searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

水嶋康宣さんのプロフィール

住所
未設定
出身
福知山市

自由文未設定

ブログタイトル
彫刻家の素描手帳
ブログURL
https://sketchbookbysculptor.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
彫刻制作の傍ら描いた、色鉛筆・パステル・水彩などによるスケッチを見てください。
更新頻度(1年)

51回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2010/11/20

参加カテゴリ

美術ブログ / 創作活動・創作日記

地域生活(街) 関西ブログ / 京都(市)情報

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、水嶋康宣さんの読者になりませんか?

ハンドル名
水嶋康宣さん
ブログタイトル
彫刻家の素描手帳
更新頻度
51回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
彫刻家の素描手帳

水嶋康宣さんの新着記事

1件〜30件

  • 香月泰男のこと   Respect for Yasuo Kazuki IV

    香月泰男作「兜虫」による copy from Kazuki's work身の回りの 普通の暮らしで視界に入るものへの限りない愛おしみ戦争が終わってシベリアでソビエトロシアによって奴隷のように強制労働をさせられ虫けらのように殺されていくおびただしい数の命それを目撃した人ならではのものでしょうかでもね戦争で同じ経験をした佐藤忠良氏の仕事にはそれー日常の暮らしの中のささやかな出来事に対する祈るような愛おしみーを感じないんです...

  • 展覧会のお知らせ ふたつ

    ひとつは明日からと急なお知らせですが近くにお寄りの節は是非(にCAF.N BIWAKO EXHIBITION 湖の覚層 2020.8.1-30滋賀県愛知郡愛荘町市895-3近江鉄道愛知川駅舎内   ←クリック拡大いま、生きる 100のワクチン 2020.8.4-30京都市中京区三条通御幸町東イル 同時代ギャラリー   ←クリック拡大...

  • クチナシ Gardenia X

    多くの災害をもたらした今年の梅雨花なんか愛でてと言われるかもですが毎日疫病と洪水被害のニュースのなかこの爽やかな風情の花にどれだけ救われたことか今日は例年なら祇園祭の前祭りで山鉾巡行の日なのですが今年は山鉾の組み立ても巡行も無い年になりました...

  • エジプト美術 IX ーカバー  Egyptian Art IX -Hippo-

    古代エジプトの文明はナイル川沿岸という土地柄なのかカバは身近な動物で見事なものがありますこれは副葬品であったようで死後もカバ狩りができるようにと納められたのだそうです墓内でカバが生き返って死者を襲わないように脚を折ってあるというのですが写真版ではよくわかりませんでしたこれはファイアンスと呼ばれる古代エジプト特有の軟質施釉陶器製で実物は胴体には何か植物のような図柄が黒線で描かれています軟質施釉陶器の...

  • エジプト美術 VIII ーアマルナの王女のトルソーー  Egyptian Art VIII -Amarna's Princess Torso-

    これはルーブルにあるやつですね日本に来たことあるのかなあるなら見てるはずですが忘れてます( ̄∇ ̄;)ハハハ見事ですよねエジプト美術と一口に言っても様々な表現がありたおやかで優美なものも沢山あります参照:別冊「生きる・古代エジプトix」 発行・安田火災海上保険株式会社 1999...

  • エジプト美術 VII ーセンウセレトIII ・ ホルス神ー  Egyptian Art VII -Senusret III ・ Horus-

    エジプト美術に多く残る鼻や口 眼の一部が欠損した肖像の数々は私に改めて肖像 ポートレイトを作ると言うことを問いかけてきました私がわざと崩したマスクの作品を作るようになったのはエジプト美術をつぶさに見るようになったことがきっかけです参照:別冊「生きる・古代エジプトix」 発行・安田火災海上保険 1999...

  • エジプト美術 VI   Egyptian Art VI  - Sphinx and Ammut -

    (上)スフィンクス(下) 頭は鰐 鬣と上半身が獅子 下半身は河馬の幻獣アメミット*参照 「大英博物館 芸術と人間展」図録 発行:日本放送協会・朝日新聞社1990年...

  • エジプト美術 V   Egyptian Art V

    県境の移動がようやく全面的にできるようになりましたね*参照 「大英博物館 芸術と人間展」図録 発行:日本放送協会・朝日新聞社1990年...

  • エジプト美術 IV ーチェチイの石碑レリーフよりー  Egyptian Art IV -Relief of Stone Monument of Tjetji-

    エジプトみたいな砂漠の国で何故なかなか手に入らないはずの燃料をたくさん使う金属工芸が発達したのかと思ったりたくさん石彫石造物があるけど切り出した石を丸太のコロに載せたって砂地の上を簡単には転がらないだろうにと思ったりまたそんなことに民をこき使って何故強大な国でい続けられたのだろうと思ったり不思議なことばかり...

  • エジプト美術 III ーイネブニイ方形像ー  Egyptian Art II -Block Stature Of Inebuny and Osiris,-

    そう言えば A.ロダンの作品にカミーユ・クローデルの頭部が大きなブロックの上に載っているいるかのような作品があります頭部と下のブロックの法量の比がちょうど同じくらいな感じですロダンとカミーユの関係は曰く付きで時代が時代とは言えロダンの振る舞いは昨今の不倫芸能人の所業どころではありませんがカミーユの姿はマスターピースとして永遠に残りましたね彼女の精神の異常と引き換えに・・・・*参照 「大英博物館 芸術...

  • エジプト美術 II ーアメンホテプIII世像頭像ー  Egyptian Art II -Head of Amenhotep III-

    古代エジプト第18王朝の第9代ファラオです国力が絶頂期にある国を受け継ぎよく治めた健君であったようです有名なツタンカーメンは孫絶世の美女と伝わるネフェルティティを後宮に迎えた王ですねちなみにアメンホテプ3世の娘二人も父の後宮に入りネフェルティティはアメンホテプ3世の息子アメンホテプ4世の正妻になったようです現代の常識では理解しずらいですね*参照 「大英博物館 芸術と人間展」図録 発行:日本放送協会・朝日...

  • エジプト美術 I -オシリス神ー

    ある時エジプト美術の画集をよく眺めてました関西では信楽のミホミュージアムで見事な実物が見られますがあまりたくさんはありません日本で見られるものは本当に限られています何のためらいもなく引かれた輪郭線の強さ情緒や感情などなんの関心もなく心の裏へと導く隙もない端的な形の選択天へ憧れるわけでもなく内側へ隠れる闇もなくただひたすら真昼の光を浴び続けるそんなことを想いました...

  • 瀬戸内海の風景 XXXVII 生口島と伯方島

    右手に生口島 左手に伯方島海峡の奥にはよく晴れていれば大三島が見えるけどこの日は残念今頃は海がキラキラ清潔に光りとてもいい季節しまなみ海道の知人から届いた夏ミカンの香りに滞在の日々を思い出しました...

  • ヤマボウシ

    なんとなく気鬱になりますね昨日夕方河原町を車で通ったらほとんど人歩いてなかった歩いている人もほとんどマスク姿昼間の鴨川の方が人が多い印象ヤマボウシを見かけることはあまりありません徳島県の脇町の道の駅で車中泊させてもらった時駐車場の片隅に咲いてました...

  • 賀茂川にて

    仕事帰りにぶらっと立ち寄る賀茂川には結構な人がいますまるで毎日週末の午後みたい密集密閉ではないし不要不急の外出自粛と言われてもね 身体なまるし気鬱になるし良く買っていたスペイン産の安くて美味しい無塩トマトジュースが売り切れてなくなってましたで塩入はあったけど値段が1.5倍に!はあ?!便乗値上げ?!新型コロナウィルス禍を商機としますか心が寒い帰り道でした...

  • 北山 Kitayama -North hills of Kyoto-XXXVII

    出歩くな 営業自粛しろって無理でしょう補償も無しに新型コロナウィルス以前からあまり河原町とか木屋町とか繁華街や盛り場に行かないけど一昨日通りがかって 立派なホテルできたなあと思っていたら夕方のニュースでそのホテル倒産だって観光で食ってるような京都はどうなりますか...

  • 東山 Higashiyama -East hills of Kyoto XXIX

    この破滅と崩壊の年の寂しい春の色という訳ではないのですがまいつもの私の色ということです4月京都で開催予定 5月大阪で開催予定 6月姫路で開催予定の三つの展覧会と5月から6月にかけて神戸で開催予定の彫塑講座なくなってしまいました( ̄д ̄;)...

  • 白木蓮 Magnolia Denudata XXV

    世界は何だか大変なことになりました1月頃は対岸の火事でしかなかったのにかく言う私も3月お彼岸の頃に38.5℃の熱が出て仕事を休みましたあれなのか風邪なのか花粉症なのかわからず終い肺炎もなく嗅覚味覚異常もなく2週間が経ちました保菌者なのかもしれませんどうなるんだか皆さまの無事をお祈りします...

  • 白木蓮 Magnolia Denudata XXIV

    少し手間ひまかけて仕上げてみましたたまには面白いかな...

  • 白木蓮 Magnolia Denudata 

    京都御所で今まで知らなかったハクモクレンとシモクレンの木を見つけました花期も今まで知って居る木よりも遅いみたいでもスケッチも不要不急の外出なんでしょうねぇ・・・・・・...

  • 比叡山 Mt.Hiei XXXIV

    すっかり春もう近所のハクモクレンは満開花のスケッチになかなか行けません...

  • 福知山 Fkuchiyama XV

    振り返ってみると故郷福知山でこんなスケッチを描いて過ごしていたらそれだけで幸せだったような青雲の志とやらで都会の町へ出ていって結局それが何だったのかまあ人生思い通りにならなかった男ならでは感懐なんでしょうけどでもね陶淵明を見よ!竹林の七賢人を見よ!香月泰男を見よ!セザンヌを見よ!とか都合のいい人ばっかり羅列したり僕は僕でこのいずれの人でもないわけなのに人生不公平だよなあって何を根拠に何を担保に公平...

  • 福知山 Fkuchiyama XIV

    実家のある集落から子供の頃自転車で良く行った盆地の南にある山のふもとへこんな道つけたんだこの田んぼ耕地整理したんだとか思いながらドライブをします今ある道を車で走りながら頭は昔の道を小さな自転車で走っています...

  • 福知山 Fkuchiyama XIII

    福知山中心部から東よりやや南の長田野の向うにこの円錐形可愛い山があるのです子供の頃から気になっているのですがいまだ名前を知りません。...

  • 福知山 Fkuchiyama XII

    これも新音無瀬橋辺りの由良川の土手から地面を描かないと海に浮かぶ島か何かに見えますね中景の山と遠景の山の間を由良川が大きく蛇行していくんです自分が遠い山の連なりに子供の時分からなじんできたせいでしょうか山ばっか描いていますねこんな超ローカルな画題の絵を楽しみにしてくださってる方ありがとうございます...

  • 福知山 Fkuchiyama XI

    荒河のスーパー西山から新音無瀬橋の西詰めの土手に入ると福知山を抜けて舞鶴へ向かう雄大な由良川の景色が現れます...

  • 福知山 Fkuchiyama X

    今年は「麒麟がくる」で福知山はじめ明智光秀関係の町はおおいに盛り上がっています。京都府には信長から丹波攻めを命じられ容赦のない攻略をしかけた町また名君として君臨した町や本能寺の変後係累を恐れられ見捨てられた娘の細川ガラシャ関連など光秀由緒のところが沢山ありますただねぇ残念なことしてるし福知山を出てからあまりふるさと自慢できてないですああーあの信長を殺した奴がいたとこかって言われるし仕える人を間違え...

  • 福知山 Fkuchiyama IX

    由良川と土師川(はぜがわ)の合流点辺り市街から音無瀬橋を渡って三段池公園に行く途中観光地になんかゼーッタイなれっこないような景色でも好きなんですよここへ来るとホッとするずっと前岡山県の津山とか広島県の三次を通りがかった時町の佇まいから福知山を思い出して初めて訪れた町なのに懐かしい気持ちになりましたそのうちまた行きます今度はゆっくり...

  • 福知山 Fkuchiyama VIII

    私の故郷福知山のスケッチ両親ともに逝き滅多に帰ることもなくなりました...

  • ミカン Orange

    さあて 今年もゆるゆる始めましょうか今年も瀬戸内海のしまなみ海道 岩城島の知人から美味しいミカンを頂きました...

カテゴリー一覧
商用