道具を発明して重労働から解放され、楽に暮らすことが万人共通の主要な仕事なのです。「便利」を追求し、手間・経費・時間を省き、「多忙」を回避しようとしているのです。60年前、農林省入省後、寝台車に乗って一日がかりで初任地の弘前に降り立ったとき、砂利敷きの駅前広場に旅客馬車が停留しているのを見て驚きました。日帰りも出来るようになった現在では、考えられない光景です。最初の仕事は、岩城山麓一帯の開拓農道の路線選定と測量でした。10人ほどの作業員を連れ、ヤブを伐採しながら測量テ...フウセンカズラ

  • タイワンホトトギスとルリタテハ

    タイワンホトトギスの葉をルリタテハの幼虫が食べていました。以前は30頭位が見られたのですが、最近はめっきり少なくなってきました。棘で覆われて武装していますが、毒はありません。タイワンホトトギスの花言葉は「秘めた意思」です。私の場合、意思決定の規範は「世のため、人のため」です。幼い頃から母にたたき込まれたものです。この規範のお陰かどうかは分かりませんが、社会に船出してからは、私は人から恨まれることはなく、平穏に暮らすことが出来ました。運が良かったと言えばそれまでですが、災害に遭遇することも、事件に巻き込まれることもありませんでした。テロが横行する東南アジアに長期滞在しまし、日本の家族や友人に心配をかけましたが、親切な現地の人達に守られて、任務を果たし無事帰国できました。「世のため、人のため」の行動により、現地人に...タイワンホトトギスとルリタテハ

  • 秋海棠

    庭で自生化している中国原産の秋海棠が、今年も花を着けています。ベゴニアの仲間で、球根やムカゴで越冬できる耐寒性の強い植物です。花言葉は「片思い」です。従北反日で政権に就いた韓国の文大統領は、北朝鮮の金正恩総書記ラブコールを送っています。国のトップが総書記と大統領と、政治体制の異なる両国が平和的に統一するのは、そもそも無理があるように思います。軍事的にどちらかが一方を征服しない限り統一はあり得ず、案の定、文大統領は金総書記から手痛いヒジテツを喰らってしまいました。それでもまだ従北に拘るのは、それが韓国民の悲願であり、政権の支持率アップに有効だからで、北朝鮮への「片思い」はまだ続くようです。文大統領は、反日が国民の受けが良いことを理由に、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(略称:正義連)」を政治的に利用し...秋海棠

  • ニラ

    ニラはうちの庭のい繁殖してたるところに自生し、ベータ・カロチンやビタミンA、C、Eに富む緑黄色野菜として、毎日5株ほど摘み取り、温野菜に混ぜて利用しています。私の健康上の弱点、動脈硬化を改善する効果があるとのことです。今が繁殖活動の花時で、大切な食材が絶えることはないでしょう。花言葉は「多幸」です。私個人の感じですが、「幸せ」とは、時の流れの中で、ライトが一瞬パッと点灯するように幸せ感が生じるもので、ズ~と長続きするものではありません。脳のどこかで「幸せ」物質が分泌されるようです。分泌された瞬間は大きな幸せを感じますが、時と共に物質は消耗し、幸せ感も薄らいでゆきます。お祝いなど言われると、その度に物質が分泌されますが、度重なると分泌量も徐々に少なくなってゆきます。物質は泉のようにこんこんと未来永劫に湧き出るもの...ニラ

  • キバナコスモス

    メキシコ原産のキバナコスモスが花盛りです。草丈が2メートルにもなっているのがあります。繁殖力は雑草並みに強く、我が家では一面に発芽するのでこぢんまりと仕立てています。花言葉は「幼い恋心」です。男女が引きつけ合うのは人間の本能なのでしょう。先日「禁じられた遊び」のDVDを鑑賞しました。戦争孤児の浮浪少女の遊びが十字架集めでした。幼い恋心で結ばれた同じ年頃の男の子が、少女とこの悪さを共にします。やがて少年は両親と町を離れることになり、少女は孤立状態になります。幸い孤児院に収容され、安定した生活が保障されることになります。施設行きの迎えを待っている間に、少年の呼び声が聞こえたように感じ、声の方向に引き寄せられていってしまうのです。恐らく、この少女は浮浪児生活に戻ってしまうのでしょう。人生経験の無い幼子の心は、天使のよ...キバナコスモス

  • ツルマサキ

    常緑で斑入り葉が美しいので、庭木の幹やフェンスに絡ませて、観葉植物としてツルマサキを育てています。花は小さく地味で鑑賞価値はありません。花言葉は「策略」です。今朝の新聞のトップ記事は、就任まだ1年の菅首相の総裁選不出馬宣言でした。モリカケ事件、桜を見る会疑惑で公文書破棄・捏造を繰り返した大嘘つき安倍晋三が、アベノミクス・新型コロナ対策・GoToキャンペーンの失策で行き詰まり、首相の座を投げ出し、菅義偉に押しつけて敵前逃亡してしまいました。自民党有力者も火中の栗を拾うとはせず、孤立無援の菅首相を見殺しにしています。オリンピックの旗印である災害復興もならず、コロナに打ち勝つこともできず、反面、医療崩壊による自宅療養者に死者が続出し、万事休した菅首相はコロナの生け贄にされ、退陣に追い込まれてしまったのです。今がピーク...ツルマサキ

  • アサガオ

    長雨の後に続き猛暑に襲われ、我が家のシェードとなっているなっている庭木達はヘトヘトの状態ですが、朝顔は毎朝いきいきと花を開いています。耐暑性はかなりのもののようで、花言葉も「明日もさわやかに」です。新型コロナ感染は相変わらずで、政府は緊急事態宣言をうわごとのように繰り返すばかりです。感染者収容施設整備、医療従事者増員、医療機器増産、ワクチン・治療薬開発・製造など、自宅療養者を減らす対策を講じようとしません。政策的には完全に行き詰まり状態で、衆院選・総裁選も迫り、管内閣は早急に酸素濃縮器が必要な重体に瀕しているかのようです。私の住んでいる土浦市も、感染者数が毎日20人、30人台に高止まりの状態です。最近は週2回程度買い物に出かけたり、運動のため自転車で付近を一巡する程度で、Stayhomeに徹しています。今年は土...アサガオ

  • ニホンハッカ

    庭の草刈りをしていると、ニホンハッカのメントールの芳香が漂ってきました。ニホンハッカは大脳皮質や延髄を興奮させたり、発汗、血液循環を促進させるメントールの原料として、1930年代から60年代にかけ、北海道中心に大規模に栽培されていたと言います。メントールが工業的に製造されるようになり、栽培は廃れました。我が家では雑草化したニホンハッカをハーブティーの材料にしています。ニホンハッカに花言葉は「私たちは再び友だちになろう」です。日韓関係では、慰安婦問題がネックになり、日本の「再び友達になろう」という努力は報いられていません。売春行為は男女、或いは貧富の差がある限り、妨げられないようです。旧日本軍が韓国の女性を強制的に拉致し、慰安婦にしたという証拠はなく、現地人が商売として、軍隊に貧困子女を兵隊達に斡旋したというのが...ニホンハッカ

  • do for others

    全国高校野球選手権大会の今日の第1試合では、青森代表の弘前聖愛学院が石見智翠館と対戦しました。聖愛学院は妻の母校なので、妻と共に応援したのですが、残念ながら4:3で敗退してしまいました。テレビで観戦していて気付いたのですが、応援団は"doforohters"とプリントされた横幕を掲げて応援しているではありませんか。妻の頃は聖愛女学院と言って、ミッションスクールだった関係で、この標語は学院の奉仕精神育成の教育方針に沿ったものなのでしょう。結果は標語の通りになってしまいましたが、対戦相手に悦びをプレゼントしたのですから、健闘を称え合ったと言うことでよしとしましょう。"doforohters"の和訳である「世のため、人のため」が私の母の口癖で、幼い頃からよく聴かされたものでした。いつしかそれが私の行動規範となり、今日...doforothers

  • ブルネイの稲作

    若い頃、ブルネイで原住民イヴァン族の稲作を見聞する機会に恵まれました。有力な稲作地帯はモンスーン地帯に分布します。ブルネイは、乾季のない赤道直下の熱帯降雨林地帯に属し、商業的な稲作は難しく、自家消費的稲作がおこなわれています。イバン族は焼き畑農業部族ですが、ジャッングル内の窪地の水田で稲作を行っています。育つと、丈が2メートルにもなる頑丈で生育旺盛な稲を栽培します。幼穂形成期頃ネズミに根本を囓られ、稲はバタバタと倒伏してしまいます。倒伏しても、茎の節々から新芽が萌芽し、間もなく様々な生育段階の稲が混在するようになります。実った籾は野鳥の大群に啄まれてしまいます。写真は。現地で購入した米倉の絵はがきです。ネズミや野鳥に害されても、何とか実っている穂だけを刈ってこの倉庫に保管しておくのです。食べ尽くしてしまえば、ま...ブルネイの稲作

  • 緊急事態宣言

    土浦市には8月8日から31日までまん延防止等重点措置が発令されており、これとダブル形で8月6日から19日まで県独自の緊急事態宣言、更に延長する形で20日から9月12日まで国の緊急事態宣言が出されることになりました。管総理が今月初め自宅療養を原則とすることを発表以来、国内では各地で過去最多の感染が報告されており、昨日も全国で23,000人を越える過去最多を更新しています。自宅療養は医療崩壊を受けての対策ですが、それにより同居家族への感染が免れず、これから果てしない感染爆発が続くことになるのでしょう。感染者を早期に発見し、隔離するための医療体勢の整備を怠ったツケが回ってきたのです。オリンピックを中止し、こちらに全力を挙げるべきだったのです。アフガニスタンでは、20間年に亘り派遣されていた米軍撤退を受け、タリバンが8...緊急事態宣言

  • アルストロメリア

    今年の春購入した他の花苗に紛れ込んでいたアルストロメリアで、我が家にはこれ1株しかありません。美しい花で、得をした気分です。子株が何本か出てきていますので、来年が楽しみです。花言葉は「穏やかな生活」です。歳のせいで行動内容や範囲が狭まった上、コロナ禍による外出・集会自粛で、人との接触が著しく狭まり、自宅を中心に、刺激の無い「穏やかな生活」に籠もっているこの頃です。8月31日までまん延防止等特別措置の指定になった土浦市の感染者数は、30人レベルに高止まりしています。今猛威を振るっているインド型ウイルス、それそれに続き凶悪なラムダ株がじわじわ押し寄せています。「穏やかな生活」が何時まで続くことやら。「穏やかな生活」を満喫しているうちに、世界の為政者達は経済的理由で、取り返しの付かないレベルに地球温暖化を深刻化し、気...アルストロメリア

  • 風の谷のナウシカ

    宮崎駿監督による有名なアニメ映画「風の谷ナウシカ」のDVDを取り出してみました。有名な映画ですので、ストーリーはご存じの通りです。行き過ぎた科学技術の結果である「死の七日間戦争」から1000年後、地球環境は破壊され、人類はは凶暴な王蟲(おうむ)と「瘴気」の森「腐海」に征服されようとしていました。辛うじて生き残っている数カ国の僅かな人類が、お互いに戦争し、王蟲と腐海を焼き払い元の地球を取り戻そうと闘っていました。その中の一カ国、「風の谷」国の姫君、ナウシカは「木々を愛で虫と語り風を招く鳥の人」だったのです。王蟲と腐海を敵視する他国と異なり、ナウシカは蟲と心を通わせるうち、腐海の木々は毒を体内に取り込み、固定化し、清らかな水と空気を再生させていることを知るのです。ナウシカと心を通じ合った王蟲は大人しく去ってゆき、風...風の谷のナウシカ

  • インパチェンス

    播種から育てたインパチェンスが咲きました。容易に挿し芽で増やせるので、これから増産して、高齢者クラブで作っている花壇に植えてゆきたいと思います。花言葉は「おしゃべり」です。東京オリンピックが始まるや否や、新型コロナウイルス感染が、各地で過去最高値を示し、いよいよ本格的な第4波が襲来しました。土浦市は、7月30日から8月12まで、感染拡大市町村に指定し、不要不急の外出自粛、営業時間短縮、イベント等の開催制限などを要請することになりました。オリンピックやパラリンピックを開催しながら、国民にはイベント開催制限とは、何ともちぐはぐな対応となってしまいました。早速公民館から電話があり、この間公民館は閉館するので、同好会活動は休止するよう要請がありました。高齢になると、仲間が集まりおしゃべりするのが何よりの楽しみです。町内...インパチェンス

カテゴリー一覧
商用