服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪
読者になる
住所
足立区
出身
葵区
ハンドル名
httrmchtkさん
ブログタイトル
服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪
ブログURL
http://www.hattorimichitaka.net/
ブログ紹介文
ロシア・ウクライナ・ベラルーシを中心とした旧ソ連諸国の経済・政治情報をお届け。
自由文
私のホームページ「ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪」の簡易・ブログ版です。 より詳細な情報は、PC用のサイト(http://www.hattorimichitaka.com)でご覧ください。
更新頻度(1年)

390回 / 327日(平均8.3回/週)

ブログ村参加:2012/03/21

httrmchtkさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 6,032位 6,036位 6,362位 5,778位 6,046位 6,147位 6,618位 975,707サイト
INポイント 0 60 50 60 60 50 40 320/週
OUTポイント 0 130 130 130 90 30 50 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経済ブログ 24位 23位 25位 24位 25位 27位 29位 2,396サイト
世界経済 9位 9位 9位 9位 8位 8位 8位 486サイト
ニュースブログ 98位 101位 104位 104位 104位 106位 109位 9,585サイト
海外ニュース 16位 16位 17位 17位 17位 17位 17位 695サイト
海外生活ブログ 266位 265位 288位 262位 279位 282位 305位 35,169サイト
ロシア情報 2位 2位 2位 2位 2位 1位 2位 157サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 14,142位 13,710位 13,532位 14,063位 14,786位 15,576位 15,671位 975,707サイト
INポイント 0 60 50 60 60 50 40 320/週
OUTポイント 0 130 130 130 90 30 50 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経済ブログ 36位 35位 33位 35位 34位 34位 39位 2,396サイト
世界経済 14位 14位 15位 16位 15位 15位 16位 486サイト
ニュースブログ 113位 110位 110位 110位 115位 121位 120位 9,585サイト
海外ニュース 19位 20位 20位 20位 20位 21位 21位 695サイト
海外生活ブログ 783位 754位 743位 768位 806位 876位 879位 35,169サイト
ロシア情報 5位 4位 4位 5位 6位 8位 8位 157サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,707サイト
INポイント 0 60 50 60 60 50 40 320/週
OUTポイント 0 130 130 130 90 30 50 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,396サイト
世界経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 486サイト
ニュースブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,585サイト
海外ニュース 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 695サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,169サイト
ロシア情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 157サイト

httrmchtkさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、httrmchtkさんの読者になりませんか?

ハンドル名
httrmchtkさん
ブログタイトル
服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪
更新頻度
390回 / 327日(平均8.3回/週)
読者になる
服部倫卓のロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪
  • 極寒とダイヤと馬文化のサハ共和国ヤクーツク ロシアの街物語(10)

     GLOBE+に、「極寒とダイヤと馬文化のサハ共和国ヤクーツク ロシアの街物語(10)」を寄稿しましたので、ご笑覧ください。 先日、ロシアの極東地方に位置するサハ共和国の首都ヤクーツクを訪問してきました。「ロシアの街物語」のシリーズは、基本的に都市を対象にし

  • 永久凍土溶解によるロシアの損害

     ロシアは寒冷国なので、地球温暖化の勝ち組になるといったイメージもあり、本人たちも「北極海航路が利用可能になり我が国に有利に」などとうそぶいたりするが、もちろん現実にはダメージの方が巨大なはずである。こちらの記事が、永久凍土が溶け出すことによるロシアの損

  • 東シベリア出張の締め括りはブリヤート料理

     昨日のブログに書いたとおり、今回、ヤクーツク、クラスノヤルスク、イルクーツクと現地調査をしてみて、(今日の行政区画とは別に)ブリヤートあたりまで含めた東シベリアの一体性ということを感じ、出張の最後の晩餐は、イルクーツク市内で見付けたブリヤート料理カフ

  • クラスノヤルスクで見付けたブリャート食品店

     今回、ヤクーツク、クラスノヤルスク、イルクーツクという3つの都市で現地調査を行ってみて、「東シベリアの一体性は意外に強いのではないか」ということを感じた。もちろん、ヤクーツクのあるサハ共和国は、今日の行政枠組みでは極東ということになっているが、地理学

  • 借港出海も一帯一路に結び付ける中国東北地方のしたたかさ

     昨日概要だけ紹介した穆尭芊・徐一睿・岡本信広(編著)『「一帯一路」経済政策論 プラットフォームとしての実像を読み解く』(日本評論社、2019年)。我々ロシア地域の関係者は、やはり新井洋史氏による第6章「東北内陸 ―近くて遠い『借港出海』の進展は?」にとりわけ

  • 『「一帯一路」経済政策論 プラットフォームとしての実像を読み解く』

     このほど、ERINA北東アジア研究叢書の10作目として、穆尭芊・徐一睿・岡本信広(編著)『「一帯一路」経済政策論 プラットフォームとしての実像を読み解く』(日本評論社、2019年)が刊行された。目次を整理しておくと以下のとおり。序 章 プラットフォームとしての「

  • 進展するベ中工業団地への企業進出

     ベラルーシのミンスク郊外に、ベラルーシと中国が共同で設立した「グレートストーン」という工業団地がある。こちらの記事によれば、このほど同工業団地で、ベ中合弁のエンジン工場「MAZ-Weichai」が開設された。出資したのは、中国山東省濰坊市を本拠とするWeichai Powe

  • ロシアの玄関口、シェレメチェボ空港とスキー場の温泉旅館は似ている?

     GLOBE+に、「ロシアの玄関口、シェレメチェボ空港とスキー場の温泉旅館は似ている?」を寄稿しましたので、ぜひご笑覧ください。 編集部の方でだいぶ奇抜なタイトルを考えてくれましたが、言わんとしていることは、シェレメチェボ空港が強引な増改築を繰り返している

  • サハ共和国ヤクーツクの市場の様子

     本日10月14日まで、ロシア極東サハ共和国のヤクーツクに滞在し現地調査を行いました。昨日、食品市場を見学してきたので、その動画です。冒頭だけは屋外ですが、大半は「農民市場」という名でちゃんと整備された施設なので、割と小綺麗です。カメラを首からぶら下げて、

  • アルメニア鉄道の経営はロシア鉄道に委ねられていた

     恥ずかしながら、アルメニアの鉄道に関して、これまで個人的に認識していない点があった。安直ながら、ウィキペディアのこちらやこちらのページによると、2008年からアルメニア鉄道はコンセッション契約により、ロシア鉄道に経営が委ねられているということである。2008

  • ロシア鉄道が2020~2022年の投資プログラム策定

     こちらの記事が、ロシア鉄道が2020~2022年の投資プログラムを策定中であり、このほどその草案が明らかになったということを伝えている。ただし、私がロシア鉄道のHPで探してみたところ、現時点ではHPにその草案が掲載されたりはしていないようである。 上掲記事によ

  • ロシアで後進10地域を閣僚が担当する体制

     これはしばらく前の6月のニュースになるが、こちらが伝えていたとおり、ロシア連邦政府は、経済・社会発展が特に立ち遅れている10の地域を指定し、当該地域を特定の閣僚が担当するという体制を導入した。具体的には、上の地図に見るような地域と閣僚の対応関係になって

  • 「ウズベキスタンがユーラシア経済連合加盟を検討」説のその後

     当ブログでは先日、ウズベキスタンがユーラシア経済連合加盟を検討しているとの情報をお伝えした。こちらの記事が、続報と、専門家のコメントを伝えているので、簡単にまとめておく。 マトヴィエンコ・ロシア上院議長が本件について発言した2日後、ウズベキスタン側の

  • 大丸東京のワインフェア再び

     半年ほど前に、大丸東京店で「世界の酒とチーズフェスティバル」が開催された件については、上掲のとおり、私の関心国であるモルドバ、ジョージア、アルメニアに絞って動画でレポートした。 そしたら、こちらのサイトに見るとおり、10月9~15日という日程で、再び「世

  • 『調査月報』2019年11月号「特集◆東方経済フォーラムとロシアの東部開発」

     編集作業が終わったばかりの『ロシアNIS調査月報』2019年11月号の中身を、いち早くご紹介。11月号では、「特集◆東方経済フォーラムとロシアの東部開発」をお届けいたします。  小誌では、毎年11月号で東方経済フォーラムの特集を組むことが、恒例となりつつあります。

  • ロシア版シリコンバレー、スコルコボで進む国家主導型イノベーションの現実

     GLOBE+に、「ロシア版シリコンバレー、スコルコボで進む国家主導型イノベーションの現実」を寄稿しましたので、よかったらご笑覧ください。 スコルコボは2010年に、「ロシア版のシリコンバレー」という触れ込みで、当時のメドベージェフ大統領が設立を決めたものです

  • 「ロシアがアフリカでのプレゼンスを拡大」との図解資料

     本日は、編集を担当している調査月報の恐怖の締切日。なので、ブログは簡単なネタでご容赦いただく。 こちらのサイトに、ロシアがアフリカでのプレゼンスを拡大しているということを伝える図解資料が出ているので、これを紹介させていただく。資料によれば、ロシアはア

  • 中欧班列のボトルネックはポーランドだった

     ユーラシア開発銀行が発行した中欧班列に関するレポートに、目を通してみた(こちらからPDFのダウンロードが可能)。当ブログでも何度か取り上げているように、中欧班列とは、ユーラシア大陸を横断して、中国と欧州を鉄道のコンテナ列車で結ぶ新たな輸送ルートのことであ

  • イランがユーラシア経済連合加盟に前向き

     ユーラシア経済連合の話題が続いて恐縮である。ユーラシアとイランの間では、2018年5月に暫定FTAが締結され、それが本年10月27日に発効することになっている。それで、こちらの記事によると、イランとしてはそれに飽き足らず、ユーラシア経済連合の加盟国になることに前

  • 「ウズベキスタンがユーラシア経済連合加盟を検討」との情報

     カリモフ時代には独立独歩の外交路線を歩み、ロシア主導のユーラシア経済連合に加入する素振りも見せなかったウズベキスタンだが、ミルジョエフ現大統領になってからは、ロシアとの協力にも割と前向きになってはいた。そうした中、こちらの記事が伝えるように、ウズベキ

  • ユーラシア経済連合がシンガポールとFTA締結

     こちらのサイト、こちらの記事によると、このほど(10月1日)、ユーラシア経済連合の首相定例会合であるユーラシア最高経済評議会がアルメニアの首都エレヴァンで開かれ、その場においてシンガポールのリー・シェンロン首相との間で、ユーラシア・シンガポール間の自由

  • ウクライナ・ロシア間の交通の問題

     こちらの記事が、ウクライナ・ロシア間の交通の問題について伝えている。ウクライナのV.クリクリー・インフラ相が現地紙のインタビューで語った内容である。 クリクリー・インフラ相によると、ウクライナとしては2015年以来途絶えているウクライナ・ロシア間の航空直行

  • ロシアの増税はどうしてスムーズ? 日本もプーチンに見習うべきか

     GLOBE+に、「ロシアの増税はどうしてスムーズ? 日本もプーチンに見習うべきか」を寄稿しました。 筆者は財政タカ派で、日本の消費税を8%から10%に引き上げるだけで、これだけ苦労したことを考えると、政治家が税率を決めるのはもう無理ではないかという気がして

  • 週替わり紋章:ダヴィジフ

     音楽・楽器に関連した紋章シリーズ。ウクライナ西部のリヴィウ州に、ダヴィジフ(ロシア語読みではダヴィドフ)という村があるそうで、その紋章が上掲のとおり、グスリという伝統楽器を奏でる図となっている。ブログランキングに参加しています1日1回クリックをお願い

  • 黒竜江省に対ロ協力のための自由経済ゾーン

     こちらの記事によると、中国の黒竜江省で、ロシアとの経済協力を円滑化するための自由経済ゾーンを創設するということである。なお、ロシア語では「自由貿易ゾーン」となっているが、いわゆるFTAを形成するものではないはずなので、特区的なものと理解して、「自由経済ゾ

  • フィン・ウゴル系民族料理の食べ比べ ―コミとカレリア

     HP更新しました。マンスリーエッセイ「フィン・ウゴル系民族料理の食べ比べ ―コミとカレリア」です。よかったらご笑覧ください。 今年度私は、ロシアの北方地域の経済動向を調査する事業を抱えており、この9月にロシア北西連邦管区のコミ共和国、カレリア共和国、ア

  • ロシア連邦予算の主要パラメータ

     こちらの記事が伝えているとおり、ロシア連邦政府は昨日26日、向こう3年間(2020~2022年)の連邦予算案を提出した。これに関し、先日の閣議で予算案の骨格が承認された時点で出たこちらの図解資料において、予算の主要パラメータがまとめられているので、これを紹介して

  • ロシア・ベラルーシ間の高速鉄道整備計画

     やや古いが、7月のこちらの記事によると、ロシア・ベラルーシ間で高速鉄道を整備する計画があるということである。7月16~18日にサンクトペテルブルグで開催された地域フォーラムで、連合国家国家書記のG.ラポタおよびYu.ヴォロビヨフ・ロシア上院副議長がその構想を明

  • ミンスクで第2回ベラルーシ日本経済フォーラム開催

     正直言うと、これは終わってから知った話なのだが、こちらのサイトなどが伝えているとおり、9月18日にミンスクでベラルーシ日本経済フォーラムが開催されたということである。2018年5月に東京と大阪で開催された第1回に次ぐ第2回という位置付けになるらしい。参加し

  • アンドロイドだっていいじゃないか! ロシアでもiPhoneは人気だけど

     そんなわけで、ロシアでの現地調査から無事に帰国いたしました。今回の現地調査の成果は、追々色んな形でアウトプットしていければと思います。 さて、それとは関係ありませんが、GLOBE+に、「アンドロイドだっていいじゃないか! ロシアでもiPhoneは人気だけど」を寄

カテゴリー一覧
商用