プロフィールPROFILE

人類の起源さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
人類の起源を探る
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/gensenkeijiban-jinrui/
ブログ紹介文
人類の起源を探り、日本人の本来の性質を追求しています。
更新頻度(1年)

58回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2012/09/07

人類の起源さんのプロフィール
読者になる

人類の起源さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(IN) 5,826位 5,765位 6,071位 5,909位 5,911位 5,903位 5,858位 978,115サイト
INポイント 27 60 54 57 51 48 57 354/週
OUTポイント 3 3 0 0 0 3 0 9/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 13位 14位 16位 16位 15位 14位 14位 2,265サイト
人文・社会科学 2位 2位 2位 2位 2位 1位 1位 142サイト
歴史ブログ 26位 26位 27位 26位 27位 28位 28位 4,197サイト
日本史 5位 5位 5位 5位 6位 6位 7位 590サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 85,199位 89,739位 89,761位 89,870位 89,806位 89,798位 97,196位 978,115サイト
INポイント 27 60 54 57 51 48 57 354/週
OUTポイント 3 3 0 0 0 3 0 9/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 176位 199位 200位 202位 207位 207位 233位 2,265サイト
人文・社会科学 5位 7位 8位 8位 8位 7位 10位 142サイト
歴史ブログ 330位 380位 380位 380位 385位 384位 437位 4,197サイト
日本史 48位 58位 58位 59位 58位 56位 60位 590サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,115サイト
INポイント 27 60 54 57 51 48 57 354/週
OUTポイント 3 3 0 0 0 3 0 9/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,265サイト
人文・社会科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 142サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,197サイト
日本史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 590サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、人類の起源さんの読者になりませんか?

ハンドル名
人類の起源さん
ブログタイトル
人類の起源を探る
更新頻度
58回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
人類の起源を探る

人類の起源さんの新着記事

1件〜30件

  • ヨーロッパ最初のホモ・サピエンスの投射技術の解明

    同程度の脳容量、同程度の外圧下で、道具の発明に繋がる追求力に差があったということなのだろうか。-------------------------ネアンデルタール人絶滅の謎の解明に手がかり -ヨーロッパ最初のホモ・サピエンスの投射技術の解明-リンク【発表のポイ

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった(1)

    実在しない「想像の産物」をほかの誰かに伝えることができたとき、人類の文化的歴史が幕を開けた──。

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった(2)

    文化的開花のために人類が乗り越えた「2つの障壁」そして、これが人類全体に広まるには、ふたつの障壁がある。メンタル統合スキルを習得できる期間が長くなければならないというのがひとつ。現在の子どもは5歳前後まで言葉の再帰構造の習得が可能だが、これがいまだ言葉があ

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった(2)

    文化的開花のために人類が乗り越えた「2つの障壁」そして、これが人類全体に広まるには、ふたつの障壁がある。メンタル統合スキルを習得できる期間が長くなければならないというのがひとつ。現在の子どもは5歳前後まで言葉の再帰構造の習得が可能だが、これがいまだ言葉があ

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった(1)

    実在しない「想像の産物」をほかの誰かに伝えることができたとき、人類の文化的歴史が幕を開けた──。遺伝学的および考古学的研究によると、われわれ現生人類にはネアンデルタール人と共通の祖先から分かれる約60万年前には、すでに現代のような音声器官が備わっていたと考

  • ヒトにだけ起きる動脈硬化―進化の過程で失われた遺伝子が関与

    人類が進化の過程で200万~300万年前に失った遺伝子が、心臓病や脳梗塞の原因とされる動脈硬化に関係している可能性があることが分かったようです。つくばサイエンスニュースリンクより、以下転載。-----------------------------------------------------------------ヒトに

  • ヨーロッパは「今も昔も移民の大陸」 科学が示す-民族主義者の思い込みを覆したDNA解析-

    (以下引用)―――――――――――――――――――――――――――(リンク ヨーロッパ人とは実際のところ何者で、どこから来たのだろうか?  科学は今、新たな答えを導き出そうとしている。それは、ヨーロッパ大陸は氷河時代から人種のるつぼだった、というものだ。現

  • 数万年前の人類が見ていた「星座」 古代の壁画から発見。彼らは既に高度な天文学を持っていた!

    古代人類の壁画はただの落書きではなかった。宇宙の運行と地球の節理が一体であることを彼らは既に何万年も前から知っていた。彼らが高度な知能を持っていたのではなく、我々の知能こそが衰えている。という無能の自覚が現代人類には必要なのかもしれない。数万年前の人類が

  • 石器時代から青銅器時代へ、DNAが入れ替わったイギリス。混ざりあった縄文日本。

    先日のNHKでも取り上げられていたが、縄文人と弥生人が混血して、現在の日本人にそのDNAが引き継がれているのに対して、同じ時代に、同じような巨石信仰をつくりだしたイギリスの古代ブリトン人はほぼ絶滅して、ヨーロッパから新たに移住してきた人々と入れ替わってしまった

  • 「アフリカ以外で最古の現生人類発見」に異論百出

    以下引用(リンク)――――――――――――――――――――――――――――――――先日、ギリシャ南部の洞窟で見つかった頭骨が、21万年以上前の現生人類(ホモ・サピエンス)のものであるとする論文が発表されて話題になった。アフリカ大陸以外で発見されたものとしては

  • そして、人類は水生生活から陸生生活に戻った

    人類水生進化説 第4章 人類は水生環境で進化したリンクから引用させていただきます。--------------------------------------------- ヒトの祖先は、以上の例のように随分と水生環境、それも、海あるいは塩水湖に適応していた時期があったと考えられるのですが、それが、

  • 【進化の謎】地球上の生物は多種多様なのに、なぜ人間は一種類だけなのか? 理学博士が驚愕の真実を語った!

    ほかの生物と比べて人類は一種しかなくて、進化も遅い。これは今の人類が様々な生存圧力から進化してきた完成態なのか?それとも、絶滅危惧種と考えたほうがいいかと思いました。現代人は人工的な方法を使って、様々な研究を行っていて、人工進化も考えているが、それは本当

  • 人類の先祖は猿。ではその前は…?

    リンク人間は猿から進化した……人類の起源については、ずいぶん前からそう言われている。だが、実はこれは正確ではない。正しくは“猿に似た類人猿”から進化したのである。人類進化のシナリオは、5段階に分けられる。初期猿人・猿人・原人・旧人・新人である。この新人とい

  • 人類は水生環境で進化した

    人類水生進化説 第4章 人類は水生環境で進化したリンクから引用させていただきます。---------------------------------------------この「人類水生進化説」は、ヒト特有のほとんど全ての形質について、矛盾することなく、見事に説明できてしまいますから、信憑性の高い説

  • 人間の耐久力、絶対的な限界は「胃」で決まる?

    人間の身体的限界は極限状態ではサルをはるかに上回るらしい。極限時代に最弱で飢えと戦った証なのか?2足歩行や脳の巨大化などの差異から獲得したものなのか?----------------------------人間の耐久力、絶対的な限界は「胃」で決まる?リンク

  • DNA解析を元にした人類チンパンジー起源説に波紋を投げかけるオランウータン起源説

    現存する人間に最も近い生物はチンパンジーではなくオランウータンだ。こう主張する最新の研究論文が議論を呼んでいる。 この主張は、オランウータンと人間が身体的に酷似していることに基づく。論文の執筆者によると、人間をチンパンジーと結び付ける遺伝的な「証拠」の存

  • 聴覚について人間と猿の脳には大きな違いがある

    聴覚について人間と猿の脳には大きな違いがある。音楽と発声が重要な意味を持つとのことだが、二足歩行の訓練としての踊り(音楽)や言語機能(発声機能)の獲得が脳の進化を促進したのだと考えられる。聴覚機能を使わず視覚機能だけを使うことは、脳がほとんど働かないこと

  • 類人猿の歴史2~ 人類の祖先は果実の森(楽園)を巡る同類闘争の負け組

    類人猿第3世代のチンパンジーが果実食にこだわり、性闘争と同類闘争を生き延びたのに対して、アルディピテクス(ラミダス猿人)は同類闘争の敗者だったのだろう。乾燥化の進む森林と草原の境界域(ヤシの木が主)でかろうじて生き延びた。奇跡の類人猿第3世代である。(海洋

  • 多種多様なヒト族が複雑に交配し共存

    中国を中心にアジアで続々と人類の化石が出ており、最早これまでのカテゴリーには納まらない状況になっている。中国には報告にあがっていない化石も沢山眠っており、恐らく人類は多種多様で、複雑に交配し絡み合うなかで進化してきたと考えるのが現実的だろう。アフリカ単一

  • 「戦いは人間の本質ではなかった」:研究結果

    人間のなかにある好戦的な気質が、実は比較的新しいものだと示唆する新たな研究結果が発表された。ふたりの文化人類学者は、人間における集団による暴力は異常なことであり、暴力が人間の本質に関わるとは言いがたいとしている。以下「WIRED.JP」(リンク)より引用します。

  • 「東洋人と西洋人は世界の見方が異なる」

    西洋人と東洋人では、写真を見るときの目の動き方に違いがあることを示す研究結果がミシガン大学から発表された。同じ風景写真を見ても、ヨーロッパ系の米国人は前景にある対象に集中するのに対し、中国や日本で育った人は背景の観察や全体像の認識に多くの時間を費やすこと

  • 人間とオラウータンだけが発情期が無く、正常位で長くSEXする。

    「人類のオランウータン起源説⇒ラマピテクス起源説346069」で紹介されている以外で、現類人猿(テナガザル、ボノボ、チンパンジー、オラウータン、ゴリラ)そして人類のなかで、オラウータンと人類だけが、発情期が無く、正常位で長くSEXする。現類人猿と人類は、共通祖

  • 自然への畏敬の念、仲間との深い共認関係のなかで、言語と絵画を通じ認識機能が発達していった

    他の動物にはない「観念機能」をもつ人類の特徴を表しているのが、「言語」「絵画」であろう。Q.どのように生み出し発達させていったのだろう?足の指が先祖返りして木に登れなくなった「カタワのサル」が人類の起源である。(参照:実現論1_6_01)それゆえに、置かれた環

  • 35万年前から5万年前の東アジアの化石はおそらく、ほぼ全てデニソワ人

    >35万年前から5万年前の中国および東アジアの(ヒト族の)化石はおそらく、ほぼ全てデニソワ人のものではないかという仮説だますますアフリカ起源説が覆りそうな感じだ。あとチベット言えば、日本人の特徴であるY染色体Dグループがいる地域でなかったけ。--------

  • 私たちが日常使っている話し言葉を基盤とする言語は、15~5万年前の間に形成されていった

    人類だけが「言葉」をもつが、その起源はいつか?(※サルでもオウムでも可能である単語の“発声言葉”レベル、また、赤ちゃん言葉やゼスチャーで間に合うレベルの言葉とは区別した、現在私たちが日常使っている話し言葉を基盤とする言語。)人類の誕生は約500万年前ともいわれる

  • 人口が減ると日本が豊かになる理屈

    リンク人口急減で機械が必要とされ、レオナルド・ダ・ヴィンチは天才となった。天才も社会が必要としなければ「変わった人」で終わったでしょう。縄文壊滅の結果、稲作文明が起こった今のペースで低出生率が続くと数十年で人口1億人を割り込み、21世紀末には半減している可能

  • 「縄文体質」を考える3~縄文時代の集団規範を考える ②

    338279 の続きです。近々②を出すといっていたのに申し訳ありません。それでは前回の続きです。リンク より転載です。(このリンク先は自分が運用しているページです。)ハ.縄文人の活力源縄文の婚姻制を解明する中で、改めて考えさせられたことがあります。それは生まれた

  • 人類の集団規模は何に規定されているのか?

    適正な集団規模は本能に刻印されているのか?観念支配で集団を肥大化させた私権時代。脱観念支配と万人が共認形成ツールを得た次の時代(共認原理)、人類はどのような集団規模で適応していくのだろうか?-------------------------------ダ

  • 人間は道徳観念ではなく「他者への共感性」によって高度な文明を築き上げたという主張

    以下リンクより人間は他の動物と異なり、利他的な行動によって繁栄したといわれています。例えば人間はインターネットで知識を共有し、社会全体のために投票を行い、手に入れた天然資源は自分のものにするのではなく社会全体で共有するために管理します。こうした社会的な協

  • フィリピンで新種の原人を発見、人類の進化に新たな説も

    リンクより転載します。-------------------------------フィリピン最大の島ルソン島で、新種の原人「ホモ・ルゾネンシス(ルソン原人)」が発見された。人類の家系図に、新たに加わることになる。ルソン原人は、古代の人類の祖先と比較的最

カテゴリー一覧
商用