プロフィールPROFILE

ブログタイトル
権助の冒険
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fwhn6127
ブログ紹介文
OCNからGooにやんごとなき事情により引っ越し。 これを機にブログタイトルを「独り言」→「冒険]に変更
更新頻度(1年)

109回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2014/09/26

読者になる

権助の冒険さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,494サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 30 90 0 0 0 10 0 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,208サイト
関東釣行記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 636サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,681サイト
映画備忘録 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 399サイト
地域生活(街) 関東ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 14,043サイト
横浜(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,539サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 32,654位 38,041位 84,910位 85,089位 84,928位 85,205位 85,123位 980,494サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 30 90 0 0 0 10 0 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 2,027位 2,192位 3,330位 3,343位 3,339位 3,327位 3,319位 17,208サイト
関東釣行記 69位 79位 122位 122位 124位 128位 128位 636サイト
映画ブログ 140位 174位 495位 499位 506位 509位 504位 10,681サイト
映画備忘録 7位 7位 25位 29位 30位 30位 31位 399サイト
地域生活(街) 関東ブログ 261位 324位 986位 988位 980位 988位 980位 14,043サイト
横浜(市)情報 21位 24位 88位 89位 89位 91位 96位 1,539サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,494サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 30 90 0 0 0 10 0 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
釣りブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17,208サイト
関東釣行記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 636サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,681サイト
映画備忘録 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 399サイト
地域生活(街) 関東ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 14,043サイト
横浜(市)情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,539サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、権助の冒険さんの読者になりませんか?

ハンドル名
権助の冒険さん
ブログタイトル
権助の冒険
更新頻度
109回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
権助の冒険

権助の冒険さんの新着記事

1件〜30件

  • 門前仲町(その2)

    昨晩は結構なご馳走でを鱈腹くってから皆(よったり)で門前仲町に繰り出す、先日に引き続き楽しい夜を過ごした。年初の御参りはこの付近で済ませて、ここでの新年会でやることまで決まってしまった。ともかく町の一角が昭和40年代頃にタイムスリップした様な風情で、それ以外のエリアとのギャップがスゴイ。ついでに店のオーナも昭和に盛りを迎えた様な人達なら客も概ねそんな人たち。こんなところでの昭和の歌は楽しい。この雰囲気は何より、とりわけ年末の風景としては。なお神田ではこんなうまい物も食べた。(水槽でアップアップしてたカサゴを煮付けてもらったのと、フグのから揚げ)新年会が楽しみなことだ。門前仲町(その2)

  • 東京散歩 (with Kesey)

    今日は朝からK氏と東京都内をウロウロ々----------。最寄り駅@横浜→桜新町(大井町)→麻布十番(青山一丁目)→浜松町(大門)→大森(うろうろ)→桜新町→全行程終了で帰宅。先ずは麻布十番・パレットギャラリーで装帳画展に行く。(K氏を誘った目的はこれ)で、あまりに小規模だったんで少し空腹を感じたので、大森の川端籠子記念館に急行を決めた、が、イングリモングリ々行き着いたら12/2~12/21まで改装のため休刊。でもJR大森駅で何と吹奏楽クインテットの駅中コンサートに遭遇、これは得した感一杯。K氏も老いたりと云えどまだまだしっかりした者、久々だったので少々安心した。なお最後は夕食(天ぷらセイロ大盛)をご馳走になって散会、大森と大盛で終わり。東京散歩(withKesey)

  • サクラの会(久々の)

    本日はOMG氏と連れ立って久々の「サクラの会」、お店は新規開拓の駅北の「秋吉」という焼き鳥屋。ミーハー的な店構えながら齢を重ねた年寄りにも結構イケた所だった。何と言ってもそこそこ旨い物を食ってそこそこ飲んで〆には焼おにぎり茶漬けなるものまで食して大満足。合計4400円也(二人で)。そして一休みを兼ねてベローチェでデザート。実は今月の11日にいつもよりPVがはねあがり、さては世の中でザワツイテル「桜をみる会」と当ブログでたまに登場するこの様な記事が検索でヒットしたのかなぁ、などと想像してたら真実は「Windows_Update事件」の方でヒットしたらしい。(縦軸は正規化済)ブログも世相を反映すとこなぞは面白い。サクラの会(久々の)

  • 「フレンチ・コネクション」

    録画しといた映画「フレンチ・コネクション」、「フレンチ・コネクション2」を観た、これが改めてノーカットでじっくり観ると見事な刑事ドラマ。一作目はW・フリードキン監督で二作目がジョン・フランケンハイマー監督、どちらも傑作、個人的には二作目の方がやや好き。今までTVの洋画番組(CMでズタズタ、尺合わせのカット等)でしか見てなかったので、どちらも結構新鮮に楽しめた。「フレンチ・コネクション」マルセイユとニューヨークを結ぶ麻薬取引のルート(通称“フレンチ・コネクション”)を背景に、“ポパイ”ことドイル刑事が麻薬組織壊滅に執念を燃やす姿を描く。電車で逃げる組織の殺し屋を自動車で追跡するシーンは、映画の持つ“編集”という作業の重要さを示す好例。徹底したドキュメンタリー・タッチも作品世界のリアリティに大いに貢献している。アカ...「フレンチ・コネクション」

  • ローマ法王の言葉

    ニュースではローマ法王の来日が派手に取り上げられてる。で昨日の長崎と広島での「核廃絶の訴え」には驚いた、これまでここまで踏み込んで物を言う宗教家は居なかったのでは。日本中がカトリック信者に改宗したような騒ぎには辟易したが、この「訴え」のニュースには素直に感動。このフランシスコ法王がアルゼンチン出身と聞いて、そういえば2~3年程前に単館上映の「ローマ法王になる日まで」なる映画で一応感動していたのを思い出した。(過去記事)我が国の宗教家がまるでかすんでしまった、仏教家や神道家はどの様な思いでこの「訴え」を聞いていたんだろうか、是非意見を聞いてみたいものだ。映画『ローマ法王になる日まで』予告編世界史の授業で学んだ「カトリック」は免罪符を発行したり土着の文化の破壊等々何となく堕落、で、プロテスタントは’改革’のイメージ...ローマ法王の言葉

  • 場末の酒場@門仲

    昨晩は事務所の御一行様と魚盛@神田でテッサとかアンコウ鍋で腹を満たした後、仲間が贔屓にしている門仲某所でご乱行。これが何とも良い雰囲気の昭和臭がキツイ飲食街で、久々にカラオケを楽しんだ。本当にこの雰囲気は”昭和ネオン浴”そのもの、店に入る瞬間のワクワク感が何とも。そしてやはりカラオケはこんな場所で昭和40年代の歌謡曲が相応しい、「知らぬ同士が小皿叩いてチャンチキオケサ~」てな雰囲気が何とも心地よかった。庭のポンカンが色付き始めた、そろそろ晩秋。先週の土曜日の出勤途中で東京駅から神田まで歩いた時の風景、お堀をまたぐ首都高が風景に同化しつつある。(高輪ゲートウェイ工事の影響でJRの運休やら不通やらで良い散歩が出来た)場末の酒場@門仲

  • 「青べか物語」と「グラマ島の誘惑」

    以前から密にスキあらばと狙っていた川島雄三監督の「青べか物語」と「グラマ島の誘惑」を観てきた。この監督はますます好きになった。(とっくに故人なのが残念)「青べか物語」東京と川を挟んだ場所にある浦粕。そこへ「先生」と呼ばれる三文文士が住み着くことになった。小さな漁村だが刺激に満ちているため、小説のネタになりそうだと踏んだのだ。小料理屋の澄川には威勢の良い女たちが働いている。向かいの雑貨店の息子・五郎は妻に逃げられ「不能」と噂されている。その他にも芳爺、わに久、勘六夫婦など、個性的な人々が暮らしていた。人間観察は楽しいものの、煩わしい人間関係をさけるため、先生は売りつけられた青べか舟で釣りに出かけていた。しかし澄川で働くおせいに惚れられたことから、先生は思わぬトラブルに巻き込まれていくのだった。(出典:全洋画オンラ...「青べか物語」と「グラマ島の誘惑」

  • Win10のアップデート (責任者出てこ~い)

    昨日はお客さんからの申告でアプリが動かない、いろいろ調べた結果、直近のwindowsupdateが悪さをしていることが判明した。ほとんど半日自分の責任だと一生懸命ソースを眺めて試したりとか、結構深刻な状況に陥った。結局は”KB4484127”なるアクセス関係のセキュリティ・アップデートにたどり着いた。1)顧客PCで発生、自分の環境下では発生しない。(DBエンジンの再インストールとかゴミ箱を空にするとか試したが駄目)2)当方のPCで更新が未だだったため、win更新をしたら現象再現3)プログラムソースの問題部分を特定(DBのUpDate処理とまでは判明)4)それからプログラムで対策しようとイングリモングリ、イングリモングリ→完璧にわからな~い状態(心理的には相当追い詰められた、こりゃ大変だ~)5)直近のPC更新をす...Win10のアップデート(責任者出てこ~い)

  • 「オペラ座の怪人」

    昨晩、NHK-BSで放送した「オペラ座の怪人」、最初だけで見るのをやめてしまった。やはりこの映画は映画館で観るべき物、見なかったことが記事になる珍しい映画。2005年頃にDVDで観てこんな感想を残している。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆題名:名作ではユーザー名:名無し 投稿日: 2005-09-2109:09:37これは名作である。見終わった後で幾つかのメロディ(♪ThePhantomoftheOperaisthere,,♪Thinkofme,,,♪)が頭に浮かんでくる。こんなのはWestsideStoryを見て以来久しく無かった。これなら是非とも劇場で見るべきであった。音楽と壮大なオペラ座の迫力には圧倒され通しの二時間で、少女マンガ趣味的な物語を補って余りある。最初...「オペラ座の怪人」

  • 続沖釣り(後日談)

    さて昨日の釣果の総仕上げ、本日はから揚げ造りに勤しんだ。どうしようもない小鯛でも血合い骨をうまい事カットすれば上等な唐揚げになる、これはトラギスとかでも良いと思うが不在なので。鯖は三枚におろして、血合い骨を抜いて、塩とカレー粉と小麦粉で揚げたもの。少々塩が強すぎたが、カレー風味と青魚は良く合う。最後のは昨日のホウボウのアラ汁、中落にたっぷりとついた肉の回収のための料理だが、これが美味かった。(この魚の三枚おろしは少し苦手、なので中落に肉がたっぷりと付いている)そして昨晩の煮つけのの残りのシロムツ。頭は邪魔なので落としたが、これの煮つけも旨い。(シロムツ≧カサゴ)釣行の後は少し辛いがこんな楽しみもある。続沖釣り(後日談)

  • 沖釣り

    本日は師匠たちと沖釣り@三浦半島沖、久々のお出かけながら天気はぐずぐず何とか持ちこたえ、釣果は上々。ほぼ一投目で仕留めたホウボウ、これが結構な引きであげるまでアドレナリンが大放出、これがあるからやめられない。外道のサバ、夢カサゴ、シロムツ(兄弟子作)、カイワレ、等々の多彩な魚たち、夕餉はホウボウとカイワレの刺身、カサゴの煮つけと贅沢三昧、釣りの動機の大きな目的に’食ベル’があって、明日はサバの切り身と小鯛(リリースしようにも深場から吊り上げるので死んでしまう)を油であげようかなどと。なおホウボウとカイワレの刺身は金では購えない旨さ、これも釣り師の特権。庭のポンカンが段々と色付き始めた、そろそろ晩秋。沖釣り

  • 「牡丹灯籠」はずれ!

    NHK時代劇の「牡丹灯籠」を結構楽しみにしながら観たが、見事なまでに外された。演出の安っぽさ、いかにもやすでのTVドラマという感じで、とてもじゃないが落語の世界に及ばない。いっそのこと口パクでやったら面白かっただろうと思う。まぁ落語の世界なんで演者と観客で勝手な解釈(情景)を楽しむのに比べ、演出者の感性をそのまま見せつけられるドラマ故に演出者との反りが合わなかったのかもしれない。NHKのニュース番組は碌なのが無いが、時々放送するドラマには結構’当たり’がある、今回はたまたま外れ。「銀二貫」「みおつくし料理帖」などは面白かった。この噺、「栗原宿おみね殺し」までしか見つからないが、この続きを聞いてみたいもんだ。そうそう10月は2度ほど釣行を計画したが台風で中止、師匠から来月3日との下知が届いた。底物(甘鯛)ねらいで...「牡丹灯籠」はずれ!

  • 懐かしい味二点

    一点目、先週の金曜日に行った浜松の空自基地内エアーパークのレストラン(かなりみすぼらしい)で食べた「海軍カレー」、これがなかなか美味かった。海軍カレーは多分初めて食べたと思う。さて二点目、本日の夕飯として最寄りの駅で前から気になっていた専門店で食べた「長崎ちゃんぽん」。実はどちらも昔デパートの食堂で食べた「カレー」や「五目ソバ」の懐かしい味がした。最も五目ソバの方はナルトやら伊達巻やらが入っていた記憶があるが、塩味のスープでまさしくまんま。他界した父が好きな物でもあった。昔は外食などはハレの日の特別な贅沢で、大概場所はデパートの食堂か町の食堂(町中華みたいなの)だった。そういえば「ビフテキ食った」って自慢してた奴もいた様な記憶がある。昔はアメリカに憧れたもんだった、連中は毎日ビフテキ食ってんだろうとか勝手に想像...懐かしい味二点

  • エアーパーク@浜松(浜松空自基地内)

    本日は仕事を休んで元締め殿と二人で元締めの新車を駆って浜松の航空自衛隊基地まで見学小遠足。以前より「仕事で小金を貯め込んで呉の大和ミュージアムに行って豪遊しようか」などと言っていたのが、とりあえず浜松日帰りで我慢しょうかとなった次第。さて、浜松の航空自衛隊基地内のエアーパーク、これがすばらしい!!展示内容と全天周映画館の出し物はショボいが、展示倉庫内に陳列された空自の退役機(主として練習機)が充実していて以前写真で見せてもらったスミソニアン航空博物館みたい。(スケールは全然こちらのが小さいが)ゼロ戦をしたから見上げるのは初めて、この展示がスミソニアンを連想したのかも。(行ったことないけど)面白いのは撮り鉄ならぬ撮り?族、いい年したオジサン-オバサンが脚立を持ち込んで、望遠付き立派系一眼レフを振り回す様はまだまだ...エアーパーク@浜松(浜松空自基地内)

  • 本日のご馳走(骨湯:こつゆ)

    本日は理事長閣下とボスとの3人で会食、一番のご馳走は骨湯(それもマハタのアラの煮つけの條物)。前回これを実行した時には仲間から総ヒンシュク、おまけにアルバイト店員が海外渡来の人で「コツ湯」が理解できないので「どんぶりにお湯張って持ってきて」と云う意味を理解できなかった、今回は店長に小声で「コツ湯」にするからと言ったら迷わずに熱湯インザ丼を持ってきてくれた。子供の頃から煮魚(煮つけ)の後はこれがご定法だった、そして三度楽しむに漬けかな、と言った風情。さて本日は久々の感動があって、以下のも大いなるご馳走。魚でも鳥でも骨付きをこそげ取って食べると味わいが増す。なお右側のはアフター、なので原型が分かりにくいと思うが、食べるとこが一杯あったよ!と言う意味でみっともないけど掲載。良い一日だった。今度の台風19号で武蔵小杉で...本日のご馳走(骨湯:こつゆ)

  • 「刑事ルーサ」と「チャック」

    「刑事ルーサ」NHK-BSで放送していてこれまで録溜してきたのを、今回の台風騒ぎでまとめて観たら、これが面白い。英国のTVシリーズは「第一容疑者」「刑事フォイル」「シャーロック」とか地味な展開で面白く見せてくれる。が一般的には派手なカーチェースや銃撃戦とか格闘シーンが売りの米国製にはかなわないと思う。さて主人公のルーサ警部は黒人で型破り(違法捜査や取引)で結婚生活がうまく行かない不器用な男、初代ダーティー・ハリーの粗暴さとコロンボのち密さを合わせ持った様な性格、そしてこの手のドラマに付き物の周囲の面白いキャラの助演陣の配置。事件の内容は結構オドロオドロしくて日本のゴールデンタイムには不向き、その雰囲気は米国の「ミレニアム」に良く似ている。まだ道半ば、これからも楽しみだ。「チャック」これも面白い、典型的な米国ドタ...「刑事ルーサ」と「チャック」

  • 古い映画二本「犬神家の一族」「オデッサ・ファイル」

    先日NHKで放送した古い映画で印象深いのを二本。「犬神家の一族」(1976年)この映画はスタンダード・サイズでの放映でこれだけは残念。なにしろ「ハッ」とするくらい見事な画面が連続するので、これはオリジナルサイズで無いと魅力が半減する。世間が横溝正史のブームになっていた頃に角川が力をいれた一作だけあって、見事なまでのサスペンス映画になっている、ここから石坂浩二の金田一が始まった様な気がする。で改めて見ると、周りが達者な役者達に囲まれて石坂浩二はチョット浮いている様な印象があるが、やはり監督「市川崑」のご威光だろうと思う。(子供の頃の小学校総見の「東京オリンピック」も見事だったが。)ところで島田陽子という女優、今はどうなってるか知らないがまさしく「清楚」という言葉がぴったり。この映画は同じ監督と主演で最近(と言って...古い映画二本「犬神家の一族」「オデッサ・ファイル」

  • 珍しい料理@蒲田:東京

    本日は帰り間際に当事務所の理事長閣下から「蒲田に知りあいが店を出してるからちょこっと行こうよ」と誘いを受けて二つ返事でOK出しで細君に欠食許可を得て、いざ蒲田へ。蒲田と聞くとなぜか血が騒いで、ここの食事は安くて旨いと云う良い思い出がいっぱい。本日尋ねた店「ゆずり羽」は淡路の玉ねぎ料理が得意とのことだったが、豚肉と玉ねぎの扱いが絶妙。店の雰囲気も良いし取り分け女性にご馳走してイイ顔するには絶好、そんなオジサン達とゴチにあずかる予定の女性達とで結構な賑わいだった、が、居酒屋みたいな騒がしさは無くて小声での会話がOK。さて蒲田と言えば「キシ・フォト」、昔はここでVHSテープのまとめ買いをしたもんだった。秋葉原の「アキバオー」みたいなエキゾチックでワクワクする店なんだけれども本日のは別館で輸入雑貨の店。そこで仕込んだ輸...珍しい料理@蒲田:東京

  • 「バーン・ノーティス ファイナルS」完了

    昨日とうとう「バーン・ノーティス」最終話を見終えた。シーズン1~7まで、大体16(話/シーズン)だから計112話位になるが、ともかく見終えた。なお最終話はタブレットでは無く家のTVでじっくりと。米国TVでは2007年~2013年まで続いた様だからかなりの長寿番組、これだけ続くと米国夫婦の平均寿命よりも長いかもしれないし、仲間を演じた役者達もこの間いろいろと会ったろうと思う。なお主演のジェフリー・ドノバンは典型的な悪役顔で「チェンジ・リング」なんかは最高にはまり役だと思ったが、この役も捨てたもんじゃ無かった。(また吹き替えの栗田寛一が良く合ってた。)これだけ続くと最終話は意外とつまらないものだが、このシリーズの終わり方は最後まで仲間関係を維持してくれつつ次をほのめかして、最高に良かった。特別予告編:ロングバージョ...「バーン・ノーティスファイナルS」完了

  • ヒッチコックとビリーワイルダーと他諸々

    久々の休日に録ダメした二本のサスペンス映画を見た。どちらも堪能。「マーニー」主人公の会社社長マークは、新しく雇い入れた秘書マーニーに強く惹かれていた。マーニーが会社の金庫を開けた時も、警察には突き出さず、何故彼女がそういった行動を採るのか原因を追求しようとする……。幼いときのトラウマから、異常な行動をしてしまう女性を描いたサスペンス。(出典:全洋画オンライン)ショーン・コネリーがとても恰好よくて、ヒチコックらしい盛り上がりが楽しめた。義妹のリルがチョット中途半端で終わってしまったのが残念。「情婦」金持ちの未亡人を殺した容疑をかけられたレナード(パワー)は、老齢ながらロンドンきっての敏腕弁護士ロバーツ(ロートン)に弁護を依頼。だが“検察側の証人”として法廷に立ったレナードの妻クリスティーネ(ディートリッヒ)から、...ヒッチコックとビリーワイルダーと他諸々

  • The Day-3 (展示会無事終了)

    ペット用品展示会第3日目、無事終了。今回はノントラブルでこれまた好評の内に終了した、事務所の長老達と慰労会をやり下の様なので焼酎を飲んだら、そらぁ旨かった、滅法旨かった、値千金の美味さだった。因みにこの三日間で億を超える売り上げ、トップは400万円超の売り上げ、初回散々脅してくれたヤーさん風の出展者社長からニコニコ顔で「おっちゃんのお陰や~」と近頃は仲良しにまでなった。(本当のとこ、結構な紳士だった、ここのブースは強面の社長の割りには和気あいあいムードが満載だったので今のが普通かもしれない)そして撤収の見事さも特筆もの。TheDay-3(展示会無事終了)

  • 展示会 day-1, day-2

    昨日から浅草でペット用品の展示会に立ち会い、半年に1回の割合で開催され今回で4回目、初めはともかくいろんなことがあったが段々とこなれてきたのが良く分かる。準備段階では電気工事関係者やコマ造りの職人さんの圧倒的な効率的な仕事ぶりに圧倒された。とりわけ若い女性のガッテン系職人さんは滅法恰好良く、結構楽しめた。バックヤードを覗くとこんな具合。ここに開梱後の段ボールなどが山積みされる。本日は本番。今日は知りあいの社長さんから声を掛けられた「暇そうで何よりです(=問題発生が無くて何よりです)」、本当に開演初日は結構バタバタしていたのが、本当に安定した。良くある問題が、会社にもどると固定IPアドレスでLANに接続するのが、我らのシステムはDHCP、そのために現場で接続不良が発生、とか久しぶりに通電したPCが勝手にOSアップ...展示会day-1,day-2

  • 今日の出来事

    かつてそんなニュース番組があった。本日お席亭より「シャインマスカット」ご一行様が送られてきた。早速食した所これが感動ものの美味さ。甘くて香り高くて皮がそこそこ噛み応えがあって、これまでの人生で食べたブドウの中でのベスト。ほんの1っ週間前に開封許可のおりたシャインマスカットを食したが、それをはるかに上回る美味さ。先日の楽しいひと時とともに感謝の気持ちを込めて、m(__)mさて先日の同窓会から約2週間が経過してLINEがチンチラチンチラ賑やかになこと、加えて本日会計報告やら写真やらが送られて来た。関係者の方々は本当にご苦労さんでした。こちらにも感謝の気持ちを込めて、m(__)m明日はお客さんに呼ばれて下期の話とか、こちらも結構なことだ。ただ、今月末納期のに追われて精神的には少々参っている。(実は来週から三日間ほど展...今日の出来事

  • 山荘での一夜

    昨日から一泊二日で山梨のお席亭とその仲間たちと一夜を過ごして来た。色気があれば言うこと無いのだがまぁ贅沢は言えない。←クリックするとスライドショー作成山の中なので様々な昆虫がいて珍しいカマキリみたいのを、またひさしに空いた丸い穴はどうもキツツキが明けた物らしい。この夜のご馳走は手羽、鳥レバー、海老、ホルモン味噌漬け、エリンギ、牛肉等々の炭火焼、それにお席亭作のアサリのアヒージョのパスタ、どれも完食、旨かった。夜は近くの水量を増した小川のセセラギを聞きながらしんみりと話をする、何とも風情のあるひと時。ここは標高1142mなので外気温は17度と肌寒い。次は薪ストーブをがんがん焚く真冬に鍋でも突きたいものだ。山荘での一夜

  • スマホの機種変更

    昨晩は午前2時~4時位まで風が怖くて寝れなかった、正確には”風の音”、でも8時までグッスリと寝たという訳の分からない朝、そして電車は動いてない。さて昨日はスマホの機種変更をして漸く日常に戻った。(機種変更なんて単語は未だあるんだろうか?)・9/5木曜アマゾンでHuaweiP20Liteを購入(SIMが合わずにイングリモングリ)・9/6金曜OCNに電話してSIM交換の申し入れ。(意外に簡単だった)・9/7土曜17時頃に携帯回線が切れる。(SIM変更の空白時間に突入)・9/8日曜10時頃に佐川宅急便でSIMが届く~昨日は日柄アプリのインストールやらアカウント設定という様な次第。上右のが新しい機種でのSIMとマイクロSDのトレイ、かなりの工夫が感じられる。下のは送られて来たSIM(普通サイズ→マイクロSIM→ナノSI...スマホの機種変更

  • 「十三人の刺客」

    「十三人の刺客」面白い映画だった、東映時代劇というのはあまり好きでは無かったが少し見直した。この映画は冒頭の展開が少々若りにくい、特に活舌の悪い片岡千恵蔵とか音声の悪さとかで最初の10分をこなすとがぜんと面白くなる。この映画の時代(1963年)というのは、以下の名作も造られている。・切腹小林正樹松竹1962年・椿三十郎黒澤明東宝1962年何となく作風がこれらに似ていると思うのは気のせいか、なおアクションシーンは「七人の侍」を彷彿させる。因みに片岡千恵蔵のセリフの言い回しは林家木久扇師匠がうまく真似ている。(分かる観客は少ないだろう)それと嵐寛寿郎が出てくると鞍馬天狗か明治大帝をイメージしてしまうのが困ったもんだ。音楽は伊福部昭、それ故にどこかで聞いた様な音片が、、、「内容」江戸時代末期。将軍・家慶の弟で明石藩主...「十三人の刺客」

  • 欲にかられて「50の質問」に答える

    1.お名前は?権助(ごんすけ)2.名前の由来は?落語の登場人物(ごんすけ)より3.出身地は?静岡県4.心の故郷は?山梨県5.住みたい場所は?今いる所6.今まで行った中で一番好きな場所は?西伊豆7.一番好きな食べ物は?たくあん8.得意料理は?卵かけご飯9.苦手な食べ物は?バタ臭いクッキー10.趣味は?DIY(自作するものなら何でも)11.特技は?ブログを書くこと12.ブログを始めた理由は?好奇心から13.どんなブログにしたい?今のが理想14.誰に読んでもらいたい?誰でも15.どんな人と仲良くなりたい?誰でも16.このブログはいくつめ?一つ目(正確に言うとブログ人からの引っ越し)17.もう一つブログを作るとしたら何をテーマにする?やはりノンセクション18.その理由は?それほど深い物を持ってる訳でも探求心があるわけで...欲にかられて「50の質問」に答える

  • ボブさんからの手紙

    ブラフォーのボブさんからe-mailが来た。(前にも来た:2013年4月)大意は「もう日本には行かないよ、60年やってきたからもういいでしょ」、だと思う。16歳位の時に友人から勧められた"TheGreenFields","GreenSleeves","YellowBird","TheGreenLeavesSummer"の4曲を入口に、これまで約50年付きあってきた。メンバーチェンジや音楽傾向の変化とかさまざまな経験を共にしてきた自負しているし、1995年にインターネットを始めた時に(実はNIFでのパソコン通信時代からも)ブラフォーの情報を探したがほとんど見つからずに、2000年頃だと思うがそれ以来様々な情報が入手できる様になった。そして2000年ごろには国際フォーラムでコンサートがあってWowWowが放映してく...ボブさんからの手紙

  • 同窓会@伊豆長岡

    この日曜は小学校・中学校の同窓会で伊豆長岡まで行ってきた、何とも楽しいひと時を過ごした。中学を出てから思い思いの道を歩んで50年、そんな人々が一同に会する、と言っても62名中の37名(かなりの出席率!)。なにしろ田舎の学校だったから2クラス(31名/クラス)、当方は久しぶだったが他の仲間達は適当な感覚で会っていたらしい。宴会の後は二次会で一部屋に集まってグダグダとして、部屋に戻っても寝る気配など無くグダグダいった案配で枕投げを良くしなかったもんだと朝になってあらためて感心した。(当然ながら寝不足の朝)久々の本格的温泉旅館で、こういう泊まり込みの飲み会で昔の女子に会うとかなんてのはワクワクもの。さて久々に対面したそのクラスメートたちはほぼ全員が昔の面影を残してジジババになっていたので違和感無し、ただ自分が他からど...同窓会@伊豆長岡

  • 鮒ずし

    昨晩は事務所で「ワンコイン・パーティ」を開催。(と言ってもただ乗っかって下働きをしただけだけども)タイテイは「業務スーパー」で調達したビール、乾き物、焼酎、炭酸、紙コップ等々を500円を払った参加者が飲み食い放題の和気あいあい宴席。昨日は誰かが琵琶湖の調達したフナ寿司と山形で調達した日本酒の組合せが大好評!!このフナ寿司は誰もが恐れて開封をためらっていた物で、知り合いのアドバイスを受けて冷凍庫に保存して、恐る恐る開封した次第。(以前よりクサヤ=干物の1/3程度のキツイ匂とか、持ってきた当人が「開封するなら当分事務所には来ない!」とかネガの印象操作がたっぷり状態だった)さて開封した結果は、ブルーチーズの香りに良く似ていて(クサヤと比較する様なものではない!!)味は「カツオの酒盗」+「サラミ」に粉チーズを掛けた様な...鮒ずし

カテゴリー一覧
商用