プロフィールPROFILE

dalichokoさんのプロフィール

住所
中区
出身
江東区

自由文未設定

ブログタイトル
dalichoko seesaa
ブログURL
http://chokobostallions.seesaa.net
ブログ紹介文
しょーもないブログです。
更新頻度(1年)

63回 / 285日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2011/02/20

読者になる

dalichokoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(IN) 45,452位 38,386位 38,475位 38,572位 34,455位 31,617位 31,681位 980,514サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 30 10 0 0 10 40 30 120/週
旅行ブログ 2,672位 2,459位 2,483位 2,476位 2,292位 2,124位 2,127位 43,491サイト
夫婦旅行 44位 43位 45位 44位 42位 40位 41位 500サイト
映画ブログ 291位 228位 227位 235位 197位 166位 162位 10,681サイト
グルメブログ 1,443位 1,327位 1,324位 1,318位 1,205位 1,077位 1,083位 30,011サイト
日本全国食べ歩き 74位 64位 61位 60位 52位 47位 47位 1,523サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,514サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 30 10 0 0 10 40 30 120/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,491サイト
夫婦旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 500サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,681サイト
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,011サイト
日本全国食べ歩き 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,523サイト
今日 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 全参加数
総合ランキング(PV) 17,205位 16,742位 16,724位 16,039位 14,870位 14,303位 14,134位 980,514サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 30 10 0 0 10 40 30 120/週
旅行ブログ 1,225位 1,211位 1,216位 1,183位 1,118位 1,081位 1,081位 43,491サイト
夫婦旅行 15位 14位 14位 14位 13位 13位 13位 500サイト
映画ブログ 149位 143位 144位 137位 127位 121位 120位 10,681サイト
グルメブログ 693位 679位 676位 652位 612位 593位 593位 30,011サイト
日本全国食べ歩き 40位 40位 39位 38位 34位 34位 33位 1,523サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、dalichokoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
dalichokoさん
ブログタイトル
dalichoko seesaa
更新頻度
63回 / 285日(平均1.5回/週)
読者になる
dalichoko seesaa

dalichokoさんの新着記事

1件〜30件

  • マルクスの亡霊

    Karl Marx would find Hong Kong's revolution puzzling なかなか刺激的な記事だった。編集委員 中沢克二 氏の記事はうならせdる。 香港のデモ(ランチタイムデモ)は日本の60年代の学生運動とは似て非なるものだという。 <…

  • 中曽根政治

    この頃、ちょうど社会人になる頃なのでよく覚えている。背景にはレーガノミクスやサッチャリズムがある。なんでもかんでも自由化すればよい。それが当時の趨勢。それには冷戦構造の末期、という大局的なバランス崩壊前夜があったことはあとで知ることだ。 学校を出るとき、卒業の挨拶で当時の先生が「プラザ合意を受けて、君たちの未来は大変なことになる。」と言われていたことがよみが…

  • OK、ブーマー現象

    なかなか爽快なニュースが世界に伝わっている。 ニュージーランドの国会で緑の党の若き女性議員

  • 光棍節 独身の日

    ”こんこうせつ”と読むようだ。クヮンクンジェ。11月11日のことだ。 双十一(シュアンシーイー)というアイデアで、アリババが生み出した「独身の日」はなんと、2018年は過去最高の3.5兆円を売り上げたらしい。ソフトバンクも「いい買い物の日」として拡散させている。 ソフトバ…

  • 「残念ながら成長産業だ」 緒方貞子さん逝く

    緒方貞子さんが亡くなった。92歳。曾祖父に犬養毅をもつ。その血筋にブレはないようだ。緒方さんが色々なところに出向かれた現場主義者だったことはよく知られる。そして難民とは、貧困の生み出す社会のジレンマである。世界人口は増加し、比例して難民も増える。世界は保護主義へハンドルを切…

  • 贈与と返礼 マルセル・モース

    かつては自分だってお取引先の方と飲んだり食べたりしたときがあった。時にはご馳走になるときもある。今は酒も飲めないし、そういう機会はまったくない。ましてや金品授受などということは前時代的である。かつて勤めていた会社の社長が取引先に何から何まで負担させていた、というのが明るみになったということがあった。そんな会社なのですぐに辞めさせてもらった。それでも時々「いかがですか?」などという…

  • 温暖化を止めることはできるのか?

    きっと無理だ。どう考えても経済成長と環境問題は反比例状態のジレンマにある。イギリスのヘンリー王子がエルトン・ジョンから譲り受けた飛行機をぶんぶん乗り回しているのに、どんなごたくを並べても何も変わらない。 この少女。グレタさんの発言は厳しい。成長を止めてでも環境は守られるべきだとい主張となる。それはと…

  • 台湾を囲い込む中国

    中国が覇権を獲得するのに焦っているようだ。香港問題もそうだが、なかなかかみ合わない台湾を囲い込みしようとやっきになってるように見える。世界は刻々と動いている。中国が自国の成長鈍化を周辺地域と一帯一路に求めていることは明らかだ。 では、その先に何があるか?というと世界はもう行き場を失っている。 アメリカもせいぜい2%成長、ユーロ圏はゼロ、日本はマイナスだ。 …

  • 長期停滞論

    いやぁな予感がしてならない。6月に「デフレ均衡」という言葉に反応し、その前にも「2%どころではない」という懸念を感じた。いずれにしても何か「大きな転機」が近づいている感じがして…

  • 自由・規律・多様性

    この記事を読んで涙がこぼれた。多様性という言葉はきれいだが、実現は難しい。肌の色、性別、国籍など、とかく日本人は先入観で他者を決めつける傾向が強い。イギリスの王子の妻が黒人の血を引いていて、それをエリザベスが認めたことに驚く。かつて大英帝国が植民地政策などを通じて奴隷としていた人種である。英国女王が黒人と家族になったのだ。 この多様性は隣国との軋轢に照らす。…

  • 表現の自由

    誤解を恐れずに言おう。わたくしは特別に隣国のことを好きとか、偏りのある感情があるわけではない。好きか嫌いかといえば嫌いかもしれない。しかしスポーツや映画などの文化面、あるいはグルメなどの分野で、あの国を度外視することはできない。素晴らしい文化を持つ国だ。映画などでも、日本映画に比べてずっと進化しているし、扱う分野も幅広く学ぶ面が多い。『

  • 民主主義なんかやめてしまおう

    最近はテレビも見ず、新聞も読まず、ネット記事をウロウロしている。自分の読みたい情報しか読まない。社会人になりたての頃は、新聞を隅から隅まで読んで、ランチには先輩や上司の話を聞いて考えたものだ。 世の中は全てフェイクだ。 欲しくないものまで買わされ、やらなくてもいいこと(ゲームなど)をして徹夜して金まで取られる。 そんな人生でいいのか? トルストイやドストエフ…

  • 京都 アニメ会社 火災

    まずは以下、日経春秋より 春秋 2019/7/19付 きょう全国で公開される話題のアニメ映画「天気の子」の新海誠監督が、悲しみのツイートを寄せた。「京都アニメーションの皆さま、どうかどうかご無事で」。「京アニ」の愛称で知られ、社会的ブームを呼んだ「けいおん!」「涼宮ハルヒの憂鬱」などを制作した。 ▼その京都市のスタジオの建物に、きのうの白昼、男がガソリンのような液体を…

  • 「昭和な職場」、年金70歳支給。

    鶴光太郎教授の本を一度読んだ。日経の記事で「人生100年」というタイトルを読んで「性格スキル」という本に接した。面白かった。年老いて会社に雇ってもらいたければ真面目で素直に過ごすのがいい、という風に…

  • ムーミンに思う希望格差と総選挙

     隣国の抗日姿勢の源は?と聞かれれば、それは教育に尽きる。朴正煕が教科書に抗日を書けば、国民はいずれ全員抗日になる。 日本はどうかというと、バブルからプラザ合意(円高)を経てデフレが広がり、格差は広がる一方だ。貧しき人々は一生豊かになる希望がない社会。山田昌弘教授が15年前から言われている「

  • 心の資本

    世界は今のところ、常に資本を必要としている。資本主義だから。 まずは、今朝の日経春秋 ベストセラーとなった歴史書「サピエンス全史」に、英国の東インド会社の逸話が出てくる。19世紀後半にかけて、貿易企業のワクを超え、最大35万人もの兵を備えたという。交戦権を持ち、かつ人々から税も集めて、権力機構とし…

  • 握手

    ポピュリズムを代表してきたトランプは、それまでの常識を覆すかの勢いでここまで独裁者的イメージを示してきたが、ここにきて中国への強硬姿勢を弱め、金正恩に国境越えまでして握手しに行った。

  • ゲーム障害者

    先だって「迫りくる依存症経済」という話題の記事を書いた少しあと、日経の社説に深刻な内容の記事が示されている。ゲーム障害の依存症患者を「ゲーム障害者」と位置付けることにする。WHOが「国際疾病分類」によると、世界で25億人がゲーム愛好家でそのうち2~3%

  • デフレ均衡 (日経 小林慶一郎 慶大客員教授)

     正直言うと、この言葉を聞くのを避けてきた。「デフレ均衡論」まさに日本はこれだ。 アジアで(世界でも)類を見ない貧困国となりつつある日本は、GDPが世界2位から3位に落ちたというレベルでは計測できないほど深刻なデフレスパイラルに陥っている。 小林先生の論文にもあるが、「貨幣愛が子孫への世代間期待」という説にはうならされる。 冷静になってみれば日本の貧困は、親…

  • 迫りくる依存症経済

    自分もあらゆる依存症を経験してきたつもりだ。 アルコール、たばこ、ギャンブル、そしてゲームだ。 ゲーム依存について、少し前にNHKの「マイあさ」で紹介されたコーナーがある。これはとても参考になる。 これは政治の問題ではなく経済の問題だ。 こうした依存症の上に、それを売る側(サプライ…

  • Mother  母性喪失社会

    母親を題材にした楽曲は探すときりがないが、思いつくままに・・・ "Bohemian Rhapsody" Lyrics Queen Mama, just killed a man Put a gun against his head, pulled my trigger, now he's dead Mama, life had just begun But now I've gone and thrown it all away Mama, ooh, didn't mean to make you cry If I'm not back a…

  • G20福岡

    1999年ベルリンで開かれたG20はちょうど20年の節目となる。 福岡G20 財務・中央銀…

  • 京マチ子さん ご逝去

    伏見ミリオン座に行ったら、京マチ子さんの特集をしていた。 先月…

  • 日本の常識 「大人よ!」

    「大人よ!」というか「社会人よしっかりしろよ!」ということが言いたいのだ。 Livedoor 「日本はこんなにいい国だ」というような偏向報道やテレビ番組が増えて、これはポピュリズム傾向だ、という記事は以前書いた通りだ。そ…

  • 数字なし経営 トヨタ30兆円の城

    トランプ大統領が来日した。例を見ない喧騒を眺めている。オバマが広島に来たときとは大きく違う。

  • 復讐 Retaliation

     最近やたらと交通事故死の報道がある。まずは亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。そしてご遺族と関係者の皆様のお気持ちを察するのだが、これは経験しないことにはわかるまい。特に池袋の交通事故報道には微妙な空気が漂う。そして違和感を感じる。この違和感は恐らく”上流国民”という言葉を初めて聞いたからだ。その”上流国民

  • 令和 根拠なき楽観

    MMTのことはいずれここでも書かざるを得ない。ポストケインズを学んだ者として、統制経済の必要性に言及するしかなさそうだ。もはや資本主義も民主主義も末期症状だ。 ⑴当事者の意識欠如⑵想像力の乏しさ⑶損な役回り は、政治の世界だけでなく、あらゆる組織に見てとれる。 戦前のカーブと現在の債務に至るまでのカーブが瓜二つなのは知っていた。…

  • マイナス金利の次はなんだ?

    少し前に経団連の会長が「終身雇用を守れない」と発言したことを受け、この度の決算発表にからめてトヨタ自動車の社長も同じような発言をされたようだ。

  • 誤差脱漏

    歴史を紐解く作業が必要な段階にあるようだ。賢者は歴史に学ぶ。 まず先日読ませていただいた野口悠紀雄先生の戦後経済史、そしてもう一つは猪木武徳先生の

  • 世界はNorth Korea を軸に蠢く

    餓死者が出ている。それははるか昔の話題ではなく、ここ数年の話だそうだ。しかし、餓死者を出すような国がミサイルに金をかけるメリットはどこにあるのか?餓死者よりもミサイルの方が価値があるからだ。 そんな中、世界はこの時期に三つ巴四つ巴の様相だ。 Protected Blog › …

カテゴリー一覧
商用