住所
箕面市
出身
西東京市
ハンドル名
jikkennezumiさん
ブログタイトル
我が人生は、音楽と共に
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/jikkennezumi/
ブログ紹介文
これまで聴いてきた音楽(洋楽中心)との出会いを、思い出やエピソードを交えて紹介しています。
自由文
更新頻度(1年)

22回 / 2711日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2011/08/22

jikkennezumiさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 30609 28666 28827 22589 22442 20570 19451 946476サイト
INポイント 0 10 0 20 10 0 10 50/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 241 213 220 142 142 128 122 27813サイト
洋楽 10 10 11 8 8 6 6 1213サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 69126 80270 80746 80867 80497 80605 0 946476サイト
INポイント 0 10 0 20 10 0 10 50/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 552 758 773 773 753 761 0 27813サイト
洋楽 15 20 22 25 25 21 0 1213サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946476サイト
INポイント 0 10 0 20 10 0 10 50/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 0 0 0 0 0 0 0 27813サイト
洋楽 0 0 0 0 0 0 0 1213サイト

jikkennezumiさんのブログ記事

?
  • リトル・フィートのアルバム・ベスト5

    リトル・フィートは、アメリカ合衆国ロサンゼルスで結成されたロック・バンド。ニューオーリンズ、ブルース、カントリー、ジャズなど、アメリカン・ルーツ・ミュージックの影響を色濃く押し出しているサウンドが特徴で、評論家やミュージシャン間での評価は高かったが、商業

  • JNの好きな曲100選 NO.75「アキレス最後の戦い」

    ”好きな曲100選”シリーズも残り26曲。これまでその時の気分でいい加減に選んできたツケが回ってきて、今後迂闊にはリストアップできない状況となってきてしまっているが、レッド・ツェッペリンから一曲も選ばないというわけにはいかない。とはいえ、レッド・ツェッペリンか

  • レッド・ツェッペリンの楽曲ランキング・ベスト30

    今回はレッド・ツェッペリンの楽曲毎のランキングを作ってみたので発表したいと思います。参照にしたデータ基ですが、ローリングストーン誌の”The 40 Greatest Led Zeppelin Songs of All Time”、The Top Tenというサイトの”Best Led Zeppelin Songs”、あとはアルバム・

  • レッド・ツェッペリンのアルバム・ベスト5

    レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)は、イギリスのロックバンド。”レッド・ゼペリン”とも表記される(実際の発音は、ゼペリンに近いようだ)。デビューは1969年。伝説的ブルース・ロック・バンド、ヤードバーズが母体となって、ジミー・ペイジを中心に結成された。メン

  • TWO OF A KIND:ザ・キンクス特集

    フレーズや雰囲気など、似ている曲同士を取り上げる”TWO OF A KIND”のコーナー。今回はキンクス特集です。キンクス関連では、以前「Village Green」と甲斐バンドの「裏切りの街角」を取り上げましたが、他にも色々とあります。キンクス絡みは多いんです。今回は新たに一挙

  • キンクスのアルバム・ベスト5

    ザ・キンクスは、イギリスのロックバンド。レイとデイヴのデイヴィス兄弟が中心となって、1964年に結成された。サードシングルの「ユー・リアリー・ガット・ミー」が全英1位、全米でも5位まで上がる大ヒットとなり、世界的成功を収める足掛かりとなった。その後もヒット曲

  • JNの好きな曲100選 NO.74「Echoes」

    「Echoes」といえば、ピンク・フロイドの有名な20分越えの大曲がある。一般的には、そちらの方が圧倒的に有名だろう。もちろん、ピンク・フロイドの「Echoes」も素晴らしいのだが、今回取り上げるのは、キャメルの「Echoes」。同じプログレでもピンク・フロイドとはかなり

  • 深く考えてはいけない。ゴドレイ&クレーム制作PV10選

    新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。2019年一発目の記事は、ゴドレイ&クレームが制作したPV特集です。今回は彼らが制作したPVから10曲選んでみました。正月、やることが無く暇を持て余している方は是非暇つぶしにご覧ください。言う

  • JNの好きな曲100選 NO.73「Heat Of The Moment」

    ジョン・ウェットンのヴォーカル曲をもう一つ。エイジアの「Heat Of The Moment」(1982年)をリストアップ。この曲を最初に聴いた時はまだキング・クリムゾンもイエスも聴いたことはなかった。それらを聴いた後、今改めて聴き直すと「ポップでコンパクトにまとまった良くで

  • JNの好きな曲100選 NO.72「Starless」

    今回はキング・クリムゾンの「Starless」をピックアップ。KCの曲としては「21st Century Schizoid Man」に次いで2曲目のセレクトとなります。「Starless」が収録されているアルバム『レッド』は『宮殿』と共に最も好きなキング・クリムゾンのアルバムで、他にも「Fallen Ang

  • キング・クリムゾンのアルバム・ベスト5

    キング・クリムゾンは、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド。アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』で1969年にデビューした。リーダーはギタリストのロバート・フリップ。キング・クリムゾンは、フリップのプロジェクト・バンドとも言え、バンドのメンバーを次

  • 蝶のように舞い、蜂のように刺す。ケイト・ブッシュの演舞曲5選

    クリスマス・イヴですが、一切関係ない記事をアップしますw 一度観たら、眼が釘付けになるケイト・ブッシュの不思議な踊り。MTV時代到来前からPVに力を入れていたケイトなので、多くの良PVが存在しますが、今回はその中でも彼女の踊り(ダンス)をじっくり観ることのできるP

  • ケイト・ブッシュのアルバム・ベスト5

    ケイト・ブッシュは、イングランド出身の女性シンガーソングライター。 デビューは1978年。当時19歳の若さで、ピンク・フロイドのデイヴ・ギルモアに見出されたエピソードは有名。デビュー・シングルの「嵐が丘(Wuthering Heights)」はいきなり全英No.1を獲得、鮮烈なデビ

  • 『Yの悲劇』を読んだ。

    当ブログでの需要はほぼ無いと知りつつも、久しぶりに推理小説の感想記事です。ずっとアガサ・クリスティばかり読んでいたら、だんだん飽きてきてしまって^^; ちょっと変わったものを読んでみようかと思い、今回エラリー・クイーンに初挑戦してみました。なぜ『Yの悲劇』

  • ジョニ・ミッチェルのアルバム・ベスト5

    ジョニ・ミッチェルは、カナダ出身の女性シンガーソングライター。 1968年にデビュー。1969年、2枚目のアルバム『青春の光と影(Clouds)』の成功により、その名が広く知られるようになった。 デビュー当初は弾き語り中心のフォーク調の作風だったが、変則チューニングによる

  • 名曲カバーの聴き比べ その27「Stand By Me」

    今回は”ダーリン、ダーリン”のフレーズがあまりにも有名なベン・E・キングの「Stand By Me」のカバーの聴き比べです。この曲のカバーとしての決定版は、やっぱりジョン・レノンでしょう・・・というのが、我々中年世代の認識。今の若い人達の認識はわかりません。ディズニ

  • TWO OF A KIND:「You Can't Catch Me」「Come Together」

    これも有名な事例。チャック・ベリーの「You Can't Catch Me」(1956年)とビートルズの「Come Together」(1969年)。チャック・ベリーの楽曲の出版権を持っていたモリス・レヴィがビートルズの「Come Together」はチャック・ベリーの「You Can't Catch Me」の盗

  • JNの好きな曲100選 NO.71「(Just Like) Starting Over」

    ポール同様、ジョンの曲も一曲だけ選ぼうとすると難しい。候補としては、儚く美しい「Love」、定番の「Imagine」、伸びやかな「Mind Games」、タイトル通りにドリーミーな「#9 Dream」、そして「(Just Like)Starting Over」あたりとなる。あと、地味だが「One Day」も良い

  • ジョン・レノンのアルバム・ベスト5

    ジョン・レノン は、イギリスのミュージシャン、シンガーソングライター。イギリスのロックバンド、ザ・ビートルズを結成したリーダーであり、主にボーカル・ギター・作詞・作曲を担当した。レノン=マッカートニー名義でポール・マッカートニーと共にビートルズの作品の多く

  • TWO OF A KIND:「Taj Mahal」「Da Ya Think I'm Sexy?」

    これも比較的有名な事例か。ブラジルを代表するミュージシャン、ジョルジ・ベンの「Taj Mahal」(1972年)とロッド・スチュワートの「Da Ya Think I'm Sexy?」(1978年)。これも訴訟問題となり、ロッド側が見事(?)に敗訴。個人的に「Taj Mahal」の方はずっと

  • 名曲カバーの聴き比べ その26「Day Tripper」

    これもロック史上、最も印象的なリフレインを持つ曲の一つ「Day Tripper」。このシリーズにビートルズ・ナンバーが初登場です。1965年、「We Can Work It Out」との両A面で発表され、チャート成績では全米5位を記録しています。個人的にこの曲を初めて聴いたのは、YMOのカバ

  • ヘヴィ&ブルージー&インプレッシヴな名ギター・リフ・ベスト7

    かなり唐突な思いつき企画となるが、ジェスロ・タルの「Aqualung」を聴いてて、「う~む、これはヘヴィ・ロックのギター・リフ・ベスト5に入る名ギター・リフなのでは?」と漠然と思い、さらに突っ込んで考えて「そのベスト5ってどんな曲たち?」と自分なりに考えた結果を発