searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
うつぎ窯
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/utugigama
ブログ紹介文
天草に窯を築いて14年目になりました。 作陶、展示会、ふるさとの里山の様子などをご紹介いたします。
更新頻度(1年)

125回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2013/09/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、うつぎ窯さんの読者になりませんか?

ハンドル名
うつぎ窯さん
ブログタイトル
うつぎ窯
更新頻度
125回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
うつぎ窯

うつぎ窯さんの新着記事

1件〜30件

  • 菊池水源の紅葉は・・・

    ここんところの我が家は・・・おい。ちょっとお出かけしてみようかとかお泊りで・・・なんてそんな自由な身分ではなくなりましてどちらへ出かけるにも・・・朝にはじーさんの味噌汁とお昼の弁当を用意しじーさん今日はちょっと出かけてくるけん!っちゅうてささっと出発。そして夕方明るいうちじーさんの晩飯までには帰らねばという速攻お出かけ。そんな今回も途中ののんびりなんてカットカットカーーーーット!不知火松合を通って松橋から高速に乗り・・・・(最近、ほとんど高速で移動)やってきたのは旭志。ふとしたことから出会った沖縄のお客様から・・・久しぶりにメールをいただいて(この方まだ私より10歳ほども若く)それなのに、両親を介護の毎日らしく・・・・介護っていうのはね。手抜き息抜きが大事なんですよ!とのお言葉をいただきまして。一時期・・・あす...菊池水源の紅葉は・・・

  • こたつの日

    えぇ・・・・っと臨時ニュースを申し上げます。本日早朝天草地方急激な冷え込みを見せまして急遽、こたつを・・・・設置することとあいなりまして・・・・よって・・・本日11月5日をこたつの日と決定したことをここに宣言いたします。今日もご安全に!こたつの日

  • 10才若返る方法。

    お昼頃のひと時に・・・ふとカレンダーを見あげあーーーもう11月かぁ。って・・・ん?ん?ん?なにやら・・・・このメモは・・・・(テレビの料理番組のレシピでも書き出したか?)と・・・・・見てみると。ぷっ(笑)おなかひっこめ歩きだけで消費カロリーup!だそうで・・・・でも・・苦しくない程度にひっこめること!だそうで・・・その方法で・・・10才若くなる。・・・・・らしーーー。ふむふむ・・・コツは息はぁはぁするくらいがよい。・・・・・らしーーーです。みなさまもぜひお試しを!なお、効果には個人差がありあくまで個人の認識であることを書き添えておきます。悪しからず。10才若返る方法。

  • あなかしこ あなかしこ

    子供のころは・・・秋になれば、山を駆け巡り栗とりにとらんべ(むべ)とり椎の実をひろったり・・畑に行っては、干してある芋づる(牛のえさになった)に潜り込みはは(笑)俺んち俺んちっちゅうて威張ってみたり・・・冬は冬で風呂場の焚口でからいもを焼いて食ったり春は田んぼのあぜ道を走り回ってオタマジャクシが寄り集まっている水たまりをかき回しカエルを捕まえ夏は集落に流れる川を・・・川下から川上まで歩いてちょっとした探検家になったような気分になったりそれはそれはもう・・・・忙しいもんでございました。そんな毎日がくりかえし繰り返しつづいてなんだかずーーーっとそんな感じの日々が続いていくような気がしておりました。大人になるとか子供の親になるとかましてや自分がおっさんそしてじーさまになることなんて考えてみたこともありませんで・・・そ...あなかしこあなかしこ

  • 無 ムムム。

    うぅーーーん。かなり・・・・ごちゃごちゃしてきましたぞ。釉薬物のろくろ挽きはほぼほぼ終わらせましていよいよここから焼き締めの成型に入ります。もうすでに窯の空焚きは終わらせましたので・・ぼちぼち、窯の中へと運び入れにゃなりませんな。やっぱり日々いろいろございましてね。ろくろさえ回してれば無になれるなーーーんてそんなありさまでもなくなってきましたが・・・窯主、なんとか考えすぎない日々をろくろに求め窯主にとってはろくろ。じーーさまにとっては・・・山仕事それが考えすぎない日々の薬となっておるようでございます。無ムムム。

  • 行きつ戻りつの茶碗仕事。

    ばーさまのあれこれやら・・・めしを食うためのお仕事の合間をぬってのろくろ仕事。これで飯を食ってる職人となれば一日で、200個から300個の湯飲みを削りまで仕上げるとか・・・それにくらべりゃ・・・わたしの茶碗仕事なんぞまったくのお遊びで。作っては壊し作っては壊し行ったり来たり・・・先日の珈琲ポットも一個は気に入らず土へと逆戻り。どうしようかなぁ。これで、焼くかなーそれとも再生にまわすかなぁ。なんて迷ってるときは、窯焚きして窯から出してあーー。ダメだこりゃ。ってことがほとんどで・・・。だいたい、気のすむところまで突き詰めたほうがすっきりなんですがね。行きつ戻りつの茶碗仕事。

  • 阿蘇から帰ってスッキリ!

    念願の阿蘇も楽しんできまして・・・ちょっとすっきり。またまた、朝に夕にろくろ。これがまた、手間かかりましてね。乾燥具合が端のほうから乾いてくるもんで・・・ちょっと削っては、ビニールで保護して一晩おいてまたちょいと削ってはビニールをかぶせ・・・というのを繰り返しております。まだまだ、削りの途中でございます。阿蘇から帰ってスッキリ!

  • 阿蘇。

    久しぶりの・・・・ほんっと久しぶりの阿蘇で。あーー阿蘇やねーー秋だねぇってそればっかりつぶやいておりました。阿蘇っていうのはいつ行ってもいいねぇ。この大きさとひろさとてもとても写真にはおさまりきらず。あーーー。できることならこの草原でばばーーーっとマットを広げて竹かごに入れたおにぎりなんかを広げて・・・パクパク食ってゴロンと横になってうぅーーーん。って背伸びがしてみたい。なんてそんな風に思うんですがね・・・同行者そのようなことご希望ではなくはいはい。参りましょう参りましょうってことで阿蘇神社付近の森の中でちいさなちいさなほんっとちっちゃな珈琲屋さんを見つけましてキッチンとお客様が座るスペースを合わせても(二人掛けが精いっぱい)6畳くらいの大きさしかなくて窓から外をのぞくとなんだか自分が小人になっちまったような感...阿蘇。

  • 人間 やる気がものをいうらしい。

    ここんところの、ピーカンのお天気とからっからの北風でみりん干しなんぞ何の心配もなくひと夜で乾ききるようなお天気が続いておりますが・・・じーーーさんにとってはおーーー。雨の一粒でも降らんことにゃ、大根がぁーってとうとう、川の水をポンプでくみ上げて・・・ということになったみたいでございます。じーさまのやる気には、もーーー脱帽!んーーこの遺伝子は・・・・はて?窯主に引き継がれているのかどうか。と思うた朝の風景でございました。人間やる気がものをいうらしい。

  • うまくかわされたもんだ。

    相変わらずのスローペースでございますが・・・そろそろ・・・窯の準備をしなきゃならんですな。(いや・・まだまだ本焼きではなくて、空焚きの第一歩なんですが)なぁーかなかばーさんのことで上ったり下ったり・・・でパンク寸前となりいろいろカリカリすることもございまして先日もちょいとおかみにあれこれあれこれ・・・で・・・今朝のこと「今日帰りに図書館に寄って、予約してた本が準備できたって電話あったけんもらってきて」と、お願いしてで・・・これが窯主の予約してた本。で・・・・おかみがちょいと見つけてかりてきた本が・・・こちら。これ読んでね。なにに怒ってるのか調べてみるの?ですって。やーれやれ(まったく歯がたたねぇや)なんだか本気で怒ったこちらが損したような・・・ねぇ。うまくかわされたもんだ。

  • うまいもの。

    いやーーー。ここんところのいい天気。風がさわやかで・・・いーーーーですなぁ。先日の十五夜さんもばっちり気持ちよくまん丸でございましたし。で・・・・風がさわやかってことは・・・出来上がりましたぞ!いわしの丸干しにひらいたみりん干し。それとさわらの細切りみりん干し。あーーー。ここまでたどり着くのにどんだけ魚を無駄にしたことかお-いおいおい(泣)苦節十八年。ある時はきれいに出来上がったと思わせて、食ってみたら塩辛くてまったく食えず・・・またある時は塩があまくて(塩があまいって表現はあまくさだけですかいね)したつむような(舌がむずがゆくなるような味の意)ことになり・・湿気った南風であおかびをはやしぽかぽか天気では、ハエの黒だかりでぎょっとさせられ全廃。やっとやっとでございますぞこの塩梅。そうそう・・・こいつがまた・・・...うまいもの。

  • お月様

    おおーーーおおーーーーー。なんとなんと、今日は十五夜さんではございませんか!日々、なんのかんのとジタバタしてはおりますが・・・こういうときこそ、季節の変わり目を楽しまなきゃね!ってことで・・・準備万端。あとはお月様がふわりと出てくるのを待つだけなのでございますが・・・・ん?十五夜って・・・はて?お月さんに何かお願いする日でしたっけ?それともお月さんに、いろんなことを感謝する日でしたっけ?いやいや・・・たぶん・・・あーー月がまん丸だねぇ。秋だねぇ。っちゅうて肌寒くなってきた夜風を感じて夜空に浮かぶ月を見上げながら焼酎を飲む日じゃなかろうか。と思うのでありました。とさ。お月様

  • 栗ご飯。

    むかし・・・といっても、たぶん30年ほどまえわたし作る人・・・・わたし食べる人・・・なんてぇコマーシャルがありましたがあれはなんで女が作る人で、男が食べる人なんだとかなんとかのご意見をされる方がおられて放映中止になったとか。そういう話を聞いたような、聞かないような。で・・・・我が家。栗ご飯はうまい。この季節には欠かすことのできない旬の食べ物。食べる人がいれば・・・食うことには、手間をおしまない・・・というか食うことに心血を注いで生きているみたいなひとがいて・・・それで、夫婦というのはなりたっております。うぉーー。爪がいてぇー。栗ご飯。

  • 秋の窯元巡り・・・ありがとうございました。

    この連休中ご来場いただきました皆様に・・・まずは、御礼申し上げます。(感謝感謝の感涙でございます。)今年は、コロナ禍だし・・・秋は・・・どうかなぁって感じだったのでひょっとしたら、こりゃ猫一匹なんてことになりゃせんかと心配しとりましたが。まあ、ろくろを回しながらいいテンポの感じで、お客様にお立ち寄りいただきましてそれも、けっこう焼き締めを好まれる方が多くて・・・あたぁ!焼き締め中心に並べたら、「なんこれ!たかっ!」っちゅうて珈琲も飲まずすたこらさっさと帰られることになって窯主がっくりてなことになるのがこわくて、ふつーーーの釉薬物を並べてるとこんな感じですからねぇ。まあ、それもこれも運でございますからね。んーーー。もう少し広い展示場があったらねぇ。なんて考えんでもないのですが・・・うつわとの出会い人との出会いはお...秋の窯元巡り・・・ありがとうございました。

  • さわらを・・・

    天草、秋の窯元巡り始まっちゃいましたねぇー。もちろん、我が家も今回は参加しておりますぞ(ハーフ的な感じでありますが)土曜日曜といつも応援していただいているお客様や観光を兼ねてのお立ち寄りの方などまことにありがとうございました。(やはり、お客様に見ていただけるという喜びで、今回も茶碗について語る言葉が止まりません)いかんいかんしゃべりすぎでございます。と・・・お昼頃にさわらを一本いただきまして。ふむふむこりゃーいっちょみりん干しなど作らにゃいかんでしょ。ってことで(いつものことですが、酒の肴をつくることに、無性にマメなのでありまして)二時間ほど漬け込みまして・・・ほら!いい感じでございましょ。あとは・・・今夜は一晩冷蔵庫の中で、少しだけ冷風乾燥させてと・・・うぉーーー!のぉーーーー!し・し・・・しまったーーーー!...さわらを・・・

  • 短パンTシャツ姿の窯主とうつわたち

    いよいよ、今週末窯元巡り開催。で・・・ここんところ、はて・・・展示の具合はどんな風にすべーかなぁ。とまずは玄関にアルコールとマスクなどは常識としてあれこれと考えてみたのですがねぇ。んーーーーー。んーーーーー。と・・・どうにもこうにもなかなかいいアイディアも浮かばず。今回は・・・自宅を展示会場として使うのをあきらめて工房のみを展示会場として・・・今までにしたら、ハーフな感じになっちまってまことに申し訳ございません。ふつう、展示会っていったらねぇ。国道沿いのウェルカムボードで「ん!今回はどんな器焼いてるかな?」なんてワクワク感を盛り上げてこの狭い道がちょっとあぶねぇんだよねぇ。なんてひやひやさせてやっと窯主家に到着。玄関を入るとまずはこのでっかいので、びっくりさせて・・・壁に目をやると・・・おや?と考えさせられるよ...短パンTシャツ姿の窯主とうつわたち

  • 秋の行事。

    朝夕は秋らしさが感じられるようになりましたなぁ。いかがお過ごしでございましょうか・・・・昼間の日差しにもどこかしら柔らかさがおおーーー。秋ですなぁ。秋になれば・・・こーーんなことやあーーんなこと・・・・なんかが・・・めじろおしでございまして。むむ?めじろ押しって・・・・あの小鳥のメジロ?そんなに押し合いながら小枝にとまってる?という本日の疑問でありました。あーーぁ。今日も茶碗仕事出来んかったなー。秋の行事。

  • 焼き物って?

    人間70年80年と生きていればその重ねてきた年月の分だけ、いろんな思いが積み重なっておるのですが・・・藤原てい。やっぱりこの時代の人は経験してきたことの重さが違うです。終戦を満州でむかえ背中に乳飲み子両手に息子二人を引き連れて38度線を越えて南下。そして、引き上げ船で日本へと・・・・という。そういえば牛深にも、ついこの前まで焼肉三八というお店がありまして・・・店の名前の由来が38度線を越えて引き揚げてきたからという話を聞いたことがありました。その時は・・「ふ・ふぅーーん38度線ねぇ。あの北朝鮮と韓国の間にあるラインだよねー」なんて聞き流しておりましたが物事を知らんっちゅうのはおそろしいことで・・・現実の体験者を前にして、ふふーーーんっちゅうて、ただの酒の肴にしてしまって聞き流してるんですからねぇ。ってことから考...焼き物って?

  • 台風10号さんへ・・・

    台風10号さんに告ぐあなたねぇ・・・いくら海水温が高いからって・・・そんなに発達してどうしますの?それにね・・・天草なんてところ通ってみたところで・・・こんな田舎のじーさんばーさんがやっとこさ暮らしてるようなところなぁーーーーんも見るところもなし。うまいもんがあるわけでもなし。どうか・・・どーーーーかそこんところおとなしくできるだけ、そーーーっとそーーっと通り過ぎるっちゅうわけにはいかんですかね。という窯主からのせつなるお願いでございました。台風10号さんへ・・・

  • 台風10号 最悪のコースじゃね。ふぅ。

    観測史上最高レベルの台風が近づいているとか。かなり強烈でたぶん・・・トラックが横転したり電柱が倒れるほどだっていうもんで小屋の片づけやら、シャッターの補強・・・そうそう、何より・・・そんなものすごい風が吹いた日にゃー窯の屋根は吹っ飛び煙突も倒れちまうですばい。ってことであたふたあたふた・・・・なんとか今日のお片付けを終えてたこきゅうでビール飲んでたら・・・お仲間から・・・「天草から、コロナが出たってよ!」って電話がはいはいはい。もうね。コロナなんかどこで発生してもおかしくないし、あんま敏感に反応しないようになっとるとですたい。(って、それじゃーいかんとだろうけど)それよりなにより、今の窯主には煙突の補強どうしようかなぁ。という方が、心配の種でございます。どうぞみなさまも、もういっちょ鉢巻をしめなおして厳重な警戒...台風10号最悪のコースじゃね。ふぅ。

  • 窯の泥だし。

    雨だって言うと・・・・どどーーーっと降って晴れだって言うと・・・・・もーーこれ以上ないってくらいにじりじり照りつけやっと9月になったかぁって思ってると次から次に台風が、それも超強烈なやつが・・・何やら、気候変動が完全に次のフェーズに移ったとか言うておりましたが。どーーもふつうに暮らすこと自体が難しくなってきているような気がしております。さてさて本日は7月豪雨での我が家の窯天草でも結構な大雨で何しろ、窯の底部から30センチほどの高さまで(レンガ4個分程度)川からあふれて流れてきたゴミが引っかかっておりましたので。(いつもははるか見下ろすところを流れている川なんですけどね)窯の中は、泥だらけ。このまま窯焚きしたら、たぶん泥の部分が溶けちまって中の器に影響が・・・ぜんぶこそげとってかき集めバケツの水で何回も何回も流し...窯の泥だし。

  • うぉーー うぉぉーー。

    なんさま、あつかですなぁーー。あまりの暑さに、Tシャツなんかもぬいで・・・トランクスいっちょで、ろくろ回しておるのですが・・・・いやーーーー。あついあつい。あっ!お話は、そういうことではなくて。昨晩のこと・・・夜中3時過ぎなんとも言えない気分の悪さにおそわれてトイレへ直行。それからがまた、つらいことつらいこと。渚に押し寄せる、波のように湧き上がってくる腹痛と吐き気で・・・・うぅーーー。洗面器を両手に抱え込みげーげーシャーシャー足もなんだかだるーーなって、早いとこ布団で横になりたいものの、くりかえすさざ波・・・(おもえば、何年か前もぶりの刺身でこんなことが)うぉーー。コロナってやつも、このくらいのきつさだろうかとか・・つわりの吐き気って、こんな感じかねぇなどと案じながらもなま汗だらだらでトイレの便座を死守(横にな...うぉーーうぉぉーー。

  • 流れる星は生きている。

    この時代を生き抜いてきた人たちの経験って・・・ものすごいなぁ。藤原てい夫は山岳小説で有名な新田次郎氏そして、作中にも出てくる正彦ちゃんは数学者でエッセイストの藤原正彦氏満州の気象台で終戦を迎え夫とは道の半ばでいったん離れて子供三人を連れて日本に引き上げてくるまでのお話。それはそれは・・・・よー生きて帰れたねぇってほどのお話なんですが。つい先日ワンコインシネマ(500円で往年の映画が見れる)で、1953のひめゆりの塔を見たけれどこの映画も・・・すごかった。すごかったっていうのとはちょっと違うね。当時の女学校の生徒が動員されて、沖縄本島を戦火に追われて逃げていくんだけど海岸線を逃れて走っている女学生も壕の中から水を汲みに出て行く子たちも出演者みんなが次々と砲弾爆撃に倒れていくという。よー考えてみたら、この時代じーさ...流れる星は生きている。

  • 天草 窯元巡り・・・

    朝夕はなんだか涼しい風が感じられるようになってきました。いかがお過ごしでしょうかいよいよ9月迫る連休に、窯元巡りが開催。で・・・・相変わらず超スローペースで作り続けております。そして・・・窯元巡りの準備も、進めておるのですが・・・・・はい。今日は熱がでましたーー。はい。今日はトイレへってところでつまづいて今から病院へ行きます。食がなかなかすすみません。ってそれこそジェットコースターなみの感情のゆれを呼びまして。あーあーそれも、これも誰もが経験することでもう、何があってもおかしくないしぜんぶぜーーーんぶ受け入れましょう。とは思ってみるのですがどだいこの問題が落ち着いてからすっきりと遊びに出かけましょ!なんてことはこの年代には無理なのでしょう(問題は次から次に湧いてくるようにふりかかってくるのでありまして)ウィズコ...天草窯元巡り・・・

  • ああ、阿蘇よ。

    ちょいと御用で・・・熊本まで。朝9時前に出発して・・・・お昼頃到着でちょちょっとまわって・・・おそばをいただいて・・・夕方五時までには自宅にとんぼ返り。というあわただしさ・・・・あーーー。できることなら・・・せめて俵山の峠から阿蘇の風を浴びてみたかったなぁ。なかなかままならないお年頃でございまして。阿蘇はまた次回のお楽しみです。なかなか、恋焦がれているものにあえないという時間が期待を膨らませてはくれますが・・・ふぅ。ああ、阿蘇よ。

  • 羽化しました!

    あーーあーー本日は晴天なり・・・えーーー。先日の緑色をしていたさなぎ・・・本日午前。羽化しましたことをここにご報告いたします。実は、ネットで調べておりましたがアゲハチョウの場合はだいたい12日間ほどでさなぎから蝶へと・・・今回のやつは、なんとピッタリ12日目。アゲハチョウにもいろいろあって・・・幼虫の時は柑橘系の葉っぱだけを食すものだとか人参系の葉を好むものだとかどうも偏食が激しいようで・・・人間でいうたら・・・かまぼこばっかり食べてるやつとか毎食ゴーヤだけ食べてるとか?んーーーー。信じられんな。羽化しました!

  • ありがとう。

    すでに、じーさんの秋野菜の仕事が始まっておりました。この暑いのに・・・種まいて毎日みずやりして芽が出たらポットに移し替えて・・・うぉーーー!このやる気はいったいどこから湧いてくるのやら。さてさて、ばーさんですがここんところ不調でございまして・・・尿路感染からの熱発そして足のむくみそんな時施設のスタッフさんから電話で・・・どうも、いつもと違うような予感がしますので、お盆休みの前に診てもらったほうが良くはなかでしょうか?ってことでまあ、よくある高齢者の繰り返すパターンなんですが恥ずかしい話窯主は以前こう思うておりました。天草は年寄りばっかりになってあっちも施設こっちも施設なんとか園やらグループホームなんとかやら年寄りを世話することで経済がぐるぐる回るって・・・ってどういうことじゃね?なんて。それにあわせて、うちの中...ありがとう。

  • 朝仕事のモルゲン。

    おはようございます。一応稲刈りは終わったのでございますが、田んぼ仕事はもうひとつ残っておりまして・・・草が生えないうちに、耕しとかにゃなりません。(これが終われば、来年の春まで田んぼ仕事はお休みです)なんせ、この季節まだ夜が明けきらないうちに始めてできるだけ日中のものすごい日差しを避けようと・・・山屋なんかじゃこの朝日で山がオレンジ色に染まってくるのをモルゲンロートなんて言いますがね。田んぼで、朝の涼しい空気を浴びながらモルゲンというあーー。この雰囲気はなんだかキャンプに行ってテントの中から顔を出しごそごそと這い出してきてううーーーーーん。って背伸びをした時のそんな感じに似ている。あーー。阿蘇はどうなってるかなぁ。やっぱり、あちーーかなぁ。朝仕事のモルゲン。

  • 本は清涼剤にも・・

    お盆休みのせいなのか、ここ二三日道路を走る車が増えまして。まーーったく車の動きが読めんような不意の思いつかないような動きに悩まされひーひー言うております。そんな夏の一日いつもいつも・・・人類がどうしたとか文明はどうだ美の世界はなんてものばかりじゃなくて・・・・ちょっと、涼しげな風が吹き抜けるようなそんな物語読んでおります。ふーーー。本は清涼剤にも・・

  • 製作開始!

    かたづけかたづけおかたづけ。あーーー。思い切って、入れ替えちまってすっきり。まあ、焼き締め好みの方にはちょっと物足りないかも・・・でございますが。それよりなにより・・・窯主の頭の中はいろんな発想が滾々と沸いておるのでありましてさて・・・これが、夢の中の形となるかどうかは・・・あやしいところでございます。以上どーーーしても、窯主の意識は展示より製作の方に傾いちまうわけでございまして。もうしわけございませーーーんというご報告でございました。製作開始!

カテゴリー一覧
商用