searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

獅子丸のモノローグさんのプロフィール

住所
北区
出身
東区

男は黙ってアクアブルー

ブログタイトル
獅子丸のモノローグ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/shishimaru41
ブログ紹介文
☆気まぐれ不定期コラム☆
更新頻度(1年)

416回 / 365日(平均8.0回/週)

ブログ村参加:2014/09/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、獅子丸のモノローグさんの読者になりませんか?

ハンドル名
獅子丸のモノローグさん
ブログタイトル
獅子丸のモノローグ
更新頻度
416回 / 365日(平均8.0回/週)
読者になる
獅子丸のモノローグ

獅子丸のモノローグさんの新着記事

1件〜30件

  • チャロ君、お薬をチェンジ。

    いつものように、のほほんと過ごす、チャロ君。次女からのプレゼントであるおニューのおもちゃに、興味津々。さっそく、かみかみして遊んでいた(^^)しかしながら・・・9月14日以降の彼は、夕食後の夜から朝にかけて、ほぼ毎日嘔吐するようになってしまった。脚のレントゲンを撮った際に処方された「痛み止め」と「抗生剤」が、ひょっとして強すぎるのか、合っていないのかも・・・と、我々一家は思うに至った。なので、動物病院での診察日である9月19日。その件について、相談してみることに。相変わらず、診察前の待合室では、ぶるぶるぶるぶると震えの止まらない、病院嫌いの、彼。その表情も、実に不安気である。そして、まずは足の指の診断の結果。腫れはやはりひいておらず、ひょっとしたら、それは「単なる打撲」ではない可能性もあるとのこと。つまり「悪性...チャロ君、お薬をチェンジ。

  • 「バロンドールカフェ」の「ちょい辛!豆乳担々麺」

    妻との協議が調い、4連休初日は、お外でラーメン🍜「バロンドールカフェ」に入店したのは、12時09分のこと。店内は数組のお客さんで、賑わっていた。我々夫妻のターゲットは、昨年食べて実においしかった「ちょい辛!豆乳担々麺」。これが今年も、期間限定として、登場したのだ。しかもお値段も、通常サイズで税込650円と、実にリーズナブルである12時11分。座席を決めた後、まずはお支払い。このお店は「先払い」なのだ。私は「ちょい辛!豆乳担々麺中サイズ」(650円)を。妻は「同小サイズ」(550円)を、それぞれチョイス。待つことしばし。その担々麺が運ばれてきたのは、12時42分だった。中太の、ウェーヴの緩い、その麺。茹で加減もあんばいよく、もちぷり!噛み応えものど越しも、フィール・ソー・グッドである◎豆乳みそスープは、ミルキィな...「バロンドールカフェ」の「ちょい辛!豆乳担々麺」

  • 「いってらっしゃいおかえりなさい」の「札幌カレーらーめんXX(ダブルエックス)」

    あいの里教育大駅のすぐ前に、新しいラーメン屋さんが開店していた。その名は「いってらっしゃいおかえりなさい」。「札幌カレーラーメン」の幟も気になるところだが・・・「らーめん・焼き鳥」の看板も気になる。気になったので、休暇をいただいていた金曜日の午後1時04分。意を決してそこに入店した。13時06分、カウンター席に着席。店内に置かれていた幟によると、麺は「小林製麺」を使用している模様。いまでは並ぶ店となってしまった「麺やけせらせら」と同じ製麺業者である。この点で、私の期待は、沸点に達する。私は、このお店のフラッグシップと思われる「札幌カレーらーめんXX(ダブルエックス)」(税込980円)をオーダーすることに。そして13時11分。それは極めてリーズナブルな待ち時間で、供された。白髪ねぎ・ワカメ・メンマで形作られたマウ...「いってらっしゃいおかえりなさい」の「札幌カレーらーめんXX(ダブルエックス)」

  • 秋分の日のバードウォッチング '20.09.22

    4連休最終日の、秋分の日。私は、例によって、本年より開始した休日レジャーである「バードウォッチング」にでかけた。その日の第1探鳥地である「あいの里公園」に着いたのは、8時25分。8時28分。松の木のてっぺんでさえずっていたのは、微妙なトサカのある「ヒガラ」さん。ちょこまかちょこまかと動く、元気印の小鳥さんである。8時30分には、公園内の「トンネウス沼」の定番鳥である「バン」さんが、ハスの葉の上で休息していた。そして、8時36分。これまた、バーモントカレーのように偉大なる定番の、「マガモ」さんたちが、河畔で休息していた🦆陸上で、準備運動というか体操をしていたこのカモさんたちは、どう表現しても、愛くるしいとしか言いようがない(^^)8時42分。孤高の皇帝「アオサギ」さんは、いつものように「トンネウス沼」に君臨。この...秋分の日のバードウォッチング'20.09.22

  • 半額ハンター:国内産 鶏レバー串

    いつものスーパーにて。「国内産鶏レバー串」が半額処分されていたので、自称「半額ハンター」の私は、迷うことなく購入。フライパンで焼き上げ、夜のおやつとして、いただくことに。23時18分。フライパンをしっかり熱したのち、「弱めの中火」で、調理開始。23時28分。半額処分品だけに、火をしっかりと中まで通すため、弱火にしたうえで、フライパンにフタをする。23時34分に、鶏レバーは、このように焼きあがった。イイ意味での「もっさりとした食感」が、ノンアルコールビールを進ませる。今回は「塩こしょう」で食したのだが、やはりこの「鶏レバー」には、「タレ+ブラックペパー」の方が、似つかわしかったかもしれない。次回は、そのようにして、いただきたい🐔半額ハンター:国内産鶏レバー串

  • ラッキーガラナ

    同僚さんより函館みやげにいただいた、「ラッキーガラナ」。休肝日のドリンクとして、たしなませていただいた。販売者は、函館といえばいわずもがなの「ラッキーピエロ」。そして製造者は、「日本アスパラガス」という、斬新なネーミングの企業である。「ガラナ」という清涼飲料水は、北海道以外にお住まいの方には、なじみが薄いかもしれない。ざっくりといえばそのお味は、「やや酸味のあるコーラ」。その酸味と甘みの融合が、まさにデリーシャスなのだ。スッキリと心地のいい夜を、過ごさせていただきましたああ、函館の夜景、また観にいきたいなぁ・・・ラッキーガラナ

  • あいの里公園でマガモウォッチング '20.09.21

    敬老の日。空き時間を利用して、私はバードウォッチングに出かけた。場所は、いつもの「あいの里公園」である。15時36分。園内の「トンネウス沼」には、いつものように「マガモ」さんがいた🦆くちばしが黒っぽいので、この方はおそらく♀だと思われる。マガモさんは、たいていの場合、沼にくちばしを入れて水を飲んでいる。水ごと吸い取ったエサをこし取って食べているのだそうだ。15時38分。数羽のマガモさんは、沼の周りの柵から外に出て、公園内の通路を闊歩していた。芝生で、しきりにエサを探している模様。このカモさんたちは、人間をあまり恐れていないようで、私がすぐそばまで近づいても、まったく逃げようとしなかった。それとも、エサ探しに夢中だったからかな・・・どちらにしても、めんこい鳥である(^^)15時44分。クルマトンボ(ノシメトンボ)...あいの里公園でマガモウォッチング'20.09.21

  • センターホイールキャップ、新調🌞

    私が愛読するブログ「男子のこだわり」さんの記事を見て以来、新調を熱望していた、マイレガシィの「センターホイールキャップ」。この度、紆余曲折がありながらも、その商品の入手に、ようやく至った。「男子のこだわり」さんは、そのセンターホイールキャップを、「ちいさなクルマ専門店ウイウイ練馬」で購入したのだと、教えてくれた。まことに、ありがとうございますm(__)mその素晴らしい情報より、同じ商品を注文したのは、9月7日のことでありました。そして9月17日。ご注文の品が、私の元に届いた\(^o^)/部品自体は、「東京スバル㈱立川店部品課」の在庫品であった模様。「ちいさなクルマ専門店ウイウイ練馬」さんの「ごあいさつレター」に、ココロは、ほっこりと和む(^^)発泡のシートに包まれて届いた、六連星ホイールキャップ。なにかスケスケ...センターホイールキャップ、新調🌞

  • トンネウス沼でバードウオッチング '20.09.20

    日曜の朝、8時31分。私は、例によって、「トンネウス沼」に居た。例によって、「鳥さん観察」のためである。8時33分。まずは定番の「マガモ」さんの姿に、ココロ癒される。8時37分。健やかに成長している「バン幼鳥」ちゃんの姿に目を細め・・・8時43分。この沼に孤高に君臨する「アオサギ」さんに、最敬礼。なぜか、アオサギさんは、ココでは必ず1羽で、複数で居るのを見たことがない。なにかテリトリーというか、彼らの中でも棲み分けというか縄張りがあるのかもしれない。8時45分。まるで親子のように視線を交わす、「マガモ♂エクリプス」くんと「バン幼鳥」ちゃん。羽色は地味だが、くちばしが淡いイエローなので、このコは非繁殖期の♂なのだ。8時50分に撮影したのは、「バン」の親鳥さん。この「トンネウス沼」での定番野鳥は「マガモ」「アオサギ...トンネウス沼でバードウオッチング'20.09.20

  • さんまを焼く。

    近所のスーパーにて「さんま」を購入。昨今、さんまの不漁が伝えられている中、その価格は1尾139円。妻によると、安い時は、1尾39円ほどで購入できたというのだが・・・それでも、今のところは。絶対的には、まずまずリーズナブルなお値段ではある。さて、その日は私が夕食当番。我が家のかしこいIHクッキングヒーター「パナソニックKZ-T363S」を用いて、「生・姿焼き」モードにて、22分間のオート調理。そして、さんまは。ごらんの通り、イイあんばいで焼きあがった。「大根おろし」を添えるのは、お約束である。やや脂の乗りは悪かったものの。やはりこの魚のお味は、偉大なるスタンダード。ちょっと苦みのある内臓を、大根おろしで中和しながらいただくのも、また、オツである。秋の味覚で、かつ、庶民の味方であった、さんま。「それが喰えなくなる日...さんまを焼く。

  • あいの里公園でバードウォッチング '20.09.18~19

    休暇をいただいていた、9月18日。所用を済ませた後、私は例によって、バードウォッチングに出かけた。探鳥地は、例によって、「あいの里公園」である。14時07分。最初に撮影した鳥さんは、木のてっぺんでしきりにさえずっていた「シジュウカラ」さんである。14時25分。「トンネウス沼」に目をやると、立派に成長した「バンの幼鳥」ちゃんが、回遊していた。背中の羽根が、まるで「ガラコ加工したクルマの窓」のように撥水しているのが確認できる。しかしながら。観察コンディションは良くなく、14時半にはけっこうな勢いで、雨が降ってきた。なので私は、「東屋」に退避。14時38分。そこから撮影したのは、「マガモさん一家」。雨をものともせず、彼らはトンネウス沼を、マイペースでのほほんと回遊していたのでありました🦆そして14時49分。コンディシ...あいの里公園でバードウォッチング'20.09.18~19

  • 麒麟特製 豊潤レモンサワー~追いレモン濃い味仕立て~

    コロナ禍で、外出自粛中の、食欲の秋。なので、ちょっと変わったお酒を、おうちでたしなんでみることに。そこで購入したのが、期間限定商品の「麒麟特製豊潤レモンサワー~追いレモン濃い味仕立て~」。実売価格は、コープさっぽろで、税込106円だった。「レモンの豊かな濃い味わい。レモンのうまさにこだわる麒麟の特製サワーです。」が、そのプロフィール。濃厚ながらも後味スッキリのレモンライム味が、シャワーのように口中を潤す。甘からず酸っぱからずの、絶妙なテイストコントロールが演出する、週末の贅沢。ビタミンC補給でヘルシー気分の、プレミアムな晩酌でありました麒麟特製豊潤レモンサワー~追いレモン濃い味仕立て~

  • 増毛産 生しまえび&妻特製 ローストビーフ

    週末の買い出しのスーパーにて。「増毛産生しまえび」なる、魅惑の食材を発見「北海しまえび」は通常ボイルされて売られており、生食での販売は、なかなかレアである。なので、迷うことなく、お買い上げ。そして、日曜日。それをメインに、豪華晩餐の開宴である。そのルックスから、瑞々しさが伝わってくる🦐「ぷりん」としながらも「きゅっ」として。甘みとともに潮の味が、口中にじんわりと拡がるそれに加えて。なんと、妻特製の「ローストビーフ」が、畳みかけるように食卓に登場これまた、しなやかで、やわらかで🐮赤ワインベースのソースが、プレミアム感を際だたせる。贅沢すぎる至福のディナーに、涙がちょちょぎれた、私なのでありました増毛産生しまえび&妻特製ローストビーフ

  • 半額ハンター:北海道高原牛&飛騨牛で、すきやき競演。

    土曜の朝。いつものようにスーパーに買い出しに行ったところ、すきやき用の牛肉が、半額で売られていた。自称「半額ハンター」である私は、妻に購入を懇願し、めでたくそれは了承された🐮ひとつは、しっとりとした赤身の、「北海道高原牛」🐄そしてこちらは、「サシ」が目に眩しい、「飛騨牛」である🐂当然ながら、その日の夜は「すきやき」。「わりした」は、「柿安」が我が家の定番である。ごま油を熱し、まずは長ネギ・しらたき・豆腐を焼き、わりしたを加えて、水菜をトッピング。そして、主役のお肉が、満を持して登場。👆の左が「北海道高原牛」で、右が「飛騨牛」である。まずは「北海道高原牛」から、いただいた。そのお肉の繊維は、もっちりと、かつしなやかで、実に旨し続きまして、「飛騨牛」。つややかな輝きを放つ、その脂身その脂身は、とろけるような柔らかさ...半額ハンター:北海道高原牛&飛騨牛で、すきやき競演。

  • チャロ君、レントゲンを撮る。

    チャロ君の、月1回のお洒落タイム「トリミング」。黄色いバンダナを締めてもらい、のほほんと落ち着いた表情である🐶そんなチャロ君だが。トリミングショップのトリマーさんから、「左足の指が腫れてますね。病院で診てもらったほうがいいですよ」との指摘を受けた。その部分は、一度診察はしてもらっていたのだが・・・一家で協議の末。先日、動物病院でもらった痛み止めも、ちょうど切れていたことから、やや設備の整った別の動物病院にて、セカンドオピニオンを受けることに。診察を待つ間。ぶるぶるぶるぶると震えの止まらない、病院嫌いの、彼。レントゲン検査の結果。左から2本目の指が、明らかに腫れている。骨折はしていないものの、どこかにぶつけたか、可能性は低いが「悪性の腫瘍」であることも、100%否定はできないとの診断であった。なので、「痛み止め」...チャロ君、レントゲンを撮る。

  • マルちゃん やきそば弁当 小樽あんかけ風

    基本的に、ウイークエンドは、「カップめんランチ」というのが、私の小学生時代からのならわしである。今回のチョイスは、マルちゃんの「やきそば弁当小樽あんかけ風」。9月12日に、コープさっぽろで、税込107円で購入した品だ。憶えている方は少ないかもしれないが、実は10年前にも、似たようなコンセプトの製品がリリースされている。商品名に「小樽」を加えたのは、マーケティングとしては正攻法でありましょう。やはり原材料のポイントは「オイスターソース」。小樽市銭函の工場で製造されているのも、見逃せないチャームポイントだ。しかしながら。「やき弁」の記号である「中華スープ」が付いていないのは・・・若干というか、個人的には大いに残念なポイントではある。別袋は、先入れの「かやく」と、後入れの「あんかけの素」。作り方の指南に忠実に従い、調...マルちゃんやきそば弁当小樽あんかけ風

  • トンネウス沼でバードウオッチング '20.09.13

    日曜の朝、午前8時19分。私は、いつものように「トンネウス沼」に居た。週末恒例の「バードウォッチング」を愉しむためである。ここのスーパースターである「カワセミ」さんに、逢えることを祈りつつ・・・8時22分。まずは偉大なる定番「マガモ」さんとの出会い。なにか、そこにいてくれるだけで、安心できる。私にとっては、納豆のように、地味ながらも欠かせない存在なのだ。そして、8時32分。幸先よく、お目当ての「カワセミ」さんが、「いつもの木柱」に来てくれたではありませんかしかしながら・・・あまりの幸先良い展開に、私は気が動転し、コンデジのフォーカスを合わしきれない(^^;ピントを合わせるのに苦悶している間に、カワセミさんは飛び去ってしまったのでありました。ううっ私は気分を変えて、のほほんと回遊する「マガモさん一家」を撮影するこ...トンネウス沼でバードウオッチング'20.09.13

  • カルビー かっぱえびせん ごま油香るのりしお味

    医師の指南により。基本的に「月曜~木曜」は「休肝日」としている、私。待ちに待った金曜日に、おつまみとしていただいたのが、カルビーの「かっぱえびせんごま油香るのりしお味」である。コープさっぽろでの実売価格は、8月22日時点で、税込96円だった。「焼きのり」&「すりごま」が、この期間限定製品の味覚を彩る、ツートップでありましょう。オリジナルの「かっぱえびせん」の誕生は、1964年のこと。その年生まれの有名人は、「いとうまい子」「エド・はるみ」「近藤真彦」「ジミー大西」「杉田かおる」「高島礼子」「YOU」「出川哲朗」・・・といった、そうそうたるメンバーである。でしゃばりすぎず、抑制を効かせた「ごま油&海苔」のテイスト。「韓国海苔とかっぱえびせんのプラトニックな恋愛」といったイメージである。そして、抑制が効かなかったの...カルビーかっぱえびせんごま油香るのりしお味

  • あいの里公園でバードウォッチング '20.09.12

    「週末はバードウォッチング」が、コロナ流行以降の、私のライフスタイルである。土曜日は、やや天候が悪かったものの、「あいの里公園」へ。8時15分に、そこに到着した。8時25分。エサをついばむ、「マガモ」さん一家🦆平和な光景に、ココロが和む。8時45分には「バン」さんが、私に挨拶してくれた。ブラックなボディに、レッド&イエローのくちばし。そしてお尻のホワイトが、キュートである。北海道から沖縄まで、日本全土に分布する「バン」。北海道では「夏鳥」で、本州以南で越冬するのだという。この、でっぷりとした鳥が、飛んで津軽海峡を渡るとは・・・鳥というのは、ホント、たいしたものだ。公共交通機関に頼らねば海を越えることができない人間よりも、偉いかも。9時14分。「マガモ」さんたちは、いつもと変わらず、マイペースで沼を回遊していた🦆...あいの里公園でバードウォッチング'20.09.12

  • ハーゲンダッツ 蜜いも

    休肝日に食した、夜のお菓子。「夜のお菓子」といえば「うなぎパイ」が有名だが、私がチョイスしたのは「ハーゲンダッツ蜜いも」。妻が「トドック」にて、注文していた品だ。原材料の決め手は、「紅はるか51%使用」の「さつまいもピューレ」でありましょう。その日宅配で届いて、放っておかれた時間がやや長かったため、若干溶け気味だったが・・・食欲の秋なので、そそくさといただいてしまうことに。さつまいものほっこり感が残る、「荒つぶ紅はるか」🍠そこに「紅はるかソース」が、口当たりやわらかで、豊かな甘みを添える。いやあ、まさにこれは、「蜜いも」ハートがふんわりと安らぐ、充実の、秋の夜長でありました🎑ハーゲンダッツ蜜いも

  • 新しのつ ジンジャードレッシング

    その日は、妻が作りおいてくれた「から揚げ」にて、おひとりさまディナー。レタスを手でちぎり、ミニトマトをのせたサラダを自作。それに、先月「新篠津の道の駅」で購入した「新しのつジンジャードレッシング」を掛けていただくことに。原材料のメインは、なんといっても「新篠津村産生姜」である。さて、いよいよ実食。さっぱりとした酸味に、生姜の爽快な刺激が織りなす、魅惑のハーモニー。いやあ、コレは、かなり美味しいドレッシングである。サラダはもとより、冷奴・冷やし中華にも、間違いなく似合いそうだ。いやいや、これで「焼肉」を喰ったら、これまた旨いかもお値段高めだが、支払った対価の価値をはるかに上回る、ブリリアントなドレッシングだと、私は認定します🥇新しのつジンジャードレッシング

  • 「丸美屋」からの、封書。

    自宅に届いた、「丸美屋食品工業株式会社マーケティング部」からの、封書。丸美屋といえば、言わずと知れた「日本国内ナンバーワンのふりかけ製造カンパニー」。我が家にももちろん、丸美屋のふりかけは、常備している。だがしかし。私は丸美屋の株主でもないし、何故「私個人宛て」に封書が・・・と、不可思議な思いで、それを開けた。そうすると、そこには。なんと「ご当選おめでとうございます」の文字が、踊っているではありませんか🎊すっかり忘れていたが、私は、本年4月。「のっけるふりかけ」を購入時に、そのアンケートに答えていた模様。そして「厳選なる抽選の結果」、「プレゼントの当選が決定した」との、お知らせであったいただいたプレゼントは、なんと500円のクオカード「のっけるふりかけ」の実売価格が214円だったのに、その額の倍...「丸美屋」からの、封書。

  • 「おうち居酒屋」の、日曜日。

    「函館産あわび」がお値頃だったので、思わず購入してしまった、日曜日。その日のディナーは、それをメインに、夫妻で「おうち居酒屋」と相成った。キューピーの「シーザーサラダドレッシング」で味わう、前菜。クリィミィなチーズ風味のドレッシングに、ナッツがリズムと香ばしさを添える。さらには、「食べるルビィ」の、北海しまえび。ぷりっとしながらもきゅっとして、咀嚼するとすかさず旨味が口中を潤す🦐そして、今回の主役の「函館産あわび」。コリッとした歯ごたえに、唇に浮かぶ潮の味。「うろ」の「むにゅっ」とした味わいは、「毛ガニ」における「カニみそ」的な役割を果たす。宴もたけなわ。満を持して登場したのが、「昭和~平成~令和」の3元号に渡り我が家に君臨する「東芝ホーム屋台」である。「北海道産サロマ黒牛」と、マルニ食品㈱の「...「おうち居酒屋」の、日曜日。

  • ニンニク収穫で、キーマカレー。

    我が家の庭の一角に植えていた「ニンニク」。8月の頭に、それを収穫した。ニンニクは、日持ちするうえに、様々な料理に使えるので、我が家においては欠かせない野菜である。やっぱニンニクの風味をガツンと味わえるのは、「ペペロンチーノ」に尽きる。そして「男の料理」は、ニンニクでごまかせば、たいていなんとかなるものなのだ。そして、この前の日曜。収穫したニンニクを活かして、妻がキーマカレーを作ってくれた。刻みニンニクが、カレーのかほりの中に、さらにかぐわしさをプラス。トドックで購入の「ナン」でいただく、気分はインド旅行のランチ。ふわっとしながらもサクッと感を残す、しなやかなナン。そこに、辛さと旨みの粒立ちのキーマカレーが、まろやかながらも手厳しい刺激を添える。鼻の頭に心地よい汗がにじむ、残暑のランチでありました🍛ニンニク収穫で、キーマカレー。

  • あいの里公園でバードウォッチング '20.09.06

    週末になると「バードウォッチング」をせずにはいられない体質となってしまった、2020年の私。9月6日(日)。マイ・フェイバリット・探鳥スポットである「あいの里公園」に着いたのは、8時08分のことだった。今日も居てくれて安心の、「マガモさん一家」。やはり、比類なき安定感の、存在である🦆沼に浮かんだ葉っぱの上を闊歩する「バンの幼鳥」くんと出会ったのは、8時18分。意外に足が長いのは、「クイナ科」ゆえでありましょう。8時20分。木の高~いところに止まっていたのは「カワラヒワ」さん2羽。撮影している時は、「♂♀のペア」かな~と思っていたのだが・・・帰宅後、写真を確認したところ、どうやら親子だったようだ。👆の写真の左が「お父さん」で、右が「幼鳥」と思われる。お父さんが飛ぶ姿を眺めていた幼鳥くんは・・・すかさず、お父さんの...あいの里公園でバードウォッチング'20.09.06

  • ロッテ コアラのマーチ<発酵バター仕立て>

    休肝日にいただく、夜のお菓子。この日のチョイスは、ロッテの「コアラのマーチ<発酵バター仕立て>」である。ローソンにて、税込108円で購入の品だ。【サクサクに焼き上げた発酵バター入りビスケット】&【ほど良い甘さのホワイトチョコレート】が、この製品を織りなすツートップ。👆ご覧の通り、袋には、種々のコアラが描かれているのだが・・・「パッケージにある絵柄が入っているとは限りません」なので、留意しましょう。ちなみに、私が買った品の絵柄は👆でありました。封を開けたとたんに鼻腔をくすぐるのは、ふわっとしたバターのかほりわかりやすくいうと、(他社だが)「プリッツのバター味」を彷彿とさせるイメージである。その「発酵バター入りビスケット」に、甘さ控えめでちょっぴりヨーグルト的な酸味の「ホワイトチョコ」が、まさしくマッチベター。なか...ロッテコアラのマーチ<発酵バター仕立て>

  • カルビーポテト シェイクポテト

    いつものスーパーに買い出しに出かけた、週末。「シェイクポテト」なる製品が陳列ケースに並んでいるのを見て、思わず買ってしまった。お召し上がり方は、👆のとおり。かつてケンタッキーにあった「フリフリポテト」のことを、私はふと思い出す。お味の決め手は、やはり「コンソメダブルパンチ味パウダー」でありましょう。カルビーのポテチに「コンソメパンチ」が登場したのは、私が小学校高学年の頃だった。それから40年以上の長きにわたり、君臨する「コンソメパンチ」。ビールでいえば「アサヒスーパードライ」のごとく、「ポテチの味の流れを変えた製品」だと、私は認識する。さて、実食である。「お召し上がり方」の指南通り、まずはパウダーをポテトに掛け。袋を閉じて、シェイク・シェイク・シェイクファストフードのポテトフライのような、ほっこり感をもつ、その...カルビーポテトシェイクポテト

  • あいの里公園でバードウォッチング '20.09.05

    「雨の降らない週末はバードウォッチング」が、2020年の私の生活様式。私的フェイバリット探鳥地である「あいの里公園」に着いたのは、7時56分だった。狙いはもちろん、園内の「トンネウス沼」に出没する「カワセミ」さんである。現在ここでは「護岸工事」が行われている。この沼の希少な生態系に影響しなければいいのだが・・・8時10分。河畔にてくつろぐ「マガモさん一家」を発見。くちばしが黄色めのこの方は、おそらくは「♂のエクリプス」。派手な繁殖羽を纏うのは、いつ頃のことなのだろう。換羽の経過を、カメラに収めてみたいものだ。そして、8時28分に出会った、この小鳥さん。おそらくは「コガラ」さんだと思うが・・・「ハシブトガラ」さんか「シジュウカラの若鳥」である可能性も、否定できない。「ガラ系」の種別同定は、なかなか難しい(^^;8...あいの里公園でバードウォッチング'20.09.05

  • 枝豆「ビアフレンド」成長記

    毎年、我が家の庭の一角には「枝豆」が植えられている。昨年は「サッポロミドリ」を育てたので、今年は「ビールがうまい枝豆ビアフレンド」を育成することに。5月24日の朝。まずは種を水に漬けて・・・その日の夕方に、3粒ずつ、適度な間隔をあけて、蒔いた。そして、おおよそ10日後の、6月3日。枝豆ちゃんたちは、めでたく、発芽🌱今年は、昨年のように「カラスの食害」に遭うこともなく。6月14日時点では👆のように、苗はすくすくと成長(^^)この時、写真奥の空きスペースに、時間差で種を蒔いてみた。葉も順調に大きくなった、7月28日。豆の房が出来始めているのを、確認。6月14日に蒔いた種たちも、無事に成長していたそして、8月15日。房がぷっくらとなったので、いよいよ収獲である。私的には、もうちょっと育ててから収穫した方が、モアベター...枝豆「ビアフレンド」成長記

  • コープ極小こつぶ納豆

    通常、我が家で食べている納豆は、👆の「コープ極小粒納豆」。3個入りで税込54円と安価だが、安価なだけに「たれ・からしはついておりません。」である。しかしながら、この度。コープさっぽろで発見したのが、「コープ極小こつぶ納豆」。やはり3個入りで税込54円なのだが、なんとこちらは「たれ・からし付」ではありませんかこのCP高い商品を、購入しないワケには、いきますまい。原材料の丸大豆は、例によって「アメリカまたはカナダ産」。納豆自体の内容量も、「40g×3個」で、「たれなしと同様」。加えて製造者も、「北海道はまなす食品㈱」で、これまた「たれなしと同様」である。価格据え置きで「たれ&からし」を付けることができたのは、この会社の企業努力の賜物でありましょう。ソーシャルディスタンスなど関係なく、密になって佇む、小粒納豆たち。今...コープ極小こつぶ納豆

カテゴリー一覧
商用