MR.コールマンの挑戦日記
住所
出身
ハンドル名
MR.コールマンの挑戦日記さん
ブログタイトル
MR.コールマンの挑戦日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ymmt117korman
ブログ紹介文
セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴って
自由文
-
更新頻度(1年)

252回 / 251日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2014/10/22

MR.コールマンの挑戦日記さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(IN) 7,945位 7,570位 7,256位 7,144位 7,298位 7,050位 7,250位 969,421サイト
INポイント 10 50 40 40 40 40 40 260/週
OUTポイント 10 30 10 40 50 40 30 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 18位 16位 16位 15位 15位 15位 16位 10,949サイト
定年オヤジ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 99サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 26,681位 27,484位 28,705位 27,106位 29,122位 29,877位 29,780位 969,421サイト
INポイント 10 50 40 40 40 40 40 260/週
OUTポイント 10 30 10 40 50 40 30 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 60位 63位 66位 57位 69位 81位 83位 10,949サイト
定年オヤジ 5位 5位 5位 4位 6位 6位 6位 99サイト
今日 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,421サイト
INポイント 10 50 40 40 40 40 40 260/週
OUTポイント 10 30 10 40 50 40 30 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,949サイト
定年オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 99サイト

MR.コールマンの挑戦日記さんのブログ記事

  • 第32回 日本の自然を描く展

    上野の森美術館で開催中の「第32回日本の自然を描く展」を今年も観賞してきました。今年も全国から3,892点の応募作品から、知人の作品を含めて2,363点の入選作品が4期に亘って展示されています。「日本の自然を描く展」は、プロ級や趣味で描いている人の日本の自然の風景を描いた作品発表の場となっており、絵画愛好者の交流の場ととして毎年楽しみにしています。会場に入ると、身近な風景や風物、人物、静物をモチーフにした日本画、油絵、水彩画が所狭しと展示されており来場者で大混雑でした。冠賞や優秀賞、佳作賞を受賞された作品です今年も佳作賞を受賞された知人の作品も見事でした多くの作品の中から目に付いた作品を探しながら会場を巡って居ました。画風や色彩調など様々で、構図や筆タッチなど好みの作品の一部を紹介します。子ども作品コーナーでも...第32回日本の自然を描く展

  • 藤沢夏祭り・あんどん物語

    藤沢駅周辺で開催される藤沢夏祭りのイベントとして、市内の小学生が夏の思い出を描いた画による「あんどん物語2019」が藤沢駅周辺で開催されており、地域の子ども達に誘われて観てきました。「あんどん物語」は、今年も藤沢駅周辺の商店街通りに約800基のあんどんが飾られており、市の教育委員会や商工会議所などの後援を受けて夏休み期間中に、家族や子ども達が訪れて賑わう恒例の夏のイベントとなっています。駅南口の銀座通り「サム・ジュ・モール街」では、市内の各校の低学年が描いたあんどんが吊るされて風に揺られていますが、地域の小学校の作品を探しながら歩いていました。あんどんに描かれた作品には、夏の果物や花など夏休みへの強い想いが伝わっていました。土曜銀座通りは、「緑と太陽と石畳の街」として、舗道を石畳が美しくサム・ジュ・モール景観形...藤沢夏祭り・あんどん物語

  • 第23回 湘南台灯籠流し

    お盆の時期恒例の灯籠流しが、湘南台の引地川で開催され、今年も地元の自治会や商店街、学校などが参加し、夕暮れと共に多くの人が訪れて長い列が出来ていました。川沿いの円行公園には、多くの模擬店が出店され家族連れなどで大変な賑わいでした。この日は、川の水も低く穏やかな流れでしたが、柳橋袂で放たれた約1000個の灯籠がゆっくりと流れ川面に浮かぶ燈籠は暗闇に灯りを灯し、政令を送っていました。約500m下流まで流れる光景は、厳かな美しい空間を作りだしていました。円行公園は、桜と梅の名所ですが、日頃開放されていない斜面の竹林が特別開放されて深い竹林はライトアップされて幻想的な空間が描き出されていました。猛暑が続く毎日ですが、清らかな水辺空間を流れる燈籠を見送り心和むひと時でした。第23回湘南台灯籠流し

  • 丸ノ内キッズジャンボリー2019

    靖国神社参拝後、丸の内の国際フォーラムで開催される夏休み恒例の「丸の内キッズジャンボリー」に行ってきましたこのフェスタは、「学校では学べないことが学べる、どこにもない学校」をコンセプトに、不思議発見や驚きを体験できるコーナーが準備されており、多くの家族連れで大変な賑わいでした。今年は、東京五輪を一年後に控えて「ホップ!ステップ!!2020!!!東京国際フォーラムで夏休み~スペシャル版」のスポーツプログラムが拡充されていました「キッズスポーツ」コーナーでは、ウエイトリフティングやパワーリフティングの会場が準備されて、選手に成りきってバーベルを持ち上げたり、ウエートリフトにチャレンジしていましたラグビー世界選手権も日本で開催が近づきラグビーのルールを学びながら、ストリートラグビーに本気でチャレンジしていましたね他に...丸ノ内キッズジャンボリー2019

  • 終戦記念日・昭和館見学

    令和元年の終戦記念日を迎えて靖国神社に参拝後、昭和の戦中・戦後の想いが展示されている「昭和館」を見学してきました。常設展示室では、「母と子の戦中・戦後」をテーマに、昭和10年から30年頃までの国民生活の実態が判る実物資料が展示されていました。家族の別れコーナーでは、徴兵された寄せ書きの国旗や出征祝いの幟が見られ家族の熱い想いが伝わってきました。「昭和10年頃の家庭」ブースでは、日中戦争が始まった頃の茶の間や台所の様子が展示されています。「統制下の暮らし」ブースでは、真珠湾攻撃から戦争も拡大し、生活物資や食料不足となり、配給制度の実態や生活を支えて旋盤作業を行う主婦の姿が見られます。「銃後の備えと空襲」ブースでは、空襲に備える様子や防空壕展示され、当時避難していた田舎で防空壕で奇跡的に助かった経験を想い出していま...終戦記念日・昭和館見学

  • 終戦記念日~靖国神社参拝

    終戦74年を迎えて令和初の「終戦記念日」を迎えて、今年も靖国神社に参拝してきました。生憎朝から台風の影響で雨模様でしたが、九段下に着くと雨も上り九段坂から大鳥居まで今年も多くの参拝客で大変な賑わいでした。参道脇の慰霊碑の前では、参拝客が集い君が代斉唱の後、懐かしい「月月火水木金金」、「同期の桜」などを合唱していました。神門前では、台湾民政府の代表の皆さんが日の丸を掲げて整列し、多くの参拝者から大きな拍手が送られていましたが、本国の中国とは大違いで香港での騒動に怒りが現れていたようです。神門から拝殿まで多くの参拝客の長い列が出来て参拝まで約20分を要する状況でしたが、外国人の姿も多く見られました。戦後74年を経ましたが祖国を想いこの国を守るために命を捧げられた英霊のお蔭で、現在のこの国の平和があることに想いを馳せ...終戦記念日~靖国神社参拝

  • 座間歴史散歩

    座間谷戸山公園を散策後、座間の湧水と歴史の里をブラ散歩してきました。谷戸山公園の伝説の丘にあった観音堂が移された「星の谷観音」(星谷寺)は、坂東三十三観音霊場の第八番札所に当たる霊場で、仁王様が迎えてくれました仁王像の横には、国の重要文化財に指定されている関東では2番目に古い800年前に造られた梵鐘が見られましたが、鐘を突くことはあるのでしょうか?本堂前には、名物の大銀杏や宝篋印塔など多くの重要文化財が見られますが、霊場の雰囲気は感じられませんね(笑)「心岩寺」へ向かうと境内の奥の丘の下から大量の水が湧いていて二つの池も趣のある光景が見られます散策ルートに従い進むと、座間の鎮守様と言われる「鈴鹿明神社」に参拝していました。約1300年以前に創建されたそうで鈴鹿の森など由緒ある縁起も数々残されている古刹でした境内...座間歴史散歩

  • ブラ散策~座間谷戸山公園

    座間ひまわり祭を見た後、座間の谷戸山公園を散策してきました。谷戸山公園は、座間丘陵地帯にある広大な里山の自然森林公園で、園内は田んぼを中心とした「里」と雑木林に覆われた「山」、わきみずや湿地・池のある「水辺」の3つの風景が見られ、夏の絶好のジョギング・コースとなっています。公園の西入口には、長屋門が立ち府中街道の名残を感じる光景が残されています「里山体験館」にも、いろりやかまどなど昔の農家の雰囲気が感じられ軒下には、珍しい瓢箪が育っていました体験館の前には、田んぼなどの湿性生態園と水鳥の池が繋がり、多くの子ども達が集いザルガニ獲りを楽しんでいます。水鳥の池の奥のサンクチュアリには、サギの姿も見られます水鳥の池から急坂の散策路(大坊・里の道)を上った「伝説の丘(本堂山」は、府中街道の一部で、かつて星谷寺(星の谷観...ブラ散策~座間谷戸山公園

  • 座間ひまわりまつり

    夏本番を迎えて夏の花「ひまわり」が満開となり、関東随一の規模である「座間ひまわりまつり」が始まり花見ポタリングしてきました。相模川サイクリングロードを走り、相模三川公園で一休みでしたが、鳩川では子ども達が水遊びし、川の畔には多くのテントが張られお盆休みを楽しむ光景が見られます。三川公園からさらに相模川サイクリングコースを約10分走り、四谷会場に到着今年も四谷エリアと座間エリアで約55万本のひまわりが大きく茎を延ばしてひまわり畑は黄金の絨毯を敷いたような空間が拡がっています。大空間には、ひまわり迷路が出来ており、迷路に入ってみると、方向感覚を失い彷徨いひまわりまみれになっていましたね畑の西側から見ると、ひまわりは回れ~右してどの花も東を向いており、ひまわりは太陽を向いて咲くと言われますが、満開のひまわりは成長も止...座間ひまわりまつり

  • 学校プール開放

    夏休みに入り地域の小学校のプールの開放中で、今年も管理指導員として開放事業に従事していました。今年も猛暑が続きプールには多くの藻が発生し、オープン前に藻の除去など清掃に追われプールの塩素濃度やPHなど水質管理を行い無事オープンにこぎつけました。心配された光化学スモッグの発令も無く気温も約36・水温32度となって温水プールでしたが、お盆休みで戻ってきた子ども達の姿もあり家族連れで賑わいでした。大きな浮き輪やボール遊びで子ども達にとっては、夏休み最高の楽しみだったようです。先に管理指導員講習会で学んだ管理業務の水質管理や救命措置の確認を行いながら子ども達の動きに注目し緊張の連続でしたが、日頃顔見知りの子ども達の楽しい動きを確認しながら監視業務に専念していました。午後には来訪者も減少しましたが、天候も雲もかかり炎天下...学校プール開放

  • ぶらりジョグ~富士見ラン

    久し振りに快晴の朝となり、マイコースの芙蓉カントリー周辺から富士見ファームの田園地帯を朝ランしてきました。早朝のゴルフ場では、ゴルファーの姿も無く緑豊かな美しいグリーンが拡がり、グリーンを眺めながら赤羽根の富士見ファームへ向かいます富士見ファームに着くと名前通りファームの先には夏の富士山が望め、噴火しているように頂上に雲の帽子を被った絶景が見られました。富士を眺めながら緑一面の田園地帯を一回りすると、実り始めた稲穂を多くの案山子が見守っています。珍しい美女案山子も見られましたね美女案山子の近くには、多くの雀たちも逃げずに近寄っていましたよ(*^_^*)散歩ロードでは、5匹の朝散歩するワンちゃんも楽しそうでした田園地帯の一角には大きなひまわりの花も茎を延ばして彩りを添えています。宝積寺の山門前には愛らしい夫婦地蔵...ぶらりジョグ~富士見ラン

  • ピカチュウ大量発生チュウ in みなとみらい

    夏休み恒例のイベントの「ピカチュウ大量発生チュウ」が今年も横浜みなとみらいで始まりました。ことしは、夜の開催となり、みなとみらいの夜に約2000匹のピカチュウが臨港パークやクイーンズスクエア、グランモール公園などに大量に発生していました。桜木町駅前には、巨大なピカチュウが並びインスタ映えスポットとなんています。ランドマークの吹き抜けに吊るされた大きなピカチュウが迎えていました今年は、会場が分散していましたが、臨港パークのみなとみらいの森では、多くの観客が会場を埋め尽くしてピカチュウの発生を待っていて大混雑でした。森の木陰からピカチュウがやく50匹が現れ史上最大のダンスパフォーマンスが披露され、そのエレガントなダンスに凄い~スゴイネ~と歓声が飛んでいましたメイン会場のグランモール公園の横浜美術館前では、美術館の壁...ピカチュウ大量発生チュウinみなとみらい

  • 鎌倉八幡宮ぼんぼり祭

    立秋を迎え暑い日が続きますが、鎌倉の夏の風物詩「ぼんぼり祭」の中日の「立秋祭」に行ってきました。境内の参道には、多くの参拝客で大変な賑わいとなっており、大小約400個のぼんぼりが並びファンタジックな雰囲気に包まれています大石段から本宮にかけてもぼんぼりの灯りやライトアップされて独特の光景が見られました舞殿では、日本舞踊が奉納されており、大石段は観覧席となっていましたね石段上から眺めでは、舞殿から参道、段蔓へ延びる光みちの素晴らしい夜景も見られます本宮の楼門もライトアップされて垂木や欄干の端など至るところに三つ巴紋が施されています本宮に参拝後、鎌倉にゆかりのある著名人が揮毫した「ぼんぼり」を涼感を感じながら観ていました本宮近くに設置されていた中島千波さんの画が描かれた「ぼんぼり」です毎年観られる養老孟司さんの「ぼ...鎌倉八幡宮ぼんぼり祭

  • ぶら散歩・江の島灯篭

    江の島の夏の風物詩である「江の島灯籠」が始まり、島内に1000基の灯籠が光輝く光景を見てきました。江の島片瀬海岸に着くと、今年も猛暑が続く中で多くの海水浴客で大変な賑わいとなっていました陽が沈むと江の島の各所に設置された灯籠に灯りが灯され、サムエルコッキング苑では、江の島に伝わる天女や五頭龍が描かれた回り灯籠などが浮んでいました。苑内には貴重な植物が見られますが、一昨年咲いたアオノリュウゼツランが大きな葉を延ばし珍しい光景が見られますまた、ソテツの大木も数年に一度咲くと言われる花が咲き始めています。大きな花壇には、夏の花の桃色吐息(ペチュニア)やサンパチェスの花が乱舞しています。茎が密に叢生した独特の姿のタイミンチクです苑内の周り燈籠の灯も輝きを増してきましたサムエルコッキング苑から亀ヶ岡広場へ向かうと、100...ぶら散歩・江の島灯篭

  • 湘南海岸サンセットシーン

    夏本番の快晴となり、湘南の夜景スポットである江の島サムエルコッキング苑で夏のサンセットシーンの美景を見てきました。江の島灯籠祭も始まり、江の島神社へ向かう参道には多くの観光客の姿が見られ、夏の湘南海岸の夜景散歩で賑わいでした。江の島の最高点の亀ヶ岡広場に着くと、夕暮れも迫りシーキャンドルや湘南海岸のパノラマ風景が見られました。江の島の絶景ポイントのサムエルコッキング苑に入ると、マイアミ広場からは江の島ヨットハーバーや片瀬海岸、鎌倉海岸、葉山方面が眼下に拡がり、暑さを忘れる絶景でした。サンセットテラスでは、雲も無く富士山や箱根連山、大山、丹沢連峰、三浦海岸を望む大パノラマが拡がり、期待以上の素晴らしい風景が見られ、海風を受けながら夕陽が沈むサンセットを待ち一休みでした6時過ぎから西の空が赤く染まり始め、ダイヤモン...湘南海岸サンセットシーン

  • 第9回 龍の口竹灯籠

    湘南の夏の風物詩の龍口寺で「龍の口竹灯籠」が開催されました。龍口寺の仁王門から境内の五重塔まで広い境内に約5000基の竹灯籠が灯り、幻想的な世界が創られていました。仁王門からの多くの画が描かれた灯籠が置かれた階段を登り、素晴らしい彫刻に飾られた山門をくぐると、本堂前の広場には無数の竹灯籠の灯りが揺らめきライトアップされた本堂と五重塔が輝き、幻想的な世界が演出されています。本堂もライトアックされて本堂内では、太鼓演奏や盆踊りが披露されて参拝者で埋め尽くされています。(撮影不可)本堂脇には「令和」や「2019年」の灯籠文字が描かれて、インスタ映えスポットでしたね青竹の中には、蝋燭の灯が揺らめき心温まる雰囲気が漂っています本堂奥の五重塔へ向かう参道も灯籠が並び、五重塔は濃い桃色に輝き荘厳な雰囲気となっていました塔内は...第9回龍の口竹灯籠

  • 第21回 世界一大きい金魚すくいゲーム

    猛暑が続く夏本番となり藤沢市の夏の風物詩である「世界一大きい金魚すくいゲーム」が、藤沢の銀座通りで開催されました。金魚すくいゲームは、これまで水槽の長さでギネス記録に認定されており、今年も63mの水槽に約3万匹の金魚が泳ぎ回っており、多くの金魚ファンの家族連れで大変な賑わいが見られました会場では、多くの屋台が並びミニSL列車も走り大行列が出来ています金魚すくいゲームが始まる前には、水槽前には金魚をすくう道具の「ポイ」を手にした子ども達が金魚の泳ぎ回る光景を見ながらそのすくい方をどうするか考えているようです(笑)すくいゲームが始まると一斉に「ポイ」を入れて金魚たちを追いかけていましたが、金魚たちも簡単には捕まらないぞ~逃げ回り、あっと言う間にポイが破れて泣く子も見られ、簡単ではないようですね約20匹すくった子は、...第21回世界一大きい金魚すくいゲーム

  • 地域夏祭り・盆踊り大会

    夏休みに入り恒例の地域の「夏祭り」を地域の社会体育振興協議会と各自治会・町内会との共催で小学校校庭で開催しました。朝から猛暑となっている中で、早朝から舞台や飾り付けなど会場の設営に追われ、午後からは各自治会・町内会による模擬店の設営など熱中症の心配をしながら準備に追われていました。今年も地域の12の自治会・サークルの協力を得て焼き鳥や焼きそば、生ビール、カキ氷やヨーヨー、輪投げコーナー、お菓子すくいなど子ども達の人気店を準備し、どの模擬店も大変な人気を呼んでいました。祭は、地域のエレキバンドの演奏に始まり、地元の伝統文化の太鼓保存会の演奏など、祭ムードが高まっていました。途中、巡回訪問されていた市長が登壇されて、地域の繋がりによる活性化や一年後に迫った東京五輪2020で開催されるセーリング会場に向けて、我が街ふ...地域夏祭り・盆踊り大会

  • スイミング

    夏本番を迎えて市の秋葉台公園プールで今シーズン初のスイミングに挑戦してきました。夏休みに入り屋内プールも屋外の流れるプールも家族連れで大変な賑わいとなっています。一方、50mプールでは、平日でしたので期待以上に空いており、トライアルコースで泳ぎ込みのラッキーチャンスでした。プールで暑さをしのげるかと思いきや連日の猛暑で温泉プールのように温水となっていました。マイペースでゆっくり泳いでいましたが、一往復100mに5分以上かかり体力の衰えは隠せずアップアップしながら息が上がり大変でした。途中の休憩タイムをはさみペースを上げてみましたがトライアルコースを往復し、2時間で50m×22本で1100mが限界でした。屋外の噴水広場やせせらぎプールでは、さらに子ども達が増えて夏休みを楽しむ光景がみられます。プールを出て公園内を...スイミング

  • スイミング

    夏本番を迎えて市の秋葉台公園プールで今シーズン初のスイミングに挑戦してきました。夏休みに入り屋内プールも屋外の流れるプールも家族連れで大変な賑わいとなっています。一方、50mプールでは、平日でしたので期待以上に空いており、トライアルコースで泳ぎ込みのラッキーチャンスでした。プールで暑さをしのげるかと思いきや連日の猛暑で温泉プールのように温水となっていました。マイペースでゆっくり泳いでいましたが、一往復100mに5分以上かかり体力の衰えは隠せずアップアップしながら息が上がり大変でした。途中の休憩タイムをはさみペースを上げてみましたがトライアルコースを往復し、2時間で50m×22本で1100mが限界でした。屋外の噴水広場やせせらぎプールでは、さらに子ども達が増えて夏休みを楽しむ光景がみられます。プールを出て公園内を...スイミング

  • アートアクアリウム・2019~江戸・金魚の涼

    日本橋三井ホールで開催されている「アートアクアリウム」を観てきました。今回は「江戸・金魚の涼」をテーマに江戸時代に庶民に定着していた金魚をベースにアートとアクアリウム(水族館)が融合したアート水族館として約1万匹の金魚が巨大な金魚鉢で泳ぐ大アートでした。会場に入ると、巨大金魚鉢が並び光と音で幻想的な空間が出来ています巨大なガラスのアクアリウムには、赤・青・黄・緑の光が当てられ水槽内を美しい金魚たちが泳ぎ回り、正に生きるアートとなっています。巨大な金魚鉢の中を多くの女性が美を競い合いながら妖艶に泳ぐ様を表現した「大奥」です江戸の花街の迫力ある美を表現した「超花魁」七色のライテイングで花魁の華やかさも別世界に変わりますメインのアクアリウムの周りの水槽にも鮮やかな金魚たちが美しく泳ぎ回っています色とりどりの水槽に身を...アートアクアリウム・2019~江戸・金魚の涼

  • 現代書道・欅会17人展

    先日、現代書道の会「欅会17人展」が銀座で開催され、知人の作品などを観賞してきました。会場には、多くの書道愛好者が観覧されており、知人や出展者との賑やかな交流が見られました。会の代表者の「切磋琢磨」と書かれた大作で、台紙の上に墨が飛び跳ねるような躍動感満ちた作品でした。前代表者の遺作「俺も眠ろうるるりりりりるるりりりり・・・・・」や「蛍飛ぶこのたまゆらの刻惜しむ・・・」と書かれた流れ走る書体や、太字書「一刻」の大作に魅せられていました。「デイライト夜霧を払いた花は蘇るひまわりように~待とうよ夜明けのかなたから現れる明日を・・・・」と書かれた特殊な筆の運びの作品です「ホタルは青い流れ星空から落ちた流れ星・・だからホタルはもう一度空へかえろうと・・・・」と書かれた薄墨が流れるような書体に感動でした。「山々の夏の目覚...現代書道・欅会17人展

  • 遊行の盆・遊行寺大盆踊り大会

    「遊行の盆」の最終日は、会場を遊行寺境内で多くの市民が集い「大盆踊り大会」が行われ、大変な賑わいでした。提灯が飾られた冠木門の惣門(黒門)からいろは坂を登ると、境内はお祭りムード一色に包まれています勇壮な木遣り隊の木遣り歌に始まり開会式が行われ、遊行寺の他阿上人から「健康寿命日本一を目指して楽しく踊りましょう~」と呼びかけられ参加者全員で「えいえい~オー~」と気勢を挙げていました。踊りの最初は、キュンとする街藤沢の踊り”キュン音頭”に始まり、遊行ばやしや炭坑節、東京音頭、きよしのズンドコなど日本を代表する盆踊りが続き踊りの輪が幾重にも拡がり大盆踊り大会となっていました。地域の子ども踊り会の素晴らしい踊りも大人気でしたね前半の終わりには、「日本三大盆踊り」の西無音内盆踊りと阿波踊りの夢の競演が披露され大興奮の状況...遊行の盆・遊行寺大盆踊り大会

  • 第14回 藤沢宿・遊行の盆

    夏本番を迎えて湘南の夏の風物詩である「遊行の盆」が、藤沢宿の遊行寺を中心に開催されました。時宗の開祖の一遍上人が念仏を唱えながら全国各地を遊行した「踊り念仏」が盆踊りの起源の一つと言われ、藤沢の片瀬で踊った「踊り念仏」から遊行寺は盆踊りの故郷として毎年「遊行の盆」が盛大に行われています。恒例の遊行ばやしコンテストでは、遊行通りで市内の踊りサークル・団体など26チームが参加し、チームワークや衣装、パフォーマンスを競い合い、踊り手と観衆との交流で大変な盛り上がりでした。遊行ばやし踊りは、踊り念仏をモチーフとして創られ、湘南の海のように活気漲ったお囃子に爽快な踊りが続きます。「湘南江の島海の女王&王子」を先頭に、市議会議員連と続き、踊りや華やかな衣装にも拍手が飛んでいました我が地域の体操キッズとファミリーの踊りも人気...第14回藤沢宿・遊行の盆

  • ぶら散歩~真鶴半島・三ツ石海岸

    貴船神社の貴船まつりの海上渡御が中止となり、貴船神社から真鶴半島の先端にある真鶴岬の三ツ石海岸など半島を一巡りしていました。貴船神社の宮前には、過って源頼朝が石橋山の戦いに敗れた時に隠れていた岩屋の洞窟「しとどの窟」が、今も保存されていました。覗いて観ると現在はそれほど奥行はありませんが、当時は、100m以上あったようで貴重な歴史スポットとなっています。洞窟側には、頼朝を祀る頼朝観音が鎮座しています貴船神社の宮前からダイビング発祥の地として名所である琴ケ浜海岸の遊歩道をジョグっていましたが、人影も少なく静かな相模湾風景でした琴ケ浜海岸から灯明山への急坂を上り降りして「ケープ真鶴」に着くと、江戸時代末期に海上防備のために築かれた「幕末の台場(砲台)跡」が残されています。台場からは、眼下に三ツ石海岸の真鶴岬が望めま...ぶら散歩~真鶴半島・三ツ石海岸

  • 真鶴・貴船祭まつり 2019

    台風接近で開催が心配された日本三大船祭りの一つ「真鶴・貴船まつり」開催されました。貴船まつりは、豊漁や無病息災などを祈願する神事として350年以上の伝統を誇る海の祭礼で、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。会場の真鶴港に着くと、今年も台風による影響を懸念して残念ながら海上渡御は中止となり、港には豪華絢爛の東西の小早船や櫂伝馬船が並んでいます小早船の屋形および船の周りには豪華な色とりどりの装飾が飾られていますが、海上渡御では船体を大きく左右に揺すさぶりながら方向転換し進むためその操船が非常に難しいそうで、昨年に続き今年も海上渡御が中止となっていました海上渡御して渡る予定だった真鶴港の宮本のお仮殿が望めます貴船神社へ向かい鳥居から石灯籠が両脇に並ぶ清めの石段と言われる108段の階段を上り拝殿へ向かいます拝殿...真鶴・貴船祭まつり2019

  • 夏休み・子ども遊びウイーク 2019 (2)

    夏休みに入り放課後児童教室の「遊びウイーク」の後半の4日目は、「ギネスに挑戦しよう」を合言葉に、「ボーリング大会」、「輪投げ」で日頃経験したことない体験をしながら、点数を競い合い喜怒哀楽が見られました。ボーリングでは、野球のように力一杯投げてもボールが思わぬ方向へ飛んで的外れし、夫々の成果に喜怒哀楽が見られました。輪投げでも学年を問わず点数の結果が分かれて、ギネスへの登録は成りませんでしたが、相互の勝ち負けとゲームの楽しさを実感していたようです最終日の5日目は、「紙コップを使っておもちゃを作ろう・・・」をテーマに、手作りでけん玉とピンポン飛ばしに挑戦していました作品には、子ども達の思い思いの画を描いたりカラーテープを張ったりして約1時間で期待以上の出来栄えで完成し笑顔が溢れていましたね~完成後は、参加者全員でピ...夏休み・子ども遊びウイーク2019(2)

  • 夏休み・子ども遊びウイーク 2019

    子ども達が楽しみにしていた夏休みに入り、放課後児童教室も夏休み期間中はお休みとなりますが、初めの一週間はスペシャル企画として恒例の「夏休み・遊びウイーク」として、地域の各サークルやボランテイアの支援を受けて始まりました。地域の子ども教室「こいとっ子」は、昨年創立10周年を迎えましたが、学校の空き教室を活用し子どもたちの放課後の居場所を提供して様々な体験活動や地域住民との交流活動等を推進しています。初日は、約80人の子ども達が集まり、地域の交通安全協会の協力を得て交通安全を如何に保つかをテーマに「大型紙芝居」を行い、”交通ルールを守ろう”、”飛びだし注意”など命を大切にするための注意事項を紙芝居を通じて説明を受け、紙芝居の話を真剣な眼差しで聞きながら、通学時などの事故の怖さを確認していました紙芝居の後は、地域のサ...夏休み・子ども遊びウイーク2019

  • ぶら散歩~赤レンガパーク

    横浜大桟橋から赤レンガパーク・新港中央広場の横浜の歴史スポットをブラ散歩してきました。赤レンガ倉庫では、日本ビール発祥の地としてキリンビール誕生130周年記念の「#カンパイ展」が開催中で、ビールの歴史を観ながら乾杯を味わっていました「GoodLuckwithYourLife」コーナーには、豪華な祝賀テーブルが設置され、「GoodLuck泉」では、幸せムードで盛り上がっています「インタラクテイブ・ウオール」では、壁に描かれた絵に触れるとビールの歴史が表示されて、日本のビールの歴史が示され、壁一面に懐かしいビール瓶が陳列され、乾杯ムードを楽しんでいました乾杯ムードに酔いしれて赤レンガパークへ出ると、蔦に覆われた四阿が多く見られ夏本番の珍しい光景が見られます赤レンガ倉庫二号館の西側には、約100年前に存在した税関事務...ぶら散歩~赤レンガパーク

  • ブラ散歩~みなとみらい21

    横浜スタジアムで高校野球観戦後、みなとみらい21エリアをブラ散歩していました。横浜大桟橋へ向かう途中、開港記念会館(ジャック塔)、神奈川県庁(キング塔)など横浜開港の歴史を刻む洋風建築が見られます。ジャック塔の時計台には、これまで何度か塔内に入りましたが、八角ドームと赤レンガ建築は、横浜を代表するタワーとしてその景観は、描きたいモチーフとして魅力たっぷりです。キング塔の耐震工事も終わり、昭和期の代表的な洋風建築でその重量感がある外観は日本を代表する建築となっています。内部には、多くの装飾も見られ、極楽の花の宝相華があしらわれた装飾灯がエントランスの階段に飾られています。キング塔から横浜大桟橋へ向かうと、大型客船「飛鳥Ⅱ」が入港していました。飛鳥Ⅱ号は、全長約240m、総トン数5万トンのクルーズ客船で高層ビルが着...ブラ散歩~みなとみらい21