プロフィールPROFILE

人類の起源さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
人類の起源を探る
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/gensenkeijiban-jinrui/
ブログ紹介文
人類の起源を探り、日本人の本来の性質を追求しています。
更新頻度(1年)

64回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2012/09/07

読者になる

人類の起源さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(IN) 5,482位 5,312位 5,296位 5,438位 5,429位 5,306位 5,553位 980,762サイト
INポイント 54 51 54 48 54 66 69 396/週
OUTポイント 0 6 9 6 0 9 6 36/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 12位 11位 12位 12位 12位 12位 15位 2,274サイト
人文・社会科学 1位 1位 1位 1位 1位 1位 2位 142サイト
歴史ブログ 24位 24位 24位 24位 23位 23位 25位 4,216サイト
日本史 5位 5位 6位 6位 5位 5位 5位 592サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 54,730位 54,881位 55,164位 60,973位 60,518位 60,615位 68,840位 980,762サイト
INポイント 54 51 54 48 54 66 69 396/週
OUTポイント 0 6 9 6 0 9 6 36/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 100位 102位 103位 124位 118位 124位 139位 2,274サイト
人文・社会科学 3位 4位 4位 7位 7位 7位 7位 142サイト
歴史ブログ 186位 181位 194位 231位 227位 221位 253位 4,216サイト
日本史 28位 28位 32位 37位 37位 38位 41位 592サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,762サイト
INポイント 54 51 54 48 54 66 69 396/週
OUTポイント 0 6 9 6 0 9 6 36/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,274サイト
人文・社会科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 142サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,216サイト
日本史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 592サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、人類の起源さんの読者になりませんか?

ハンドル名
人類の起源さん
ブログタイトル
人類の起源を探る
更新頻度
64回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
人類の起源を探る

人類の起源さんの新着記事

1件〜30件

  • 人類と大型類人猿の違い ~ドーパミン回路の活用について~

    仲間と「『感謝』とは何か?」を追求している。そのために、脳の神経伝達物質(俗に脳内ホルモンといわれる)の成立順を探ろうとしたが、明確にはわからなかった。比較内分泌学という学問が近しい追求をしているようだ。ネットの情報をかいつまんで読むと、脳内ホルモン自体は

  • 人類が無毛化したのは、なんで?→初期人類は、水棲生活をしていたから!? (アクア説)

    初期人類は、淡水湖、川の水辺の洞窟で「水棲生活」をしていたから、無毛性といった人間特有の特徴になったのだろうか?これまで学会で異端視されてきた「アクア説」の記事を紹介します。以下、<リンク 2019年9月26日 人類はサバンナではなく水辺に移って進化したという「

  • 遺伝子の進化について ~ 1.遺伝子の進化とは~ABO式血液型を中心に~

    若者の間では性格診断に用いられることの多い「血液型」。性格と血液型の関連性に科学的根拠はありませんが「遺伝子の進化」という視点から見れば血液型は重要な要素であるようです。リンク より引用しています。

  • 日本人の容貌とルーツ

    日本人の容貌とルーツリンクより引用です。・・・・・・・・・・・・・・・・今回は「日本人の容貌とルーツ」について、カテゴリ「日本人のルーツ」を基に「記事まとめ」をします。まず、日本人のルーツですが、Y染色体ハプログループ分類によりますと、アイヌ系(Y染色体ハ

  • 肉食になることで、人類の脳は大きく発達した

    リンク「さあ、今夜はごちそうにしよう! 何が食べたい?」 こう聞かれて、野菜料理を挙げるひとはまずいないだろう。ごちそうは肉料理に決まっている!(ベジタリアンを除いて) レストランでも、メインディッシュと言えば、肉か魚料理——つまり広義の「肉」料

  • ◆人類は発汗による体温調節の獲得で頭脳進化を果たした

    ◆汗専門の汗腺を、もっとも発達させたのが人類体表から汗をかく動物は少ない。哺乳類では霊長類とウマ科、一部の齧歯類ぐらいだ。馬や牛は、ニオイを出す役目を持った原始アポクリン腺という汗腺の分泌能力を高め、体温調節に使っている。ただし、人間のように外気温に反応

  • 人類は氷河期に肉食になった

    魚類、両生類、爬虫類、哺乳類、鳥類どの種にも少数の肉食種が登場していくる。その適応のための転機は何なのだろうか?人類においては氷河期が関係しているのではとのことだが、長い動物の進化の歴史も同じ理由なのだろうか?----------------------

  • すでに奴隷が? 先史欧州の世帯内に格差

    以下引用(リンク)―――――――――――――――――――――――――――――――――ヨーロッパで社会的不平等が始まったのは、青銅器時代とされている。贅沢品とともに埋葬された有力者の墓がこの時代に現れるからだ。  集団の中で「持てる者」と「持たざる者」に分か

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった:研究結果 1/3

    リンク___________________________人類が洞窟壁画の制作や住居の建設といった「文化的躍進」は、7万年前より前には発見されていない。この時点でいったい人類に何が起きたのか──。この進化の引き金を引いたのが「脳の突然変異」であった可能性

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった:研究結果 2/3

    リンク続き)◆言葉の再帰構造を習得できるのは子どものうちだけ人間なら誰しも、生涯をかけて語彙を増やし文法を習得することができる。ところが、メンタル統合能力だけは、だいたい5歳くらいまでの幼児期に再帰構造のある言葉に触れておかないと、大人になってもこれを習得

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった:研究結果 3/3

    リンク続き)◆かくして7万年前に文化的飛躍がなされた前頭前野の突然変異をもつふたり以上の子どもたちは、互いに会話し合うなかで空間的前置詞や言語の再帰要素を発明した。これらの子どもたちは、再帰的な会話によって発達するメンタル統合能力を手に入れただろう。これに

  • 先史時代の人類は「動物の骨髄」を保存食にしていた

    そもそも>・人類は、樹上で生きてゆける機能を失ったカタワの猿であり、到底生存できないような極限的な状況下で洞窟に隠れ棲み、骨髄をすすりながら、奇跡的に生き延びてきた。330657分けだが、その痕跡がはっきりした。リンク より

  • ヨーロッパ最初のホモ・サピエンスの投射技術の解明

    同程度の脳容量、同程度の外圧下で、道具の発明に繋がる追求力に差があったということなのだろうか。-------------------------ネアンデルタール人絶滅の謎の解明に手がかり -ヨーロッパ最初のホモ・サピエンスの投射技術の解明-リンク【発表のポイ

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった(1)

    実在しない「想像の産物」をほかの誰かに伝えることができたとき、人類の文化的歴史が幕を開けた──。

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった(2)

    文化的開花のために人類が乗り越えた「2つの障壁」そして、これが人類全体に広まるには、ふたつの障壁がある。メンタル統合スキルを習得できる期間が長くなければならないというのがひとつ。現在の子どもは5歳前後まで言葉の再帰構造の習得が可能だが、これがいまだ言葉があ

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった(2)

    文化的開花のために人類が乗り越えた「2つの障壁」そして、これが人類全体に広まるには、ふたつの障壁がある。メンタル統合スキルを習得できる期間が長くなければならないというのがひとつ。現在の子どもは5歳前後まで言葉の再帰構造の習得が可能だが、これがいまだ言葉があ

  • 人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった(1)

    実在しない「想像の産物」をほかの誰かに伝えることができたとき、人類の文化的歴史が幕を開けた──。遺伝学的および考古学的研究によると、われわれ現生人類にはネアンデルタール人と共通の祖先から分かれる約60万年前には、すでに現代のような音声器官が備わっていたと考

  • ヒトにだけ起きる動脈硬化―進化の過程で失われた遺伝子が関与

    人類が進化の過程で200万~300万年前に失った遺伝子が、心臓病や脳梗塞の原因とされる動脈硬化に関係している可能性があることが分かったようです。つくばサイエンスニュースリンクより、以下転載。-----------------------------------------------------------------ヒトに

  • ヨーロッパは「今も昔も移民の大陸」 科学が示す-民族主義者の思い込みを覆したDNA解析-

    (以下引用)―――――――――――――――――――――――――――(リンク ヨーロッパ人とは実際のところ何者で、どこから来たのだろうか?  科学は今、新たな答えを導き出そうとしている。それは、ヨーロッパ大陸は氷河時代から人種のるつぼだった、というものだ。現

  • 数万年前の人類が見ていた「星座」 古代の壁画から発見。彼らは既に高度な天文学を持っていた!

    古代人類の壁画はただの落書きではなかった。宇宙の運行と地球の節理が一体であることを彼らは既に何万年も前から知っていた。彼らが高度な知能を持っていたのではなく、我々の知能こそが衰えている。という無能の自覚が現代人類には必要なのかもしれない。数万年前の人類が

  • 石器時代から青銅器時代へ、DNAが入れ替わったイギリス。混ざりあった縄文日本。

    先日のNHKでも取り上げられていたが、縄文人と弥生人が混血して、現在の日本人にそのDNAが引き継がれているのに対して、同じ時代に、同じような巨石信仰をつくりだしたイギリスの古代ブリトン人はほぼ絶滅して、ヨーロッパから新たに移住してきた人々と入れ替わってしまった

  • 「アフリカ以外で最古の現生人類発見」に異論百出

    以下引用(リンク)――――――――――――――――――――――――――――――――先日、ギリシャ南部の洞窟で見つかった頭骨が、21万年以上前の現生人類(ホモ・サピエンス)のものであるとする論文が発表されて話題になった。アフリカ大陸以外で発見されたものとしては

  • そして、人類は水生生活から陸生生活に戻った

    人類水生進化説 第4章 人類は水生環境で進化したリンクから引用させていただきます。--------------------------------------------- ヒトの祖先は、以上の例のように随分と水生環境、それも、海あるいは塩水湖に適応していた時期があったと考えられるのですが、それが、

  • 【進化の謎】地球上の生物は多種多様なのに、なぜ人間は一種類だけなのか? 理学博士が驚愕の真実を語った!

    ほかの生物と比べて人類は一種しかなくて、進化も遅い。これは今の人類が様々な生存圧力から進化してきた完成態なのか?それとも、絶滅危惧種と考えたほうがいいかと思いました。現代人は人工的な方法を使って、様々な研究を行っていて、人工進化も考えているが、それは本当

  • 人類の先祖は猿。ではその前は…?

    リンク人間は猿から進化した……人類の起源については、ずいぶん前からそう言われている。だが、実はこれは正確ではない。正しくは“猿に似た類人猿”から進化したのである。人類進化のシナリオは、5段階に分けられる。初期猿人・猿人・原人・旧人・新人である。この新人とい

  • 人類は水生環境で進化した

    人類水生進化説 第4章 人類は水生環境で進化したリンクから引用させていただきます。---------------------------------------------この「人類水生進化説」は、ヒト特有のほとんど全ての形質について、矛盾することなく、見事に説明できてしまいますから、信憑性の高い説

  • 人間の耐久力、絶対的な限界は「胃」で決まる?

    人間の身体的限界は極限状態ではサルをはるかに上回るらしい。極限時代に最弱で飢えと戦った証なのか?2足歩行や脳の巨大化などの差異から獲得したものなのか?----------------------------人間の耐久力、絶対的な限界は「胃」で決まる?リンク

  • DNA解析を元にした人類チンパンジー起源説に波紋を投げかけるオランウータン起源説

    現存する人間に最も近い生物はチンパンジーではなくオランウータンだ。こう主張する最新の研究論文が議論を呼んでいる。 この主張は、オランウータンと人間が身体的に酷似していることに基づく。論文の執筆者によると、人間をチンパンジーと結び付ける遺伝的な「証拠」の存

  • 聴覚について人間と猿の脳には大きな違いがある

    聴覚について人間と猿の脳には大きな違いがある。音楽と発声が重要な意味を持つとのことだが、二足歩行の訓練としての踊り(音楽)や言語機能(発声機能)の獲得が脳の進化を促進したのだと考えられる。聴覚機能を使わず視覚機能だけを使うことは、脳がほとんど働かないこと

  • 類人猿の歴史2~ 人類の祖先は果実の森(楽園)を巡る同類闘争の負け組

    類人猿第3世代のチンパンジーが果実食にこだわり、性闘争と同類闘争を生き延びたのに対して、アルディピテクス(ラミダス猿人)は同類闘争の敗者だったのだろう。乾燥化の進む森林と草原の境界域(ヤシの木が主)でかろうじて生き延びた。奇跡の類人猿第3世代である。(海洋

カテゴリー一覧
商用