chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
大人の事情 〜御朱印ライフ〜 http://akino1942.blog.fc2.com/

付き合いで始めた寺社(御朱印)巡り、今じゃ週末のライフワークになりました〜♪

今まで旅行はほとんど行かなかったんだけど、今では趣味が高じて神社仏閣からお城まで、幅広く各地を訪れ、その土地ならではの魅力を楽しんでいま〜す♪

akino194
フォロー
住所
岐阜市
出身
岐阜市
ブログ村参加

2018/07/30

1件〜100件

  • [兵庫県] 西国三十三所観音霊場の播州清水寺② 大講堂~本坊

    今回は前回と同じ、兵庫県加東市にあります『播州清水寺』(ばんしゅうきよみずでら)の続きをお伝えします(^^)/「大講堂」の外観から見ていきます。まずは、正面入口の全景ですが、間口が広いので広角でなんとか入るくらい横に長いです。この「大講堂」が御本尊である千手観音を安置しており、西国三十三所観音霊場の二十五番礼所となっています。因みに、この「大講堂」がある更に上に「根本中堂」がありますが、こちらももう一つ...

  • [兵庫県] 西国三十三所観音霊場の播州清水寺

    今回は自宅から250kmの場所、兵庫県加東市にあります『播州清水寺』(ばんしゅうきよみずでら)に行ってきました(^^)/駐車場に着くと、西端には「仁王門」がありました。「仁王門」の手前には「西国第二十五番霊場 御嶽山 清水寺」と刻まれた寺号標がありました。当寺の正式名は御嶽山清水寺ですが、同じ西国三十三所第十六番霊場である「清水の舞台」で有名な京都市の音羽山清水寺と区別するためなのか、こちらは「播州清水寺」を...

  • [京都府] 関西花の寺 紅葉の金剛院

    続いては、前回の松尾寺からは南西に5km程の場所にあります『金剛院』(こんごういん)に行きました(^^)/境内を取り囲む周辺林地は古くから社叢林として保存されてきたため、「金剛院京都府歴史的自然環境保全地域」として府県境の尾根筋まで広がる寺域は、とても豊かな自然が保持されています。門手前に赤い欄干の太鼓橋が架かり、門入口に誘います。棟門に両袖が付いた山門には、柱に「関西花の寺第三番」の文字が書かれた札が掲げ...

  • [京都府] 西国三十三所観音霊場の松尾寺②

    前回よりの続きで、今回も『松尾寺』(まつのおでら)になります(^^)/前回最後の写真の「本堂」より近寄って画面いっぱいに撮っています。屋根の緑青がいい味を醸し出していますので、重厚感のある建物に見えます。本堂の詳細を語る前に、周辺にあるものから見ていきます。まず最初にあったのは、岩をくり抜いた手水鉢に龍口か付いたシンプルな「手水」です。「手水」の更に東側にありましたのは、袴腰のある「鐘楼」です。 境内の...

  • [京都府] 西国三十三所観音霊場の松尾寺

    今回は、久しぶりに日本海側の京都府である舞鶴市に行って来ました(^^)/一人で下道ばかりを通り、岐阜から舞鶴まで3時間かけて『松尾寺』(まつのおでら)に着きました。標高693mの青葉山中腹にあり、西国三十三所観音霊場第二十九番の礼所になります。入口は苔むした石段から始まります。石段横には「御本尊馬頭観世音」と刻まれた石碑があります。石段の左側には「清浄洗心・抜苦与楽」と書かれた大きな水瓶がありました。江戸時代...

  • [東京都] 浅草寺本堂横に鎮座 浅草神社

    浅草寺のお参り後は、本堂の東隣にあります『浅草神社』(あさくさじんじゃ)に寄りました(^^)/入口も浅草寺境内から繋がっていますので、最初は浅草寺内にあるのかと思いました(^^;)入口右手に「浅草神社」と刻まれた社号碑がありました。五月の例大祭に三社祭が行われることから、別名「三社様」や「三社権現」とも呼ばれるようです。社号碑よこの玉垣上に御由緒等が書かれていました。「推古天皇三十六年(628)三月十八日の朝、漁...

  • [東京都] 都内最古の寺 浅草寺 西境内~影向堂

    前々回から紹介しています、今回が3回目の『浅草寺』(せんそうじ)です(^^)/前回までに「本堂」~「五重塔」までを見てきましたが、今回は「西境内」です。この西境内案内図の下が「本堂」です。一番下にある矢印の所から順番に廻りましたので、そのままをお送りいたします。西境内最初は、東側にありました「銅像阿弥陀如来坐像」と「銅像宝篋印塔」です。続いて、西境内の南側に廻り、通路の右手にありましたのは、「恵日須・大黒...

  • [東京都] 都内最古の寺 浅草寺 五重塔~銭塚地蔵堂

    前回に引き続き『浅草寺』(せんそうじ)です(^^)/「本堂」のお参りを済ませ、東西から本堂全景をパシャリ「宝蔵門」の西側に「五重塔」はありますので、ちょっと戻ります。写真は「本堂」の西側全景(1枚目の写真)を撮ったときに後ろにあった「五重塔」です。ちょっと「宝蔵門」西側まで戻り「五重塔」を見上げます。「五重塔」の手前には専用の拝殿(立入禁止)が付いており、下からの「五重塔」全景を見ることはできません。(-_-)「...

  • [東京都] 都内最古の寺 浅草寺 雷門~本堂

    成田山新勝寺のお参り後は少し時間があったので、東京都台東区にある『浅草寺』(せんそうじ)に寄ってきました~(^^)/東京の神社仏閣へ行きましたのは、実に2年ぶりとなります。まずは、東京では一番有名なんじゃないかと思っている「雷門」です。訪れたのは4月の初めで、コロナ明けでしたが、すでに大勢の観光客で賑わっていました。。。門横にありました寺号碑です。「金龍山浅草寺」と刻まれた文字は山号+寺号で正式名になります。...

  • [千葉県] 成田山新勝寺 平和大塔~成田山公園

    「醫王殿」に続いては、『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の「平和大塔」から最後までを紹介します(^^)/「醫王殿」の右横にあります「平和大塔」(へいわのだいとう)は、昭和59年(1984)に総工費約350億円で建立されました。真言密教の教えを象徴する塔で、総高は58m、1階は成田山の歴史展、写経道場各種受付があります。2階の明王殿には、大塔の御本尊不動明王、四大明王、昭和大曼荼羅、真言祖師行状図が奉安され、3・4階...

  • [千葉県] 成田山新勝寺 清瀧権現堂~醫王殿

    「光明堂」に続いては、『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の「清瀧権現堂」から「醫王殿」までを紹介します(^^)/と、言いたいところですが、残念ながら「清瀧権現堂」は保存修復工事に入っており、見ることができませんでした(; ̄O ̄)ガーン近くにスーパーゼネコンの大林組の事務所があるなぁと思ってたら…普段から中に入ることは出来ないようなんですが、最初に見た「三重塔」や「鐘楼」のような色鮮やかな装飾が施されて...

  • [千葉県] 成田山新勝寺 国重文の額堂~光明堂

    前回の「釈迦堂」に続いては、『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の「額堂」になります(^^)/「釈迦堂」の境内からは北側の石段を上った所に堂宇がたくさんありました。右側が「開山堂」、次に一番奥の方に見えるのが「平和大塔」、その次が「光明堂」で中心の一番大きく写っているのが「額堂」で、最後が「朝日観音堂」です。「額堂」はその名の通り「額」や「絵馬」を掲げる建築物ですが、ここにある「額堂」は国指定の重...

  • [千葉県] 成田山新勝寺 花まつりの釈迦堂

    前回の出世稲荷に続いては『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の釈迦堂です(^^)/出世稲荷へ向かう時に通った石段を下り、北へ曲がった所の花壇広場です。右に大本堂があり、左側に釈迦堂があります。中央の花壇の場所を左に曲がった所に「成田山花まつり」と書かれた「白象」(びゃくぞう)がいました。白象については、「花まつりは、お釈迦さまのお誕生をお祝いする行事です。 お釈迦さまは、約2500年前の4月8日、インドの...

  • [千葉県] 成田山新勝寺 出世稲荷大明神

    『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の大本堂に続いては、境内最西にある「出世稲荷」(しゅっせいなり)となります。何も知識を入れずに来ましたので、本来なら前回最後に見ました大本堂の西側にある「釈迦堂」に行っていましたが、大本堂で御朱印を書いてもらっている時に「成田山御朱印MAP」をいただきまして、その順番の2番は「出世稲荷」となっていましたのでそこから回ることになりました(^^)/最初にありました石段を...

  • [千葉県] 真言宗智山派大本山 成田山新勝寺 総門~大本堂2

    前回よりの続きです。『成田山新勝寺』(なりたさんしんしょうじ)の「大本堂」からとなります(^^)/銅板葺きの緑青が美しさを際立たせ、二重屋根が更に豪華さを醸し出しています。まずは、「大本堂」の周りにあります堂宇から見ていきます。境内の左手には、総門をくぐった左手にもありましたが、「御護摩受付所」です。「納札所」や「御守・御札受場」なども併設されています。境内の右手には、煌びやかな装飾が施された「三重塔」...

  • [岐阜県] 下呂市湯之島に開基 温泉寺

    前回に続いて下呂市湯之島にある『温泉寺』(おんせんじ)です。前回は、玄関の七福神寿老人でのお参りまででしたが、続いては山門右手にありました「鐘楼」です。本瓦葺き入母屋造りの屋根があり豪華な造りです。手前には野口雨情作詞で下呂歌謡の歌碑がありました。「下呂の温泉 お薬師さまは 昔ながらに 湯の守り」と刻まれています。境内の南側にいます観音菩薩立像はまだ新しいようです。境内の東南側にありましたのは「普明...

  • [岐阜県] 飛騨街道 湯之島宿にある 温泉寺

    下呂温泉合掌村にありました「かえる神社」の参拝後、合掌村を出て駐車場まで戻ってきました。続いてはそこから北にある『温泉寺』(おんせんじ)を目指します(^^)/下呂温泉はアップダウンが激しい場所で、今度は湯の街通りを上に登って行きます。少し登ると道中に黒塗りの鳥居が出てきました。鳥居には「飛騨街道 湯之島宿」の札が掛かっており、どうやら湯之島宿の入口のようです。街道沿いには「湯の街通り」と書かれた木製の常夜...

  • [岐阜県] 下呂温泉合掌村に鎮座 かえる神社

    飛騨高椅神社に続いては、同じ下呂温泉合掌村施設内にあります、『かえる神社』(かえるじんじゃ)です(^^)/今回は資料となるものや、由縁・縁起などの説明板等何もありませんでしたので、写真から読み取った情報しかない事をご了承ください。飛騨高椅神社の向かい側に、施設内の「歳時記の森」への入口門があります。門は合掌村に見られる茅葺きにて世界観を壊さないように造られています。合掌村は下部の集落がある「合掌の里」と...

  • [岐阜県] 下呂温泉合掌村に鎮座 飛騨高椅神社

    森水無八幡神社に続きましては、歩いて15分ほど東に向かった山の中腹にあります『飛騨高椅神社』(ひだたかはしじんじゃ)に行きました(^^)/当神社は、「下呂温泉合掌村」の中に鎮座しておりますので、まずは合掌村に入場します。因みに下呂温泉合掌村は岐阜県の白川郷(世界遺産)等から移築した10棟の合掌家屋集落で、日本の原風景を再現した合掌の里です。大人個人800円の入場料を払い入場します。集落には「旧大戸屋住宅」など、国...

  • [岐阜県] 温泉の街 下呂市に鎮座 森水無八幡神社

    3月後半にコロナのまん延防止解除を受け、日本屈指の温泉地である岐阜県下呂市に行ってきました。まずは、下呂市営駐車場(有料)に車を入れ、一番近くに鎮座していました、『森水無八幡神社』(もりみなしはちまんじんじゃ)に行きました。入口にある一の鳥居は石製の明神鳥居です。鳥居扁額と鳥居右手にある社号碑には「水無八幡神社」と刻まれています。調べますとその他に「森八幡神社」とも言うようで、どれが正式名称なのかわか...

  • [愛知県] 豊田市猿投山に鎮座 猿投神社2

    前回に続き、お正月の初詣で行ってきました『猿投神社』(さなげじんじゃ)です(^^)/前半では境内に入った所にある「神楽殿」で終了しましたが、その続きを紹介します。どうもいろんな情報を見ると、前回「神楽殿」と見解しましたが、あの後に猿投神社のリーフレットみたいな物を見つけまして、「拝殿」ってハッキリ書いてました。お参りする所がないから「拝殿」ではないと言う固定概念は捨てた方が良さそうなので、ここからは「拝...

  • [愛知県] 豊田市猿投山に鎮座 猿投神社1

    今回は、お正月の初詣で行ってきました『猿投神社』(さなげじんじゃ)です(^^)/ブログに上げるのに4ヶ月以上かかってしまいましたがご了承下さい<(_ _)>まずは、総門前にありました金色(黄色)の鳥居です。「一の鳥居」かと思ったんですが、Wikipediaによりますと、どうやら「二の鳥居」となるようです。。。 調べましたら「一の鳥居」はここから2㎞くらい南にあるようです…(^^;)二の鳥居をくぐると「籠川」が流れており、そこを...

  • [奈良県] 日本建国の地に鎮座する 橿原神宮

    今回の奈良県最後は、飛鳥寺から北西におよそ4㎞の場所、橿原市にあります、『橿原神宮』(かしはらじんぐう)に行きました(^^)/入口前は広いスペースが取られており、右側にある駐車場に向かう道路の反対側から撮りました。入口左手の大きな社号碑には「橿原神宮」の正式名が刻まれています。高さ10mは超えるかと思われる「一ノ鳥居」は木製の明神鳥居になります。両脇に灯籠がズラ~っと並ぶ参道の巾はかなり広く、淡い色の砂利で...

  • [奈良県] 日本最古の大仏を安置 飛鳥寺(安居院)

    岡寺(龍蓋寺)を離れ次に向かいましたのは、数㎞北西の明日香村飛鳥に鎮座する『飛鳥寺』(あすかでら)です(^^)/駐車場に入り、車の前から境内の全景を見ています。境内入り口前に「遠路ようこそ飛鳥路へ!」と題して住職謹記が書かれていました。「現在の本堂は古えの中金堂(一塔三金堂)の位置に相当し本尊飛鳥大佛は千三百九十有余年間そのままに座したまうは奇跡の存在といえよう。 平安朝まではより以上に膨張し中世以後天災地...

  • [奈良県] 石窟の弥勒を祀る奥の院 岡寺(龍蓋寺)

    前回に引き続き『岡寺(龍蓋寺)』(おかでら(りゅうがいじ))になります(^^)/前回は本堂までを見てきましたが、更に奥の「奥の院」に進みます。龍蓋池の前に、開基である義淵僧正と龍蓋寺の始まりを描いたレリーフがありました。 「飛鳥を荒らす悪龍を其の法力により石の蓋をもって 池に封じ込め 改心させる龍は善龍となり今もこの池に眠る この池を龍蓋池と名付け龍蓋寺(岡寺)の始まりとなる」と書かれていました。龍蓋池を過ぎ...

  • [奈良県] 西国三十三所観音霊場 岡寺(龍蓋寺)

    前回は三重塔までを見ましたが、今回も『岡寺(龍蓋寺)』(おかでら(りゅうがいじ))になります(^^)/写真は三重塔からの境内全景となります。手前左が前回見た「大師堂」、その奥に見えるのが「白書院」と「寺務所」です。意義奥にあります大きな建物が「本堂」となりますが、今回は本堂までを紹介させていただきます。三重塔の東側を更に上に登ると、上から境内を見下ろすことができます。山を切り開いて建立されたことがよくわかり...

  • [奈良県] 日本最初の厄除け霊場 岡寺(龍蓋寺)

    今回は寺社の訪問としては昨年最後となりました、奈良県明日香村にあります『岡寺(龍蓋寺)』(おかでら(りゅうがいじ))です(^^)/まずは、境内西側の県道沿いにある駐車場に車を駐め、「飛鳥周遊歩道」の階段を上がっていきます。この階段の右手にある「治田神社」(はるたじんじゃ)境内地にあったとされる「岡寺跡」について書かれた石版がありました。「岡寺(龍蓋寺)は義淵僧正によって建立されたと伝えられる寺院であるが、創建当...

  • [滋賀県] 近江八幡市安土町に鎮座 沙沙貴神社

    安土城跡に続いては、今回の滋賀県近江八幡行脚最後となります『沙沙貴神社』(ささきじんじゃ)です(^^)/駐車場は右奥側に若干あり、砂利道を歩いて参道入口に来ました。入口には「沙沙貴神社」の銘が刻まれた社号碑と、大きな灯籠が両脇にあります。「神々しい鎮魂 沙沙貴の杜 近江百華苑」とある看板が入口にありますが、ここでは境内全域を百華苑として「干支の庭」で 十二支の石像、 初春の「蝋梅(ろうばい)」初夏の「ヒトツ...

  • [滋賀県] 織田信長築城も幻の城 安土城跡2

    前回は安土城跡途中にあった「摠見寺」を報告しましたが、今回は『安土城跡』(あづちじょうあと)の続きを紹介します。摠見寺と重複する部分もありますがご容赦ください(^^)/まずは織田信長本廟の脇にあった「護国駄都塔」と書かれた石碑、説明がないので全くわからないんですが、塔と書かれていることからここに塔があったのかな?続いて「本丸跡」です。多分城址の中では一番広い場所かと思います。「天主台を眼前に仰ぐこの場所...

  • [滋賀県] 安土城郭内にある織田信長菩提寺 摠見寺

    今回は、前回の「安土城跡」大手道途中にありました『摠見寺』(そうけんじ)です(^^)/当日は特別拝観(有料)を行っており、入口に木製看板で案内がありました。現存するこちらは仮本堂らしく、江戸時代末期に本堂焼失後、昭和七年「伝徳川家康邸跡」に仮本堂が建てられ現在に到っているそうです。入口前に「伝徳川家康邸址」と刻まれた石碑がありました。前述したようにこの敷地に仮本堂を建てています。摠見寺の特別拝観に進みます...

  • [滋賀県] 織田信長築城の幻の城 安土城跡1

    近江八幡琵琶湖畔の「長命寺」に続いては、同じ近江八幡ですが湖からは少し内陸の安土山にあります『安土城跡』(あづちじょうあと)に行きました(^^)/写真は駐車場東から安土城跡山道入口と安土山の西側が写っています。舗装された入山口です。入口右手に安土城跡の説明板がありました。「安土城の築城は、織田信長が武田勝頼を長篠の合戦で打ち破った翌年、天正4年(1576)に始まります。築城にあたっては、畿内・東海・北陸から多く...

  • [滋賀県] 西国三十三所観音霊場の長命寺③

    前回の本堂に続きまして、『長命寺』(ちょうめいじ)の三仏堂から報告します(^^)/まずは、本堂のすぐ西側にありました「三仏堂」です。右側に「本堂」があり、渡廊下を介して「三仏堂」に繋がっています。「三仏堂」は檜皮葺き入母屋造りとなっており、三仏の名の通り、釈迦如来・阿弥陀如来・薬師如来の三仏を祀っています。堂手前にあった説明板を撮ってきませんでしたが、下に書いておきます。「三仏堂」は滋賀県指定有形文化財...

  • [滋賀県] 西国三十三所観音霊場の長命寺②

    前回の三重塔に続きまして、『長命寺』(ちょうめいじ)の本堂を中心に報告します(^^)/まずは、三重塔手前北側にありました「護摩堂」です。檜皮葺き宝形造りで、朱色の躯体が手前の紅葉に合っています。(訪問は昨年の11月です)「護摩堂」は国の重要文化財となっています。「護摩堂は本尊不動明王、古来、天下太平宝祚延長長寿開運諸願成就を護摩祈祷する道場であり、慶長十一年(1606)に三重塔に続いて再建されたことが、露盤に銘打...

  • [滋賀県] 西国三十三所観音霊場の長命寺①

    今回は滋賀県近江八幡市に行ってきました。まずは、琵琶湖畔にあります『長命寺』(ちょうめいじ)です(^^)/参道前の道路からです。参道左側に駐車場がありますが、数台しか駐められないので山の中腹にある駐車場に駐めて、歩いて降りてきました。参道入口です。参道右手にあるのは「穀屋尼寺(コクヤアマデラ)」と言うそうです。特に長命寺とは関係がないようです。入口前の道路は左に行くと中腹まで車で行くことができます。石段手...

  • [兵庫県] 西国三十三所観音霊場の一乗寺 ②

    前回に続いて『一乗寺』(いちじょうじ)です(^^)/下の説明文はリーフレットから転載していますが、それによると現在の本堂(金堂)は約400年前に建てられたようです。国の重要文化財だけあって、木の風合いなんかいい感じですもんねぇ「初代の本堂(金堂)は白雉元年(650)孝徳天皇の勅願によって創建された。二代目の本堂は建武二年(1335)、後醍醐天皇の勅願で再建され大講堂と呼ばれた。三代目は大永三年(1523)兵火による焼失の後、永...

  • [兵庫県] 西国三十三所観音霊場の一乗寺 ①

    姫路神社のお参り後は、今回の兵庫県観光最後となります、加西市にある『一乗寺』(いちじょうじ)に行きました(^^)/まずは、入口前に一乗寺の説明看板がありましたので転載しておきます。「一乗寺は西国三十三ヵ所観音霊場の第二十六番礼所として知られる天台宗の名刹である。 数度の火災で中世以前の古文書は残っていないが、中世の地誌である『峰相記』や元亨二年(1322)『元亨釈書』には白雉元年(650)、法道仙人の開基であると記...

  • [兵庫県] 姫路神社の境内社 寸翁神社

    「姫路神社」に続いては、その境内社となります『寸翁神社』(すんおうじんじゃ)です(^^)/写真は前回の「姫路神社」の時にもUPしましたが、姫路神社拝殿の左側にもう一つの境内社「岩倉稲荷神社」があり、更にその左に「寸翁神社」が鎮座します。こちらも「姫路神社」の手水舎です。戻ってもう一度手を洗いました。境内にありました「鶴」でしょうか? 稲藁のようなものを利用して簡易的に作られていましたが、この神社での由縁な...

  • [兵庫県] 藩祖を祀る姫路城鎮護神社 姫路神社

    男山八幡宮のお参り後は『姫路神社』(ひめじじんじゃ)に向かいました(^^)/水尾神社境内前の道を東に進むと姫路城の北側にあるお堀に出ました。お堀の橋を城側に渡り、そのままお堀沿いに進むと城郭の北東角に「姫路神社」がありました。境内の横を通り過ぎた所に看板がありました。境内周囲は玉垣で囲われており、入り口は格子の門が付いています。入口の左手に「懸社 姫路神社」と刻まれた社号碑があります。「姫路神社」は明治時...

  • [兵庫県] 姫路城十景の男山に鎮座する男山八幡宮

    前回の千姫天満宮より更に高い場所にある『男山八幡宮』(おとこやまはちまんぐう)に続いて向かいます(^^)/山道の分かれ道の所に「男山八幡宮」の説明書き看板がありました。「男山(海抜五十六メートル)から眺姫路城の初日の出は、正に絶景である。当社は貞和元年(1345)国家の守護神、京都の男山石清水八幡宮より勧請された。 文明元年(1469)大改築の記録も残されているが、正徳六年(1716)三月十五日第丗三代榊原政邦は姫路城の守...

  • [兵庫県] 徳川家康の孫娘&quot;千姫&quot;建立の千姫天満宮

    水尾神社に続いては、男山中腹にあります『千姫天満宮』(せんひめてんまんぐう)です。(^^)/下の写真は水尾神社入口より駐車スペースを挟んだ西側にありました石鳥居です。古そうな石鳥居の柱内側には「八幡宮」と刻まれておりますが、この男山には中腹にある「千姫天満宮」と、その更に上にあります「男山八幡宮」が鎮座しており、その八幡宮の名が刻まれていました。姫路城主松平直矩が寄進した「石鳥居」の説明板がありました。...

  • [兵庫県] 姫路城下十三町の氏神社 水尾神社

    姫路城からは西へ歩くこと15分くらいでしょうか?城下町の古い街並みが残る場所にありました『水尾神社』(みおじんじゃ)です(^^)/男山を後ろに、山の麓に鎮座しております当神社には鳥居はなく門柱が建っておりました。右の「産土神徳」はわかるんですが、左の「萬生所頼」は意味不明です(^^;)最初の写真に写っていませんが、門柱の両横に灯籠がありました。灯籠には寛政十二年と刻まれており、西暦では1800年なので結構古いもので...

  • [兵庫県] 国宝 姫路城 ③ 西の丸~好古園

    前回の続きで、国宝『姫路城』(ひめじじょう)の3回目報告となります。1回目←はこちらです。前回の最後で、最初にくぐった工事中の「菱の門」前まで戻ってきましたので、門の西側通路を南に進みます。この場所は「西の丸南門跡」と書かれていました。上にあがった広いスペースが「西の丸」になります。現在は「西の丸庭園」となっているようです。2枚目の左側が、西の丸南東角にある「カの櫓」、右手奥に見えるのは西の丸南西角にあ...

  • [兵庫県] 国宝 姫路城 ② 天守閣~備前丸周辺

    前回の続きで、国宝『姫路城』(ひめじじょう)を報告致します。前回は天守閣に入る手前の「水五門」までを見ましたので、いよいよ今回は天守閣となります。(^^)/「水五門」をくぐるとすぐに「水六門」があります。「西小天守」の地階に設けられた城門になります。正面が「ハの渡櫓」で国宝です。右手の明るい部分が天守群に囲まれた内庭になります。ここから内部に入りますので靴をビニール袋に入れて素足もしくは靴下で入ります。...

  • [兵庫県] 国宝 姫路城 ① 大手門~天守閣入口

    今回より、国宝『姫路城』(ひめじじょう)を報告致します。あまりに大きく広く、見所満載だったので、数回に分けてお送り致します(^^)/まずは前日の兵庫懸姫路護國神社の帰りに撮りました「姫路城」の遠景です。夕方ならそんなに人もいないだろうと思って撮りましたが、案の定次の日の朝は人がいっぱいであまりいい写真が撮れませんでしたので良かったです(^_^)vここからは当日の写真となります。まずは城内への入り口前にありまし...

  • [兵庫県] 戦死した英霊を祀る 兵庫縣姫路護國神社

    射楯兵主神社のお参り後は、姫路城の武家屋敷があった中曲輪内に鎮座しています『兵庫懸姫路護國神社』(ひょうごけんひめじごこくじんじゃ)に行ってまいりました~(^^)/入口右手に社号碑がありました。護国神社系は靖国鳥居が多いように思っていましたが、ここは石製の明神鳥居です。入口左手にあった昭和天皇御製の駒札がありました。「静かなる 神のみそのの 朝ぼらけ 世のありさまも かかれとぞおもふ」石畳の先が社殿(拝殿...

  • [兵庫県] 姫路城鎮護と縁結びの神様を祀る 射楯兵主神社

    圓教寺に続いては姫路市内中心部に移動し、姫路城を横目に見ながら『射楯兵主神社』(いたてひょうずじんじゃ)に行きました。写真は2006年に再建された「総社御門」です。あまりに立派だったのでこちらが正門かと思ったんですが、やっぱり南口が正門でした(^^;)「総社門」は姫路城 中曲輪の南部に設けられた五城門の一つで、播磨国総社西門に至るところからその名称が付けられたそうです。朱塗りの楼門で千鳥破風と唐破風を付けて、...

  • [兵庫県] 圓教寺最古の遺構 薬師堂(根本堂)

    前回よりの続きで『圓教寺』(えんぎょうじ)の4回目は最後の報告になります。(^^)/奥之院でのお参り後は、更に道沿いに南へ進みます。高木を抜けた所で最初にありましたのは「金剛堂」です。本瓦葺き入母屋造りの金剛堂は現在国の重要文化財に指定されております。「三間四方の小堂で、もとは普賢院という塔頭の持仏堂であった。内部には仏壇を設け、厨子を安置しており、天井には天女などの絵が描かれている。 性空上人は、この地...

  • [兵庫県] チベット語の御朱印がある 圓教寺 奥之院

    今回も『圓教寺』(えんぎょうじ)です。第三回目のUPになります(^^)/前回の「大講堂・食堂・常行堂」のある三之堂からは更に西に山道を進むと「奥之院」がありました。奥之院には開山堂、護法堂、護法堂拝殿で構成されているようです。奥之院の手前に「不動堂」がありました。銅板葺き宝形造りでシンプルな形となっています。「延宝年中(1673~1681)に堂を造り明王院の乙天護法童子の本地仏不動明王を祀る。元禄十年(1697)堂を修...

  • [兵庫県] 国の重要文化財が美しい 圓教寺三之堂

    前回の「摩尼殿」に引き続き、『圓教寺』(えんぎょうじ)の報告です(^^)/摩尼殿の北側から西へ向かう山道を進みます。三之堂がある広場までは山道なのでアップダウンを繰り返しながら行きます。広場手前に小さい祠と仏像がありました。上は「杣観音堂」(そまかんのんどう)と書かれていました。下は小さい大仏で青銅製の「毘盧遮那仏」になるのかな?(^^;) 両方とも詳しくはわかりませんでした。。。姫路市の保存樹がありました。樹齢...

  • [兵庫県] 西国三十三所観音霊場の圓教寺

    このブログを書き始めて、初めての兵庫県訪問となりました(^^)/まず最初に伺った場所は、山陽自動車道の真下に駐車場がありました『圓教寺』(えんぎょうじ)です。駐車場の北側に書写山ロープウェイ乗り場がありましたので山上に行きます。山上駅に着いて少し歩くと入山受付がありました。志納金として500円納めて歩いて入山します。中に入ったすぐに常夜灯がありました。その後ろの石碑は「西国巡礼の道」と刻まれていました。山道...

  • [岐阜県] 竹中半兵衛が居城した菩提山城跡

    今回は、先月行きました「中山道垂井宿と垂井城跡」の時に、観光協会から教えてもらいました『菩提山城跡』(ぼだいやまじょうあと)に行ってきました(^^)/垂井城跡の後に伺った、「竹中氏陣屋跡」の駐車場に車を駐車して、そこから歩いて目指します。駐車場にあった看板に、菩提山城の歴史と概要が書かれていました。「竹中半兵衛公の居城として知られる菩提山城は、竹中半兵衛の父である竹中重元が岩手を攻める以前より、それまで...

  • [京都府] 現代和風技術の粋が詰まった京都迎賓館

    大徳寺に続いては、今回の京都行脚最後となります『京都迎賓館』(きょうとげいひんかん)に行きました。(^^)/最初に訪問した京都御苑敷地内にあり「京都御所」の東隣にありますので、最初に入れる時間を伺って、午後3時で事前予約(当日受付)が取れたので最後の訪問となりました。入口で受付を済ませると案内されたのは地下駐車場です。ここで人数が集まるまで待機して、時間になったら注意事項を受け参観に進むようです。ガイド付き...

  • [京都府] 臨済宗大徳寺派の大本山 大徳寺

    建勲神社に続いては、北東約700m歩いた所にあります『大徳寺』(だいとくじ)に行きました(^^)/大徳寺は寺域に20以上の塔頭を有する巨大寺院ですが、今回のお参りは本体である大徳寺のみとさせていただきました<(_ _)>まずは、東側道路に面した入口に到着です。石畳の先に門が見えます。両サイドは駐車場となっていました。山号は龍宝山、臨済宗大徳寺派の大本山になります。切妻造り本瓦葺きの「総門」です。ここをくぐると境...

  • [京都府] 織田信長を祀る 建勲神社

    御霊神社に続いては、歩いて2km(約25分)西にあります『建勲神社』(たけいさおじんじゃ)に行きました(^^)/入口は東側道路に面した場所にあり、木製の大鳥居がありました。後ろに見える朱色の鳥居は末社の義照稲荷神社と命婦元宮の鳥居です。向かって右手にある社号碑には「建勲神社」と刻まれています。左手にあった立て札には神社の説明書きが書かれていました。「織田信長を祀る神社で、通称「けんくん」神社と呼ばれる。 天下を...

  • [京都府] 皇室より崇敬された 御霊神社(上御霊神社)

    相国寺のお参り後は北に400mの場所にある『御霊神社』(ごりょうじんじゃ)に行きました(^^)/西側道路に面した入口が正門のようです。(南門もあります)御霊神社と刻まれた社号碑が鳥居の前にあります。御霊神社の由緒・歴史が書かれた看板がありました。カッコ書きで「上御霊神社」とありますが、正式名は先に書いた御霊神社です。京都御苑の南にある「下御霊神社」に対し、京都御苑の北にある御霊神社を上御霊神社と呼ぶようです。...

  • [京都府] 臨済宗相国寺派の大本山 相国寺

    京都御所に続きましては、京都御苑の真北すぐの所にあります『相国寺』(しょうこくじ)に行きました(^^)/同志社大学の正門横道路の突き当たりに総門が見えます。寺号標には「大本山相國寺」と刻まれておりますが、正式名称は「相国承天禅寺」と言うようです。山号は萬年山、臨済宗相国寺派の大本山寺院となります。この場所にはたくさんの塔頭がありますが、鹿苑寺(金閣寺)や慈照寺(銀閣寺)も山外塔頭となります。伺った日(令和3年1...

  • [京都府] 天皇家の歴史に触れる 京都御所

    今回はコロナが収束し緊急事態宣言も解除になったので、久しぶりに京都にやってきました。今回初めて伺いましたのは『京都御所』です(^^)/ 西側の道路沿いにある「京都御苑」の敷地内駐車場に車を駐めました。1日1200円ですので、今日一日この駐車場に駐めて歩いて廻ることにしました。京都御苑の案内図がありました。地図の赤い現在地と書かれている下が駐車場です。右の森の中にある四角い部分が「京都迎賓館」になります。有料...

  • [岐阜県] 中山道垂井宿と竹中氏陣屋跡

    前回は中山道垂井宿を歩き、「垂井城跡」までを報告しましたが、今回は中山道垂井宿の続きと、更に足を延ばして中山道垂井一里塚まで歩き、そこからは車で3㎞北にある『竹中氏陣屋跡』に行ってきました(^^)/まずは、南宮大社の大鳥居まで戻り、中山道の続きを歩きます。見た感じはホントに普通な住宅街です(^^;) ですが、たまにこういう渋いのがあるんです。扉に旅籠(はたご)の文字がありますので、昔は旅人が泊まっていたんでし...

  • [岐阜県] 中山道垂井宿と垂井城跡

    今回はお昼休みに、仕事の訪問先にある『中山道垂井宿』に来ました(^^)/岐阜県不破郡垂井町は、かの有名な「関ヶ原の合戦」の場となった関ケ原町の隣にあり、中山道垂井宿として江戸時代に賑わった町です。今回はその垂井宿を、美濃路との分岐点となる「垂井追分」からスタートし、垂井宿から関ヶ原方面にちょっと行った場所にある「垂井一里塚」まで歩いてきました。また、垂井宿の中間地点にある『垂井城跡』に寄りましたので、...

  • [奈良県] 西国番外礼所 長谷寺開山堂の法起院

    今回は西国三十三所の番外礼所になります『法起院』(ほうきいん)です(^^)/長谷寺の拝観後、入口前の道を真っ直ぐ南に進みます。仲見世とまではいきませんが、両側に商店が並ぶ商店街を抜けた辺りにありました。大きな「西国三十三所 番外礼所 法起院」の看板がある所に細い参道がありました。境内の入口前には、歴史を感じさせる本瓦葺きの山門もあります。石段前の寺号碑には「西国三十三所開基 徳道上人御廟所 番外 法起院」...

  • [奈良県] 奥の院~重要文化財の本坊 長谷寺④

    引き続き、第4回目となります『長谷寺』(はせでら)です(^^)/前回ブログでは「大黒堂~五重塔、納骨堂」までを見ましたが、納骨堂から道沿いに南に下ると「奥の院 陀羅尼堂」がありました。説明は特にありませんでしたが長谷寺の塔頭寺院のようで、この写真が礼堂になります。礼堂の奥にある本瓦葺き宝形造りの建物が正堂で「興教大師祖師堂」になります。中に入れませんでしたので、裏からの撮影で申し訳ありません<(_ _)>...

  • [奈良県] 大黒堂~美しき昭和の名塔「五重塔」 長谷寺③

    今回で3回目の報告になります『長谷寺』(はせでら)です。(^^)/本堂でのお参り後、先程通った本堂の中央通路を西に出た所にありましたのは「大黒堂」です。本瓦葺き寄棟造りで小さい建物ですが、お寺に神様が祀られているのは何とも不思議な気分になります。これも神仏習合の名残なんですかねぇ~(^^;)右に福徳円満「福袋」、左に開運招福「打ち出の小槌」がありました。どちらも新しく作られた物のようですが、ボクもこの神徳にあ...

  • [奈良県] 国宝本堂と御本尊大観音の特別拝観 長谷寺②

    前回は「仁王門~登廊」の下登廊までを紹介しました。今回は奈良『長谷寺』(はせでら)の誇る、国宝と御本尊大観音の拝観となります(^^)/百八間ある長い登廊は上・中・下に分かれております。下登廊を登り終えると、右へ90度以上曲がり「中登廊」に入ります。登廊の外脇の段々には大小様々な形の灯籠が据えられています。中登廊の終点には「蔵王堂」がありました。天正五年(1577)の創建で蔵王権現を祀っています。「上登廊」です。...

  • [奈良県] 国の重文指定を受けた傑作「登廊」 長谷寺①

    緊急事態宣言が出る前に伺いましたのは、奈良県桜井市にあります『長谷寺』(はせでら)です(^^)/入口の右側にある長谷寺境内駐車場(有料1回500円)に駐車し、歩いて正面に来ました。幅の広い参道は石畳でできており、石段を介して徐々に上に登っていきます。右手には「総本山 長谷寺」と刻まれた寺号碑があります。山号は豊山(ぶざん)で寺格が総本山となっています。真言宗豊山派の寺院です。寺号碑の手前には総受付の額がある寺院...

  • [滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)⑥ 水観寺~護法善神堂

    『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))の観音堂参拝を終え、元来た石段を下に降ります。毘沙門堂があった通路を通り越し先に進むと『水観寺』(すいかんじ)がありました(=゚ω゚)ノ入口に寺号碑はなく、立て看板に「園城寺別所 水観寺」と書かれています。3回目に上げました「微妙寺」と同じく五別所のうちの一つのようです。又、西国薬師四十九霊場の第四十八番礼所となっており、本堂は県指定の有形文化財のようです。境内は入...

  • [滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)⑤ 観音堂その2

    同じ場所を長々とブログに上げさせていただいていますが、『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))の第5回目です。前回の観音堂その1の続きとなります(^^)/ 写真は観音堂(礼堂)の右斜め前からの全景です。向拝には大きな銅鑼(ドラ)が吊られていますが、賽銭箱のある場所は外陣の奥にありますので、中でお参りをします。外陣には絵馬や額が所狭しと掲げられています。外陣の右奥に納経所がありましたので、そこで今回は西国三...

  • [滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)④ 観音堂その1

    今回で4回目の報告となります『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))です(^^)/前回は三重塔から唐院を見て、微妙寺から毘沙門堂までを紹介致しましたが、その毘沙門堂の前が観音堂の入口になっています。石段を上り、一つ高い位置に観音堂はあります。丸みのある石に「西國十四番礼所 三井寺観音堂」と刻まれた石碑があります。石段の脇には西国三十三所のノボリも立てられ、礼所の雰囲気も出てきました。(^^)/石段の途中、...

  • [滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)③ 三重塔~微妙寺

    前回は金堂(本堂)から一切経蔵までをご紹介しましたが、『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))の次の場所は「三重塔」です。「一切経蔵」を過ぎた辺りに人だかりがある場所がありました。それが下の写真です。実はこの場所、映画好きな人はわかると思いますが、映画「るろうに剣心」で、主演の佐藤健さん演じる剣心が刃衛(敵方)と初めて相対し、武井咲さん演じる薫を刃衛の魔の手から危機一髪で救い出すシーンを撮影した場所...

  • [滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)② 金堂~経蔵

    前回の「釈迦堂(食堂)」に続いて今回は、『三井寺(園城寺)』(みいでら(おんじょうじ))の本堂にあたります「金堂」からになります(^^)/ 前回も書きましたが園城寺が正式名で三井寺は俗称になります。境内案内図では釈迦堂から上(西)へ歩いて100m程の突き当たりに「金堂」があります。境内案合図は前回のブログをご覧下さい。金堂境内の手前左手に手水舎がありました。最近はどこも柄杓がなかったんですが、ここはありましたので、...

  • [滋賀県] 琵琶湖を見下ろす古刹 三井寺(園城寺)① 大門~釈迦堂

    近江神宮に続いては、南に2kmの場所にあります『三井寺』(みいでら)に行きました(^^)/正式名称は、山号が長等山(ながらさん)、寺号は園城寺(おんじょうじ)で「長等山園城寺」となります。通称・別称である「三井寺」の方が有名で、公式のホームページでも「三井寺」を正式に使用しているようです。なお、「三井寺」の通称は、この寺に涌く霊泉が天智・天武・持統の3代の天皇の産湯として使われたことから「御井」(みい)の寺と言わ...

  • [滋賀県] 古都大津京跡に鎮座する近江神宮

    今回は京都に程近い、滋賀県は大津市に行きました。旧東海道の道程にありながら大津宿もあり、とても歴史のある街なんですが、大津市は一度も訪れたことがなく、ワクワクしながらの御朱印拝受となりました。まず最初に伺いましたのは、『近江神宮』(おうみじんぐう)です(^^)/駐車場は二の鳥居近くにありまして、一の鳥居まで数百メートル戻ってきました。入口右手にある社号標には「近江神宮」と刻まれています。木製の大鳥居であ...

  • [静岡県] 学徳成就の守り神 縣居神社

    五社神社・諏訪神社の参拝後は、一旦浜松城の駐車場へ戻り、車で約3km南にあります『縣居神社』(あがたいじんじゃ)に行きました(^^)/神社は小高い丘の上にあり、「灯籠坂」と呼ばれる急坂の先にある高木に囲まれた場所にあります。入口の右手植栽帯の中に「縣(県の旧字)社縣居神社」(けんしゃあがたいじんじゃ)と刻まれた社号碑があります。その横に由緒が書かれた説明板がありました。御祭神は賀茂真淵大人命となります。「当神社...

  • [静岡県] 浜松市に鎮座する五社神社・諏訪神社

    浜松八幡宮に続きましては、『五社神社・諏訪神社』(ごしゃじんじゃ・すわじんじゃ)に行きました(^^)/ 一度、浜松城の手前の大通りまで戻り、今度は浜松城を通り越して城の南約500mの場所まで歩きました。浜松市の中心部に近いですが、境内は人もおらず静かにお参りできました。社号碑は「五社神社 諏訪神社」の文字が刻まれ、それぞれの神紋があります。後にあります由緒に書かれていますが、隣接して鎮座していた五社神社と諏...

  • [静岡県] 浜松城 鬼門鎮護の浜松八幡宮

    浜松城の観覧後は、北東へ1.5kmの場所にあります『浜松八幡宮』(はままつはちまんぐう)に歩いて向かいました(^^)/タイトルにも書きましたが、徳川家康公は居城を岡崎より浜松へ移し、浜松城からは北東の位置、即ち「鬼門」の位置に鎮座する八幡宮を鬼門鎮守、鬼門降伏の氏神として信仰し度々参拝したそうです。南口となる参道入口には両脇に灯籠が2台、松並木の参道となっています。100m程参道を進むと道路が横切っており、その入...

  • [静岡県] 徳川家康築城の浜松城

    今回は、コロナも落ち着いていると言うことで、久しぶりの遠出をしてきました。行き先は静岡県浜松市の中心部で、最初に『浜松城』(はままつじょう)に行きました(^^)/浜松城は浜松城公園の中にあり、復元天守で内部は資料館となっていました。公園東側にある無料駐車場に車を停めて、入口の所に案内図がありましたので確認します。天守閣へは公園の横を通る右回りか、城門側の左回りがあるようです。右回りにある浜松城公園の中央...

  • [長野県] 中山道妻籠宿と光徳寺2

    前回の延命地蔵堂からの続きで、『光徳寺』(こうとくじ)の本堂に伺います(^^)/まずは、入口廻りの全景になります。石碑の右側が前回紹介した延命地蔵堂となります。入口の左手に「豊川稲荷大明神」がありました。由緒由縁はわかりません(^^;)石段を中段まで上がった所に、光徳寺の説明板がありました。境内は更に高い位置にあるため、お城のような石垣が積まれており、その上を塀で囲われていました。説明板の内容は、「伝承によれ...

  • [長野県] 中山道妻籠宿と光徳寺

    馬籠宿の永昌寺に続いては、長野県木曽郡南木曽町にあります『妻籠宿』(つまごじゅく)に行きました(^^)/まずは、「妻籠宿 中央駐車場」に車を停めます。駐車場の写真を撮り忘れたので、Gooleマップのストリートビューより妻籠宿の南端から歩いてまわるために「尾又橋」を渡って旧中山道に入ります。中山道と平行に流れる欄川(あららぎがわ)が綺麗だったので、尾又橋から撮ってみました(^^)/ここから旧中山道妻籠宿の街並みを散策...

  • [岐阜県] 中山道馬籠宿と永昌寺

    今回は、岐阜県にコロナのまん延防止措置が解除されたタイミングを見計らって、中津川市にある『馬籠宿』(まごめじゅく)に行ってきました(^^)/馬籠宿は江戸時代に栄えた五街道の一つ「中山道六十九次」の43番目の宿場町になります。さすがに解除されたばかりのため、普段は人で溢れている宿場町も人が殆どいませんでした… 写真は馬籠宿下入口になります。ここから石畳の坂を上がっていきます。街道最初の左曲がりの所に馬籠宿の概...

  • [滋賀県] 国宝十一面観世音のある渡岸寺観音堂 向源寺

    宝厳寺の参拝を終え長浜港に戻ってきましたが、まだ若干時間があったので、長浜市高月町渡岸寺にあります『向源寺』(こうげんじ)に行きました(^^)/国道365号線を北進し、向源寺にのある場所へ左折した所に石碑がありました。「国宝 観世音菩薩」の文字が刻まれています。観音堂の手前に無料駐車場がありましたので、車を停めて観音堂入口に来ました。門の手前左側には、また「国宝観世音」の文字が刻まれた石碑がありました。タイ...

  • [滋賀県] 国宝唐門と西国三十三所観音堂の宝厳寺

    前回は『宝厳寺』(ほうごんじ)の御本尊がある本堂(弁才天堂)まで報告しましたが、今回はその続きで、残りの半分を報告していきます(^^)/まずは、先程上がってきた石段を左に進み、上に行く石段を上がると建物の手前に重要文化財看板が出てきました。「毛抜型大刀」と書かれた大刀がこの先にある宝物殿にでも納められているんでしょうか?もちの木の奥に朱色の三重塔が現れました。株立ちのいい「もちの木」は慶長七年(1602)、豊臣...

  • [滋賀県] 琵琶湖に浮かぶ島 竹生島の宝厳寺

    今回は初めて島にある寺院に向かいました(^_^)v島と言っても海ではなく、滋賀県は琵琶湖に浮かぶ島、「竹生島」(ちくぶしま)です。その島に西国三十三所観音霊場の第三十番礼所となっています『宝厳寺』(ほうごんじ)がございますのでお参りに伺いました~(^^)/まずは、島なので船に乗らなければいけませんので、岐阜から一番近い場所になります「長浜港」に行きました。写真はその乗り場となっています「長浜港観光船のりば」です...

  • [福井県] 若狭鯖街道 熊川宿と熊川城跡

    続いて福井県最後の場所となりましたのは、永建寺から車を走らせる事約45分、約35㎞南下して『熊川宿』(くまがわじゅく)に着きました(^^)/熊川宿は福井県三方上中郡若狭町にある若狭と京都を結ぶ旧鯖街道の宿場町です。熊川宿伝統的建造物群保存地区の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。国道303号線沿いにある西口公園駐車場に車を駐車し歩いて散策します。入口に熊川宿の名前が入った看板が目立ちます...

  • [福井県] 名勝 気比の松原と永建寺

    金ヶ崎城跡の次に向かいましたのは、車で数㎞の場所にあります『気比の松原』(けひのまつばら)です。名勝という事で一度は訪れてみたいと思っていましたが、中々来る事ができず、今回初訪問となりました。本当は松原も入れて撮れば良かったんですが、季節の割に人が多くて松原の影しか写せませんでした(^^;) 実際はこんな感じ 昨年行った「天橋立」に勝るとも劣らない美しさ!Wikipedia 663highland, CC 表示 2.5, リンクによる...

  • [福井県] 敦賀湾が一望できる金ヶ崎城跡

    金崎宮に続きましては、金崎宮が鎮座する山の上にあります『金ヶ崎城跡』(かねがさきじょうあと)です(^^)/金崎宮の境内西側から通ずる「花換の小道」の入口に城碑がありました。城碑には「史跡 金ヶ崎城址」と刻まれています。金崎宮で紹介しました「金ヶ崎案内図」を拡大してみました。「花換の小道」を通って時計回りに頂上までの道のりとなります。頂上にある「月見御殿跡」までを目標としました。案内図の横に「金ヶ崎城跡」...

  • [福井県] 敦賀市の&quot;恋の宮&quot; 金崎宮

    続いては、『金崎宮』(かねがさきぐう)になります(^^)/前回紹介した金前寺の目の前にあります社号碑に「官幣中社金崎宮」と刻まれています。明治維新以降の神社制度で、「近代社格制度」の一つの社格で表しています。金前寺を過ぎた坂道の差し掛かりに「花換の杜 金崎宮 駐車場」の看板があり、更に登っていきます。金崎宮では桜の季節に「花換まつり」が行われ、男女が桜の小枝を交換することで思いを伝え「花換え」をしたカッ...

  • [福井県] 敦賀市縁結び観音 金前寺

    氣比神宮のお参り後は、北へ1km程の所にあります『金前寺』(こんぜんじ)に行きました(^^)/交差点の角に「金崎宮」の社号碑がある道路の向かい側に本堂がありました。「金崎宮」はここの後に向かいます。金前寺の寺号碑は周辺には見当たりませんでした(^^;)本堂は銅板葺き方形(宝形)造の屋根で向拝部分を流造で屋根を伸ばしています。頂部の宝珠が大きくて格好良いです。本堂の手前に金前寺の歴史が書かれていました。「天平八年(73...

  • [福井県] 敦賀市 越前國一之宮 氣比神宮

    今回は福井県敦賀市に出張でしたが、時間が余りましたので、越前國一之宮である『氣比神宮』(けひじんぐう)に伺いました~(^^)/西の道路側にある専用駐車場に停め、西の入口前に来ました。入口にある太鼓橋の左側に氣比神宮の縁起がありました。「主祭神氣比大神は神代から此の地に鎮り給うた大宝二年(702)勅に依り社殿の修営を行い仲哀天皇神功皇后を合祀した。日本武命をはじめ四柱神を別殿(四社の宮)に奏斎した。延喜武に「祭神...

  • [静岡県] 静岡県最古の庭園を持つ 摩訶耶寺

    初生衣神社に続いては、北へ1キロの場所にあり「浜名湖湖北五山」の一寺である『摩訶耶寺』(まかやじ)に行きました~(^^)/道路の左手にある駐車場に車を入れ、道路(参道)を突き当りにある山門まで歩きます。入口右手にあった寺号標には、石が黒ずんで見えにくいですが「波切不動尊 厄除観世音 摩訶耶寺」と刻まれています。駐車場の一角に摩訶耶寺の由緒がありました。「摩訶耶寺は真言宗に属する県下最古の名刹の一つであり、その...

  • [静岡県] 機織の神様を祀る 初生衣神社

    浜名惣社神明宮に続いては、浜名惣社の入口鳥居から北へ300mの所にあります『初生衣神社』(うぶぎぬじんじゃ)です。近いので浜名惣社に車を置いたまま歩いて向かいました(^^)/入口は道路際からちょっと中にあり、木製の玉垣に囲われ道路際は高木に覆われています。入口の右側に由緒が書かれていました。「当社は往古より浜名神戸の地に鎮座、伊勢神明初生衣社または浜名斉宮とも称され、機織の祖神天棚機姫命を祭る。神服部家の旧...

  • [静岡県] 国重文の本殿を持つ 濱名惣社神明宮

    曽許乃御立神社に続いては、浜松市でも西の方に位置する三ヶ日町にあります『濱名惣社神明宮』(はまなそうしゃしんめいぐう)に行きました。(^^)/舘山寺のスマートインターから東名で三ヶ日ICまで行き、更に西に6キロ程走りました。写真は境内の南にあります入口です。横断歩道の前にあるので道路標識まで写り込んでいますが、歩道がなかったので広角で撮ってやっと全体がわかるような感じでした。社号碑には「郷社 濱名總社神明宮...

  • [静岡県] 雷の神様を祀る 曽許乃御立神社

    舘山寺に続きましては、東に2km程の場所に鎮座します『曽許乃御立神社』(そこのみたちじんじゃ)に行きました~(^^)/ 正直所見では全く読めませんでした…(^^;)車のカーナビで案内してもらうと、当然の如く本殿のある場所に着きました。ただ、いつものようにブログは入口から報告していますので、南の入口に歩いて向かったんですが、、、これが遠かった(´Д`)なんと500mも先にあるとはつゆ知らず、行って戻るだけで1kmも歩いちゃいまし...

  • [静岡県] 浜名湖のパワースポット 舘山寺2

    前回の続きで、『舘山寺』(かんざんじ)の後半をお届けします(^^)/まずは、売店(社務所)の横にあります「大梵鐘」です。鉄筋コンクリート造の建物に、大梵鐘用に頭一つ飛び出した場所を造って見晴らしのいい場所に取り付けられています。1階の上り口に「舘山寺大梵鐘」と書かれた看板がありました。湖上30mにある梵鐘は静岡県下最大級と書かれていました。最上階まで上がった場所にあった看板には「志納金1打100円」で梵鐘を撞ける...

  • [静岡県] 浜名湖のパワースポット 舘山寺1

    今回は約半年ぶりに遠出をしてきたのでご報告させていただきます(^_^)v最初に伺ったのは静岡県浜松市西区舘山寺町にあります『舘山寺』(かんざんじ)です。今回と併せ2回に渡ってお届けしたいと思います。舘山寺と言う名前はかなり有名なので、一度は行きたいなぁと思っていた場所の一つです。寺名が街の名前になっちゃうのはホントに凄いことですよねぇまずは舘山寺の入口です。写真右側に見えるのが有料駐車場で、30分までは無料...

  • [岐阜県] 歴代妻木城主の菩提寺 崇禅寺

    土岐高山城跡に続きましては、同じ土岐市内でもちょっと南に向かった山手にあります『崇禅寺』(そうぜんじ)に行きました(^^)/タイトルにもありますが、先日伺いました「妻木城(跡)」の歴代城主の菩提寺として庇護され、最盛期には11の搭頭が建ち並び栄えたそうです。まずは、道路沿いにあります「山門」です。「山門」は妻木城士屋敷(さむらいやしき)から移築されたと伝わるもので、茅葺き切妻造りと大変珍しいものです。山門前に...

  • [岐阜県] 桜と花桃が彩る 土岐高山城跡

    今年に入って緊急事態宣言が出され、しばらく寺社巡りもできませんでしたが、先日ようやく約3ヶ月ぶりに行くことができました(^_^)vまずは、仕事場から程近い場所になります『土岐高山城跡』(ときたかやまじょうせき)に行ってきました~(^^)/かなりわかりにくい場所で、地元民しか来ないんじゃないかと思うような所でしたが、お城(跡)だけあって見晴らしは良く、桜と花桃の名所と言うこともあり、結構な人が観光に来ていました。奥...

  • [愛知県] 絵入り御朱印が魅力的な 宝寿院2

    『宝寿院』(ほうじゅいん)の続きになります(^^)/前回は写真にあります丸屋根の「地蔵堂」と手前の「水子地蔵尊」までを紹介しましたが、2回目の今回は残りの部分を紹介していきます。お正月らしく本堂は五色幕が掛けられています。今回も前回使用しました境内案内図に、回った順番を番号で記入しておきます。①「水琴窟」 ②「泉龍神堂」 ③「降魔成道の釈迦如来」 ④「釈迦涅槃像」 ⑤「修行大師」 ⑥「光明殿」 ⑦「大師堂」本堂...

  • [愛知県] 絵入り御朱印が魅力的な 宝寿院

    津島神社に続いては、神社の北側にある『宝寿院』(ほうじゅいん)です(^^)/以前にも同じルートで紹介したブログはこちら → 「津島神社元神宮寺の宝寿院」津島神社の東口にある手洗い所前が宝寿院の入口となっています。入口には「↑元神宮寺 宝寿院(西寺)」と書かれた立て看板がありました。看板の西寺とありますのは、神宮寺の内一番西(宝寿院・実相院・明星院の三寺の中で)に位置していた当院が、地域の人々に「西寺さん」と呼ばれ...

  • [愛知県] 令和三年初詣 コロナ終息祈願 津島神社2

    前回に続いて令和三年初詣時の、『津島神社』(つしまじんじゃ)になります(^^)/以前のブログ「尾張津島天王祭の津島神社」も併せてご覧下さい。前回は正門側からのご報告をさせていただきましたが、今回は東門からとなります。東側の大鳥居です。参道が正門より短いので、出店屋台も沿道にひしめきあっています。屋台の隙間から「津島神社」と刻まれた社号碑を撮らせていただきました(^^;)右側に出店屋台が集中していますが、この裏...

  • [愛知県] 令和三年初詣 コロナ終息祈願 津島神社

    もう3月も終わろうとしていますが、ようやく今年のお正月に行きました『津島神社』(つしまじんじゃ)の紹介です(^^)/前回訪問してから約3年半ぶりになりましたが、前回ブログを見返してみると写真の露出の甘さや、写真の少なさなど物足りないことが数多くあったので、今回は2回に分けて紹介したいと思います(^^)/まずは、前回は通ることもなかったので写真もありませんが、南に位置する正門側の鳥居になります。社号碑もあり、車も...

ブログリーダー」を活用して、akino194さんをフォローしませんか?

ハンドル名
akino194さん
ブログタイトル
大人の事情 〜御朱印ライフ〜
フォロー
大人の事情 〜御朱印ライフ〜

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用